超ローコスト住宅 500 万

MENU

まさかの500万円台から!?超ローコスト住宅がアツい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

「老後は、コンパクトな平屋でシンプルな暮らしを」

 

・・・そのように考える方が増えたことで、住宅の選び方基準も変化しつつあります。

 

総額500万円~1000万円の超ローコスト住宅のニーズが増えたことも、その変化と無関係ではないはず。

 

ここでは、超ローコスト住宅のメリットやデメリット、費用相場を踏まえ、建てる場合に意識すべき注意点について見ていきましょう。

 

家がステイタスの象徴だった時代は、今は昔。

 

お金がある人ほど生活がシンプルになっている昨今では、住宅に求めるものも様変わりしているようです。

 

超ローコスト住宅。気になる相場は?

一般的に、「ローコスト住宅」というと坪単価30万円~50万円ほどで建てられる家のことをいいます。

 

大手のメーカーだと坪単価70万円、80万円もザラですから、50万円/坪以下で家が建てられるというのは確かにお得ですよね。

 

ですが、最近はそれよりもっと安い「超ローコスト住宅」も登場!

 

価格は20万円台/坪も可能だというからビックリです。

 

総額でいうと、25坪の家なら単純に計算して500万円でマイホームが手に入るわけですよ。

 

この「500万円」というのは、超ローコスト住宅を語る上での一つの指標となる数字と言えるでしょう。

 

500万円といえば、ベンツやアウディといった高級車も夢じゃない金額です。

 

旅行なら、世界一周も夢ではないでしょう。

 

家買うか、車買うか?旅行するか?と迷ったら、みなさんならどれを選びます?

 

そもそも、なんでそんなに安いの?

でも、もしかしたら一生住むかもしれないマイホームがあまりにも安過ぎるというのも不安じゃありませんか?

 

車で500万円なら高級車ですが、家だとローコスト。

 

やっぱり、「粗悪な建材を使われるんじゃないか」「どこか手抜き工事されるんじゃないか」と心配になってしまいます。

 

そうじゃないならナゼそんなに安いのか。

 

その理由としては、コチラのサイトにもあるようにこんなコトが考えられます。

 

ニフティ不動産 住まい探しコラム ローコスト住宅はなぜ安い?
https://myhome.nifty.com/column/ikkodate/180819260927/

 

  • 材料(建材や設備)を大量仕入れしている。
  • 間取りをシンプルにすることで、コストダウンできる。
  • 宣伝広告費を削ることで、余分なコストを削減している。

 

逆に言えば、これらの条件を満たせる業者でなければ超ローコスト住宅は建てられないということ。

 

宣伝広告をバンバン打ってる大手メーカーだと、ちょっと難しいかも~・・・ということになりますね。(大手は宣伝にも大物タレントを起用しているのでコストダウンが難しい)

 

じゃあ、どんなメーカーがあるの?

それなら、具体的にどんなメーカーだったら超ローコスト住宅の建築が可能なのか。

 

一般的には、「知名度の高いハウスメーカーよりも地元密着の工務店が安い」と言われています。

 

全国規模で有名な大手メーカーでは無理なコトでも、地元密着型の中小メーカーや工務店なら不可能を可能にしてくれるかもしれませんよ。

 

例えば、熊本の「ヒラキハウジング」。

 

「建つんです500」というそのままズバリなネーミングの商品があり、本当に500万円で家が建つんですって!

 

ヒラキハウジング 建つんです500 詳細
https://www.hiraki-h.com/500/

 

大型の台風が上陸した際、屋根の改修を依頼したお客様からの一言がキッカケで生まれた商品なんだとか。

 

超ローコスト住宅ではありますが、標準装備としてこんな設備を備えています。

 

  • ベタ基礎
  • プラ束(防腐対策)
  • システムキッチン(タカラ。カラーは5色展開)
  • システムバス(タカラ。カラダ―は3色。ホーロー壁パネル)
  • トイレ(INAX カラーは5色)
  • 電気温水器
  • 化粧洗面台(タカラ)
  • 陶器瓦(カラーは4色。塗り替え不要)
  • IHクッキングヒーター(2口IH グリルつき)
  • 外壁はサイディング通気工法
  • サッシ、玄関ドア(トステム)
  • 木製建具、クローゼット ドアフロア材(ノダ)
  • オール電化
  • 照明器具(玄関ポーチ、廊下、洗面所、浴室、トイレ、台所手元灯)
  • 電気工事
  • 給排水工事(建物1m以内)

 

500万円でオール電化までついてくるなんて豪華!

 

超ローコスト住宅を建てる場合のメーカー選びのポイントについてはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。
超ローコスト住宅のランキングをチェック!安さの秘密とは?

 

よく聞く「タマホーム」は超ローコスト住宅ではないの?

上記のヒラキハウジングのように、みなさんのお近くでも超ローコスト住宅を謳い文句にしているメーカーがきっと一社はあるはずです。

 

さて、ここで「タマホーム」とか「アイフルホーム」とか「アイダ設計」とかは超ローコスト住宅ではないの?と疑問を持つ方もいることでしょう。

 

確かに、いずれも「ローコスト」で知られているメーカーですが、坪単価30万円台~の謳い文句ですから「超ローコスト」には分類できません。

 

また、例えばタマホームのローコスト住宅である「大安心の家」などは、家本体だけなら500万円台で建てられそうですが各種設備を含めると1000万円がザラとのこと。

 

タマホーム 大安心の家 詳細
http://www.tamahome.jp/products/lineup/

 

アイフルホームも、なんだかんだで1000万円を超えてしまうことも多いようなので、「500万円ポッキリ」の超ローコスト住宅を希望している方にはあまりオススメできないメーカーと言えます。

 

たとえば、アイフルホームの「i-Prime7」は「700万円で建てられる」ということで超ローコスト住宅のように思われますが、実際の総額は「1200万円超えだった」という声もありますので、軽く2倍ですよね・・・。

 

それでも市場全体から見れば安いに違いはありませんが、「500万円ならキャッシュで払えるけど、1000万円を超えるとなるとやっぱりローンだな」という方も多いはず。

 

その「1000万円の壁」って実はものすごく高くてカタイ壁なのです!

 

こちらのサイトでも詳しく解説していますが、超ローコスト住宅をご希望の場合は、「坪単価には何が含まれていて、何が含まれていないのか」をしっかり確認することが大切ですね。

 

SUUMO 坪単価って何?一級建築士が解説
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chumon/c_knowhow/tsubotankatoha/

 

どんな家が建てられる?超ローコスト住宅の間取りにフォーカス!

せっかくのマイホームですから、金額のことばかり気にしていてもつまらないでしょう。

 

限られた予算内でどんな家が作れるのか、どんな暮らしを実現できるのか。

 

その具体的な間取りが気になりますよね。

 

例えば、さきほども例に出した「建つんです500」の間取り実例は、ごくごくシンプルな2LDKの平屋。

 

ヒラキハウジング 建つんです500 間取り例
https://www.hiraki-h.com/500/

 

LDK(12帖)、その隣に和室(6帖)、洋室(6帖)という構成になっています。

 

パッと見たところ、個人的な感想としては今どきの新築マイホームには必ずついているといっても過言ではないウォークインクローゼットがないのが残念ポイント。

 

各部屋に1帖分の収納があるだけなので、物が多いファミリーだとちょっと厳しい間取りかもしれません。

 

でも、物を増やさない生活を心掛ければそれほど手狭にも感じないはず。

 

コンパクトな賃貸物件から一軒家にお引越しすると物が増えがちですが、こんな感じの超ローコスト住宅ならその心配はなさそうですね。

 

もともと、「建つんです500」は「老後に借家に出せる家」をコンセプトに開発した商品だったということなので、あえて収納も最小限に、コンパクトに!ということなのかもしれませんね。

 

 

一方、栃木県のシセイハウジングでも超ローコスト平屋住宅の販売に注力を入れていて間取り実例が豊富。

 

こちらはもっとコンパクトで、1LDKの平屋をメインで紹介しています。

 

子供が独立した後の建て替えを検討中なら、思い切ってそこまでシンプルでもいいかもしれませんね。

 

 

他にも、参考になりそうな間取り実例は色々あります。 ⇒ 超ローコスト住宅ってどんなん?間取り実例をチェック!

 

このように、超ローコスト住宅の施工事例に共通していているのは、徹底的に無駄をそぎ落としたシンプルでミニマムな外観&間取り。

 

家を持つこと、マイホームを建てることの目的さえブレなければ、500万円でも家が建てられるんだ!と、大切なことに気づかせてくれます。

 

500万円の超ローコスト住宅を建てるということは、家造りの本質に挑戦すること。

 

そして「暮らすこと」「生きること」を根本から見直して自分なりの答えを導き出すことなのかもしれませんね。

 

一番気になる!実際に住んでみた感想は?

「でもさ、そこまでコンパクトだとせせこましくて気持ちまで萎縮してしまうんじゃないの?」

 

・・・大きな家で暮らすことに慣れている方だとそんな心配もあるかもしれません。

 

が、実際にシンプルな超ローコスト住宅に住み替えた方の感想を参考にしてみると、

 

  • 「余計な物を溜め込まなくなって生活がシンプルになった」
  • 「歳をとってからはシンプルな平屋のほうがラク」
  • 「価格的にも安心」
  • 「間取りやデザインにクセがない物件が多いから、将来的に貸家として収入源にもなる」

 

といった声が聞かれ、おおむね満足している方が多いという印象です。

 

超ローコスト住宅ですからドでかい家は無理ですが、庭があって適度に解放感のある家を建てることは十分に可能!

 

ただ、コンパクトな分だけ夫婦のプライベートを確保しにくいという問題が出てくるんじゃないかな?とも思うので、その点は間取りの工夫が必要ですね。

 

また、断熱性能や換気システムが「お値段なり」という点に不満を抱く方も多いです。

 

この問題はのちのちの健康問題にもつながっていくものですから、超ローコスト住宅を建てるのであれば断熱材や換気システムにもついてもしっかり勉強を!

 

コンパクトな超ローコスト住宅だからこそ、住宅関係の知識がしっかり身に着いていないと購入は危険だなと感じました。

 

こちらのサイトにもあるように、「断熱性」という観点をメインで考えれば、500万円で建てられる家よりも省エネ化された2000万円超えの家のほうが本当の意味で超ローコスト住宅と言えるのかもしれませんよ。

 

住ま居る 本当のローコスト住宅の見極め方
https://t-smile.co.jp/real_lowcost_house-10674.html

 

【まとめ】「安かろう、良かろう」な家造りを叶えるために

500万円でマイホームを持つのも夢ではない時代。

 

リーズナブルな価格でマイホームを手に入れられるのは、嬉しい反面、「安かろう、悪かろうなんじゃないか?」という不安もついてまわります。

 

長期的な目で見て「やっぱり建てて良かった!」と思えるように、ここで紹介したポイントを押さえておきましょう。

 

  • 超ローコスト住宅は20万円/坪でも建てられる家
  • 安く建てるなら、知名度の高い大手メーカーよりも地元密着系の工務店が有利
  • 熊本の「ヒラキハウジング」が手掛ける「建つんです500」は超ローコスト住宅の好例
  • コストを抑えて建てるからこそ、家を建てる目的を明確にしておくことが大事
  • 安かろう悪かろうの住宅では、省エネ性能もイマイチでかえって高くつく

 

価格を抑えても、満足度の高い家は建てられます。

 

ぜひ、大手だけではなく地元の小さな工務店にも足を運び、いろんな事例を自分の目で見て「この家を建てたい!」と思えるベストな住宅を見つけてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

豪邸に住みたい!
さまざまなタイプの家を見てみて、やはり平屋建ての広い家というのがいちばんの贅沢かなと思います。広々とした平屋建てということは、それなりの広さの土地がないとまず不可能ですので、まずは土地から探さなければいけませんね。
高級住宅を建てたい
高級な家を建てたいと考えていますが、そもそも高級住宅って、どんなものなのかわかっていませんでした。そのため、どういった創りや間取りであれば、そのような家になるのか。他の人の例を参考にしながらまとめてみました。
相場はどのくらい?
家を建てるなら、老後のことも考えて平屋建てが良いと思っています。土地の広さなどを考えるとなかなか難しい気もしますが、もし平屋建てにするなら大体どのくらいの価格になるのでしょうか?まずは相場を調べてみようと思います。
平屋を格安で建てることなんてできるのか?
平屋建ての家でのんびり暮らしたいという憧れがふつふつと沸き起こっています。家族構成も、人数が少なければ狭くてもそれなりに快適に暮らせるのではないかと思います。いったいどれくらいのコストで家を建てられるのでしょうか。
500万で建てる
家を建てるとなると、やはりかなり高額になると思うのですが、最近はローコスト住宅という言葉を目にする機会も増えてきました。ハウスメーカーの情報を見てみると、予想以上に低価格のことがあるので、どんな家になるのかと興味津々です。
坪単価はいくら?
家を建てるとなった場合、都心部に建てるか郊外に建てるかなどで条件は変わりますが、いったいどのくらいの価格になるのでしょうか?自分の住む場所のおよその坪単価が分かっていれば、比較もしやすくなるかもしれません。
1000万で建てる
家は高い買い物ですから、購入前にしっかりと細かい部分まで検討しておきたいですよね。それに、できるだけ安く抑えることができれば尚良いと思います。品質を下げずに満足のいく家を建てることはできるのでしょうか?
建築費について
家を建てるとき、平屋建てにするか二階建てにするかというのも考えるポイントだと思いますが、コストはどのくらい変わるのかを調べてみると、思ったより差はないようですね。要不要にもよるでしょうが、そこで平屋建てにするという決断は、けっこうリッチな気がしますね。
耐震性を考える
日本は昔から地震の多い国だというイメージがありますが、最近になってますます地震への対策が重要視されてきている気がします。地震に強い家に住みたいものですが、実際にはどんな家がより安全なのか見直してみようと思います。
木造の坪単価
いざ家を建てるとなったとき、どんな家にするか決めるのは、とても重要な部分ですよね。土地の広さや環境、家族構成などで必要なものは変わってくるでしょうし、いくらくらいで建てられるのかも忘れてはならないポイントです。
設計は慎重に
家の間取りを決める作業は、楽しいながらも大変な労力が必要になりますよね。はっきりとしたビジョンが描けていればまだ良いのですが、何が必要かなどを選択する場合、よく分からないこともあります。まずはいろいろな間取りを見てみるのも勉強になるかもしれませんね。
スプリンクラーをつける
料理をしているときも寝ているときも、火災の心配は日々つきものです。火災にならないのに越したことはないのですが、万が一の場合に備えてスプリンクラーを設置してみるのも良いかもしれません。少しでも安心材料は増やしておきたいですね。
防犯対策をしよう
お隣さんに誰が住んでいるか分からなくなってきた昨今の都会では、防犯対策がとても重要になってきます。つい、事が起きなければ安易に考えてしまいがちですが、やはり建築時からしっかりと対策を講じておく必要がありますね。安価なものから効果なものまで様々ですから、状況に合ったものを選んでいきましょう。
1000万以下で建てられる?
テレビでは戸建てが500万円台で建ちます!なんてCMをやっていますが、本当でしょうか?私の周りでは1000万以下では無理だという話ですが・・・。2階を作らなくても半分にはなりませんよね。何がどう違ってそんな風に安く家が建てられるのかそのからくりが知りたいですね。
700万で建てる
家を建てる時の目安になるのが坪単価ですが、モデルハウスなどで素敵だなと思って聞いてみるとだいたい坪単価が70万とか80万という返答が帰ってきます。高いです。700万だと10坪の家しか建たないということになりますものね。いくら質がよくても10坪ではねぇ。。。平均的には50万ぐらいと言われているようです。
800万で建てる
今は、頭金がなくても家が建ちます。などという宣伝文句がよく聞かれます。そして家自体も500万円台からと言う時代です。800万もあればかなりよい家が建つと言うことなのでしょうか。私たちの常識では考えられないような事ですが、それがほんとうならよい時代になりましたね。
900万円で建てる
今住んでいる築30年越えのマンションが900万で売却できるというので、それを元手に少し田舎に引っ込んで家を建てようかと思います。今のマンションは4階建てで階段がないのです。これから年を重ねていくと階段はしんどくなると言うのは目に見えていますからね。それにバリアフリーの点も考慮して一大決心です。
コストダウンの方法
家を建てるとなると色々希望が増えて予算をオーバーすることがよくありますね。そんな時どこでコストダウンするかが問題になります。躯体は当然対象外です。備品や設備が一番見直ししやすいところかも知れません。また、2階を作らないというのも一つの案かも知れません。
総工費の内訳を見てみよう!
当初我が家の新築の予算は総工費2000万でした。それが、実際にはまず今まで父が住んでいた古い家の解体費が思った以上に高かったこと。それに土地の調査で地盤が弱いことが解り補強工事が必要になり、ここでも思わぬ出費。家の設計図が出来る前に既にこんな感じで先行きが不安です。
減築リフォームのメリット
このところ終の棲家と言う言葉も定着して来たように思いますが、それに伴って減築リフォームも増えているようです。特に階段を使う2階部分は要らないと言うのが多いのではないでしょうか?当然維持費は安くなりますし、バリヤフリーのメリットも最大限に活かせます。また、耐震性能も上がるとのこと良いことがいっぱいですね。
平屋新築一戸建ての予算は?平屋の予算、驚くべき事実に遭遇!!
子供達もそれぞれが家庭を持ち、家も購入しているので、私たち夫婦が暮らすには現在の二階建ての家は大きすぎます。そこで今、終の棲家としてローコストでの建て替えを考えているところです。必要な条件を満たした上で、どこまでコストを削減できるかそれも楽しみの一つです。
超ローコスト住宅で平屋は建つの?カラクリとリスクを確認!
超ロースト住宅ってどうなの?口コミ評判が気になる!
超ローコスト住宅のランキングをチェック!安さの秘密とは?
ローコスト住宅はナゼ安い?間取りに隠された秘密
超ローコスト住宅ってどんなん?間取り実例をチェック!
ローコスト住宅の比較で見えてくるもの。建てるならどこで?
そのローコスト住宅は大丈夫?安全性と安さは両立できる?
福岡で納得のいくローコスト住宅を。人気の3社を厳選!
ローコスト住宅でも譲れない夢はある!大阪で建てるなら?
茨城県でローコスト住宅を建てるなら?人気業者をチェック!
埼玉で自慢のローコスト住宅を建てるには?厳選メーカー3社
愛知のローコスト住宅はコスパが命!借りるより買っちゃお!
沖縄で台風に負けないローコスト住宅を!信頼のメーカー選び
青森で風雪に負けない家造り!実績豊富なローコスト住宅は?
ローコスト住宅でも秋田のキビシイ冬は越せる!人気業者3選
石川県の冬を快適に!ローコスト住宅を建てるならどこで?
ローコスト住宅で家族は守れる?岩手で家を建てるなら
愉快な街、宇都宮で愉快な新居!人気のローコスト住宅は?
住みやすい町、江戸川区でローコスト住宅!人気の業者は?
愛媛県でコスパ重視のローコスト住宅を!満足度が高いのは?
大分で本気のローコスト住宅探し。家族を守れる家を目指して
無駄も不足もないローコスト住宅を岡山で!オススメ業者3選
鹿児島で、自然と仲良くなれる家を!ローコスト住宅3選
香川県のローコスト住宅選び!安いけど味のある家が欲しい!
京都で今っぽいローコスト住宅ってアリなの?注目の業者3選
熊本でオススメの7社をご紹介!天災に負けない家づくり
高知でローコスト住宅を建てるなら?家に求める新しいカタチ
神奈川県のローコスト住宅は個性派ぞろい!