ヘーベルハウス 注文住宅 坪単価

MENU

ヘーベルハウスの注文住宅にしたいけど坪単価が100万!

ヘーベルハウスは、先の茨城県鬼怒川の災害(決壊)で残っている唯一の家として知りました。

 

災害が発生してもしっかりとした建築をしていれば、家が流されることが無いということで、ヘーベルハウスを考えるようになったのですが。。。

 

ヘーベルハウスの坪単価はとにかく高い!

将来はヘーベルハウスの平屋建てを注文住宅として建てられたらと思うようになり、坪単価を調べてみたのですが、思っていた以上に高い。。。

 

ヘーベルハウスの坪単価は100万円前後を覚悟しておかないといけないことが分かり、ちょっと二の足を踏んでいます。

 

もちろん、一流の技術を集結させた家になるのですから、安い訳はないのは分かっていますが、ここまでの金額になるとは思いもよりませんでした。

 

一般的な注文住宅の坪単価は60〜70万前後だと思いますから、その約1.5倍になるわけです。

 

その価格に見合った技術がヘーベルハウスにはあるということです。

 

坪単価が100万円ということは、35坪になると、3500万円になりますからね。

 

そう簡単に契約できる金額ではないです。

 

ちなみに、ヘーベルハウスの坪単価は、同じ東京都で見積もった場合でも都心部と田舎では10万円以上の差が出ることがあるようです。

 

  • 都心部で見積もった方は坪単価が90万円
  • 田舎で見積もった方は坪単価が70万円

だったという話をお聞きしました。

 

ここまで金額が違ってくるとは驚きですね。

 

ヘーベルハウスの魅力は「長く生き残る家」

私がヘーベルハウスを検討してみようと思ったきっかけは、冒頭にも書きましたとおり、茨城県の鬼怒川で水害にあった地域で唯一流されずに残っていたという技術力の高さを目の当たりにしたからです。

 

他の家屋は流されてしまったのみ、ヘーベルハウスの家だけはそこに残り、何人もの命を救ったのです。

 

これは凄いことだと思いました。

 

ヘーベルハウスのホームページを見てもわかるのですが、「ロングライフプログラム」というサービスでもって60年間面倒を見てくれるんですよね。

 

しかも、30年目まではメンテナンス費用も無料ということです。

 

もちろん、メンテナンス費用だけが無料になるのであって、点検で見つかった部位の修理費用などはこちら負担です。

 

が、100年住める家が欲しいと思っている私にとって、60年間面倒を見てくれるヘーベルハウスの心意気はとても印象的です。

 

メンテナンスだけでなく、リフォームも安心して任せられるヘーベルハウス

注文住宅を建てた後に気になるのが、10年ごとにやってくるリフォームについてです。

 

リフォーム会社との問題が多く発生している昨今、リフォームを考える際に、まず会社選びから頭を悩ませなければいけなくなるわけです。

 

しかし、ヘーベルハウスで注文住宅を建てたならば、その後のリフォームもヘーベルハウスを知り尽くしているとされる「旭化成リフォーム」に相談することができますから、その点でも安心です。

 

ヘーベルハウスの注文住宅は、坪単価が高いですが、こういった点を見てみると分かるように、付随するサービスの安心感、長く生き残る家である点を考えると、ちょっと頑張ってローンを組んでもヘーベルハウスで建ててみたいと思わせてくれますね。

「強さ」が自慢のヘーベルハウスは価格も強気!坪単価は?

見た目にスタイリッシュ!おまけに耐久性も高い!ということで人気のヘーベルハウス。

 

外壁に「ヘーベル」というオリジナルな建材を使っているという点をアピールしているワン。

 

価格が高いと言われているヘーベルハウスですが、実際の坪単価はどのくらいになるのか?

 

施工事例を参考に、その価格と坪単価について更に深く検証してみたワン!

 

「安心して、快適に、末永く住める」と謳っているヘーベルハウスの住宅。

 

「比類なき耐震・制震技術」にも絶対的な自信を持っているメーカーですが、やはりお値段も高いのでしょうか?

 

へーベルハウスは「高い」

まだマイホームを建てたことがなく、建築に関してはハッキリ言ってド素人の私。

 

ですが、どこのハウスメーカーが「高い」か「安い」かはざっくりと把握しています。

 

価格が「高い」メーカーの代表格としてよく名前が挙がるのは、やはりヘーベルハウス!

 

旭化成のグループ会社としても知られていますよね。

 

おそらく、「“ヘーベル”って何ぞや?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

公式サイトによれば、ヘーベルとは「耐火・耐久・断熱性などに優れたALCコンクリート」のこと。

 

これを床、壁、天井に採用しているということで、ヘーベルハウスの家は「強さ」に定評があります。

 

60年以上安心で快適に暮らせる家って、海外だと当たり前ですが日本だとまだまだ少ないですから、この点でへーべルハウスは一歩先を行くメーカーだと言えるでしょう。

 

・・・となれば、やはり気になるのはその坪単価ですね!

 

ズバリ、坪単価は?

友人がへーベルハウスの展示場に行った時、担当者に「ヘーベルハウスさんの坪単価はどのくらいですか?」と尋ねたそうです。

 

それについての回答は「70万円台」だったそうですが、実際の施工事例を見てみると約85万円/坪が相場のようですね。

 

この15万円の差は一体何なのか?ということになりますが、もちろん、付けるオプションによって価格には幅が出ます。

 

これはヘーベルハウスに限ったことではなく、どこのハウスメーカーでも同じですよね。

 

加えて、営業さんが提示した坪単価はあくまでも建物本体の価格であって、電気や水道に関する工事の価格は含まれていないのだとか。

 

ですから、結果的には「80万円/坪を超える」と考えておいた方が良さそうですね。

 

平屋住宅はどのくらいの価格なの?

このサイトをご覧のみなさんの中には、平屋建ての建築をご検討中の方も多いと思います。

 

もちろん、へーベルハウスで平屋を建てる場合の価格や坪単価も気になりますよね?

 

公式サイトの商品ラインナップを見ると、2階建てや3階建てがメインのメーカーという印象ですが・・・、もちろんあります、平屋建て!

 

カタログに、「これからの2人の家」と題して、平屋の建築事例が紹介されていました。

 

価格に関しては公式的な情報が少ないのですが、一般的には基礎や屋根の面積が増える分だけ坪単価も(二階建てに比べて)割高になると言われていますよね。

 

ヘーベルハウスの場合は、80万円~90万円/坪が目安になるものと予想されます。

 

この坪単価を「高い!」と感じる方も多いと思いますが、へーベルハウスの強みは劣化に強いこと!

 

他社の外壁だと10年くらいでコーキング(つなぎ目を埋めるもの)が劣化して数十万円かけて補修することになりますが・・・。

 

へーベルハウスの場合は、なんと30年間はほぼメンテフリー!!

 

コーキングの上に特殊な塗装を施して耐久性を高めているんですって。

 

余分なメンテナンス費用が発生しないので、長い目で見れば「価格が高い」とも言えないんですよ。

 

「ヘーベル」に縛られるというデメリットはありますが、長期に渡ってメンテナンスが要らないというのは、ズボラな私にはものすごく魅力的に見えます。

 

ヘーベルハウスに限らず、家を建てる際は目先の価格に踊らされるのではなく「長期的な視点」で比較・検討することが大事ですね。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

ヘーベルハウスの注文住宅にしたいけど坪単価が100万!記事一覧

 

ヘーベルハウスで平屋建ての注文住宅を建てたいと考えている私ですから、当然その評判も気になります。ヘーベルハウスの注文住宅の坪単価は、高いと90万円を超えることもあるようですから、相当な家が建つのではないか。もしくは、大変気に入っている人が多くいるのではないか。そう思っていたのですが、現実はちょっと違うようで驚きました。実際にヘーベルハウスの注文住宅に住んでいる人の記事を読んでみたら評判を確認する時...

 
 

注文住宅を建てたいと思い、ハウスメーカーを何社か比較しています。ヘーベルハウスは、100年住宅ということで建ててからも安心なのかなと思い調べてみました。長期優良住宅だとイイコトたくさん!ヘーベルハウスの場合、標準仕様で長期優良住宅の認定が得られます。100年住宅という宣伝文句を見る限りでは、非常に長い期間にわたり安心して暮らせる家が建てられるという印象がありますよね。私もそのように思っていました。...

 
 

私たち夫婦は注文住宅を検討しているのですが、ずっと気になっているのが家のメンテナンスです。安い買い物ではない注文住宅ですから、長く済むためにも建てた後のメンテナンスについても、事前に知っておく必要があります。ヘーベルハウスの坪単価は平均が90万円と他社と比べて高額ですから、アフターケアのサービスに期待をしています。ヘーベルハウスの10年点検で見てくれる点ヘーベルハウスでは、メンテナンスが、1年、2...

 
 

ヘーベルハウスといえば、強い家、長く住める家というイメージがあり、私たち夫婦としても注文住宅を建てるハウスメーカーとしては、非常に有力な候補となっています。ヘーベルハウスの坪単価は他社と比べて高額になるため、すぐに建てるということは難しいのですが、今後貯金を増やしつつ可能性を探っていきたいと考えています。気になるのが、2.5階建てというコンセプトヘーベルハウスの商品の中で、2.5階建てというコンセ...

 
 

注文住宅を研究し始めたら、もう少しヘーベルハウスのことを知り無くなりました。ヘーベルハウスに恋をしてしまったのかもしれませんね。好きになった相手のことを詳しく知りたいと思うのは自然の通りといいますか。気になったので、今年の動向を調べてみました。今年の流れを知ることで、2016年のヘーベルハウスの動向も見えてくると思います。新しく発表されたリフォームプラン「家事郎の一日」(2015.04.30)ヘー...

 
 

ヘーベルハウスの2016年は、どんな家を建ててくれるのか期待が高まります。2015年の動向も踏まえて、2016年の流れを考えてみたいと思います。ヘーベルハウスの2016年に期待をしています。注文住宅を検討し始めて2年が経過する私たち夫婦ですが、そろそろどこかのハウスメーカーに決めて家を建てたいと思っているところもあって、2016年のヘーベルハウスには非常に期待しています。2015年のヘーベルハウス...

 
 

実家の親と同居する可能性も考えていて、その場合は土地が30坪ほどあるためにそこに注文住宅を建てたいと考えています。ヘーベルハウスの場合だと、30坪あればどれぐらいの注文住宅が建てられるのか検討してみました。30坪の二世帯住宅をヘーベルハウスで建てる場合の費用実家の土地は両親が昔から住んでいるために、今現在は家が建っています。まず夢の平屋を建てるにしても、二世帯住宅を建てるとしても解体するところから...

 
 

注文住宅を建てようと考えて、ハウスメーカーを調べ始めた私たち夫婦が気になっているのが「30年保証」という売り文句です。現時点で有力候補となっているヘーベルハウスについて、30年保証が本当に機能しているのかどうか、どこまで保証してくれるのか調べてみるました。実情を調べると30年保証は厳しい印象ヘーベルハウスの口コミや、実際に建てた人の質問への回答を見てみると、結論から言って「30年は持たない」という...

 
 

ヘーベルハウスで注文住宅を検討しているのですが、もし、40坪の土地が買えるとしたら、どんな間取りにしようかと考えてみました。実家の土地は30坪ぐらいなので、40坪に建てる場合は別に土地を購入する必要がありますが、、、40坪にヘーベルハウスで家を建てるとしたら新しく40坪の土地を買ってヘーベルハウスで家を建てるとしたら、まず考えておかなければいけないのが、費用の面ですよね。何はともあれ、先立つモノが...

 
 

ヘーベルハウスで4階建てを建てるとなると、相当な費用が発生することでしょう。きっと土地は別にして、4000万円を超えてくると思います。その費用負担を少しでも減らすために、1階部分を賃貸として貸し出すのはどうかと考えています。ヘーベルハウスの4階建てはどう?ヘーベルハウスの企画商品として、4階建てはありません。3階建て、もしくは5階建てが主流のようです。ですが、3階建ての「フレックス」という商品の説...

 
 

注文住宅ならヘーベルハウスがおすすめと聞いて色々と調べているのですが、L型キッチンについてはどうなのか。どんな選択肢があるのか、私たちの欲しいと考えているキッチンの理想像と共にご紹介したいと思います。私たち夫婦は、料理の工程を分担しています。私たち夫婦は、共働きです。夫である私は自宅で仕事をしていますが、妻は働きに出ています。ですから、家事は、ほとんど夫である私が担当しています。掃除、洗濯は全て私...

 
 

ヘーベルハウスで注文住宅住宅を建てようと思い、間取りやインテリアを検討していますが、意外と選択に困るのが床材です。フローリングにしたいと考えているのですが、無垢材では管理が難しく価格も高価ですし、かといってクッションフローリングは価格は安いけれど、見た目も安っぽいから最後の手段かなと思ってしまいます。そんな、無垢材とクッションフローリングのちょうど真ん中あたりのクオリティと価格なのが、アドバンスフ...

 
 

和室は、日本家屋において安心を与えてくれる大切な存在だと私は考えています。今検討しているヘーベルハウスでも、和室のある家が多く存在します。どんなタイプの和室を設計するのが良いか、私の考えをもとにまとめてみます。琉球畳が気になる和室と言えば畳。畳の存在を考えずに、和室を語ることはできませんね。今、私が気になっているのが琉球畳です。通常の畳との違いとしては、サイズが真四角で、タイルのように並べられてい...

 
 

ヘーベルハウスにあこがれはあるけれど、価格が高いのがネックで・・・。という方は、中古を購入してリフォーム/リノベーションして住むという選択肢もあるワン。中古で買うってどうなの?と不安を感じるかもしれませんが、へーベルハウスの場合はロングライフ住宅ならではのきめ細かいサポートで安心・安全な売買が可能ということだワン!新築も良いけど、別に「新しさ」にこだわる必要もないかな・・・。そう思い始めたみなさん...

 
 

新築の商品ページだけを見ていても、実際の生活はなかなかイメージできなかったりするもの。それなら、実際にその家に住んでいる方の住まい方や間取りを参考にしてみるのも1つだわん!今回は、へーベルハウスの間取り実例の中から「これぞ!」と思うサンプルをピックアップ。そこから見えてくる、へーベルハウスならではの暮らし方をみてみたワン。「このメーカーって、どんな層をターゲットにしているんだろう?」「○○ハウスで...

 
 

一般的な相場よりも価格が高めなことで知られているヘーベルハウスですが、高いからにはそれなりに値引きしてもらえると期待しても良いの?今回は、実際に購入した方の口コミを参考に、へーベルハウスの値引き交渉成功のコツについて考えてみるワン。安くしてもらえるのであれば、1円でも多く値引いて欲しい!と思う私たち。ですが、メーカー側からしてみれば「1円でも高く買って欲しい」わけで・・・。その妥協点を見つけること...

 
 

ロングライフプログラムでおなじみのヘーベルハウスですが、雨漏りの事例が全くないわけではないようだワン。イザという時、どこまで保証されるのか?また、何をもって「ロングライフ」と打ち出しているのか?今回は、雨漏りを一例にヘーベルハウスの寿命や保証体制について調べてみたワン!業界の中では「高い」という印象が定着しているヘーベルハウスですが、価格の高い家が完璧であるとは限りません。実際、「雨漏り」の事例も...

 
 

たまに、「自然に近い暮らし」が恋しくなることがあるワン。アウトドアリビングでその理想を実現できるという話を耳にしたよ。ヘーベルハウスのアウトドアリビングはアイデア次第で色んなスタイルが可能!今回は、ヘーベルハウスの施工実例を参考に、価格と住まい方について調べてみたワン。居間はいつも庭に開かれていて、そこから自然の光や風が入ってくる暮らし。昔ながらのそんなナチュラルな生活が恋しくなったら、家造りの基...

 
 

ヘーベルハウスの「ヘーベル」は、住宅に使われる建材の名前だということを知っていましたか?ヘーベルハウスで使用されているALCパネルのことですが、あらゆる意味で優秀!旭化成は絶対的な自信を持ってプッシュしているワン。化学の会社がここまでプッシュしている建材なんだから、その性能はホンモノだろう!・・・・と思いきや、旭化成の「ヘーベル」についてはかなり辛口な批評も散見します。ヘーベルハウスといえばALC...

 
 

住宅にはそれぞれ、その良さを生かす「カラー」があるワンヘーベルハウスにはどんなインテリアがマッチするのか。実際の施工事例を参考に、ヘーベルハウスの魅力が引き立つインテリアについて考えてみるワン。外観を見ただけで「これはたぶん、○○ホームだ!」と言い当てられるという方もいらっしゃることでしょう。ですが、インテリアはなかなか目にする機会がないので想像がつきません・・・。ヘーベルハウスの内部って、どんな...

 
 

ヘーベルハウスと一条工務店は、異なる工法を採用しているメーカーであるにも関わらずよく比較される2社。一体、なぜこの2社は比較されるのか?実際にヘーベルハウスと一条工務店を比べてみて、それぞれのメリット&デメリットを考えてみたワン!木造には木造の、鉄骨には鉄骨のメリットがあります。どっちで家を建てようか・・・と迷ったら、この2社を比較してみると良いかもしれませんね!比較されるのは「ワケ」がある何かを...

 
 

建築費用が高いことで知られるヘーベルハウスですが、「維持費も高い」というウワサをよく耳にするワン。実際のところ、どんなことにどれだけの維持費がかかるのか?ヘーベルハウスの家に住んでいるオーナーさんの声を参考にしてみたワン。建てる時にしっかりお金をかけたんだから、後はメンテナンスフリーなのが理想的!ですが、家ってそんなに都合よくいくものなんでしょうか?高いうえに、維持費が高い?「ローコストで建てたか...

 
 

ヘーベルハウスでも、他社と同様に「創エネ」「省エネ」を意識した住宅開発が進められているワン。要となる設備の一つとして挙げられるのが、エネファーム。具体的にどんな設備で、どうエコなの?また、ヘーベルハウスでエネファームを搭載すると、一ヶ月の光熱費はどうなるんでしょうか?住宅メーカー各社がしのぎを削って開発しているのが、エコ住宅。「電気を創る=太陽光発電」という時代は過ぎ去り、今は他の創エネ設備を組み...

 
 

マイホームを持つなら、お風呂はこんな感じで・・・という理想をお持ちの方も多いと思いますが、ヘーベルハウスではその夢を叶えることはできる?今回は、ヘーベルハウスで選べるお風呂の種類、その特徴について先輩オーナーさんの声を参考に考えてみたワン!お風呂は、ボーっと湯船に浸かって、心身を解放できる空間。そのリラックスタイムから新しいアイデアが生まれたりしますので、お風呂の環境はあなどれません。ヘーベルハウ...

 
 

ヘーベルハウスといえば、斬新な屋上の使い方に定評があるワン。実際にヘーベルハウスでマイホームを建てた先輩たちは、屋上という空間をどう活用しているのか?ブログや施工事例を参考にしてみると、夢あふれるアイデアが膨らんでくるワン!空に開かれた、解放感たっぷりの屋上。「ハイ!ここ、自由にアレンジして使って良いですよ」と言われたら、みなさんはどんな空間にしますか?自由過ぎるぜ!ヘーベルハウス「家族でキャンプ...

 
 

価格の高さが顧客の満足度に直結するとは限らないワン。たとえば、40坪の住宅を想定してみると?高い住宅メーカーの代表格であるヘーベルハウスでも、全てが完璧で不満の声が全くない!というわけではないようだワン。同じ40坪でもっと価格を抑えられるメーカーのほうが、もしかしたらヘーベルハウスよりも満足度が高い可能性もあるかもしれないワンね。価格の高いお買い物をすると、他にはない極上の物を手に入れた気分になり...

 
 

住宅の営業マンに言われるがままに火災保険に加入するというのは今は昔。今は火災保険も自由設計が可能な時代だワン。ヘーベルハウスの場合は、耐火性能の高さゆえに保険料が安くなるというメリットがありますが、ヘーベルハウスを介さずに契約したほうがオトクという声も・・・?保険のコトって、なんだかいろいろと複雑なことが多くてよくわからない!ということで、住宅の営業マンに“半おまかせ”状態で加入してしまう方も多い...

 
 

「高級住宅」というイメージが強いヘーベルハウスですが、インテリアは嫌味がなくわりとシンプル。それは、壁紙の選び方にも秘密があるのかも。。。ヘーベルハウスではどんな壁紙の選択肢があり、オーナーさんたちはどんなこだわりを持ってインテリアをコーディネートしているのでしょうか?壁紙の選び方一つで、部屋の広さも明るさも違って見える!となれば、その選び方に妥協は禁物ですね。ヘーベリアン達は壁紙のセレクトにどん...

 
 

普段、意識することは少ないかもしれませんが、住宅も「呼吸」しているワン。その「核」とも言えるのが換気システム。ヘーベルハウスではどのようなシステムを搭載しているのか?今回は、一般的なメーカーとの比較を元に、ヘーベルハウスの換気システムへのこだわりを調べてみたワン!換気システムには、意外とそのメーカーならではの「こだわり」が表れているものです。ヘーベルハウスのシステムにも、実はとてもわかりやすいポリ...

 
 

ヘーベルハウスとよく比較されるメーカーとして、クレバリーホームが挙げられるワン。両者はどんな点が似ていて、どこが違っているのか?2社を選び分けるポイントとはどのようなところにあるのか。改めて、ヘーベルハウスとクレバリーホームを比べてみたワン!数多くの住宅メーカーがある中で、先輩オーナーさんたちは何を基準にメーカーを選んだのでしょうか。例えば、よく比較されるこの2社を選び分けるポイントはどこにあるの...

 
 

ヘーベルハウスでも「新築なのに、結露で窓がびしょびしょ」という声がありますが、それは必ずしも構造上の欠陥などではないと思うワン。ヘーベルハウスオーナーさんの実体験を元に、その原因や対策を考えてみるのが良さそうだ。併せて、結露と無縁の暮らしを実現するためのポイントについてもみてみるワン!新築して間もない家で結露。あさからチーン・・・ってテンション下がりますよね。そんな時、まずはどこをチェックして、何...

 
 

ヘーベルハウスが「災害に強い家」と印象づけられたのは、何がきっかけだったのか知ってるかワン。地震、津波、洪水、落雷、竜巻・・・と想定外の災害が襲ってくる日本では、住宅選びでも「災害に強いこと」を基準としている方が多いようです。ヘーベルハウス=災害に強い家として知られていますが、具体的にどんな点が評価されているのでしょうか。そこでヘーベルハウスのスゴイ実績をチェック!「とにかく家族の命が助かれば良い...

 
 

温室みたいなガラス張りのサンルームで、のんびり日向ぼっこしながらティータイム。そんな生活にあこがれるだワン。ヘーベルハウスの事例ではあまりみかけませんが、そこにはどんな理由があるのか。サンルームのメリット&デメリットや価格、ヘーベルハウスの家に設置する場合の注意点について見ていくワン。光あふれるガラス張りの空間で、リッチにカフェタイム。そんな生活にあこがれはありますが、設置するにはなにかとクリアす...

 
 

オシャレな人は収納の中も凝っているらしいワン!それを証明するかのように、自宅のクローゼットの中を公開するインスタグラマーも増えています。ハウスメーカー各社も収納スペースの充実に力を入れていますが、ヘーベルハウスはどうなんでしょうか?今回は、ヘーベルハウスのこだわりに注目してみまるだワン。インテリアもファッションの一部。そして、収納スペースもインテリアの一部です!だからこそ、家を建てるなら棚やクロー...

 
 

営業トークや広告でどんなに良い面をアピールしていても、住み心地は実際に住んでみなければわからないだワン。大手だけにいろんなウワサがあるヘーベルハウスですが、実際に住んでいる方はその住み心地をどう評価しているのでしょうか。ヘーベルハウスの先輩オーナーさんの声に耳を傾けてみるだワン。ハウスメーカーの公式HPには、当然のことながら自社の商品に関するネガティブな情報は掲載されていません。となれば、本当の姿...

 
 

空に近い暮らし、そして「もう一部屋あったら良いのにな」という希望に応えてくれるのが「中庭」という空間。ヘーベルハウスでも中庭のある事例は多いですが、そのメリットやデメリットとはどのような点にあるのかワン。また、ヘーベルハウスで建てたみなさんは、中庭をどんな風に活用しているワン?都会の狭小地であっても、自然の風や光を感じながら暮らしたい。人間として当然のささやかな願いですが、なにかと制限の多い環境下...

 
 

1階の玄関周りや縁側の近くに木や花を植えて・・・なんてフツー過ぎるお庭じゃつまらないワン!ヘーベルハウスが提案するアウトドアリビングは「空に浮かぶ庭」。アイデア次第でどんな空間としても使えるのが魅力的ですね。ヘーベルハウスの事例を参考に、心躍るガーデンライフの想像を膨らませてみるだワン。そもそも「庭」ってなんでしょうか?植物を栽培する場所?野菜を育てる場所?ゴルフの練習をする場所?はたまた、ステイ...

 
 

地に足のついた生活がしたいから、リビングはやっぱり一階じゃないかワン?いえいえ、今は解放感ある二階リビングが人気の時代。二階リビングを得意とするメーカーといえばヘーベルハウスですが、その斬新なアイデアを前にすればワクワクすること間違いなしです。ヘーベルハウスが提案する新しいスタイルのリビングとは?大地に縛られるよりも、遠い宇宙を視野にいれてでっかい夢を抱くのだワン!二世帯住宅でもないのに、リビング...

 
 

足元があやうい建物は、大きな揺れに耐えることはでないワン。そこで、どこのメーカーでも基礎構造の特徴と強さをアピールしているわけですが、ヘーベルハウスが採用している「布基礎」とはどのような工法なのでしょうか。他の基礎と比べてどんな強みがあるのか?ヘーベルハウスが布基礎を選ぶ理由について調べてみたワン。私たちは、TPOに合わせて靴を履き替えますよね。家の足元だって同じこと。仕様する建材や建て方、土壌の...

 
 

新築するのも高いけど、メンテナンスにもお金がかかる!と噂されるヘーベルハウス。特に、外壁の塗り替えには数百万円オーダーの費用がかかると言われています。しかし、一部では「もっと安い業者で塗り替えてもらった」という声も!それってアリなんでしょうか?ヘーベルハウスとの信頼関係はどうなっちゃうの?丁寧にメンテナンスを重ねながら、一つの家に長~く住み続ける。海外では当たり前のこの考え方が、ようやく日本にも浸...

 
 

断熱材は「薄さ」が勝負の世界ですが、ヘーベルハウスで採用されている旭化成の「ネオマフォーム」は理想を叶えてくれる優れた断熱材!薄いのに熱の伝導を許さない、その“しっかり者”を支えている技術とはどのようなものかワン。今回は、ヘーベルハウスご自慢のネオマフォームの魅力について調べてみましたワン。断熱材を厚くすれば壁も厚くなり、それだけ部屋も狭くなる。だからこそ、メーカー各社は「いかに薄くて高性能な断熱...

 
 

どこのハウスメーカーにも子育てファミリーをメインターゲットとする商品があるのだワン。ヘーベルハウスの場合は、「+ネスト」がまさにそれ!子供のしつけをさりげなくサポートしつつ、ママがラクできる仕掛けが随所にちりばめられているんですよ。ここでは、ヘーベルハウス「+ネスト」の強みや気になる価格情報について見ていくワン。近い関係だからこそ、お互いに適度に自立していることが良好な人間関係を築くコツ。それは親...

 
 

ヘーベルハウスといえば、「屋上アリの3階建て!」というイメージをお持ちの方も多いかもしれないワン。しかし、実際は平屋建ての実績もちゃ~んとあります。にも関わらずあまり平屋建てプランをプッシュしていないのには何か理由があるのでしょうか。ヘーベルハウスのプランの特徴や顧客が同社に求めるものについて改めて考えてみるだワン。ヘーベルハウスの公式サイトを見ても、商品一覧に「平屋建て」に特化した商品は見当たり...