一条工務店 セゾン 価格

MENU

一条工務店の洋風注文住宅「セゾン」価格が気になる!

他社との差別化が非常にうまい一条工務店は急成長中の住宅メーカー。

 

洋風仕様のセゾンも抑え気味の価格で人気を呼んでいます。

 

一条工務店ならではの工夫はセゾンの仕様を見ていても光るもの、この辺が一条工務店らしさなのでしょう。

 

様々な特徴が際立つ一条工務店

今、一番勢いがある住宅メーカーとは?

 

ローコスト系の成長も一段落した現在、そう問われるたならば「一条工務店」の名前を挙げるのが正解でしょう。

 

「免震」、現在でこそ他のメーカーも同じような仕様で住宅を販売していますが、その先駆けは一条工務店。

 

現在の住宅のトレンド「高断熱・高気密」では、他の追従を許さないレベルの数値を達成。

 

自己負担ゼロで太陽光発電を設置できる、独自の供給方法「夢発電システム」。

 

そして、全館床暖房へのこだわりでも高い支持を得ている住宅メーカー。

 

2015年の一戸建て販売においては業界2位という、堂々たる実績を達成しています。

 

そして一条工務店は、様々な商品ラインナップを持っています。

 

業界トップレベルの省エネ性能がセールスポイントの「アイ・キューブ」、純和風の「百年」、規格型住宅の「アシュレ」。

 

そして、オーソドックスな洋風注文住宅のラインが「セゾン」です。

 

内装にソロモンマホガニーなる高級材をふんだんに用いる、外装はレンガタイル貼りなど、いかにも高級そうな佇まいが特徴。

 

しかし、坪当たりの価格で見ると50万円台で何とかなってしまうという、お得な感じ。

 

このセゾンに内外ダブルでの断熱をオプションで用いると「夢の家」仕様になり、坪当たりの価格が約3万円ほどアップ。

 

「夢発電システム」を利用するならば、初期費用ゼロで太陽光発電の導入が可能。

 

評判の免震システムのオプション価格は、1階の床面積×14万円、、、。

 

ここまでやると、完璧な一条工務店ファンということになります。

 

仕様は色々用意される「セゾン」シリーズ

さて、そんな一条工務店のセゾンですが、標準仕様の「セゾンF」、細かいところでダウングレードさせた「セゾンA」。

 

加えてキャンペーン仕様の「セゾンV」が現在は選択できるようになっています。

 

しかし、これらは便宜上のこと。

 

打合せで細かいところまで仕様を決めていった所、結果「V」になった、という感じになるはず。

 

お客さん側が初めから意識することではありません。

 

カジュアルな印象のセゾンの平屋

そしてセゾンは注文住宅だけあって、もちろん平屋建てにも対応可能。

 

例によって、様々なブロガーさんが一条工務店での家造りを紹介しており、セゾンの平屋建ての外観デザインを公開しています。

 

確かに、同じ一条工務店で重厚さや純和風をセールスポイントにした「百年」の平屋と比較すると今ひとつ軽快な印象。

 

しかし、言い換えるならばそれだけカジュアルで今風ということもできるでしょう。

 

坪当たりの価格が50万円台でセゾンが建ってしまう、更には太陽光発電システム導入もゼロ、、、これらはグラっと来てしまう条件。

 

一条工務店の急成長の理由がわかるというものですね。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと一条工務店のセゾンを細部まで詳しく知れます。

 

一条工務店のセゾンの施工例をみていると平屋が多く掲載されている点に気づきます。この理由は、在来工法のセゾンならではの自由度のアピールでしょう。加えて、一条工務店の平屋は坪単価が変わらないとの情報もあるのですが、、、。なぜか平屋推しの一条工務店一条工務店の公式ホームページでは「セゾン」や「セゾンA」の施工例が色々と掲載されています。そこで感じるのは、平屋が多いという点。同じ物件も掲載されていたりはす...

 
 

一条工務店「セゾン」の天井高は、他のメーカーと比較しても高い部類。開放感が違うとの理由で天井高にこだわる人も多く、良い評価を得ています。それ以外にも魅力の多い一条工務店「セゾン」、人気のほどがうかがえるというものです。やはり天井高は高くないと!と考えるなら天井高は1,400mm以下、床面積は設置されている階の半分以下、、、こうなると、このスペースは居住するところと考えません。こんな条件ならロフトと...

 
 

一条工務店のセゾンに用意されているキッチンはバリエーションも豊か、機能面でも問題はなさそう。しかし、なんだか最新型のイメージはありません。一条工務店のセゾンと相性は良さそうなのですが、こだわり派からは辛めの評価です。セゾンとマッチするオリジナルのキッチン一条工務店の洋風建築、セゾンはスタイリッシュさと暖かさを両立したデザインで人気を呼んでいます。そして、充実した装備もまた評判が良いのですが、その代...

 
 

一条工務店のセゾンを含む近年の住宅の多くで網戸はオプション扱い。そして網戸を後付けしたという声も多いのです。これはエアコンだけで過ごせというメッセージなのか?それとも一条工務店・セゾンの性能に対する自信なのか?どちらなのでしょうか。エアコン付けっぱなしのリスクが低い近年の家夏場に「一日中エアコンを付けっぱなしにした結果」というタイトルのまとめ記事を某掲示板で見かけました。結果から言うと電気代は変わ...

 
 

一条工務店のセゾン、インテリアには天然木を多用し、ヨーロピアンスタイルにまとめられています。もっとライトなテイストなら一条工務店のセゾンA、明るい色目でこちらも人気なのです。インテリアに多用されるソロモンマホガニーリボン杢と呼ばれる独特の木目で知られるマホガニーは、非常に人気のある高級材。家具や高価格帯の楽器、例えばギブソン社の人気モデルであり、多くのギタリストが愛用するレスポールなどに用いられた...

 
 

一条工務店のセゾンなど、人気のオプションといえば床暖房と太陽光発電。両方とも一条工務店ならではの特別価格で導入できるオプションということもありセゾンでも大人気!別格の快適な生活が待っています。モデルハウスとは一般的に、、、例えばトイレや床、キッチンなど、モデルハウスのあちこちに貼り付けてある「オプション」と書かれたシール。文字通りこの設備は標準仕様ではなくてオプションですよ、というのがわかるように...

 
 

有名壁紙メーカーならば一通り選べるのが、一条工務店のセゾン。壁紙の選択肢がありすぎて迷う、そんな場合は張り替えることを念頭に安価なものを選ぶのも一つの手。張替えは一条工務店を通さずに自分でやるのが前提なのですが。張り替えるもの?使い続けるもの?コストパフォーマンス、、、近年ではコスパなんていうみたいですけれど、住宅でもっともコスパが高いアイテムは壁紙ではないか?そんなことをよく思います。壁紙といい...

 
 

セゾンにリビング階段が多いのは、一条工務店らしい理由からでした。一条工務店のセゾンでリビング階段を採用する人が多いのは、一条工務店ならではの高気密・高断熱あってのこと。加えてオープンステアなる透ける階段の採用例も多いのです。するとセゾン標準の階下収納が使えなくなり、、、色々問題点も出てきます。一条工務店だからこそ、リビング階段「頭の良い子が育つ間取り」というのが、一時話題になっていました。例えば、...

 
 

一条工務店のセゾンにはカーテンが付属していませんから、自分で何とかして取り付ける必要があります。セゾンで一般的なケースは、一条工務店に紹介されたカーテンショップで購入するというものですが、どうやら他の方法もありそうなのです。布と考えるか、インテリアの一部と考えるかたかが布じゃないか、、、と考えるか、部屋のイメージを大きく左右するインテリアの重要な要素と考えるか。「たかが布」派がカーテンを選ぶとなる...

 
 

一条工務店のキッチン周りは優秀と評判ですが、とりわけセゾンのものはカップボードも合わせて魅力的です。無垢材の味を活かしたカップボードは標準仕様でも魅力充分、一条工務店のセゾンとの相性もバッチリなのです。魅力的なカップボードを見つけてもちょっと前まで食器棚と呼ばれた家具は現在カップボードと呼ばれています。食器を収納し、ディスプレイも兼ねるというカップボードは存在感もありますし、キッチンの雰囲気を大き...

 
 

セゾンを始めとして一条工務店の多くのモデルに採用されているトータルシステムクローゼットやシステムクローゼットは非常に優秀。収納をしっかりおこない、一条工務店のセゾンの魅力を存分に楽しみたいものです。セゾンのおすすめクローゼットとは?自称きれい好きなものですから、収納についてよく考えるのですが、、、まあ難しいですよね、クローゼット。スペースが有ればいいというものでもありませんし、棚を付ければいいとい...

 
 

一条工務店は住宅設備の内製化を進め高品質化に成功、セゾンの標準装備は目を見張るばかりです。しかし家具選びにおいては、家具メーカーのショールームへ連れて行くのみ。一条工務店ならば、セゾンにピッタリのものを作れそうなのですが。本当に自社製造が多い一条工務店システムキッチン、ユニットバス、、、大抵の住宅メーカーではこれらの住宅設備はオリジナルのものを使っているという触れ込み。ところが、実は他の大手住宅設...

 
 

一条工務店のセゾンの基礎幅はAとFで差別化がなされています。しかし幅が狭いAですら、150mm、これは他の住宅メーカーと比較しても充分な広さ。強靭な基礎を自負する一条工務店、セゾンの強度は万全といえるでしょう。2種類の基礎を使い分ける一条工務店ベタ基礎と布基礎、住宅の基礎は2種類あり、一条工務店のセゾンの場合、地盤に合わせてどちらにするか決定します。すでに建っている住宅でも目にすることができる、地...

 
 

気密性には自信を持っている一条工務店、C値が高いことを宣伝している一方で、セゾンの気密性については公表してません。セゾンの構法は気密性という点においては不利、一条工務店ですから滅多なことはなさそうですが、、、。一条工務店が考える、家の基本性能とは「家は性能」、公式HPにも、一条工務店の住宅を建てている現場のビニールシートにもデカデカと書かれているキャッチフレーズ。ここで一条工務店がいう「性能」とは...

 
 

顧客が洋風住宅を志向しており、間取や天井高などに高い要望を持っている場合、工法から考えて一条工務店ではセゾンを推すことになります。セゾンが用いている工法は木造軸組工法、融通の高さから一条工務店でも採用している工法なのです。セゾンは日本古来の木造軸組工法一条工務店が用いている工法は日本古来の木造軸組工法と、アメリカで主流の木造枠組壁工法。結果、様々なバリエーションの住宅をラインアップすることができる...

 
 

一条工務店のセゾンは、木造軸組工法を独自に発展させたモノコック。その分、工期は長めになっています。工期が長い分、作りは頑丈、さらには間取りの自由度も高いセゾン。一条工務店が自信を持って売り出しているのもわかります。工期が短い木造枠組壁工法一条工務店が手掛ける住宅は工法で分けると、木造軸組工法と木造枠組壁工法の2種類になります。本格洋風建築として人気の「セゾン」が前者、木造軸組工法。オール電化・床暖...

 
 

土地と住宅を所有しているだけでかかってくる税金、固定資産税。一条工務店得意、セゾンでも導入しがちの太陽光パネルと床暖房。これにも固定資産税がかかってくるのが一条工務店ならではの事情。それだけセゾンは高く評価されているということです。そもそも固定資産税とは?念願の一戸建を購入した場合、初夏のころに固定資産税を納付するように連絡が来るものです。土地と建物を所有していたら、当然かかってくる固定資産税、し...

 
 

レンガ使いが外壁のアクセントになっている一条工務店のセゾンですが、あれはサイディングではなく本当のレンガ。セゾンではサイディングを用いる例はほとんどありません。内製化にこだわる一条工務店、サイディング使いが苦手そうなのです。自社生産にこだわる一条工務店突然ですが、パソコンを分解したことがありますか?CPUはアメリカ製のインテル、メモリーは台湾製、ハードディスクは韓国製といった具合でパーツのメーカー...

 
 

セゾンをオプションなしで建ててしまうと、サッシもごく普通のものになり、一条工務店自慢の高断熱仕様にはなりません。しかし夢の家仕様にすると、サッシも樹脂になるなどセゾンも一条工務店らしい断熱性をかなえることができるのです。https://www.ichijo.co.jp/topics/dream_4.shtmlセゾン標準の断熱仕様ではこころもとない?業界トップクラス、自慢の高断熱高気密でもって「家は...

 
 

標準のセゾンでは、一条工務店ならではの「性能」はクリアできません。しかし、それ以外の魅力も大きいのがセゾン。例えば一条工務店のラインナップの中では天井が高いという点。天井の高さは快適性に大きな影響を与えるのです。夢の家仕様にしなければ一条工務店ではない?!あれだけ高気密・高断熱を煽っている一条工務店なのに、通常のセゾンでは業界トップレベルの気密性・断熱性は叶えられません。意外と知られていないことな...

 
 

無垢材を多用した内装のセゾン、一条工務店らしい重厚なテイストで仕上がっていますが、もっとライトテイストの内装がお好みならばセゾンA。このように一条工務店の洋風建住宅は2つのテイストが用意されているのです。無垢材を多用した重厚なセゾンの内装豪華客船とかホテルのスイートルームとか、、、一般的に豪華とよばれる部屋の内装には木が多用されています。何となく落ち着くとか味わいがあるとか、手入れ次第でますます味...

 
 

セゾンで選べるフローリングの選択肢が少ない!そんな声に答えた一条工務店は「ライブナチュラル」シリーズをオプションに追加。セゾンと相性もバッチリのライブナチュラルなのですが、これでは一条工務店のコストパフォーマンスが、、、。自社生産のフローリングの評判は?「HRD」と一条工務店の関係を、今ひとつ把握できていなくて申し訳ないのですが、、、。一条工務店はフィリピンにあるHRDなる巨大工場で、住宅設備や内...

 
 

内製化が好きな一条工務店には珍しく、最近ではTOTOのハイドロテクトタイルを用いた商品をラインアップしてます。しかしセゾンではハイドロテクトタイルは使えなさそう、一条工務店風の外観のセゾンを敬遠する人もいるようで、、、。単なる陶器メーカーからハイテクメーカーへちょっとミッドセンチュリーデザインのレトロなコーヒーカップ、裏には「Toyotoki」の銘がありました。東洋陶器つまり現在のTOTO。現在で...

 
 

ハニカムシェードなるものが近年では流行っているようで、一条工務店のセゾンでも導入する人が増えています。目的は高い断熱性、その反面結露が起こるという評判もあります。セゾンで結露は致命的、一条工務店の話を聞いた上での導入をおすすめします。見た目がスッキリのハニカムシェード近年、カーテンではなくハニカムシェードなるものを、窓に取り付けるお家が増えています。ハニカムシェードとはロールスクリーンのようなもの...

 
 

一条工務店のセゾンは柱で支える在来構法を用いているので、より日本古来の家に近い造り。加えて、セゾンの柱は太さも4寸角という一条工務店以外ではあまり見ないサイズのもの。見た目でも理解できる高い強度が自慢なのです。セゾンとアイ・スマート、違いはテイストだけ?一条工務店のセゾンとアイ・スマートで悩んでいます、、、こんな話をよく耳にします。外観から内装からテイストも何もかも違うんだし、何で悩むんだろうかと...

 
 

大好評のセゾンは一条工務店の主力商品、良い評判が多いものの、中には残念な評判もあるもの。その理由は一条工務店ならではだったり、セゾンだからというものだったり様々。その一部を今回は見ていくことにしましょう。セゾンの今一つの評判を集めてみる近年ではアイ・スマートなどに押されがちではあるものの、やっぱり一条工務店の主力商品はセゾン。ヨーロッパをイメージした外観と、無垢材を多用したリッチな内装が人気の理由...

 
 

一条工務店でセゾンと名前がつく2つの商品、標準仕様で様々な差がつけられています。セゾンAはカジュアル感、セゾンは重厚感、小さな標準仕様の差を積み重ねて、一条工務店は両者の違いを出しています。セゾンとセゾンA、標準仕様の違いは?一条工務店で洋風の家を注文住宅で建てたいな、、、そう思うと候補に上がるのが「セゾン」と「セゾンA」。3,000パターンから選べるという規格住宅のセゾン「アシュレ」というのもあ...

 
 

一条工務店の弱みはセゾンシリーズに限らず、オプションの幅が狭いことでした。ところが、フローリングなどは社外品をオプションとして用意し始めたのです。フローリングは専業メーカーのものだけに好評、一条工務店のセゾンの魅力がアップしたかのようです。社外品も取り入れ始めた一条工務店一条工務店の強みは住宅設備などの多くを、海外の超大規模な工場で自社生産できる点。高いコストパフォーマンスぶりを発揮してきたのです...

 
 

セゾンで強調しておくべきは「夢の家」仕様にしないと吹き抜けが寒くなる可能性があるという点。一条工務店ならではの性能を満たすにはセゾンではオプションが必要。さもないと吹き抜けのせいで光熱費が大変なことになりかねません。一条工務店の製品全てが必ずしも高性能ではないのです。一条工務店なら吹き抜けは得意、のはず一条工務店の公式HPや、各地の営業所のHPを観ていると数々の施工例がアップされています。その中で...