イシンホーム 平屋 価格 坪単価

MENU

ウワサの0円住宅イシンホームの平屋建て価格と坪単価は?

コスパが良く、デザイン性の高い家づくりを叶えてくれる!と好評のイシンホーム。

 

平屋を建てる場合、具体的な価格、坪単価の相場はどのくらいなのでしょか。

 

ここでは、イシンホームの価格情報に注目!

 

平屋の坪単価に加えて、イシンホームのイチオシ商品をご紹介します。

 

ちょっと面白い支払いプランがあることで有名なイシンホーム。

 

「ゼロ円」で建てられる家があるって本当ですか!?

 

イシンホームは平屋建てには注力していない?

岡山県津山市に本社を構えるイシンホーム。

 

全国的にはそこまで知名度が高い!という印象ではありませんでしたが、中国地方を牛耳っている(フランチャイズ展開している)ハウスメーカーです。

 

こちらの主力は、なんといっても「ローン0円住宅」!

 

簡単に言うと、太陽光発電システムの売電収入で住宅ローンをまかなえますよ!というなんとも斬新なコンセプトの住宅です。

 

モデルプランは、住宅価格3,623万円の家が月々の売電収入11.8万円(30kw)でローンがゼロ円。

 

最短15年で完済も可能!だから「老後も安心な家」という謳い文句で集客しているようです。

 

もちろん、劣化リスクの低い(シリコンの純度の高い)太陽光パネルを搭載していたり、高断熱のサッシや熱交換率の高い換気システムを採用したり・・・

 

と、技術的なレベルの高さにも定評があります。

 

ただ、残念ながら、ネット検索では平屋建ての施工事例が見当たりませんでした。

 

SUUMOの住宅情報サイトで「イシンホーム 平屋建て」で検索をかけても、ヒットする事例がありません。

 

ですから、「イシンホームでこういう平屋を建てると坪単価はこのくらいで、トータル価格はこのくらい」という具体的な数値は見積もりを取ってみないとわからないと言えるでしょう。

 

具体的な坪単価は?

イシンホームは、「世界一、住宅ローンの支払いが楽な家づくり」という大胆なコンセプトを掲げています。

 

トータル価格がリーズナブルな、いわゆる「ローコスト住宅」に分類されるメーカーですが、価格や坪単価の相場はどのくらいなのでしょうか?

 

施工事例や公式HPを参考にしてみる限り、坪単価は45万円~といったところ。

 

公式的には30万円台でも建てられるとアピールしていますが、実際のところは50万円台が中心価格帯のようです。

 

残念ながら、平屋に限定した価格情報は見当たりませんでした。

 

ただ、2階建てに比べるとどうしても坪単価が割高になりますから、50万円~60万円を目安と考えておくと良いでしょう。

 

意外と満足度は低め?

売電収入で家のローンをゼロ円にする!という、なんともイマドキな新しいシステムが光るイシンホーム。

 

ローコスト住宅で、しかもそんな斬新な提案をしてくれるなんてきっと評判も良いに違いない!と思いきや、意外にも口コミ評価は低めです。

 

価格が安いからといって、お客さんがそれだけで満足してくれるような時代ではないということですね。

 

「そもそも売電収入だけでローンを完済するなんて、本当に可能なのか?」と試算している方も多いのですが、結論から言うとケースバイケースですね。

 

自然条件(日照時間)に左右されますので地域差がありますし、なにより30kWもの容量を持つパネルを載せるにはかなりの屋根面積が必要のようです。

 

その点、平屋は有利かもしれませんが「58坪分くらいの面積が必要」というデータもあり、かなり広い家を建てなければ十分な費用対効果は得られないようです。

 

また、坪単価が安いだけあって設備のレベルも低いとか、営業さんの対応が遅いとか・・・そんなネガティブ評価もありますね。

 

そうは言っても、「間取りのセンスが良い」「デザインが素晴らしい」と絶賛している声もあります。

 

決して「安かろう悪かろう」と切り捨てることはできないメーカーであることは確かのようですね!

イシンホームの価格相場をリサーチ!本当に安いの?

イシンホームの主力商品と価格の目安について、公式サイトの情報を元にまとめてみました。

 

デザイン性の高いローコスト住宅が人気のイシンホームですが、実際の価格目安はどのくらいなのでしょうか。

 

ここでは、イシンホームの具体的なプランや間取りを挙げてご紹介!

 

話題の「ローン0円住宅」の価格情報についても、具体例を挙げて解説します。

 

イシンホームは、話題性の高いプランが充実しています。

 

良心的な価格設定で知られていますが、実際のところ本当に安いの?

 

「家事を1/2に、経済力を2倍にする家」

家を建てる目的とは、一体、何でしょうか?

 

背伸びした価格の家を建てたことによって家族での外出を控えるようになったり、お父さんのお小遣いを減らされたり、お母さんが仕事と家事と育児でヘロヘロになったり・・・。

 

  • それって幸せですか?
  • 家を建てたことは正解と言えるのでしょうか?

 

「うちは、家を建てたことによって家事が2倍に、経済力は1/2になってしまった」なんてことになるのを避けるためにも、ぜひ「家を建てる意味」についてじっくり考えてみて欲しい!

 

イシンホームでは、「どうせ建てるなら、家事を1/2に。そいでもって、経済力を2倍にできたら良いよね!」・・・と言う前向きな家づくりを提案しています。

 

例えば、家事や育児に忙しいお母さんにとって動きやすい間取りの工夫が光る「TWINS」。

 

屋根全体にソーラーパネルを設置することで発電効率を上げ、売電収入を得ることによってローンの返済を楽にする「太陽光発電MAX」や「ローン0円住宅」(なんと、20年間ローン0円を実現!)などの商品があります。

 

時代のニーズを先取りしたプランが光るイシンホームですが、価格のほうはどのくらいが相場なのでしょうか?

 

実際の価格目安は?

さきほどご紹介した「TWINS」だと、延床面積28.42坪の2階建てで本体価格は1,328万円(税抜)~。

 

屋根の形状によっても金額が変わり、切妻屋根の太陽光発電パネルつきだと1,637万円になります。

 

太陽光発電MAXのほうは、延床面積51.85坪 5L2DKの2階建てで本体価格が3,657万円。

 

こちらは年間118万円の売電収入が予想され、月々の収入は9.9万円の見込み(買取価格は29.16円で計算されています。)

 

銀行ローンの返済額が月々10.79万円とすると・・・差額は8,900円!

 

簡単に言うと、イシンホームなら月10,000円以下のローンで家が建てられるということなのです。

 

この数字を見てしまうと、「自分にも家を建てられるかも」と“その気”になってしまいますね。

 

価格がわかりやすいのが良心的!

さきほど挙げた価格の一例は、イシンホームの公式HPに掲載されている数字。

 

こうして具体的な価格をハッキリと表示しているメーカーって、実は珍しいですよね。

 

「家を建てる時は、実際に見積もりを取ってみるまで価格がわからないから怖い」というイメージがありましたが、今の時代、そんな不安な買い物にニーズがあるでしょうか?

 

営業さんが顧客の懐具合を探りながら金額を提示する時代はとっくに過ぎ去りました!

 

これからは、住宅メーカーも「価格のわかりやすさ」で勝負する時代です。

 

そのような意味では、イシンホームは一歩も二歩も先を行くメーカーだと言えるでしょう。

 

平屋建ての価格実例が少ない(というよりも、ない!?)のが残念ですが、平屋でも「0円住宅」は可能なようです。

 

2階建てに比べて屋根が広い分、乗せられる太陽光発電パネルの数も多いでしょうから、「売電収入を得る」という観点では有利なのかもしれませんね。(※ただし、周囲の環境によっても効率が変わってきますので一概には言えません。)

 

具体的なプランと価格をチェック

イシンホームは本当に安いのかどうか、プラン内容や施工事例を元に検証してみました。

 

ローコスト住宅メーカーとして業績を伸ばしているイシンホームですが、実際のところ本当に安いのでしょうか?

 

具体的な価格目安はどのくらいなの?・・・って、気になりますよね。

 

話題のイシンホームの人気商品や価格が本当に安いかどうかを見極めるのはアナタ自身ですが、その助けになれたらと思っています。

 

「ここのメーカーは安い」と聞いていたけど、見積もりを取ったら結局高かった。

 

そんな話もよく耳にします。

 

では、イシンホームはどうなの?

 

イシンホームは本当に安いの?

イシンホームの坪単価は30万円台~(実際はもっと高いですが)ということで、いわゆるローコスト住宅にカテゴライズされます。

 

これから家を建てる方からしてみれば、

  • 「本当に安いの?」
  • 「なんで安くできるの?」
  • 「まさか、安かろう悪かろうだったりしないわよね?」

と、あれこれ心配になります。

 

イシンホームの場合は、単に家そのものが安い!というよりも、「経済力を2倍にする」というコンセプトが特徴的です。

 

どういうことかというと、太陽光発電で得た売電収入をローン返済に充てることで結果的にお財布に還元していこうということです。

 

「ローン0円住宅」という商品もあり、(実際には完全にゼロにするのは難しいようですが)ローン負担を限りなくゼロに近づけていくことができるという点では「安い」と言えるのかもしれません。

 

具体的な価格帯は?

えっ、じゃあ、イシンホームって家の本体価格は高いの?

 

という疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

確かに、太陽光発電パネルを載せるということはそれだけ費用がプラスされるということですから普通に考えれば「高くなる」と言えます。

 

ただ、イシンホームのソーラーパネルは他社に比べて安いというメリットがあります。

 

だいたい1kWあたり40万円~が相場ですが、イシンホームの場合は30万円前後。

 

10kwの容量のパネルを載せるとしたら、他社と比べて100万円も安くなるということです。

 

地域によって発電量(売電量)は変わってきますが、売電価格を10年固定できる制度を利用して売り続けることを考えれば、初期投資が100万円かかったとしてもパネルを載せることには大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

さて、イシンホームの実際の価格目安ですが、例えば小さなお子様のいるファミリー層をターゲットとした「TWINS」という商品なら延床面積28.42坪(2階建て)で本体価格は1,328万円(税抜)~。

 

オシャレなデザイナーズ住宅をお好みの方には、1,143万円で建てられる「HEIG」という商品がオススメです。

 

がっつり発電させたい!という方向けの「太陽光発電MAX」は延床面積51.85坪(2階建て)で本体価格が3,657万円というプランがあります。

 

「えっ、3,000万円クラスなの?意外と高いじゃん!」

 

と思われるかもしれませんが、こちらは年間118万円の売電収入が予測されていて、それを加味すると月々のローン返済額は実質8,900円になるそうですよ。

 

それってやっぱり、安いですよね!?

 

平屋建ての具体的な価格事例が掲載されていないのが残念ですが、2階建ての事例を見る限り他社に比べてコストパフォーマンスが高いのは間違いないでしょう。

 

イシンホームは安いだけの住宅メーカーではない

ネットの口コミでは賛否両論あるイシンホームの家づくりですが、デザイン性や機能性についてはおおむねプラスの評価。

 

公式HPの商品ラインナップをチェックする限り、中心価格帯は2,000万円台(本体価格)なので決して「高い」とも「安過ぎる」とも言えないのですが、創エネ・断熱性・気密性・機能性(家事のしやすさという意味で)・デザイン性・・・とトータルのバランスが良いんですよね。

 

つまり、「単に価格が安いだけの住宅メーカーではない」ということです。

 

また、家本体の価格もさることながら、光熱費が安い!というのも人気の秘密ですね。

 

アパ―ト暮らしからイシンホームの新築に引っ越した方の体験談が掲載されていましたが、月々の光熱費が「ゼロ円になるどころかプラスになる!」というのは気持ちの上でもかなり余裕ができるようですよ。

 

家を建てた途端に節約家になる人って結構多いですけど、イシンホームならゆとりを持ってマイホームライフを楽しめそうですね。

イシンホームの坪単価ってどのくらい?口コミの満足度は?

イシンホームの坪単価の平均についてリサーチしました。

 

また、坪単価を参考にする場合の注意点についても見ていきましょう。

 

家を建てるに当たって、メーカー比較をする際に一つの目安となる「坪単価」。

 

みなさんは、そのカラクリをご存知でしょうか?

 

イシンホームの坪単価に注目!

 

イシンホームで平屋を建てる場合、坪単価はどのくらいの金額になるのでしょうか。

 

住宅情報サイトや雑誌で必ず見かける「坪単価」というキーワード。

 

実はメーカーによって捉え方が微妙に違っている!

 

施主として知っておくべき、そのマジックとは?

 

坪単価を算出する意味は?

マイホームの購入をお考えであれば、「坪単価」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

坪単価とは、その名の通り「ひと坪あたりの価格」のこと。

 

簡単に言えば、「家を建てる際にかかる費用を面積(坪数)で割った値」です。

 

家というものは、「どのくらいの面積の敷地に、どんな部材や設備を使った、どんな工法で家を建てるか」によって金額が大幅に変わりますよね。

 

同じメーカー(例えばイシンホーム)で建てたとしても、「1,000万円台だったよ」という人もいれば、「4,000万円台だった」という方もいるわけです。

 

狭い土地にグレードを抑えた家を建てればトータル費用は安くなるでしょうし、広い面積にゴージャスな家を建てれば金額も高くなります。

 

これでは、同じ土俵で比較ができない・・・

 

ということで、坪当たりの単価を算出することによって各メーカーのだいたいの価格相場を比較しやすくしよう!

 

ということで使われるようになったのが「坪単価」なんですね。

 

実際の坪単価はどのくらいになるの?

では、イシンホームの坪単価はどのくらいなのでしょうか。

 

公式ホームページに掲載されている実例や、実際に建てた方の口コミを参考にしてみると、だいたい45~50万円台が中心価格帯と言えるようです。

 

一応「坪単価30万円台から建てられる」というのが“売り”になってはいますが、最終的には40万円台は超えてしまうようです。

 

上限は、だいたい坪単価60万円くらいですね。

 

平屋の場合は2階建てよりも坪単価が高くなると言われていますので、イシンホームで建てるなら50万円台~60万円台を想定しておくと良いでしょう。

 

デザイン的にも設備的にも、決してグレードが低いメーカーではありませんので、「そりゃあ、そうだろうな・・・」と納得!

 

「結局、30万円台は無理なのかよ・・・」というブーイングが全くないわけではありませんが、みなさんおおむね満足されているようです。

 

坪単価よりも、実際の価格で検討しよう

ただ、坪単価のみに注目してハウスメーカーを決めてしまうのは大変危険です。

 

・・・と、イシンホームの方が開設しているブログに書いてありました!(説得力がありますね。)

 

というのも、その坪単価に含まれている内容がメーカーによって違うのだそうです。

 

例えば、カーテンや照明などの付帯設備が含まれているメーカーもあれば、含まれていないところもあったり。

 

なんと、金額を割る際に使う面積も「延床面積」を元にしているところもあれば「施工面積」で計算しているところもあるんだそうです。

 

う~ん、バルコニーや玄関ポーチの面積が含まれているのかどうかって、金額的にも大きな違いが出てきそうですよね。

 

要は、メーカー側が「少しでも安く見えるように」と細工している可能性もあるわけで・・・。

 

坪単価だけを見て「安いからここにしよう!」と思うのはやっぱりキケンです!

 

ちなみに、本体価格が1,400万円の家だと、付帯工事が400万円、諸経費は200万円で合計2,000万円というのが一つの目安になるそうです。

 

家を建てる際の一つの指標として、ぜひ参考にしてみてください。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

イシンホームに関する記事一覧

 

イシンホームといえば「0円住宅」が有名ですが、ハウスメーカーとしての総合的な評価はどうなんでしょうか?そこで、プランや技術力、デザイン性、営業力など多角的な視点からイシンホームの評価についてまとめてみました。「0円住宅」というプラン名が独り歩きしている感のあるイシンホーム。住宅ローンを売電収入でまかなうというのは画期的ですが、本当にそんなことができるのでしょうか。技術的な評価はどうなっているの?イ...

 
 

イシンホームの代名詞とも言える「0円住宅」。実際のところ、どんな強みを持った家なのでしょうか。すでにイシンホームで家を建てた方はどう評価しているの?ここでは、0円住宅のコンセプトや特徴、実際に得られる売電収入について具体的なデータを踏まえて解説します。家を持ちたいと思う誰もが、「1円でもローンを軽くできたらいいのに」と願うはず。そこに目を着けたのが、夢の0円住宅なのです!そのカラクリとは?0円住宅...

 
 

1000万円で家が建てられたら良いな・・・と思いつつも、「そんなに安くて大丈夫?」と不安な面もありますよね。では、ローコストで知られるイシンホームの1000万円台の家とはどのようなプラン内容なのでしょうか。イシンホームでマイホーム購入をご検討中の方は要チェック!近所や知り合いの人々は、みんなどのくらいの金額の家を建てているんだろう?・・・おそらく誰もが、口にこそ出さないもののそんな疑問をお持ちなの...

 
 

3000万円の一戸建てと言えば、べらぼうに安くもなく、高くもない・・・というイメージです。では、ローコストで知られるイシンホームの3000万円台の家とはどのようなプラン内容なのでしょうか。どんな間取りで、どんなスペックを持った家が建てられるの?イシンホームならではのこだわりや強みをリサーチしました。家を建てるのに「3000万円」という金額、みなさんはどう思われますか?高い?安い?3000万円あると...

 
 

延べ面積35坪~40坪の家は、全国平均から見てちょうど真ん中くらいに位置しています。では、イシンホームでこのくらいの広さの家を建てるとしたら、どんなプランがあるのでしょうか。35~40坪の実例を元に、イシンホームの家づくりにおけるこだわりを抽出してみました。狭いわけでもなく、広いわけでもない。だからこそ、「何を大切にして家を作るか」というしっかりした軸が必要です。イシンホームの「譲れないこだわり」...

 
 

夫婦二人だとちょっと部屋数が多いのでは?という印象の4LDKや5LDKの家。イシンホームで建てるとしたら、どんなプランを提案してもらえるのでしょうか。ここではイシンホームの間取り事例を参考にしながら、4LDKや5LDKの家のメリットやデメリットについて考えてみました。マイホームを建てるなら、部屋数はいくつにしますか?家族構成や敷地面積によっても違ってきますが、最近は「狭くても部屋数が多い家」もあれ...

 
 

ローコスト住宅といっても、家を建てるとなると数千万円オーダーの大金を支払うことになります。やはり、万が一のことがあった場合(例えば重大な不具合等)の保証は気になるところですよね。イシンホームには35年保証というオリジナルな保証があります。ここでは、イシンホームの35年保証の具体的な補償内容についてご紹介します。家づくりを依頼するに当たって、必ずチェックしておきたいのは「万が一の保証はどうなっている...

 
 

夏場、エアコンにかかる電気料金はバカになりません。イシンホームの家はエアコン1台で真夏を乗り切れるほど断熱性・気密性が高い!という謳い文句ですが、本当にそうなのでしょうか。そこで、イシンホームで家を建てた方の声を参考に実際のところを検証してみました。できればエアコンを使わずに夏を乗り切りたい。でも、眠れないからついついスイッチを入れてしまう・・・。そんなもやもやした葛藤を続けているみなさん!イシン...

 
 

イシンホームが自信を持って自社商品をアピールする背景にあるのは、「エコアイ」という独自の技術です。簡単に言うと、住宅の断熱性・気密性をUPさせるための技術ですが、具体的にはどのような仕組みになっているのでしょうか。イシンホームのエコアイについて詳しく見ていきましょう!太陽光発電や省エネ設備など、“スマートな”家づくりに定評のあるイシンホーム。その根幹をなす「エコアイ」とはどのような技術なのでしょう...

 
 

イシンホームでは、エコキュートを標準装備した商品のラインナップが充実しています。ここでは、エコキュートの仕組みやメリット、価格の相場など、家づくりに際して最低限知っておきたい基本情報についてまとめました。併せて、イシンホームならではの強みについても注目!そもそも、エコキュートって何?この設備をつけることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。エコキュートって何?イシンホームの商品ラインナップや設...

 
 

大切な車を守るために、マイホームにはぜひともカーポートを!と計画されている方も多いことでしょう。そこで検討したいのが、イシンホームの「収益を得られるカーポート」。ただ車を雨風から守るだけではなく、太陽光を利用した発電で収入につなげていくことができるのです。イシンホームの画期的な家づくり注目してみましょう。車を雨から守りたい。雨に濡れずに車の乗り降りができるようにしたい。車関係の備品を保管するスペー...

 
 

主に屋根や外壁で使われる「ガルバリウム」。イシンホームの家でも使われていますが、これはどのような特徴を持った建材なのでしょうか。まずはガルバリウムのメリットやデメリットをおさらい!また、イシンホームではそのデメリットをどうとらえ、克服するためにどのような工夫をしているのかをご紹介します。ガルバリウムってよく耳にするけど、一体どんな物なの?そんな疑問をお持ちの方も多いことでしょう。ここでは、その特徴...

 
 

仕事や育児に追われて忙しい毎日を送っていると、ついつい家族間の会話がなおざりになりがちですが、キッチンの設計にこだわることが一つの打開策になり得るかもしれません。そこで注目したいのは、イシンホームのキッチン!「家族のコミュニケーション」を大切にした家づくりを進めるイシンホームならでは工夫とは?イシンホームといえば、「働くママが喜ぶ家づくり」。家事の中心といえばやっぱりキッチンですが、イシンホームの...

 
 

かつては、マイホーム建築応援資金として「総額1,000万円プレゼントキャンペーン」が開催されたことで話題を集めたイシンホーム。創業25周年を迎えるということで、「えっ、ホントにもらっちゃって良いんですか?」と思わず確認したくなるようなお得なキャンペーンがいっぱい!家を建てることをご検討中の方はぜひ、イシンホームの展示場へ出かけてみましょう。数千万円オーダーの高い買い物をするわけですから、やっぱり何...

 
 

イシンホームの家は、機能性や耐久性、デザイン性の面で評判が良い反面、フランチャイズ店へのクレームが多いことでも知られています。具体的にどのようなクレームが多いのか、また、それに対してイシンホームはどう対応しているのでしょうか。私自身、イシンホームの家を前向きに考えていたので、しっかりと調査してみました。(あくまでも個人の意見であることには変わりませんので、最終判断は必ずモデルルームなどへ足を運んだ...

 
 

一匹の小さな体でできることは限られていますが、それが数百、数千になるととんでもないことに!大切な家をシロアリから守るために、イシンホームが考案した技術とはどのようなものでしょうか。イシンホームが世界に誇るシロアリ対策技術についてご紹介します。シロアリに家を食べられる。そんな現象が起こり得ることを頭ではよくわかっていても、実際には「あの小さな体でどうやって・・・?」と具体像をイメージしにくい部分もあ...

 
 

創エネに蓄エネ、省エネ、そしてエネルギーの使用状況を目で見て確認できる家。それがスマートハウスです。東日本大震災以降はスマートハウスの需要が急激に伸びていますが、イシンホームではどのような商品が用意されているのでしょうか。ここでは、イシンホームの「MAXスマハ」に注目してみました!万が一の災害時にも、自宅でエネルギーを自給自足できれば真冬の寒さの中でも命をつなぐことができます。しかし、それだけのス...

 
 

イシンホームとセキスイハイムは、「太陽光発電システムに強いハウスメーカー」という点で共通しています。両者を比較した場合、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。そこで、イシンホームとセキスイハイムを多角的に比較してみました。イシンホームとセキスイハイム。歴史も規模も違う2社ですが、共通している部分も多いようです。さて、あなたはどちらを選びますか?太陽光発電といえばセキスイハイム?イシンホームの“...

 
 

プレステージ城東は、岡山県岡山市にある住宅展示場。もちろん、岡山を本拠地とするイシンホームのモデルルームもあります!ここでは、プレステージ城東の特徴と、イシンホームのモデルルーム(4棟)についてご紹介します。しつこく営業されるのが嫌だから、モデルハウスは見に行かない。そんな声をよく聞きますが、それはもったいない!住宅展示場なら、複数社のモデルルームを「目で見て」「空気を感じて」比較できます。家づく...

 
 

家のデザインを考える上で知っておきたいキーワードの一つが「プロバンス」。それって一体、どんな家?よくわからないという方は、イシンホーム岡山西店の展示場へ足を運んでみましょう。イシンホームのこだわりが詰まったモデルハウスを見れば、「なるほど、これがプロバンス!」と納得できるはずです。近年は、インテリアでもファッションでも「北欧風」が大人気!ですが、南欧だって負けていませんよ。「北欧風より、もうちょっ...

 
 

ペットだって大事な家族の一員ですから、家づくりに意見を言う権利はあるはず!飼い主には、言葉を話せない彼らの希望を代弁する義務があります。では、メーカーはその声をどこまで拾ってくれるのか?イシンホームの家でペットと一緒に暮らしている方はどのように感じているのでしょうか。イシンホームの施工事例と口コミを調査してみました。「イシンホームで家を建てたよ」というペットオーナーたちがその家をどう評価しているの...

 
 

どんなメーカーで家を建てるにしても、必ずメリットとデメリットはついてまわります。では、イシンホームはどうなのでしょうか。ここでは、イシンホームで建てるメリット&デメリットについて実際に建てた方の口コミ情報を参考にまとめてみました。安くて機能的、おまけにデザインも良い!そのような好評価も多い中、辛口な批判が多いのもイシンホームの特徴です。具体的にはどんなメリット&デメリットがあるのでしょうか。イシン...

 
 

家づくりにおいては、家のデザインや機能性はもちろんのこと、後々のメンテナンスについても気になるところです。どこまで補償してもらえるのか、また、日常的にメンテの手間がかかる家なのかどうか。では、イシンホームの場合はどうでしょうか。ここでは、イシンホームの家のメンテナンスについてご紹介します。何千万円も支払って購入した家が、あっという間に劣化してしまった。・・・それはちょっと(かなり?)悲しいですよね...

 
 

1日の汚れを落とし、疲れを癒し、明日への活力をチャージする。バスルームは家族みんなにとって大切な場所です。だからこそ、ユニットバスのデザインや機能性についてのこだわりは大切にしたいもの。イシンホームのユニットバスにはどのような特徴があるのでしょうか。イシンホームならではのこだわりをご紹介します。オシャレなバスルームでゴージャスなバスタイムを過ごしたい。いえいえ、オシャレじゃなくても良いからメンテが...

 
 

3階建てというと、「歳を取ってから大変そう」というイメージがついてまわります。そこで注目したいのが、イシンホームの「三蔵奉仕」。2階建ですが、外観はなんだか3階建てちっく?しかも中身をあけてみれば・・・なんと5層構造になっているというビックリハウスなのです!目の付け所が面白い、イシンホームの魅力に注目してみましょう。平屋にも2階建てにも3階建てにも、それぞれメリットもあればデメリットもあります。良...

 
 

数年前から問題になっているpm2.5による健康被害。無防備な状態では、自分や家族の健康は守れません。しかし、高機能なアレルノンフィルターを開発したイシンホームの家なら、有害なpm2.5の侵入をほぼ100%に近い形でブロックすることができます。ここでは、イシンホームの換気システムに注目してみましょう!「pm2.5」って物質があることは知っているけど、具体的にどんな物質なの?・・・という方も多いかもし...

 
 

家づくりにおいて、絶対に無視できないのが「q値」と「c値」。これらは一体、何を表している数値なのでしょうか。また、それは高いほうが良いのか、低いほうが良いのか。イシンホームの数値はどうなのか?ここでは、まずq値とc値の意味をおさらい!その上で、イシンホームの家の断熱性や気密性について他社比較を元に考察します。高断熱で高気密な家は、何がどのように良いのか?また、何をもって「高断熱」「高気密」と言える...

 
 

アパートを出て一戸建てを持ちたい!・・・誰もが持つ野望ですが、現実はそんなに甘くはありませんよね。しかし、イシンホームならそんな夢を実現させてくれるプランが見つかるかもしれません。併せて、戸建てアパート経営をお考えの方にもイシンホームの個性的なプランがオススメです。高額な家賃を支払い続けるよりも、いっそマイホームを持ったほうが良いのではないか。でも、ローンを支払い続けていける保証もないし・・・。イ...

 
 

ハウスメーカーの真価が問われると言っても過言ではないアフターサービス。イシンホームのアフターサービスはどのような内容が用意されているのでしょうか。ここではその具体的な中身と、実際にイシンホームで建てた方の口コミ評価をまとめました。「はい、家を建てましたよ~。はいッ、じゃ、さよなら!!」ハウスメーカーがこんな態度では困りますよね・・・。10年先、20年先、30年先も住み続ける場所だからこそ、建てたメ...

 
 

イシンホームの施工事例でよく見かけるリビング階段。家族が集うリビングに階段をつけることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、逆にデメリットとして知っておくべきこととは?イシンホームの事例を参考に、リビング階段の特徴についてまとめてみました。1階と2階をつなぐ階段は、「廊下の一部」という認識をお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし最近は、あえて「家の中心」=リビングに階段をつけるお宅...

 
 

「リフォームして太陽光発電パネルを載せたい」「災害時に強いスマートハウスにしたい」とお考えなら、イシンホームも候補に入れるべし!大手に負けない提案力や技術力に定評があります。イシンホームでリフォームするとどんなメリットが得られるのか、その具体例をご紹介します。リフォームするからには、家に何かしらの付加価値をつけたい!その一つが、「太陽光発電」による「創エネ」機能です。「太陽光」を考え始めたらイシン...

 
 

高気密・高断熱の家を売りにしているイシンホームですが、屋根材はどのようなものが使われているのでしょうか。また、屋根はどんな構造になっているの?気になる太陽光発電パネルの下の構造について詳細を調べてみました。太陽の強い日差しに雨や風・・・と、常に厳しい自然の威力に晒され続ける「屋根」。その素材や構造は、家本体の耐久性を語る上で決して外せない要素となります。太陽光パネルの下の構造が気になる!ソーラーパ...

 
 

家の外観には、建てたメーカーならではの特徴が出るものです。では、イシンホームの家はどうでしょうか。他社の家と比較した場合、その差別化ポイントはどこにあるの?実際の施工事例を見ながら、イシンホームで建てた家の外観的な魅力を抽出していきましょう。近所を散歩していると、どれ一つとして全く同じ外観の家はありません。似たようなデザインでも、やっぱりそこには何かしら個性があるもの。イシンホームの家はどんな“顔...

 
 

外壁は家の「顔」とも言える部分。家全体の印象を左右するものですから、デザイン性にこだわりたいのは言うまでもありません。さらに、プラスαで「機能性」や「メンテナンスのしやすさ」も考えてくれるのがイシンホームのこだわり!高い断熱性や気密性を誇るイシンホームの外壁にはどのような仕掛けがあるのでしょうか。外壁は、私たちの身体で言うと「皮膚」のようなもの。汚れているよりはキレイな方が見栄えが良いですし、空気...