無垢 床材 水回り

MENU

水回りは無垢の床材はダメ?水回り大丈夫な無垢床材はあるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

無垢の床材を水回りに使うことはNGなのかワン?

昔の無垢材だと、やっぱり水回りがダメになりやすい印象があったけど、今の無垢材は進化していると思う。

 

実際に、10年間ノーメンテナンスでも、それほど痛みを感じることなく使えてたワン。

 

無垢の床材を是非とも実現したいと考えておられる方は、きっとたくさんおられることでしょう。

 

しかし気になるのは水回りには果たして可能なのかどうかという問題です。

 

キッチンやトイレ、洗面所などは水ハネがさけられません。

 

無垢の床材は水分を吸いこんでしまうと聞きます。

 

ハウスメ-カ-ですすめられるコ-ティングだと、せっかくの無垢の良さがなくなってしまうことが気がかりです。

 

なにか良い方法などがあればご紹介いたします。

 

本当に水回りはダメ?無垢の床材キッチン、トイレ?

旅館などを訪れても、廊下は無垢の床材、でも洗面所やトイレは必ずといていいほど、クッションフロアやタイルなどの素材を使用しています。

 

中には実際に使用されている方もおられるようです。

 

口コミ情報を参考にしますと、実際にキッチンをはじめとして洗面所、さらにトイレも無垢の床材で使用されていて、何ともない方もおられるようです。

 

逆にマットなどでカバ-していて、その部分がカビてしまったという意見もあります。

 

それらの情報を加味して考えますと、トイレやキッチンそして洗面所の床はできるだけ無垢の床材は避けた方がよいということです。

 

しかし避けられない事情があるからこそ、悩んでいるわけです。

 

もし水回りにも無垢の床材にしたいと考えるのならば、キッチンまでは口コミ情報を参考にすると無塗装でも大丈夫そうです。

 

もちろん汚れやシミなどができる可能性は十分にあります。

 

樹種にもよるでしょう。

 

そしてマットを敷いたり、またマットの水分が滞留しないように常に乾燥をこころがけるべきでしょう。

 

でないとカビが発生してしまう可能性が高いです。

 

カビ防げない?水回りの無垢の床材のコ-ティングは?

コ-ティングまでいくとどうしても無垢の床材の良さが失われます。

 

コ-ティングの塗膜を薄くして木目の質感を残すようにするという意見もありますがはやりコ-ティングすると木の調湿機能までうしなってしまいます。

 

それではどうしてももったいないです。

 

そこで、米からつくられるている自然派のキヌカや蜜蝋、ワックスなど安全なものを使って塗りこむという作業がポイントになります。

 

ただしこれらの自然派のワックスや蜜蝋、キヌカはコ-ティングではなくて染み込ませるという感覚なので、短期間で剥がれ落ちてしまいますから、こまめな作業がポイントになります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

おすすめランキングを発表!外せないのはこの3つ
レッドパイン
ヒノキに憧れる理由
水回りはどうする?我が家はヒノキで生活が変わった
オーク
ヒバが持つ不思議な力
チェリ-の特徴
ブラックチェリー
バラの香りがするローズウッド
バードアイメープル
憧れのウォールナット
カリン
カバ桜
くるみ
カラマツ
コルクの柔らかさは格別
タモ
癒し効果が高い、ヒバ
メ-プル
一風変わった素材、竹
かえで、最適な選択肢だが汚れが目立つ
ナラの特徴
どんなメンテナンスが必要?
ワックス掛けについて
お手入れ方法
ありがちな修復の失敗
ペットがいる場合はどうするのがベスト?
失敗しない張り方
安く・キレイに仕上げる裏ワザ、DIY
ネットで激安で買ってDIY
やっぱりアウトレットがオトク!安い理由と購入の注意点
オイルフィニッシュは自然な仕上がりが魅力
「ウレタン塗装」と「オイル塗装」の違い
ホットカーペット使いたいけど大丈夫?
価格は種類によってここまで違う
理想的な厚さ
硬さが持つ影響力
色から選ぶ方法
気になる傷を何とかうまく補修する方法
キッチンに無垢は可能なの?
コーティングは必要?
古材を使った場合のデメリット
床材によって固定資産税が変わるって本当?
自然塗装の注意点
傷つけずに掃除する方法
無垢材の反り対策と修繕法
ホットカ-ペットも使える最強の床材はxxだった!
水回りにおいて耐水性を高める方法
柔らかい種類だと、やはり傷が付きやすい?
幅広は高級感がでる
補修は意外と簡単にできる
楽チンなメンテナンス方法を発見!
パナホームでの床選び
積水ハウスでの床選びの注意点
安心低価格の県民共済住宅での床選び
メリット、デメリットをおさらい