大和ハウス 価格

MENU

大和ハウスの価格が高い理由を検証!決して安くない大和ハウス

プレハブ住宅のパイオニア、大和ハウスが手掛ける注文住宅の価格は決して安い部類ではありません。

 

特に平屋建てのバリエーションとなると、坪当たりの価格は100万に迫るばかり。

 

ただ、無闇に高いわけではないのが大和ハウスなのですが。

 

決して安価ではない大和ハウス

「プレハブ」と聞くと、大抵の人は建設現場などによくある水色の休憩所を思い浮かべるらしく、、、。

 

確かに、狭義のプレハブというと、水色のアレなのですが、広義になると工業化住宅。

 

各部屋などユニットは工場で造り、現場では組み上げて行くだけという造りの建物を指します。

 

最も大きなメリットは、品質にバラつきがない住宅が短期間で完成するという点。

 

現在では積水ハウスやセキスイハイム、ミサワホームなど数々の住宅メーカーがプレハブ建築での住宅を手掛けています。

 

そして、その元をたどると行き付くのは「大和ハウス」。

 

1959年に発表したミゼットハウスがプレハブ住宅の元祖といわれているのです。

 

大和ハウスが当初、ミゼットハウスを発表したのは安価で高品質な住宅に対する大きなニーズを見込んだため。

 

その後、プレハブ住宅は「安価」という点を方向転換。

 

多様化するニーズに応え、付加価値を高め始めたので、大和ハウスの住宅の価格は決して安いものではありません。

 

現在の一戸建住宅の主力ブランド「xevo(ジーヴォ)」のバリエーションは11種類。

 

平屋建てをラインナップに含む「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」や木造の「グランドウッド」などが豊富にそろっています。

 

それぞれに細かい値段設定されていますので、価格、例えば坪単価については一概に言うのは危険です。

 

しかし、注文住宅ならば55~65万円、少し凝ると70万円台は覚悟しなくてはいけなくなるでしょう。

 

制振装置を標準搭載のジーヴォシグマ

大和ハウスのバリエーションの中でも、特に平屋建てに特化した「ジーヴォシグマ・平屋暮らし」を詳しく見ていきましょう。

 

まず、ジーヴォシグマは共通して、大和ハウスお得意・軽量鉄骨のプレハブ住宅の構造を採用しています。

 

加えてジーヴォシグマは、他ではオプションとなっている制震装置を標準で搭載。

 

こちらだけでも価格は30万円。

 

これが標準で付いていますから、高価な部類のシリーズとなってしまうのです。

 

造りからして高い「ジーヴォシグマ・平屋暮らし」

加えて、ジーヴォシグマ・平屋暮らしは天井高を2.72mに設定したり、天井まで届く巨大な掃出窓や深い軒下などが特徴。

 

HPで見ているだけでも価格が高いことが、ガンガン伝わってくる造りとなっているのです。

 

何も考えずに、とにかく理想の平屋建てを、、、と見積もってもらうと価格は3,000万円。

 

坪単価は100万円に迫ろうとする勢いだったとの話もあります。

 

まあ、やり様によっては価格を抑えることもできるのでしょうが。

 

大和ハウスの平屋建ての価格は、とりあえず高価な部類、こう考えておけば間違いはなさそうです。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと、大和ハウスを本当の意味で理解できます。

 

最長50年保証!!大和ハウスのアフターサービスは非常に充実しているように感じますが、、、これはメンテナンスをしっかり入れた場合です。しかし、アフターサービスの体制が整っている、この点が重要。大和ハウスはその体制を持つ住宅メーカーなのです。10年間保証は当たりまえのところ、、、一生に一度といわれる高価な買物、住宅。それだけに、長く住めるのが当然と思いがちなのですが、そんな風潮が一般的になったのは最近...

 
 

大和ハウスに標準で用意されているキッチンはカジュアルな印象がありますこれを「ジーヴォシグマ・平屋暮らし」に当てはめる、、、大和ハウスのオプション以上に、シックなキッチンにしないと厳しいかもしれません。ラインナップは豊富だが少々カジュアル?大和ハウスが取り扱っているキッチンのメーカーはパナソニック、LIXIL、クリナップ、トクラスという具合。国内の一流メーカーをずらりと揃えているのは、さすがなのです...

 
 

住友林業の得意分野、木造住宅に大和ハウスも進出しました。確かに違いはあるものの、あえて住友林業と勝負しなくてもよさそうなのに。大和ハウスは独自の強みを活かしたジャンルに特化すべきではないかと思うのです。木造住宅にも乗り出した大和ハウス住友林業が得意としているのは木造軸組構法、日本伝統の堂々たる本格和風建築。一方、大和ハウスが得意としているのはプレハブ構法、どちらかというと新しい造りのもの。このよう...

 
 

大和ハウスと積水ハウス、設立の時期も意図も似たところがあり、工法も似ています。しかし、性能を表す数値だけを見る限りは積水ハウスの方が上。だからといって大和ハウスが劣っているかというと、そうは言い切れなさそうですが。日本一の住宅メーカー積水ハウス販売戸数日本第1位の積水ハウス、そして売上高日本第1位の大和ハウス。大和ハウスが近年力を入れているのは、住宅販売よりも宅地開発などデベロッピング。デベロッピ...

 
 

セキュレアとは大和ハウスが開発した宅地などのブランド名。好評を集めているようで、分譲住宅のブランド名もセキュレアにしているほど。注文住宅とはあまり関係はなさそうですが、大和ハウスのデベロッピング事業は好調のようです。悪評も耳にする大和ハウスですがまあ、人間顔が見えないとなるとどこまで無責任になってしまうのか、、、。ネット上にある誹謗中傷にはうんざりしてしまうことが多いもの。一方で、単なる誹謗中傷で...

 
 

私事ですが、、、以前、住んでいたのが大和ハウスのセジュールでした。古いこともあって、断熱性は今一つでしたが、完璧なのは遮音性。昔のセジュールであのレベルなら今の大和ハウスならどんな風だろう?この原稿を書きながら考えたことです。今も昔も夢見るのはマンション経営古典落語の「芝浜」に、思わぬ大金が入った主人公の妻が、長屋のオーナーになる夢を見る、こんな下りがあります。舞台は江戸時代の東京都港区、都市人口...

 
 

地震への備えを、より強固にする制震装置。大和ハウスではオプションで用意されているのですが、平屋建てになると制振装置は、オプションですらなくなります。構造上、制震は不要というのが大和ハウスの考え方のようです。地震にも利点は大きい平屋建て上へ下へ、生活動線に上下が加わると、毎日の生活の負担が重くなる。住宅1軒、建てる費用が安くて済む。掃除など日頃の家事が楽だし、光熱費も抑えることができる。平屋の利点を...

 
 

宅地を切り開いて建売住宅を大量にさばく、大和ハウスが近年得意としているビジネスです。今までのノウハウを元に、理想に近い宅地と建売をセットで販売しているのですから、大和ハウスの建売が悪いはずがありません。理想もないのにオーダーメイドとは何かをオーダーメイドで作る、こんな経験をされた方はいらっしゃいますか?何でもそうだと思うのですが、場数を踏めば楽しくなってくるのがオーダーメイドの世界。場数を踏まない...

 
 

中古住宅のアフターサービスや流通に力を入れている大和ハウス。ですが、グループ会社同士の連携がうまくいっていないのか、大和ハウスの中古住宅が特別な価格で流通しているということは現在のところありません。今後に期待なのでしょうか?人口減少時代、大和ハウスの作戦は?日本の人口が初めて減少傾向に転じたという報道が、先日ありました。一方で長持ちするであろう住宅の基準を国が定めて、長期優良住宅として税制など優遇...

 
 

中古住宅といえば住んだ後の不具合が不安、それを解消するために大和ハウスのグループ会社では保証を付けて販売しています。保証をつけるには点検を受ける、必要ならば補修する。これで大和ハウスの中古市場が盛り上がるのか?それはこれからの話です。長期優良住宅の現状近年、長期優良住宅を売りにしている住宅メーカーは多く、この制度を活用して新築する人も多いもの。しかし、その動機は、住宅取得時の減税も期待できるし、金...

 
 

大和ハウスの定期点検やメンテナンスをメーカーの規定通りにこなしていると保証が延長。大和ハウス関連の会社ならリセール時にも評価され、次のオーナーに点検・メンテナンススケジュールも引き継がれる。そんな仕組みができているのです。大和ハウスの点検スケジュールと保証引渡しの日から、1カ月、6カ月、12カ月、と続いて20年。大和ハウスは他の住宅メーカー同様、定期的に住居の点検に入るしくみになっています。そして...

 
 

二世帯住宅は各家庭の事情が違うことからも難しさが感じられます。大和ハウスは遮音という点でその問題の一部を解決。モデルハウスでも大和ハウスの性能の高さは実感するはず。二世帯住宅の良さを引き出す仕組みですね。間取りのバリエーションも複雑な二世帯二世帯同居の住宅を建てることで、住宅メーカーのメリットはあるのかどうか。本来なら2軒の家が建つ所、1軒しか建たないと考えるとデメリットのほうが多いのではないか。...

 
 

大和ハウスの平屋は日本古来の家屋を現代風にアレンジしたもの。間取りにも特徴が現れており、大和ハウスらしく心地よい空間にすることに成功しています。平屋ならではの間取りの工夫、ぜひご覧下さいませ。ジーヴォ・グランウッドの平屋とは?大和ハウスで平屋建ての注文住宅を建てようと思うと「ジーヴォ」シリーズから選ぶことになるのでしょうか。このシリーズ、軽量鉄骨のプレハブ工法ならジーヴォ「シグマ」、木造軸組工法な...

 
 

標準仕様で充分優れたパフォーマンスを発揮しそうな大和ハウス。ただ見た目が、、、というならそれほど悩みはしないのです。例えば外壁、標準仕様とオプションでは大きく性能が変わります。こうなると、金額が大きいだけに実に悩ましいのです。オプション満載が良いのは当然のこと大手住宅メーカー同様、大和ハウスの標準仕様は今一つ評判がよくありません。カタログやモデルハウスに惚れ込んで大和ハウスで見積もりをとってみると...

 
 

両者とも住宅大手の大和ハウスとへーベルハウス、それだけに比較をしても両者とも一歩も譲らない印象です。構造ならへーベルハウス、住み心地なら大和ハウス、、、あえて言ってしまうとこうなるのでしょうか。重視するのは丈夫さか、住み心地かあなたが住宅メーカーを選ぶ時の基準とは何ですか?構造や工法から入りたがるのが男子、外観や担当営業から入りたがるのが女子、、、。まあ、男と女の間には深くて暗い川があるのですね。...

 
 

大和ハウスは無垢材をあまり使用しない住宅メーカー、その理由は様々あると思われるのですが、構造の点では無垢材より強度と品質の点で集成材が優れていると、大和ハウスが判断したから、そう考えることができるのです。構造に向くのは集成材か、無垢材か?大和ハウスの一戸建、主力商品はジーヴォシリーズ。こちらは軽量鉄骨のプレハブ工法、創業当時のミゼットハウスの思想を受け継ぐ工業化住宅。和室の装飾用の柱など、限られた...

 
 

プレハブ一本だった大和ハウスが、ついに木造住宅を造り上げました。これまでのノウハウを応用した大和ハウスならではの木造住宅、断熱性や頑丈さはもちろん、住む上での快適性という点でも画期的なものとなっています。大和ハウスがついに木造住宅へ進出ヘンリー・フォードは工場での大量生産をおこなうことで、超高級品だった自動車を誰の手にも届く物に変えました。住宅も工場で大量生産することにより、安価で工期も短く、高品...

 
 

住宅の基礎部分の断熱にも力を入れる大和ハウスなのですが、そのおかげで画期的な床暖房システムも完成。床暖房の熱を他の部屋の暖房に活用する大和ハウスならではのしくみ、快適性も向上し、ヒートショックの防止にも成功しているのです。断熱に重要な部位はどこかというと?快適かつ省エネな住宅の条件として、高い断熱性を持つことは、現在住宅メーカーの常識。そして、高い断熱性のために重要性が高いのは窓の性能。何しろ夏場...

 
 

ユニットバスの2大設備メーカー、TOTO、LIXILに加えてハウステックまで用意しているのは大和ハウス。その理由はコスパの高さらしく、ハウステックのユニットバスは、大和ハウスで家を建てた人々からの非常に評判がよいのです。ユニットバスはハウステックも選択可能大和ハウスで選べるユニットバスはTOTO製とLIXIL製、実績的にも申し分ない2大メーカーのもの。加えてそれぞれに細かい工夫を凝らしている上に、...

 
 

盛んにCMで高いリビングの天井をアピールしている大和ハウス。居心地の良さを実現しているのは、大和ハウスならではの強靭な構造あってのこと。ただ広いリビングというだけではない所がポイントとなっているのです。リビングの居住性の高さは、大和ハウスの技術ゆえ「天井が高いっていいわね」「、、、嘘だ、嘘をついた」竹野内豊さんが登場する大和ハウスのCM。アピールされているリビングの天井高、実に2m72cm。最近、...

 
 

大和ハウスが出資している信販会社、日本住宅ローンを利用するメリットは、ほとんどなさそうです。理由は、金利と手数料が割だから。大和ハウスだからといってローンが通りやすくなるわけでもなさそう。他社との比較検討が必要です。大和ハウスと関係が深いローン会社自動車など大きな買物をするときに、ローンでの支払いを薦められる、こんな経験はありませんか?これは、自動車のディーラーと信販会社が提携しており、ローンを利...

 
 

大和ハウスは構造の違いなどで非常に多くのバリエーションを持っています。外観も同様、よくあるサイディングやタイルなど、豊富な品ぞろえ。外観を考えているだけでも楽しくなっていく。大和ハウスが提供する家造りの楽しみと言えるでしょう。10種類以上のバリエーションジーヴォ「シグマ」、「グランウッド」、「03」などなど。大和ハウスの住宅のバリエーションは、大きなカテゴリーで分けても10種類以上。さらに、それぞ...

 
 

大和ハウスなど大手の住宅メーカーは価格が高い、そういわれてはいますがそれぞれ独自技術を持っています。しかし外構になるとどうでしょう。大和ハウスだけの外構のノウハウ、そんな物は存在しない、、、他の業者を検討してみませんか?大和ハウスは高いといわれているけれど小中規模の工務店や住宅メーカーならば、発注先と施工業者は同じ所が請負うもの。しかし、大和ハウスのような大規模な住宅メーカーとなると、施工業者は外...

 
 

大和ハウスは外張り断熱、よく言われる外断熱を用いて断熱性を高めています。外張り断熱のイメージ図を見ていると、鉄骨周りの断熱材に多少の不安を覚えるのは事実。しかし、大和ハウスの断熱は充分と考えるべきではないか?外断熱、実は外張り断熱だった外断熱と内断熱、この話を聞いたことがあると思うのですが、実は外断熱と言われている方法のほとんどは「外張り断熱」です。ん?な話ですし、今までもっぱら外断熱という言葉を...

 
 

大和ハウスでビルトインガレージ、実に様々な提案が用意されています。得意の軽量鉄骨だけでなく、重量鉄骨でも実績がある大和ハウス、もちろんガレージなどの大空間も実現可能。他にも木造などバリエーションは豊富に用意されているのです。例えば壁がネックになります三井ホームや「ミルクリーク」で知られる東急ホームズ、オスカーホームなどツーバイフォーの住宅が一般的になり随分経ちました。気密性が高いとか、柱や梁だけで...

 
 

大和ハウスの外壁は大きく分けて3種類、色目も豊富ですし組み合わせも自在、好みのままに選ぶことができるのです。また、外壁を選ぶ時に重要視したいのは色だけでなく質感や耐久性、それぞれ大和ハウスのものは優秀です。大和ハウス、平屋の外壁は窓?広々と感じさせるための、平屋ならではの空間演出とは、、、。ジーヴォ・シグマやグランウッドの「平屋暮らし」のセールスポイントは、従来では考えられなかった大開口の窓。さら...

 
 

大和ハウスで用意されている外壁材は3種類、予算とテイストで選ぶことになりそうですが、一番人気の外壁材はメンテナンスの手間と費用が軽いタイルでしょうか?塗壁とのコンビの外壁は大和ハウスおすすめにもなっているのです。標準の外壁材は、やはり「サイディング」大和ハウスの注文住宅、ジーヴォ・シリーズで最もポピュラーかつメーカーも主力と位置づけるのが「ジーヴォ・E」。屋根の形状など外観のバリエーションも豊富で...

 
 

大和ハウス一押しの外壁はタイル、性能には相当自信を持っているようですが、その保証は限られた期間しかありません。タイルの外壁に多大な期待をするのではなく、大和ハウスのデザインが気に入った結果のタイルならばわかるのですが。タイルの性能に自信?の大和ハウス外壁にタイルを用いるというのは、近年の注文住宅のトレンドとなっています。それにいち早く取り組んだのは、大和ハウス。すでに発表し好評を得ていた「ジーヴォ...

 
 

玄関ドアにも着実に進歩している、大和ハウスの標準で選べる玄関ドアを見ていると、そのことが実感されます。一番の違いを感じるのは施錠方法、車でよくあるスマートキーが主流となっている。それ以外でも大和ハウスの玄関、日々進歩をしているのです。玄関ドア、進歩も頭打ちになりそうなのですが玄関ドア、、、寒暖や雨風、第3者から家族や財産を守るもので、ずいぶん長い歴史をもっている物。こんな風に考えると、今さら新しい...

 
 

大和ハウスで注文住宅を建てる場合の値段や坪単価の目安が知りたいなと思ったワン。建設業界全体から見ると、知名度のわりにはそれほど価格が高くないという評判の大和ハウス。実際のところ、注文住宅を建てる場合のトータルのお値段や坪単価は他社と比較してどうなんだワン?今回は、ノリにノッている大和ハウスの、注文住宅の価格や坪単価について具体的な値段を調べてみたワン!大和ハウスの注文住宅は、TVCMもバンバンやっ...

 
 

大和ハウスで注文住宅を建てる場合の値引き交渉のポイントについてまとめるワン!大和ハウスで注文住宅を購入する場合、数百万円オーダーのビッグな値引きをしてもらえる可能性があるワン。交渉をスムーズに、自分に有利な方向にもっていくためにも、まずは全てをひっくるめた予算を明確にしておくことが大前提!さらに、どんなことに注意すれば大和ハウスの担当者を「YES」と言わせることができるのかワン?譲れない予算で満足...

 
 

大和ハウスの注文住宅はどう評価されているのか?注文住宅を建てるにあたってなにより気になるのは、実際に建てた方がそのメーカーに対してどう感じたのかという評判だワンね。営業さんの提案力や人間性、商品の特徴やアフターサービス・・・等々、大和ハウスの評判はどうなんでしょうか?注文住宅を建てる前に、まずは市場の声をチェックしておくワン!賃貸住宅で圧倒的なシェアを占めている大和ハウス。注文住宅も好調のようです...

 
 

大和ハウスの注文住宅は、外観という面でどんな特徴があるのかワン?パンチの効いたTVCMでおなじみの大和ハウス。注文住宅の外観もさぞや個性的なのでは!?・・・と思いきや、実際はわりとシンプル路線だワン。具体的にどんなプランがあり、どんな層の方にウケているのか?大和ハウスの注文住宅の外観事例を他社と比較した場合、どんな特徴があるのか見てみるワン!「人は見た目じゃない」とは言いますが、実際には見た目で判...

 
 

大和ハウスで家を買う場合、注文住宅にすべきか、建売にすべきか?両者を色んな角度から比較してみるワン。賃貸に注文住宅に建売に・・・と、住宅に関する様々なニーズにオールマイティに応えてくれる大和ハウス。注文住宅と建売を選び分ける際には、どんなポイントに着目すれば良いのかわん?価格はどのくらい違うのか、将来的に家を売る時はどちらが有利なのか・・・等、気になるあれこれを解決したワン!細部にこだわる注文住宅...

 
 

注文住宅についてあれこれ情報収集していると、その過程で「パッと見ただけでどこの住宅メーカーの家なのかがわかる!」という域に達するようです。では、大和ハウスの注文住宅の特徴って?どんな点にこだわり、何を【売り】にしているのか。他社との比較を交えながら、大和ハウスならではの特徴をあぶり出していくワン!大和ハウスという社名をご存知ない、という方はほとんどいないでしょう。しかし、具体的にどんな家を建ててい...

 
 

大和ハウスの木造の注文住宅のラインナップや特徴についてだワン。大和ハウスといえば賃貸住宅でおなじみのメーカー・・・ということで、注文住宅でも鉄骨ベースの商品が主力。しかし、実は木造のラインナップも充実しており密かに人気!そこで今回は、大和ハウスの木造の注文住宅のラインナップとその構造上の特徴について注目してみたワン。木造住宅は鉄骨に比べて「燃えやすくて、シロアリに弱くて、しかも冷えやすい」というイ...