無垢 床材 レッドパイン

MENU

天然の森林浴!無垢の床材レッドパインの魅力に迫る

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

無垢の床材レッドパインは乾燥した土地でも生息できる生きる強さを持った木材です。

 

そんな無垢の床材レッドパインには意外な魅力が幾つか隠されているんですよ。

 

ヒントは癒される女性が好きなあの効果!

 

そして素敵に変化する経年変化にも注目です。

 

天然の森林浴を自宅でする

今回は無垢の床材レッドパインを調査します!

 

まずはフィンランド産のレッドパインです。

 

一番の特徴はこれを使うと自宅(その部屋)で天然の森林浴が出来るようになる!と言う事。

 

是非一度フィンランド産のレッドパインを敷いた部屋で深呼吸してみて下さい。

 

目を閉じれば穏やかな木の香りが体を包み、それはまるで森林浴のようなんだとか。

 

どうしてそんな効果があるの?

 

その答えはパイン材の間に隠れていました。

 

パインの木材の中には“フィトンチッド”と言うアロマ成分が含有されています。

 

なんとこの成分、抗菌、殺菌、鎮痛などの作用があるんです。

 

つまりアロマテラピー効果があるんですよ!

 

どうです~フィンランド産レッドパイン、魅力的ですね。

 

レッドパイン(赤松)の魅力

今度は北欧全体で収穫されるレッドパインについて。

 

産地はフィンランド、スウェーデン、ノルウェー産。

 

これらの国に共通するのは“森林保護法”により伐採出来る数が限られていることなんです。

 

それでも出来るだけ収穫数を増やす為に、今ではレッドパインの森の面積が100年前に比べて2倍近くになっています。

 

2倍の量に増やすなんて、すごいですよね!

 

特徴は以下の通り。

 

1.節が小さいので部屋のデザインを考えないでもマッチしやすい事。
2.ヤニのトラブルがなく手入れがし易い事。
3.経年変化が綺麗な事・・・最初はやや黄色味が出て来ます。

 

その次はオレンジ色に変化。

 

それぞれの家によって黄味やオレンジ味に変化が出るのが魅力の一つになっています。

 

もし平屋を建てるとしたら・・・

管理し易いレッドパインは毎日食事をするリビングに設置してみたいです。

 

広々としたリビングでテーブルと椅子も全部無垢にして。私だったらデザインは思いっきりシンプルにしちゃいます。

 

柄は一切なし!色物も極力なし!

 

そこはまるで洗濯物の香りが広がるような清潔なリビングです。

 

どうして色を合わせないのか、それは食べ物の色を引き立てる為なんです。

 

レッドパインだけの自然な色を生かして、そこにあるテーブルの上にカラフルなフルーツや野菜をたっぷりと置いて食べる!

 

そうすれば自然と健康志向になってダイエットだって成功する事間違いなしですよね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

おすすめランキングを発表!外せないのはこの3つ
ヒノキに憧れる理由
水回りはどうする?我が家はヒノキで生活が変わった
オーク
ヒバが持つ不思議な力
チェリ-の特徴
ブラックチェリー
バラの香りがするローズウッド
バードアイメープル
憧れのウォールナット
カリン
カバ桜
くるみ
カラマツ
コルクの柔らかさは格別
タモ
癒し効果が高い、ヒバ
メ-プル
一風変わった素材、竹
かえで、最適な選択肢だが汚れが目立つ
ナラの特徴
どんなメンテナンスが必要?
ワックス掛けについて
お手入れ方法
ありがちな修復の失敗
ペットがいる場合はどうするのがベスト?
失敗しない張り方
安く・キレイに仕上げる裏ワザ、DIY
ネットで激安で買ってDIY
やっぱりアウトレットがオトク!安い理由と購入の注意点
オイルフィニッシュは自然な仕上がりが魅力
「ウレタン塗装」と「オイル塗装」の違い
ホットカーペット使いたいけど大丈夫?
価格は種類によってここまで違う
理想的な厚さ
硬さが持つ影響力
色から選ぶ方法
気になる傷を何とかうまく補修する方法
キッチンに無垢は可能なの?
コーティングは必要?
古材を使った場合のデメリット
床材によって固定資産税が変わるって本当?
自然塗装の注意点
傷つけずに掃除する方法
無垢材の反り対策と修繕法
ホットカ-ペットも使える最強の床材はxxだった!
水回りにおいて耐水性を高める方法
柔らかい種類だと、やはり傷が付きやすい?
幅広は高級感がでる
補修は意外と簡単にできる
楽チンなメンテナンス方法を発見!
意外と水に強い
パナホームでの床選び
積水ハウスでの床選びの注意点
安心低価格の県民共済住宅での床選び
メリット、デメリットをおさらい