建て替え 費用 相場 目安

MENU

平屋への建て替え費用相場・目安を徹底調査!除去費が怖い?

建売を購入するのではなく、建て替えをして平屋建てに住みたいと考えています。

 

そっち(建て替え)の方が、新築を購入するよりも費用も安価に済むのではないかと思ったのですが。。

 

実際に調べてみると、建て替えには意外な落とし穴が?!

 

平屋建てに建て替えたいと思った理由

私が今の実家を建て替えて平屋建てにしたいと思った理由ですが、それはなんといってもマンション住まいが長いこと。

 

マンションは平屋建てだと私は勝手に思っています。

 

階段があると、どうしても行き来が大変だし、年をとった両親の昇り降りを考えるとやはり平屋建てが良いのではないかと。

 

しかし、この意見にも他の考え方があると思います。

 

平屋建てではなく、2階建てにして階段を作った方が体力が衰えないとか。

 

確かに一理あると思います。

 

建て替え費用の相場、目安は?

建て替えの費用相場としては、どうやら3000万円くらいが一般的なようです。

 

この目安金額を見てみると、新築一戸建て(土地付き)を購入するのとほとんど変わらないと思いますね。

 

実家の土地は、約30坪程度でしょうか。

 

それで建て替えを検討すると、ちょっと凝った建屋だと3000万は覚悟しておかないといけないみたいです。

 

知り合いの大工さんとか、建築会社があると、もう少し安くできるのでしょう。

 

あとは、どこを削るか、ですね。

 

建て替え費用を安くするためには、できるだけシンプルな間取りと構造とするのが一番でしょう。

 

複雑な間取りにしたり、規格にない寸法を使った注文住宅にすれば、当然ですが建て替え費用は高くなります。

 

意外に盲点だったのが「除去費」!

建て替えを検討する時に、切っても切り離せないのが「除去費」。

 

この除去費とは、今建っている家を処分する費用です。

 

今の家を解体することで出るゴミを処分するための費用ですね。

 

もちろん、解体費用も別途かかるでしょうから注意が必要です。

 

この除去費を安く抑えるためにポイントは、シンプルにゴミを出さないことでしょう。

 

廃材をリサイクルすることを念頭においた設計が必須ですね。

 

とはいっても、古い木材や壁材、屋根材など、どうしてもゴミとして廃棄するしか無いものが必ずあります。

 

そのための費用がバカにならないんですね。

 

その除去費を含めて、平屋建てへの建て替え費用は安くても、2000万、贅沢な凝った造りを目指すなら3000万円は、目安として用意したいと思っています。

 

もちろん、住宅ローンを考えますし、除去費については補助もあるようなので、そういった制度があるかないか自治体に問い合わせてみたり、そういった地道な努力が鍵を握っているようです。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

実家の平屋建てへの建て替えを検討した僕のメモ↓

 

私は以前、二世帯住宅の建て替えを検討したことがあります。古くなった実家を建て替えられないかと思ってです。実際には建て替えするまでに至らなかったのですが、その時に学んだこと、特に注意しておきたい点をまとめてみました。二世帯住宅の建て替え費用は、やっぱり高い!私も二世帯なのでわかりますが、二世帯住宅というと住む人が多いわけです。至極単純なことなのですが、うっかり忘れてしまいがちなところ。住む人が増えれ...

 
 

ローンの頭金については、非常に悩みどころですよね。建て替えローンともなると、金額が高額になりますから、後々の返済を考えても、頭金は重要なポイントになることは間違いありません。私自身が建て替えローンを検討した時の状況(貯金100万円)と、仮に貯金が500万円あったらどうするか、考えてみました。頭金は払わないフルローンが良い?私が建て替えローンを検討した際には、頭金はありませんでした。貯金が100万円...

 
 

建て替えを検討する場合、いくつか考えなければいけないことがあります。それは、今現在、住宅ローンがあるのか、無いのか。また担保となる土地があるのか、無いのか。頭金はどれぐらい用意する必要があるのか。と、建て替えローンについて考え出したらキリがありませんが、今回は金利についてまとめてみました。建て替えローンは、変動金利か、固定金利か。ローンを組む場合、一番悩むところが、変動金利にするか、固定金利にする...

 
 

建て替えを考える際に、現金一括払いができる方は少ないことでしょう。私もそんな額の現金など、持っていません。ですので、建て替えを検討する際には、もちろんローンを考えました。その際、審査について調べた点をまとめてみます。建て替えローンの審査、こんなところを見られる。借り入れの審査では、概ね以下の3点を見られるようです。1.信用情報(いわゆるブラックでないか)2.勤務先(企業と勤続年数)3.年収(無理な...

 
 

建て替えを検討する際には、どこに施工を依頼するのかは重要なポイントになります。なかでも大手のハウスメーカーに依頼する際には、高い技術力だけでなく、大きな安心感を得られることになるでしょう。今回は、セキスイハイムの建て替えについて検討してみました。セキスイハイムの建て替え費用はやっぱり高い!大手ハウスメーカーであるセキスイハイム、意外に建て替えに強いです。セキスイハイムというと、新築ばかりかと思って...

 
 

建て替えを行うために、仮住まいは必須です。仮住まいの物件はどうやって探せばよいのか。。ペットは?インターネットは?仮住まい専用賃貸物件を探す方法建て替えを検討し始めるとともに、仮住まいのについてどうするかを検討し始めましょう。当然ですが、建て替えの工期中は家に住むことはできません。そのため、短期間でも住める場所を確保する必要が出てきます。今は便利な世の中になったもので、仮住まい専用のサービスを行っ...

 
 

低予算の中で見つけた愛する我が家は、いわゆる狭小住宅。最近、家の老朽化が目立ってきたなと思い、建て替えを相談してみると。。なんと!?建て替えが非常に困難だということが分かりました!狭小土地に建つ家の建て替えは非常に困難東京で人気の狭小住宅ですが、この狭小住宅、建て替えることはほぼ不可能に近いです。というのも、狭小住宅の場合、使える土地がかなり限られていることは言うまでもありませんが、その狭い土地を...

 
 

建て替えを行う場合、施工会社を決め、仮住まいも決まり、いよいよ工事開始!となったら、今度は近隣トラブルが悩みの種に。。人間同士、いろんな感情が渦巻く世の中ですから、建て替えによる近隣トラブルは慎重に対処しましょう。建て替え工事の騒音が近隣トラブルを招く!ドドドドド!バリバリバリ!ズガガガガガ!建て替えには騒音がつきものですが、この騒音が元で近隣トラブルが発生します。ほぼ間違いなく近隣トラブルが発生...

 
 

せっかく建て替えが終わって、理想の家を手に入れたはずなのに建て替えしたことを後悔する人が少なくありません。何が原因で、どうなってしまったのか。そういった建て替えの失敗談を知ることで自分たち家族の未来を守りましょう!建て替えに後悔する理由。やっぱり金銭的な問題が一番せっかく大量の時間とお金をかけて、建て替えた家が完成したのに、中には建て替えを行った事自体を後悔してしまう方もいます。建て替えをしなかっ...

 
 

建て替えの工期はどれぐらいが適切?工期は短いほうが良いと聞くけれど、本当のところはどうなのか。また、詐欺的な業者に引っかからないために注意したい点も記載しておきます。建て替えの工期は概ね3〜6ヶ月程度が普通建て替え工事の期間(工期)は、だいたい3〜6ヶ月が通常必要になってきます。工事中は、なるべく現場を訪れるようにして、業者さんにお茶出しなどをするようにしてくださいね。私が建て替えを行う場合、平日...

 
 

積水ハウスで建て替えする場合、坪単価はやっぱり高い。。でも、安心感が違います!積水ハウスはリフォームにも力をいれていますから、建て替えまでしなくても済むかもしれません。積水ハウスで建て替えた場合の坪単価(太陽光有り)積水ハウスはご存知、大手ハウスメーカーですよね。コマーシャルもバンバン打ち出していますし、社員さんも沢山いて研究開発にも積極的、モデルハウスも物凄い豪華なものが全国に建っています。こう...

 
 

建て替えに適したタイミングはあるのか。。。そう思い、専門家に相談してみた時の話をまとめてみました。多額の借金を背負うわけですから、慎重に計画を立てていきましょう!建て替えのタイミングを間違えると大変な目に・・・私が以前建て替えを検討していた時に、建て替えに適したタイミングはいつなのだろうかと専門家に質問をしてみました。そうしたら、「建て替えをしたいと思い立ったら、それが一番いいタイミングですよ」と...

 
 

建て替えには、沢山の注意点が存在します。理想の家を手に入れるためには当然ですが、建て替え中の生活や建替え後のご近所とのお付き合いなどを踏まえた上で、注意しておきたい点をいかに洗い出してみました。仮住まい私が建て替えで一番注意したいと思ったのは、何と言っても仮住まいですね。建て替えている間、どこに住めば良いのか。私の場合だと猫を飼っているので、ペット可であり、短期がOKな物件を探す必要があり、更にハ...

 
 

ずっと夢だった地下室。建て替えを機に、いよいよ地下室を作ってオーディオルームを持ちたいと考えて金額を調べてみたら、、、男のロマン、地下室は高い!男だったら、一度は地下室という夢を追いかけたいところなんだけど、地下室って物凄く高いです。。私は、建て替えるなら地下室を作って、夢のオーディオルームにしたいとずっと夢見ていたんですね。で、この現実を知ったわけです。どれぐらいかというと、8畳であっても100...

 
 

築年数が何年だったら、建て替えた方がいいのか?私が実家を建て替えようと考えていた時のことを元に、築年数と建て替えのタイミングについてまとめてみました。また、返済計画を踏まえた年齢に対する考察もしています。建て替えに適した築年数は30年建て替えのタイミングとして、築年数が何年であると良いかと聞かれることがあります。実は日本家屋は、昔の家であれば築100年は平気で持つように作られていたのですが、いまの...

 
 

建て替えの間、荷物の保管場所については、どうしたらいいのでしょうか?二世帯ともなると、仮住まいには全て荷物が入りきらないと思います。そんな時には、引越会社の「荷物一時預かり・保管」サービスを利用するのも一つの手です。建て替え中の仮住まいに荷物が入りきらない可能性大!建て替えを行う場合、必ず仮住まいの家に一度引っ越すことになりますね。その場合、仮住まいは賃貸マンション、もしくは賃貸アパートになるかと...

 
 

私も、将来は平屋建てに住みたいと思っています。夫婦二人にピッタリの平屋建てに建て替える、その理由に迫ります。夫婦二人の終の棲家に平屋への建て替えが急増中私も平屋建てがいいなと思っているのですが、今、建て替えをする人の中でも平屋建ての人気が上昇しているようです。平屋建てというと、昔のイメージではどうしても隠居老人が住むイメージが強いのですが、今は平屋建てが物凄くオシャレなんですよね。平屋建て特有の大...

 
 

住宅ローンといえばフラット35!私も建て替えを検討している時に、フラット35を検討したことがあります。メリットとデメリット、両面からの考察をまとめてみました。実は民間の住宅ローンの方が諸費用が断然やすい?!建て替えのローンを検討していて、今はやりのフラット35も確認してみたんですが、諸費用がメッチャ高額で焦りました。。住宅ローンを組む際に加入する団体信用生命保険が、民間の住宅ローン(ネット系)の場...