平屋 価格 2LDK

MENU

平屋建てで人気の2LDKは意外と安い?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

意外と人気を集める平屋建て。

 

中でも、2LDKの間取りは価格も思っている以上に安くて、夢物語じゃない感じがします。

生活に何を求めるか

間取りが2LDKですから、

  • 2部屋
  • リビングダイニングキッチン

が主な部屋になります。

 

となると、やはり夫婦二人で過ごすのに適した間取りでしょう。

 

歳をとったら2Fへ上がるのは大変。

 

例え今は元気でも、未来の自分たちの姿を考えておくことも重要です。

 

子育てを終えた後の方が夫婦2人の時間は長いもの。

 

だからこそ、将来の夫婦の心情までを考えて家を建てることが大切だと思います。

 

⇒ 30坪の平屋建てで快適に豊かに暮らす!間取りの提案

 

子供がいるとなると、やはり、最低でも3部屋欲しいところ。

 

狭くても、4,5部屋あると、子供が大きくなった時に困ることもありません。

 

夫婦が終の棲家として住むなら、2LDKの平屋は非常に理にかなった住宅と言えます。

 

注:すまい給付金制度を利用しよう
家を建てるなら、補助金などの情報を知らないのは大損!『建て替えた住宅でも当然すまい給付金の対象です』を読んで、すまい給付金制度を賢く利用しましょう。

平屋建てはなぜ高いと言われているの?

2LDKの家を建てるなら、やっぱり平屋建てが良いな…と思っても、「平屋建ての価格は高い」と言われているため、なかなか先へ進めない方もいるかもしれません。

 

しかし、なぜ平屋建ての価格は上がってしまうのでしょうか。

 

それには、家を建てる時の原価が影響してきます。

 

家の原価にかかるものは、以下のものが上げられます。

  • 柱や梁など家の基本構造部分に使う材料
  • 大工さんの費用
  • 屋根など外壁屋さんの費用 など

 

実際に、2F建てと平屋の絵で比較してみましょう。

 

2F建てで1Fと2Fが各30坪の場合と、平屋建てで60坪の場合。

 

(上から見たときの)基礎の面積を比較すると、平屋建ての方が2F建ての家よりもかなり大きくなります。

 

そうすると、基本構造部の材料や屋根の材料がどうしても増えてしまいます。

 

増えるものばかりだけではなく減るものもありますが、発注単価が高いものが増えるため、同じ坪数でも平屋のほうが坪単価が高くなるのです。

 

しかし、同じ2LDKを作るにしても、階段や廊下がなくなる分、坪数が減り、思ったよりも価格は上がらないケースもあります。

 

単純に平屋の価格が高いから…といって諦めずに、坪数の調整などで検討の余地があるかもしれません。

 

その点は、ハウスメーカーの方としっかり相談しながら決めるといいでしょう。

2LDKの相場

まず、2LDKの賃貸で考えてみたら良く分かると思います。

 

住むところによって当然価格は変わりますが、全国平均で見てみると、大体8万円前後。

 

これが1年間で見てみると、約100万円ですよね。

 

そして、10年住んだとして、1000万円。

 

20年後だと、価格は2000万円という計算になります。

 

終の棲家として選択する平屋の場合、30年住むことはあまり無いかと思いますので、60歳に2LDKの平屋を建てて、20年住んだとすると、土地まで合わせると、だいたい2000万円が相場です。

 

建物自体は、1000万円前後で建てることができるようですから、あとは土地をどうするかによって総額が変わってきます。

 

レオハウスさんの「大人気の家 CoCo」などは、安価でありながらも、住みやすそうです。

 

レオハウスのCoCoイメージ図
https://leohouse.jp/prod/

 

※1,000万円以下!超ローコスト住宅
今注目されている、超ローコスト住宅の真相に迫る!→『夫婦2人ならこれで十分!713万円の平屋

新築ではなくリフォーム物件を購入するという手も

新築する場合は、2LDKであれば、最低でも建築費のみで1000万円は覚悟しておく必要がありますが、リフォーム済みの物件を購入するという手を使えば、土地付きの総額で購入できます。

 

その場合、1500万~という印象ですね。

 

ただ、リフォーム済み物件の場合は、自分の好きなようにリフォームされた訳ではないので、生活動線が合わない可能性があります。

 

さらには、リフォームが適切に行われたかどうかの判断も付きづらい。

 

専門家に家の構造チェックをお願いするとしても、費用が10万円弱かかりますから、トータルで見ると、土地を買って新築するのと変わらない、もしくは後々の修繕費用を考えると割高になってしまう可能性もあります。

 

中古の家を購入して、自分でリフォームする方法が、上手くいけば一番良いのかもしれません。

 

⇒平屋のリフォーム費用は驚くほど安い!賢者はいい生活を手に入れる!

 

費用を抑えることも大切ですが、長い目で見た安全な計画を立てておくことも大切です。

本当に楽しく暮らす家を手に入れるためのヒント

さて、ここでリフォームをする時にとても参考になる雑誌の一面を見つけたので、ご紹介します。
(百花壇2018年01-02号より)
百花壇2018年01-02号 カラフルホームスタイル代表の近藤佳世子さんの記事タイトル

 

建築士兼インテリアコーディネーターとして活躍する、カラフルホームスタイル代表の近藤佳世子さんによると、楽しく暮らす家を手に入れるためのポイントが、3つ書かれておりました。(雑誌より引用させて頂きます。)

 

1つ目は、家族によって間取りの正解は異なることを知っておくこと。

 

一口に家事動線と言っても、何を優先するのか、細かなルーティンは人それぞれですよね。

 

だからこそ、一般的な間取りにとらわれず、固定概念の枠を外すことが大切なのだと書かれておりました。

 

なるほど!です。

 

たしかに、雑誌などで間取りの特集などが組まれていますが、それを読んでいると、どうしても、そういった間取りにすることで私達も幸せになれるんじゃないか!的な偏った視点になってしまっていますね。。。

 

雑誌などの間取り特集を参考にすることも大切ですが、今回教えていただいた「家族によって間取りの正解は異なる」という点をしっかりと念頭において、間取り特集で特集されている成功した間取りは、あくまでも他の方の家族の幸せが形になった結果だということ。

 

私達家族が、どういった幸せを目指していて、それに適した間取りは一体どういったものなのか、それを忘れないことが大切だなって、気が付かせて頂きました。

 

2つ目は、家族の成長にともなって、必要なものと不要なものを把握しておくこと。

 

納戸になりそうな空き部屋や、数年後の間仕切りリフォームなど、無駄や手間をなくすために、長期的な視点を持てリフォームを手がけるのが大切とありました。

 

この考え方を教えてもらって分かったことは沢山ありました。

 

どうしても、「今」この瞬間を大切に考えて、そこばかりに集中してしまいがちですが、家族の成長を念頭に置いて取り組むことで、長期的な視点で見れることができますよね。

 

家を買うということは、とても高額な買い物になり、失敗は許されない!的なモードになってしまう可能性もあるかと思います。

 

そうすると、余計に「今」しか見えなくなってしまうと思うので、自分たち家族の将来を俯瞰的に見られるように、心の余裕を持って、設計にあたることが大切だなって思いました。

 

カラフルホームスタイル代表 近藤さんのような方に、家の設計やインテリアの相談をさせて頂けるようになれたら、そうやって大切な部分をご指摘頂けるので、安心して家造りができるなーって。

 

私がお家を建てる際には、ぜひ、ご相談させて頂きたいと思いました。

 

3つ目は、みんなが機嫌よく暮らせる家を想像すること。

 

新しい家が建ったら、そこでどんなことをしてみたいのか。

 

家族のためではなく、自分のために心地良く暮らせるポイントを考えておくと良いという言葉を拝見し、とても安心致しました。

 

いつも、家族のことを優先して考えてしまう私でして、自分のことを後回しにしてしまう癖があるため、正直シンドいなーと感じるときもあるのです。

 

でも、自分の幸せも大切にしていいよ、と仰って頂けたことで、何か肩の荷が降りたような感じがしました。

 

ついつい、家族のために…と思って自分の意見を抑えてしまうと、結局自分の居心地が悪くなってしまいます。

 

女性が家での時間を楽しく過ごすためにも、「我慢しすぎないように」という点は、気をつけておきたいですよ。

 

株式会社カラフルホームスタイルのホームページに、施工事例や近藤佳世子さんのブログがありました。

 

ブログでは家造りに関する思いが書かれており、大変参考になります!
http://www.chstyle.co.jp/

読者から頂いた感想

2LDKが思っていたよりも安い事に驚きました。(30代 男性 )

 

平屋建てで人気と言われている2LDKが意外と安いことに驚きました。

 

夫婦2人で住む前提で計画的に購入を考えるのであれば、書斎やプレイルームなど特殊な部屋を用意しないかぎりは他の選択肢はありないですね。

 

ですが、やはり他の間取りとの価格差も気になるところです。

 

賃貸に住み続ける場合にかかる費用と、家を建てた場合の費用を比較した内容は面白いと感じました。

 

賃貸で2LDKですと、やはり相当な費用がかかってしまうんですね。

 

よく言われる事ですが、具体的な数字として提示されると、やはり驚きます。

 

20年も住み続ければ、もう新築で一件買えてしまうほどの費用がかかっているんですね。

 

20年を賃貸で肩身狭く過ごすか、平屋一戸建てで悠々と過ごすか・・・・。

 

自分のこれからの生活を改めて考えさせられました。

 

【関連記事】
こちらの記事で、1000万円以下で建てられるイシンホームについて詳しく検証しています。
↓ ↓ ↓
イシンホームなら1000万円台でもこんなに豪華!

 

私も信じられないのですが、500万円で家が建てられてしまう時代になったのです!
↓ ↓ ↓
まさかの500万円台から!?超ローコスト住宅がアツい

 

上記の記事も、きっとお役に立てると思います!あわせてお読みくださいませ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

しっかりした基礎と木材の家が評判のハウスメーカーといえば、積水ハウスだワン!大人気のシャーウッドは、誰もが一度は憧れるが平屋建てのシリーズ。でも値段はどうなんだろう?やっぱり高いのかな?そこで積水ハウスの気になる価格の相場をリサーチ。どのあたりが魅力なのか、満足度のいく仕上がりになる理由などを調査しただワン!積水ハウスといえば、大手ですから、安心感が違いますね。アフターケアも行き届いているというこ...

 
 

最近思うことがあります。賃貸でアパートを借りているのですが、このまま賃貸を続けていくのが得なのか、新築の戸建てを購入してローンを払っていくのが得なのか。。。これは非常に難しい選択になると思っています。私達夫婦は、新築で平屋建てを検討しています。賃貸にいつまでも住み続けていることは、自分の資産にならないということよりも、やはり根無し草的な要素があるように思えます。賃貸だと、借り暮らしという印象がどう...

 
 

平屋建てを検討している僕達夫婦は、タマホームの衝撃のCMを見て興味を持ったワン!色々と調べていくうちに、専門家のサイトなどを発見し、色々とタマホームについて分かってきたことがあるから、記事にまとめてみたワン。目次タマホームの本当の坪単価実際にタマホームで平屋建てを契約した人のお話安くて標準グレードのタマホームですがタマホームは間取りである程度の価格の目途がつく?家を買って10年後を想像してみよう~...

 
 

平屋を新築する時、1番人気の広さじゃないのか?と思える程検索数が多いのが40坪。予算を抑えて平屋を購入したい家族や、夫婦だけの家族にとってちょうど良い広さ&予算なんですよね。将来売却する時も買い手がたくさんいるのが40坪なのではないでしょうか・・・。平屋建築で「40坪」は一つのキーワード。具体的な予算はどのくらいになるのでしょうか。平屋の40坪事情平屋を建てる時希望が多いのが40坪。これ以上狭いと...