アイフルホーム 価格

MENU

アイフルホームはLIXILだからできた低価格住宅のブランド!

ローコストのアイフルホーム、坪当たりの価格は40~55万円。

 

ネット販売の低価格ブランド、アイプライムセブンならば20万円~という坪単価に。

 

これらの価格は中間コストを省いたからこそできること、アイフルホームだからできる価格なんだワン!

 

ローコストの代表的メーカー、アイフルホーム

日本有数の住宅設備メーカーが合併することで作られた巨大企業「LIXIL」、その傘下の住宅メーカーが「LIXIL住宅研究所」。

 

アイフルホームとは、そのLIXIL住宅研究所が、全国にフランチャイズをおこなっている住宅のブランド名。

 

セールスポイントはローコスト、近年では坪あたりの価格は20万円台からという、衝撃のロープライスの商品を発売、話題になりました。

 

日本古来の木造軸組工法を用いて、価格を抑えた住宅を提供する。

 

何と言っても住宅設備メーカーが造っている住居なのです。

 

メーカー大量仕入れや中間コストの削減はお手の物、だからアイフルホームはロープライスの住宅を実現できるのです。

 

ネット販売のアイプライムセブンには平屋がない

坪あたりの価格が20万円台~こんな衝撃のアイフルホームの商品「アイプライムセブン」。

 

これは、あらかじめ決められた14の雛形をもとにオリジナルの間取りを作成。

 

打ち合わせは全てインターネット上でおこなうというもの。

 

営業マンが不要ゆえの驚きの価格が実現しているのですが、当然ですがバリエーションは少ないもの。

 

もし、平屋建ての住宅をアイプライムセブンで建てたいと思っても、それは無理な相談。

 

なぜなら、雛形の中に平屋建てのプランがないからです。

 

しかし、希望の平屋建てではないとしても700万円からという価格は魅力的。

 

2階建ても検討したくなってしまいますね。

 

アイフルホームの平屋建てブランド、AYA

アイプライムセブンは特殊な商品です。

 

ならば、それ以外のアイフルホームの価格はどれぐらいになっているでしょうか?

 

見ていくと、坪当たりの価格は40~55万円、諸々の費用を入れるとプラスで10万円程度は見ておくべき。

 

なぜ、ここまで価格を抑えてアイフルホームは住宅が建てられるのかというと、ほとんどが企画住宅になっているから。

 

色々融通が効かない点は出て来るのですが、それは価格が抑えられているからと納得すべきなのです。

 

大量仕入れしているからこそのロープライスなのですから。

 

その一方で、間取りは非常に考え抜かれたものになっていますし、融通が効かないといってもそれは、他のメーカーと比べた場合。

 

アイフルホームの方法しか知らなければ、充分と考えることはできるのです。

 

住宅で重要なのは価格と性能のバランス、コストパフォーマンスが一番。

 

そんな風に考えている人ならば、おすすめできるのがアイフルホームとなっています。

 

アイフルホームならば、価格を抑えた住宅が可能?それも平屋建てで、、、と思って思っている人。

 

調べていくとあるんですね「AYA(アヤ)」という商品が。

 

AYAについては次回から、詳しくお伝えしていきます。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと、アイフルホームについて更に詳しくなれます。

 

アイフルホームの「AYA」は、価格も抑えられた平屋建てのブランド。他メーカーの高めの価格の商品同様、AYAには快適に過ごすための様々な工夫が凝らされているワン。コストパフォーマンスの高さを考えるとアイフルホームのAYAは要注目だワン!平屋なのに坪単価もAYAならば、変わらない近年の一戸建てのトレンドは、平屋建て。子どもが幼いケース、自分たちが歳を重ねたケース、どちらの場合にもメリットは大きいもの。...

 
 

アイフルホームが公開している、AYAのモデルプランはよく考えられた間取りを持っているワン!このことは、熟年夫婦向けのAYA・悠揚の家も同じこと。これにアイデアをプラスして、アイフルホームと一緒に独自の間取りを考えていくのが理想だと思うワン。アイフルホームが提案する平屋建ての間取りとはアイフルホームは注文住宅をうたっていますから、平屋建てのAYAでも自由に間取りを設定することができます。ですから、希...

 
 

アイフルホームの強みは、大量仕入れならではの低価格。良い評判、悪い評判両方とも、この大量仕入れに原因がありそうな気がする。。。また、フランチャイズ制を引いているアイフルホームならではの、特長のある評判もよく耳にするワン!コストパフォーマンスの高さが、もっぱらの評判地区ごとにフランチャイズ制をひき、営業エリアを全国に展開。手がける一戸建ての戸数を多くする。これで、建材や建築設備を一括で大量購入するこ...

 
 

アイフルホームはローコスト住宅で知られていますが、平屋も同様ローコスト。そして、無駄なコストを徹底して省いているので、払った分だけ価値のある平屋を期待できるのがアイフルホームの「AYA」だワン!アイフルホームは平屋の価格も低め「セシボ」、「スプリーム」そして「AYA(アヤ)」。アイフルホームは大きく分けて3種類の商品を持っています。主力商品のセシボは2階建て、スプリームは3階建て、そして平屋が「A...

 
 

動線を元に間取りは考えられるものですが、アイフルホームは独特の動線を提案しているワン見守り動線やどろんこ動線は、アイフルホームがターゲットとする、若い世帯を狙ったもの。そこから発送される間取りは、なかなかユニークだと思うワン!間取りの基本となる、アイフルホームならではの動線「間取りを検討するときには動線を考えなければいけない」、これはよくいわれること。動線とは、家の中を移動する際に想定される動きの...

 
 

ウッドデッキは平屋建てとの相性がとても良い、このことをアイフルホームは理解しています。ですから、アイフルホームのAYAではウッドデッキを大々的に打ち出しているのです。ウッドデッキのバリエーションも豊富という特徴もあるのです。相性はいい、平屋建てとウッドデッキアイフルホームの平屋建ての住宅「AYA」。ホームページで大々的に紹介されているモデルハウスには、ウッドデッキが採用されています。なぜ、ウッドデ...

 
 

アイフルホームのセシボは更に、SV仕様とEX仕様に細分化されます。違いは、住宅設備の豪華さ、使い勝手や住宅の性能自体は、SV仕様とEX仕様、そんなに差がないように感じます。どちらを選ぶかは、アイフルホームが出してくる見積もり次第のように思います。仕様で更に細かく別れる、セシボアイフルホームの主力商品は2階建ての「セシボ」というシリーズ。そしてこのセシボ、ホームページには1種類しかないかのように書か...

 
 

アイフルホームのセシボの高断熱仕様がEX-H。こちら、断熱材をアップグレードしている分だけ坪単価も高めの設定になっています。アイフルホームの発表では、坪単価は37万円弱に設定されているのですが、EX-Hも他と同様、これだけで建てられるはずもなく、、、断熱性の向上に重きをおいた、セシボEX-Hアイフルホームの主力商品、2階建ての「セシボ」にはSV仕様とEX仕様、そして「EX-H」の3つのバリエーショ...

 
 

アイフルホームのセシボにはEXとSV、2つの仕様がありますが、両者の違いで大きなものは窓ガラスの断熱仕様のみ。EXもSVも他の違いは、細かな住宅設備の仕様といった具合。アイフルホームの基本設計は全く同じなのです。各フランチャイズに任される?EXとSVの違い全国にフランチャイズ展開をおこなっている、アイフルホーム。それぞれのフランチャイズ加盟の工務店が、地域性を活かした営業活動をしているのです。営業...

 
 

アイフルホームでのおすすめの家の建て方は、どんなものを理想にしているかで変わります。豪華仕様にしてオプションを減らしていくのか、ベーシックにしてオプションを足していくのか。それぞれでおすすめが変わってくるのがアイフルホームです。標準装備が充実したアイフルホームのEX-H仕様全国的に高まる平屋建てに対する需要を満たすため、アイフルホームは昨年秋に、平屋建てのブランド「AYA」にEX-H仕様を追加しま...

 
 

アイフルホームの利点はコストパフォーマンスの高さですが、それは屋上庭園にも感じられるワンアイフルホームの屋上庭園、プラスワンリビングは内容の割に値段が手頃と評判。例えば屋上にジェットバスを設える、こんなことも可能なんだワン!アイフルホームならではの屋上庭園プラン車が来たりしないから安全、日当たりがいい・見晴らしもいいから快適、周りから見えないからプライバシーも守られる。屋上庭園と聞くと、庭にスペー...

 
 

アイフルホームの標準の壁紙なら、もちろん追加料金はかからないワン。しかし、せっかく家を建てるんだから、もっと素敵な壁紙にしたいと思うの方が多い。そこで、オススメはアイフルホーム得意の「エコカラット」。単なる壁紙ではありませんから、大きな変化を部屋に与えることができると思うワン!おしゃれな壁紙はコストがかかります広い面積を占めるだけに、部屋のムードを大きく左右する壁紙。アイフルホームではサンゲツなど...

 
 

住宅設備メーカーの連合、LIXIL傘下のアイフルホーム。ですからキッチンなど住宅設備のグレードの高さは、アイフルホームの大きなメリット。他の住宅メーカーよりもグレードの高いキッチンが期待できる上に、アップグレードも可能だワン!ローコスト系住宅メーカーの弱点!建材や設備、サッシなど数々の住宅関連メーカーがLIXILの元に集う!それも、超一流の名門企業ばかり。そんな劇的な、住環境グループの誕生だったの...

 
 

アイフルホームは断熱性には気を使っている反面、気密性には今一つ、そんな印象があったワン。しかし、家の価値は気密性の高さだけで図ることはできない。価格と性能のバランス、アイフルホームの考え方は、このような価値観になっているのかワン?断熱性はボチボチのアイフルホーム近年注目を集める住宅の性能は、断熱性と気密性。ローコスト系住宅にしては、まあまあな数字が出ているな、、、。いきなり上から目線で申し訳ありま...

 
 

価格帯が似ていたり、経営の手法が似ていたりする2社はよく比較されるワン。アイフルホームとクレバリーホームも然り。具体的にどのような点が似ていて、どこが違っているのか?アイフルホームとクレバリーホームの相似点や違いを抽出してみたワン!数あるハウスメーカーの中から、自分にとってベストな一社を選ぶ。これ、想像以上に骨が折れる作業です。まずは似たメーカーをグルーピングし、そこからさらに比較を重ねて・・・と...

 
 

どんなハウスメーカーにも欠点はあるワン。営業マンのレベル、建築技術、商品そのもののコンセプト・・・etc、全てが完璧なメーカーなどありはしないと思う!どこかで妥協が必要なわけですが、アイフルホームの欠点とはなんなのか?実際にアイフルホームで家を建てた方の口コミを参考に、検証してみたワン。デザイン重視の方もいれば、構造や機能性重視の方もいて・・・、ハウスメーカー選びの基準は様々です。メリットを比較す...

 
 

ヒドイ結露で、お気に入りのカーテンがカビだらけ!・・・なんて悲惨な目に遭わないためにも、ハウスメーカーの実態を知っておくことは大切なことだと思うワン。アイフルホームの場合、「ローコストメーカーだから結露もしやすいのでは?」という先入観を持たれてしまうことも多いようですが、実際は?結露したら、乾いたタオルで拭けば良い。そうは言っても、毎日続くようだともうウンザリ!アイフルホームで新築したら、この地獄...

 
 

アイフルホームと契約を結ぶ前にチェックしておきたい注意点をまとめて欲しいと頼まれたワン!家を建てるということは、すなわち借金を背負うこと!ローコストのアイフルホームとはいえ人生をかけた買い物ですから、不安なことは契約前にスッキリ解決しておくべきだワン。特にアイフルホームの場合は「安い」「フランチャイズ経営」と、Wでちょっぴり不安な要素が・・・。だからこそ、契約前に聞きたいことは営業さんにしっかり確...

 
 

アイフルホームで家を建てる場合、事前に支払う契約金はおいくらほどになるのだろう?マイホームを購入する場合は、何度かに分割してお金を支払うことになるワン。まず用意すべきは、建築に着手する前に支払う契約金。見積もり金額やメーカーによっても異なります。アイフルホームの「web housing」を例に調べてみたワン!住宅は○千万円オーダーの大きな契約ですから、メーカー側としては安易に約束を反古にされてはた...

 
 

数あるハウスメーカーの中から厳選したつもり・・・でも、心変わりはあるワン。例えば、アイフルホームと契約を交わした後であれこれ欠点が気になり始めた・・・。そんな時、契約解除を申し出ることはできるのか?今回は、アイフルホームで契約解除する場合の費用や注意点について調べてみたワン。「あなたと一生を共にします!」って約束したけど、やっぱり別の人に心変わりしちゃった・・・。ハウスメーカーとの契約を解除すると...

 
 

見た目のデザイン性もさることながら、やっぱり構造が気になる!どんなにオシャンティな家でも、ちょっとした地震であっけなく倒れてしまう構造では困るワン。だからこそ、ハウスメーカー選びでは「工法」をチェック&比較することが重要。リーズナブルな価格設定が魅力のアイフルホームではどんな工法を採用しているのか?そこには、アイフルホームの家造りへの情熱が表れているはず!巨大地震が相次いだ日本では、家を建てる際の...

 
 

家の構造は、イザという時に家族の命を守れるかどうかの重要なポイント。ハウスメーカーによって様々な特色がありますが、アイフルホームの構造で特筆すべき点とはどのようなことなのか。アイフルホームが自信を持っている「耐震性」にはどう反映されているのかワン?アイフルホームは、リーズナブルな価格設定ながらも「地震に強い家」をアピールしています。となれば、当然、構造面での強度にも期待しちゃいますよね!?耐震性を...

 
 

「最高」という名を持つ、アイフルホームのsupreme。具体的に、どんな点が最高なのかワン?最大の特徴は「3階建てである」ということですが、2階建てに比べてどのような魅力があるのか。アイフルホームのsupremeについて、コンセプトを中心にみてみるワン!狭い土地には狭い家しか建てられない?そいでもって、狭い家に住んでいると、心の余裕までなくなってしまう?そんな先入観は、今すぐ捨ててしまいましょう!...

 
 

一般的には平屋や2階建てよりも坪単価が高くなると言われている3階建て。しかし、アイフルホームのsupremeに関してはその限りではないようだワン。具体的に、アイフルホームのsupremeの坪単価はどのくらいなのか。また、リーズナブルな価格に抑えられる理由とは?建物が上に高くなるということは、それだけ足元にかかる負担も大きくなるということ。ゆえに土台の安定性を高める必要がありますが、価格を抑えつつ耐...

 
 

平屋暮らしが長かった人にとっては特に、3階建て住宅というのは未知の世界!住み心地はどんなものなのか・・・って気になりますよね。特に、小さな子供やお年寄りのいるご家庭だと、安全面も心配です。アイフルホームのsupremeは、家族みんなにとって快適な家なのか?今回は、実際に住んでいるオーナーさんの声なども参考に、アイフルホームの3階建て「supreme」の住み心地について見ていきましょう!目線が上がれ...

 
 

縦方向の空間使いに余裕があるというのが、3階建て住宅の魅力!アイフルホームのsupremeで家を建てているみなさんはどのような間取りにしているのでしょう?使い方次第で住み心地も変わってくるわけですから、最初のシミュレーションは超重要!今回は、アイフルホームの施工事例を参考に、supremeの理想の間取りについて考えてみるワン。間取りには、住む人の価値観や生活スタイルが表れます。まずは、アイフルホー...

 
 

見た目にはシンプルでスタイリッシュ!特にクセもなくどんな景観にもなじみそうなアイフルホームの「セシボ」ですが、メインターゲットは子育て世代。それは一体、ナゼ?どのような点で、「子育てファミリーに優しい」と言えるのか。アイフルホーム「セシボ」の特徴について口コミも参考にしながら見てみるワン。子育てに家事に仕事に・・・と、家庭を持つ女性はとかくピリピリ&イライラしがちなものです。ついつい険しくなってし...

 
 

家の「間取り」は、家事や育児のしやすさ、住み心地を左右するポイントだワン。ハウスメーカーによって様々なこだわりや工夫がありますが、アイフルホームの「セシボ」の間取りにはどんな特徴があるのだろう。実際にアイフルホームで「セシボ」を購入した方の口コミや施工事例を参考にしながらまとめてみるワン。家族のみんなにとって住みやすい間取り・・・って実はとっても難しい!しかし、まずは家事をメインでやっている方の希...

 
 

アイフルホームの売れ筋商品、「セシボ」の進化バージョンである「セシボEX」。子供に優しい、家事がしやすい・・・だけでは満足できない!という声に応える方向で性能を備えているようですが、具体的にはどのような商品なのかワン?アイフルホームの自信作、「セシボEX」の魅力について見ていくワン!人々は住宅に何を求めているのか?住宅メーカー側はその探求に余念がないわけですが、アイフルホームは一つの重要なヒントを...

 
 

「標準仕様でどんな設備がついているのか?」というのはマイホーム購入の際に気になるポイントの一つ。ローコスト住宅にカテゴライズされるアイフルホームですが、セシボEXの標準仕様品については「ローコスト住宅とは思えない!」と好評価する声が多いワン。具体的にどんな設備が入っているの?今回は、アイフルホーム「セシボEX」の水回り設備に注目してみるワン。同じメーカーの同じような間取りの家でも、搭載する設備が違...

 
 

ハウスメーカーを価格で比較する時に便利は「坪単価」という基準。いわゆるローコストメーカーとして有名なアイフルホームの平均的な坪単価はいくら位なのかワン。また、同社の人気商品であるセシボは、その平均と比べると安いのか?それとも高いのか?アイフルホームの売れ筋商品、「セシボ」の相場&位置づけについて見てみるワン!アイフルホームといえば、やっぱりセシボ!ネットの掲示板でもよく話題に上がる商品ですが、ファ...

 
 

家を建てるなら内断熱が良いの?それとも外断熱?・・・って永遠のテーマですよね!内断熱にも外断熱でもそれぞれメリットはあり、建物の構造によっても相性の良し悪しがあるワン。一概にどっちが良いとは言えないのですが、アイフルホームの場合はどんな断熱工法を採用しているの?今回はアイフづホームの家で使われている断熱技術について注目してみたワン。真夏や真冬を快適に過ごすために、断熱工法にこだわることは大事なこと...

 
 

建売住宅は、注文住宅に比べて住宅購入への心理的ハードルが低め。こと、アイフルホームのようなローコスト住宅で購入するとなれば、かなりオトクにマイホームを手に入れることができるワンね。しかし、住宅購入は「金額」だけで決められる問題ではないということを忘れてはいけないワン!アイフルホームに限らず、建売ならではのデメリットも知った上で後悔のないご判断をしてもらいたいワン。フツーに安い住宅メーカーの家が、さ...

 
 

巨大地震にいつ襲われるかわからない日本。明日は我が身ですので、マイホーム建築でも「耐震性」は重視すべきポイントだワン。ローコストだと耐震性もイマイチではないか?と疑ってしまいますが、アイフルホームはどうなんでしょうか?アイフルホームの「強さ」について見てみるワン。「安かろう、悪かろう」なんて言葉もありますが、アイフルホームの家は安くても悪くない!とじわじわ人気です。注目すべきは、耐震性についての補...

 
 

似ているからよく比較される。そんな関係にあるアイフルホームとタマホーム。とはいえ、じっくり細部まで比較してみれば決定的な違いが抽出できるはず。アイフルホームとタマホームの選び分けポイントについて考えてみたワン!価格帯が似ている2つの物を選ぶ時、みなさんは何を基準に選び分けますか?商品の性能?デザイン?それとも、それを売る人の人柄?もし、それがマイホームだったら・・・。アイフルホームとタマホーム。比...

 
 

タイル外壁はお金持ちの象徴!・・・と思っている方も多いはず。ですが、ローコストなアイフルホームにもタイル張り外壁の商品が登場したワン。その名も「セシボEX-T」。アイフルホームならではのこだわりが詰まった、そのアピールポイントに注目してみるワン!1300℃もの高温で焼き上げられて作られるというタイル。過酷なプロセスを経たからこそ醸し出される美しさを、ぜひあなたの家にも!えっ!ローコストでもこんなこ...

 
 

アイフルホームの中古物件の相場や、中古を買うという選択のメリット・デメリットについて。安いハウスメーカーで新築するよりは、中古物件を安く買ってお金と手間をかけてリノベーションするのが今ドキの住まい方。アイフルホームでマイホームを購入する場合も、新築ではなくあえて中古を探すという選択肢もあるワン。でも、ローコストにカテゴライズされるアイフルホームの家をさらに安く買うことについてはなにかと不安もついて...

 
 

「ローコスト住宅の一社」という位置づけでおなじみのアイフルホームですが、実際のところ注文住宅の価格はどのくらいになるのでしょう?今回は、代表的な3つの商品を例に挙げて価格情報をまとめてみるワン併せて、アイフルホームの目玉商品、ネット限定の注文住宅もチェック!「安い」という評判だったから見積もりを取ったのに、実際は思ったよりも高かった。そんなウワサが流れるハウスメーカーもありますが、アイフルホームは...

 
 

ざっくりと、「○○風の家にしたい」という希望をお持ちの方も多いことでしょう。いろんなスタイルがありますが、中でも根強い人気を誇るのが南欧風の住宅。アイフルホームでも南欧風の家は大人気だワン!具体的にどんな特長があり、何がウケているのか?アイフルホームの施工事例を参考にしながら、その魅力について考えてみるワン。そもそも、どのような家を指して「南欧風」と呼ぶのでしょうか。アイフルホームの施工事例から、...

 
 

最近、じわじわ人気の「賃貸併用住宅」。具体的にはどのような住宅のことを意味し、どんなメリット&デメリットがあるのかワン。。アイフルホームでもこういったタイプの施工事例は多いですが、例えばどんなデザイン?注目の「賃貸併用住宅」についてアイフルホームの事例を参考に見てみるワン!自宅の一部を他人に貸す・・・というのは、ソフト面&ハード面でどんなメリットやデメリットがあるのか?また、借りる立場の人はどう感...

 
 

この前、「二世帯住宅って、育児も協力し合えて良いね~」なんて言った方がいて、場の空気を凍りつかせていたワン。実際に体験してみなければわからないことですが、親との同居は必ずしもプラスなことばかりではないと思う。そこに目を付けたアイフルホーム。価格を抑えた“ママ目線”での二世帯住宅を提案しているワン。具体的にどのくらいの価格で、どんな家を建てられるのでしょう?アイフルホームの自信作をチェック!三世帯が...

 
 

二世帯同居には、実際に生活してみなければわからないデメリットもついてまわるもの。イザという時の関係悪化を最小限に食い止めるためにも、設計段階での間取りが重要。アイフルホームではどんな間取りを提案しているのか?アイフルホームの二世帯住宅の施工事例を参考にしてみるワン!たまにしか合わない関係であれば、ちょっとしたイザコザがあってもまた元の関係に戻れるかもしれません。しかし、二世帯住宅のようにがっつり一...

 
 

家を買うなら、値引き交渉するのが当たり前!値切ってナンボでしょ!?と思われている方も多いかと思いますが、中には一切の値引きに応じないというスタンスのハウスメーカーもあるワン。では、安さが魅力のアイフルホームはどうなのか?今回は、アイフルホームの割引率や、交渉を成功させるコツについて考えてみたワン。安い家を、もっともっと安く買いたい!・・・・ってワガママですか?でも、数百円のお惣菜にも値引きがあるの...

 
 

アイフルホームの主力商品「Newセシボ」はコストパフォーマンスの高さが売り。耐震だけでなく制震もついている、最新の住宅設備まで付いたNewセシボの価格は驚くばかり、さすが、アイフルホームと感じてしまうワン。ローコスト系アイフルホームの主力商品日本最大の住宅設備メーカー、LIXILのグループ企業である「LIXIL住宅研究所」。複数の住宅メーカーをLIXILが吸収合併することでできあがった企業です。そ...

 
 

吹き抜けと聞くと憧れがある一方で、何かとデメリットも浮かぶもの。アイフルホームは他のメーカーより秀でたローコスト性と高断熱性で、吹き抜けをぐっと身近にするのです。アイフルホームは憧れをかなえてくれる住宅メーカーなのだワン。デメリットよりメリットが大きい、吹き抜け吹き抜けと聞くと造った分だけ2階の床面積がムダになるとか、施工費が高いとか。そんなネガティブな印象が浮かびがちなのです。中でも最も大きな吹...

 
 

アイフルホームには10年保証が付いています。といっても限られた部位のみ、そして10年という保証期間についても、アイフルホームだけが特別に長いという訳ではないのです。全ての住宅メーカーに義務付けられているものだワン。10年保証は限られた部位のみ「アイフルホームの瑕疵保証は10年間」、という話を聞くと「10年間も保証してくれるんだ」という記憶のみ残るもの。それだけ長い期間、保証してくれるなら安心ですね...

 
 

規格住宅を得意とするアイフルホームの中で、地域性の強い商品が「HOP」。フランチャイズを展開する地域にあった商品を、担当するアイフルホームが、HOPブランドで販売。気になる坪単価は、果たしてどれぐらいのものだワン?アイフルホームが得意とする企画住宅住宅メーカーが持っている商品は、大きく2つに分けることができるもの。それは、注文住宅と規格住宅です。注文住宅とは間取りなど、全てにおいて自由度が高い、も...

 
 

構造に集成材を用いるアイフルホームは総無垢材の住宅は手がけてはいません。しかし、目に付く部分だけを無垢材にする、こんな仕様ならばアイフルホームは大得意。コストパフォーマンスを重視した住宅といえばアイフルホームなのだワン。天然素材を捨てた?アイフルホームナチュラルとか、オーガニックとか、そんなキーワードに近年、注目が集まっています。身の回りのものには、できるだけ天然のものを用いたい。それだけに、住宅...

 
 

アイフルホームに備わっている無料点検システム。そこで必要なメンテナンスを施す仕組みになっています。とはいえ、必要になるメンテナンスといっても外壁ぐらい、アイフルホームはローコストの上に維持費用も抑えられるのだワン。定期点検で、メンテナンス箇所を指摘引き渡し以降、無料点検が定期的におこなわれ、メンテナンスが必要な箇所を指摘してくれる。最近の住宅メーカーはこんなシステムを持っています。アイフルホームの...

 
 

アイフルホームが備えているのは、耐震と制震のシステム。残念ながら、免震のシステムは搭載していないのです。それは、アイフルホームの考え方ゆえ。価格の高い免振システムは、そぐわないと考えているからだワン。耐震だけでは不十分?頻繁に地震に見舞われる日本だけに、住宅を建てる際に気になるのが地震への対策。そのことは国も充分理解しており、住宅それぞれの揺れに耐えられる度合いを計算し、耐震等級を設定しています。...

 
 

ローコスト性が秀でるアイフルホーム、それだけにメリットばかりに思えるかもしれません。しかし、アイフルホームにはデメリットはあるもの。メリット、デメリット、両面を踏まえた上で、アイフルホームを検討すべきだワン。ローコスト、耐震性、メリットは数多い!言うまでもなく、アイフルホームで家を建てる最大のメリットは、ローコストであるという点。坪単価は20万円から40万円台、この価格はどう考えても魅力的。無理を...

 
 

一般の住宅だけでなく、賃貸住宅も手がけるのがアイフルホーム。かなりのバリエーションを持っており、人気のメゾネットも建ててくれます。加えて、アイフルホームならではのローコストでメゾネットが建つならば、満足なのだワン。賃貸住宅に進出する、住宅メーカー近年、相続税が高くなったとか、消費税が引き上げられるとか。そんな要因が重なって、賃貸住宅への関心が高まりを見せています。そこで、各住宅メーカーは賃貸併用住...

 
 

30年持つ!ホームページに大々的にアピールされているアイフルホームの屋根材なのです。しかしこの屋根材、実は単なるスレート材。アイフルホームだからといって特別な屋根材を使っているわけでもないのです。バランスで見ると、ベストの選択かもしれないワン。ずいぶん長持ちする?アイフルホームの屋根住宅の最重要とされる役割は、過酷な自然条件から住む人や財産を守ること。それだけに屋根の役割は非常に重要なのです。夏は...

 
 

アイフルホーム同様、ローコスト系に分類されるユニバーサルホームですが、アイフルホームにはない特徴があるもの。例えば非常に豊かなバリエーション!それでは、これぞユニバーサルホームというところを見ていきましょう。ローコスト系に分類されるユニバーサルホームユニバーサルホームはアイフルホーム同様、ローコスト系に分類される住宅メーカー。坪単価20万円からというユニバーサルホームの価格設定も、アイフルホームと...

 
 

非常に強い床材を使っているものの、どうしてもチープさがぬぐえないのがアイフルホーム。使われている面積が広いだけに、床材の印象はアイフルホームに大きな影響を与えます。ならば、床材をグレードアップするとか施主支給する、方法はいろいろあるのです。アイフルホームの印象がチープだという原因は?ローコスト系だからしょうがないじゃないか。そう思いつつも、気になってくるのがアイフルホームに寄せられる声。全体的にチ...

 
 

ZEHを実現するには様々な設備はもちろん、住宅の基本性能も必要。中でも高い断熱性を実現したアイフルホームは、ZEHを得意としているのです。それでいて坪単価は抑えるというアイフルホーム、やはり優れた住宅メーカーなのだワン。政府も推進中!ZEHとは何か?政府が推進している「ZEH(ゼッチ)」とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのこと。家庭が消費するエネルギー量をおおむねゼロにする、そんな考えで設計され...

 
 

アイフルホームはローコスト住宅がウリだけに、リフォームの価格が高いはずがない。のですが、やはり大切なのは価格面の比較・相見積もり。リフォームなど価格が高いケースでは、アイフルホーム一社に任せきるのは慎重になるべきだワン。工務店自身の評判を調べる必要があるローコスト系の住宅を得意としているだけに、リフォームの価格が高いはずがない。これがアイフルホームなのです。しかし、気をつけたいのがリフォームと、新...

 
 

リフォームに全面的に対応できるのがアイフルホーム。評判はフランチャイジー次第といえど、悪いものではありません。中でも特に評判が良いのが、アイフルホームの住宅設備リフォーム、LIXILと関係の深さが活きてくるのだワン。幅広いリフォームに対応可能のアイフルホームアイフルホームといえばローコスト住宅を全面に押出し、全国展開を行っている住宅メーカー。しかし、日本の人口は減少傾向。他の住宅メーカー同様、新規...

 
 

レンガの家とレンガ調の家、最も大きく変わるのは坪単価。ローコストを期待してのアイフルホームならレンガ調の家をおすすめしたくなります。加えて、アイフルホームのノウハウが活きるのも、レンガ調の家なのだワン。デメリットも大きいレンガの家レンガの家は経年劣化に強く、外壁をリフォームする必要がないのが特徴。独特の風合いは年月を重ねるごとに味わいを増し、他にはない風格を身に付けていくものです。しかし、デメリッ...

 
 

なぜ、アイフルホームがローコスト住宅を建てられるのかというと、建材の価格を抑えているからという点と、標準化を進めているからという点があげられます。これが、アイフルホームが品質も充分なローコスト住宅を実現できる理由だワン!なぜ、ローコスト住宅が可能なのか?タマホーム、レオハウス、ローコスト住宅と聞いて頭に浮かぶ数々の住宅メーカー。アイフルホームも、そんなローコスト住宅メーカーの一つ。坪単価は20万円...

 
 

ロフト付きの住宅は、アイフルホームでもポピュラーなもの。規格住宅の「i-Prime7」でも、ロフト付きはラインナップしています。注文住宅でも実績は多いのです。それでいてローコストというのが、アイフルホームのうれしいところだワン!「i-Prime7」にもある、ロフト付きイレギュラーに弱いとか、柔軟性にかけるとか。ローコストでコストパフォーマンスが高い住宅を得意とする一方で、アイフルホームの弱点には色...

 
 

カントリー調が魅力的なログハウスなのですが、実は住宅には向かない特徴を持っています。そこでアイフルホームが提案するのがログハウス調の住宅、アイフルホームならではのローコストで、魅力的な外観ができあがるのだワン!ログハウスならではの弱点とは?ログハウス、丸太や角材を積み上げていくことで造られた家屋、近年人気が高い住宅の仕様です。外壁材は丸太、これは他の住宅の構法と比較しても分厚い外壁を持っているとい...

 
 

アイフルホームのサイディングを守る外壁塗装は、非常に長持ち。さらに雨水だけで汚れを落とす仕様の外壁塗装なので、アイフルホームはいつまでも美しいまま。加えて、メンテナンスコストも抑えることができるワン。サイディングの持ちを左右する、外壁塗装アイフルホームで用いられている外壁材はサイディング。セメントと繊維質で作られた、サイディングボードで外壁を覆っているのです。価格が比較的手ごろで丈夫、デザインも豊...

 
 

近年、需要が高まる玄関収納だけにアイフルホームも豊富なプランを持っているもの。棚の工夫からシュークローク、ファミリーエントランスや玄関収納から洗面所へ直行できるなど、様々なアイデアをアイフルホームは持っているワン。収納は奥さまの大関心事家を建てるといった場合に、奥さまの大関心事といえば、まずはキッチン。そして、キッチンに劣らぬ関心事といえば収納でしょう。書店のセールスを見ていても、必ず上位に収納関...

 
 

徹底してコストを削ったアイフルホームのプライム7は、Webで完結する規格住宅。しかしならがバリエーションは豊富ですし、性能も充分。プライム7はアイフルホームらしさが詰まった、ローコスト住宅なのだワン。Webでほぼ全て完結の「プライム7」アイフルホームの「i-Prime7(プライム7)」とは、大きな話題となっているシリーズ。ウェブハウジングとアイフルホームが名付けた方法で、家を建てていくのです。特徴...

 
 

プライム7の間取りは現在14種類。アイフルホームがよく練ったものばかり。そして、プライム7の間取りはそれぞれ特徴があるもの。どれも基本性能が高いアイフルホームのものですから、満足度は高いはずだワン。2階建て14種類というプライム7のバリエーション2階建てが14種類、間取りは「19坪・1LDK・2階建」てから「34坪・4LDK・2階建て」まで。以上がアイフルホームのネット専売住宅「i-Prime7(...

 
 

ペアガラスは住宅の断熱性能を左右するもの。それだけに、アイフルホームで用いられている窓ガラスはペアガラス、そしてトリプルガラス。サッシもアイフルホームならではのものが、標準で用いられているワン。住宅の断熱性能を左右するペアガラス光熱費を抑えられる上に環境にもやさしい、住宅で近年注目されるのが省エネ性。省エネ性能が高い住宅ということは、外部環境に左右されない住宅。つまり断熱性能が高い住宅ということな...

 
 

アイフルホームで推している玄関収納、必須の要素は下駄箱なのです。そして、玄関収納の使い勝手を決めるのは下駄箱次第。例えば棚板を多めにアイフルホームにオーダーするなど、細かい計画で使い勝手がずいぶん向上するものだワン。玄関の収納には頭を悩ませるものアイフルホームが独自に調査した結果によると、玄関に悩みを抱えている人は全体の8割以上。主に、泥汚れと収納スペースの少なさに悩んでいるという結果が出ています...

 
 

アイフルホームの玄関ドアはトステム製、ベーシックなシリーズながらもカラーバリエーションも豊富。そんな玄関ドアが用意されているのがアイフルホームならでは。基本を抑えた住宅にピッタリの玄関ドアなのだワン。アイフルホームの玄関ドアはトステム製アイフルホームを手がけているのは、LIXIL住宅研究所。この名の通り、住宅設備の巨大メーカー「LIXIL」と非常に深い関係を持った会社が手がけているのです。それだけ...

 
 

住宅設備の選択肢が低いなど、自由設計をうたっている割にアイフルホームの制約は多いもの。その理由は、アイフルホームのコスパを高めるためなのです。自由設計の度合いを低くして、コスパを高めるのがアイフルホームなのだワン。アイフルホームはLIXILの関連会社規格住宅の「アイプライム7」など一部の商品を除いて、アイフルホームは自由設計。間取りなど、施主の希望通りの住宅を建てることができるのです。しかし自由設...

 
 

アイフルホームに本格的な和室を依頼するのは、荷が重いというもの。その代わり、ローコストで本格和室「風」のものを造ってしまう、これがアイフルホーム。最近流行りの、モダン和風も大得意としているワン。本格的な和室は苦手なアイフルホーム日本古来の木造軸組工法で住宅を建てる、これがアイフルホームなのです。日本の風土にあっていて、融通が効くのが木造軸組工法のメリット。しかし、残念ながらアイフルホームの住宅への...

 
 

アイフルホームの注文住宅は大きく3つのグレードに別れ、断熱性能で差がつけてあるのですが、床断熱材については差はありません。主に用いられている床断熱材はグラスウール、場所によっては他の素材で補う形をアイフルホームはとっているワン。グレードによって断熱性能もアップアイフルホームの注文住宅のシリーズといえば「セシボ」。最近、こちらの商品ラインナップが見直され「爽」、「零」、「極」の3種類に整理されました...

 
 

税金が返ってくる制度、住宅ローン減税。そのためには長期優良住宅という条件を満たさねばなりません。アイフルホームなら、税金が返る住宅がローコストで建つ。これも、アイフルホームが優れている点なのだワン。長期優良住宅を立てれば、税金が返ってくる消費税の負担増による消費の落ち込みを補うために、導入された住宅ローン減税。これは、住宅を購入すると収めた税金の一部が10年間に渡って返ってくるという制度。一般の住...

 
 

住宅を購入する際に値段は非常に気にするものの、住宅ローンまで考えている人は少ないもの。アイフルホームが提携しているソニー銀行の住宅ローン、非常に低金利なのです。アイフルホームで建てるメリットが、また一つ!ということだワン。住宅ローンの安さも考慮するべしどこの住宅メーカーはローコストだとか、コストパフォーマンスが高いとか。そんなことを考え出すと、まず気になるのが坪単価について。坪単価でメーカーを選び...

 
 

住宅メーカーでは珍しく地震保証(耐震補償)を備えているのがアイフルホーム。耐震性には、絶対の自信を持っているのです。だから地震保証を備えている、何かあったときにも安心できる住まい、ということだワン。地震には強い!これがアイフルホームアイフルホームはローコスト系の住宅メーカー。しかし、他の住宅メーカーに劣らない、高品質な住宅を手がけることで知られています。どんな所が高品質なのか?例えば、高い断熱性。...

 
 

高い断熱性能を誇るアイフルホームは、断熱材の厚さで住宅のグレードも変わります。アイフルホームの上位グレードに用いられる断熱材はHQP-W。他の素材と比較できないほどの厚さで高い断熱性能を実現しているワン!3つのタイプの断熱材の差は?アイフルホームのセシボ・シリーズには爽・零・極の3種類がラインナップ。坪単価は30万円から48万円と、大きな幅を持っています。最上位モデルの「極」は太陽光発電パネルを標...

 
 

防音は非常に主観的なもの、加えてアイフルホームはことさら防音性に定評があるメーカーではありません。そこで防音が必要ならば、アイフルホームに別個に相談を。二重サッシにするとか、防音仕様にするとかアイデアは色々あるはずだワン。アイフルホームの防音が、もし不満なら壁には分厚いフェノールフォーム、もしくは、相当なボリュームのグラスウール。窓にはトリプルガラス、もしくはペアガラス。これは、アイフルホームの注...

 
 

アイフルホームでおこなっている10年点検は2種類。その後、言われた通りに補修をおこなうと、それぞれ保証が延長されます。しかし、気になるのが延長される、アイフルホームの保証の内容。10年点検を受けた後なのだワン。10年点検の後に、迫られる決断アイフルホームでは新築後、2カ月、6カ月、そして1年と無償点検がおこなわれます。そんな1年点検後、あとは2年、5年、10年と無料点検されるのです。そんな点検の中...

 
 

アイフルホームの保証は点検・補修を受けることで、20年保証に延長されます。しかし問題は、この20年保証の内容がはっきりしていない点。アイフルホームのHPに、何も具体的なところが書かれていない、要確認ということだワン。60年保証も用意されているアイフルホームアイフルホームの住宅は、基本的な部分について10年間の保証期間が付いています。そして、その後2種類の点検・工事から選択ことにより、保証期間を延長...

 
 

アイフルホームはLIXILのグループ会社なのですが、そのことが床暖房の価格でも活きてくるもの。アイフルホームなら他の住宅メーカーよりも低い価格で、床暖房を導入することが可能。そして、導入するなら新築時がお得なのだワン。LIXILのグループ会社であるというメリットアイフルホームで家を建てると、様々な利点があるのです。その中で最大のものはLIXILのグループ会社であるという点。住宅設備の巨大グループL...

 
 

窓と玄関に対策を施せば、ほぼ防犯は完成するもの。アイフルホームの窓の防犯対策はオプション、シャッターが人気となっています。アイフルホームの玄関は標準でダブルロック、これで防犯は、ほぼ完璧といって良いワン!防犯対策なら窓と玄関家人の不在を狙って住居へ侵入する空き巣。警視庁がまとめたデータによると、その侵入経路は窓が60.1%、玄関が35.6%。この2つの侵入経路を合計すると95.7%となっているので...

 
 

オーソドックスな構造を持つアイフルホームだけに、増築は比較的容易なもの。ですから、アイフルホームに依頼すべきか、他の工務店にすべきか悩みます。ならば、相見積もりを取りたいところ、。高額な増築だけに少しでも安く上げる方法を紹介するワン。増築も比較的容易なアイフルホームコンパクトで実用的、そんな平屋建ての住宅を建てたけれど、手狭になったので増築をしたい。しかし、増築といってもそう簡単にできるものではな...

 
 

アイフルホームなら800万円で家が建つ!といっても、さすがに選択肢は広くはありません。800万円で建つイエのバリエーションは2種類、それでも基本性能はしっかりしているなど、性能はアイフルホームならではのものなのだワン。800万円台で建つ家は2種類あらかじめ決められた間取りの住宅を建てる。こんなアイフルホームの規格住宅「iプライム7」に用意されている間取りは14種類。そのうち2種類が税抜800万円台...

 
 

アイフルホームが標準で用意している床材、購入層、質感。これらを考慮すると、おすすめの床材の色は明るめということになります。アイフルホームだからこそ、明るい床材を選べる、こんな風にいいかえることもできるワン!明るい床材がおすすめの理由床の色は好きなものを選べばいいのではないか?そんな風に思えますし、実際、好みで決めるのが床の色なのです。しかし、アイフルホームに限っていうならば、床の色は明るめの方がい...