平屋 800万

MENU

800万で平屋を建てたい!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

ゴージャスな豪邸よりも、無駄がなくメンテナンスが楽な平屋建てが人気の時代。

 

ですが、平屋=建築費用が割高になるというイメ―ジもついてまわります。

 

例えば、800万円台というプチプラで平屋を新築することは可能なのでしょうか?

 

ここでは、800万で平屋を新築できるメーカーや費用カットのポイントについてまとめていきます。

 

1000万円でも安くて驚きなのに、まさかの「800万」で家が建つというのは、にわかには信じがたい話です。

 

そうだとしたら、安さの秘密はどのような点にあるのでしょうか。

 

800万円でも家は建てられます。

結論から言うと、800万円(土地は含めず、本体価格のみ)でも新築の平屋は手に入ります。

 

例えばこちらの「はなまるハウス」さんの商品ラインナップをご覧ください。

 

はなまるハウス プラン一覧
出典:はなまるハウス 公式サイト プラン一覧

 

19坪の1LDKが713万円、24坪の2LDKが870万円ですよ。

 

さっそくその間取りを見てみると、19坪のほうはご夫婦ふたりのセカンドライフを想定して作られた商品で、「LDK」+「洋室(主寝室)」というシンプルな間取り。

 

はなまるハウス 19坪 713万円
出典:はなまるハウス 公式サイト 19坪 713万円のプラン例

 

たまに子供たちファミリーが遊びにくるとしても、基本的には2人暮らしだと考えればこのくらのサイズ感がちょうど良いのではないでしょうか。

 

キッチンにはパントリーがついていて、収納が全般的に充実しているのが印象的です。

 

次に、24坪2LDKのほうの商品を見ていくと、こちらは18帖という広々LDKが特徴。

 

また、12帖の洋室は真ん中で仕切れるようになっているので、兄弟・姉妹のいるファミリーにうってつけの間取りです。

 

はなまるハウス 24坪 870万円
出典:はなまるハウス 公式サイト 24坪 870万円のプラン例

 

水回りが集中した間取りになっているのも、家事効率を上げてくれそうですね。

 

全部で6プランあるので、家族構成やライフスタイルに合わせて選び分けられるというのも気が利いています。

 

こんなオシャレな平屋が800万円で!

800万円台で平屋が建てられるメーカーは、探せばまだまだあります。

 

私が住んでいるエリア(静岡県)で見つけたこちらのメーカーさんもその一つ。

 

GOOD Living 平屋800
出典:GOOD Living 公式サイト 平屋800

 

趣味を楽しめる「ホビーガレージ」があるPlan01、ペットとの共生をテーマとしたPlan03、自転車用のガレージがついたPlan01・・・と、気の利いたプランが充実しているのが印象的。

 

オシャレな雰囲気満載のメーカーさんですが、どれもこれも本体価格は800万円です。

 

また、愛媛県の「洋館家」さんもローコストな新築プランが充実していますね。

 

洋館家 愛媛 公式サイト
出典:洋館家 愛媛 公式サイト

 

例えば、こちらの「和」という商品は2LDK 760万円。

 

洋館家 愛媛 「和」2LDK 762万円

 

洋館家 愛媛 「和」2LDK 762万円 間取り
出典:洋館家 愛媛 公式サイト  「和」2LDK 762万円 間取り

 

まさかの、800万円以下の商品です。

 

延べ床面積17坪と、かなりコンパクトではありますが、夫婦2人暮らしなら決して「狭すぎる」ということはないでしょう。

 

無駄を省いたコンパクトでミニマムな暮らしをしたいという若い世代にもオススメしたい平屋商品です。

 

エッジの効いた外観に魅せられる!薪ストーブのある三角屋根の家

いつか家を建てるなら、子どもの頃に絵本で見た三角屋根の家がいいな。

 

そんな憧れを、密に温め続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

かくいう私もそんな一人で、「三角屋根に煙突がある家」で老後を過ごすのが夢です。

 

そんな事例はイマドキではなかなかないかな?と思っていましたが、青森にあるEver Homeさんにイメージドンピシャな施工実例がありましたのでご紹介しますね。

 

エバーホーム 薪ストーブの火でゆったりとする平屋住宅
出典:エバーホーム 公式サイト 薪ストーブの火でゆったりとする平屋住宅

 

絵本の世界のイメージでは木造の平屋でしたが、こちらはサイディングの外壁でクールに、モダンなデザインに仕上がっています。

 

それでも、ちゃんと煙突があるのがポイント!

 

リビングに薪ストーブがあり、内装もウッディで温かみのある雰囲気になっているんです。

 

木目が映える飴色のフローリングや剥き出しの梁は、外国の絵本の世界観を再現したよう。

 

外と内のギャップが、イイ味出してます。

 

寒い冬は、ストーブの火を囲みながら、親子で読書をしたり絵を描いたり、ゲームをしたり・・・そんなほっこりした毎日を自然に想像できる平屋実例ですね。

 

具体的な金額は明記されていませんが、Ever Homeさんはプラン数が豊富で800万円台からでも建てられるのが魅力。

 

おしゃれな平屋の実例も豊富なので、デザインや間取りを考える上でも参考になりますよ。

 

これからの住宅の在り方を問う「よかいえ」

かつては、二世帯、三世帯で同居するのがスタンダードでしたが、現代は核家族⇒単独世帯が増えています。

 

こちらの資料でもわかるように、「夫婦と子供=いわゆる核家族」も減少を続けており、「夫婦のみ」や単独世帯が増加している時代なんですね。

 

⇒ 総務省 統計局 「住宅・土地統計調査結果」

 

この流れに伴って、家の「建て方」も変化してきています。

 

すなわち、一住宅あたりの延べ床面積の平均値は横ばい状態、そして共同住宅の割合がぐんと伸びてきています。

 

つまり、「大きな戸建てに家族みんなで住む」というケースは珍しく、「コンパクトな家、もしくはマンションに少人数で住む」というスタイルが主流になっているんです。

 

そこに目をつけたのは、鹿児島の南日本ハウスさん。

 

その名も「800万円からのいえづくり」と題した「よかいえ」は、時代のニーズに合った住まい方を提案する看板商品です。

 

南日本ハウス 公式サイト 「よかいえ」
出典:南日本ハウス 公式サイト 「よかいえ」

 

実際に間取り図を見てみると、例えば800万円のプランは、14帖のLDKに6.75のワンルームつき。

 

子どもがいるファミリーが住むには手狭ですが、夫婦二人で老後を過ごすのであれば、掃除の手間も省けてラクちんそう。

 

「これじゃ、あまりにも狭いのでは」ということなら、LDKと個室の間に廊下を設け、個室を1帖分広げて848万円。

 

「部屋はいらないけど収納はもっとないと困る」という方には、収納スペースを充実させた860万円のプラン・・・と、ニーズにあわせて数十万円ずつグレードアップできるのもいいですね。

 

平屋を建てるにあたって、何をどうすればどのくらい費用が加算されるのか、というのがとてもわかりやすい資料だと感じます。

 

ちなみに、収納でお困りならぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

 

⇒ スペースを生かすも殺すも自分次第!平屋の収納アイデア

 

デッドスペースを上手に活用した収納術を紹介しています!

 

800万円台で平屋住宅を新築するためのポイント

ここまでのところでお察しの通り、800万円台以下で平屋を新築するにはいくつか押さえておくべきポイントがあります。

 

こちらの記事でも紹介していますが、なにしろ本来は「新築 平屋 一戸建て」の相場は1,000万円超え。

 

⇒ 平屋新築一戸建ての予算は?平屋の予算、驚くべき事実に遭遇!!

 

ですから、それを800万円台にするというのはやはり裏技的なテクニックが必要なのです。

 

 

まず、「大手メーカーに依頼しない」ということ。

 

上記で紹介したのは、いずれもいわゆる「大手」のハウスメーカーではありませんよね。

 

大手の場合は宣伝広告費用にコストがかかるため、その分、建築費も高くなりがちです。

 

知名度があまり高くない地元密着系の業者のほうが、余分なところにかかるコストを抑えられているので全体的な建築費用もカットできるのです。

 

もう一つは、「間取りをシンプルにする」ということです。

 

いずれの事例を見てもわかる通り、それほど“凝った”設計にはなっていませんよね。

 

複雑な間取りはそれだけ建材や技術力が必要になり、材料費や人件費が上がりやすい。

 

ゆえに、「間取りや外観はシンプルに」というのが建築費用カットのコツと言えます。

 

このようなコストカットのポイントについてはこちらのサイトがとても分かりやすいのでぜひご覧になってみてくださいね。

 

⇒ 注文住宅の教科書 「新築の平屋の家は800万円台で建てられる?方法・注意点は?」

 

安くても良質な平屋を建てるために

実際に800万円台、もしくはそれ以下で平屋を新築した人はどんな方法でコストを抑えたのか。

 

経験者の方やネットの口コミサイトなどを参考に、そのポイントをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

  • 水回りの設備は意外と高額。大手ブランドのOEM生産を手掛ける「ノーリツ」などの商品を選ぶと良い。
  • 照明は配線までやってもらって、照明器具は家電量販店やネットで調達。
  • カーテンレールやカーテンは自分で購入&取付をする。
  • 地元の材木店で建材を譲ってもらえるよう交渉してみる。ついでに大工さんも紹介してもらえれば、ローコストで良質な平屋が建てられる。

 

特に「地元の材木店で建材を自分で買う」というのは、かなり建築に関して精通している人でなければ難しいミッションのように思えます。

 

が、地方では「一棟受けの棟梁」という大工さんがいまだ存在しているようで、そういった方に頼めば大工仕事以外のプロを手配しつつ良質な一棟を作り上げてくれるのだそうです。

 

上記は、地域密着の業者やプロがいるからこそ成り立つ話。

 

そう考えると、800万円台の平屋を新築するのは「都心部だと難しいけど、地方ならできないこともない」と言えそうです。

 

格安で平屋を新築するポイントについてはこちらの記事でも紹介していますので、よろしければぜひ参考にしてみてくださいね。

 

⇒ 平屋を格安で建てることなんてできるのか?

 

改めて・・・、平屋の良いところ、イマイチなところ

実際、最近は都市部から地方に移住して新しい生活を始める方も多いですよね。

 

内閣府の調査結果にも表れている通り、農山漁村への定住願望を持つ方の割合は微増傾向にあります。

 

⇒ 国土交通白書 「第1節 ヒト・モノ・カネ・情報の流れ」

 

「田舎で、800万円で平屋を新築する」というビジョンを、近い将来に実現すべきこととして真剣に考えている方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし「平屋は階段がなくて動線も安定していて、さらに玄関をでれば、すぐに外出できる」というメリットがある一方で、無視できないデメリットも多いのもまた事実。

 

まず、平屋、しかも田舎というと「虫」がたくさん飛んでくるといったデメリットも考えられますよね。

 

もしかすると蛇やイノシシがあらわれるのかもしれませんし、平屋は防犯性も低いという噂話も耳にしたりします。(敷地が広いため、死角ができやすい)

 

加えて、隣人との付き合いは、都会では考えられないくらいに濃密になるでしょう。

 

実際、私の実家はかなり田舎なエリアにありますが、外出する度に近所の「誰か」に会ってしまうので少々気まずい思いをします。

 

別に悪いことをしているわけではないので堂々としていれば良いのですが、なんとなく「見張られているような気持ちになる」という点で、田舎の不自由さを感じるのです。

 

このように、「安い土地に、800万円台で平屋を建てたい!」ということで地方に移住しても、そこには都市部ではなかったような新しい悩みがついてまわります。

 

移住を踏まえた平屋建築を検討されている場合はその点もじっくり考慮する必要がありますね。

 

安く建てるならその後のことも考えておこう

できるだけローコストで家を建てたい!

 

そんな思いで情報収集されている方に、ぜひ知っておいていただきたい”ことわざ”があります。

 

「親が頑丈な家を建てたら、子どもはいい家具をそろえ、孫はヨットを買う」

 

・・・どういうことかわかりますか?

 

つまり、子や孫にも住み継ぐことができるようなしっかりした家を建てなさいよ、という教えですね。

 

残念ながら、これまでの日本の住宅では子や孫の世代になったら家を建て替えることを考えなければならなかったため、とてもヨットを買うような予算はないお宅が多かったはず。

 

しかし、近年は日本の家づくりも様変わりしたため、海外のように30年を超えて50年、60年・・・と住み継げる住宅も増えてきました。

 

それは、もちろん、構造を始め住宅の技術レベルが上がったからというのが大きな要因ですが、そこにプラスして「必要な部分にはしっかりお金をかけて、性能の良い家を買う」という意識を持つ方も増えたからだと言えるでしょう。

 

では800万円の家はどうでしょうか?

 

全てのローコスト住宅がそうだとは言えませんが、ハイコストな住宅にはついている様々なものを省いた結果の「ローコスト」だということもしっかり認識しておかなければなりません。

 

ローコストで家を建てようと思うならばなおさら、家づくりを始めた時点で先々のメンテナンスや修繕のこともしっかり考えておくことが大事。

 

「30年間で家のメンテナンス費用が800万円になった」なんてケースもありますので、長い目で見たら「初期投資が高くついても、メンテナンス費用がかからない家にすれば良かった」と後悔するかもしれません。

 

目先のお手頃感だけで商品を選ぶのはそろそろおしまいにしましょう。

 

【まとめ】不可能ではないが、超えるべきハードルは高い

800万円台で平屋を建てるというのは、現実的に不可能なことではありません。

 

ただ、押さえるべきポイントがいくつかありますので、事前に確認しておきましょう。

 

  • 大手メーカーで建てるのは難しい
  • 地域密着系の業者ならば、無理なくオシャレな平屋が建てられる
  • コストカットのためには、間取りや外観はシンプルに
  • 場合によっては各種設備も施主支給で
  • 都市部より地方で建てたほうが安いが、移住には様々なリスクもついてまわる

 

平屋建てには、二階建てにはない「建て方のコツ」があるようです。

 

メーカー探しをする場合は、平屋建ての建築に強く、実績が豊富なメーカーを選ぶことを強くオススメします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

豪邸は坪単価が100万円以上!
さまざまなタイプの家を見てみて、やはり平屋建ての広い家というのがいちばんの贅沢かなと思います。広々とした平屋建てということは、それなりの広さの土地がないとまず不可能ですので、まずは土地から探さなければいけませんね。
高級住宅を建てたい
高級な家を建てたいと考えていますが、そもそも高級住宅って、どんなものなのかわかっていませんでした。そのため、どういった創りや間取りであれば、そのような家になるのか。他の人の例を参考にしながらまとめてみました。
相場はどのくらい?
家を建てるなら、老後のことも考えて平屋建てが良いと思っています。土地の広さなどを考えるとなかなか難しい気もしますが、もし平屋建てにするなら大体どのくらいの価格になるのでしょうか?まずは相場を調べてみようと思います。
平屋を格安で建てることなんてできるのか?
平屋建ての家でのんびり暮らしたいという憧れがふつふつと沸き起こっています。家族構成も、人数が少なければ狭くてもそれなりに快適に暮らせるのではないかと思います。いったいどれくらいのコストで家を建てられるのでしょうか。
500万で建てる
家を建てるとなると、やはりかなり高額になると思うのですが、最近はローコスト住宅という言葉を目にする機会も増えてきました。ハウスメーカーの情報を見てみると、予想以上に低価格のことがあるので、どんな家になるのかと興味津々です。
坪単価はいくら?
家を建てるとなった場合、都心部に建てるか郊外に建てるかなどで条件は変わりますが、いったいどのくらいの価格になるのでしょうか?自分の住む場所のおよその坪単価が分かっていれば、比較もしやすくなるかもしれません。
1000万で建てる
家は高い買い物ですから、購入前にしっかりと細かい部分まで検討しておきたいですよね。それに、できるだけ安く抑えることができれば尚良いと思います。品質を下げずに満足のいく家を建てることはできるのでしょうか?
建築費について
家を建てるとき、平屋建てにするか二階建てにするかというのも考えるポイントだと思いますが、コストはどのくらい変わるのかを調べてみると、思ったより差はないようですね。要不要にもよるでしょうが、そこで平屋建てにするという決断は、けっこうリッチな気がしますね。
耐震性を考える
日本は昔から地震の多い国だというイメージがありますが、最近になってますます地震への対策が重要視されてきている気がします。地震に強い家に住みたいものですが、実際にはどんな家がより安全なのか見直してみようと思います。
木造の坪単価
いざ家を建てるとなったとき、どんな家にするか決めるのは、とても重要な部分ですよね。土地の広さや環境、家族構成などで必要なものは変わってくるでしょうし、いくらくらいで建てられるのかも忘れてはならないポイントです。
設計は慎重に
家の間取りを決める作業は、楽しいながらも大変な労力が必要になりますよね。はっきりとしたビジョンが描けていればまだ良いのですが、何が必要かなどを選択する場合、よく分からないこともあります。まずはいろいろな間取りを見てみるのも勉強になるかもしれませんね。
スプリンクラーをつける
料理をしているときも寝ているときも、火災の心配は日々つきものです。火災にならないのに越したことはないのですが、万が一の場合に備えてスプリンクラーを設置してみるのも良いかもしれません。少しでも安心材料は増やしておきたいですね。
防犯対策をしよう
お隣さんに誰が住んでいるか分からなくなってきた昨今の都会では、防犯対策がとても重要になってきます。つい、事が起きなければ安易に考えてしまいがちですが、やはり建築時からしっかりと対策を講じておく必要がありますね。安価なものから効果なものまで様々ですから、状況に合ったものを選んでいきましょう。
1000万以下で建てられる?
テレビでは戸建てが500万円台で建ちます!なんてCMをやっていますが、本当でしょうか?私の周りでは1000万以下では無理だという話ですが・・・。2階を作らなくても半分にはなりませんよね。何がどう違ってそんな風に安く家が建てられるのかそのからくりが知りたいですね。
700万で建てる
家を建てる時の目安になるのが坪単価ですが、モデルハウスなどで素敵だなと思って聞いてみるとだいたい坪単価が70万とか80万という返答が帰ってきます。高いです。700万だと10坪の家しか建たないということになりますものね。いくら質がよくても10坪ではねぇ。。。平均的には50万ぐらいと言われているようです。
900万円で建てる
今住んでいる築30年越えのマンションが900万で売却できるというので、それを元手に少し田舎に引っ込んで家を建てようかと思います。今のマンションは4階建てで階段がないのです。これから年を重ねていくと階段はしんどくなると言うのは目に見えていますからね。それにバリアフリーの点も考慮して一大決心です。
コストダウンの方法
家を建てるとなると色々希望が増えて予算をオーバーすることがよくありますね。そんな時どこでコストダウンするかが問題になります。躯体は当然対象外です。備品や設備が一番見直ししやすいところかも知れません。また、2階を作らないというのも一つの案かも知れません。
総工費の内訳を見てみよう!
当初我が家の新築の予算は総工費2000万でした。それが、実際にはまず今まで父が住んでいた古い家の解体費が思った以上に高かったこと。それに土地の調査で地盤が弱いことが解り補強工事が必要になり、ここでも思わぬ出費。家の設計図が出来る前に既にこんな感じで先行きが不安です。
減築リフォームのメリット
このところ終の棲家と言う言葉も定着して来たように思いますが、それに伴って減築リフォームも増えているようです。特に階段を使う2階部分は要らないと言うのが多いのではないでしょうか?当然維持費は安くなりますし、バリヤフリーのメリットも最大限に活かせます。また、耐震性能も上がるとのこと良いことがいっぱいですね。
平屋新築一戸建ての予算は?平屋の予算、驚くべき事実に遭遇!!
子供達もそれぞれが家庭を持ち、家も購入しているので、私たち夫婦が暮らすには現在の二階建ての家は大きすぎます。そこで今、終の棲家としてローコストでの建て替えを考えているところです。必要な条件を満たした上で、どこまでコストを削減できるかそれも楽しみの一つです。
超ローコスト住宅で平屋は建つの?カラクリとリスクを確認!
超ロースト住宅ってどうなの?口コミ評判が気になる!
超ローコスト住宅のランキングをチェック!安さの秘密とは?
ローコスト住宅はナゼ安い?間取りに隠された秘密
超ローコスト住宅ってどんなん?間取り実例をチェック!
まさかの500万円台から!?超ローコスト住宅がアツい
ローコスト住宅の比較で見えてくるもの。建てるならどこで?
そのローコスト住宅は大丈夫?安全性と安さは両立できる?
福岡で納得のいくローコスト住宅を。人気の3社を厳選!
ローコスト住宅でも譲れない夢はある!大阪で建てるなら?
茨城県でローコスト住宅を建てるなら?人気業者をチェック!
埼玉で自慢のローコスト住宅を建てるには?厳選メーカー3社
愛知のローコスト住宅はコスパが命!借りるより買っちゃお!
沖縄で台風に負けないローコスト住宅を!信頼のメーカー選び
青森で風雪に負けない家造り!実績豊富なローコスト住宅は?
ローコスト住宅でも秋田のキビシイ冬は越せる!人気業者3選
石川県の冬を快適に!ローコスト住宅を建てるならどこで?
ローコスト住宅で家族は守れる?岩手で家を建てるなら
愉快な街、宇都宮で愉快な新居!人気のローコスト住宅は?
住みやすい町、江戸川区でローコスト住宅!人気の業者は?
愛媛県でコスパ重視のローコスト住宅を!満足度が高いのは?
大分で本気のローコスト住宅探し。家族を守れる家を目指して
無駄も不足もないローコスト住宅を岡山で!オススメ業者3選
鹿児島で、自然と仲良くなれる家を!ローコスト住宅3選
香川県のローコスト住宅選び!安いけど味のある家が欲しい!
京都で今っぽいローコスト住宅ってアリなの?注目の業者3選
熊本でオススメの7社をご紹介!天災に負けない家づくり
高知でローコスト住宅を建てるなら?家に求める新しいカタチ
神奈川県のローコスト住宅は個性派ぞろい!
スペースを生かす!収納アイデア