三井ホーム 坪単価

MENU

三井ホームの坪単価は高いけど平屋の坪単価は60万円前後と安い!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ツーバイフォー住宅のパイオニア、三井ホームが提案する平屋のシリーズが「モア・ストーリー」。

 

三井ホームらしい堂々とした外観が特長ながら、坪単価は60万円。

 

坪単価が割高になりやすい平屋で、この価格は画期的!!だと思うワン!

 

比較的新しい、ツーバイフォーといえば三井ホーム

日本で住宅を建てるならば、日本古来の木造軸組工法、こんな時代がどれほど続いたのでしょうか。

 

その後、時代が移り変わるにつれ、様々な工法が取り入れられたり、開発されたり、改良が加えられたり。

 

そんな具合で、現在日本では様々な工法で住宅を建てるメーカーが、技術を競い合っています。

 

欧米で主流の工法を日本に持ってこれないか?

 

そんなふうに始まった、ツーバイフォー工法の歴史は三井ホームの歴史そのもの。

 

それ自体が強度を持ち、構造をつかさどる壁と柱を組み合わせて箱を造り、強い外部の力に耐えようというツーバイフォー。

 

そんな構造ですから気密性も高く、近年再び脚光を集めている工法でもあるのです。

 

そんなツーバイフォー住宅の日本でのパイオニアが三井ホームなのです。

 

高い技術力で提案される平屋建て

ツーバイフォーをそのまま持ってくるのではなく、三井ホーム独自の工夫を加えていく。

 

そんな三井ホームは、ツーバイフォーで4階建ての住宅を実現させたほどの高い技術力を持っています。

 

そして近年の平屋の需要の高まりに、三井ホームの高い技術力で対応したシリーズが「モア・ストーリー」。

 

想定する居住人数は2人、特別に広くはないけれど適度な広さを持ち、自然との距離が近い。

 

そんなコンセプトの住宅は、特別広くはない平屋ながらも、堂々としたたたずまい。

 

実にリッチな雰囲気を持っているのです。

 

そして、立地によって様々な提案を三井ホームは持たせています。

 

例えば、街中の平屋ならばプライベートを重視した中庭を造る。

 

他には、室内にサウナやリラクゼーションスペース、囲炉裏や暖炉などを設ける。

 

「離れ」を造り2人の家族の距離を適当に保つ、、、実に居心地が良さそうですね。

 

三井ホームの平屋の坪単価は60万円?

こんな、オシャレな平屋モア・ストーリー、メーカーの想定している坪単価は60万円?。

 

例えば、31.65坪でオール電化、税込み2,173万円、ということは、坪単価で68.8万円。

 

三井ホームは決して安い部類の住宅メーカーではなく、よくいわれている坪単価は55?80万円程度といいます。

 

にも関わらず、それも割高な平屋で60万円台の坪単価で建ってしまうという、モア・ストーリー。

 

これは、なかなかお買い得な商品といってよいでしょう。

 

まあ、中庭や離れを造ったりして、そんな坪単価で収まるとは考えづらいのは、考えづらい。

 

ただ、これから需要が増えていくであろう平屋に対して三井ホームが出した答えが、モア・ストーリーなのです。

 

候補の一つに加えたくなるではありませんか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

評判が悪いはずがない、そんな三井ホームなのですが、それは高価格帯のメーカーだから。値段相応の満足感はあるというのが、もっぱらの好評判だワン!だから三井ホームを選ぶ、そんなセールスポイントが豊富なのも、この住宅メーカーならではだと感じるワン。ツーバイフォーが三井ホームの代名詞現在では一般的になったツーバイフォーの工法、日本語では木造枠組壁工法といいます。主な材料は木材であるという点では、日本古来の在...

 
 

三井ホームの新しいブランド「シュシュ」は、外観や内装、間取り全てが女性目線で考えられたシリーズ。台所を起点にした間取りなど特に、シュシュの真骨頂といえるもの。外観もデザインに定評がある三井ホームらしさいっぱいになっているのです。ライトナテイストの新ブランド「シュシュ」登場「グラン◯◯」とか、「アーバン◯◯」とか。とにかく大層な名前が多いのが、住宅メーカーが持つブランド名。やっぱり一家を守る大切な家...

 
 

メリットが非常に大きな三井ホームの全館空調、その一方でデメリットはランニングコスト。電気代はともかく、メンテナンスコストが重いとの評判だワン!三井ホームの大きな利点、全館空調、導入するか否かは難しい選択だワンね。良いところばかり?!全館空調三井ホームならではの、大きなセールスポイント、全館空調。家中どこへいっても、同じ気温、これは素晴らしい機能です。夏場、すべての部屋はもちろん、トイレや洗面まで全...

 
 

三井ホームのアフターサービスは他の大手メーカーと比較しても、特筆すべき点は無さそうだワン!買取保証など、目を引くようなアフターサービスがあるものの、それも限られた地域のみ。三井ホームのメンテナンスを受けていれば安心なのは間違いなさそうだワン。メーカーのメンテナンスと引き換えになる長期保証住宅の瑕疵保証制度が義務付けられ、新築の場合、引渡しから10年間の基本的な部位を保証することが求められています。...

 
 

凝ったデザイン、そして間取り。そんな三井ホームのアバンルーチェ、坪単価は60万円前後、平屋で考えると坪単価は60万円半ばといった感じ。アバンルーチェは三井ホーム「らしさ」が詰まった商品、そう考えるとそれほど高くはないのかもしれないワンね!デザインの三井ホームの本領発揮!!三井ホームの大きなセールスポイントは、優れたデザイン。外部の設計士に委託して、一からデザインを起こす。すでにあるデザインの、ちょ...

 
 

品確法の施行以来、全ての住宅メーカーが雨漏りに対してはナーバスになっているワン。そんな状況は三井ホームも同じ。法律で定められた10年間に加えて、条件付ではあるものの最長30年間の雨漏り保証をつけてしまうのが、現在の三井ホームなんだワン!三井ホームに雨漏りが多いという「噂」「過去に雨漏りでクレームが多かったせいか、現在では防水施工では丁寧な工事をします」。これは、あるホームページに書かれていた三井ホ...

 
 

近年の住宅には網戸が標準で用意されていないケースも多いようで戸惑うのですが、三井ホームは網戸を標準で用意されているワン。全館換気や空調が売りの三井ホームも、夏場は窓際で涼むというライフスタイルを推奨しているようだワンね!閉めっぱなしの窓に網戸は不要わが家を建てて20年近く経過しました。特に大きな問題もないですから、リフォームもせずに住み続けているのですが、ほんの20年なのに住宅の常識は大きく変わり...

 
 

三井ホームのアーリーアメリカン調の商品名はウエストウッド。凝った造りなだけに坪単価はかなり高めになっているワン!しかしウエストウッドには、三井ホームならではの工夫がたっぷり。高めの坪単価もしょうがないと納得できるワン。アーリーアメリカン調が特徴のウエストウッド広々とした敷地に三角屋根の住宅、ポーチではロッキングチェアーにくつろぐ老夫婦。アメリカの映画などで目にするシーン、開放的なポーチからはアメリ...

 
 

三井ホームと一条工務店、構造も似ていますし、全館空調を推している所も似ているワン!しかし、坪単価では三井ホームが高くなりますし、一条工務店は様々なアイデアが斬新。何を重視するかで、どちらを選ぶかが変わってくるワンね。共通点が多い、一条工務店と三井ホーム一条工務店といえば、様々な際立った特長をもつ住宅メーカー。群を抜く気密性と断熱性、ツーバイフォーのタフな構造、売電分で設置費用が補えるという「夢発電...

 
 

インテリアコーディネーターの重要性に早くから注目していた三井ホームは、やはり内装にも定評があるワン例えば、決められた空間を広く感じさせるノウハウはインテリアコーディネーターのもの。三井ホームが得意とするところなのだワン!早くからインテリアコーディネーターを重視デザインに定評がある住宅メーカーといえば、グッドデザイン賞の常連、ミサワホーム。高級住宅の代名詞、住友林業の家、そして三井ホームがあげられま...

 
 

住宅の断熱性能を表すのに使われてきたQ値に代わって、UA値が最近は用いられるワン。三井ホームではUA値でも好成績を記録中。そうした数値へのこだわりからも、三井ホームの性能の高さが理解できるワンね!住宅の性能を考えるのに有効な基準とは?住宅の性能とは何か?ずっと住居の性能として重要視されてきたのが耐震性。きっかけは平成7年の阪神・淡路大震災だったと記憶しています。軒並み潰れてしまった住宅が並ぶ街。当...

 
 

ウォークインクローゼットは便利な収納ではあるのですが、面積を有効に使っているかというと疑問を持つ場合の設計もあるワン。三井ホームも平屋の提案では、ウォークインクローゼットは省くこともあるよう。あえて提案しない選択ができる三井ホームは、バランス感覚がよいんだと思う理由の1つだワン!女性は収納の話が大好きのようです主婦を読者層と想定した雑誌を見ていると、常に収納が特集されていて、どうしたものだかと考え...

 
 

住宅の建築中に雨が降る、上棟前ならなおさら気にかかるものですが、それは心配しすぎかもしれないワン!なぜなら、とりわけ三井ホームの木材ならば、水が入りにくく、乾きやすいものを使用しているから。建築中の雨、通常の住宅でも心配は不要、三井ホームならばなおさら、心配は無用なんだワン。上棟前の雨、これは気になりますが上棟式、最近はこれをやらない場合も多いと聞きますが、主要構造が完成し、屋根を完成させる前に行...

 
 

とりあえずウッドデッキが欲しいというのなら、DIYで充分ですが、住宅との相性や、本当に使えるものにしたければ三井ホームに相談するのが良いとおもう。提案力には定評がある三井ホームだから、満足がいくものを造ってくれるはずだワン!単にウッドデッキが必要ならDIYで充分?最近は大型のホームセンターが増えてきて、多くの人達のDIY熱を高めるべく、頑張っています。そこで見かけるのがウッドデッキのキット、これが...

 
 

エアコンではなく全館空調、三井ホームの考え方だワン。確かにエアコンと比較してもメリットが大きい全館空調。もちろんメリットばかりではないのですが、三井ホームで導入するといいことがたくさん。これは、検討しなければ損だワン!今やエアコンは必須となっているのですがエアコン、すきま風上等の昭和、いやそれ以前の住宅ならばともかく、今では必須の住宅設備。気密性が高いことが住宅の性能の高さとなっている現在、エアコ...

 
 

ガスを利用した発電・給湯システムエネファーム、三井ホームも自社の住宅に推奨しているワン!しかしエネファームの問題点は価格が高いこと。三井ホームの省エネ設計ならば効果的な運用は期待できるのですが、どうしても費用がネックなんだワンねぇ。。三井ホームが推すエネファームとは?エネファームとは「燃料電池コージェネレーションシステム」に付けられた愛称。中学校の理科の実験で、水の電気分解をおこなったことをおぼえ...

 
 

名作といわれるデザインを三井ホーム流にアレンジしたオークリー。堂々とした外観、新しくなったインテリア、それだけに坪単価は少し高め。ただ、三井ホーム自体坪単価は高めのメーカーですから、内容を考えれば納得といえるでしょう。名作にインスパイアされたオークリー近代を代表する建築家、フランク・ロイド・ライトが提案したプレーリー様式。落ち着きのあるたたずまいに影響を受けた住宅は、各メーカーから販売されているも...

 
 

名建築家の傑作の影響が強い三井ホームのオークリー。和のテイストのブレンド具合が絶妙との評判だ。三井ホームの高めの価格でも納得がいくというオークリーの評判が悪いはずがないワン!ロイドの名作の流れを汲むオークリー愛知県犬山市「明治村」に今なお残る、旧帝国ホテル本館。近代を代表するアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトによる作品です。現在、保存されているのは玄関部分のみとなっていますが、深い軒やバラ...

 
 

三井ホームは自社のユーザーを囲い込むためにオーナーズクラブを立ち上げているワン。そこでは、オーナーズクラブならではの特別なサービスがたくさん。三井ホームのオーナーならば、必ず参加したくなる内容だと思うワン!住宅以外に活路を求めるメーカーたち人口は減っていく、空き家は増える、そして不況は常態化する。住宅メーカーにとっては良くない状況が続きますし、簡単には改善するとも思えません。そこで住宅メーカーが考...

 
 

陸屋根を数多く手がけている三井ホームは、屋上の施工にも自信を持っているワン。近年では3階建てや4階建の住宅も手がけており、三井ホームらしいユニークな屋上の提案も楽しいもの。木造住宅、そして屋上。この両者を高いレベルで実現してくれると思うワン!木造の三井ホームも屋上は大得意屋上、ビル、鉄筋構造、こんな連想が働いてしまいますから、ツーバイフォーの木造住宅を手掛ける三井ホームは屋上とは縁がない。そんな考...

 
 

三井ホームが用意してくれるカーテンは高い!それは間違いありませんが、価格が高い分、メリットが多い。三井ホームのインテリアコーディネーターが選んだ上質なカーテン、その価格分の価値は十分あると思う。そしてもっと大きなメリットは、ローンが使えるということだワン!施主支給を考えてみる?住宅を建てて、カーテンを選ぶ、こうなると最終段階。間取りなど色々ややこしいことも決め終わったころ、それではカーテンを選びま...

 
 

地震に強いと言われる三井ホームの構造面での特色について。「強」「美」「健」「楽」「賢」をコンセプトとして掲げる三井ホーム。「強」を最優先するということは、構造面でもやはり特殊な技術が生かされているのかワン?地震大国の日本で、三井ホームはどんな「安心」を売ってくれるのか。今回はその構造に着目してみるワン!強くて美しいのが理想。これ、人も住宅も一緒ですよね!「美しさ」には定評のある三井ホームですが、「...

 
 

部屋のイメージを左右する壁紙、三井ホームでも数多くそろえているのですが、壁紙の選択には想像力と経験が必要だワン!そこで、頼りたいのが、三井ホームのインテリアコーディネーター。彼らはその道のプロですから、任せてしまうのが良かったりするワン。役割が大きな壁紙を選ぶ壁紙やカーテンを選ぶとなると、もう家造りは最終段階。間取りや外装、細かい内装の仕様などで全力を使い尽くして疲れ果てた所で、壁紙の選択。もう、...

 
 

三井ホームは家の中心にキッチンを持ってくる、こんな考え方の住宅メーカー。家事動線も他の設備のレイアウトもキッチンから考えるのが三井ホーム。そろっているシステムキッチンもそれにふさわしい一流どころばかりだワン!キッチンレイアウトもサスガの三井ホーム「家事楽デザイン」、快適な住宅はキッチンから、こんな風に三井ホームは考えています。まずは三井ホームならではの動線の考え方。基本的に家を預かる奥さんは、キッ...

 
 

住宅における基礎の役割は非常に大きいもの。ですから、三井ホームも基礎には大変、力を入れているワン!三井ホームならではという点を実感するには構造見学会へ行くのが一番。実際に見てみたあとで、他のメーカーと比較・検討を重ねると、その違いがより深く分かってくると思うワン。基礎と屋根は大切だから家で一番お金がかかっているのは、基礎と屋根。住宅の全てを支える基礎と、家の中にある人命や財産を守る屋根、これら2つ...

 
 

キャンペーンをしょっちゅうやっているイメージの三井ホーム、せっかくだから使わないという手はないワン!キャンペーンをやっていなくても心配は無用!非常に多い値引きをしてくれるのも三井ホームですから、思っているよりも安いかも?なのだワン。お高いだけでは商売になりませんから高価格帯の住宅メーカーに分類されるのは三井ホーム。内・外装ともにさすが高級住宅!そう呼ばれるのにふさわしい造りになっています。だからと...

 
 

三井ホームは狭小住宅を、独自の工夫を凝らした木造で建てられるワン。加えて、木造であるがゆえのメリットもアピール。そんなデザインも三井ホームらしさ、狭小住宅に必要なアイデアも非常に豊富なのだワン!狭小住宅で思い浮かぶのは、あの番組充分に余裕がない土地に、非常にアクロバティックな家を建てる。住宅にスポットを当てたテレビ番組で、もっとも視聴率が稼げるパターンなのでしょう。「そこまで工夫しなくても」視聴者...

 
 

三井ホームほどクレームを聞かない住宅メーカーは少ないもの。その理由は高い価格、三井ホームはコストダウンで回りに無理をさせない体質、それだけにクレームにつながりにくいんだと思うワン!もちろん、営業マンが優秀というのもあるワンね。クレームをほとんど聞かない三井ホーム三井ホームほど評判が良い住宅メーカーはそうないもの。さすが財閥系、さすが名門、そんな褒め言葉がブログ等でも並びます。それだけにクレームにつ...

 
 

狭小地用に三井ホームが提案するクレセールは、評判通りの高額物件。ただし、高いだけではないというのがクレセール、三井ホームは高いだけあっていいものを造るという評判なんだワン!最大のポイントは、木造であること!狭小地ならクレセールがマッチしますが?土地が狭いだけでなく、間口も狭ければ土地の形も四角ではない。これは施主が、非常に頭を悩ませるケースです。三井ホームならば「クレセール」という3階建ての商品が...

 
 

都会の狭小住宅で快適な暮らしを追求するには、採光や通風が一つの課題となる。その点、三井ホームのクレセールは間取りや窓の取り方が絶妙!「空間を空に広げる」という発想で、室内と屋上を融合するプランが斬新だワン。そんなクレセールの坪単価は、三井ホームの他の商品と比べてどうなのか?モデルプランを参考に、坪単価や本体価格についてみてみるワン!三井ホームの強みといえば、天井の高さを自由にできる「プレミアム・モ...

 
 

デザイン性の高さに定評がある三井ホーム。表から見えるところに限らず、例えばクローゼットのような隠された空間にもそのセンスが生かされているはず!実際に三井ホームでマイホームを建てた方のWEB内覧会を参考に、クローゼットの特徴やこだわりについて見てみるワン。クローゼットは、扉を閉めてしまえば外から見えない空間。だからこそ、あれこれ想像を巡らせてしまうわけですが・・・ひょんなことからその扉が開いてしまっ...

 
 

ハウスメーカー選びに迷ったら、各社の「欠点」を比較してみるというのが一つの有効な方法。安ければ「クオリティが低い」と、高ければ高いなりに欠点はありますが・・・どこまで許せるかは人それぞれの価値観次第。では、三井ホームはどうでしょうか。高級住宅として知られるメーカーだけに、デメリットを見つけるほうが難しい!?今回は、逆説的に三井ホームの弱点を探してみたワン!「三井ホームで家を建てた」と聞くと、「おお...

 
 

三井ホームの人気の秘密である、「ケーシング」。三井ホームでマイホームを建てたら、リビングには美しい風景画や写真を貼りたいとお考えの方も多いと思うワン。しかし、窓×外の風景が絵画と同レベルで美しかったら!?もう、それだけでインテリアのアクセントとしては十分。ケーシングはそんな粋な演出を叶えてくれる建材の一つ。三井ホームはそのケーシングのデザイン性や取り入れ方のセンスにも定評があるワン。「インテリア」...

 
 

三井ホームの家造りで採用されている工法の特徴は?坪単価が高いことで知られる三井ホーム。高いということは、それだけ特殊な工法を採用しているのか。選ぶ工法によって家の耐久性には大きな差が生じますが、三井ホームが独自に開発したという技術は消費者の期待に応えることはできるのか!?その新しい工法に注目してみたワン!木造がメインか?それとも鉄筋コンクリート?ハウスメーカーによって、工法へのこだわりは様々です。...

 
 

子供部屋ホームが手掛ける子供部屋の特徴やオーナーさんの満足度は?ファミリー向けのハウスメーカー選びで迷っているなら、まずは子供部屋の施工事例を見てみるワン。子供の心に寄り沿った提案をしてくれるメーカーなのか?環境と心の発達について知識のあるメーカーなのか?そんな観点でチェックした時、三井ホームはどうなんだワン?ずっと親と一緒の部屋で過ごしてきた子供にとって、子供部屋は初めての「自分の城」。だからこ...

 
 

急な来客!だけど、収納が少なすぎて物を隠せない・・・。そんな時、平屋建ては特に不利だと思うワン。しかし、小屋裏空間を有効に利用することで収納の弱点を克服することができるかも!三井ホームは、この小屋裏を活かす技術・提案力に定評があるメーカー。今回は、法的な制限をクリアしつつたっぷり収納を確保できる三井ホームのマジックに注目してみるワン!平面的な広がりを確保するのが難しいならば、縦方向で立体的な空間の...

 
 

縦方向の空間の活かし方に定評がある三井ホーム。三階建ては、まさに得意中の得意で、プランも充実しているワン。都会の狭小地を中心に人気を集めている三階建てですが、三井ホームならではのこだわりはどんな点に表れてくるのか。価格情報も併せてチェックだワン!都会の狭小地だと、必然的に三階建てというスタイルを余儀なくされることも多いでしょう。三井ホームなら、その状況をポジティブに捉えてオリジナリティの光る家を建...

 
 

寒さや暑さ、そして犯罪から家を守るというのがサッシの役割。ですが、それだけでは物足りない!三井ホームなら、心の豊かさを育んでくれるようなサッシのコーディネートを提案してくれる。住む人をちょっぴりリッチな気分にさせてくれる、三井ホームの窓回りに注目だワン!三井ホームといえば、高級住宅。その特徴は窓回りにもよく表れています。具体的に、そんな特徴があるのでしょうか?三井ホームの家は真夏も真冬も快適!その...

 
 

ハウスメーカーによって家造りに表れる思い入れは違ってくるワン。。その違いがよく分かるのが、外壁材。世の中の流れとしてはサイディングが主流となっていますが、三井ホームはあえて時代の流れには乗らない主義を貫いているよう。では、三井ホームが標準とする外壁材は?サイディングと比較した場合のメリットやデメリットについて見てみるワン。見た目に味わいがある外壁ってどんな感じでしょうか?サイディングならどんな雰囲...

 
 

地中海やアメリカ西海岸のリゾートをイメージして作られたという、三井ホームの「スパニッシュ」。単に「スペイン風」ではなく、アメリカの伝統的な様式も生かされているのが特徴的。自然光を生かした明るい雰囲気の中で家族が集う・・・三井ホームはそんなイメージを推していますが、スパニッシュの内装って具体的にどんな感じなのかワン?明るい陽光の中で、のんびり家族でランチを楽しむ。夜は温かみのあるオレンジ色の照明の下...

 
 

平成14年9月に発売された三井ホームの「スパニッシュ」。15年を経た平成29年現在も根強い人気のある、ロングセラー商品。様々なスタイルの住宅がある中で、なぜ三井ホームのスパニッシュは安定した評価を得ているのか?「高級」というイメージが定着している同社の商品ラインナップにおける位置づけは?その特徴や坪単価について調べてみたワン。単にスペイン風なのではなく、アメリカ西海岸のエッセンスも感じられるという...

 
 

アレルギー体質の方であれば特に、引越しに伴う環境変化が体調に与える影響には神経質になるワンね。せっかくマイホームを建てたのに、それが原因で体調が悪化したなんて悲し過ぎる!その点、三井ホームのスマートブリーズならむしろ症状はすっかり良くなるかも!?実際に三井ホームのスマートブリーズの効果を体感した方の声を中心に、その性能についてみてみるワン。「なんとなく、調子が悪い」・・・その原因が、日々、意識せず...

 
 

比較される機会の多い、三井ホームと住友林業。同じ木造住宅メーカーとしてよく比べられる、三井ホームと住友林業。価格帯も似ていますので、ターゲット層もだいたい同じ。となれば、両社の選び分けポイントが気になる!今回は、実際に両社から見積もりを取得したことがあるという方の声を参考に、三井ホームと住友林業の共通点と違いについて考えてみわたん。全く同じ価格の木造住宅が2棟あったら、どちらを選ぶか?デザイン重視...

 
 

壁やドアで完全に仕切るのではなく、スキップフロアで空間をゆるやかに仕切る。そんな新しい住まい方を提案している三井ホームの「tokotoko」。しかし、良い面もあればちょっと心配な点も。。。ここでは、三井ホームが推奨するスキップフロアのある暮らしについて具体的なイメージをふくらませてみたワン。家が実際よりも広く見える!収納スペースも確保できる!なにより、なんか東急ハンズみたいで面白そう!・・・といっ...

 
 

三井ホームの家でステンドグラスを取り付ける場合にこだわりたいポイントは?ノームコアな服装に凝ったデザインのアクセサリーが映えるように、シンプルな外観の家にステンドグラスを合わせるのはとっても粋!三井ホームでもステンドグラスを取り入れた施工事例をよく目にしますが、どんな絵柄のものを、どこに?また、気になるお値段は?三井ホームの事例を元に、疑問のあれこれを消していくワン!ステンドグラスとは「Stain...

 
 

最近は「自宅で電気を作って溜めて、それで生活をまかなう」というスタイルの住宅も増えてきたワン。いわゆるスマートハウスが主流なわけですが、ハウスメーカーによって似たり寄ったりな部分もあればオリジナルな特長もありますよね。三井ホームのスマートハウスはどんな点を強みとしているのかワン?そもそも、スマートハウスってどんな家?何がどう、スマートなの?・・・そんなみなさんのために、三井ホームの家造りを参考にし...

 
 

どんなにオシャレでも住み心地がイマイチだと家を愛せませんし、どれだけハイスペックな家でもデザイン性がダサいとやっぱり愛せない。何をもって「住み心地の良い家」とするかは人それぞれの価値観によりますが、三井ホームで家を建てた方はどう感じているの?三井ホームの先輩オーナーさんの声を参考にしてるワン!住宅に求めるものは人それぞれですから、住み心地の評価もバラバラ。ですが、やはりメーカーならではの特長はある...