アイダ設計 坪単価 価格

MENU

アイダ設計は888万円に価格は上がったものの坪単価は値下げされた

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アイダ設計の住宅は低価格が武器、以前盛んにアピールしていた555万円という価格は鳴りを潜め、現在は888万円の住宅をアピール中。

 

しかし、坪単価では値下げをしているよう。

 

低価格、低坪単価、アイダ設計の戦略に変化はなさそうだワン!

 

アイダ設計の武器は一にも二にも価格

構造がとにかく頑丈だとか、デザインがピカイチだとか。

 

住宅メーカーは、それぞれセールスポイントを持っているものなのです。

 

ならば、アイダ設計はどうなのか?

 

アイダ設計のセールスポイントはローコスト。

 

これを武器に、関東を中心に約90店舗を展開する住宅メーカー。

 

「555万円で家が建つ」と、大々的にCMを展開して、急成長を遂げたのです。

 

これは安い!価格にひかれて、アイダ設計の評判を色々見てみる。

 

すると、意外とこれが悪くない。

 

最も多かった声が価格なりというもの、価格が安かったから、それなりに満足していますよ、といったもの。

 

しかし、標準仕様では、いくらなんでも貧弱すぎる声も多く、反省もあったのでしょう。

 

現在、アイダ設計は555万円という超低価格のアピールは抑えて、888万円の家を主力製品としています。

 

それでも、価格が安いことには変わりないのですが。

 

888万円に価格は上がったものの、坪単価は値下げ

まあ555万円と比べれば888万円、少々高く感じるのですが、それでも充分低価格。

 

構造は木造軸組工法に、独自の金物と対力壁材を組み合わせたもの、基礎はベタ基礎。

 

標準仕様を見ていても、もちろんLow-Eペアガラスなど普通の住宅メーカーの仕様とさほど変わらなず特別貧弱ということはない。

 

これらの仕様で2階建て4LDK、延床面積は28坪、価格は888万円。

 

坪単価に直すと32万円弱ですから、アイダ設計はやっぱり安いということになりそうです。

 

ちなみに、以前、アイダ設計が主力にしていた555万円の家の場合は、延床面積は15.12坪。

 

坪単価に直すと37万円弱でしたから、888万円の価格でも坪単価自体は実質の値下げ。

 

延床面積も広くなり、キッチンやバスルームの仕様もグレードアップしたといいますから、おおむね満足と言う声も理解できるのです。

 

住宅の本体価格だけでは当然住めません

さて、注文住宅を売りにしているアイダ設計、888万円という挑戦的な価格の家も注文住宅と銘打っています。

 

しかし、2階建て4LDK、28坪という仕様がガッチガチに決まっている、これのどこが注文住宅なのだ?そんな疑問も浮かぶのです。

 

まあ、プレカット工場を所有し、同じような角材を切り出していくからこそ、アイダ設計ならではの低価格住宅が可能。

 

こう考えるならば、しょうがないのかもしれませんが、注文住宅を全面に押し出している点には疑問がわきます。

 

加えて、アイダ設計に限らずローコスト系の住宅の常なのですが、まあ住宅本体価格だけの家には住めない。

 

これについても考えておかなければなりません。

 

土地によっては地盤改良費、付帯工事費、諸費用、、、これらを入れればまあ1千万円は上回ってくるでしょう。

 

それでも、価格が低いことには変わりがない、そんな住宅メーカーがアイダ設計なのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

アイダ設計の評判というと、とにかく安いといったものばかり。そこで、アイダ設計は戦略を徐々変更、評判をコストパフォーマンスの高さへと変更しようとしているワン。これからも、成長を続けていく上で、必要なことと判断されたのでしょう。確かに色々あったアイダ設計ですがローコスト系で知られる住宅メーカー、アイダ設計の本拠地は埼玉県。埼玉県でローコスト系といえば、県民共済住宅という強敵がいるのです。にも関わらず、...

 
 

アイダ設計の伝統的な営業方法や、持っている設備など。これらを総合して考えると、最も強いのが建売住宅といって良いと思ってるワン。加えて、建売住宅は総じて大外れはないもの。ですから、アイダ設計で気に入った建売を見つけたならば、買いという選択も間違っていないと思うワン。アイダ設計は建売が大得意!ただ、住宅を建てるだけでなく、不動産の売買や仲介までを得意とするのがアイダ設計。住宅に関すること全てをトータル...

 
 

アイダ設計の888万円の家のバリエーションには平屋も用意されているワン。通常の2階建てと比較すると坪単価は高めになる、アイダ設計の平屋。しかし、その分の標準装備は充実。特に高齢者にとって使いやすい平屋となっているワン!888万円では収まらない、アイダ設計ローコストを全面に打ち出して、年間2,000棟以上の住宅を手掛けるアイダ設計。主力商品は「888万円の家」ではあるのです。しかし、仕様はガチガチに...

 
 

アイダ設計のオーナーさんの評判を総合すると、間取りについて特に不満はない様子。それはエコハウスでも同じこと。近年のトレンド真っ只中のエコハウス、標準の間取りも実にオーソドックス。しかし、注文住宅ですから、評判に沿うかどうかは施主次第となることは間違いなさそうだワン。太陽光+オール電化、そしてウレタン吹き付け断熱太陽光パネルを屋根に設置する、加えてもちろんオール電化、これは近年の住宅のトレンド。アイ...

 
 

住宅の重要要素、キッチンはアイダ設計も重視するポイント。主力商品の888万円の家でも、豪華な仕様となっています。加えて平屋では、キッチンもアップグレード、アイダ設計の重視するキッチンも他の住宅メーカーに引けを取らないものとなっているのです。家造りはそもそも女性のもの?!「奥さんを落としたら勝ち」、住宅業界にはそんな言葉が昔からあるのです。大抵のケースで住宅選びの主導権を握っているのは奥さん、そうな...

 
 

色々な評判を総合すると、アイダ設計の家の住み心地は悪くない。「悪くない」何とも中途半端な表現ですが、そもそも住み心地とは主観的なこと。評判だけで判断するのは難しいものなのです。アイダ設計に全て任せたから大丈夫、そんな関係性を築きたいものです。悪くないという評判がもっぱらのアイダ設計アイダ設計の住宅の住み心地はどうなのか?これについても、数多くのオーナーの声を見かけます。そして、それらの声の中で目立...

 
 

太陽光パネルを搭載した住宅は近年のトレンド。それだけにアイダ設計もスマートハウスなどをラインナップしているワン。そして、注目すべきは太陽光パネルを搭載した住宅の価格。アイダ設計、その点は期待を裏切らないワン!太陽光の搭載も、アイダ設計価格家庭で作った電気を電力会社が買取る。こんな制度が普及したおかげもあって、近年では屋根に太陽光発電パネルを搭載した家が珍しくなくなりました。アイダ設計も、そのトレン...

 
 

アイダ設計の注文建築にありがちな悪い評判。これらのほとんどは、注文住宅にするから発生する問題であって、既に建っている家を買う建売住宅とは関係が非常に薄い評判だワン。ですから、アイダ設計の建売住宅はおすすめのジャンル。場合によっては、注文住宅よりもはるかに、満足度が高いのではないかと個人的に感じているワン!アイダ設計の注文住宅の弱さとは7、8年前のことでしょうか、アイダ設計は555万円の家を全面にア...

 
 

アイダ設計の注文住宅は、大きく分けて3種類。そして3種類に共通するのは低価格路線に加えて、何らかのアピールポイントを設けている点。アイダ設計はただ、安いだけの注文住宅は造らない、そんなメッセージを感じるワン!従来の低価格路線を引き継ぐ888万円の注文住宅多数の商品を取り揃える、アイダ設計の注文住宅は、大きく分けると3種類になります。まずは、低価格さを全面に打ち出した注文住宅「888万円シリーズ」。...

 
 

アイダ設計が考える賃貸併用住宅は、まず初期投資が少なくてすむこと。なんと888万円から賃貸併用住宅が建つといいますから、驚きだワン!ただし、その実態は少々寂しいもの。しかし予算を上げれば、もちろん立派な建造物は建つと思うワン。初期投資が少なくてすむアイダ設計現在、アイダ設計の主力商品は「888万円」シリーズや「ブラーボ」シリーズ。ローコスト・ハイコストパフォーマンスの注文住宅ということになるのです...

 
 

住宅に追加費用がかかってくる、これはアイダ設計に限ったことではありません。しかし、オプション面での追加費用をなるべくかからないように、こんな風に考えるのが近年のアイダ設計。非常に装備が充実しているのが、その現れなのです。家本体では住めるようにはなりません888万円の家、といえば、アイダ設計が近年、全面に打ち出している住宅です。しかし当然ながら、その金額だけでは、その家に住むことはできません。どんな...

 
 

ローコスト系の住宅メーカーアイダ設計がなぜ安いのか?答えは、アイダ設計ならではの割り切りをおこなっているから、不必要と考える点は削減しているからです。なぜ安い?例えば、長期優良住宅ではないから耐震性や耐久性、省エネルギー性など国が定めた基準をクリアした、長期優良住宅という仕様があります。この仕様を満たしていると税制上有利な点が多々ある。つまり国が推奨しているものなので、近年の住宅メーカーはこの長期...

 
 

アイダ設計の二世帯住宅の価格はどれぐらいになるか?その答えは用意されていませんが、大体の価格を推測することはでるかもしれないワン。二世帯住宅だから住宅2軒分、アイダ設計だから888万円×2?さすがに888万円では充分なものはできないかアイダ設計の商品のバリエーションを見ていると、やはりその価格に驚かされるのです。何といっても安いのが一番、こんな時代に多額の負債など考えられない。そんな風に考えている...

 
 

アイダ設計を始めとしたローコスト系の住宅メーカーは、値引きが渋い傾向にあるようだワン。ですから、とにかく安く!こんなことをアイダ設計に熱弁をふるっても意味は無いと思うワン。もとのお値段がすごくお値打ちですからね!利幅が薄いからこその、ローコスト系メーカーなのですアイダ設計などローコスト系の住宅メーカーに共通する点は、住宅1軒あたりの利幅が薄いところ。値引きを狙ったとしても、それはうまくいかないこと...

 
 

アイダ設計の標準仕様のフローリングはMDFを用いた安価なもの。風合いは確かに無垢材に劣るものの、決して悪くないと思うワン。もちろんオプション料金を積めばフローリングもアップグレードできるでしょう。しかし、割高になってしまっては、アイダ設計のメリットが行かせない気がするワン。決して悪いものではない、アイダ設計のフローリングアイダ設計で住宅を建てたところ、様々な不具合が出て、、、。こんな内容のブログ、...

 
 

アイダ設計の保証期間は実に35年、これはローコスト系のメーカーでは珍しく、大手住宅メーカーと比較しても遜色がない保証期間!このことは、アイダ設計が自社の住宅にどれぐらいの自信を持っているかの現れと考えることができるワン。10年保証は法律で義務付けられているもの例えば雨漏りとか、基礎にひび割れとか。新築住宅の基本的な性能に関わる箇所に欠陥が10年以内に見つかった場合、住宅メーカーや施工会社は無料で補...

 
 

ローコスト住宅が大流行だった時代は過ぎて、コストパフォーマンス重視の時代が訪れたのかワン?アイダ設計も一時ほど、ローコストを打ち出すことはしていないワン。ただ、相変わらずやすいのがアイダ設計、この値段であの内容は、普通にすごいお得だと思う!ローコストといえばタマホームローコスト住宅の代名詞だったタマホームが、極端に安い坪単価表示をやめました。少し前までは、チラシやのぼりには「坪単価・25.8万円」...

 
 

アイダ設計の評判は、営業担当者によって変わってくるみたいだワン。例えば、外れに当たるとローン審査一つでも大仕事だそう。ローン審査は自分でやってのける、という気持が必要になってくるのかもしれません。アイダ設計にまかせっきり、これでは思い通りの家など建たないと思うワン。ローンの審査基準は他社と同じ住宅メーカーは、提携する金融機関を持っているもの。アイダ設計が提携しているのは大手金融機関はもちろん、新生...

 
 

アイダ設計の標準の外壁は、オーソドックスですが、面白みに欠けると思うワン。外壁はお金をかけただけ、長持ちするものだし。アイダ設計からオファーがなければ、こちらから提案するぐらいしてちょうど良いかもしれないワンね。オーソドックスで面白みに欠ける?外壁はサイディング、屋根はコロニアル。実にオーソドックスな、アイダ設計の標準仕様。888万円の家・ブラーボスタンダードなら、外壁のサイディングの選択肢は数種...

 
 

アイダ設計を含む大抵の住宅には床下収納が造られますが、メインの目的は収納ではないワン。あの床下収納は床下の点検口なんだワン。昔のアイダ設計は、点検口を床下収納化するのにオプション料金が必要だった、そんな話を聞いたのですが、今はどうなんだろ?実は使い勝手が悪い、床下収納あまり使わない台所用品、例えばカセットコンロとか、ホットプレートとか。または保存食、缶詰とか、漬物とか、梅酒とか。これらのものを入れ...

 
 

アイダ設計の過去の主力商品、555万円の家。これが本当に555万円で建つのかというと、実際は無理なんじゃないかと。様々な費用がかかってきますから、金銭的に不十分。ですから本当に555万円だったか?ということに関しては、本当かどうかは微妙なところかなって思うワン。555万円で、果たしてアイダ設計の家は建つのか?今でこそ、アイダ設計の商品ラインナップは変わってしまいましたが、少し前までの主力といえば「...

 
 

アイダ設計は35年という長期保証を打ち出してますが、そのための条件は定期的な点検とメンテナンス。その費用は明らかになっていないものの、まあ結構な額が予想されるワン。ただ、それだけ費用をかけて、メンテナンスする価値がある、それが新しいアイダ設計。アイダ設計は、長期保証もセールスポイント555万円の家を全面的に打ち出して、ローコスト路線を推し進めてきたアイダ設計なのですが、限界があると悟ったのでしょう...

 
 

アイダ設計が標準で用意している床材は、それなりのもの。こだわり派の人たちには、ちょっと物足りないかもしれないワン。オプション料金を払えば何とでもなりますが、そこまでしてアイダ設計で立てる必要があるのかと考えると。。。?払った値段なりの家が建つ、アイダ設計ローコスト住宅だけに、床材もそれなり。床材だけではありません、壁紙も、玄関ドアも、トイレも、サッシも。アイダ設計を調べていると、全てにおいて「それ...

 
 

アイダ設計はその昔、床暖房を標準装備していた頃があったと聞いたワン。床暖房はただでさえ、クレームになりやすい住宅設備、そんなこともあったからでしょうか。現在アイダ設計は床暖房を標準装備から外しているようだワン。どんな業界でも、好きでクレームを出してはいないクレームはできるだけ受けたくない、これはどんな業界でも同じこと。クレームを受けた以上は、対応をしなくてはなりませんから、仕事の効率が下がってしま...

 
 

35年保証を打ち出しているアイダ設計ですが、もちろん無条件というわけではないワン。5年ごとのアイダ設計による有償メンテナンスが条件。そして、気になる有償メンテナンスの費用を、推測してみることにしたワン。もちろん、ただで35年保証は付いてこない近年は35年保証を打ち出し、他のローコスト系の住宅メーカーと差別化を図っている。そんなアイダ設計なのですが、この35年保証、無条件で35年間面倒を見てくれると...

 
 

テレビを付けたり、脱衣場には暖房乾燥気を付けたり。ユニットバスは施主がこだわりたくなるところだけに、アイダ設計も力を入れているワン。広さも快適性もまあ充分、アイダ設計のユニットバス、機能的にも充分だと思う。ユニットバスにはテレビまで付いてきますアイダ設計の注文住宅は、888万円の家とも呼ばれる「ブラボースタンダード」を元に、施主の要望を取り入れて建てていきます。少し前までのアイダ設計の看板商品、5...

 
 

アイダ設計の間取り集を見ていると、同じ予算の住宅でも平屋には和室が設定されておらず、2階建てには和室が設定されているワン。これは、和室の特徴をアイダ設計が考え抜いた結果。ローコストとはいえこだわった家を建てることが伝わってくるね。平屋には設定されていなくて、2階建てには設定される?アイダ設計の888万円の平屋、「楽らくご長寿さん」は延床面積が18.87坪。仕事はリタイア、子どもは独立といった団塊世...

 
 

アイダ設計の注文住宅、外観がチープだという評判が聞こえてきたワン。ならばアイダ設計、上位シリーズのブラーボコンフォート、こちらの外観はなかなかリッチ!そして、リッチな外観は見た目だけでなく、メンテナンス費用にも大きく関わってくるらしいわん。アイダ設計の外観はチープすぎる?アイダ設計の外観は建売住宅と変わらない、そんな声を耳にします。確かにアイダ設計がローコスト路線を突き進んでいたころのカラーを色濃...

 
 

何事もメリット・デメリット、両面あるのが世の常。例えばガレージハウスも同じことですから、メリット・デメリットを知り尽くしたアイダ設計に依頼したくなるもの。考えられるガレージハウスのデメリットを事前にクリアできるのがアイダ設計なんだと思うワン!メリットが豊富なガレージハウスクルマ好き、バイク好き、自転車好き。これらの趣味を持っている人が、家を建てる時に考えたくなるのがガレージハウス。ビルトインガレー...

 
 

アイダ設計が手掛けるZEHは、アイダ設計の持てる技術を全てつぎ込んだようなもの。長期優良住宅の基準もクリアし、高気密・高断熱も高いレベルで実現。これらをクリアして実現できるZEH、価格面でも期待したいワン。ZEHで問われる、アイダ設計の技術力エネルギーを作り出し、一軒で消費されるエネルギーと相殺することで、エネルギー消費量をおおむねゼロにする。次世代の住宅として注目を集めるZEH「ネット・ゼロ・エ...

 
 

アイダ設計が用いる断熱材は3種類。これは、求められる断熱のグレードによって使い分けられているようなのですが、これからアイダ設計がメインで用いるであろうものが断熱材入りの壁材。これならば、施工ミスとも無縁だと思うワン。アイダ設計が用いる3種類の断熱方法ホームページなどで明言はしていませんが、アイダ設計は3種類の断熱方法を持っています。1つ目は888万円の家などローコスト系の住宅用の断熱方法。こちらで...

 
 

アイダ設計の住宅は、価格帯によって断熱性能が異なるワン。そこまで高い断熱性能を求めていないというケースにも対応可能、それ以上の断熱性能のものでもアイダ設計は充分対応できる、そんな特徴を持っていると思う。長期優良住宅の基準をクリアする必要性?国が定めた厳しい基準である、長期優良住宅を全戸クリア!最近よく耳にする、住宅メーカーのセールストークです。長期優良住宅の基準をクリアするには、例えば耐震性とか、...

 
 

アイダ設計のローコストの商品は断熱性能が低いとされているけれど、それがどこまで大きなデメリットなのかというと疑問。反対に断熱性能が高い住宅なら、それで全てが正しいかというと、それも疑問。百聞は一見にしかず!というこで一度、アイダ設計のモデルハウスへ足を運んで確認してみて欲しいワン。断熱性能が高いこと=正義なのか?「家は性能」これをキャッチフレーズに、高い断熱性能と気密性能をウリにしている大手の住宅...

 
 

僕にとって、何かと問題が多いイメージのアイダ設計。。。ですが、やはり価格にはひかれる部分もあるワン!ならばデメリットは承知の上で、アイダ設計で家を建てるという選択もありかなって思うこともあるけど、やっぱり長く済むには、、、888万円で家が建たないのは、デメリットには入らないローコスト一本槍から、コストパフォーマンス重視へ、そんな路線変更を行っているアイダ設計なのです。普通はこんな価格で建たないよな...

 
 

アイダ設計の888万円の平屋のキーワードは高齢者。ことごとくバリアフリー化がなされていると思うワン!高齢者が暮らしやすい家づくりというのは、バリアフリーだけが重要ではないんだ。キッチンや洗面台まで、アイダ設計は細かく気を配っている点が、とても素敵だなって思うワン。888万円の平屋はことごとくバリアフリーアイダ設計の看板である888万円の家シリーズには、シニア向けの平屋「楽らくご長寿さん」がラインナ...

 
 

ビルトインガレージの住宅も数々手がけているアイダ設計、だから安心。と思ってしまうのも問題だと思うワン。ビルトインガレージ付きの住宅ならではの弱点、アイダ設計はこれを克服しているのかどうなのか?発注前に要チェックなのだワン!狭小地対策の決定版、ビルトインガレージ田舎に住んでいると、なかなかピンときませんが、街の方では駐車場はかなり深刻な問題のようです。例えば、駐車場だけで月5万円!これに車や住宅のロ...

 
 

アイダ設計が得意とする、注文住宅から考えると、分譲住宅は得意でしょ?そんな考え方は大当たりだと思うワン!分譲住宅も豊富に取り扱っているのがアイダ設計。まずは分譲住宅に希望を叶えるものはないのか?そこから探すのが、家探しはスタートだと思うワン。決まった仕様が得意な、アイダ設計888万円とか980万円とか、低価格の注文住宅を得意としているアイダ設計。なぜ、低価格の住宅が建てられるのかというと、家の骨組...

 
 

別荘に何を求めるかは人それぞれ、その中でも限定した条件ならば、アイダ設計は大きな力になる!まず立地は沖縄、それほど凝った建物ではない、そしてローコスト。こんな別荘を検討するならばアイダ設計を選ぶことは、良い選択だと思うワン。建物、そして立地、別荘にあなたが求めているものは?別荘を買い求めるような人は、何を期待しているのか?まずは立地、人里離れて不便だけれど、自然豊かな場所だとか、海が眺められるよう...

 
 

アイダ設計の建売住宅の間取り図を見ていると、どうもベランダを造りたがらない傾向にあるワン。アイダ設計が得意にしているのは屋根なしのバルコニー!本当にそれでいいのか?これは検討が必要な事項、ベランダは意外と重要だと思うワン。狭いベランダ、建売にはよくあります一戸建てやマンション選びの際に軽視しがちですが、非常に重要なスペースの一つにベランダがあげられます。というのも、購入した後に奥行きが足らない、こ...

 
 

オーソドックスな造りのアイダ設計ですから防音もオーソドックスなもの。その防音性能が充分かどうかは、実際にアイダ設計のモデルハウスへ足を運び確かめるのが一番。主観性が主となる防音性能ですから、実際に確かめなければいけないと思うワン。防音について、ことさらにいわないアイダ設計一戸建てを考える場合、防音は非常に重要な事項です。ですから、大手の住宅メーカーは防音にはこの手の工夫を払っていますとか、そんなア...

 
 

10年点検はアイダ設計だけでなく、多くの住宅メーカーにとっても区切りとなるもの。保証も切れますから、10年点検は念入りなものとなりがちです。しかし、その点検・補修はアイダ設計の保証を延長するのに必要なようだワン。10年点検は念入りなものとなるかも最近の住宅メーカーは、長期保証をウリにするようになりました。しかし、一旦建てて、その後ノーメンテナンスで長期間保証してくれる、こんな住宅メーカーはありませ...

 
 

新築してから10年後の点検は品確法との関係もありますから、大規模な物になりがち。高額なメンテナンス費用を請求されることあるようだワン。ただ、10年後が補修のめどとなる部位は、アイダ設計でなくても多いです。しょうがないと考えるべきなのかもしれないワンね。10年後の点検結果が気になるところです新築から10年後、アイダ設計の点検で補修が必要と指摘される箇所は非常に多いかもしれない。、、、飽くまでも「しれ...

 
 

1000万以内の予算で家を建てる、アイダ設計ならばそれが可能。住宅本体だけならもちろん、諸費用込みで1000万以内というのもアイダ設計ならば不可能ではないと思うワン。住宅本体だけなら、選び様もある現在、住宅本体のみで1000万円以内で建つ家は、アイダ設計なら888万円の家シリーズと、980万円の家シリーズ。888万円の家ならば、延床面積28坪で4LDKという間取りですから、夫婦と子ども2人にピッタ...

 
 

アイダ設計が手がけた666万円の家の施主さんの動画が見れますね。それを見ると評判が悪くはありません。しかし、予想以上という評判があるわけでもない。アイダ設計なら666万円の予算なり、スタンダードな間取りが実現するということなのかワン?666万円で建つ家の間取りは予算なり現在、アイダ設計がメインで推しているのが888万円の家なのですが、少し前までは666万円の家とか、777万円の家とか。ゾロ目シリー...

 
 

アイダ設計の777万円の家、現在ではラインナップされていませんから、間取り図を見ることもできません。しかし予算が777万円である以上、アイダ設計が実現できる間取りも限られたもの。評判は取り立ててよくもないし、評判が悪くなりようがないといった所です。今では間取り図を見ることができない777万円の家アイダ設計の777万円の家、こちらも現在は特にアピールをしていない商品なのです。ですから、間取りなどの詳...

 
 

アイダ設計の888万円の家、間取りの評判は悪いものではありません。間取りの自由度の低さという点で悪い評判が立ちそうなものですが、アイダ設計の888万円の家については大丈夫なのが不思議な印象ではあるワン。金額が安いのだから、これぎらいでしょう、と思っているからでしょうか。。スタンダードな888万円の家の間取り28坪、2階建て、4LDK 、これがアイダ設計の888万円の家の間取り。アイダ設計は888万...

 
 

アイダ設計の980万円の家の間取りは、888万円の家の間取りと基本的に変わらないようだワン。良くも悪くもスタンダードですから評判も悪くない。そして、自由な間取りを希望する人からの評判は立ちようがない、なぜなら、そういった注文住宅などで、自分で設計したい人たちは、アイダ設計で980万円の家を建てるという選択をしないからワンね。自由設計なのに間取りの自由度が低くない?アイダ設計が888万円の家の、もう...