ビレッジハウス 口コミ 評判

MENU

口コミは良いの悪いの?ビレッジハウスは低家賃だけど大丈夫?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ビレッジハウスの口コミ

 

ビレッジハウスの口コミはおおむねポジティブなのに、評価点は低め。。。

 

この理由は、もともと古い物件をリノベーションしているからです。

 

しかしビレッジハウスを公平な目で見れば、口コミ通り悪くない物件と思えるのです。

 

なぜ?よい口コミでも評価が低いのか

全国に広がる「ビレッジハウス」の口コミを見ていくと、非常にポジティブなものが多いのが特徴。

 

家賃が安いわりに部屋数が多いとか、ベランダが広いとか、間取りについてもよい口コミが多い。

 

敷地内に公園があるとか、目の前が病院だとか、学校が近いとか、立地にもよい口コミが集まっています。

 

こんなポジティブな口コミが多いのですが、一方で気になるのが評点の平均が3点程度と低いこと。

 

これは、ある特定のビレッジハウスだけの傾向ではありません。

 

全国に多数あるビレッジハウスに共通する傾向なのです。

 

その理由は、ビレッジハウスの成り立ちにあると考えられます。

 

何となく古いのは、しょうがない!

ビレッジハウスとはもともと雇用促進住宅と呼ばれる、公営の集合住宅。

 

これをソフトバンク傘下の不動産投資会社、フォートレス・インベストメント・グループが大量に購入。

 

順次リノベーションをおこなって、一般の賃貸住宅として展開しているものが多いのです。

 

そんな雇用促進住宅が全国に多数建てられたのが、平成に入ったころ。

 

ですから築年数がたってしまっている上に、内装や間取りが古い印象のものが多くなってしまうのです。

 

例えば畳敷きになってしまっているとか、風呂場の造りが古いとか、こんな物件が多いのです。

 

ですから、口コミがよいにもかかわらず、評点が低めになってしまっているのです。

 

割りきれば、ビレッジハウスは出色のもの

しかしリノベーション済みのビレッジハウスはさすがに全部屋フローリングになっていたり。

 

風呂場もリフォーム済みですから、非常にモダンな印象、それで家賃は割安ですから、申し分ないはずなのです。

 

加えてビレッジハウスの特徴である、敷金がゼロ、礼金がゼロ、保証人が不要、更新料もゼロ。

 

これは人気が出て当然だと思われるのですが、そうなると今度は、家賃が少々高めになる。

 

加えてリノベーションされているのは物件の内装のみ、外観は古い雇用促進住宅のままなのです。

 

ですから、口コミも悪いものではないのに、評点が低めであるというという印象はビレッジハウス共通のものとなるのです。

 

しかし!ビレッジハウスも賃貸住宅、すべての条件が借り手の思うがまま。

 

そんな物件は賃貸住宅には、実際にはないものなのです。

 

「ビレッジハウスは、理想の平屋建てを購入するまでの仮住まい」。

 

そんな割り切りをもって見てみれば、おおむね満足がいくものではないか?と思うのです。

 

何といっても初期費用がゼロ、加えて保証人までも不要。

 

こんな物件はビレッジハウス以外には、そうないものなのです。

ビレッジハウスの評判=雇用促進住宅の評判なのか?

ビレッジハウスの評判

 

例えば立地が良いとか、きれいな部屋に住めるとか。

 

ビレッジハウスについての評判を検討してみましょう。

 

良いものもあれば、悪いものもあるのがビレッジハウスの評判なのですが、それらは本当のことなのでしょうか?

 

ビレッジハウスの評判は本当に正しいのか?

ビレッジハウスの評判を見ていくと、非常にポジティブなものが多いもの。

 

その反面、これって業者が書かせている広告記事じゃないの?

 

こんなふうに感じる評判も多いものなのです。

 

例えば家賃が安いとか、立地が良いとか。

 

こんな評判については、まあ評判というよりも間違いがない事実。

 

疑いを挟む余地がないとしても、例えばリノベーション後だから清潔とか。

 

築年数の割に、内装が新しいとか。

 

こんなビレッジハウスの評判についてはどうでしょうか?

 

全てのビレッジハウスが良い評判通りの物件なのでしょうか?

 

良い評判通りの部屋に住むには追加費用が必要?

まず、ビレッジハウスの良い評判とともに、掲載されている写真。

 

床はフローリング、壁紙は真っ白!という部屋に入居するには、条件があります。

 

まず、全室フローリングになっているビレッジハウスの物件については、オプション料金が必要です。

 

これについては、一部屋をフローリングにするには月々3,000円が必要なのです。

 

つまり2LDKといった、ビレッジハウスによくある間取りの部屋で全室フローリング。

 

こんな物件に入居するには、家賃に月々6,000円をプラスしなければいけないということです。

 

ですから、ビレッジハウスの内装が新しいという評判については、全室がそうとはいえない。

 

多くが雇用促進住宅のまま、古い公営住宅のイメージのままビレッジハウスとして運営している。

 

こう考えたほうが良さそうです。

 

雇用促進住宅時代そのままの評判の可能性?

さて、そんなことを考えながら、ビレッジハウスの実際に入居している人の評判。

 

これをネット上で拾おうとしてみたのですが、なぜか一切、評判がアップされていません。

 

そこで、ビレッジハウスが雇用促進住宅だったころに、ささやかれていた評判を拾ってみましょう。

 

まず、エアコンと網戸が付いていない。

 

これはビレッジハウスになっても変わらないこと、エアコンについてはフローリング同様オプション料金。

 

家賃に加えて、月々1,000円が必要となってきます。

 

次に、湿気がひどいという評判。

 

これは古い鉄筋コンクリート造ですから、しょうがないこと。

 

反面、地震には強いという特徴がありますから、良い面を見ていきましょう。

 

そして、治安が今ひとつという評判。

 

これについては地域によって違うという話ですが、元々雇用促進住宅は、そこに長く住むことを前提にはしていないもの。

 

雇用が落ち着くまで入居できる仮住まいのようなものでした。

 

つまり、いわゆる流れ者的な住人が多いのは事実でしょう。

 

そして、これらの評判については、ビレッジハウスとなった現在も基本的には変わっていないはずなのです。

家賃が安い=治安が悪い?ビレッジハウスの評判はいかに

ビレッジハウスの治安はどう?

 

ビレッジハウスや家賃が安い、ということは治安や入居者の質は高くはない。

 

このことは覚悟するべきかもしれません。

 

ビレッジハウスが雇用促進住宅だった時代から、治安については、あまり良い評判ではないようです。。。

 

良い面ばかりではない、ビレッジハウス

ビレッジハウスとは元・雇用促進住宅と呼ばれた集合住宅をリノベーションした賃貸マンション。

 

家賃が近隣の相場よりも半額程度と、非常に安く設定されています。

 

家賃が安い!この条件は将来的に一戸建てとか、平屋建てとか、持ち家を購入したい人にとっても好条件。

 

家賃が安い分、必要な現金が早く貯まるというものです。

 

しかし、家賃が安いなど良い話には裏があるもので、、、ビレッジハウス、全てが良いものではありません。

 

例えば、治安の状況はどうでしょうか?

 

雇用促進住宅時代の治安は決して、、、

治安、住居を決める際には非常に気になるものですね。

 

隣りに入居している人が、人間的に問題があったり、夜遅くまで騒いだり。

 

駐車場に停めた車にいたずらされたり、、、。

 

こんな風に治安が悪ければ、せっかくのビレッジハウスの魅力も半減です。

 

それでは、ビレッジハウスになる前の雇用促進住宅時代、治安がどうだったか?

 

これについては、あまり良いといえたものではありません。

 

地域によっては雇用促進住宅は外国人の出稼ぎ労働者が多く住んでいる、そんな話をよく聞きます。

 

ですから、夜遅くまで人が騒いでいたりとか、休みの日には外国人が集まってバーベキューをしていたりとか。

 

日本人には近寄りがたい雰囲気があったというのです。

 

だから、治安が悪い!というつもりはないのですが、、、まあ普通の賃貸マンションとは違う雰囲気だったといいます。

 

そんな、入居者はビレッジハウスになることで、どうなったのか?

 

ビレッジハウスの運営会社は、雇用促進住宅の既存の入居者については継続して賃貸することを前提に交渉。

 

こんな話を聞いていますから、ビレッジハウスになっても例えば外国人労働者は、まだ住んでいる。

 

こう考えたほうが、良さそうです。

 

家賃が安いかわりに治安が今ひとつ、かもしれない

ですから、ビレッジハウスの治安については、あまり良くない。

 

特に、通常の家賃を払わなければ住めないような賃貸住宅の住民と比較すると、質もあまり良くない。

 

こんなふうに言うことができるでしょう。

 

ビレッジハウスに入居すると近隣の住民と揉める、こんな可能性もゼロではなさそうです。

 

しかし、何ごとにも正と負の側面があるものです。

 

ビレッジハウスの場合、治安面では今一つという負の側面がある。

 

一方で、家賃が圧倒的に安いという正の側面もあるのです。

 

将来的に注文住宅を購入するために、少しでも家賃の安い賃貸を!

 

こう考えるならば、ビレッジハウスという選択もありです。

 

しかし、安いという製の側面がある反面、治安に不安が残る。

 

こんな、負の側面もあることは覚えておいたほうが良さそうです。

 

治安面に不安があるならば、ホームセキュリティの導入を検討するのも一つの手ですね。

 

私も、自宅に導入しようと思って検討しています。
ホームセキュリティの防犯効果は?導入を迷っている私の考え

 

(※本記事は、インターネット上の口コミを参考に運営者の個人的な感想・考えを記載しており、ビレッジハウスを批判するものではありません。)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

「ビレッジハウス潮見」とは東京都江東区潮見に建つ賃貸住宅、割安な家賃と初期費用ゼロ、キャッシュバックまで付くというお得感が特徴です。なぜ、ビレッジハウス潮見がここまでお得なのか?それを以下に見ていきましょう。よく耳にする「ビレッジハウス」とは何か?賃貸住宅を探している人ならば、ひょっとして「ビレッジハウス」なる名前を聞いたことがあるかもしれません。ビレッジハウスとは不動産投資会社「フォートレス・イ...

 
 

ビレッジハウスを運営しているのは、ソフトバンク傘下の大手不動産会社。会社概要を見ても非常に安心できそうな会社なのです。そんなビレッジハウスにある様々なメリット、これは会社概要からの安心感に加えて大きなセールスポイントなのです。ハードルは意外と高い公営住宅「理想の平屋建ての家を購入したい!ムダに広い家は必要がない」とは思っても、先立つものは、もちろんお金。手元資金がゼロでも、家が建てられると時代とい...

 
 

「ビレッジハウス品川八潮」は公団住宅をリノベーションした、賃貸マンション。近辺に建つ同様のマンションより家賃も安ければ、初期費用もゼロ。様々なメリットがあるのが、ビレッジハウス品川八潮、チェックが必要ですね。立地も抜群、ビレッジハウス品川八潮東京品川区の東端、巨大な埋立地の一角に集合住宅が林立する地区があります。品川八潮、5,700世帯、1万3,000人が暮らしているという巨大団地。この地区の開発...

 
 

ビレッジハウスに入居したい!という人は少数派。多くの人はアパマンなど不動産仲介業者が持つ物件の中からビレッジハウスを選ぶ、そんな風にして入居先を決めるものです。だからアパマンでもビレッジハウスを取扱い物件にしているのです。加盟店は日本最大!アパマンショップアパマンショップネットワークとは非常に有名な不動産仲介業者。フランチャイズ方式で加盟店を募集、現在は日本全国で約900店舗がアパマンショップを名...

 
 

ビレッジハウスの入居者は2年間契約、その期間内に退去すると違約金が発生します。しかし、これはビレッジハウスに限ったものではありません。大抵の賃貸住宅には違約金制度があるもの。入居時にその額について、確認が必要でしょう。2年以内の退居で違約金が発生?!敷金もいらない、礼金もいらない、保証人もいらなければ、更新料もいらない。加えて家賃も格安!こんな賃貸住宅「ビレッジハウス」が話題になっています。家賃が...

 
 

一部のビレッジハウスにはオプション料金が設定されており、数1,000円の費用でリノベーションが可能です。しかしこのオプション料金、月々の家賃に上乗せされるのが悩ましい所。十分安いビレッジハウスですが、具体的な費用について調べてみました!ビレッジハウスは全戸リノベーション済み?全国で9万9,000戸という、すごい数の空き部屋を抱えることになったのはビレッジハウス。報道では全部屋をリノベーションして、...

 
 

ビレッジハウスを実際に運営しているのは、公営住宅を取得したフォートレス社の関連会社。ビレッジハウスへの入居者を募集するというのが、この運営会社の主な業務となっているよう。フォートレス社は取得だけという方式のようです。一括購入したのはフォートレス社「西日本の雇用促進住宅を一括取得」こんなニュースが流れたのは、2017年1月のこと。ハローワークを通じて入居申し込みをするという、求職者のための「雇用促進...

 
 

ビレッジハウスは初期費用がゼロ、これに加えて入居者全員に3万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中。加えて仲介サイトのキャッシュバックを利用すると、もっとお得にビレッジハウスに入居することが可能となるのです。初期費用がゼロに加えてキャッシュバックまで!全国の役割を終えつつある雇用促進住宅などを一括購入して、リノベーション。安価な賃貸住宅として生まれ変わらせるというのが、「ビレッジハウス」。周囲の...

 
 

古くなった雇用促進住宅をリノベーション、ビレッジハウスとして生まれ変わった。こんな風に宣伝されているビレッジハウスですが、写真で見る限り大規模な改修はおこなわれていない模様、これでリノベーションなのか?と感じます。雇用促進住宅をリノベーションした「ビレッジハウス」リノベーションとは「革新・刷新」のことである。手元の辞書には、こんな風にのっています。住宅業界で使う場合には、建物に大規模な改修を加える...

 
 

西東京に立地するビレッジハウス向台は雇用促進住宅をリノベーションしたマンション。公共住宅に特有の入居条件もありませんし、室内は清潔。加えて様々な特典付きのビレッジハウス向台は見逃せない物件なのです。入居者が少ないのは条件が特殊だから?労働者のための賃貸住宅として、雇用促進住宅という公営住宅が制度が始まったのは、まだ昭和の時代。収入が安いとか、公営住宅の抽選に外れたといった人たちに、安い家賃で住宅を...

 
 

絶好の立地のビレッジハウス芝浦、家賃が月々12万円!?少々ぎょっとするのですが、近隣の他の物件と比較すると、ビレッジハウス芝浦はかなり条件が良い物件。コストパフォーマンスは高いといえるのです。他の物件と比較すると安さが際立つ東京駅や品川駅、羽田空港へのアクセスも良好、銀座や六本木までも便利。こんな評判の港区芝浦。主に商業地、建っているのは分譲も含めた高層マンションばかり。洗練されたイメージのエリア...

 
 

賃貸住宅や公共住宅にあるのは様々な審査、これのおかげで入居できないという経験をした人も多いはず。一方、審査がゆるいので知られるのがビレッジハウス。ビレッジハウスの審査で必要なのは印鑑と身分証明、収入証明の3点のみなのです。クレジットカードを所有していないと審査に通らない?家賃と比較して収入が低いとか、連帯保証人が必要だとか。はたまた、いかにも近所ともめごとを起こしそうかどうかとか。賃貸住宅には審査...

 
 

ビレッジハウスに入居するのに必要な初期費用は入居月の日割りと翌月分の家賃、そして火災保険料。初期費用はこれだけに抑えられてしまいますから実にお得、ビレッジハウスなら敷金や礼金といった費用が不要なのです。敷金・礼金の慣習を打ち破るビレッジハウス!日本の賃貸住宅業界には様々な慣例がありました。例えば敷金とか礼金とか、まあ大家さん側にとっては、それらを取る理由があるのでしょう。しかし、入居をするとこれか...

 
 

賃貸料の安さで、ビレッジハウスが人気の物件となっています。しかし、リノベーションが遅れているとか、賃貸料の安さゆえの問題点もビレッジハウスからは見えてくるもの。どう折り合いを付けるかがポイントとなりそうです。初期費用や家賃の安さこそがビレッジハウスビレッジハウスとは、敷金や礼金、手数料、抽選、そして保証人も不要。家賃も安い上に、様々なビレッジハウスならではの特徴を持った賃貸住宅です。全国に広がる1...

 
 

どうやら鳥、カメといった小型のペットなら問題なく入居できるようです。しかしイヌ・ネコとなると、全てのビレッジハウスで入居できるとは限らないもの。リノベーションが済んでいないなら、可能性はありそうなのですが?空前のペットブームといわれていますどうやら最近ではネコがイヌを抜いたとか?何の話かというとペットの話。飼われているペットの頭数でネコがイヌを上回ったという話です。ネコ好きの人たちは複数で飼う、こ...

 
 

ビレッジハウスに限らず賃貸住宅は、退去時にかかる費用について注意が必要。借りていた部屋の原状復帰の費用や契約期間ならば違約金、これらを退去時に請求されるもの。ですからビレッジハウスの入居時に確認をしておくべきなのです。敷金がゼロということは、退居時の請求はどうなる?ビレッジハウスは敷金、礼金がゼロ!これは大きなセールスポイントです。敷金とは本来、貸主に預けておく保証金のようなもの。家賃の滞納があっ...

 
 

ビレッジハウスに入居するには仲介業者を利用すべきだと思います。なぜならビレッジハウス以外の物件と比較できたり、仲介業者のキャンペーンが利用できるなど、複数のメリットがあるからです。そして仲介手数料は貸主持ち、借りる方のデメリットはゼロなのです。仲介手数料はビレッジハウス持ちになっています賃貸住宅を借りるという場合に、大家さんを直接たずねて賃貸契約を結んだ。こんなケースは現代ならば、ほとんどないはず...

 
 

低家賃で知られるビレッジハウス、その物件は東京にもあるものです。しかし23区内のビレッジハウスとなると、その家賃は10万円は下りません。でも東京の家賃の相場から見ると、やはりかなり安い部類、これがビレッジハウスなのです。ビレッジハウスといえば低家賃の賃貸!全国に1,000棟以上、10万戸弱というとんでもない数の、賃貸アパート。これらがビレッジハウスという名前になり、現在、絶賛入居者募集中なのです。...

 
 

西日本に続いて、東日本にもビレッジハウスが登場し、現在では1,000棟以上のビレッジハウスが日本中にあることになります。しかし、東日本のビレッジハウス、立地によってはびっくりするような家賃の物件もあるのです。雇用促進住宅が、装いも新たに!!昭和期に、求職者向けとして全国に建てられた雇用促進住宅。部屋の間取り古いし、キッチンやバスといった設備も時代を感じさせるもの、畳敷きの部屋も多い。そして、入居す...

 
 

名古屋市内に2棟のビレッジハウスが展開されているのですが、ホームページで見る限り不備が目立ちます。それだけに名古屋市でビレッジハウスを検討している人々は不安に感じるのではないかと思うのですが。名古屋市港区の物件は名称が古いまま東海地方にも数多い物件を抱えているビレッジハウス。当然、名古屋市内にも複数の物件を持っています。例えば、名古屋市港区木場町にあるんビレッジハウス。こちらは間取りが2LDK、広...