平屋 ローコスト

MENU

ローコストの平屋を建築するためには?

家を建てるときに、誰もが願うこと、、、それは「とにかく安く建てたい!」じゃないかワン?

僕のような大工は、元請けの会社から「もう少し安くなりませんかね~」なんて値踏みをされることが多くなってて困るけど。。

 

でも、やっぱり出来る限り安く、というかコストパフォーマンに優れた家を立てて欲しいと思ってるワン!

 

安さだけで突き進むと、失敗する確率が非常に高くなるから気をつけてね!

 

家を建てるうえで大切なのは、どこにもっともお金を掛けたいと思うのかという点。

 

優先順位をしっかりと決めないで金額優先で契約してしまった結果、中途半端な家と数千万円ものローンが残ってしまう、、、といった「人生を台無しにしてしまう」注文住宅難民が後を絶たないのも事実。

 

失敗談ほど貴重な情報はありませんから、注文住宅で失敗した話や、後悔した部分など、しっかり読んで勉強しておきましょう!

 

⇒ 注文住宅で後悔しない!失敗例から読み取る注文住宅のポイント

 

出費は計画的に

もしもお金が無限大に存在するのであれば、なにも心配することはありませんが、ほとんどの人は限られたお金である資源をどこで使うのかというところが悩みどころだと思います。

 

ですから逆にお金を掛ける部分がしっかりと決まったときには、出費をしぼるところはとことんまでしっかりとしぼらないと本当に使わなくてはいけないところに資金がまわせないという事態になってしまいます。

 

安くなる理由

最近はロ-コスト住宅というのが一般的になっていて、平屋建てであっても以前と比較すると、考えられないくらいのロ-コストで平屋を建築することが可能になってきています。

 

その理由は、大量に工場で部材を生産したり、さらには工場内である程度部材を組み立てて、現場では最終の調整のみ行うといった人件費の大幅カットなど、さまざまな工夫がこらされるようになってきたことが一つの要因です。

 

こだわる部分はしっかりと!

ロ-コストの平屋を建築するにあたっては、多くの人があらかじめ間取りを決め見積りをとるといった工程を経るわけですが、その際にはしっかりと見積りを確認するという工程も大切です。

 

どこが安いと単なる安い高いだけではなくてすみずみまで見積りの内容を確認して、どこがどう、そしてなぜ安いのかということをしっかりと分析する。

 

そうすることで、ロ-コストである理由や更なる値引きができない理由、もしくは部材の良し悪しなども分かってくるものです。

 

とにかく人任せにせずに、自分も理想の平屋建てを実現するために、打ち合わせに積極的に参加していくことが大切なのです。

 

特に間取りは一度決めてしまってから簡単に変更することができませんから、最も神経を使うべきポイントです。

 

間取りの設計が上手くいくかどうかが、成功のカギを握っているのです。

 

逆に言うと、間取りが失敗すれば、家造りは失敗となり、数千万円のローンだけが残るという泣くに泣けない状況だけが待っています。

 

そういった意味でも、ポリシーや方向性といいましょうか、間取りで何を大切にすべきなのかという「考え方の軸」を確立して頂きたいのです。

 

⇒ 注文住宅を新築を成功させるために、間取りの考え方の軸をしっかり確立スべし!

500万円からのローコストな平屋建て特集!

最近、ローコストな平屋建てが流行っているのですが、どれぐらい安いのでしょうか?

 

家は高い買い物ですし、そう何度も買い替えたりするタイプのものでもないでしょうから、できるだけ安く、なおかつ失敗せずに建てられたらと思います。

 

私自身も平屋建てを建てようかなと思っているところもあり、非常に気なるところですので、どんなメーカーがどれぐらいの価格で立てられるのか、ザッと調べてみました。

 

驚くほど安く建てられる!?

すると、大体のメーカーが、最安値で500万円前後という超ローコストな平屋建てプランを用意してくれているようです。

 

500万円というと、土地と併せても、一番安くすまそうと思えば1000万円もあれば、田舎であれば充分立派な平屋建てが建ってしまう、ということです。

 

⇒ 平屋建てが500万?!どのようにしてコストを下げる?

 

丁度よい広さ

500万円だと、間取りとしては、1LDKぐらいになるとは思いますが、子供が既に独立してしまって、大きな家に住む必要のない方にとっては、手頃な間取りにだと思いますね。

 

奥さんとふたり暮らしであれば、それぐらいが距離感も無く、丁度よいと思います。

 

これから家族を持つ若い夫婦にとっては、1LDKでは物足りませんから、自ずともう少し大きな家に住む必要があると思いますから、その場合は2階建てを素直に買ってしまったほうが得策でしょう。

 

子供2人を基準に考えると、やはり4部屋は欲しいところですね。

 

⇒ どうやって確保すれば良い?平屋で夢広がる子供部屋を作るコツ

 

重視するのはどんな部分?

ローコストな平屋建てで心配なのは耐震性だったりするわけですが、500万円でどこまで求めるか、が重要だと思います。

 

実際、どれだけ耐震性が高かったとしても、大地震には耐え切れないかもしれません。

 

シンプルな平屋建てだからそ、選ぶ側もシンプルに選択していきたいですね。

削る部分を検討する

一般的に考えてみると注文住宅という言葉は万人にあこがれで、建売住宅とは異なっていて、自分の理想に近い住宅を手にいれることができそうなイメージを持ちます。

 

家を持ちたいという願望のある方は少なからずおられると思います。

 

かくいう自分もその一人です。

 

いざ家を建てるとなったとき、やはり気になるのはコスト面です。

 

なるべくならコストを安く抑えて希望の家を建てたいですね。

 

ローコスト住宅の平屋建ての基本は、つまりコストを下げるということは、単に使用する材料の質や器具のグレードなどをバッサリと落とすという単純作業ばかりではありません。

 

ベストの住まいを目指すのではなく、ちょうどいい加減を探し出すことがコツなのかもしれません。

 

コストを抑えるなら

たとえば中庭には立派なオリ-ブの木がどっしりとたっているような、今はやりの平屋建て住宅を思いうかべたりします。

 

そしてそのイメ-ジはあくまでも正しいといえます。

 

そして建売の平屋建て住宅と大きく異なるのは、注文住宅の平屋建ては自らコストをカットしたりすることが可能なコストコントロールが自由にできるということです。

 

注文住宅の平屋建ての大きな魅力のひとつは、コストダウンが自分自身でできることだといえるのです。

 

⇒ 具体的な平屋建てのコストダウンする方法を考えてみた!

 

長期的なイメージを持つ

ローコスト住宅の平屋建ての基本は、つまりコストを下げるということは、単に使用する材料の質や器具のグレードなどをバッサリと落とすという単純作業ばかりではありません。

 

知恵を振り絞ってまずはじめに家族の考え方、将来への生き方などをぼんやりとでいいのでイメージしシュミレ-ションをします。

 

ベストの住まいを目指すのではなく、ちょうどいい加減を探し出すことがコツなのかもしれません。

 

ものごとは必ず二面性があります。

 

完全なるメリットだけではないのです。

 

シンプルが良い?

ロ-コスト住宅の平屋建てにおける間取りの計画は、考えれば考えるほどに難しいものです。

 

あまりに希望を優先して複雑な形状にすると、かえって住み心地が悪くなるだけではなく、コストまでアップしてしまいます。

 

また間取りを決める際は既製の家具がしっかりと収まるようにつくるとコストダウンにつながります。

読者から頂いた感想

最初から最後まで人任せには出来ないなと思いました。(30代 男性 )

 

どこのコストをどれだけ削れて、どこにどれだけのコストをかけてどんな効果が得られるのか。

 

そういった相談も気軽に、気の済むまで出来る信頼できる設計士、建設会社を見つけることが大切なのかなと思いました。

 

コストを削って、ローコストで平屋建てを建てるためには、アイデア勝負な部分も少なからずあると思います。

 

ですので、建売やテンプレートでの設計をする会社よりも、設計事務所に一から設計してもらったほうが、全体的なコストはかかっても、コストに対する満足度は高いのかもしれませんね。

 

ちょうどいい加減というのも、知識がない素人の私たちは、会社を頼りにするしかありません。

 

信頼できる住宅会社を時間をかけて探すのが、一番の早道かも。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

ローコストな平屋って大丈夫? 関連記事

 

近年、さまざまな要因がかさなってフラットな住宅、つまりは平屋建ての家に注目があつまっています。各ハウスメーカーも注目今までは狭い土地にできるだけ居住スペ-スを確保するために二階建て、三階建ての住宅が当たりまえのように乱立してきた流れからはとうてい想像しにくい流れといえます。その反面非常に興味深い動きで大きな有名ハウスメ-カ-やゼネコンがかえってこの動きに同調しているような状況になってきています。リ...

 
 

高級平屋住宅は、一般的な平屋住宅とどういった点が違うのでしょうか。平屋は平屋だからそう大差はないと思われがちですが、そんなこともありません。「高級」と冠がつくそのわけとはなんでしょう高級平屋住宅といっても、平屋であることには変わりないので階数は1階のみとなります。ですから、高級だといってもワンフロアだけとなります。となると、間取りの充実、使われる素材の質といった点で高級度が増すのですね。例えば人気...

 
 

素人目にみると住居を建築するうえで、平屋建てはそんなに二階建て三階建ての住居と比較すると構造に強度が必要とされていないために、安上がりなんだろうと思いがちです。しかしながらちょっと調べてみると平屋建てを建築するためのコストは実は二階三階建ての住宅と比較してみるとかえって割高な金額がかかります。一体なぜ平屋建ては二階三階だての住宅と比べて割高になるのか、その価格相場はいったいどうなっているのでしょう...

 
 

平屋建ては格安で建築することが、はたしてできるのかという疑問よりも時折、さまざまなDMが送られてきて注文住宅の広告から不動産のおおよその価格をしることができます。理想の家を建てられる?雑誌の特集を見かけたり、さらに注文住宅の市場においてはかなり驚きの価格を実現したとしても、ふと思い付くのはローコストの長屋で、果たして長く幸せに暮らせることが可能な家は建てられるか?ということです。豪華な設備機器やう...

 
 

平屋建ては意外とお値段が高いワン!なんとか500万円で建てられないものか。。。昨今の経済状況からしても、「価格は安く!」、、、そう考えてしまうものだワンね。噂のタマホームでは、なんとなんと500万台というから建てられる衝撃的な価格での平屋建てを含む住宅のシリーズを発表されています。どんな家?そこで気になるのはタマホーム500万円台住宅の品質ではないでしょうか。⇒ タマホームなぜ安い?価...

 
 

平屋住宅の坪単価は、今どんな相場になっているのでしょうか。住宅メーカーの大小にかかわらず、平屋商品もありますが、坪単価が変わってくるその理由とは何でしょうか。まずは、大手の住宅メーカーから見ていきましょう。大手ハウスメーカーでも人気大手の住宅メーカーの場合を見ていくと、ほとんどの企業が最近になって平屋住宅への営業に力を入れてきているという傾向が。これから老後を夫婦二人でゆったり楽しもうというリタイ...

 
 

平屋建てなどの住宅を1000万円台からの住まいづくりというキャッチフレーズをもって、営業されているというイメ-ジを持つ企業があります。コストを抑えた家造り比較的安価である住宅を中心に建築されているハウスメーカーとしてイメージが定着しているアキュラホームがあります。強力なそんなコストパフォ-マンスをもって、コストパフォ-マンスのみが先走っているのですが、もっとも大切なのが住まいづくりにおける勢力的な...

 
 

平屋建ては2階もないから安いのではと思う方もいるかもしれません。ですが、本当にそうでしょうか。間取りや立地、坪にもよると思いますが、本当のところどれくらいかかるのでしょう。私も気になるところです。プランニングは慎重に平屋建てをどこのハウスメーカーにお願いするかによっても建築費は違ってきますが、一般的には2階建てとそんなに大きく変わりません。むしろ2階建てよりも少し高くなってしまう可能性もあります。...

 
 

平屋建ての賃貸住宅に住んでいるひとは、平屋建てが少なくなってきた最近でも、やはり少なくはないと思います。築年数はどれくらい?昔ながらの平屋建ては独特な落ち着きもあって好んで住んでいる人も数多くおられます。そこで気になってしまうのが最近は日本中のあちこちで多発している地震による被害を見るにつけて果たして地区数十年を経た木造平屋建ての耐震性能はいったいどうなのかといったところです。安全面は問題ない?ド...

 
 

木造平屋建ての坪単価、実際のところどれぐらいするのか知りたいワン!広告や宣伝には安く建てられると書いてあるけれど、実際にそんな安い値段で平屋が建つのかなぁ。。?と疑問に思ったので、各ハウスメーカーによって細かい金額は違ってきますが、大まかな費用についてみてみたいと思うワン!一般的に坪単価とは、「工事金額」を「延べ床面積(坪)」で割った価格になります。相場はどれくらい?どれぐらいの規模にするかで大き...

 
 

家を建てる時、まず間取りなどを設計しなければいけません。どれくらい部屋数がいるのか、どれくらいの広さに立てるのかによっても設計は違ってきます。2階建てなどなら、様々なモデルがあるかもしれませんが、平屋建ての設計となると暮らし方によって違うので実に様々です。平屋建ての設計はほぼ一から作っていくと言っても過言ではないかもしれません。まずは情報を得ることから平屋建ての設計に限らず、家の設計自体どうするか...

 
 

放火による被害が増えているそうです。放火の被害を受けやすいという住宅があるようです。そうなってくると自分ではいくら気をつけていたとしても防ぎきれないのではないでしょうか。特にそれが新築の平屋建てであった場合、気が気ではないでしょう。放火が増えている!?今は何をおいてもストレス社会だといえます。全国の数多くある火災件数のうち、放火による被害は年々増加しており、火災全般にしめる20パ-セント近くを占め...

 
 

どうして平屋建てを建築するのか。またどうして平屋建てが注目をあびているのか。不思議や疑問を感じる人がたくさんおられるのも無理がありません。平屋建ての生活だって平屋建ては当然ながら家が狭くなります。いくら核家族が中心の今の世の中であっても一つの世帯にだいたい夫婦と子ども二人がおられるのが、よくある家族の形態ではないでしょうか。もちろん家族構成は世帯によって千差万別、夫婦と親御さん、もしくは夫婦と子ど...

 
 

ロ-コストの平屋を建築するためには、いろいろなコツがあるのですが、しかしそうはいっても、最近の平屋に関わらず住宅はロ-コスト化してきたいます。しかしとことんまで、自分の理想を追求するのであれば、金額は一気に跳ね上がる可能性もあります。安くするコツは?まずロ-コストで平屋を建築するためには、工場での大量生産品を出来るだけ使用するといったことがあげられます。家作りの基板となる部材にこだわりすぎるともち...

 
 

平屋は、今のトレンドだといわれるくらい、たいへんな人気を博しています。本当に落ちつく家平屋だと圧倒的に二階建てと比較すると、部屋数が減ってしまいます。そのため素人の目から見るとどうしても、もったいないような気がします。しかし、逆に考えると、一般的にみて二階を要することにより得られる居住スペ-スの増加よりも、むしろスペ-スを無視してでも、二階建てを拒絶するような、世の中の流れが出現しているのかなと感...

 
 

最近は田舎に住みたいと考えている方が増えてきているように思います。しかし実際のところ田舎はそんなに甘いものではないとよくいわれています。のどかに暮らせる?そんな田舎で800万円で平屋を建てたいと考える人が結構おられるようです。しかし平屋といいますと、ただでさえ虫が多いのに、平屋だと逃れられないくらいに虫がいっぱい飛んできそうな気がするのは、私だけでしょうか。また飛んでくるのは虫だけでもないようです...

 
 

900万円で平屋を建築したいという希望がもしあるのならば、オススメは郊外になります。平屋は最近注目される人気の建築様式ですが、その人気を秘密は将来的に階段がしんどくなるという終の棲家として、しっかりと将来を見据えた家をもちたいという希望が基礎にあるのかもしれません。土地の確保が難しいそんな将来を見据えた平屋を建築したいならば、都心ではとにかく土地代が高額になりますし、十分な居住スペ-スを確保できる...

 
 

人気の平屋を終の棲家としたいと考える高齢者が増えてきているようです。平屋は間取りがしっかりとしていれば、生活動線は安定しやすいですし、毎日の洗濯物も二階に干しにいくなんていう体にこたえるような仕事からも解放されます。平屋と二階建てのコストに違いは?しかしそのためには、平屋で洗濯物を干すのに快適な場所をその間取りのなかにしっかりとプランニングすることが大切です。さてそんな平屋を建築する費用は、あまり...

 
 

人気の平屋を建築をするにあたって何を悩むかというと、はやりどこに頼むのか、もしくは誰に頼むのかといったごく基本的なことになることがほとんどです。景気回復を感じる?あらかじめ”ここに決めたい”と決まっている方ならば問題ないのですが、評判のハウスメ-カ-や工務店では、どうしても高すぎて手が出ないといった方もたくさんおられるのではないでしょうか。安倍内閣三本の矢や四本の矢だとか、アベノミクスやホットケ-...

 
 

子育て世代の将来に向けた、恐怖の一つとして、子の巣立ちがあるのではないでしょうか。子供が一人立ちしたら子どもを育てていると、たくさん泣いたり笑ったり、そして怒ったりなどさまざまな喜怒哀楽が必然的に巻き起こるのですがそんなにぎやかな家庭もいつか悲しい終焉を迎えてしまいます。そうです、子どもはいつかうれしくと悲しくとも一人立ちしていってしまうのです。子どもが巣立ったあとの部屋はなんだかガランとして寂し...

 
 

平屋新築一戸建ての予算は5000万円前後が相場かな~なんて漠然と思っていました。調べてみると「えええええ」自分がどれ程ズレていたかが分かったのです。平屋新築一戸建ての予算は激安~高級なものまで幅が広い。あなたならどっちの家を選択するのでしょうか。平屋新築一戸建ての金額はピンからキリまで。その金額幅はどのような点に起因しているのでしょうか?平屋新築一戸建ての予算はどのくらいになるの?平屋を新築で建築...