住友林業 平屋 価格

MENU

住友林業の平屋の価格!坪単価は割高になってしまうって本当?

無駄のないシンプルな暮らしが見直されている昨今、住宅ではコンパクトな平屋住宅のニーズが高まっているワン!

 

木造住宅の代表的メーカーともいえる住友林業の家では、どのような平屋建て商品がラインナップしているのか?

 

今日は、住友林業の家の平屋商品の特徴や価格目安についてまとめてみるワン。

 

木の風合いを生かした家作りに定評がある住友林業の家。

 

平屋建てで目指した理想の家族のカタチとは?

 

理想像に合わせて選べる6つのスタイル

伝統的な日本家屋は、基本的に平屋。

 

うちの祖母の家も平屋でしたが、生活の全てがワンフロアで完結しているためか住んでいる人たちの心の距離感が近いような気がしていました。

 

大人も子供もお互いに目の届くところにいるので、ゆったりと安心していられるんですよね。

 

少子高齢化が加速する今、再び平屋がブームに!

 

屋根や基礎部分の面積が広くなる分、2階建てよりも価格(坪単価)が高くなったりするケースもありますが、それでも平屋を!と希望する若者もいるそうですよ。

 

住友林業の家だと、「GRAND LIFE」という商品が平屋に特化したプランとなっています。

 

公式HPを開くと最初に出てくる大きな台形型の家がインパクト大!

 

家作りのテーマとして、平屋で実現できる6つのテーマが紹介されており、お好みのコンセプトに合わせた家を作ることができます。

 

具体的には・・・

    • 人を招いてわいわい賑やかに盛り上がれる、開放感のある家。
    • 庭との距離感が近く、自然との触れ合いを楽しめる家。
    • 趣味を楽しめる家。
    • 半個室の書斎などがあり、リゾート気分を味わえる家。
    • 夫婦それぞれの時間を尊重できる家。
    • 和の趣の中で四季の変化を味わえる家。

個人的には、夫婦それぞれの寝室を設け、ウォークインクローゼットで仕切るというプランが気に入りました。

 

1階と2階でハッキリと空間を分けてしまうのではなく、緩やかにつながっている、でも「個」の時間もしっかり確保できる・・・定年後の夫婦にちょうど良い平屋ですね。

 

ただ・・・住友林業の家は価格が高いと評判。

 

平屋の目安金額はどのくらいになるのでしょうか。

 

広い屋根を利用して太陽光発電で稼ぐ人も!

住友林業の家の平屋建て住宅、「GRAND LIFE」の価格は32坪で3000万円ほど。

 

坪単価は93.7万円ですから、住友林業の家の相場よりも20~30万円高め。

 

住友林業のラインナップの中では価格が高めの部類に入るかと思います。

 

「う~む、それじゃあとても手が出せないじゃないか・・・。」と落胆されたみなさん!

 

平屋は2階建てよりも屋根を広く設けることができますので、それを活かして太陽光発電パネルを設置して売電収入で稼いでいるという方も多いんですよ。

 

電気を自給自足して売電し、住宅のローン返済をラクにする。

 

日照時間に恵まれた地域にお住まいの方なら、そんな夢みたいな話も実現可能です!

 

2階がないってオシャレ!屋根のデザインで遊ぼう

住友林業の家「GRAND LIFE」の公式サイトでは台形型の屋根の平屋が紹介されていましたが、他にも様々なシルエットの屋根を選ぶことができます。

 

片流れ、切妻、軒深寄棟・・・と、屋根のスタイルで家全体の印象はガラッと変わるんですよ。

 

平屋の場合、2階部分がないため屋根のデザインが強調されやすいんですね。

 

価格が高くなりがちなのはネックですが、2階建てとは一味違った個性的な演出も楽しめそうです。

 

ヘアアレンジを楽しむような感覚でフォルムにもこだわってみたいものですね!

きこりん品質の住友林業の家がイイ感じ!価格は高いの?

良質の木材を使った多彩な家作りで知られる住友林業の家。

 

木の質にこだわっているということで、「高級住宅」というイメージをお持ちの方も多いようですが、実際の価格目安はどのくらいなの?

 

住友林業の家の施工事例や公式情報を参考に、価格の相場について改めて考えてみたワン!

 

住友林業といえば、ころんしたフォルムがキュートなキャラクター、「きこりん」が人気!

 

自然の資源を大切にした家作りをコンセプトとするメーカーですが、その企業理念は価格にどう反映されているのでしょうか。

 

木の香りに包まれる癒しの家

住友林業の家といえば、「木」というイメージ。

 

その名の通り国内に社有林を持っている企業なので、住宅業界のことをよく知らない私でも「良質の木を使った高品質の家が建てられるメーカー」と認識しています。

 

実際、住友林業の家を建てた友人宅は、玄関に入った瞬間に木のイイ香りがほわ~んと!

 

新築だったら当たり前では?と思われるかもしれませんが、建ててからもう3年近く経っているのに、木の香りは失われていないのです。

 

無垢材を使ったフローリングも、どっしりとした重厚感があってイイ感じ。

 

建具にも木の風合いが生かされていて、全体的にホッとする温かみのある家なんですよ。

 

木の家というと、「素朴な和風住宅」や「見るからに価格が高そうな伝統的な日本家屋」。

 

もしくは「ナチュラルなカントリー調」といったイメージを持たれるかもしれませんが、友人宅はシンプルでモダン!

 

スタイリッシュなのに、無機的あるいは冷たいといった印象を与えないのが「木」のマジックですね。

 

さて、良質な木材を使っているとなればどうしても価格は高くなりそうな気がしますが、住友林業の家はやっぱり高いのでしょうか?

 

具体的な価格相場をリサーチしてみた!

実際に住友林業の家を建てた方のブログや口コミ、住宅情報誌を参考にしてみると、価格の目安は以下のようになります。

 

これから建てる方は、メーカー選びの参考にしてみてくださいね。

  • 36坪で2500万円 (坪単価69万円)
  • 40坪で2300万円 (坪単価58万円)
  • 45坪で2900万円 (坪単価64万円)

このサイトをご覧になっているということは平屋建てを希望されている方も多いと思います。

 

住友林業の家では「GRAMD LIFE」という平屋建てに特化した商品が用意されており、価格の目安は次のようになります。

  • 32坪で3000万円 (坪単価94万円)
  • 35坪で2100万円 (坪単価60万円)

いかがでしょうか?

 

住友林業の家の価格相場をまとめてみると、「35坪~40坪で本体価格が2500万円~3000万円」というのが目安になるようです。

 

「予想よりも高い!」という方もいれば、「思ったよりも安い」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

 

どんなオプションをつけるかによっても金額にはかなりの幅が出ますが、住友林業の家は決して安くはない!

 

公式的には「標準装備で坪単価53万円~」と謳っている商品でも、最終的には坪単価70万円、80万円になったという声がよく聞かれます。

 

建築業界全体で見ると、「高級住宅」とまではいかないまでもやはり価格が高いほうの部類に入ることがわかります。

 

値引きはある?最終的な坪単価は?

さて、住友林業の家の価格例を見ると、坪数が広いのに価格が予想より安かったり、逆に坪数は狭いのに価格が高かったりしていますよね。

 

オプションの違いにもよりますが、これは値引き率の違いによる効果も大きいようです。

 

住宅の価格を語る上で外せないのは、お値引きがあるかどうか?あるならどのくらい値引きしてくれるのか?ということですよね。

 

住友林業の家の場合は、10%くらいまでは値引きに応じてもらうことができるようです。

 

2000万円の10%は200万円、3000万円の家なら300万円も値引いてもらえる可能性があるということですね!

 

大和ハウスさんなどに比べれば割引率は低いですが、一条工務店のように「値引きはしません」というスタンスのメーカーさんもありますから・・・。

 

数百万円オーダーの値引きがあるだけお得です。

 

最終的な坪単価としては、60万円台~80万円台前半というのが平均的のようですね。

 

住友林業の家は高い!というイメージでしたが、こうして見てみると価格の幅が広いんですね。

 

それはつまり、いろんなニーズに合わせて家を建てることができるという柔軟性を持ったメーカーだということ。

 

「木の家は高そうだから」という理由で住友林業の家を候補から外している方がいたら、もう一度検討してみてはいかがでしょうか!

住友林業の家でのんびりリッチな平屋暮らし!肝心の価格は?

住友林業の平屋の価格

拾ってきた情報を平均するとだいたい坪単価80万から95万ぐらいが相場のようです。

 

一般的な情報サイトでは75万~と言われているので、妥当な価格ではないでしょうか。

 

75万~ということは、最低75万ということです。

 

ですが、自分の家を作るのに”最低”で満足できるはずがありません。

 

環境や状況によってかかるコストも変わってきます。

 

予算には余裕を持っておきたい所ですね。

 

住友林業は割高?

他のハウスメーカーと比べるとどうなんでしょうか。

 

地方の工務店やコストパフォーマンスを売りにしているハウスメーカーでは、坪単価50万~建てられるところもあります。

 

住友林業の家はそれなりに割高ということになりますね。

 

それなりに、というのはアフターケアや品質を含めての満足度が高いということです。

 

口コミを眺めていると分かりますが、高いお金を払っただけのことはあったという声がよく聞こえてきます。

 

価格だけで選ぶのは危険

「安物買いの銭失い」ではないですが、特に家づくりは安いということだけに飛びついて良い世界ではありません。

 

坪単価に見合った品質を提供するハウスメーカーを選ぶ事が大切です。

 

何より、”自分がどこまでのものを求めているのかと”いうことをしっかりと理解している必要があります。

 

自分のことは意外と知らないものですよ。

 

住友林業で建てるべきだ!というわけではありません。

 

何を基準に選ぶのかというポイントをしっかりと自分の中で持っていることが大切です。

 

自分の価値基準が曖昧なほど、こんなはずじゃなかったのに・・・ということになり、予期せぬトラブルを呼び込みやすいです。

 

住友林業の平屋建ては一般的にはやはり割高

平屋建てが2階建てよりもコストがかかりやすいという事を差し引いても、他のハウスメーカーよりは予算が必要でしょう。

 

しかし、それなりの満足度を得ているのも確かです。

 

価格の高さの理由は、それこそここに語りきれないほどあると思います。

 

お金の話だからって物怖じすることはありません。

 

担当者さんとよく相談しましょう。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

住友林業に関する記事一覧

 

住友林業といえば木の家ですね。一般的には割高と言われている住友林業ですが、坪単価はいくらぐらいなのでしょうか?価格はハウスメーカーを選ぶ際のとても重要なポイントです。というわけで、他の大手メーカーとの坪単価を比較してみました。住友林業の坪単価大手ハウスメーカーがひしめき合う価格帯が65万~75万の間です。積水ハウス、セキスイハイム、トヨタホーム、無印良品の家、大和ハウス、パナホームなどなど。誰もが...

 
 

大手のハウスメーカーである住友林業で家を建てるメリットのひとつが、充実したアフターサービスです。住友林業のアフターサビスにはどのようなサービスがあるんでしょうか。保証や建てた後のこと、その内容を細かく見て行きましょう。60年点検システム住友林業では60年点検システムというアフターサービスを実施しています。引き渡し後、3ヶ月、1年、2年、5年、10年、15年、20年、25年は無償で点検をしてくれます...

 
 

台風の時にあると便利な雨戸。最近では”美観を損ねる”という理由で、取り付けない家も多いようです。住友林業の家も例外ではありません。今回は、住友林業で新築を建てた人の雨戸に関する役立つお話を紹介します。最初のコストを安く見せたいだけなんじゃないの?「美観を損ねる」という言い方は、住友林業側の表現です。最初のコストを安く見せたいだけなんじゃ・・・という話も。というのも、シャッターにしようと思うと間違い...

 
 

住友林業は長い間木に携わり、木と関わってきた企業です。そんな住友林業だからこそ実現出来るウッドタイルの壁。オーナーの方にはお馴染みですね。というわけで、今回はウッドタイルを採用する際の注意点などを考えていきましょう。ウッドタイルとはインテリアにこだわって壁面をウッドタイルにしたいという方は意外といらっしゃいます。木の質感はもちろん、タイルの凹凸が陰影を作ってインパクトを与えます。住友林業で新築を建...

 
 

住友林業の基礎工事はベタ基礎です。住友林業ではマルチバランス構法、ビッグフレーム構法、ツーバイフォー構法の3つの構法があります。今回はそれぞれの構法で採用されている基礎工事を見て行きましょう。3つの構法はそれぞれベタ基礎住友林業で採用されているマルチバランス構法、ビッグフレーム構法、ツーバイフォー構法ともに全てベタ基礎が採用されています。ベタ基礎とは、建物の底板を一面全て鉄筋コンクリートで支える基...

 
 

住友林業の換気といえば、全館空調システムの「エアドリームハイブリッド」ですね。今回は、「エアドリームハイブリッド」と呼ばれている自然の力と機械の力を併用した住友林業の換気システムについて解説していきます。エアドリームハイブリッドとは住友林業のツーバイフォー工法に採用されている24時間全館空調システムです。ただの全館空調なら大仰に名前をつけることもありませんが、「エアドリームハイブリッド」は自然の力...

 
 

住友林業の家具フェアには魔物が住んでいる・・・。特に欲しいものが無くても足を運んでしまったが最後、帰りには物欲にまみれている事うけ合いです。今回はそんな住友林業の家具フェアについて、あれやこれやと解説していこうと思います。住友林業の家具フェア行って見て触って、ひと通り遊んだ後に悩んだ末に購入という黄金パターン。住友林業の打ち合わせで出される3Dパースの中に有名ブランドの家具が採用されて、イメージを...

 
 

住友林業は「グリーンスマート」というコンセプトに則って、2015年の2月からエネファームを採用しています。今回は住友林業の「グリーンスマート」とエネファームについて、詳しく解説していきます。住友林業の「グリーンスマート」吹き抜ける風や太陽の光、木の香りや質感。そんな自然の心地よさと環境に配慮した住まいを考えるコンセプトです。これから先の住宅のあり方を見据えた、自然と技術の力を賢く使おうというのが「...

 
 

住友林業で新築を建てるとき、外構も住友林業緑化に頼むかどうか悩ましい所ですね。ウッドデッキを計画するなら緑化に頼むか他社に頼むか、どちらが良いんでしょうか?実際にウッドデッキを作った方たちの口コミを参考にして考えていきましょう。住友林業緑化住友林業緑化株式会社は、街や住宅のあらゆる”緑”に携わっている会社です。一般住宅の外構だけではなく、街作り、公園作りなど、街の緑の環境作りがその主眼となっていま...

 
 

洋服をたくさん持っている人は、ウォークインクローゼットが欲しいですよね。住友林業でも、もちろんウォークインの計画は可能です。今回は、住友林業で新築を計画した人のウォークインクローゼットに関わる口コミから、計画する時の注意点のお話をします。ウォークインクローゼットのメリットやはり大容量の収納。たくさんの洋服をお持ちの方は、どこにどう収納するのか悩みますよね。ウォークインクローゼットさえあれば、一発で...

 
 

住友林業で新築を建てるなら標準のクロスを選ぶべきか否か!他社でお気に入りのクロスがあっても、標準仕様以外のものは選べない?壁の雰囲気を決定づけるものだけに、お気に入りのものを選びたい。今回は住友林業のクロスにまつわる話です。住友林業の標準仕様住友林業は自社でオリジナルのクロスを扱っています。住友林業のオリジナルクロスはA、B、C、Dの4種類でグレード分けされています。Dが一番高級。Aは一般的に使わ...

 
 

住友林業のサッシは「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」を採用しています。しかし、良いサッシはそれなりにお金がかかってしまうことも事実。住友林業の家にここまで高機能の窓ガラスは必要なのか?今回はサッシの考え方についてみましょう。住友林業のサッシ住友林業のアルミサッシは「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」を採用して断熱性を重視しています。その断熱性能は、1枚ガラスの約5倍。一般複層ガラスの約2...

 
 

現在、住友林業が展開している三階建てのプランは「ProudioBF Plus1」「ProudioBF Slash」「ForestMaison Plus BF」の三種類です。それぞれどんなプランなのか、どのような人に向いているのか、簡単に分かりやすく解説します。ProudioBF Plus1(プラウディオ ビーエフ・プラスワン)都市の暮らしを主眼に置いたプランです。都市の土地はなかなか広い土地を用意...

 
 

住友林業の洗面台はLIXIL、TOTO、Housetee、TOCLAS、住友林業クレストなどから選ぶことが出来ます。毎日使うところだからこそ、こだわって選びたいですね。洗面台の選び方をご紹介します。洗面台はどれにした?住友林業で家を建てた人はどんな洗面台を選んだのでしょうか?少しだけ口コミからご紹介したいと思います。メーカー毎に色んな商品があるので、全てに当てはまるわけではありませんが。まずは住友...

 
 

2014年から、住友林業が新しく発売したソーラーパネル「Green Smart Solar Z(グリーンスマート ソーラーゼット)」今回は、この住友林業の新しいソーラーパネルの特徴と、それが採用されている「Green Smart」というスマートハウスについて、簡単に分かりやすくまとめました。Green Smart Solar Z(グリーンスマート ソーラーゼット)住友林業が2014年7月から新たに...

 
 

住友林業が提案するスマートハウス「Green Smart」。今回はこの「Green Smart」についてのお話です。住友林業のスマートハウスがどれくらいスマートなのか、どの辺がスマートなのか、簡単に解説します。題して、2分で分かる「Green Smart」!Green Smart自然の温かみを感じられる木の家。エネルギーの消費を最低限に抑えて、エネルギーを賢く利用する。住む人に優しく、環境にも優し...

 
 

住友林業といえば、丁寧なモルタル仕上げが有名です。しかし、外観をタイル貼りにしたいという方も少なからずいらっしゃいます。住友林業のタイルってどうなの?メリットやデメリット、注意点などを口コミを交えつつご紹介します。住友林業のタイル貼り住友林業で家を建てた人は、営業マンのおすすめでLIXILかINAXのタイルを選択されている方が多いようです。形や目地の種類は豊富にあり、色もそれなりの数を選ぶことが出...

 
 

住友林業はマルチバランス構法、ビッグフレーム構法、ツーバイフォー構法と、それぞれニーズに合った3つの構法を展開しています。中でも坪単価が高いのはビッグフレーム構法。ツーバイフォー構法が一番安いです。今回は、住友林業の3つの構法それぞれの坪単価とその特徴を比較してみましょう。マルチバランス構法日本の伝統的な在来軸組構法をベースにした住友林業独自の構法です。構造材には「スーパー檜」と呼ばれる含水率を1...

 
 

住友林業のフローリングでは無垢材と合板のどちらも標準仕様として採用しています。無垢材を選ぶのか、合板を選ぶのか、悩ましい所ですね。それぞれにメリットとデメリットがあります。というわけで今回は、住友林業のフローリング特集です。住友林業のフローリング住友林業のフローリングは、主に無垢材と合板とに分けられます。合板はその中でもいくつか種類があります。ですので、まずは無垢材か合板かを選び、それから色や質感...

 
 

住友林業で実際に家を建てた人が語る住み心地のお話。住友林業の住み心地に関わる口コミを集めてみました。こういうことは実際に住んでみなければ分からない事が多いです。こすれば良かった・・・という失敗を少しでも減らすために!風格が出てくる住友林業の家に住んで25年。建具の枠や窓枠が、経年経過で良い飴色になってきているそう。味が出てくる、というのでしょうか。それを大きな理由にあげ、住友林業で家を建てて良かっ...

 
 

出来るだけ安く済ませたい、値引きやサービスをしてくれるところに頼みたいというのは人情というものでしょう。住友林業で家を建てた人は、どれくらいの値引きやサービスを受けられたのでしょうか?住友林業は値引きをしてくれないという話もありますが、真相や如何に。相場は3%~5%妙な話ですが、値引きにも相場が存在します。だいたい3%~5%。実際、住友林業だから値引きをしてくれないという事はありません。この辺りは...

 
 

住友林業の二世帯住宅は「ikiki(イキキ)」という名称で、子育てや家事に注目し、ママの味方」というコンセプトを提案しています。住友林業の「ikiki(イキキ)」では通常タイプと独立タイプの二種類の二世帯住宅があります。二世帯住宅の種類二世帯住宅には、大きく分けて3つのタイプがあると言われています。同居タイプ、半同居タイプ、独立タイプの3つです。「ikiki(イキキ)」は主に半同居タイプ。「iki...

 
 

フラット35とは、住友林業が提案する住宅ローンの形です。住宅ローンを人生を豊かに、生きやすくするために利用するには、しっかりとしたマネープランが必要不可欠です。住友林業のフラット35の特徴や利用している人の傾向を見て行きましょう。住友林業のフラット35の特徴特徴その1「全期間固定金利」これは金利が上昇するリスクがないということです。住宅ローンはその額が莫大なため、少しの金利の上昇が大きな負担になっ...

 
 

広く大きく空間が広がる吹き抜け。憧れる方も多いのではないでしょうか。もちろん、住友林業でも吹き抜けのプランはあります。住友林業で建てられた方の口コミを参考に、吹き抜けのメリットやデメリットを追ってみましょう。吹き抜けのメリット何と言っても大きく広がる空間が最大のメリットです。高さのスケール感から、とても開放感のある部屋になります。もう一つは家族の気配が感じられる所。これは音が筒抜けになるというデメ...

 
 

今回は住友林業とヘーベルハウスの比較をしてみようと思います。どちらか2つにしぼり、迷っている方の参考になれば幸いです。それでは住友林業とヘーベルハウスのそれぞれの特徴を見て比較していきましょう。住友林業住友林業の創設は1975年。日本の伝統的な在来軸組構法を主とした、木造建築のハウスメーカーです。国内でトップククラスのハウスメーカーで、多くの顧客の信頼を得ています。木材も国産のものを使い、伝統的な...

 
 

自然と一体になった家を提案する住友林業のマイフォレスト。坪単価はいくらぐらいなのでしょうか?メーカー側からの情報はありませんでしたので、住友林業のマイフォレストの特徴と坪単価を口コミから調べて来ました。マイフォレストの特徴マイフォレストはマルチバランス構法を採用した2階建て住宅です。マルチバランス構法は、いわゆる在来軸組構法を住友林業が独自に改良した構法で、主流のツーバイフォーと比べるとかなり日本...

 
 

住友林業でも当然ですが平屋の間取りを建てることが出来ます。実例などをいくつも見ることは出来ますが、他社と何が違うのか、いまいち見えてきません。というわけで、住友林業の平屋の間取りを口コミやブログからどんな家を提案しているのかを見てきました。住友林業の平屋住友林業は「GLAND LIFE」というコンセプトで平屋という選択肢を提案しています。部屋が全て地面に接していることに注目し、すべての部屋で庭の自...

 
 

収納は壁にしようか、それともウォークインにしようか。収納について悩んでおられる方は多いと思います。住友林業で家を建てた、またはリフォームをしたという人の、壁面収納に関する口コミを集めてみました。題して、住友林業の壁面収納特集!壁面収納のメリット言わずものがな、大容量の収納スペースが最大のメリット。ものの場所を決めておけば、散らからないきれいな部屋を保つことが出来ます。注意点としては、壁ではなくなっ...

 
 

住友林業ほど、フローリングの無垢材を多くの種類から選べるメーカーはないかもしれません。床暖房を計画しているお宅では、対応しているかどうかは気になるところです。住友林業のフローリングの無垢材は床暖房に対応しているものはどれほどあるのでしょうか?住友林業の無垢材○オークラテン語で美しい木を意味するオーク。堅硬で傷に強く、時と共に風合いが深まります。○オークピュアモルトウォスキー樽に使われていた樹齢10...

 
 

住友林業ではたくさんの無垢材のラインナップを用意しています。他と違うのはウレタン塗装だということ。なので、普通の無垢材とは選ぶワックスの種類が変わってきます。住友林業のウレタン塗装に合うワックスにはどんなものがあるんでしょうか。ウレタン塗装とオイル仕上げ無垢材の仕上げにはウレタン塗装とオイル仕上げの大きく分けて2種類があります。それぞれにメリットデメリットがあります。ウレタン塗装は、フロアの表面に...

 
 

今回は住友林業の無垢材を使用したフローリングのお手入れについて。無垢材のフローリングの難点は、後のお手入れが大変なこと。その点、住友林業はウレタン塗装が標準なのでそのデメリットがありません。住友林業の標準仕様、ウレタン塗装住友林業の無垢材は、基本的にウレタン塗装仕上げを標準としています。ウレタン塗装のメリットは汚れに強く、後のお手入れが簡単ということです。ワックスをかける必要もありませんし、例えば...

 
 

住友林業で家を建てる人は、他のハウスメーカーに比べてのメリットやデメリットは気になりますよね。そこで、今回は住友林業のメリットとデメリットをいろんな視点から考えてみました。構造の話ハウスメーカーを選ぶのに、一つの基準となるのが構造です。住友林業では木造しか扱っていません。住宅で他に考えられる構造といえば、鉄骨造があげられます。ヘーベルハウスなんかは鉄骨造をメインで扱っていますね。耐震性や気密性など...

 
 

いくら住友林業といえども、建てて終わりと言う訳にはいきません。メンテンナスなどにかかる費用のこともちゃんと計画しておかないと、後になって予想外の出費が・・・ということになりかねませんよね。住友林業のアフター、メンテナンスの内容や費用について見て行きましょう。家のメンテナンス家のメンテナンスで大きく費用がかかるのは、外壁、屋根、雨樋などの外部です。毎日、雨に風に打たれているわけですから、こればっかり...

 
 

住友林業のリフォーム費用、気になりますね。ほかと比べて高いのか安いのか。リフォームは工事を行う範囲によって大きく値段が異なりますので、一概に比べることは出来ません。なので住友林業ホームテックの実例から、平屋住宅を中心におおよその費用を見てきましょう。住友林業のリフォーム実例まずはとある平屋住宅。間取りも設備も全部入れ替えで占めて2,645万円です。築60年近く立つお宅だったので、耐震性を高めるため...

 
 

憧れのルーフバルコニー。もちろん、住友林業の家もルーフバルコニーを提案する家はたくさんあります。住友林業の実例や口コミを参考にしながら、メリットやデメリットをまとめました。ルーフバルコニーを作ってよかった!日当たりや開放感はルーフバルコニーの特権ですね。広いバルコニーでバーベキューを開いたり、ガーデニングをしたりという計画が人気です。ルーフバルコニーがある部屋は、面積以上に広く感じられるという声も...

 
 

住友林業ではさまざまなメーカーからレンジフードを選ぶことが出来ます。キッチンを決めたらレンジフード、悩みますよね。というわけで今回は、住友林業が扱っているメーカーのレンジフードの種類や、選ぶ時に注意するべきポイントを解説します。住友林業が扱っているレンジフード住友林業が扱っているレンジフードで特徴的なものをメーカー別に見て行きましょう。クリナップの洗エールレンジフードボタンひとつでフィルターとファ...

 
 

ヨーロッパ調のレンガ造りの家は木とはまた違った風合いで憧れの対象です。日本ではあまり見かけませんが、どうなんでしょう?住友林業も最近では洋風のデザインが多いと聞きます。住友林業では、レンガ造りの家は計画できるのでしょうか?レンガ造りの家ヨーロッパでは中世から都市の建築にはレンガがたくさん使われています。レンガの文化はアジアに普及。世界中で歴史的なレンガ造りの建造物が多く建てられ、現在でもその美しさ...

 
 

住友林業の外壁は丁寧なモルタル仕上げが有名ですね。そんな中、外壁をタイルにしたいという方も多くいらっしゃいます。住友林業のタイルってどうなんでしょうか?メリットやデメリットを考えつつ、選ぶ時の注意点などを見て行きましょう。住友林業のタイル住友林業でも全面タイル貼りは可能ですが、定評のあるモルタル仕上げと併せ、タイルをアクセントに使ったデザインも素敵です。全面タイル貼りよりは、そのような仕様の家が多...

 
 

高級感があると評判の高い住友林業の外壁。もちろん色もたくさんの種類が用意されています。人気のものやよく見るもの、ちょっと奇抜なものまで、住友林業の外壁の色に注目してみました。住友林業の外壁の色よく見かけるのは白ですね。アイボリー系の温かみのある白は人気の色の一つです。ベージュなどの柔らかい印象を与える色は、やはり人気があります。対照的に黒い外壁も最近ではよく見かけるようになりました。クールでスタイ...

 
 

家を建てるときに一番頭を悩ませるのは、資金計画の問題です。多くの方が住宅ローンを組まれると思いますが、住友林業のシステムはどうなっているんでしょうか?住友林業の住宅ローンについてまとめました。住宅ローンの種類住宅ローンには大きくわけて民間ローンと公的ローンの2種類があります。その違いは融資元の違いです。それぞれの特徴を見て行きましょう。民間ローン民間が運営している銀行や保険会社、ローン専門の会社な...

 
 

住友林業では床材にたくさんの無垢材を採用しています。チェリーとオークは標準的に使用される床材ですね。価格もそれなり、標準的です。住友林業で床材に使用しているチェリーやオークと他の無垢材の価格を比べて見ましょう。住友林業のオーク無垢材のフローリングで最もスタンダードと言われているのがオークです。住友林業でも、オークは標準価格として扱われています。しかし、さすが住友林業というべきか、オークと一口にいっ...

 
 

構造とか、どういう家だとか、そういう大きなトコは住友林業のHPでも色々とプッシュされています。浴室とかそういう細かい仕様感みたいなところに話が及ぶと、あんまり情報がないんですよね。住友林業の浴室の口コミを集めてみました。住友林業の浴室住友林業の、といってもメーカーはユニットバスを販売している企業から選ぶ事になります。よく聞くのはLIXIL、Panasonic、TOTO、トクラス(YAMAHA)、な...

 
 

住友林業の和モダンのデザインといえば「和楽」です。美しい日本の心と形を現代に継承するというコンセプトで作られた和風住宅です。そんなわけで、今回は住友林業の和モダンノ家「和楽」の特集です。和の家日本の家は古来から、自然と暮らしを一体化させることに力を注いできました。家の中から見える木々や風景、家に入る風の流れや光の造型。そういったことに注力して家を建築してきたのは、意外なことに世界でも珍しいことです...

 
 

日本人であれば部屋に和室は欲しい所。しかし、和の空間といってもその仕上げは様々で、たくさんの仕様で溢れかえっています。住友林業では一体どんな和室を作っているんでしょうか?壁の仕様の違いから、考えていきましょう。住友林業の和室住友林業では大壁の簡単な和室コーナーから、真壁の自然素材を使った本格的な和室から、和室に関しては定評があります。ツーバイフォー構法の家が多くなってきた中で、在来軸組構法を独自に...

 
 

その見積は妥当かどうかかかる費用と言っても、工事の規模や家の状況によって費用は大きく異なります。見積もりをとっても、安い買い物ではないだけに本当に必要な工事なのか、もっと安くは出来ないのかと考えてしまうのは仕方のない事です。そんな時は、他の会社にも見積もりを取ってみましょう。最初の見積もりよりも半分も安くなった!!!ということはほぼありませんが、2/3ぐらいの費用で済んだというケースはたまにありま...

 
 

住友林業の全館空調システムと言えば、ツーバイフォー工法のスマートハウス「Green Smart」ですね。住友林業の全館空調、いつでもどこでもおんなじ温度と湿度。憧れはありますが、光熱費やイニシャルコストなど気になることは多いです。全館空調の快適さ実際に住んでいる方は、どう感じているんでしょうか?快適さで言えば一番多い意見は、「冬の寒さに布団から出られないということがない」というもの。確かに、冬のお...

 
 

インテリア性も高く、人気のある出窓ですが、何も考えずに取り付けてしまうと後で後悔することに・・・。大手ハウスメーカー住友林業といえども例外ではありません。そこで住友林業の出窓に関する失敗例をまとめてみました。思ったより高い・・・!お値段の話ではなくて、位置の話。位置や広さは気にしても、窓の高さの概念は、意外と頭になかったりします。失敗例は、普段のデスクワークに出窓を活用しようとした計画から・・・。...

 
 

住友林業の住まいのウキウキ見学会!実際に住んでいるお宅を施主さんのご厚意で見学出来るイベントです。住友林業の住まいのウキウキ見学会を開いたお施主さんや足を運んだ方のコメントから、気になるものをチョイスして集めてみました。オプションであれこれつけてもらった代わりに見学会を開く代わりに、色々なオプションをつけてもらえるケースもあるようです。全てのケースでそういうサービスが適用されているのかはわかりませ...

 
 

住友林業のダイニングテーブルはどんなものを選べるんでしょうか?住友林業ではインテリアフェアで実際の家具を見て触ることが出来ます。そこで気に入った品物があっても、ちょっとまった!ダイニングテーブルの選び方や注意点について解説します。インテリアフェア魔物が住むと噂のインテリアフェア。一度言ったら物欲を刺激されて、誰も手ぶらでは帰れないと噂の恐るべきインテリアの祭典です。そこで気に入ったダイニングテーブ...

 
 

住友林業の家の評判について、実際に建てた方の体験談を見つけたワン!まるで森の中に住んでいるような住み心地!と評判の住友林業の家ですが、その工法や価格、営業さんのクオリティについてはどう評価されているのでしょうか?実際に建てた方、見積もりをもらったけど辞退した方の声を参考に、住友林業の家の特徴と評判について考察してみるワン。木は、建材という形になっても呼吸を続けています。住友林業は、そんな“生きた”...

 
 

住友林業の家の中古を購入する場合に便利そうなサイトを見つけた!住友林業の家は長持ちする家としても有名。以下の「すみなび」という中古物件の仲介サービスサイトも運営しているようだワンね。http://www.suminavi.com/中古を購入するにあたっては、なにかと不安もついてまわるもの。今回は、住友林業の家の中古物件で想定される不安点、それを解消する方法について考えてみたワン!大手メーカーが建て...

 
 

住友林業の家のセールスポイントは国産材を用い、日本古来の工法で建てるという点。それだけに、外観も日本の伝統様式を色濃く残しています。どっしりとした力強さが伝わる住友林業の家の外観、これは平屋にも共通したイメージなのです。横綱のイメージとぴったりの住友林業横綱白鵬関を起用した住友林業の家のCM。愛らしいキャラクター「きこりん」との掛け合いもユーモラスで印象に残りますね。なぜ、白鳳なのか?それは、住友...

 
 

住友林業の家の外壁で、標準で用意されているのはモルタルとサイディング。最近の流行であるタイルはオプション料金だワン。そして、外壁にモルタルを選ぶ人が多いのも住友林業の家の特長、外観のイメージにも実にピッタリ来るワン!最近の潮流には従わない、住友林業の家日本古来の工法で建てるオーソドックスな家、これが住友林業の家の持ち味。堂々とした外観には王道という言葉がぴったり来るのです。最近は長期間にわたって美...

 
 

屋根の瓦、材質を考える場合は、初期のコストとメンテナンス両面から考えるべき。住友林業の家が用意しているのは、スレート瓦と通常の瓦。耐久性を考えるならば通常の瓦なのですが、住友林業の家と相性が良さそうなのはスレート瓦だったりします。一戸建とは何かとお金がかかるもの自宅を購入するときには、土地の値段と建物の値段の合計金額を払います。しかし自宅を売りに出す場合となると、20年が過ぎると木造建築の価値は購...

 
 

住宅の基本となる基礎、住友林業の家の特長は、他社よりもボリュームがある点と、湿気・シロアリの対策がなされている点。高いと言われがちな住友林業の家なのですが、基礎だけを見た場合でもそれなりのコストの掛け様なのです。しっかりしていて当然と考えがちな家の基礎住宅を建てる上で最も大切な所はどこなのか?まあ、どこも大切といってしまえばそれまでではあるのですが、、、。でも、あえて言うなら屋根、そして基礎。雨風...

 
 

シロアリ対策は万全、これが住友林業の家。近年では、対シロアリのメンテナンスが楽な手法を導入し、ますます住友住宅の家の信頼性がアップする結果となりました。他のメーカーのシロアリ対策と、ぜひ比較・検討してみてください。住友住宅の家ならではのシロアリ対策基礎全面をコンクリートで覆うベタ基礎、この方法ならばシロアリはやって来ない。こんなふうに考えがちですが、まあ、シロアリの駆除業者さんにいわせると、全然甘...

 
 

標準仕様でも高級感がある住友林業の家、加えて外壁にタイルを用いると、さらに高級感が増します。タイルが優れているのは見た目だけではありません。メンテナンスが不要というのは見逃せない点。住友林業の家のタフな造りと相まって安心の仕様となるのです。見た目とメンテナンスコストを重視するならば人間は見た目が9割、なんてタイトルの本が流行りましたが、住宅も同じ。どうせ高いお金を払うならば、周りの家とは違うリッチ...

 
 

住友林業の家の標準仕様は寄棟屋根、日本家屋らしくていいのですが、室内空間を重視するならベストの選択とは言えません。もちろん、屋根についても様々な仕様が用意されているのが住友林業の家、選び放題ではあるのですが、考えどころでもあるのです。住友林業の家、標準仕様は寄棟屋根坪単価が高価だと知っているからなのでしょうか、住友林業の家といえば風格あるたたずまい、どっしりとしたイメージ。際立つのは、日本家屋の伝...

 
 

和風の住宅の良さを引き継ぐ、そんな特色を持っているのが住友林業の家。しかし、ただ古い和風を引きずるのではなく、現代風・和モダンのテイストとする。この工夫具合が住友林業の家、和モダンのテイストは実に暮らしやすそうなのです。伝統的な和風建築といえば平屋建て住宅の歴史をひも解くと、庶民が広く2階建ての家に住むようになったのは、第2次世界大戦以降とか。日本の住宅の歴史は、そのほとんどが平屋の歴史です。そう...

 
 

住友林業の家が手がけた実績を紹介するHPには、様々な玄関が掲載されています。デザイン、アイデア、実用性、どれをとっても住友林業の家らしい懲り具合。どんな玄関でも実現してくれそうな頼もしさなのです。和風モダンな玄関とは住友林業の家のホームページには、今までに手がけた様々な住宅を掲載する「実例ギャラリー」というものがあります。その中にあるのが、玄関ばかり集めたページ。住友林業の家が誇る実績だからでしょ...

 
 

各メーカー断熱材には色々知恵を絞っていますが、住友林業の家が用いているのは、スタンダードなグラスウール。高性能グラスウールではあるのですが、違いは厚み。住友林業の家らしい説得力がある断熱材の使い方なのです。各社アイデアが様々ありますが住宅を建てるとは、人生の一大事。大きな決断となりますから、各住宅メーカーは自社で決断してもらうべく、様々な知恵を絞っています。そして、耐震性や耐久性、デザイン、コスト...

 
 

断熱性の良さに直結するのは断熱材の厚さですが、住友林業の家が用いる断熱材の厚さが最もボリュームがあるわけではありません。断熱性で優れたメーカーならば住友林業の家以外にもたくさんあります。でも、それは家の魅力の一部分でしかないのです。厚さが増すという正常な進化壁には16Kの高性能グラスウールを100mm、天井には同じく220mm。床には押出法という成形技術を使ったポリスチレンフォームを60mm。これ...