ミサワホーム 価格

MENU

ミサワホームは価格がわかりやすい!ネットで便利な家づくり

ミサワホームの一戸建ては、価格表示がわかりやすく、非常に親切!

 

インターネットを通じて外観や間取り、外壁の種類、水回りの設備などをカスタマイズして

 

価格の目処を立てられるサービスもありますので、自分のペースで理想の家造りを検討することができます。

 

では、ミサワホームの戸建は具体的にどのくらいの金額で手に入れられるのでしょうか?

 

どんなお買い物も、金額が明記されていないと怖くて手が出せませんよね。

 

それが高額な物であればあるほど、価格情報はハッキリとわかりやすく示して欲しい!

 

ミサワホームなら、安心してプランニングを進めることができそうです。

 

価格がわかりやすいのは良心的!

マイホームの購入を検討するにあたって、気になるのはやはり価格のこと。

 

どんな工法・構造、どんなデザインの家がどのくらいの価格で手に入るのか?

 

まずはそこを知りたいのに、公式HPを見ても費用に関する情報がわかりにくい!

 

なんでハッキリ書いてくれないの?・・・そんなご不満をお持ちの方も多いことでしょう。

 

その点、ミサワホームは費用の目処を立てやすいのが良心的。

 

公式サイトの一戸建て注文住宅のコーナーに「価格」というページがあり、そこに、商品ブランドごとの価格の目安が掲載されているのです。

 

まずはそこをチェックすれば、「ミサワホームの家はどのくらいの金額で建てられるのか」をざっくりと把握できるはずです。

 

具体的な価格帯は?

では、ミサワホームで家を建てる場合の具体的な価格目安はどのくらいになるのでしょうか?

 

公式サイトの情報を参考に、各ブランドの坪単価(一坪あたりの価格)をまとめてみました。

 

ミサワホーム ブランド別坪単価
  • CENTURY (木質 工業化住宅) 60万円~80万円
  • GENIUS (木質 工業化住宅) 52万円~75万円
  • SMART STYLE (木質 工業化住宅) 45~65万円
  • HYBRID (鉄骨 工業化住宅) 45万円~80万円
  • ネット販売 43~65万円

 

価格が高めのCENTURYとGENIUS、リーズナブルなSMART STYLEは「同じ木質系なのに、何が違うのか?」

 

これは、簡単にいうと「自由度」の違いです。

 

CENTURYとGENIUSが選択の自由度が高めの注文住宅であるのに対して、SMART STYLEは規格住宅。

 

間取りや設備の選択肢が限られており、その分だけコストを抑えられるということです。

 

価格シミュレーションで間取りと価格を検索!

さて、おそらくみなさん、「ネット販売とはなんぞや?」という疑問を抱いたことでしょう。

 

坪単価を見る限りでは、ずいぶんと低価格で建てられそうですよね!?

 

これは、簡単に言うとインターネットを通じてマイホームのプランニングができるプランです。

 

公式HP上に「MISAWA WEB DIRECT」というコーナーがありますので、まずはこちらにアクセスしてみてください。

 

お住まいの都道府県と希望の坪数、予算を選択してクリックすると、条件に合う商品の価格と間取りが出てくるという仕組みになっています。

 

さらにここから、外壁材やドア、インテリアのカラー、水回りの設備・・・と各パーツを選んでカスタマイズできる!

 

オプション品の場合はそれぞれのパーツの金額も記載されているので、非常にわかりやすいですよ。

 

ミサワホームのネット販売は、自分なりのペースで・時間をかけて細部までこだわることができるのが魅力!

 

営業さんに相談するタイミングも自分で決められるので、「マイホーム建築に興味はあるけど、メーカー側のペースに乗せられるのがウザい」という方にピッタリのプランです。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むとミサワホームに超詳しくなります。

 

ミサワホームは平屋建て住宅のプランが充実していることでも評判です。「二階建てに比べて坪単価が高くなる」とも言われていますが、具体的な金額はどのくらいになるのか?今回はミサワホームの平屋建てプランの詳細と気になる坪単価の情報をリサーチしました。子供とお年寄りに優しい平屋建て。「家事も楽チン!」なので、忙しいママにも支持されている建築様式です。機能面だけではなく、庭との距離感の取り方や間取りにも面白い...

 
 

ミサワホームで見積りを取ったことがあるという方は、おおむね同社を好評価しています。どうやらその理由は、顧客に対する営業担当者の「姿勢」にあるよう。他社と比べて、ミサワホームの営業はどんな特徴があるのか?また、見積りを取る際に知っておくべきポイントとは?詳細は何も決まっていないのに、しつこく営業されるのはストレスですよね。商品自体には魅力があっても、営業がしつこいのでは購入意欲もそがれてしまいます。...

 
 

ミサワホームには、いくつかの木質系住宅のブランドがありますが、mj woodもその一つ。他の商品に比べるとリーズナブルな価格設定となっていますが、どんな特徴があるのでしょうか。価格が安い分だけ、強度が劣るのでは・・・という不安を解消すべく、ミサワホームのmj woodについて調べてみました!同じ木造住宅でも、作り方(工法)にはいくつかの種類があります。ミサワホームのmj woodは、伝統的な木造住...

 
 

ミサワホームは、いわゆる「ローコスト」の部類には含まれないメーカー。ですが、選ぶプランによっては1000万円台というリーズナブルな価格で注文住宅を建てることができます。おまけに、嬉しいプレゼントキャンペーンも開催中!1000万円台で注文住宅の建築を検討中の方はミサワホームをチェック!!安い家は、それだけ土台部分が脆弱だという説があります。それが本当なら、1000万円台と2000万円台では、家の耐久...

 
 

ミサワホームは「1.5階がある家」の建築技術に定評があります。家の中に「蔵」と呼ばれる収納スぺースを設けることで1.5階を作り、「モノがあふれて困る」という悩みもスッキリ解決!プラス100万円以上の追加料金はかかりますが、ミサワホームで建てるならぜひ検討していただきたいプランの一つです。ドアや廊下を使わずに空間を仕切りたい。それなら、ちょっとした「段差」を設けるのが効果的です。1.5階のスキップ空...

 
 

ミサワホームで見積もりを取った場合、「2000万円」はまあまあ妥当な金額のようです。では、具体的にどんなデザインの、どんな間取りの家が建てられるのでしょうか?ミサワホームが運営している間取り検索サイトを活用して、2000万円の標準的なプランを調べてみました。建物本体価格1000万円といえば、ローコスト。3000万円となると、高級住宅!その中間に当たる2000万円台なら、コストパフォーマンスに優れた...

 
 

ミサワホームが得意とする「2.5階」のある家には、具体的にどのようなメリット&デメリットがあるのでしょうか。そもそも、2.5階の位置づけとは?また、このデメリットを克服するだけの技術力がミサワホームにあるのかどうか・・・気になる疑問のあれこれを、実際に家を建てたオーナーさんの体験談を参考にしながら解消していきましょう!2階とも3階ともちがう、ちょっと特別感のある「2.5階」。先輩オーナーさんたちは...

 
 

ミサワホームで30坪の家を建てるとしたら・・・?価格の目安を立てるのであれば、公式サイトのシミュレーションツールが便利です!都道府県と希望の坪数(30坪)、予算価格を指定するだけで、条件に合うプランが表示されます。数あるミサワホームの商品の中でどのプランが良いのか迷ったら、まずはシミュレーション!「建てるなら30坪くらいかなあ」「予算価格はこのくらいかなあ」・・・と、漠然としたイメージは浮かんでい...

 
 

ミサワホームの家は、結露が起こりにくいという点で高く評価されています。壁の内部に生じる結露が原因でカビが繁殖し、それが結果的に家の寿命を縮めてしまうケースも少なくありません。。。ミサワホームはどのような技術で結露の発生をブロックしているのでしょうか。また、日常生活の中で注意すべきポイントとは?たかが結露、と軽く考えるのは危険です。家の腐食は、目には見えないところで静かに、確実に進んでいくのです。怖...

 
 

「壁にヒビが入った!」「水漏れした!」「シロアリにやられた!」・・・住宅にありがちなトラブルに対して、ミサワホームはどこまで保証してくれるのでしょうか。無料の点検が受けられる期間や、構造・防水・白蟻に対して保証してくれる期間、そしてそれを延長するためにクリアすべき条件についてまとめました。100年、200年先も住み続けられる家を作るべく「長期優良住宅」の普及が進められてますが、日本の場合、家の寿命...

 
 

他社と同様、ミサワホームでも無料の10年点検が実施されます。この時、どんなところを重点的にチェックするのか?また、高額の補修工事を勧められた場合はどう対処すれば良いのか?ミサワホームの先輩オーナーさんのアドバイスを元に、10年点検の心得を伝授します!ピカピカの新築マイホームも、10年経つとところどころに劣化の影が・・。どこまで直すべきか?補修しないとどうなっちゃうの?ミサワホームのアフターサービス...

 
 

家の寿命が30年だとしたら、15年点検は一つの節目。マイホームの状態をより長く”元気に”保つためには、しかるべきメンテナンスを施して家をいたわる必要があります。ミサワホームの15年点検ではどのような点を重点的にチェックするのか?また、指摘内容が多いのはどんなパーツなのでしょうか。ミサワホームで実施している無償点検は、10年の次が15年。ここを境に家はグッと老け込みますので、心配なことはどんどん相談...

 
 

マイホームを持つということは、10年、20年、30年・・・と手をかけてその家を守っていく義務を背負うということです。当然、メンテナンス費用はタダではない!使用する部材のグレードや工法、保証制度によっても金額は違ってきます。ここでは、ミサワホームのメンテナンス費用についてご紹介します。建てる時にあまりにも安過ぎる家は、補修の繰り返しでかえって高くつく!ということにもなりかねません。では、ローコストで...