住み替えローン

MENU

住み替えローンで賢くリスタート!売って買う、のA to Z

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

親の死、子供の成長、配偶者との離別・・・と、人生では住まいを替えるべきタイミングが何度か訪れます。

 

それなのに、まだ住宅ローンが残っている!

 

この状態での住み替えは無理なのか?

 

そんな時に頼れるのが、住み替えローン。

 

ここでは住み替えローンの概要と利用するための条件についてまとめてみたワン。

 

今住んでいる家の住宅ローンもまだ残っているのに、この地を離れなければならなくなってしまった。

 

家を売って新居を購入するために、知っておくべきローンの知識とは?

 

住み替えローンって何?

マイホームを購入する際、おそらくその時点では、誰もがその家に“長く”住むつもりでいると思います。

 

少なくとも、借りたローンを返すまでは・・・となると、35年!という方も多いですよね。

 

35年というと、今は幼稚園児の娘が私と同じアラフォーになるくらいの年月ですよ。

 

そんなに長い間、同じ場所に住んでいられるのか!?と、疑問です。

 

実際、どんなことが起こるかわからないのが人生ですから、わずか5年、10年で住み替えを余儀なくされるケースもありますよね。

 

そこで役に立つのが、住み替えローンです。(「買い替えローン」と表現されることもあります)

 

その名の通り、住まいを替える時に使える住宅ローン。

 

今住んでいる家を売っても元のローンを返しきれない場合に、その残債(残った分の借金)と新しい家を買う資金を”まとめて”融資してくれるという、なんとも太っ腹なローンなのです。

 

利用できる人とできない人がいる!その条件の違いは?

ただ、この住み替えローンは誰でも利用できるわけではありません。

 

まず、「住宅ローンが残っている」ことが最低条件。

 

さらに、今の家を売却することでローンが完済できるなら、住み替えローンは使えません。

 

売っても借金が残ってしまう、業界用語でいうところの「担保割れ」の状態になっている場合にのみ、この住み替えローンが利用できるのです。

 

本来であれば、家を売ってローンの残りを返済し、それでも余りがあるくらいが理想ですよね。

 

それなら新たに通常の住宅ローンを組むこともできますので、選択肢の幅も広がるでしょう。

 

しかし、急に親の介護が必要になったとか、離婚したとか・・・切羽詰まった状況ではそんなことも言っていられませんよね。

 

そんな時、自己資金に余裕がなくても家の買い替えができる住み替えローンは非常に心強い味方と言えます。

 

いつ売るか、いつ買うかが重要!

しかし、ここで注意しなければならないのは、元の家を売る/新居を買うタイミング!

 

家が売れるかどうかわからない状態では、怖くてローンも組めませんよね!?

 

普通に考えれば、「元の家がいくらで売れるか」がわからなければいくらのローンを組んだら良いのか見当もつけられません。

 

住み替えローンを扱う金融機関も、「家の売却と購入の決済日をそろえること」を条件としているようです。

 

もし住み替えローンを利用したいという希望があるのであれば、家の売却を依頼する不動産会社にその旨をを伝えておくべきですね。

 

買い替えに関する細かい事情をよくご存知なので、うまい具合に取り計らってもらえるはずです。

 

ただ、実際に住み替えローンを利用した友人によれば、スケジュールがカツカツになるので新居選びにあまり時間をかけられないとのこと。

 

元の家の売却日程に合わせて新居を選ぶことになるので、気ぜわしい感じになるらしいです。

 

バタバタと慌ただしく選んで、実際に住んでみたらまた住み替えたくなった・・・なんてことになったら、本末転倒ですよね!?

 

住み替えローンを利用する場合は、こういったデメリットもよく考慮の上で余裕を持ってコトを進めたいものです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

一言で「住み替えローン」と言っても、金融機関によって融資の条件や金額は様々。自分が置かれた状況に合わせて、個別に選び分ける必要があるワン。ここでは、大手銀行の住み替えローンの内容をザクッと比較!頭一つ抜ける特徴があるのはどこの銀行の商品なのかワン?「一棟+もう一棟のローン」とWで重荷がのしかかってくる住み替えローン。人によってはかなりの高額になることもありますので、どこの銀行と・どんな条件で契約す...

 
 

住宅を購入する場合、200万円~500万円の頭金を支払うというのが一般的。ですが、突然の住み替えだとそんな資金を準備する余裕なんてないかもしれないワン。その場合、頭金なしでも住み替えは可能なのか?頭金なしでも組めるローンはあるのかワン?SUUMOの調査によれば、頭金なしで家を買った人は全体の17.3%。多くの人は頭金を準備してマイホーム購入に踏み切っているわけですが、これが住み替えとなるとどうなの...

 
 

住み替えたいけど、膨大な不動産情報の中で自分のこだわり条件にピッタリ合致する物件をどうやって探し当てれば良いのか?迷える子羊たちを救うのが、住み替えネット!愛知県内での物件情報が豊富な上、成約するとラッキーな特典も!住み替えネットで賢く、お得に住み替えを成功させるワン!住み替えるに当たっては、一軒の不動産屋さんを訪ねるだけでは不十分。幅広く物件情報を得るには、情報量が豊富なネットの検索サービスが便...

 
 

それぞれのお宅の事情によって住み替えのスタイルは様々。そのニーズに応える形でいろんな選択肢があり、だからこそ迷ってしまう!福井県内で「とりあえず、条件で絞って検索してみたい」と思ったら、住み替え情報館が便利。あなたの住み替え条件にピッタリ合致する物件が、きっと一つは見つかるワン。住み替え情報館なら、シニアの住宅選びだってお任せあれ!家族構成、ライフスタイル、経済状況、住み替えの目的・・・etc、人...

 
 

賃貸からマイホームへ、という住み替えパターンが多いような印象ですが、賃貸物件を渡り歩くパターンもあるワン。しかし、アパートは「住み心地」の当たり外れが大きい!しかも、退去・入居のタイミングを誤ると家賃1~2ヵ月分を損することになってしまいます。ここでは、アパートの住み替えに際して心得ておきたいポイントについてまとめてみたワン。ドアの方角、向き、窓の数や位置、間取り・・・etc、賃貸アパートは家相の...

 
 

全国的に「空き家」の増加が社会問題になっている日本。自分や親の住み替えでも生じてしまうかもしれない問題ですから、誰にとっても他人事ではないワン。ここでは、持ち家を空き家にせずうまく活用できる住み替えプランについて調べてみたワン。生まれてくる人が少なく、亡くなっていく人は多い。それじゃあ、空き家が増えるのも当然です。しかし、活用次第では「お金」に変えられる超・有益な資産。生かすも殺すも、あなた次第で...

 
 

今は集合住宅(アパート、マンション)だけど、いずれは一戸建てに住み替えたい!という希望をお持ちの方も多いと思うワン。一戸建てには、集合住宅にはない開放感と自由がある!・・・とよく言われますし実際にその通りですが、逆に集合住宅にはないデメリットもあるワン。住み替える前に、しっかりと現実を知っておきましょう。家を買った途端に、表情が明るく、晴れやかになる人って多いですね。賃貸暮らしが長い人からみれば、...

 
 

マンションから一戸建てに住み替える人もいれば、その逆のパターンもありますよね。それぞれ、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。実際に住み替えた方の体験談を参考に、リアルなところをまとめてみたワン!さて、あなたはマンション派?それとも一戸建て派!?隣の芝生は青く見えるもの。マンション住まいの人は一戸建てに、戸建てオーナーさんはマンション暮らしにうっすらと憧れを抱いていたりするのでは!?でも、...

 
 

「住み替えるなら一戸建てが良いんだけど、金銭的に買う余裕はないんだよね。」「一戸建てに住んでみたいけど、耐震性とか心配だから買うのはちょっと・・・。」そんなニーズに応えて家探しをバックアップするのが住み替え支援機構の仕事!優良な一軒家を良心的な価格で借りられるよう、お手伝いしてくれるワン。放っておけば「空き家」でも、生かせば社会の財産!住み替え支援機構を賢く利用して、理想の住み替えを実現してみるワ...

 
 

最近、じわじわ人気のUR賃貸!具体的にどんな物件で、一般的な賃貸物件と比べてどんなメリット&デメリットがあるのか?UR賃貸に住み替えるメリットやデメリット、住み替える前に知っておくべき注意点についてまとめてみたワン。老朽化して入居する人がいなくなったオンボロアパートや団地。しかし、ちょっと手を加えるだけで、そのレトロ感が逆にオシャレに思えてくるかも!?それこそ、URのルネッサンスマジックなのです!...

 
 

マンションや一戸建てを売って住み替える場合、陥りがちなのがオーバーローン。具体的にどのような状態を意味する言葉なの?また、オーバーローンでも新しい家を買って住み替えることはできるのでしょうか。意外と知らないローンの罠について一緒にお勉強しまるワン!Over=オーバー=~の上に、~を超える。Loan=ローン=貸付金。オーバーローン=「貸付金を超える」ってどういう意味なんでしょうか!?オーバーローンっ...

 
 

普通の民間業者が管理している賃貸物件で住み替えるよりも、URからURに住み替えたほうが何かとお得らしい!・・・そんな話もちらほらと耳にしますが、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。実際にURからURに引っ越した方のリアルな声を参考に、賢い住み替えのコツをまとめてみたワン!入居する際の条件はちょっと厳しめですが、民間業者の賃貸物件に比べてなにかと美味しい魅力が満載のUR賃貸。一度UR賃貸に入る...

 
 

福岡での住み替えはエンクレスト!・・・というくらい、知名度の高い不動産会社。入居率が常に90%を超えるというオリジナルなデザイナーズマンションが人気だワン。具体的にどんな点が高く評価されているのか?エンクレストで住み替えるメリットについて見ていくワン!住み替えるならオシャレなマンションに、リーズナブルな価格で!福岡エリアなら、「えん」がイイ情報を握っているようです。エンクレストで、良いご縁を分けて...

 
 

駅前でよく見かける、「エイブル」の看板。賃貸がメインの不動産屋さんですが、最近はちょっと違った形での住み替えも提案しているとか!具体的にどんなスタイルがあるのか?エイブルの提案を参考に、これからの住み替えのあり方について考えてみたワン。結婚したら家を買うのが当たり前?その考え方は、もしかしたらちょっと古いかも・・・。今は、どんな物も「買うより借りる」時代!家だって例外ではないのです。お部屋探しのエ...

 
 

住み替えは、手順を誤ると大きな損失を出してしまうことになりかねません。これから新しい物件を購入する(もしくは借りる)ことを考えれば、少しでもお得になるようにコトを進めたいもの。そのためにはどんなことに注意すれば良いのか。知っておくとお得な住み替えのコツについて調べてみたワン。買い手がつくかどうか、高く売れるかどうか。今住んでいる家を売却して住み替える際には、なにかと不安や疑問がついてまわるもの。な...

 
 

住み替えのスタイルは様々ですが、いずれにしても大きなお金が必要になることに違いはありません。注意したいのは、まだローンが残っている状態での住み替え。それでも新しいローンを組んで家を買うことはできますが、見通しの甘い住宅購入は人生を狂わせることにもなりかねません!お金の「現実」に、しっかり向き合おうワン!住み替えはなにかとお金がかかりますが、心のどこかで「なんとかなるだろう」と楽観視してしまいがち。...

 
 

家を売却して住み替えたい!と思っても、そう都合よくはいかないのが現実。売りたくても売れない・・・そんな状況を回避して住み替えをスムーズにするために、不動産会社が提案するのは「買取保証」です。具体的にどんな制度なのか?ここでは不動産の買取保証の概要と手続きの流れについて見ていくワン!不動産会社のプロモーションもむなしく、結局、家が売れなかった・・・。また相談して金額を調整するか、はたまた別の不動産会...

 
 

旧居から新居へ住み替える場合、手続きのタイミング次第では「仮住まい」が必要となります。その場合、どのくらいの費用や手間がかかるのか?パターン別の費用目安や、住み替え&仮住まいをもっとラクに、安く済ませる選択肢がないのかどうか調べてみたワン。住居を替えるって、経済的にも体力的にも、そして精神的にも消耗します。それで体調を崩す人もいるくらいですから・・・。誰もが通るであろうこのプロセス、もっとラクにな...

 
 

色んな住み替えのパターンがありますが、みなさんはどのくらいの期間をかけて実行・成功させているのでしょうか?特に就職や進学を控えている方にとっては、「いつ頃から動けば間に合うのか」が気になるところ。ここでは、口コミや体験談を参考に理想的な住み替え期間について考えてみたワン。漠然と「~までに住み替えを終わらせたい」という希望はあるけれど、いつ頃から本格的に動き始めれば間に合うのかわからない!という方も...

 
 

音、ニオイ、車、もしかしたら自分の存在そのものが!?ご近所トラブルの原因は実に様々。それが原因で住み替えるケースも多いようですが、持ち家となるとそう簡単には引っ越せなくなりますよね。これから住み替える先は大丈夫でしょうか?ご近所トラブルをうまく回避するための心得についてまとめてみたワン!Aさんにとっては普通のことでも、Bさんにとっては「あり得ない!」と思うことかもしれません。しかしそれは、お互いに...

 
 

金利次第で支払い総額に雲泥の差ができてしまうのは住宅ローンも住み替えローンも同じこと。だからこそ、ローンを組む前に変動か固定か、どこの金融機関を利用するかをじっくり検討する必要があります。具体的に、住み替え住宅ローンの金利はどのくらいになるのか?最新のレートをチェックしてみましょう!3,000万円のローンを組むということは、もれなく数百万円~の利子がついてくるということ。借りる額が高くなればなるほ...

 
 

住み替えをするにあたっては大きなお金が動くワン。その分、税金の軽減措置を受けられますので申請をお忘れなく!まずは、住み替えで適用される繰越控除とはどのような制度なのか、その概要と適用条件について確認しておくワン!家を売却した場合、購入した価格よりも高く売れることは稀でしょう。たいていの場合は、買った価格よりも安い金額で売ることになり、そこに差額分の「損失」が発生します。その損失分をフォローしてくれ...

 
 

繰り上げ返済でさっさと住宅ローンを返済してスッキリしたい!と思う方も多いでしょうが、メリットがある一方でデメリットも大きいのでじっくり検討する必要があります。特に、将来的に住み替えを検討している場合は、繰り上げ返済よりも貯蓄に回すのが堅実かもしれないワン。その理由とは?そもそも、繰り上げ返済とはどのようなお金の返し方を言うのでしょうか。まずはそのメリットやデメリットについて知ることから!繰り上げ返...

 
 

買うか借りるか。戸建かマンションか。住み替えのスタイルは様々ですが、世間がおすすめする住み替えのカタチがあなたの人生にとってベストな選択とは限りません。後悔しない人生にするために、今一度自分の頭で考えることをおすすめするワン。人は人、自分は自分。そうは思っていても、持ち家信仰がここまで浸透していると、思考停止でその教えに従ってしまいそうになります。でもその住み替え、本当に幸せですか?家を買って住み...

 
 

売って買う。返して借りる。・・・住み替えは人やお金が大きく動く一大イベント!だからこそ、事前にどこまで綿密に計画を練るかが成否を左右するワン。お金はもちろん、時間的な計画もしっかりと!具体的にどんな計画で進めていけば住み替えを成功させることができるのでしょうか。何事も、まずは全体像を俯瞰してスケジュールを組むことから。住み替えも例外ではなく、事前の計画が甘いとベストなタイミングを逃してしまうことに...

 
 

何事も経験してみなければリアルなところはわかりません。住み替えも然りで、頭で考えていたようにはうまく事が運ばなかったり、逆に拍子抜けするほどトントン拍子で物事が動いたり。住み替えに成功した先輩たちはどんな経験を経て今の住まいを手に入れたのでしょうか?リアルな体験談を参考にしてみましょう。お金のこと、労力のこと、ご近所との関係について・・・と考え始めると、どんどん腰が重くなってしまうかもしれません。...

 
 

住み替えたからって、生活の質を落としたくはない!せっかく新しい家に引っ越すのだから、家族みんながニコニコ、気持ちに余裕のある毎日を送りたい。そのためにはどうすれば良いのか?何か知っておくべきコツがあるのか?ここでは新居での生活を満喫する先輩たちの声を参考に、幸せな住み替えを成功させるコツについてまとめてみたワン。不動産がらみのことで不安なのは、やはりお金のこと。それが解消されれば、気持ちの面でも余...

 
 

家の売却や購入には、なにかと経費がかかるもの。それも、数万円~数百万円というビッグな金額ですので甘く見てはいけないワン!ここでは、住み替えにどれだけの経費がかかるのか、実際に住み替えた方の体験を参考にまとめてみたワン。ATMで自分のお金をおろすだけでも数百円の手数料がかかる時代。どこかからお金を借りたら。それも一千万円オーダーの借金となればそこに発生する経費も桁違いです。住み替えの資金計画を立てる...

 
 

今住んでいる家の査定額はこのくらいで、貯金はこのくらいで年収はこのくらい・・・。こんな現状であこがれの物件への住み替えは可能なのか?自分では計算できない!よくわからない!という場合に便利な金融機関の住み替えシミュレーションサイト。実際に計算してみた結果はいかに!?住み替えの資金計画って素人にはなかなか難しいです。あれこれ経費もかかるし、なにかしら“抜け”がありそうですよね。そんな時は、便利なシミュ...