ヘーベルハウス 布基礎

MENU

ヘーベルハウスの足元は「布基礎」。地震の揺れが1/2になる理由

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

建物の「基礎」は私たち人間でいうと靴のようなもの。

 

上質な素材と考え抜かれた設計で作られた靴が足にフィットして快適な歩行をサポートしてくれるように、家の基礎もまた素材や構造がとても重要です。

 

ヘーベルハウスではどのような基礎構造が採用されているのか?

 

今回は、ヘーベルハウスの「足元」にフォーカスしてみました。

 

「足元を見られる」「足元を固める」と言われるように、物事は土台が大事です。

 

「災害に強い」という点をアピールポイントとするヘーベルハウスの足元は一体どんな構造になっているんでしょうか?

 

基礎工事はナゼ重要?

へーベルハウスの基礎がどうなっているのか?を見ていく前に・・・、まずは「基礎とはなんぞや?」というところをチェックしていきましょう。

 

だって、家づくりビギナーさんだと「基礎」が何のために?なぜ必要なのか?ということ自体がよくわかっていないはずですよね。

 

かくいう私も、戸建て住宅の「基礎工事」がどんなもので、何のために必要なのか?ってよくわかりません。

 

そもそも外側からは見えない部分ですから、後で確認しようにもそれもできませんし。

 

というわけであれこれ調べていて、ようやく、私的に「ああ、そういうことなんだ!」って腹落ちさせてくれるサイトにたどり着きました。

 

イノスの家 意外と知られていない!戸建住宅の「基礎工事」とは
http://www.inos-ie.com/topics/2018/04/20180424001243.html

 

「基礎」とは、カンタンに言うと地面と建物のつなぎ部分。

 

基礎は建物の全てを支える土台ですから、そこがしっかりしていないと家は傾くし長持ちしないということです。

 

さて、その基礎工事には大きくわけて「ベタ基礎(防湿基礎)」と「布基礎」があります。

 

ベタ基礎(防湿基礎)

建物の底全面を鉄筋コンクリートの基礎で支える工法。

 

安定性が高く、地震による揺れや不動沈下に強いというメリットがあります。

 

また、地盤から上がってくる湿気やシロアリもブロック!

 

結果的に建物を長持ちさせることができるのです。

 

布基礎

建物の柱や壁の部分に枠を設け、そこにコンクリートを流し込んで基礎を作るという工法。

 

ベタ基礎のように家の底一面がコンクリートなのではなく、柱や壁に沿ってコンクリートを流し込むという感じ。

 

わかりやすく言うと、ベタ基礎は「面」で家を支えるのに対して布基礎は「線」で支えるということです。

 

「壁面に合わせて、基礎が(布のように)平らに伸びる」ということから“布基礎”と名付けられたんですって。

 

ベタ基礎も布基礎も、コンクリートで家を支えるという点では共通しているわけですが、ただ、布基礎のほうが「湿気に弱い」「カビやシロアリが発生するリスクが高い」といったデメリットが目に付きます。

 

・・・とはいえ、、「柱や壁にかかる負荷を受け止めやすい」という強みもあるんですよ!

 

費用についても、布基礎のほうがリーズナブル。

 

ベタ基礎は建物の底一面にコンクリートを施工するわけですから、材料費も人件費も高くなります。

 

目安でいうと、コチラで解説されている通り生コンは1m2あたり2万円といわれていますので、25坪の家の基礎には材料費だけで40万円の費用が発生するそうですよ。
⇒ 注文住宅の教科書 「どっちの基礎がいいの?ベタ基礎と布基礎の違いを徹底解剖!」

 

へーベルハウスの基礎ってどうなっているの?

よく聞く「ベタ基礎」と「布基礎」の違いがわかったところで・・・。

 

へーベルハウスではどっちの基礎構造を採用しているのか?というと、正解は「布基礎」!

 

最近はベタ基礎を採用するメーカーが多いらしいので、ちょっと意外でしたが。

 

「鉄筋コンクリート連続布基礎」という工法を使っていて、基礎全体で力を受けて分散できるような構造になっているんです。

 

例えば地震があった時、そのエネルギーが一点に集中してしまうと不同沈下(建物が均等ではなく傾くような形で沈下すること)で家が傾いてしまったりしますよね。

 

ヘーベルハウスの基礎は、そのようなことが起こらないように地震のエネルギーをバランスよく地面に放出できるような仕組みになっているんです。

 

正直、個人的には「ベタ基礎のほうが地震に強くて安心なんじゃないの?」と思ってしまいましたが、実際の施工事例などを見比べてみると、ベーベルハウスの基礎に使われている鉄骨って他社より太いんですよね。

 

また、地震のエネルギーを効率的に吸収する制震デバイスなども採用されているので、あえてベタ基礎にこだわる必要はないのでしょう。

 

へーベルハウスの基礎構造や制震構造についてはコチラのページがわかりやすいのでぜひご覧になってみてくださいね。

 

ヘーベルハウス 公式サイト 「ハイパワード制震ALC構造」
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/technology/01h.html/

 

布基礎vsべた基礎 どっちがいいの?

よく、「鐵骨は布基礎、木造はベタ基礎」と言われますが、確かにヘーベルハウスも鉄骨系のメーカーで布基礎。

 

それぞれの基礎構造の特徴がわかったところで、今度は「なんで鉄骨と木造で基礎を選び分ける必要があるのか?」という疑問が持ち上がってきませんか?

 

これについては、こちらのサイトがとても参考になりますのでぜひチェックしてみてください!
⇒ 住まいの水先案内人「基礎はみんな強固?」

 

理由をカンタンにまとめてみると・・・、

 

鉄骨系の建物

耐力壁が丈夫。

 

ゆえに耐力壁の数が少なくて済むけど、1枚あたりにかかる負荷が大きくなる。

 

その結果、基礎にも大きな力がかかる。→基礎の立ち上がり部分が細長く、高さがあったほうが好ましい。

 

木造の建物

柱や筋交いが多く、力が分散される構造。

 

基礎部分の立ち上がりは平たくても大丈夫。

 

また、木造は鉄骨に比べてシロアリの被害に遭いやすいので、シロアリ被害に強いベタ基礎がベター。(ダジャレじゃないですよ!)

 

・・・つまり、鉄骨系は構造上の「強さ」を確保するために布基礎を選び、木造はシロアリや湿気対策のためにベタ基礎を選んでいるケースが多いことがうかがえます。

 

ちなみに、さきほどもちらっとお話しましたが、ヘーベルハウスに代表されるような布基礎が「線」で家を支えると考えれば、ベタ基礎は「面」で支えるようなイメージ。

 

ストレートに考えれば、べた基礎のほうが建物としては「強い」ように感じられます。

 

しかし、実際は基礎の立ち上がり部分の太さや高さ、根入れの深さも関係してきますので、一概に「布基礎よりもベタ基礎のほうが強い」とは言えません。

 

わかりやすく言えば、家の“根っこ”がどこまで深く伸びているか、どれだけ太いかで家の強さも変わってくるわけです。

 

基礎の選び分けについてゼロから学ぶなら、コチラの記事もオススメです!
⇒ 建築学生が学ぶ構造力学「布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴」

 

ベタ基礎は本当にシロアリに強いのか?

しかし、本当にベタ基礎はシロアリに強いのでしょうか。

 

知人のお宅は、築年数が浅いにも関わらずシロアリの被害に遭い、玄関を改修する羽目になっていました。

 

野生を生きる生物には人智を超えた逞しさや知恵があり、小手先の技術ではその被害を防ぎきれないのかもしれません。

 

調べてみたところ、ベタ基礎であってもシロアリの侵入を許してしまうこともあるようです。

 

コチラの記事が非常にわかりやすいのですが、コンクリートにはどうしても隙間ができてしまいます。

 

シロアリ防除 SHUT!「シロアリはコンクリートを通過できるのか?」
https://www.shut-teoria.com/column/concrete-termites/

 

例えば、床面と立ち上がり、それぞれのコンクリートの隙間(継ぎ目)。

 

人間から見れば「こんな隙間から、まさか入らないだろう」と思われるようなサイズの継ぎ目ですが、シロアリはなんなく侵入します。

 

彼らはコンクリートの粒子を器用に外して穴を開けることもできるので、ベタ基礎であっても決して油断はできないのです。(よく誤解されがちなポイントですが、シロアリはコンクリートを食べたり溶かしたりして穴を開けるわけではありません)

 

上述のサイトでも推奨されていますがコンクリートのベタ基礎だからといって過信することなく定期的に検査を受けたり防蟻処理を施すことが大切です。

 

他のメーカーの基礎はどうなっているの?

では、一般的に住宅メーカーはどちらの基礎構造を採用しているのでしょうか。

 

大手メーカーの基礎構造について調べてみましたので参考にしてみてください。

 

布基礎
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス
  • 一条工務店
  • ミサワホーム
  • トヨタホーム 
  • パナソニックホームズ
  • スウェーデンハウス

 

ベタ基礎
  • セキスイハイム
  • 三井ホーム
  • タマホーム

 

このように、知名度の高いメーカーの多くはヘーベルハウスと同様に「布基礎」を採用していることがわかりました。

 

ただ、各メーカー独自の技術を採用しているところが多く、「布基礎」という言葉でひとまとめにするのは難しいよう。

 

基礎の立ち上がりの幅や、基礎と柱をつなぐ金具の強度などによっても建物の強度には差が出ますので、各社はそこで差別化すべく様々な工夫を凝らしています。

 

例えば、大和ハウスの基礎の立ち上がり幅は「170㎜」で「業界屈指」という点をアピールしています。

 

大和ハウスの基礎構造

 

大和ハウスの基礎構造
https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/steel/structure/kiso.html

 

一方、ヘーベルハウスをはじめ多くのメーカーは具体的な数値を公表していません。

 

消費者の立場からすると、「具体的な数字で比較してみたい」という希望もあるので、わかりやすい形でオープンにしてくれている大和ハウスは「良心的だな」と好感が持てます。

 

数値を堂々と公表できるというのは自社製品への自信の表れでもありますし、メーカーを比較する際にはこういった細かい部分もチェックしていくと各社の特徴をつかみやすいのではないでしょうか。

 

「コスパ」という言葉に騙されちゃだめ!

どんな強風でも、植物はそう簡単に飛ばされて行ったりはしませんよね。

 

それは、大地深くにどっしりと根を張っているから。

 

建物の基礎も同じことだと考えれば、根入れの深い布基礎のほうが、足元が強いという考え方もできます。

 

ヘーベルハウスのような鉄骨系の住宅では、柱や筋交いが少ない分、一か所に負荷が集中しやすいという弱点がありますので、それを緩和するためにはべた基礎よりも布基礎のほうが都合が良いんですね。

 

※根入れの深さは建築基準法で決められており、布基礎は24㎝以上、ベタ基礎は12㎝以上です。

 

昨今はコスト削減のためにベタ基礎を採用し、「布基礎よりも強い」とアピールするメーカーも多いようですが、基礎は土壌の状態や家の工法に合わせて使い分ける必要があります。

 

「布基礎のほうが強い」とか「ベタ基礎のほうが強い」とかいった広告の説明は、根本的な理由を鑑みればナンセンス!

 

安易に、「安い」「強い」という言葉に流されてはいけませんね!

 

自分がグラつけば、グラつく家しか建てられないのです。

 

へーベルハウスの基礎が「手抜きだ」って本当なの!?

「グラつく家」といえば、ヘーベルハウスについては「基礎部分を手抜きされているんじゃないか」という疑惑もついてまわります。

 

なぜかというと、横浜の杭打ちデータ偽装マンションで話題になってしまったからですよね。

 

杭打ちをしたのが「旭化成建材」=旭化成のグループ会社=じゃあ、ヘーベルハウスも仲間じゃないか!ヘーベルハウスの家も手抜きされているんじゃないか!?

 

・・・ってことで、こんな悪しき噂が流れるようになったわけですが。

 

こちらのサイトでも説明されている通り、ヘーベルハウスの建物には問題の杭は使われていないそうなので、その点は安心して大丈夫そうですよ。
⇒ 旭化成ホームズ株式会社「旭化成建材株式会社における杭工事施工不具合および杭工事施工報告書のデータ転用・加筆について」

 

とはいえ、グループ会社で不祥事があると、やはりヘーベルハウスそのものの価値も疑ってしまいますよね。

 

鬼怒川の決壊の時、周りの家々が流されていく中でただ一棟生き残っていたのもヘーベルハウスなのですが。

 

あの洪水でも流されなかったというのは、基礎がしっかりしているんだということを証明する何よりの証拠と言えるでしょう。

 

ネットが普及して情報収集が便利になった分、いろんな情報に惑わされてしまう面はありますが、何が「噂」で何が「真実」なのかを冷静に見極められる眼を養いたいものですね!

 

ちなみに、ヘーベルハウスの強さについてはこちらの記事でも紹介していますので合わせてぜひご覧になってみてください。
⇒ ヘーベルハウスは災害に強い!濁流に耐え抜いたただ一つの家

 

布基礎であるがゆえのデメリット

「耐震」「強さ」という観点では、ヘーベルハウスの布基礎はメリットが多いということがおわかりいただけだかと思います。

 

では、デメリットはないのか?というと、ちょっと気になる情報を入手しました。

 

ヘーベルハウスは以前から「1階が寒い」「床が冷えやすい」といった口コミがあったのですが、それは「布基礎だから」ではないか?と指摘する声があるのです。

 

なぜかというと、点検口がたくさんあるから。

 

実際に住んでいるオーナーさんからの情報ですが、「ヘーベルハウスの家の床下は人が行き来できる空間が狭いので、他社に比べて点検口が多い」のだそうです。

 

そこから冷たい空気が入るため、1階の床が冷えやすいのではないか?と。

 

「基礎に通気口が開いているため、床下がスースーする」

 

「特に点検口はひどい」

 

・・・等々、こういったデメリットについては複数のオーナーさんが指摘していますので、ヘーベルハウスで建てることを検討する際には(特に寒冷地に建てる場合)営業さんに詳しく質問してみたいところです。

 

実際に冷えるのであれば「床暖房」を検討する方も多いかもしれませんが、コチラの記事でも紹介している通り床暖房にも一長一短あります。

 

⇒ ヘーベルハウスに床暖房は必要ないかも。デメリットが多い?

 

大金をはたいて設置したのに「やっぱり要らなかった」となるのはもったいないので、ここは慎重に検討したいところですね。

 

【まとめ】雨降って、基礎(地)、固まる

横浜の偽装マンション疑惑の影響を受け、一時期はネガティブな印象を持たれるようになってしまったヘーベルハウス。

 

しかし実際のところ、ヘーベルハウスで建てる家とあのマンションとはなんら関連性はないようです。

 

もう一度、その特徴をまとめておきましょう。

 

  • ヘーベルハウスでは「布基礎」を採用している
  • ベタ基礎に比べて寝入りが深く、強い(=ヘーベルハウスは足元が強い家)
  • 土壌の状態や建物の工法によって基礎の工法は使い分けるべき
  • ヘーベルハウスの基礎には、問題となった旭化成建材の杭は使われていない
  • ヘーベルハウスの家は地震や豪雨といった自然災害に強い
  • 点検口が多く、床下が冷えやすいという説がある

 

「ヘーベルハウスの家も、あのマンションと同じように欠陥住宅なんじゃないか?」という不安を抱いていた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここで紹介した通りヘーベルハウスの家の基礎は「丈夫さ」には定評がありますのでご安心ください。

 

むしろ、あのようなトラブルがあったからこそ「絶対に、もう信頼は裏切らない」という決意の下に品質管理も徹底されているのではないでしょうか。

 

そうだとしたら、消費者の立場からすれば願ったり叶ったりですよね。

 

失敗は決して”悪”ではないのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

ヘーベルハウスの評判は可もなく不可もなく本音で語ります
ヘーベルハウスは100年住宅だから長期優良住宅で安心?
ヘーベルハウスの10年点検で見るポイント10年点検で安心?
ヘーベルハウスの2.5階建てスカイコテージのある家天空こども城
2015年のヘーベルハウスを分析する二世帯と老後に注力
2016年のヘーベルハウスは二世帯住宅と定年退職後の生活
実家の30坪の土地にヘーベルハウスで注文住宅を建てようかと
ヘーベルハウスの30年保証は本当なのか真剣に考えてみた
ヘーベルハウスで40坪の間取りを考え中です書斎が欲しい
ヘーベルハウスで4階建てを1階部分を賃貸にしたいです。
ヘーベルハウスで憧れのL型キッチンにしたいと思ってます。
ヘーベルハウスのアドバンスフローリングなかなか良いかも!
ヘーベルハウスに限らず和室は今では貴重な存在だと思う
ヘーベルハウスを買うなら中古がオトク!でも、どこで買う?
間取り実例から感じた、ヘーベルハウスの家造りへのこだわり
1割の値引きすら難しい!交渉に成功した人の秘密
ヘーベルハウスで、もし雨漏りしたら保証の対象になる?
ヘーベルハウスのイチオシ!アウトドアリビングの価格は?
ヘーベルハウスといえばALCパネル!どんな建材なの?
憧れのヘーベルハウスにマッチするインテリアは?
ヘーベルハウスvs一条工務店。比較から見えてくる本質の違い
ヘーベルハウスは維持費が高いらしい!ってホント?
ヘーベルハウス×エネファームで始めるecoライフ!
ヘーベルハウスで選べるお風呂の種類や、選び分けのポイント
ブログと事例からヘーベルハウスのステキな屋上活用法を学ぶ
40坪にヘーベルハウスを建てる際の価格相場と住み心地
ヘーベルハウスは火災保険が安くなる?その理由は?
壁紙で家事が楽しくなる!ヘーベルハウスのクロス選び
ヘーベルハウスの換気システムは時代遅れ?
ヘーベルハウスとクレバリーホームの違いを比較
ヘーベルハウスは結露しにくい?
ヘーベルハウスは災害に強い!濁流に耐え抜いたただ一つの家
ヘーベルハウスにサンルームを設置したい!リスクはあるの?
ヘーベルハウスで、魅せる収納を実現!どこに何を片付ける?
ヘーベルハウスの住み心地ってどう?リアルな声を聞かせて!
ヘーベルハウスで始める中庭ライフ。毎日にトキメキを!
「庭」の概念を覆す!ヘーベルハウスの新しい提案に注目
ヘーベルハウスの二階リビングは天空の城!空とつながる毎日
ヘーベルハウスの塗り替えは高い!別業者に頼んでも大丈夫?
ヘーベルハウスが世界に誇る断熱材!ネオマフォームの魅力
ヘーベルハウスの+ネストで子育てをもっとラクに、楽しく!
ヘーベルハウスは平屋が苦手?PRが弱い理由が気になる!
ヘーベルハウスのホームサービスがアツい!気になる内容は?
へーベルハウスは間取り変更に有利?構造上の特徴に注目!
ヘーベルハウスを安く!見積もりの節約ポイントは?
ヘーベルハウスと三井ホームは何が違う?工法・価格・寿命を徹底比較!
ヘーベルハウス×無垢材がイイ感じ!意外なギャップに萌える
ヘーベルハウスのメリットとデメリットは何?
ヘーベルハウスの耐用年数60年メンテナンスプログラムが凄い!
ヘーベルハウスであえての屋根付き!ボックス型との違いは?
ヘーベルハウスで人気の床材は?コスパ重視でシビアに床選びしてみる
ヘーベルハウスに床暖房は必要ないかも。デメリットが多い?
ヘーベルハウスのユニットバスはTOTOの「H3シリーズ」が人気
ヘーベルハウスの実例に学ぶ!賢く無駄ナシ、床下収納活用術
ヘーベルハウスの床構造が気になる!使われている建材は?
ヘーベルハウスの浴室リフォームは高い?パックでお得にリフォームが可能!
ヘーベルハウスのリフォームは高い?他社に依頼するという視点も
ヘーベルハウスのリフォーム費用はナゼ高い?他社より2割増な理由を調査!
ヘーベルハウスの外壁の耐久性やメンテナンスの時期や費用を調査!
ヘーベルハウスの外観はシャープでクール!実際の評判は?
ヘーベルハウスの外壁色に新色が?人気の種類と価格を調査!
30年間も汚れ知らずの外壁がヘーベルハウスなら手に入るらしい!
ヘーベルハウスの外壁塗装メンテの時期は30年!価格と保証を徹底検証
ヘーベルハウスの外壁は黒も人気?風水的に見た黒のデメリットとは
ヘーベルハウスなら玄関タイル!人気の色と掃除方法をご紹介
ヘーベルハウス専用の住宅ローンに注目!充実した内容の提携ローンだった
ヘーベルハウスで全館床暖房ってどう?リフォームなどメンテナンスが高額!
ヘーベルハウスを増築したいけど費用は?定額制のRe-MAKEだと安心そう
ヘーベルハウスの美し過ぎる造作家具がシンプルだけど機能的!
ヘーベルハウスの断熱材は熱伝導率が他と比べて3倍なのに寒いらしい
ヘーベルハウスの断熱性能は本物か?口コミと数値に注目!
ヘーベルハウスでダウンフロアのある間取りで後悔しないために
ヘーベルハウスのベランダ手すりを選択する際の注意点
ヘーベルハウスのベランダ屋根はどう?デザイン的と機能性の両面から検証
ヘーベルハウスでベランダをタイルにする場合の価格と掃除方法
ヘーベルハウスで憧れの「そらの間」!ベランダ掃除は大変?
ヘーベルハウスならベランダの物干しもスタイリッシュにしたい!
ヘーベルハウスのベランダは排水がイマイチってホントなの?
ヘーベルハウスの防水性能は高い?メンテナンスと保証はどうなっている?
へーベルハウスの考え抜かれた防犯対策がすごい!窓からの侵入を防ぐ
ヘーベルハウスの防災技術は一歩先を行っている!防ぐより備える
ヘーベルハウスは防犯カメラ要らずの家!空き巣対策がバッチリ
ヘーベルハウスの家は超静か!徹底した防音性能がスゴイ
ヘーベルハウスでも防蟻は必須!保証は?なめちゃいけないシロアリ対策
ヘーベルハウスの防犯ガラスは窓のディフェンス効果がスゴイ!
ヘーベルハウスvsパナホーム。比較ポイントは?評判は?
ヘーベルハウスのバントリーに学ぶ収納術!リビングをスッキリさせるアイデア
ヘーベルハウスでピロティガレージのある家とは?どんな効果がある?
ヘーベルハウスでも人気のピクチャーウィンドウとは?気になる価格は?
ヘーベルハウスのピクチャーレールの実例からオシャレな使い方を検証!
ヘーベルハウスのペニンシュラキッチンのメリットとデメリットを検証!