ヘーベルハウス 外壁色

MENU

ヘーベルハウスの外壁色に新色が?人気の種類と価格を調査!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

定番色から、エッジの効いた色まで。

 

いろいろあって選ぶのが楽しい、ヘーベルハウスの外壁。

 

人気なのはどんなカラーなのでしょうか。

 

また、注目の新色は?

 

夢膨らむ、ヘーベルハウスの外壁色の選び方のポイントについてまとめていきます。

 

家の外壁は、いわば「ファッション」。

 

住む人の個性やセンス、“生き様”が表れると言っても過言ではないわけですから、「無難」「定番」だけの理由で選ぶのはもったいないです。

 

例えばヘーベルハウスならどんな色が人気なのでしょうか。

 

白だと思っていたけど、実際は?

ヘーベルハウスの外壁色といえば「白」という印象が強いですが、実際に施工事例を眺めて見ても白い外壁が人気ですよね。

 

具体的には「石白」という外壁色を採用している方が多いです。

 

ヘーベルハウスの外観 外壁「石白」の事例
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/soranoma/index.html/

 

その名の通り、白い石を積んだようなデザインの外壁で、太陽の光に映えると非常に洗練された雰囲気を漂わせてくれます。

 

同じく、白系の「輝白」や「深岩」も人気のお色。

 

ヘーベルハウスリフォーム 公式サイト

 

ヘーベルハウスの外観 外壁のバリエーション
https://hebelian.com/reform/menu/外装・外壁リフォーム

 

輝くような「真っ白」か、それともちょっと深みのある深岩かで悩む方が多いようです。

 

さらに、目地にも「K目地」「G目地」「PJ目地」…といろいろあり、定番はサイコロ状の「K目地」。

 

遠目から見て「のっぺりしている」ように見えていたへーべルハウスの外壁ですが、実は目地(柄)があったんですね。

 

個人のブログで紹介しているオーナーさんもいますが、同じ外壁色でも目地によって雰囲気がずいぶんと違うことがわかります。

 

ちなみに、一番高級なのは横長な目地が特徴的なPJ目地

 

白系の外壁なら、「深岩×PJ目地」が最も高価な組み合わせと言えるでしょう。

 

まだまだ豊富なカラーバリエーション

ヘーベルハウスのカタログで外壁色のカラーバリエーションを見てみると、種類は非常に豊富でまだまだあります。

 

遠目から見て白だと思っていた外壁色は実は違う名前だったり、黒だと思っていたのはアッシュだったり。

 

外壁色は写真で見るのと実際に太陽光の下で見るのとでは印象が大きく変わるものだなと改めて感じました。

 

ざっくりと分類すると、

 

  • 「ホワイト(白系)」
  • 「ベージ(茶系)」
  • 「アッシュ(黒系というより灰色?)」

 

ですが、それぞれ細かく分かれていて色味が違うのです。

 

「グレインホワイト」「マーブルホワイト」そして「ダイナホワイト」・・・とそれこそ色々あって、フィーリングで好き・嫌いがわかれそうな感じです。(全部で22色あります)

 

よく、「外壁の色は小さな写真で見るだけではなく、実物を見たりシミュレーションサイトを使ったりして大きな面積のものを見たほうが良い」と言われますが、全くその通り。

 

「たまたま通りがかった家の外壁色がステキだったので、そこの家の人に色の種類を聞いちゃいました」

 

というへーべリアンさんがいましたが、そのくらい勇気と執念がないと100%納得のいくマイホームは建てられないのかもしれません。

 

ロックな雰囲気!こんな色も人気です

どこにでもあるような白い外壁はつまらない!という方には、「玄武」という外壁色がオススメです。

 

一見すると「黒」なのですが、実は単色ではなく多彩な混色から成り、絶妙な“岩肌感”を演出することに成功しています。

 

こちらの、まさに「GENB(=玄武)」という商品で使われているのがこの外壁色で、同社の”顔“であるALCコンクリート「ヘーベル」の壁の厚みや重厚感を活かす色味。

 

ヘーベルハウス FREX GENB
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/genb/index.html/

 

「ヘーベルハウスといえば白い外壁」という先入観を良い意味で覆す外壁色となっていますね。

 

玄武というのは火山岩の一つである「玄武岩」に由来するということで、その強くてたくましい性質と、災害に強いヘーベルハウスのイメージをリンクさせて命名された外壁色とのことです。

 

新色情報もお見逃しなく

もう一色、ヘーベルハウスの新色情報として見逃せないのは「ブリックバーミリオン」でしょう。

 

ヘーベルハウス ブリックバーミリオン
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lp/brickvermilion/index.html/

 

モノトーンなイメージのあるヘーベルハウスとしてはちょっと意外性もある、赤レンガ色。

 

ヨーロッパの街並みを思わせるその色は、植物の緑とも相性が良いんです。

 

なんともいえない温かみのある色でもあり、ともすれば「無機質で冷たい」という第一印象を持たれやすいヘーベルハウスの外観にやさしさと深みを与えてくれます。

 

目地のデザインによっても印象が全く違っていて、例えばGタイプならどっしりとした重厚感が魅力。

 

BMタイプはモダン、TSタイプはシャープでスッキリした印象に・・・と、色×目地の組み合わせで外観のデザインを楽しむことも可能です。

 

また、ヘーベル50周年を記念して販売されたメテオブルーも人気の一色。

 

ヘーベルハウス メテオブルー
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/meteoblue/index.html/

 

「メテオ」とは「流星」という意味だそうで、鉄隕石をイメージしたカラーだそうです。

 

意外にも、ヘーベルハウスでは初の青系の外壁色。

 

白×青のコンビネーションってさわやかでオシャレですよね。

 

「夜空のきらめき」を思わせる、ロマンチックな外壁色。

 

しかも人気の北欧デザインを連想させるカラーですし、ヘーベルハウスの定番カラーとして定着するのではないでしょうか。

 

ただ、あまりに個性的な外壁色は悪目立ちしてしまう可能性もあります。

 

色選びでは、周囲の景観とのバランスも考慮することが大事ですね。

 

あこがれ色にイメチェン!塗り替えで注意すべきポイント

もし、今の外壁色があまり好みではなく(もしくはその色に飽きてしまって)「人気の色に塗り替えたい」という場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

大きくわければ

 

  1. へーベルハウス系列のリフォーム会社に依頼して再塗装する
  2. 工務店、リフォーム/塗装業者に依頼する

 

という2通りの方法があります。

 

金額で言えば②のほうが圧倒的に安く、「メーカーの見積もりの半額以下だった」という声もあるほどです。

 

こちらの業者さんのようにヘーベルハウスの外壁の特徴を知り尽くしているところなら安心してお任せできるでしょう。

 

⇒ リフォームスタジオニシヤマ へーベルハウス【外壁塗装前に知っておきたいポイント】お役立ち情報

 

「ハウスメーカーよりも実際に現場で施工を行い多数のメーカーを手掛けてきた施工会社だからこそわかるポイントもある」とのことで、「現場・現物」で勝負している地元密着系業者ならではのプライドを感じさせます。

 

一方で、他業者が行った再塗装でなにか不具合があった場合は家そのものの長期保証を受けられなくなるかもしれないというリスクをはらんでいます。

 

こちらの記事でもまとめてますが、目先の「安さ」を優先するか、はたまた長期保証という「安心」に重きをおくかはじっくり時間をかけて検討する必要がありそうです。

 

⇒ ヘーベルハウスの塗り替えは高い!別業者に頼んでも大丈夫?

 

世の中的に人気なのはどんな外壁色なの?

ちなみに、世の中全般としてはどんな外壁色が人気なのでしょうか。

 

こちらのリフォームサイトのランキングサイトに傾向がまとめられていますが、人気No1は、やはりホワイト系。(ブロークンホワイト)

 

⇒ リフォームジャーナル 「外壁色に迷ったら!最新の人気色と組み合わせTOP20」

 

ちょっとクリーム色っぽい白に、ダークなブラウン系の屋根を合わせるのが人気だそうです。

 

続く2位は「ニュートラルホワイト」、第3位は「クールホワイト」という外壁色ですから、全体的に「白い外壁」が人気であることがわかります。

 

それも、クールな白よりもちょっと温かみのあるやわらかい白が人気ですね。

 

ちょっとベージュっぽいテイストも入っているので、汚れが目立ちにくいというメリットもあるかと思います。

 

こういった白系の外壁に、ブラウン、ブラック、グレーといったダークな屋根色を合わせるのが定番。

 

外壁色や屋根色、その組み合わせで迷ったら、こんな情報も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

施工実例に見る!ポップで清潔感のある外壁デザイン

ヘーベルハウスといえば、最近はアウトドアリビングを推しているのも印象的ですよね。

 

その名の通り、外にリビングを設けるわけですから、外壁が内装のような役割を果たすことになります。

 

室内と外(アウトドアリビング)のつながりも意識しなければいけないので、外壁選びは難易度が高いはず。

 

外壁と室内のクロスを全く違った印象のものにするのも良いですが、個人的には、ヘーベルハウスの公式インスタグラムで見つけたこんな外壁が気に入りました。

 

ヘーベルハウス インスタグラム アウトドアリビングの外壁
https://www.instagram.com/p/B1XhLk9ADnJ/

 

定番&人気の白い外壁ですが、目地の正方形がポップな雰囲気を演出。

 

長方形だとちょっと野暮ったさが出るかなと感じるのですが、この正方形がイマドキっぽくて若いセンスを感じさせます。

 

お部屋全体のレイアウトを見ると、リビングダイニング、小上がりの畳スペース、そして段差なく大きな窓でつながるアウトドアリビング・・・と、かなり贅沢な間取りなんですね。

 

風や光の通りが良い、昔ながらの平屋住宅のメリットがうまく生かされているなと感じます。

 

普通に広いお宅なのですが、内装のクロスも白なので、室内~アウトドアリビングの視覚的なつながりもスムーズ。

 

ヘーベルハウス インスタグラム アウトドアリビングの外壁
https://www.instagram.com/p/B1XhLk9ADnJ/

 

全体的に光が映えて実際よりもさらに広く感じられる設計になっています。

 

高齢の方にとっても、小さなお子さんにとっても住みやすそう!二世帯住宅を考える上でも参考になる実例です。

 

【まとめ】迷うくらいにバリエーション豊富!でも白が安定の人気

「定番」と言われる外壁色がある一方で、斬新な新色も次々に開発しているヘーベルハウス。

 

外壁の色選びに迷ったら、こんなポイントを参考にしてみてくださいね。

 

  • ヘーベルハウスで人気No1の外壁色はホワイト系
  • ヘーベルハウス以外のメーカーでも、やはり外壁は「白」が安定の人気
  • 同じ色でも、目地のデザインによって印象が変わる
  • インパクトのある新色も人気
  • ただし、周囲の景観とのバランスも考慮する必要あり

 

外壁色は、住む人の個性やセンスが表れるポイント。

 

人気色を参考にしつつも、単なる“真似っこ”ではなく自分なりのこだわりやオリジナリティを加えていきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

ヘーベルハウスの評判は可もなく不可もなく本音で語ります
ヘーベルハウスは100年住宅だから長期優良住宅で安心?
ヘーベルハウスの10年点検で見るポイント10年点検で安心?
ヘーベルハウスの2.5階建てスカイコテージのある家天空こども城
2015年のヘーベルハウスを分析する二世帯と老後に注力
2016年のヘーベルハウスは二世帯住宅と定年退職後の生活
実家の30坪の土地にヘーベルハウスで注文住宅を建てようかと
ヘーベルハウスの30年保証は本当なのか真剣に考えてみた
ヘーベルハウスで40坪の間取りを考え中です書斎が欲しい
ヘーベルハウスで4階建てを1階部分を賃貸にしたいです。
ヘーベルハウスで憧れのL型キッチンにしたいと思ってます。
ヘーベルハウスのアドバンスフローリングなかなか良いかも!
ヘーベルハウスに限らず和室は今では貴重な存在だと思う
ヘーベルハウスを買うなら中古がオトク!でも、どこで買う?
間取り実例から感じた、ヘーベルハウスの家造りへのこだわり
1割の値引きすら難しい!交渉に成功した人の秘密
ヘーベルハウスで、もし雨漏りしたら保証の対象になる?
ヘーベルハウスのイチオシ!アウトドアリビングの価格は?
ヘーベルハウスといえばALCパネル!どんな建材なの?
憧れのヘーベルハウスにマッチするインテリアは?
ヘーベルハウスvs一条工務店。比較から見えてくる本質の違い
ヘーベルハウスは維持費が高いらしい!ってホント?
ヘーベルハウス×エネファームで始めるecoライフ!
ヘーベルハウスで選べるお風呂の種類や、選び分けのポイント
ブログと事例からヘーベルハウスのステキな屋上活用法を学ぶ
40坪にヘーベルハウスを建てる際の価格相場と住み心地
ヘーベルハウスは火災保険が安くなる?その理由は?
壁紙で家事が楽しくなる!ヘーベルハウスのクロス選び
ヘーベルハウスの換気システムは時代遅れ?
ヘーベルハウスとクレバリーホームの違いを比較
ヘーベルハウスは結露しにくい?
ヘーベルハウスは災害に強い!濁流に耐え抜いたただ一つの家
ヘーベルハウスにサンルームを設置したい!リスクはあるの?
ヘーベルハウスで、魅せる収納を実現!どこに何を片付ける?
ヘーベルハウスの住み心地ってどう?リアルな声を聞かせて!
ヘーベルハウスで始める中庭ライフ。毎日にトキメキを!
「庭」の概念を覆す!ヘーベルハウスの新しい提案に注目
ヘーベルハウスの二階リビングは天空の城!空とつながる毎日
「布基礎」だから地震の揺れが1/2になる
ヘーベルハウスの塗り替えは高い!別業者に頼んでも大丈夫?
ヘーベルハウスが世界に誇る断熱材!ネオマフォームの魅力
ヘーベルハウスの+ネストで子育てをもっとラクに、楽しく!
ヘーベルハウスは平屋が苦手?PRが弱い理由が気になる!
ヘーベルハウスのホームサービスがアツい!気になる内容は?
へーベルハウスは間取り変更に有利?構造上の特徴に注目!
ヘーベルハウスを安く!見積もりの節約ポイントは?
ヘーベルハウスと三井ホームは何が違う?工法・価格・寿命を徹底比較!
ヘーベルハウス×無垢材がイイ感じ!意外なギャップに萌える
ヘーベルハウスのメリットとデメリットは何?
ヘーベルハウスの耐用年数60年メンテナンスプログラムが凄い!
ヘーベルハウスであえての屋根付き!ボックス型との違いは?
ヘーベルハウスで人気の床材は?コスパ重視でシビアに床選びしてみる
ヘーベルハウスに床暖房は必要ないかも。デメリットが多い?
ヘーベルハウスのユニットバスはTOTOの「H3シリーズ」が人気
ヘーベルハウスの実例に学ぶ!賢く無駄ナシ、床下収納活用術
ヘーベルハウスの床構造が気になる!使われている建材は?
ヘーベルハウスの浴室リフォームは高い?パックでお得にリフォームが可能!
ヘーベルハウスのリフォームは高い?他社に依頼するという視点も
ヘーベルハウスのリフォーム費用はナゼ高い?他社より2割増な理由を調査!
ヘーベルハウスの外壁の耐久性やメンテナンスの時期や費用を調査!
ヘーベルハウスの外観はシャープでクール!実際の評判は?
30年間も汚れ知らずの外壁がヘーベルハウスなら手に入るらしい!
ヘーベルハウスの外壁塗装メンテの時期は30年!価格と保証を徹底検証
ヘーベルハウスの外壁は黒も人気?風水的に見た黒のデメリットとは
ヘーベルハウスなら玄関タイル!人気の色と掃除方法をご紹介
ヘーベルハウス専用の住宅ローンに注目!充実した内容の提携ローンだった
ヘーベルハウスで全館床暖房ってどう?リフォームなどメンテナンスが高額!
ヘーベルハウスを増築したいけど費用は?定額制のRe-MAKEだと安心そう
ヘーベルハウスの美し過ぎる造作家具がシンプルだけど機能的!
ヘーベルハウスの断熱材は熱伝導率が他と比べて3倍なのに寒いらしい
ヘーベルハウスの断熱性能は本物か?口コミと数値に注目!
ヘーベルハウスでダウンフロアのある間取りで後悔しないために
ヘーベルハウスのベランダ手すりを選択する際の注意点
ヘーベルハウスのベランダ屋根はどう?デザイン的と機能性の両面から検証
ヘーベルハウスでベランダをタイルにする場合の価格と掃除方法
ヘーベルハウスで憧れの「そらの間」!ベランダ掃除は大変?
ヘーベルハウスならベランダの物干しもスタイリッシュにしたい!
ヘーベルハウスのベランダは排水がイマイチってホントなの?
ヘーベルハウスの防水性能は高い?メンテナンスと保証はどうなっている?
へーベルハウスの考え抜かれた防犯対策がすごい!窓からの侵入を防ぐ
ヘーベルハウスの防災技術は一歩先を行っている!防ぐより備える
ヘーベルハウスは防犯カメラ要らずの家!空き巣対策がバッチリ
ヘーベルハウスの家は超静か!徹底した防音性能がスゴイ
ヘーベルハウスでも防蟻は必須!保証は?なめちゃいけないシロアリ対策
ヘーベルハウスの防犯ガラスは窓のディフェンス効果がスゴイ!
ヘーベルハウスvsパナホーム。比較ポイントは?評判は?
ヘーベルハウスのバントリーに学ぶ収納術!リビングをスッキリさせるアイデア
ヘーベルハウスでピロティガレージのある家とは?どんな効果がある?
ヘーベルハウスでも人気のピクチャーウィンドウとは?気になる価格は?
ヘーベルハウスのピクチャーレールの実例からオシャレな使い方を検証!
ヘーベルハウスのペニンシュラキッチンのメリットとデメリットを検証!