平屋建て 豪邸

MENU

平屋の豪邸は坪単価が100万円以上!どれだけ豪華なのか

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

住まいは「その人」を表す、とよく言われます。

 

が、「お金持ちだから豪邸に住んでいる」とも言えないのが現代の面白いところ。

 

ここでは平屋×豪邸を好む心理や、逆に手放す心理についてまとめてみました。

 

併せて、平屋×豪邸のメリット&デメリット、価格の目安についても見ていきましょう。

 

豪邸=お金持ちというイメージがついてまわりますが、本当にそうなのでしょうか。

 

どうやら、昨今の流れは今までとは違ってきているようです。

 

どの程度から「豪邸」と言えるの?

豪邸とは、辞書では「大きく豪華に建てた屋敷」と記載されていますが、非常に漠然とした定義ですよね。

 

「大きく」「豪華に」というのは人によって感じ方に差があるでしょうし、敷地面積で比較するにしても地域によって土地の価格も違うのですから単純比較するのは難しいでしょう。

 

「平屋×豪邸」とはどんな家なのか、イメージを膨らませてみるにはこちらのサイトが非常に参考になります。

 

豪邸を建てる 公式サイト
http://www.goutei-archive.com/

 

『豪邸を建てる』というそのものズバリなサイト名で、美しい豪邸の施工事例が満載。

 

オーナーさんの想いや作り手のこだわりも垣間見ることができるので、自分の中の漠然としたイメージと重ね合わせることで家づくりの方向性が具体的に定まっていくのではないでしょうか。

 

施工会社の公式サイトにリンクしているので、「こういう感じの平屋×豪邸を建てたいならこのメーカーがいいのか」と、目安をつけやすいと思います。

 

上記サイトの施工事例をふまえ、また口コミサイトのリアルな声を参考に「豪邸」の特徴をまとめてみましょう。

 

  • 敷地面積は最低でも100坪
  • 庭が広い
  • 景観を贅沢に楽しめる
  • 門から玄関までが遠い
  • セキュリティがしっかりしている
  • 玄関が広い
  • ゲストルーム、パーティーホールなど、生活空間+αのゆとりの空間がある

 

「豪邸」や「高級」の定義についてはこちらの記事でもまとめていますのでぜひご覧になってみてください。

 

⇒ 知りたい!高級平屋住宅ってどんなの?

 

「平屋の豪邸」に住み替える理由

これまでの日本では、狭い土地にできるだけ広い居住スペ-スを確保するために2階建て、3階建ての住宅が当たりまえのように乱立してきたという流れがありました。

 

実際、こちらの記事にもあるように、2階建て住宅は戸建て全体の約80%を占めています。

 

 ⇒ LIFULL HOMES「改めて知りたい!データから見る2階建て住宅の実状とメリット・デメリット」

 

しかし、昨今では平屋ブームの流れで平屋建てがじわじわ人気を拡大しており、大手の有名ハウスメ-カ-やゼネコンがこの動きに同調しているような状況。

 

実際に、2階建ての住宅をわざわざ平屋建てに改装するという事案も発生してきているのです。

 

⇒ 不動産テラス「新築で平屋ってどうなの?メリット・デメリットを解説!」

 

その背景にあるのは、加速的に進んできた少子高齢化。

 

内閣府が公表しているデータでもわかるように、高齢者の事故の多くは家の中で起こっています。

 

特に階段の事故は約19%と多いため、「段差のない暮らし」へのニーズが高まっていることも人々を平屋建てへと向かわせるのでしょう。

 

⇒ 内閣府「高齢者の生活環境」

 

ただ、屋根部分や基礎部分が広くなればなるほど2階建てよりも平屋のほうが費用的には割高になります。

 

同じ延べ床面積で同じ部屋数を確保しようと思うと、2階建てよりも平屋のほうが30%増しの建築費用がかかると言われているんです。

 

細かい比較計算についてはこちらのサイトが詳しいのでぜひ参考にしてみてください。

 

⇒ 暮らしニスタ 「平屋と2階建ての費用・相場比較!新築ではどちらがおすすめ?」

 

つまり、「平屋の豪邸」はお金持ち&ステイタスの象徴にもなり得るということ。

 

例えば二世帯住宅に建て替えるなら、上下で分けるタイプよりもいっそ平屋にして広い豪邸にしたほうが、世間体が良いとも言えるわけです。

 

平屋建ての豪邸を建築するということは最高の贅沢なのかもしれませんね。

 

平屋の豪邸を建てたい!オススメのハウスメーカーは?

しかし、平屋の建築にはメーカーによって得意・不得意があります。

 

建てるのであれば、優れた技術力があり実績豊富なメーカーを選ぶべき。

 

徹底的にデザインにこだわって豪邸を建てたいという場合は、「アーネストアーキテクツ」の施工実績を眺めてみましょう。

 

アーネストアーキテクツ株式会社 公式サイト
http://earnest-arch.jp/gallery/lp03.html

 

高級住宅の設計を専門とする設計事務所ということで、「豪邸」のイメージを膨らませてくれる実例が満載です。

 

また、有名どころだと、なんといっても住友林業でしょう。

 

住友林業の家 グランドライフ テラススタイル
https://sfc.jp/ie/lineup/grandlife/terracestyle/

 

ウッドデッキで庭とつながるテラスリビングを推していますが、そんなことができるのも敷地面積に余裕があればこそのこと。

 

「坪単価100万円」という情報もありますし、やはり経済的に余裕がなければ建てられない商品です。

 

しかし、生活導線や片付けの効率まで考えられている設計は、「広過ぎる」「片付けられない」という平屋×豪邸ならではのデメリットをうまく解消してくれることでしょう。

 

具体的な外観事例やオーナーさんの声についてはこちらのサイトで丁寧にまとめられていますので合わせてチェックしてみてくださいね。

 

⇒ 最高の平屋づくり 「住友林業の平屋【グランドライフ】の外観が人気!特徴や実例まとめ」

 

また、他メーカーで「豪邸」の風情を味わうことができる平屋というと、以下のような商品が候補に挙がるでしょう。

 

ダイワハウス  45~85万円/坪
  • xevoΣ 平屋暮らし
  • xevo GranWood 平屋暮らし

 

積水ハウス 55~85万円/坪
  • 里楽
  • 平屋の季

 

三井ホーム 60~85万円/坪
  • WESTWOOD
  • MoreStory

 

一条工務店 60~75万円/坪
  • SAISON
  • 百年
  • i-smart
  • i-cube
  • Brillart

 

ミサワホーム 70~80万円/坪
  • Grranlink HIRIYA
  • SMART STYLE「A」 HIRAYA
  • MJ Mood HIRAYA

 

特に、ミサワホームのMJ Mood HIRAYAは日本家屋の伝統的な工法である「木造軸組工法」を用いた平屋住宅で、「豪邸」と呼ぶにふさわしい佇まいです。

 

平屋×豪邸を建てる場合の相場は、いずれも80万円~85万円/坪といったところ。

 

100万円/坪超えもザラなので、やはり平屋×豪邸はお金持ちの象徴のような家ということになりますね。

 

費用を押さえて「豪邸」に見せるテクニック

ただ、坪単価を押さえたローコストな平屋であっても工夫次第で「豪邸」に見せることは可能です。

 

鍵を握るのは、外構。

 

例えばこちらの外構Before & Afterを参考にしてみると、建物自体は全く同じなのに外構へのこだわり方によって印象は全く違ったものになります。

 

BROOK 

 

BROOK 平屋と外構(ビフォーアフター)
https://www.brook-akita.com/matome/flat-house/

 

左側の外観ビフォーのほうは、良く言えば「シンプル」「ミニマム」な外観ですが、見方を変えればちょっと寂しい感じ、もっと言えば貧相に見えてしまいますよね。

 

一方、右側のアフターはシンプルながらも温かみの感じられる外構。

 

こうして見比べてみると、ウッドデッキのカラーはちょっと濃いめのほうが重厚感&高級感が増しますし、家の前の砂利の整備は必須。

 

シンボルツリーは、それほど大きなものでなくとも1本あるだけで建物全体が友好的な印象になります。

 

木は様々な生物が集う憩いの場であり、風水的な観点から見れば成長や発展を象徴するものでもあるのです。

 

この施工事例を手掛けたメーカーさん(秋田のBROOK)も書いているように、外構は決して疎かにはできない部分。

 

外構にちょっとこだわることで平屋の良さ(横方向の伸びやかさ等)は驚くほど引き立てられますし、シンプルな平屋であってもご覧の通り「豪邸感」が増します。

 

家はとことん「シンプル」「ミニマム」にこだわり、家具や外構に徹底的にこだわってみるというのも贅沢な建て方と言えるでしょう。

 

「金持ち自慢」じゃダメ!オシャレじゃなくちゃ意味がない

かつては、「豪華な家」「贅沢な家」はステータスの象徴のようなものでした。

 

しかし、今は違います。

 

「持たない暮らし」「飾らない暮らし」「必要最小限のミニマムな暮らし」こそが最高の贅沢だという風潮がある時代ですから、家もまた「飾れば良い」「盛れば良い」というわけにはいきません。

 

時代に逆行して無駄にゴージャスな家を建てても、「金持ち自慢だ」と陰口を叩かれるだけ。

 

豪邸である以前に、「おしゃれであること」「センス良く見えること」を意識する必要があるのです。

 

控えめ程度に高見えして、オシャレで、周りから見て「いいなあ」と憧れの対象になるような平屋。

 

とても難易度が高そうに思えますが、デザインに迷ったらこんなサイトを参考にしてみると良いでしょう。

 

⇒ 重量木骨の家 【実例紹介】平屋がおしゃれになる重要な6つの視点!失敗しない間取りを徹底解説!

 

オシャレな平屋の作り方について、外観、間取り、内装・・・と細かくアドバイスしてくれてあるコラムです。

 

個人的に参考になったのは、窓の大きさや数のバランスですね。

 

平屋は2階建てや3階建てに比べて窓に目が行きやすいので、サッシ周りのデザインやカーテン、ブライドの選び方には気を配りたいところです。

 

窓が大きいとゴージャスに見えますが、今度は外からの目線が気になったりしますよね。

 

それなら、あえて外側にはあまり大きな窓をつけず、ロの字やコの字型の家にして中庭を作れば良いのです。

 

全ての部屋から中庭にアクセスできるこの大きな窓がある間取りは、家族のつながりを深めてくれそう。

 

ライフスタイルにもオシャレ感や豊かさをプラスしてくれる間取り例だなと感じます。

 

このコラムは間取りの失敗例なども掲載されていますので、これから家を建てる方にとっては非常に参考になるでしょう。

 

平屋建ての設計については、こちらの記事でも紹介していますので合わせてチェックしてみてくださいね。

 

⇒ じっくりと、平屋建ての設計は慎重に!

 

お金持ちほど、豪邸を手放す理由

一方で、ゴージャスな平屋×豪邸を手放す動きも出てきています。

 

その苦悩についてはこちらのサイトで詳しく紹介されていますが、まずは「メンテナンス」「維持費」の問題が挙げられるでしょう。

 

 ⇒ 講談社 週間現代 「大金持ちが大豪邸を「手放す理由」~庶民には分からない苦悩がある」

 

子供たちが巣立っていった後に残された老夫婦にとって、2階建てというのは「メンテナンスの手間」という観点からいって無用の長物に他なりません。

 

日々の掃除だけでもいっぱいいっぱいなのに、プールがあったりするとそのカビ対策にもかなりの労力や費用がかかるでしょう。

 

また、自然災害の脅威を前にして「こんな豪邸は必要なかったと感じた」といった声もあります。

 

「年を取ったら、すべてが手の届く範囲にあるようなコンパクトな暮らしが良い」

 

「住宅の維持管理にお金をかけるよりも、日々の食事や家族との時間にお金をかけたい」

 

そんな思いで、豪邸を手放してマンションに住み替える方も少なくないのです。

 

子供が家を相続する際の税金のことも考え、「なるべく早めに売ってしまいたい」と、終活の一環で住宅の売買&住み替えを急いでいる方もいます。

 

が、無駄にゴージャスな豪邸は買い手がなかなかつかず売却にも苦労する傾向があるんですよ。

 

そもそも、グローバル化が進んだことで、一拠点に定住していてはチャンスをつかめないかもしれない時代。

 

家を持つことそのものについても本当に必要なのかどうかを見極める必要があるのではないでしょうか。

 

【まとめ】豪邸は本当に必要か?目的を問い直すことも大事

平屋×豪邸を建てる場合のポイントについて振り返ってみると、

 

  • 「豪邸」の定義は様々で正解がない
  • ポイントは「生活空間+αのゆとり」があること
  • 平屋人気の背景には少子高齢化の影響がある
  • 平屋×豪邸なら住友林業の「グランドライフ」がオススメ
  • 外構にこだわることで、シンプルな家をリッチに見せることができる
  • 本当のお金持ちはあえて「豪邸」にこだわらない

 

ステイタスの象徴のように思われる「豪邸」ですが、イマドキのお金持ちはあえてゴージャスな一軒家にこだわらない傾向があるようです。

 

多くの物、お金、人に囲まれて過ごしたその先にあるのは、物質的なものでは満たされない心の空間なのかもしれません。

 

豪邸に住むことでその空間を拡大させることになるのだとしたら、ゴージャスな邸宅は必要ありませんよね。

 

マイホームを持つ意味、目的、その先にあるもの・・・そういった家づくりの“根本”について改めて問い直してみることも大事です。

読者から頂いた感想

豪邸となるとどれくらいの広さがあるんでしょうね。(30代 男性 )

たくさんのものが溢れていた時代から、自分に必要な物だけをもってシンプルな生活をするスタイルの時代になってきているのも影響しているのかなと思います。

 

しかし、2階建てを平屋建てにしたからといって、費用が安くなるわけではないんですよね。

 

その辺もやっぱり、ニーズが移り変わってるのを感じられるポイントです。

 

優雅に過ごすために平屋で豪邸を建てるの最高の贅沢ですね。

 

2階建てよりも天井高をとれますし、開放感のあるフラットな空間で、ゆったりとすごしてみたいものです。

 

それにしてもどのくらいの広さになれば豪邸といえるんでしょう。

 

豪邸と言われると、なんだかものすごい想像をしてしまいます。。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

高級住宅を建てたい
高級な家を建てたいと考えていますが、そもそも高級住宅って、どんなものなのかわかっていませんでした。そのため、どういった創りや間取りであれば、そのような家になるのか。他の人の例を参考にしながらまとめてみました。
相場はどのくらい?
家を建てるなら、老後のことも考えて平屋建てが良いと思っています。土地の広さなどを考えるとなかなか難しい気もしますが、もし平屋建てにするなら大体どのくらいの価格になるのでしょうか?まずは相場を調べてみようと思います。
平屋を格安で建てることなんてできるのか?
平屋建ての家でのんびり暮らしたいという憧れがふつふつと沸き起こっています。家族構成も、人数が少なければ狭くてもそれなりに快適に暮らせるのではないかと思います。いったいどれくらいのコストで家を建てられるのでしょうか。
500万で建てる
家を建てるとなると、やはりかなり高額になると思うのですが、最近はローコスト住宅という言葉を目にする機会も増えてきました。ハウスメーカーの情報を見てみると、予想以上に低価格のことがあるので、どんな家になるのかと興味津々です。
坪単価はいくら?
家を建てるとなった場合、都心部に建てるか郊外に建てるかなどで条件は変わりますが、いったいどのくらいの価格になるのでしょうか?自分の住む場所のおよその坪単価が分かっていれば、比較もしやすくなるかもしれません。
1000万で建てる
家は高い買い物ですから、購入前にしっかりと細かい部分まで検討しておきたいですよね。それに、できるだけ安く抑えることができれば尚良いと思います。品質を下げずに満足のいく家を建てることはできるのでしょうか?
建築費について
家を建てるとき、平屋建てにするか二階建てにするかというのも考えるポイントだと思いますが、コストはどのくらい変わるのかを調べてみると、思ったより差はないようですね。要不要にもよるでしょうが、そこで平屋建てにするという決断は、けっこうリッチな気がしますね。
耐震性を考える
日本は昔から地震の多い国だというイメージがありますが、最近になってますます地震への対策が重要視されてきている気がします。地震に強い家に住みたいものですが、実際にはどんな家がより安全なのか見直してみようと思います。
木造の坪単価
いざ家を建てるとなったとき、どんな家にするか決めるのは、とても重要な部分ですよね。土地の広さや環境、家族構成などで必要なものは変わってくるでしょうし、いくらくらいで建てられるのかも忘れてはならないポイントです。
設計は慎重に
家の間取りを決める作業は、楽しいながらも大変な労力が必要になりますよね。はっきりとしたビジョンが描けていればまだ良いのですが、何が必要かなどを選択する場合、よく分からないこともあります。まずはいろいろな間取りを見てみるのも勉強になるかもしれませんね。
スプリンクラーをつける
料理をしているときも寝ているときも、火災の心配は日々つきものです。火災にならないのに越したことはないのですが、万が一の場合に備えてスプリンクラーを設置してみるのも良いかもしれません。少しでも安心材料は増やしておきたいですね。
防犯対策をしよう
お隣さんに誰が住んでいるか分からなくなってきた昨今の都会では、防犯対策がとても重要になってきます。つい、事が起きなければ安易に考えてしまいがちですが、やはり建築時からしっかりと対策を講じておく必要がありますね。安価なものから効果なものまで様々ですから、状況に合ったものを選んでいきましょう。
1000万以下で建てられる?
テレビでは戸建てが500万円台で建ちます!なんてCMをやっていますが、本当でしょうか?私の周りでは1000万以下では無理だという話ですが・・・。2階を作らなくても半分にはなりませんよね。何がどう違ってそんな風に安く家が建てられるのかそのからくりが知りたいですね。
700万で建てる
家を建てる時の目安になるのが坪単価ですが、モデルハウスなどで素敵だなと思って聞いてみるとだいたい坪単価が70万とか80万という返答が帰ってきます。高いです。700万だと10坪の家しか建たないということになりますものね。いくら質がよくても10坪ではねぇ。。。平均的には50万ぐらいと言われているようです。
800万で建てる
今は、頭金がなくても家が建ちます。などという宣伝文句がよく聞かれます。そして家自体も500万円台からと言う時代です。800万もあればかなりよい家が建つと言うことなのでしょうか。私たちの常識では考えられないような事ですが、それがほんとうならよい時代になりましたね。
900万円で建てる
今住んでいる築30年越えのマンションが900万で売却できるというので、それを元手に少し田舎に引っ込んで家を建てようかと思います。今のマンションは4階建てで階段がないのです。これから年を重ねていくと階段はしんどくなると言うのは目に見えていますからね。それにバリアフリーの点も考慮して一大決心です。
コストダウンの方法
家を建てるとなると色々希望が増えて予算をオーバーすることがよくありますね。そんな時どこでコストダウンするかが問題になります。躯体は当然対象外です。備品や設備が一番見直ししやすいところかも知れません。また、2階を作らないというのも一つの案かも知れません。
総工費の内訳を見てみよう!
当初我が家の新築の予算は総工費2000万でした。それが、実際にはまず今まで父が住んでいた古い家の解体費が思った以上に高かったこと。それに土地の調査で地盤が弱いことが解り補強工事が必要になり、ここでも思わぬ出費。家の設計図が出来る前に既にこんな感じで先行きが不安です。
減築リフォームのメリット
このところ終の棲家と言う言葉も定着して来たように思いますが、それに伴って減築リフォームも増えているようです。特に階段を使う2階部分は要らないと言うのが多いのではないでしょうか?当然維持費は安くなりますし、バリヤフリーのメリットも最大限に活かせます。また、耐震性能も上がるとのこと良いことがいっぱいですね。
平屋新築一戸建ての予算は?平屋の予算、驚くべき事実に遭遇!!
子供達もそれぞれが家庭を持ち、家も購入しているので、私たち夫婦が暮らすには現在の二階建ての家は大きすぎます。そこで今、終の棲家としてローコストでの建て替えを考えているところです。必要な条件を満たした上で、どこまでコストを削減できるかそれも楽しみの一つです。
超ローコスト住宅で平屋は建つの?カラクリとリスクを確認!
超ロースト住宅ってどうなの?口コミ評判が気になる!
超ローコスト住宅のランキングをチェック!安さの秘密とは?
ローコスト住宅はナゼ安い?間取りに隠された秘密
超ローコスト住宅ってどんなん?間取り実例をチェック!
まさかの500万円台から!?超ローコスト住宅がアツい
ローコスト住宅の比較で見えてくるもの。建てるならどこで?
そのローコスト住宅は大丈夫?安全性と安さは両立できる?
福岡で納得のいくローコスト住宅を。人気の3社を厳選!
ローコスト住宅でも譲れない夢はある!大阪で建てるなら?
茨城県でローコスト住宅を建てるなら?人気業者をチェック!
埼玉で自慢のローコスト住宅を建てるには?厳選メーカー3社
愛知のローコスト住宅はコスパが命!借りるより買っちゃお!
沖縄で台風に負けないローコスト住宅を!信頼のメーカー選び
青森で風雪に負けない家造り!実績豊富なローコスト住宅は?
ローコスト住宅でも秋田のキビシイ冬は越せる!人気業者3選
石川県の冬を快適に!ローコスト住宅を建てるならどこで?
ローコスト住宅で家族は守れる?岩手で家を建てるなら
愉快な街、宇都宮で愉快な新居!人気のローコスト住宅は?
住みやすい町、江戸川区でローコスト住宅!人気の業者は?
愛媛県でコスパ重視のローコスト住宅を!満足度が高いのは?
大分で本気のローコスト住宅探し。家族を守れる家を目指して
無駄も不足もないローコスト住宅を岡山で!オススメ業者3選
鹿児島で、自然と仲良くなれる家を!ローコスト住宅3選
香川県のローコスト住宅選び!安いけど味のある家が欲しい!
京都で今っぽいローコスト住宅ってアリなの?注目の業者3選
熊本でオススメの7社をご紹介!天災に負けない家づくり
高知でローコスト住宅を建てるなら?家に求める新しいカタチ
神奈川県のローコスト住宅は個性派ぞろい!
スペースを生かす!収納アイデア