一条工務店 i-cube 価格

MENU

一条工務店のi-cubeは省エネ性能が好評!価格は?

オシャレ過ぎず、ダサくもなく、それでいて省エネ機能は業界トップレベル!

 

一条工務店のi-cubeは、「付き合ってみて初めてその魅力がわかる」系の男子のような商品です。

 

気になるのはその価格。

 

デザインと機能性のバランスが絶妙ということは、コスパも期待できるのでは!?

 

見た目がゴージャスだけど、やたら光熱費が高くつく家・・・そんなの、イマドキ流行りませんよね。

 

時代は「そこそこの見た目」と「堅実な中身」を求めています。

 

一条工務店のi-cubeはその期待に応えられる家なのでしょうか!?

 

一条工務店のi-cubeってどんな家?

昨今は、なんでもかんでもシンプルなデザインがウケる時代!

 

住宅も、豪華を極めた価格の高いデコラティブな家よりも、わかりやすくシンプルで、リーズナブルな商品が人気のようです。

 

なおかつ、ハズセナイのは省エネ性能!

 

一条工務店のラインナップの中では、「i-cube」が時代のニーズにバッチリ応えている商品と言えるでしょう。

 

まるで子供のオモチャのレゴブロックのような、ころんとかわいらしいキューブ型。(二階建てでも平屋でも対応可能!)

 

しかも省エネ性能の高さにも定評があり、「ハウス・オブ・ザ・イヤー」(省エネ部門)を受賞しています。

 

「i-cubeはどんな風に省エネなのか?」というと、一番わかりやすいのは断熱性の高さ。

 

Q値という断熱性能を表す数値が、次世代省エネ基準の1/4!(基準は2.7、一条工務店のi-cubeは0.62)

 

この数値が低いほど「(夏は)室内で冷やした空気を逃がさない。外気の影響を受けにくい」ということになります。

 

つまり、それは冷暖房の節約につながるということ!

 

オシャレなうえにお財布の節約にも協力してくれる・・・i-cubeってなんて賢い家なんでしょう。

 

気になる価格は?

一条工務店の家、みなさんにとっては「(価格が)高い」というイメージですか?

 

ちなみに、私は一条工務店の本社がある街に住んでいますが、地元では一流メーカー扱いです。

 

ただ、ご近所さんは一条工務店で建てている方が多いのか?というと実際はそうでもないんですよね。

 

よっぽど高いのか!?だから、地元企業なのに他のメーカーで建てる人が多いのか?

 

・・・なんて推測していましたが、i-cubeの価格は30坪で約2,000万円だそうです。(本体価格のみ。土地代は除く)

 

各種オプションや諸経費を除くと1,700万円くらいですから、坪単価は60万円以下ということで、決して「べらぼうに価格が高い!」というわけではありません。

 

しかも、全館床暖房も標準仕様でこの金額ですって! (標準仕様が「業界最多」ということでも話題に上がります。)

 

それとなく上品なのが一条工務店らしい

i-cubeという名前を聞いた時、私は真四角のブロックの様な家をイメージしました。

 

最近は街の中でもそのようなスタイルの家をよく目にしますし、「ああ、あれが一条工務店のi-cubeだったのかあ」と。

 

しかし実際のi-cubeは、完全に「ブロック」というデザインではありません。

 

外壁の一部にレンガタイルをあしらっていたり(白×茶色)、窓が格子状だったりと、どことなくヨーロピアンな雰囲気なんですよね。

 

単純に「真四角」というわけでもなく、屋根がちょっと片流れになっていたりするのも特徴的です。

 

これらの特徴をひっくるめて「一条工務店のi-cubeは、価格のわりに上品ですね」と表現することもできるでしょう。

 

ただ・・・、個人的にはそこにちょっとした一条工務店の“迷い”のようなものを感じてしまいます。

 

「シンプルモダン路線でオシャレ感度の高い20代、30代の心をガッチリつかみに行くぜ!」

 

・・・という覚悟がなく、また、

 

「うちは、価格が高くても上質なものを求めるミドルエイジをメインターゲットにしてますから」

 

と、振り切っているわけでもなく・・・。

 

デザイン面でも価格面でも、「どんな世代にも受け入れられるように」という思いが伝わってはくるのですが、そのせいでデザインにインパクトが欠けているように感じられます。

 

住宅も、ターゲットを絞り込むって大事なんだな~と、一条工務店のi-cubeはそんなことに気づかせてくれる商品でもあるということですね。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと一条工務店のi-cubeをもっと好きになれます。

 

一条工務店といえば、業界トップレベルの「断熱性能」が売り。主力商品であるi-cubeとi-smartも、やっぱり断熱性能はスゴイのでしょうか?また、似たようなイメージのある両者の最大の違いとは?よく知らない方には混同されやすい、一条工務店のi-cubeとi-smartの違いや選び分けのポイントについて見ていきましょう。ハウスメーカーにはそれぞれ、家をパッとッ見た瞬間に「あっ、○○の家だ」とわかる ...

 
 

発売以来、一条工務店を代表する商品として話題を集めているi-cube。気になるのは、実際に購入した方の評判です。見た目(デザイン)、機能性、お得感・・・etc、ユーザーたちはその住み心地をどう評価しているのでしょうか?今回は、一条工務店の人気商品「i-cube」の評判についてみてみましょう。一条工務店が得意とする断熱性能の高さを備え、なおかつ標準設備も充実しているらしい!と話題のi-cube。公式...

 
 

標準仕様の内容が充実していることで知られる一条工務店のi-cubeですが、中には「えっ、これ標準じゃなくてオプションなの!?」と思うような品もあります。今回は、一条工務店の公式サイト&実際に建てた方の口コミ情報を参考に、i-cubeのオプションの内容についてまとめてみました。新築の「オプション」というと、なにやら特別なグレードアップをイメージする方も多いことでしょう。では、標準でも満足度が高いこと...

 
 

一条工務店のi-cubeで採用されているシステムキッチンの特徴や口コミ評価についてまとめました。料理に対するモチベーションを左右すると言っても過言ではない、キッチンの仕様。一条工務店のi-cubeのキッチンってどうなんでしょうか?一条工務店オリジナルの標準仕様で満足できるのか、はたまたオプションをつける方が多いのか。i-cubeの先輩ユーザーさんの声を参考に、その使い勝手や満足度をまとめてみました...

 
 

一条工務店のi-cubeの標準仕様とオプション仕様について、先輩オーナーさんの声を参考にまとめてみます。一条工務店は標準仕様の内容が充実していることで知られていますが、i-cubeの場合は具体的にどのような点が好評を得ているのでしょうか。また、オプションで人気なのはどんな設備?標準とオプションの仕様の違いを比較してみることで、一条工務店やi-cubeの新たな魅力、そして意外な欠点を発見できるかもし...

 
 

一条工務店のi-cubeの間取りの自由度や「できないこと」についてまとめました。マイホームを建てるに当たっては、「どれだけ理想の間取りを叶えられるのか」が一番の関心事と言っても過言ではないでしょう。一条工務店のi-cubeは、間取りを自由に選べるのでしょうか。それとも、ある程度は制限されてしまうの?実際に一条工務店でi-cubeを建てた方の声を参考に、リアルな情報をまとめてみました。玄関からリビン...

 
 

一条工務店のi-cubeにオプションで網戸を付ける場合の費用相場や必要性について調べました。夏になると蚊除け対策が欠かせない日本にあって、網戸がついていない家なんてあり得ない!ですが、一条工務店のi-cubeは標準装備では網戸がないってご存知でしたか?i-cubeに限らず、他の商品でも・・・。なぜ、そんな基本的なものがオプションになるのか。そこには、一条工務店ならではのこだわりがあるようです。機能...

 
 

一条工務店のi-cubeで採用されているお風呂の特徴についてまとめました。お風呂は1日の疲れを癒し、明日への活力を養う場所。だからこそ、新築の際にはその仕様にこだわりたい場所です。一条工務店のi-cubeのお風呂はどんな感じなのか?実際にi-cubeに住んでいる方のリアルな声や、筆者が一条工務店の家に宿泊した時の体験などを元に、その使い心地についてまとめてみました。裸でお風呂場に入った瞬間、まず口...

 
 

一条工務店でi-cubeを建てた方は、どんな火災保険を選んでいるのでしょうか。万が一の時に家族の生活を守るため、火災保険選びは重要です。各ホームメーカーには提携している保険会社がありますが、一条工務店の場合は東京海上日動と提携しています。ただ、一条工務店でi-cubeを建てる人の全てが東京海上の火災保険に加入しなければならないというわけではありません。自由に選べるからこそ難しい保険選びのポイントに...

 
 

マイホームを建てるにあたって、おそらく誰もが悩むであろう壁紙選び。一条工務店のi-cubeではどのような壁紙が採用されているのでしょうか。一条工務店のオリジナル品である標準品とオプション品でだいぶグレートも印象も変わってくるようですが、実際にi-cubeを建てたオーナーさんたちはどんな選択をしているの?服でもメイクでも、「ベースカラー」が全体の印象を左右します。それは家のインテリアでも同じこと。空...

 
 

一条工務店のi-cubeに搭載されている換気システムのメリット・デメリットについてまとめました。最近の家は、わざわざ窓を開けて換気しなくても自動的に空気を入れ替えるシステムが備わっています。一条工務店のi-cubeではどのようなシステムが搭載されているのでしょうか?標準装備が充実しているのが売りの一条工務店だけに、換気システムも期待できるのでは!?実際にi-cubeに住んでいる方の声を参考に、その...

 
 

一条工務店のi-cubeの屋根を片流れタイプにするとどのようなメリットがあるのでしょうか。一条工務店のi-cubeは、標準仕様がフラット屋根ですがオプションで片流れタイプに変更することができます。見た目の印象はどう変わるのか?そして、機能面ではどんな変化があるのか?一条工務店の施工事例やi-cubeオーナーさんの声を参考に、片流れ屋根のメリットやデメリットについて考えてみました。家のイラストを描く...

 
 

一条工務店のi-cubeにはカーテンが要らないと言われる理由について実際のところを調べてみました。一条工務店のi-cubeは標準でカーテンがついておらず、代わりにハニカムシェードというロールスクリーンがついています。そこには、一条工務店のどのようなこだわりがあるのでしょうか。また、カーテンは本当に不要なの?i-cubeに住んでいる方の声を参考に実際のところをまとめてみました。プライバシー保護や暑さ...

 
 

一条工務店のi-cubeでオプションになっている階段の特徴と口コミと評価について。一条工務店のi-cubeでは、スタイリッシュなスケルトンの階段を選ぶことができます。見た目のオシャレ度が人気を集める一方で、一部のi-cubeオーナーさんからは安全面の問題を指摘する声が上がっていたよう。一条工務店はその声にどう答えているのでしょうか。最近はリビングに階段を設けるお宅も多く、階段にもデザイン性が求めら...

 
 

i-cubeの基礎部分にはどのような工法が採用されているのでしょうか。最近の新築住宅は、床下全面に配筋を施してコンクリートで固める「ベタ基礎」が主流。ですが、一条工務店のi-cubeは標準仕様が布基礎です。「イマドキ、なんで!?」と思われるかもしれませんが、そこには一条工務店ならではのこだわりがあるよう。そこで今回は、i-cubeを建てる際に知っておきたい各工法の特徴についてまとめてみました。何事...

 
 

i-cubeや一条工務店について寄せられているクレームについて知ることで、i-cubeの特徴を深堀りしてみます。どこのハウスメーカーで建ても多少は不満が出てくるものでしょう。口コミの内容は、メーカー選びの材料としても有用です。一条工務店のi-cubeではどのようなクレームが寄せられているのか。ネットや住宅雑誌を見ても、良いこと(メーカーにとって都合の良いこと)しか書いていない!でも・・・本当に知り...

 
 

一条工務店の収納機能の使い勝手や、i-cubeの標準仕様でつけられるクローゼットの数は?部屋をオシャレに見せるには、まずは物が片付いていることが大事。床の上にゴチャゴチャと物が散乱している状態は絶対にNGです!そのためには収納力のあるクローゼットがたくさん欲しいところですが、一条工務店のi-cubeはどうなんでしょうか?i-cubeオーナーさんの口コミを参考に、一条工務店のクローゼットの使いやすさ...

 
 

一条工務店のi-cube に有効な結露対策について調べてみました。一般的には「高断熱・高気密の家は結露が生じにくい」と言われていますが、一条工務店のi-cube に関しては「結露した」という声も多いよう。そこには、一条工務店の標準装備である、”あるもの”が密接に関係していることが判明!今回は、i-cube の結露対策についてまとめてみました。窓回りがビシャビシャになる結露は、お掃除が大変なだけでは...

 
 

省エネ住宅として知られる一条工務店のi-cubeでは、光熱費をどれだけ節約できるのでしょうか。一条工務店のi-cubeは、オール電化&全館床暖房であるにも関わらず光熱費を安くできるという点で人気を集めています。では、電気代は具体的にどのくらいまで安くなるのでしょうか。ここでは、実際にi-cubeで暮らしている方の声をキャッチ!一条工務店の省エネ性能を支える技術、光熱費カットのリアルをまとめてみまし...

 
 

一条工務店のi-cubeで採用されている工法について調べました。一条工務店のi-cubeは、「2×6」という工法で作られています。これは、従来の工法と比べてどんな強みがあるのでしょうか。また、事前に知っておくべきデメリットとは?併せて、i-cubeで採用されている一条工務店ご自慢の断熱工法についてもチェックしましょう!「公園に落ちている物で家を作りましょう!」・・・と言われたら、みなさんはどんな材...

 
 

一条工務店でi-cubeを建てた場合にかかる固定資産税の目安について調べました。夢のマイホームにもれなくついてくる固定資産税。建てる家のグレードによってその金額は違ってきます。それなら、一条工務店のi-cubeはどのくらいの評価になるのでしょうか?固定資産税とは、所有する土地や建物に対してかかる税金。毎年1回、その時点での「時価」を元に算出されます。具体的にはどんな計算式で、どんな風に請求されるの...

 
 

一条公務店のi-cubeにオプションで小屋裏収納をつける場合の価格目安やメリット&デメリットについてみてみます。一条工務店のi-cubeには、オプションで小屋裏収納を設置することができます。標準でも収納機能が充実していることで知られる一条工務店の家。小屋裏収納をつけることでどんなメリットが得られるのか?逆に、知っておくべきデメリットとはどのようなことか。小屋裏収納とは、最上階と屋根の間に作る収納空...

 
 

一条工務店のi-cubeは何故工期が短いのでしょうか?一条工務店のi-cubeは工期が短いことでも知られています。同じく一条工務店の商品でi-cubeと同じ工法を採用しているi-smartに比べても、工期は短縮化されているよう。その理由は?「もしかして手抜き工事?」という不安を払拭するためにも、そのカラクリについて調べてみました。早く新居に引っ越したい!ワクワクする気持ちを抑えられないのはわかりま...

 
 

一条工務店のi-cubeに集成材が使われている理由について考えてみました。無垢材に強いこだわりを持っている印象のある一条工務店ですが、i-cubeには集成材が使用されています。「安っぽいのでは?」「強度が弱いのでは?」という不安がついてまわる集成材ですが、調べてみればメリットもいっぱい。その強みを知ることで、i-cubeにかける一条工務店の強い思い入れを実感!そもそも、集成材とはどのようなものなの...

 
 

一条工務店のi-cubeで、タイルはどんなところに使われているの?汚れや水分に強いタイルは、忙しい主婦の味方!一条工務店のi-cubeではどのような場所にタイルが活用されているのでしょうか。また、本当にお掃除はラクなの?i-cubeオーナーさんのリアルな声を参考に、タイルを取り入れた住まいのメリットやデメリットについてまとめてみました。触り心地としては固いのに、醸し出す雰囲気はほっこり暖かい。タイ...

 
 

一条工務店の太陽光発電システム、「夢発電」の費用や特徴についてまとめました。一条工務店の太陽光発電、「夢発電システム」は、創エネに関する4つの賞を受賞しています。(グッドデザイン賞、オルタナ賞、低炭素杯2013、エコプロダクツ大賞)一条工務店で家を建てた人の9割以上が太陽光発電パネルを載せているとのことですから、もちろんi-cubeオーナーさんも!?今回は、i-cubeにシステムを載せる場合の費用...

 
 

一条工務店のi-cubeで採用されている外壁タイルの特徴について調べてみました。一条工務店といえば「外壁タイル!」という印象が強い方も多いかもしれません。もちろん、i-cubeの標準&オプションでも豊富なバリエーションがそろっています。ここでは、i-cubeオーナーさんからの評価も高い、一条工務店の外壁タイルの機能性やデザイン性についてまとめてみました。サイディングの外壁材が主流ですが、部分的にタ...