ミサワホーム メンテナンス費用

MENU

ミサワホームの保証とメンテナンス費用。大手の実力を見よ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マイホームを持つということは、10年、20年、30年・・・と手をかけてその家を守っていく義務を背負うということです。

 

当然、メンテナンス費用はタダではない!

 

使用する部材のグレードや工法、保証制度によっても金額は違ってきます。

 

ここでは、ミサワホームのメンテナンス費用についてご紹介します。

建てる時にあまりにも安過ぎる家は、補修の繰り返しでかえって高くつく!ということにもなりかねません。

 

では、ローコストでもなく高級住宅でもないミサワホームの家のメンテナンス費用はどのくらいになるのでしょうか?

 

念願のマイホーム!「建てて終わり」ではないという現実・・・

私は、正直、マイホームを建てることについて積極的なほうではありません。

 

なぜかと言うと、ある意味では「人生のお荷物」になると思うからです。

 

ローコスト住宅にしても高級住宅にしても、その人にとって「今はこれが精いっぱい」というレベルの大金(実際はローンですが)を支払って、家を建てるわけですよね。

 

それだけでも大きな負担なのに、10年、20年・・・と住み続ければあちらこちらと修繕も必要になってくるでしょう。

 

そのメンテナンス費用も、数万円で済めばラッキーですが実際は数百万円になるという話も聞きます。

 

せっかくローンの支払いが終わった!と思ったのに、リフォームに建て替えに・・・と新たな出費も出てくるでしょう。

 

建築費とは別に、一体どのくらいのメンテナンス費用がかかるのか?

 

メーカーによって使用している建材や工法が違いますから、当然、その費用にも差が出てくるはず。

 

ミサワホームの場合はどのくらいになるのでしょうか。

 

ミサワホームのメンテナンス費用はどのくらい?

メンテナンス費用は、その工事を行う「時期」によっても金額に幅があります。

 

参考までに、ミサワホームイングのHPに掲載されているメンテナンス・スケジュールを紹介しましょう。

 

例えば、屋根の塗り替え。

 

新築から10年くらいまでであれば50万円程度の部分的な塗り替えで済みますが、25年を超えると100~150万円の葺き替えが必要になってきます。

 

外壁も、目地のコーキング打ち換え&塗装であれば100万円~120万円ですが、全面的な張替だと200万円~300万円まで跳ね上がります。

 

他のパーツについても、築年数が上がればそれだけメンテナンス費用も高くなると思って間違いないでしょう。(※一部、例外もあります。)

 

壁紙クロス張替え

0.15万円~0.25万円/m2(築年数によらず一定)

 

フローリング張替え

1.5万円~2万円/m2(築年数によらず一定)

 

畳の張替え

1万円~2万円/1畳(築年数によらず一定)

 

ガス・IHコンロ

部品交換は20~120万円。
約20年で本体交換。100万円~300万円/ヵ所

 

洗面化粧台

キャビネットの部品交換 1万円~5万円。
約20年で本体交換。15万円~30万円。

 

トイレ

パッキン・フローの交換 1万円~3万円。
約25年で便器の本体交換。20万円~30万円。

 

給湯器

約10年で交換。30万円~40万円。

 

バルコニー(12m2の場合の金額)

部品補修 5万円~10万円。
約25年で全体交換。40万円~50万円。

 

玄関ドア

ドアクローザーの交換 0.5万円~3万円。
約25年で全体交換。15万円~50万円。

 

保証内容もチェックしておこう!

「えっ!マイホームってこんなにメンテナンス費用がかかるの!?」と、驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、ミサワホームに限らず、どこで建てても家には「保証」がついています。

 

その保証期間内であれば無償でメンテナンスしてもらうこともできますので、契約の際には保証内容を確認しておきましょう。

 

例えばミサワホームの場合は、建物の構造体については「30年」の保証がついています。

 

(10年のところも多いので、業界では最長レベルです!)

 

この期間内に構造部分に何か問題があれば、無償で補修してもらえるということです。

 

それ以外、例えば「防水」や「シロアリ」は10年保証。

 

保証が切れるタイミングでメンテナンス費用をかけてお手入れすると、次の10年も保証してもらえるという仕組みになっています。

 

そのため、「10年点検の後、その結果を踏まえて200万円のメンテナンス費用をかけて外壁の補修をした」なんて話もよく聞きますよね。

 

だいたい10年経つと、家も劣化しますからね・・・このタイミングでメンテナンス費用をかけて補修しておいたほうが、結果的には安上がりになるようですよ。

 

また、買う時にはローコストで安かったとしても、使用している建材のグレードが低かったり構造が脆弱だったり、保証体制がしっかりしていなかったりすると、かえってお金がかかる!ということにもなりかねません。

 

マイホームを購入する際は、目先の金額につられるのではなく、先々のメンテナンス費用のことも踏まえて「トータルでお得になる家造り」を目指したいですね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事