タマホーム 価格

MENU

タマホームなぜ安い?価格を抑えられる秘密

ローコスト住宅メーカーとして知られるタマホームですが、実際の価格相場はどのくらいになるのかワン?

2階建て、平屋建て、それぞれの価格情報をリサーチしてみたよ。

 

併せて、タマホームはなぜ安く建てられるのか?そのカラクリに迫ってみたワン!

 

無駄をそぎ落とし、徹底的にコストパフォーマンスを追求した家。

 

それがタマホームの魅力ですが、実際のところ本当に安いのでしょうか?

 

タマホームは本当にローコスト住宅なの?

「比較的、価格が安い家」というと、まっさきにタマホームの名前を挙げる方も多いようです。

 

確かに、タマホームはローコスト住宅のメーカーのランキングでも常に上位にランクインするハウスメーカー。

 

「価格がリーズナブルなわりには、外観も安っぽくない。住み心地も良い」ということで、若い世代を中心に人気を集めています。

 

しかし、ネット上の口コミ情報によれば

  • 「思ったよりも安くなかった」
  • 「宣伝している坪単価とは全然違った」

という声もちらほらと・・・。

 

確かに他社に比べれば安いようですが、

  • 「驚くほどの安さではない」
  • 「本当に安く建てるなら、色々と妥協を余儀なくされる」

というのが真相のようですね。

 

「タマホームは坪単価が30万円以下」という記述をよく見かけますが、この中には地盤改良や諸経費、オプションの金額は含まれていないのだそうです。

 

実際は、あれこれオプションを追加して坪単価40~50万円で落ち着いたという方が圧倒的に多いんですよ。(特に、「オプションが高かった!」という声をよく耳にします。例えばコンセント追加は他社より@数千円は高いそうですよ。)

 

人気の「大安心の家」だと、35坪~40坪の2階建てで1800万円前後というのが相場価格のようです。(各種オプションを含む)

 

タマホームで平屋を建てたい!価格の相場は?

最近は、部屋数を抑えた平屋建てが人気ですよね。

 

子育てや介護のことを考えると、全てワンフロアにまとまっている住宅というのは非常に効率が良いですし、なにより安全です。

 

では、タマホームで平屋を建てる場合の価格はどのくらいになるのか?

 

「GALLERI ART(ガレリアート)」という平屋のプランがあるのですが、こちらは「3LDK(40坪)で1550万円」が一つの目安になるようです。

 

具体的には、建物本体が約1000万円、オプションが約50万円、諸経費が500万円だったとのこと。

 

坪単価にすると、約40万円です。

 

季節の変化を楽しめる坪庭を設けたり、趣味を楽しめるインナーガレージを作ったり、リビングと庭をつなぐウッドデッキをつけたり・・・と、あれこれ贅沢なアレンジも紹介されていますが、標準で「長期優良住宅」に対応していてこの価格!というのは確かに安いですよね。

 

一般的に平屋の場合は、2階建てに比べて基礎と屋根の部分が増えるので坪単価は高くなると言われていますが、タマホームの場合は「極端には変わらない」とのことです。

 

タマホームはなぜ安いの?

こうして見てみると、やはりタマホームはリーズナブル!

 

あれこれオプションをつければ高くはなりますが、標準であればローコスト住宅であることに間違いありません。

 

では、なぜ価格を安く抑えられるのか?

  • 「安くて粗悪な建材を使っているのではないか」
  • 「注文住宅と言いつつも、実は色々と制限が多くて建売と変わらないのではないか」
  • 「選べる設備のグレードが低いのではないか」

等々、ネガティブな想像を暴走させてしまいがちですが・・・、施工事例を見る限りでは決して粗悪な家づくりをしているメーカーではなさそうです。

 

どうやって価格を下げているのか?というカラクリは、ズバリ「大量発注」

 

提携している住宅設備メーカーに各種設備を大量発注することによってコストダウンを実現しているのだとか。

 

言ってみれば無駄を省いて安くしているわけですから、そりゃあオプションを追加するとなれば価格が高め設定になるのもうなずける話ですね。

 

また、他社に比べると打ち合わせの回数も少なく、建築士やインテリアコーディネーターも同席しないのです。

 

さらには、工期が短いことでも有名ですよね。

 

これによって人件費をカットし、その分だけ建築費を安くできる!ということなんですよ。

 

う~ん・・・確かにどれ一つとって見ても効率的ですが、一生に一度かもしれない家づくりですから、あまり効率重視で進められるのもどうなんだ・・・という気がしませんか?

 

営業さんだけではなく建築士の方にも色々と専門的なアドバイスをいただきたいですし、あまり焦って工事を進められるのも「手抜きされるのではないか」と不安が付いて回ります。

 

価格が安いのは確かに大きなメリットですし、タマホームの最大の魅力ではありますが・・・その背景にある事情をどこまで許容できるか?

 

ハウスメーカー選びの際には、価格の裏にある「オトナの事情」も知っておくべきですね!

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

タマホームに関する記事一覧

 

タマホームのキッチンは、ブランド、カラーバリエーション、レイアウトの全てにおいてわりと選択の自由度は高めのようだワン!具体的にどんなメーカーのキッチンを選ぶことができるのか?すでにタマホームでマイホームを建てた方の口コミを参考に、それぞれのブランドの特徴についてまとめただワン!ハウスメーカーによって提携している設備メーカーも違いますので、キッチンひとつにも “メーカーの色”が表れます。コスパ重視と...

 
 

他社に比べて建築費が安い=ローコスト住宅メーカーとして知られているタマホームだワン!しかし、それでも値引き交渉をする余地はありそうだワン!では、具体的にどんな方法で、どこまで値引きに応じてもらえるのか?実際にタマホームでマイホームを購入した方の体験を元に紹介するだワン。家は数千万円オーダーの高~いお買い物。スーパーの数百円のお惣菜だって値引きサービスがあるんだから、当然、家だって値引いてもらえます...

 
 

タマホームのアフターサービスについては、正直なところ、あまり良い評判を聞かないワン!具体的にどんな不満が挙がっているのか、またそうなってしまう原因はどのような点にあるのか。タマホームが公式的に掲げているアフターサービスの内容や企業の体質、そして実際にサービスを受けた方の感想をまとめたワン!安かろう、悪かろうでは済ませられないのがマイホーム購入。なんといっても、年収の何倍、何十倍もの金額を支払うわけ...

 
 

住宅関係の比較サイトで度々比較されるタマホームと一条工務店。価格帯だけを見れば全く違うランクのメーカーのように見えますが、細かく見ていくと意外な共通点も見えてくるんだワン!そこで今回は、タマホームと一条工務店を徹底比較!決定的な違いと選び分けのポイントを伝授するワン!タマホームと一条工務店だと、知名度が高いのはやっぱり前者でしょうか?それだけCMにも力を入れているということの表れですが・・・一方の...

 
 

タマホームの家では、エコキュートが標準装備されているお得なプランがあるだワン!そもそもそれはどのような設備で、どんなメリットがあるのでしょうか。タマホームでエコキュートを導入するメリット、そして搭載する容量の選び方のポイントを併せてご紹介するだワン!電力自由化も始まり、ますます「効率よく電気を使うこと」についての関心が高まりつつあります。住宅に対して求められるスペックとしても、「省エネ」は外せない...

 
 

タマホームの家は結露が発生しやすいというウワサがありますが、実際のところはどうなの?建物・人の健康に害を与える結露、できれば発生しない家に住みたい!オーナーさんの声を参考に、タマホームの構造上の特徴や効果的な対策について調べてみたワン。タマホームが「安かろう、悪かろう」と揶揄される理由の一つが、結露の問題。目に見える位置ならまだしも、見えない壁の内部で発生して密かに家や人を蝕んでいくとしたら・・・...

 
 

どんなメーカーで家を建てるとしても、契約金は発生するワン!ローコストでおなじみのタマホームの場合、契約金はいつ・どのくらいの金額を支払うことになる?実際にタマホームでマイホームを建てた方の声を参考に、支払いのタイミングと金額についてリサーチしてみたワン!高額の物を買う際に必ず発生する契約金。それを支払うことで、買う方/サービスを提供する方の両者に「責任」と「信頼」が生まれます。契約金の意味は?いつ...

 
 

近年、吹き抜けのある家が増えていますが、タマホームが手掛ける住宅も例外ではないようだワン!リビングに吹き抜けをつけることでどんなメリットがあって、どんな雰囲気の部屋になるのか?タマホームの施工事例を参考にして解説するワン。併せて、知っておくべきデメリットもおさらいしておきましょう!吹き抜けのあるリビング。なんだか、「幸せの象徴」って感じがしませんか?なぜそのようなふんわりしたイメージを抱くのか、ま...

 
 

部屋数や水回りの設備数が普通の住宅の2倍になるケースも多い二世帯住宅は、ただでさえ金額が高くなりがちだワン!だからこそ、費用削減のためにローコストメーカーのタマホームで建築を検討する方も多いようですが、金額重視のプランニングには落とし穴が。。まずは、タマホームの二世住宅のプランや評判をチェック!子育てや介護のことを考えると、親世帯にも子世帯にもメリットの大きい二世帯住宅。ですが・・・レイアウトや間...

 
 

マイホームを持ったら、併せて検討しなければならないのが保険だワン!タマホームはどこの保険会社と提携していて、どんな保険プランが用意されているの?オーナーさんの口コミを参考に、タマホームの保険選びのポイントをまとめてみたよ。選ぶ保険によって、万が一のトラブルの際に補償してもらえる内容は様々。タマホームで家を建てたみなさんはどんな保険に加入しているの?住宅に必要な保険は?ポイントまとめ賃貸物件を借りる...

 
 

同じ平屋建てでも、スキップフロアがあることで空間にメリハリがつき、視覚的に実際よりも広く見せることができます。タマホームでもスキップフロアを導入した事例はいくつもありますが、どんなメリット&デメリットがあるのでしょうか。タマホームの先輩オーナーさんの成功・失敗ポイントを参考にしてみましょう。バリアフリーには逆行しているようにも受け取れるスキップフロア。しかし、階段ほど高い段差ではありませんし、場所...

 
 

床材の素材や色で、部屋の印象は全く違ったものになります。色んな床材がありますが、タマホームのフローリングにはどのようなタイプのものが使われているのでしょうか。タマホームのフローリングの種類やメーカー、その特徴についてリサーチしました。見た目にゴージャスで高級感があるけれど、お手入れがとっても大変!はたまた、見た目はそこそこだけど、メンテナンスがほぼフリーで楽チン。さて、みなさんはどちらのタイプのフ...

 
 

ローコストでも高級住宅でも、とにかく構造的な土台がしっかりしていることがなにより大事!ローコストでごく標準的な家を作れると評判のタマホームではどのような工法が用いられているのでしょうか。構造、基礎、断熱方法・・・それぞれの工法を調べることで、他社と比べてタマホームの家のグレードがどんなものなのかうっすらと見えてくるはずです。見た目のデザイン性も大事だけど、やっぱり家は「構造」でしょう!土台が不安定...

 
 

平屋住宅が人気を集めているとはいえ、都市部では三階建てのニーズも負けていません!建築費が高くつくということで頭を悩ませている方も多いようですが、それならローコスト住宅のタマホームはどうでしょうか?タマホームの三階建てプランの特徴や価格についてリサーチしました。限られた土地を有効に活用することができる、部屋数を増やすことができる、眺めが良い・・・といったメリットのある三階建て。二世帯住宅で三階建てを...

 
 

タマホームの家は、性能が低いから安く建てられるのではないか?・・・そんな先入観をお持ちの方も少なくないようですが、一つ一つの性能について見ていくと、必ずしも「安かろう、悪かろう」のメーカーではないことがわかります。今回は、気になる3つの性能に注目してタマホームのクオリティーを検証してみました。デザインや間取りの面では、「無難」「シンプル過ぎる」「やっぱり高級住宅には敵わない」という残念な評価も多い...

 
 

タマホームの洗面台は、価格のわりには満足度が高いようです。3社のメーカーから選ぶことができますが、先輩オーナーたちはどんな基準で、どこの商品を選んでいるのでしょうか。タマホームの標準品に設定されている洗面台の特徴と、評価されているポイントをまとめてみました。毎日身支度を整える場所だからこそ、洗面台は使いやすく、気持ちがアガるようなデザインが良い!高級品は期待できないまでも、タマホームでもそれなりの...

 
 

ローコストだから標準装備もスタンダード以下の安っぽいものを使っているのだろう。・・・そんな誤解をされがちですが、タマホームの標準装備は決して悪くはありません!メーカー、ブランド、カラーバリエーション・・・そこそこの物を使っているのに価格が安いのは、どんなカラクリがあるのでしょうか。タマホームの標準装備はショボイ。そんなウワサもありますが、実際は決して粗悪なものを採用しているわけではありません。安く...

 
 

インテリアを引き立てる壁紙もあれば、逆に台無しにしてしまうデザインもあります。タマホームの壁紙については、みなさんどんな評価を下しているのでしょうか。実際にタマホームで家を建てた先輩オーナーさんのアドバイスを元に、失敗しないクロス選びのコツを伝授します!タマホームの家は「安いけど、グレードはそこそこ」。インテリアの印象を左右する壁紙は、どんなバリエーションが用意されているのでしょうか。タマホームの...

 
 

タマホームのおしゃれな無垢フローリングならこの種類がオススメ無垢のフローリングにすると決めたのであれば、やっぱり何の材質にするか、こだわりたいですよね。やはり、タマホームでも人気があるのがヒノキです。無垢フローリングの中でも、木の香りを最も楽しめる、味わえるのはヒノキがダントツですね。その分、他の木材と比べると、お値段もダントツで高くはなりますが、やはりヒノキはひと味もふた味も格の違いを感じます。...

 
 

タマホームの住宅にかかる10年後のメンテナンス費用はいくら?家は建ててそれで終わりではありませんよね。何十年後も快適に住み続けるために、家屋を残すためにはアフターメンテナンスは不可欠です。タマホームをはじめ、どこにハウジングメーカーでも定期点検があります。タマホームでは入居後3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年のタイミングで定期点検を行っています。ただし、あまり評判はよくありません。定期点検に...

 
 

タマホームか大手メーカーの中古か、メリットとデメリットを検証家を購入するとき、いくつもの選択肢の中からこれだ!と思うものの選択を迫られます。タマホームのようにローコストメーカーの新築か、それとも大手メーカーの中古か、限られた予算の中でどちらを選択するべきか、悩む方が多いでしょう。中古物件の難しさは、必ずしも価格と品質が比例していない場合があることです。提示された価格が本当に価値と見合っているのか、...

 
 

どのくらいかかるの?タマホームに免震を採用する費用を検証タマホームの家の構造で、「耐力壁」「耐震金具」が耐震性対策として注目されています。木造軸組工法では、どうしても季節や経年が影響して木の収縮や歪みは免れません。接合部がズレて、建物の強度が劣化してしまうのが弱点ともいえます。それをカバーするために、構造用面材による耐力壁、柱と土台を一本の強靭なボルトで貫いてしっかりと固定するホールダウン金具など...

 
 

屋根材でおしゃれな家に!タマホームの屋根選びはここを抑えるべき外壁、屋根材、玄関ドアは家の顔ともいえます。配色や組み合わせ次第で随分と印象は変わりますよね。同じ間取りでも、いろいろな表情があるー。だからこそ、家って面白いですよね。タマホームでも、屋根にはかなりこだわりを持つ方が多いです。ゆったりとした雰囲気の寄棟屋根、伝統的な切妻屋根、どちらも素敵です。耐久性、断熱性に優れた陶器瓦はメンテナンスに...

 
 

床暖房はガスがお得?タマホームの新築ではあったか生活床暖房をつけたい、でもガスか、電気か、どちらの方がメリットがあるのか、悩みますよね。タマホームでは、オール電化ではエコキュートが標準装備となります。ガスを併用する場合、ガス床暖房分はサービスとなるケースが多いのですが、ガス床暖房対応のフローリングと工事費、エコウィルは別途追加料金が発生します。太陽光発電を搭載する、太陽光発電+ガスの併用という手も...

 
 

タマホームのユニットバスのサイズ変更は可能?タマホームのユニットバスでは、標準仕様だと、TOTO、INAX、日立のメーカーから選択できます。どのメーカーを選んでも費用は同じなので、自分の好きな色、デザイン、使い勝手の良さなどを比較して選ぶといいですよ。サイズは1620(縦160cm×横200cm)、1818(縦180om×横180cm)から選択できます。1818(縦180om×横180cm)の広さ...

 
 

タマホームが新しく始めた「太陽光発電パネルと蓄電池のセットレンタル」が話題を集めています。このサービス、イニシャルコストが安く済むというメリットはありますが、長期的に見て本当にオトクかどうかは疑問が残るところ。しかし、タマホームで安く太陽光発電 & 蓄電池を導入したいという方は、検討の価値はあるかもしれません。売電収入に興味はあるけど、なにしろ装置が高いから・・・。そんな声をよく耳にします。でも、...

 
 

タマホームでリフォームする前に他社と比較!現在住んでいる住宅が、そろそろリフォームを検討する時期になりました。そこで、タマホームの住宅に住んでいるかといって、リフォームもタマホームにお願いした方が良いのか、または他の会社に頼んだ方がメリットがあるのか比較してみました。タマホームの特徴は、多数ある住宅メーカーの中でも特に価格設定が安いところにあります。これは、営業や工務に関わる人件費を最小限に抑えた...

 
 

タマホームでリビング階段にする場合のメリット・デメリットタマホームでマイホームの購入を検討していたところ、リビング階段の物件を勧められました。その理由として、リビング階段を採用すると、子供たちを含めて家族で顔を合わせることが日常的になるのでコミュニケーションが取りやすくなるという点が挙げられました。また、階段部分は吹き抜け状態なのでリビングの天井に高さが出て、空間を広く、おしゃれに見せてくれる視覚...

 
 

タマホームでルーフバルコニーを創る際の価格目安今回の引っ越しの際、思い切ってずっと憧れていたルーフバルコニーの設置を検討しています。パーティーやガーデニング、また小さな子供がいるので夏はビニールプールができたりしますし、今から夢が広がっています。一方で現実的な話、気になるのが設置価格ですよね。タマホームの場合、ルーフバルコニーの規模によりますが、工事代だけで約20~100万円となります。簡易的なウ...

 
 

失敗しないタマホームの外壁選びのコツお部屋の壁紙は簡単に変えられますが、一度住んでしまうと住宅の外壁を変えるということはほとんどありませんので、外壁選びは慎重にいきたいところです。今回、タマホームで家を建てた人たちの意見を元に、どのような外壁であれば満足して一生暮らすことができるかを考えてみました。ここで一番のキーポイントとなるのが色選びなのですが、白系の外壁の住宅で汚れが目立つのは想像できますよ...

 
 

タマホームで高密度を保つために最適なグラスウールの厚みは?タマホームでは、壁、床、天井、窓などを効果的に断熱化するグラスウールと呼ばれる断熱性能が使われているので、一年中、快適な温熱環境で過ごすことができます。また、人間にやさしいだけでなく、省エネルギー効果も期待できるのが嬉しいですよね。グラスウールは建物の冷暖房に必要な光熱費を削減する高密度になっており、天井には「吹込みグラスウール断熱18K」...

 
 

タマホームの中でもさらに安い!元気の家シリーズの価格タマホームでは「大安心の家」という長期優良住宅が有名ですが、「元気の家」と呼ばれるシリーズがあるということを知りました。「元気の家」とはローコストで有名なタマホームがさらに低価格での住宅販売へ踏み切った、経済的にとても嬉しいプランなのです。具体的な価格はと言いますと、他のハウスメーカーでは予算2000万と言われた住宅とほぼ同様の仕様のタマホームの...

 
 

タマホーム玄関タイルのオススメは?玄関はお客様を迎える際、一番最初に足を入れるところなので、お家の第一印象としておしゃれにしておきたい場所でもあります。特に、使う玄関タイルの色合いや素材によって、玄関周りの雰囲気はガラリと変わるので、玄関タイル選びはとても重要だと言えますね。タマホームには様々な玄関タイルがそろっているので、そのご家庭に合わせた雰囲気を演出することが可能です。しかしデザイン性だけで...

 
 

タマホームは自由設計だと価格も高い?タマホームの自由設計と企画設計では、それほど価格には違いが出てこないです。金額にすると、結局30万円ほどしか違いが出てこないと聞いています。タマホームは、自由設計でありながら価格が安いマイホームが手に入ることで知られているハウスメーカーさんです。価格としては1500~2000万円ほどで家が建つとのことで、ほかのハウスメーカーさんと比べると非常に安くなってくるのが...

 
 

ローコスト住宅ゼロホームとタマホームを比較して分かったこと。ローコスト住宅として知られるタマホームとゼロホームですが、どのように違ってくるのでしょうか。タマホームのほうは、家の仕様や構造がしっかりしているとの噂を聞きます。見た目としては質実剛健な感じで、簡素に見えますが家の作りはしっかりしているので、安さのことを気にせず生活することができるようです。また、間取りに関しては低コストのこともあってか、...

 
 

タマホームで断熱材の厚みを変更する場合の費用タマホームの断熱材は、オプションとして天井や壁、床を厚みがあるものへ変更することができます。具体的にはの屋根のロックウールや床のカネライト、天井などに敷き詰めるグラスウールがあります。これらの厚みや気密性を増加することで、断熱効果を上げることができます。具体的に、屋根のロックウールを75mmから100mm、床のカネライトを30mmから50mmへ変更すると...

 
 

タマホームのバルコニーに使う手すりでオススメなのは?ローコスト住宅として知られているタマホームには、オプションが豊富にあります。その中の1つであるバルコニーの手すりもオプションになっています。タマホームのバルコニーでは、標準ならば手すりなしで外観をスッキリさせたい人も増えているようです。しかし、手すりがないと布団などを干すのに困るので、後々に結局付ける人も多いという声も聞きます。タマホームの手すり...

 
 

タマホームのバスルーム、標準仕様のメーカーはどこ?タマホームのバスルームは、標準仕様ならばTOTO、INAX、ハウステックから選ぶことができます。3つから自由に使用を選べるなんて、標準仕様ながらかなり豪華な作りになっているなと、個人的にはちょっとした感動を覚えています。私個人が選ぶとすれば、機能面と落ち着いた雰囲気を持ち合わせているTOTOかなぁという感じです。LINAXは高級志向、ハウステックは...

 
 

タマホームのベランダは手すり付き?タマホームにてベランダの手すりは、基本的には標準仕様にて付いてきます。標準仕様になるかならないかは、どうもベランダの最も外側の壁になるサイディングの高さが影響しているためです。ベランダの壁は、転落防止のため床から1100mm以上の高さが法律的に必要となってきます。しかし、手すりを付ける場合は、手すりを含めてサイディングの高さが1100mm以上となれば、その施工内に...

 
 

静かと評判!?タマホームの防音性タマホームの防音性能は非常に優秀で、評判もいいです。外からの話し声や雨音はもちろん、車の音などもシャットアウトします。多少聞こえることはあっても、生活する上で気になることはない仕様になっているようです。家の中で、1階と2階の音が漏れるということはありません。2世帯住宅にしても聞こえることはないとのことで、タマホームが提供する防音性能はかなりレベルが高いものになってい...

 
 

ココが違う!タマホームとパナホームを比較タマホームの特徴は、何といっても家を建てるコストが低い点です。パナホームを始めとする、大手のハウスメーカーの中で坪単価30万円以下の家というのは、なかなか見つからないのではないかと思います。手ごろに手に入る「一般的な家」というイメージでしょう。オプションを付けていくと、値段がちょっとお高くなりますが理想の家が手に入るのも、タマホームのいいところだと感じます。...

 
 

パントリーの収納ならタマホームはこれで解決!CMでおなじみのタマホーム、主婦ならパントリーの収納は気になりますよね。キッチンの一部として、または平屋建てのキッチンとして収納スペースを効率的にしてもらいたい。タマホームでは40坪以上の標準サービスで幅1800サイズのカップボードが付いてくるらしく・・。我が家は収納力重視で、オプション料金を払って区切りを変更してもらいたいなとおもいました。棚の中は結構...

 
 

予算1,500万円だと家の広さはどうなる?タマホームで新築の家を建てる場合、1500万円の予算なら長期優良住宅仕様「大安心の家」ですね。広さは、だいたい35坪と考えておいた方がいいです。タマホームではベランダも坪として計算に入るので注意しておきましょう。目安として、坪単価が40万円、標準仕様で1200~1300万円で建てるように検討するのがおすすめです。家を建てるということは、家本体の価格に加えて...

 
 

10年後のタマホームは大丈夫?タマホームに限らず、ローコスト住宅メーカーで建てた家はどのぐらい持つのか、心配する人は多いです。果たして、10年持つのだろうかと思ったことはありますか?持つ、持たないは、その家に住む人が、どれだけ家を大事にして住んでいるかにもよって、差が出てきます。メーカーの無料メンテナンスがあるからと、自分では何もせずに放っておくのと、日頃からこまめに掃除をして負担がかからないよう...

 
 

1,000万円以下でタマホームの新築は建てられる?タマホームに限らず、1,000万円以下の資金で新築の家を建てるのはほぼ不可能で限りなく難しいといえます。というのも、家は本体価格以外にもさまざまな諸費用が発生するからです。特に、タマホームの場合は標準仕様以外の追加オプションの価格が非常に高いからです。コンセントを一つ追加する、トイレを二回にも付ける、お風呂の浴槽をもう少し大きくしたいなど、複数のオ...

 
 

タマホームの10年保証点検は何をしてくれるの?タマホームでは、家の引き渡し後、三ヶ月、六ヶ月、一年目、二年目、五年目、十年目と無償で点検を行っています。初期保証の主なチェック内容は、構造躯体、防水、シロアリです。建物の維持管理状態が適切か、水漏れや雨漏れの侵入はないか、シロアリの影響はないかを念入りに確認します。法律では、家の販売業者は構造躯体や雨水の侵入については引渡しから10年間保証することが...

 
 

価格は2,000万円!タマホームならこれが建つタマホームは、既存の設計部分を共通化して標準仕様にすることで、ローコストでの提供を可能にしています。そのため、標準仕様に含まれないものをオプションで追加すると、その都度追加費用が発生して、どんどん見積りの値段が上がってしまうのですね。広告で掲載されている価格には、水道工事や電気工事などの付帯工事は一切含まれていないことも覚えておきましょう。2000万円...

 
 

3階建てのタマホーム、価格はいくら?タマホームの3階建て住宅の「木望の家」は、長期優良住宅に対応した自由設計の家です。土地が狭くて限られていても、敷地条件に合わせていろいろな要望にも柔軟に対応してくれると人気があります。「木望の家」の価格ははっきりと提示されていませんが、木望の家の坪単価は40~80万円台という話です。30坪で1800万円という見積もりを出してもらったという声もあります。価格に差が...

 
 

タマホームで憧れの注文住宅を!価格は?タマホームは、坪単価が安いというイメージがありますよね。今では見かけませんが、以前は「坪単価25.8万円」を最大の売りにしていたこともあるほどです。この安さにはちょっとしたカラクリがあります。通常、坪単価は「工事の総費用÷延床面積」で算出しますが、タマホームでは独自の「施工床面積」を使って計算しています。これは、延床面積では含まない、吹抜けロフト、ベランダ、玄...

 
 

お値打ちシリーズ「綺麗な家」の価格タマホームでは、「大安心の家」「木麗な家」「元気な家」といろいろなシリーズがあってどれもそれぞれ個性的で人気がありますね。その分、違いが分かりづらいという声もあります。価格で比較すると、安い順でいうと「元気な家」、「木麗な家」、「大安心の家」の順だと分かりやすいですね。「大安心の家」の価格を抑えたのが「木麗な家」です。「元気な家」は規格住宅で「木麗な家」は自由設計...

 
 

タマホーム「元気の家」の価格はやっぱりお得?「元気の家」は、ローコストハウジングメーカーのタマホームの取扱商品の中でもかなり価格を抑えた家です。「大安心の家」よりもさらに安い坪単価を価格設定にしています。「元気の家」はコストを優先しているため、とにかく安い価格でコスパの良い家を建てたい人向きです。36坪で1280万円ほど、地盤改良や電気工事などの諸費用を含めても1500万円前後でおさまるという見積...

 
 

ガレージが付いた平屋「GALLERIART」の坪単価「GALLERIART」の坪単価は、だいたい40~50万円程度になる場合が多いです。ローコストハウジングメーカーの代表格でもあるタマホームの中では、若干高めかなという印象をもつ人も多いでしょう。GALLERIARTは平屋なので、どうしても坪単価は高くなりがちです。さらに、インナーガレージがプラスされてくるのでどうしても高くはなります。価格に大きな...

 
 

屋上庭園付き「グリーンエコの家」の価格タマホームが提供するグリーンエコの家は、標準仕様の家よりは価格が高くなっているようです。タマホームといえばローコスト住宅として知られており、1000万円台にてマイホームが手に入るのが魅力的なハウスメーカーです。そのタマホームが提供している「グリーンエコの家」とは、屋上がオープンテラスの形となっている家です。屋上を庭園にすることで、開放的な家となっているのが一番...

 
 

ホントに安い?「大安心の家」の価格タマホームが提供する家のプランに「大安心の家」というものがあります。こちらのプランは、タマホームが提供しているプランで最もポピュラーで、人気が高いプランの1つになっているようです。坪単価も35~45万円代になっており、家全体になると800万円ほどになります。さらに、オプションなども付けていくと1500万~2000万円ぐらいになると思いましょう。この値段は、他のホー...