三井ホーム 住友林業 比較

MENU

三井ホームと住友林業を比較してみました!

三井ホームと住友林業は、両社ともに木造住宅を専門とするハウスメーカーです。

 

専門が被るので、いろいろなところで比較対象になることが多いようですね。

 

三井ホームと住友林業で共通しているのは、高価格帯のメーカーだということ。

 

それぞれのメーカーの売り。

まずはそれぞれのメーカーの売りを見てみましょう。

 

住友林業の売り。

まずは住友林業の大きな売りでもある木材の含水率の違いを見てみましょう。

 

住友林業が15%なのに対し、三井ホームは18%とその差は3%ほど。

 

構造材に使われる含水率は20%以下にしなければならないという規定があり、20%を越えるとひび割れやたわみが発生してしまいます。

 

より含水率の低い住友林業は施工後の建物の動きがより少ない安定した構造体を売りにしています。

 

 

○三井ホームの売り

それに対して三井ホームは全館空調を大きくアピールしています。

 

冷暖房喚起ユニットを設置するスペースが必要となりますが、そのスペースの設置に強いノウハウを持っています。

 

住友林業もオプションで設置をすることは可能ですが、冷暖房喚起ユニットを設置するスペースに間取りを犠牲にしなければなりません。

 

工法の比較

工法はどちらも2×4工法を採用しています。

 

壁を構造体とするカナダ発祥の工法で、工期の短さと高い機密性が特徴です。

 

その機能的なメリットが転じて、湿気がたまり易いというデメリットも。

 

その湿気対策として、三井ホームは外壁内部に防水シートを張り、住友林業はさらに空気が通る層を二重に設けています。

 

三井ホームの工法

三井ホームの2×4工法はプレミアムモノコック工法という名前で呼称されています。

 

2×4ではなく、2×6の壁を採用することで断熱性能をさらに向上させた工法です。

 

公式サイトではいろいろ難しいすごそうなことが書いてありますが、「要は機密性が高いよ」の一言です。

 

住友林業の工法

住友林業は2×4工法のほかにマルチバランス構法、ビッグフレーム構法、を選ぶことが出来ます。

 

マルチバランス工法は日本の伝統的な木造軸組構造に最新技術を組み合わせた工法です。

 

柱で家を維持する木造軸組構造に、面の強さをプラスした工法です。

 

ビッグフレーム工法は、住友林業が独自に開発した大きなフレームを使い、設計の自由度を飛躍的に向上させた工法です。

 

住宅工法として始めてのグッドデザイン賞を受賞したことでも話題になりました。

 

ホームページ比較

こうした比較をする際はホームページを見てみると話が早いです。

 

住友林業は、実例紹介と技術の話を主にしているのに比べて、三井ホームはより顧客目線にたったメッセージを大きく打ち出しています。

 

住友林業は実績を見せてアピールする少しお堅いイメージ、三井ホームはメッセージ性でアピールするキャッチーでポップなイメージといった違いが見えてきます。

 

どちらも良し悪しで、どちらが良いとは言えないところですが、企業のイメージで決めて、一度相談に行ってみるのもありだと思います。

 

どちらがより良いかというのは、本当に個々に合うかどうかの部分が大きいので、あれこれ調べては見ても決を採るには結局相談に行くしかありません。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

三井ホームに関する記事一覧

 

巷では高い高いと言われている三井ホーム。「三井ホームはお金持ちの家だ」なんてことも言われていたりします。坪単価にするとだいたいどれくらい差があるんでしょうか?他のメーカーと坪単価を比べてみます。三井ホームの坪単価それではまずは三井ホームの坪単価から見て行きましょう。価格はあくまで目安なので、ご参考までに。注文住宅と標準企画でも値段は変わってきます。三井ホームの場合、完全な企画住宅でおよそ55万〜6...

 
 

新築を建てるにあたって一番重要といっても過言ではないアフターメンテナンス。三井ホームではどんなサービスを展開しているのでしょう。三井ホームのアフターメンテナンスの評判と口コミを追いかけました。三井ホームのアフターメンテナス三井ホームでは「三井ホームのグッドストック」というタイトルで入居後の長期メンテナンスだけではなく、売却の際のサポートまで行っています。「お客様の資産の価値を守る」というコンセプト...

 
 

三井ホームはエネファームを『スマートグリーンズ』というコンセプトのもとに採用しています。『スマートグリーンズ』とは一体何なのか?エネファームを導入した方がいいのかどうか、今回はその辺りのことを詳しく考えてみます。エネファームとは簡単に言えば、ガスから電気がつくれる家庭用燃料電池です。発電時の排熱を利用してお湯を作るので非常に効率的。お風呂はもちろん、お湯を床暖房にも使えるので、電気代の節約にもなり...

 
 

24時間全館空調、デザインのことに目が行きがちな三井ホームですが、設備面での評判はどうなんでしょうか?今回は三井ホームのお風呂の設備についての口コミをまとめてみました。せっかく新築で家を建てるなら、理想のお風呂にこだわりたいものですね。三井ホームのお風呂の口コミとしては、浴室に関してはこれといって不評もなく、可もなく不可もなくといった様子。ユニットバスを採用しているので当然といえば当然なのですが。...

 
 

奥様の居城キッチン。家づくりをする際にはここに一番力を入れたいというお宅も少なくないと思います。さて、三井ホームのキッチンにはどんなものがあるのでしょうか。三井ホームを実際に建てた実例から考えてみました。三井ホームではヤマハ、サンウェーブ、永大の3つのメーカーを推奨してくる場合が多いです。どこも値段はあまり変わりません。値段を左右するのはやはりオプションですね。オリジナルといわれる品番以外のものを...

 
 

洋館っぽい高級感のある外観が特徴的な三井ホーム。インテリアの壁クロスにはどんなものを揃えているんでしょうか。三井ホームが展開しているクロスのシリーズの違いと特徴をそれぞれ見ていきましょう。三井ホームのクロスの種類AMシリーズ主に天井や収納スペースのクロスです。白色がメインで他の選択肢はありません。1㎡1000円少々。Mシリーズ三井オリジナルの標準仕様のシンプルなクロスです。単色が多いですが、若干柄...

 
 

三井ホームで雨漏りのクレームが多いというのは、有名は話?しかし雨漏りすることなく、素敵なお家で暮らしている方も多いのも事実。実際のところ、三井ホームで家を建てると雨漏りしやすいんでしょうか?三井ホームの雨漏りのクレームこれは私自身が経験したことではありませんし、そういうクレームが多かった”らしい”程度の話です。ガラスサッシから雨が入り込んで洪水状態だったとか、壁から水が滲んでたとか。雨漏りの原因は...

 
 

健康空調という名前で24時間全館空調を売りに出している三井ホーム。他のハウスメーカーでもオプションでつけることは可能ですが、中心に添えて家づくりをしているのは三井ホームだけではないでしょうか。このシステムのメリットとデメリットを比較してみましょう。全館空調のメリットどの部屋も同じ温度全館空調最大のメリットといってもいいでしょう。どの部屋に行っても寒くもなく暑くもないのは確かに快適です。冬の朝は全く...

 
 

木造のハウスメーカーとして候補にあがりやすい三井ホーム。当然、メーカー側は欠点を隠して自分たちに有利なことしか言わないので、独自の調査が必ず必要になります。今回は口コミや専門家の話を読み解きながら、三井ホームの欠点を探してみました。三井ホームの欠点・選ばれなかった理由まずは口コミから洗っていきましょう。題して、「三井ホームが選ばれなかった理由」です。自由設計ゆえに高コスト三井ホーム は設計、インテ...

 
 

三井ホームで結露が起こる?三井ホームは2×4工法を採用しているので、機密性が高い代わりのデメリットとして結露の問題はよく話題にあがりますね。今回は三井ホームに限らずですが、住宅に起こる結露と工法の問題に焦点を当てて解説します。三井ホームは結露するのか全館空調を売りにしている三井ホームですが、結露のあるなしはお住まいの環境によるところなので「三井ホームの全館空調なら結露はない!」と言い切ることは出来...

 
 

木造ハウスメーカーとして人気の高い三井ホーム。構造に2×4工法を採用していることは有名ですが、そもそも2×4工法って何?三井ホームの構造体を細かくチェックしていきましょう。それではまずは、2×4の基本から。2×4工法の特徴 メリットとデメリット2×4工法はカナダからやってきた工法で、そもそも日本には存在いていませんでした。工期の大幅短縮と熟練の職人の手を必要としないというところが大きな特徴で、それ...

 
 

木造ハウスメーカーとして人気の高い三井ホーム。構造に2×4工法を採用していることは有名ですが、専門用語が多くて何を言っているのやら・・・。というわけで三井ホームの構造体を細かくチェックし、分かりやすくまとめてみました!2×4の構造正式には「枠組壁工法」と呼ばれています。日本に伝わる「在来軸組工法」が柱と梁で構造体を作るのに対し、「枠組み壁工法」は壁をそのまま構造体として使います。壁を構成する材料が...

 
 

三井ホームが発表した新商品WESTWOODは、屋根裏部屋というスペースを提案する斬新なもの。天井が高すぎるなどデメリットも目立ちますが、平屋建てを検討するうえでも三井ホームのWESTWOODは参考になりそうですね。三井ホームの新商品に注目!!ちょうどよいコンパクトさが人気の秘密でしょうか、高齢層、若年層問わず、平屋建ての住宅の需要が増えています。それを受けて多くの住宅メーカーが、平屋建て新商品を発...