賃貸住宅の選び方

MENU

後悔しない賃貸住宅の選び方。家族みんながHAPPYに!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

賃貸住宅の選び方について、筆者の体験を踏まえて3つの観点からアドバイスします。

 

人口は減少しているにも関わらず、賃貸住宅は増えている。

 

・・・そんな不思議な現象が起こっているそうです。

 

つまり、賃貸物件は余っているということ!

 

探せばピンからキリまでいくらでもある賃貸住宅の中で自分にとってベストな物件を見つけ出すための選び方のポイントは?

 

管理人の経験を踏まえて、家族みんながHAPPYになれる選び方のヒントをまとめました。

 

賃貸なんだから、気に入らなかったらまた引っ越せば良い。

 

そんな声もよく耳にしますが、賃貸住宅の引っ越しにはなにかとお金がかかります!

 

できれば最初から、「ずっとここに住み続けたい!」と思えるようなステキな物件を探し出したいものです。

 

まずはエリアを絞り込むことから!

賃貸住宅の選び方の基本は、「生活しやすいこと」です。

 

まずは、会社や学校からの距離、位置関係を考慮すべきですね。

 

車で通うなら、朝の渋滞が心配ですよね。

 

特に橋の上は混みますから、時間的に余裕を持って出勤することになるでしょう。

 

また、電車なら駅、バスならバス停までの距離や、目的地までの電車の本数や時間も気になりますね。

 

毎日、片道どのくらいの時間だったら無理なく通えそうか?

 

・・・これも、賃貸住宅の選び方で大事なポイントです。

 

お子さんがいらっしゃる場合は学校までの通学手段や時間もよく考えて決めましょう。

 

あまり人気のない通りを歩いて通わなければならないとなると、防犯上の心配も出てきます。

 

適度にスーパーやコンビニなどの店舗があって、それなりににぎやかな通りに近いほうが安心ですよね。

 

 

家族みんながインフルエンザやノロウィルスでダウンした時のことを想定すると、小さなクリニックでも良いので病院も近い方が良いです!

 

・・・このように毎日の通勤・通学を軸とした選び方をしていくと、候補となるエリアはだいたい絞られてきます。

 

ただ、一戸建ての賃貸住宅だと物件がかなり限られてくるでしょうね。

 

現実的な話、全ての希望を叶えられる物件に巡り合うのは難しいかもしれません。

 

家賃の目安は?

生活のしやすさという観点では申し分ない賃貸住宅が見つかったとしても、問題はお家賃。

 

一般的な目安としては「収入の約30%まで」と言われていますので、月収が30万円ならマックス9万円ですよね。

 

しかし、一戸建ての賃貸住宅は普通のアパートやマンションよりも家賃が高めに設定されています。

 

その上、駅近で、商業施設にも恵まれていて・・・となると、金額は跳ね上がるでしょう。

 

こだわりたいポイントとお家賃のバランスを見て、家族みんなが「これならば」と思える物件を見つけましょう。

 

ちなみに、これは私の経験から言えることですが、同じ間取り、同じ家賃でも、大家さんの熱の入れ方で物件の印象は全然違う!

 

丁寧に手をかけている賃貸住宅は、築年数よりも“若く”見えます。

 

同じ金額を支払うのであれば、メンテナンスをしっかりやってくれる物件を選んだほうが気持ち良く過ごせますよ。

 

どうしても譲れないポイントを絞っておこう

さきほどもお伝えした通り、戸建ての賃貸住宅にこだわると物件はかなり限られてしまいます。

 

いろいろとこだわりたいポイントはあると思いますが、全てを満たす物件を探すのは至難の業・・・というよりまず無理だと思っておいたほうが良いですね。

 

「それはどうしても譲れない条件なのか?」という視点で、家族で検討してみるのが賃貸住宅の選び方では重要なプロセスです。

 

まずは、希望条件を出し合って「どうしても譲れない希望」「まあそこまでこだわらなくても良い」「どうでも良い」の3つくらいに分類してみましょう。

 

2階建てでないといけませんか?平屋じゃダメですか?

  • 「お風呂に追炊き機能がついている」
  • 「オートロック」
  • 「光ファイバーがついている」

等は、どうしてもなくてはいけない機能でしょうか?

 

そこまで細かくこだわると、なかなか戸建の賃貸住宅は見つからないかもしれません。

 

私はむしろ、周辺の環境にこだわりたいですね。

 

小さなお子さんがいるご家庭なら、「周りに子供が多いかどうか」というのも、意外と大事なポイント。

 

子供がひどく泣いても「お互いさま」で流してもらえるかどうか?

 

これ、子育てのしやすさ・しにくさを左右しますよ!

 

ファミリーで賃貸住宅を探す場合は、選び方のポイントにぜひプラスしていただきたい項目です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

賃貸住宅で雨漏りが発生した場合の対処法や保証体制について確認しておきましょう。ある日突然、賃貸住宅の天井から、ポタリポタリと水が垂れてきた・・・!2階建ての賃貸住宅であれば上の階からの水漏れということも考えられますが、平屋建ての物件ならほぼ100%「雨漏り」でしょう。その場合、被害の保証体制はどうなっているのでしょうか。誰もが直面する可能性のある、不可抗力による雨漏りの保証や対処の仕方についてみて...

 
 

賃貸住宅でも取り入れやすいインテリアコーディネートのコツを考えてみます。うちは賃貸住宅だから、インテリアのカスタマイズは楽しめない。そんな風に諦めているのだとしたら、もったいない!賃貸住宅でも、アイデア次第で個性的なインテリアを楽しむことは可能です。ただし、何事も「プランニング」が大事!オシャレな部屋にするために押さえておくべきポイントをまとめました。与えられた物を、どう生かすか?殺風景な部屋を、...

 
 

賃貸住宅のトイレではどのようなウォシュレットが使われているのでしょうか。また、後付で人気の機種は?イマドキの賃貸住宅は、トイレにウォシュレットがついているのが当たり前!具体的にはどこのメーカーの、どんなトイレが採用されているのでしょうか。また、最近は後付できるタイプのウォシュレット便座も登場していますので、賃貸住宅でも気軽にトイレのカスタマイズができます。これを機に、取り付けに挑戦してみても良いか...

 
 

賃貸住宅のエアコンが故障した場合の対処の仕方につい。賃貸住宅にあらかじめエアコンがついているのはラッキーですよね。でも、そのエアコンが故障した場合、修理の費用は誰が負担することになるのでしょうか。あくまでも賃貸住宅の一部として考えれば、故障した場合も自己判断で動くのはNGです!詳細は管理会社との契約内容によって異なりますが、今回は一般的な見解をみてみましょう。エアコンが壊れちゃったから、新しいモデ...

 
 

賃貸住宅でクレームや苦情を寄せられた場合、または、逆に隣人に不満がある場合の対処法について考えてみます。賃貸住宅では、隣同士の距離が近い分だけクレームや苦情も多いようです。もし自分が苦情を寄せられたら?逆に、クレームをつけたいほどイライラしたら・・・どう対処すれば無用なトラブルを回避しつつ状況を改善できるのでしょうか。賃貸住宅の隣人トラブルを避けるための知恵を伝授します!賃貸住宅とはいえ、お隣さん...

 
 

賃貸住宅で水漏れが起こった場合の対処法。賃貸住宅で水漏れが起こった場合は、自己判断せずにまずは大家さんに一報を入れるべきです。あくまでも“借り物”ですから、修繕するにも一言連絡するのがルールというもの。気になるのは費用のことですが、大家さんはどこまで保証してくれるのでしょうか?賃貸住宅の水漏れに対する対処法や受けられる保証についてご案内します。水漏れは最もパニックになりやすい賃貸住宅トラブルの一つ...

 
 

賃貸住宅で騒音問題が起こった場合、トラブルを回避しつつ解決する方法について。賃貸住宅のトラブルでありがちな「騒音問題」。具体的にどんな音が原因になっているのでしょうか。また、苦情を言われた時、逆に苦情を言いたい時はどう対処するのが正解?気に入って選んだ賃貸住宅に長く住み続けるためにも、騒音に対する対応策を学んでおきましょう。「音」に対する感じ方は人それぞれ。ちょっとした物音を不快に思う人もいれば、...

 
 

賃貸住宅を退去する際に必要なプロセス、頭に入れておきたい注意点についてまとめました。賃貸住宅を退去する際には、その意志を伝えるタイミングや「どこまで原状回復すれば良いのか」という基準について正しく知っておく必要があります。そこを曖昧にしておくと、思わぬ出費が発生する可能性もゼロではありません!今回は、賃貸住宅の退去に関してあらかじめ認識しておきたいポイントをご紹介します。隣人とトラブったから、もう...

 
 

賃貸住宅で立ち退きを要求された場合、穏便に解決するための対処法をご紹介します。立ち退きを要求されるなんて、ドラマの中の話でしょ・・・と思っていませんか?しかし、あなたが住んでいる賃貸住宅でも、いつそんな話が出るかわかりません。借り物の家に住んでいる限り、そんなリスクがあることを忘れてはいけないのです。だからこそ、実際に立ち退きを要求された場合の対処法を知っておくことが身を守ることにつながります!賃...

 
 

賃貸マンションと一戸建ての賃貸住宅の違いに着目!賃貸住宅を借りる場合、定番のマンションタイプやアパートタイプ、そして一戸建てタイプがあります。同じ賃貸でも、住居のスタイルの違いは住む人のメンタル面にも様々な影響をもたらすのでは!?今回はマンションと戸建て賃貸住宅のハード面およびソフト面の違いについて考えてみましょう。賃貸住宅を探していると、実に様々なスタイルの物件があることに驚かされます。ここで注...

 
 

ファミリー世帯に人気の、戸建てタイプの賃貸住宅。マイホームのようなウキウキ感を味わえるというメリットがある一方で、住んでみなければわからないデメリットもあります。今回は、そんな戸建て賃貸住宅のメリット&デメリットに注目!マンションやアパートタイプの賃貸とどんな違いがあるのでしょうか。せめて戸建てなら、もっと一人になれる時間を持てるのに。賃貸マンションやアパートに住んでいるみなさんなら、一度はそんな...

 
 

賃貸住宅の入居を申し込んだものの、どうしてもキャンセルせざるを得ない事情ができてしまった!そうなった、すでに支払ったお金は戻ってくるのでしょうか?また、申し込みのドタキャン行為を重ねた場合はどうなるのか?賃貸住宅の契約で面倒なトラブルに巻き込まれないためにも、ルールをしっかり確認しておきます。どんな間柄でも、ドタキャンされるのは気分が悪いものです。それは、不動産屋さんと入居者の関係でも言えることな...

 
 

近所でもよく見かける3階建ての賃貸住宅。外からみると内部の構造はよくわかりませんが、実は面白い間取りになっている物件も多いんですね!そこで今日は、3階建ての賃貸物件の中身を解剖!その上で、1階と3階の住み心地の良し悪しについて考えてみました。同じ窓とベランダがずら~と並ぶマンションじゃつまらない!賃貸住宅でも、やっぱり外観のオシャレ度にはこだわりたい。そんなみなさんには、3階建ての物件をオススメし...

 
 

その重みでつぶれてしまう家があるくらい、雪は想像以上に恐ろしいものです。雪国だとひと冬の間に何度か雪下ろしをする必要がありますが、戸建ての賃貸住宅の場合、雪下ろしは誰に(貸し手か、借り手か)“義務”があるのでしょうか。雪国で賃貸住宅に住む場合にあらかじめ知っておきたいルールをおさらいしましょう!戸建ての賃貸住宅は一軒家を丸ごと借りられるのは魅力的ですが、その分、なにかと課せられる義務や責任も重くな...

 
 

賃貸住宅の床に傷やシミをつけてしまうと、場合によっては退去時にお金を請求されることもあります。そうでなくとも、借りた物は大事に使いたい!今回はそんな時に便利な床保護グッズをご紹介。お気に入りのインテリアを邪魔することなく賃貸住宅のフローリングを守ってくれる床保護材ってどんなの?経年劣化による賃貸住宅の床の変色や傷については原状復帰の対象にはなりません。しかし、明らかに何かをぶつけた凹みはお金を請求...

 
 

70歳以上で普通の賃貸住宅を借りようとすると、「年齢」が原因で審査が通らないこともあり、そう簡単には話が進みません。しかし、中には「シニア向け」を売りにしている賃貸住宅もあり、そういった物件は年齢を理由に断られることも少ないようです。。今回は70歳以上で賃貸物件を探す場合のコツや注意点についてみてみます。最近の70歳は、かつての70歳に比べると若くて元気!とはいえ、世間の見方はやっぱり厳しいのです...

 
 

賃貸住宅探しで知っておくべき、リフォームとリノベーションの違いと特徴について。賃貸住宅の選択条件として挙げられる「リフォーム」と「リノベーション」。この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか?賃貸住宅を選ぶ際に絶対に押さえておきたいリフォームとリノベーションの基本についておさらいしましょう。今回は、両者の違いについて実例を挙げて見てみます!賃貸住宅は、やっぱり新築物件が人気。築年数が古くな...

 
 

賃貸住宅でガス会社変更をするのは難しいと言われています。その理由は?意外と知られていませんが、プロパンガスは購入するガス会社によって単価が異なります。賃貸住宅でガスの料金を下げるならガス会社変更すれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、そう簡単にはできないオトナの事情があるようで・・・。なぜ賃貸住宅でガス会社変更するのは難しいのか、そのカラクリをみてみます。冬になると家計を圧迫するガス料金。プ...

 
 

マイホームを建てる際には、キッチンのデザインや機能性は徹底的にこだわりたいところ。では賃貸住宅だったら諦めるしかないのか?というと、そんなことはありません!お金をかけない簡単DIYでも、もっと便利に、オシャレに、快適なキッチンにコーディネートすることができるんですよ。今回は賃貸住宅にオススメのプチプラDIYをご紹介します!苦手なことを克服するには、まずは環境を整えることから。料理が苦手な方は、キッ...

 
 

憧れのデザイナーズ賃貸住宅!オシャレなのはわかりましたが、住み心地はどうなんでしょうか?どこにでもあるようなのっぺりしたデザインの賃貸住宅じゃつまらない!・・・という方に人気のデザイナーズ賃貸。具体的にはどのような物件のことを言うのでしょうか。普通の賃貸とはどこがどんな風に違うの?なんだか気取ってそうにも思えるデザイナーズ賃貸住宅の特徴について具体例をふまえてまとめてみました。賃貸住宅ってどこも似...

 
 

賃貸住宅で同棲する場合の注意点や役立つプチ知識が知りたい!同棲・・・なんとも甘~い響きの言葉ですが、賃貸住宅では部屋を借りられない場合もありますのでご注意を。一体、何がネックになって貸してもらえないのか。また、どうすればスムーズに借りられるのか。併せて、賃貸住宅でラブラブな同棲生活を送るために知っておきたい注意ポイントも。相手の生活スタイルや「本当の顔」を知りたい。・・・結婚前に、“お試し”で一緒...

 
 

賃貸住宅のドアをステキにリメイクするアイデアが欲しい。。。賃貸住宅だからドアのデザインに不満があっても諦めるしかない?・・・いえいえ!賃貸住宅でも、アイデア次第では魅力的なドアに生まれ変わらせることができます。今回は、手頃な価格で手に入るアイテムを使った、簡単お手軽リメイク術を考えてみました!風水では、「運気は玄関ドアから入ってくる」という考え方があります。ステキなドアにはステキな運気が、野暮った...

 
 

プロパンガスを使用している賃貸住宅に入居する場合に知っておきたい注意ポイント。プロパンガスを使用している賃貸住宅は、入居者が不公平な立場に置かれている可能性があります。料金がべらぼうに高いと感じたら、他の物件に引っ越すのが賢い選択かも!?今日は、意外と知らない賃貸住宅のガス契約の裏側、プロパンガスを巡るオトナの事情について注目してみました。ガスを無駄遣いしている自覚はないのに、ガス料金がやたら高い...

 
 

地価の下落、人口の減少、家族形態の変化など、一戸建てを選ばずに、賃貸住宅を選ぶポイントは多々あるワン。それ以外に賃貸住宅を選ぶポイントは、ムリなローンを組みたくないという点。資金を貯めてから、一戸建てを狙うというのが良さそうだワン!ローンを組むリスクを考える結婚したばかりで、一戸建てを購入するのに充分な資金がない。まあ、近年では頭金がなくとも住宅ローンは組めたりするのです。しかし、できればローンは...

 
 

賃貸住宅にエアコンを新たに設置する、こんなケースでは大抵、大家さんの許可が必要となります。加えて、退去する際に賃貸住宅に設置したエアコンをどうするかについても、あらかじめ話し合っておくべきのことなのだワン。修繕費用は大家さん持ち賃貸住宅に住むことによるメリットは、実はたくさんあるものです。中でもメリットが大きいのは、住宅設備について。入居時にすでに付いている設備の維持管理は、大家さん持ちとなってい...

 
 

賃貸住宅に入居する際、不動産会社が火災保険への加入をすすめてくるワン。当然の様に、契約してしまう人も多いのですが、賃貸住宅への入居に、不動産会社がすすめる火災保険への加入が必要というわけではありません。その前に保険内容をチェックするワン!賃貸契約と火災保険の契約はセットではありません賃貸住宅に入居する際には、火災保険に加入することが条件となっているもの。そして契約の際には、当然のように火災保険の契...

 
 

賃貸住宅を仲介してくれるのは不動産会社ですが、その際の仲介手数料が不動産会社の儲けとなっているワン。この大きな仲介手数料、近年では不要というケースも増えているもの。賃貸住宅入居へのハードルを下げるためのものなのですが、注意も必要だワン!不動産会社の儲け、仲介手数料まずは、インターネットに掲載されている賃貸住宅を検索する。その後、不動産会社へ足を伸ばして、詳しい話や実際の物件を見せてもらう。そして、...

 
 

賃貸住宅の家賃は、月々の大きな負担となってきます。ですから、値引き交渉をしたくなるものですが、無闇に値引き交渉をしても上手くいくはずがありません。周りの賃貸住宅と家賃を比較するなど、説得力がないと交渉事はうまくいかないのです。無闇に値引き交渉しても意味はない車や住宅など、大きな買い物をする際には、値引き交渉をしなければ損!そう思っている人は多いもの。ですからすぐに「安くならないの?」という、言葉が...

 
 

賃貸住宅を退去する際には、入居時の状態に戻すこと。こんな風に勘違いされがちなのが「原状回復」。しかし、原状回復の本当の意味は、そうではありません。賃貸住宅を借りている間に自然と劣化した、このようなものは回復義務を負わないものなのだワン。難しい問題、どこまでが原状回復なのか?賃貸住宅から退去する時は、入居者が借りている間に賃貸住宅に与えてしまったダメージを修繕しなくてはなりません。そして、その費用は...

 
 

多少散らかっているくらいなら問題はないのですが、ゴミ屋敷化はダメ!賃貸住宅をゴミ屋敷化してしまったなら、大家さんから退去を迫られます。そして、大きな問題は退去後の原状回復。賃貸住宅は「貸してもらっているのだ」という、意識を忘れてはいけないワン!借りているんだから、ゴミは放置でもいい?テレビなどでよく取り上げられていますよね?ゴミ屋敷。家の周りが、ゴミとしか思えないもので覆われていたりして。そんなゴ...

 
 

賃貸住宅で防音対策を取るといっても、非常に限られた手段しかありません。ですから、賃貸住宅に入居する前に、防音性能と住民の質をチェックするのは重要なのです。入居の後にできる防音対策は消極的なものしか取ることができないものなのだワン。賃貸住宅の構造は防音を左右する静かな暮らしがしたいというのは、多くの人の望みのはず。近所から四六時中、生活音が聞こえてくるとか、小さな子どもの泣き声がするとか。こんな賃貸...

 
 

パナホームの賃貸住宅向けの商品といえばビューノ。一戸建てで蓄積したノウハウと、高層建築の構造をミックスしたパナホームのビューノは良いところ取り。賃貸住宅に非常に向いた造りとなっているワン!パナホームの賃貸住宅といえばビューノ超大手・パナソニックグループの一員であるパナホーム、高い知名度を持つ大手のハウスメーカーです。しかしオリコンがおこなった顧客満足度のランキングを見ると第8位。あまりパッとしない...

 
 

人気の高い賃貸住宅の間取りを見ていくと、条件は収納の充実と対面キッチン。一戸建ての人気の間取りと似通っていることに気が付きます。賃貸住宅でも一戸建てでもトレンドは一緒、注文住宅ならどこで個性を出すかがポイントだワン。賃貸住宅、人気の間取りの条件とは?賃貸住宅を経営している人にとって、最も頭が痛いのが空き部屋の問題。ですから、いかに入居者が好むような間取りを提供できるか。これが、空き部屋を出さないた...

 
 

ワンルームといえば人気の賃貸住宅だったのですが、ターゲットの人口が減少により、近年ではずいぶん余っている様子。少し前なら考えられなかった条件で、ワンルームの賃貸住宅に入居できるようになったのだワン。ずいぶん安くなったワンルームマンションワンルームといえば学生や単身者に人気が高い、賃貸住宅の間取りです。ムダがなく、コンパクトなワンルームは人気のはずなのです。しかし、問題は学生や単身者という若年層の人...

 
 

3LDKは賃貸住宅でも豊富にある間取り。それだけに持ち家にするか、賃貸住宅にするかは非常に迷うところです。考えるべきは様々なメリットとデメリット。3LDKのシンプルな平屋建てもなかなか捨てがたい選択となるワン。賃貸住宅にするか、持ち家にするかという選択3LDKといえば、子どもが一人いるような夫婦にとってピッタリの間取り。一戸建てでも人気がある間取りとなっています。これから家族が増える予定もないとい...

 
 

ローコスト系の賃貸住宅は非常にありがたい存在です。しかし、ならではの弱みもやはりあるもの。しかし割り切って利用するならば、やはり使いやすい。そんな存在が、ローコスト系の賃貸住宅だワン!ありがたい存在、ローコスト系の賃貸住宅ローコスト系の住宅メーカーが流行れば、賃貸住宅にもローコスト系が流行。これは、デフレの影響と言ってよいのでしょうか?賃貸住宅を経営する側としては初期投資はなるべく低い方がいい、賃...