注文住宅 失敗例 後悔

MENU

注文住宅で後悔しない!失敗事例から見る注文住宅のポイント

注文住宅は決して安い買い物ではありません。

 

家を注文住宅で建てるためには、最低でも3000万円は必要になる。

 

まさに!人生の中で最も大きな買い物ですね。

 

一度きりの買い物ですから、絶対に失敗したくないと考えますよね。

 

失敗例から学ぶ!

そんなときには、先人の知恵が非常に有効です。

 

私自身、賃貸ですが注文住宅並みの物件に住んでいます。

 

現在住んでいる賃貸物件は、日本中探しても同じものは見つからないでしょう。

 

そんな自分自身が注文住宅に住んでいる経験と、経験者の声を統計した『失敗ランキング』が以下です。

 

収納スペースの失敗

小さくてもダメ、大きくてもダメ。

 

意外と難しいのが収納スペースです。

 

成功の秘訣は、やはりどれぐらいの広さを最低限確保しておくと良いのか、という点を知ることでしょう。

 

詳しくは、こちらの記事を参考になさって下さい。

 

収納に関する注意点まとめ!

 

コンセントの失敗

これが意外と盲点なんです。

 

実際に私の住んでいる注文住宅は、ペットと同居することが考えられていて、コンセントが高い位置にあるんですね。

 

でも結局延長コードで下まで引っ張ってきているので、果たして上にする必要があったのか?

 

などなど、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

部屋の広さに関する失敗

家に住む家族の人数や、環境、趣味などに応じて、必要な部屋数が変わります。

 

それに応じて、部屋に求められる広さも変わってきます。

 

部屋の広さで失敗しないためには、おおよその目安を知っておくことです。

 

こちらの記事で、人数別、目的別に分けて解説しています。

 

自由度が高いだけに迷ってしまう

注文住宅は、その名の通り自分で設計段階から関わって、特注の家を建てることができます。

 

とても自由度が高い家の建て方ですよね。

 

ですが、その自由度が高いために問題が発生することもあるのです。

 

失敗を恐れるあまり、どうして良いのか分からず、迷宮入りしてしまう人が多く、中にはノイローゼになってしまう人までいるとか。

 

それも当然だと思います。

 

設計士との打ち合わせもあれば、施工会社との打ち合わせもあるし、場合によっては業者さんとの打ち合わせもあるでしょう。

 

時間も沢山必要になりますから、仕事や家族と過ごす時間との両立も大変です。

 

そういったメンタル的な面や、時間といった目に見えない部分で起こりうる可能性のある問題も、事前に把握しておくことが必要です!

 

以下にも、いくつか記事を作ってありますので、順番に見ていって下さい。

 

注文住宅を検討しているご家族に、お役に立てると思います。

読者から頂いた感想

失敗事例はやっぱり勉強になります。(30代 男性 )

 

実際に住まわれている方にしか分からない失敗事例というのは、本当に勉強になりますね。

 

注文住宅というと、自分の好きなところを好きなようにいじれるので、その自由度の高さ故に失敗してしまうというのは、実際に建ててみないとなかなか想像が及ばない点です。

 

後悔しないための失敗事例、1位から3位までも、意外なところばかりでした。

 

特にコンセントの失敗は、「あぁ・・・私もやりそう・・・」と思ってしまいました(苦笑)

 

注文住宅を建てる際の注意点を、もっと詳しく事前に知ることが出来れば、設計士さんをはじめ、その家に関わる人との打ち合わせもスムーズに行きそうです。

 

失敗事例も気になりますが、成功事例といいますか、私の家のここはすごい!というポイントも、気になります。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「注文住宅」に関する記事

 

ハッキリ言いますが、注文住宅を頭金なしで購入することは危険です!今や頭金無しで、全額ローンで家、特に注文住宅を買う人が多くなってきている感があります。しかし、自分の欲望に勝てる賢い人であれば分かると思いますが、頭金無しで多額のローンを組むことは非常に危険です。絶対にやめておいたほうが良いでしょう。私も実際に頭金なしで注文住宅を購入しようと考えたこともあります。注文住宅の営業の人に、「3000万円ぐ...

 
 

注文住宅に限らず、『使い勝手の良い収納』は、快適な住まいの条件です!収納に関する部分で失敗をしてしまうと、後々が本当に大変になってしまいます。では、どんな点を注意して、注文住宅に収納スペースを設計していけば良いのか、早速見てみましょう!流行りモノを取り入れ過ぎない注文住宅は非常に自由度が高く、夢も大きく広がります。特に、女性にとってはこの上ない喜びとなることでしょう。しかし、そこが落とし穴だったり...

 
 

『縁の下の力持ち』と言っても過言ではないのが、コンセント。注文住宅という自由設計の場では、コンセントの配置で頭を悩ます人、失敗した!と嘆く人が意外にも多いです。実際にどんな点を気をつけておくとよいのか、失敗例から見てみましょう。高い場所に配置して失敗我が家の賃貸物件は、ペットと一緒に暮らせる全国的に見ても大変珍しい、作りに手の込んだ設計になっています。入居した時に驚いたのが、コンセントの位置。一般...

 
 

注文住宅を建てるときにありがちな失敗。それは、部屋の広さに関するもの。狭いのはダメだと分かりますが、反対に広すぎるのも使い勝手が悪くなる可能性もある。実際に、どれぐらいの広さがあれば良いのか見てみましょう。一部屋は最低でも6畳は確保どんな部屋でも、最低でも6畳はとっておきましょう。それが、書斎やオーディオルーム、防音室といった趣味の部屋であっても同じです。6畳以下の部屋は、机や椅子などのちょっとし...

 
 

注文住宅で意外と盲点になりがちなのが、音の問題です。間取りで注意しておきたいポイントをいくつかまとめてみました。たかが音、、、と軽く考えずに、しっかりと考慮した設計をしておきたいものです。窓のあるお風呂に憧れて私も賃貸に住んでいることから、注文住宅の窓のあるお風呂には憧れを持っています。何と言っても換気がしっかりできて、浴室のカビを抑えることができるのが良いですよね。しかし、この浴室の窓が道路に面...

 
 

注文住宅において、意外と盲点になっているのが、外からの視線です。私の自宅も、ちょっと小高い土地に建っている注文住宅なのですが、その高さがあるぶん、リビングがちょうど目線の高さになってしまうんですね。そのため、植物を置いたり、よしずで目隠しをしたり工夫をしています。他にもこんな失敗があると聞きました。玄関から一直線のリビング玄関からリビングまで一直線の間取りにしてしまって、来客があったさいに、リビン...

 
 

注文住宅を購入する際に、忘れがちなのが、周辺環境に対する注意です。これは、なにも注文住宅に限ったことではありません。が、戸建てよりも多くの注意を必要とする注文住宅の設計が成功した!と思ったら、何と周辺環境に問題が発覚。。。なんてことが起こったら、もう目も当てられませんよね。そうならないためにも、先人の知恵、他の人の失敗談を参考に、周辺環境もしっかり時間をかけて検討しましょう。住宅街に建築、周りに何...

 
 

注文住宅を建てる際に、気をつけたいのは、間取りや広さなどの内側の問題だけではありません。戸建てを所有するということは、その地域で骨を埋める、ということでもあります。近隣とのお付き合いも大切になってきますし、ご近所さんがどんな人達なのか、前もって調べておくのが良いでしょう。近隣に住んでいる人のスタイルをチェックせっかくイメージ通りの注文住宅が完成したとしても、その後の生活でストレスを感じるような環境...

 
 

あなたは知っていますか?住宅ローンを組んだ9割の家族が、返済計画に失敗しているということを。。。残念ながら、これは紛れもない事実なんです。これから住宅ローンを組んで家を買おうと考えている人は、失敗しないためにも、しっかりと地に足の着いた返済計画を立てる必要があります。誰もが陥る可能性のある『住宅ローンに潜む罠』について、以下に紹介しています。家族の未来を守るためにも、ぜひ!参考にしてください。頭金...

 
 

注文住宅でよく聞く失敗談は、固定資産税に関するものです。家を建てる前は、「賃貸は家賃がかかるから・・・」という言葉を言い訳のように繰り返して、自分自身を納得させようとするものです。しかし、忘れてはいけません。家を所有するということは、同時に固定資産税がかかるということを。固定資産税の金額はどうやって決まる?新しく建てた家の固定資産税がいくらになるか、その正確な数字は税務署の職員にしか決定権が無いた...

 
 

今回は、注文住宅における失敗談というか、注意点についてご紹介したいと思います。知人から聞いた話なのですが、注文住宅を建てる際には必ず用意される設計書が用意されると思います。その設計図に基いて家が建てたれるはずなのですが・・・設計図とは違った仕様になっていた!?注文住宅を建築中に現場確認をしにいった際、ベランダに何か違和感を感じたらしいんです。その違和感が何なのかは、その時には分からず、こんなものか...

 
 

洗濯物だけでなく、布団も干すことになるベランダ。さらには外からの光を取り込む役目もあって、快適な家造りにとって大切なポイントになります。当然、注文住宅においても手を抜きたくない部分ですから、失敗談をしっかりと読んで、知識を付けておきたいところです。ベランダを狭くしてしまい失敗!そんな重要なベランダですが、やはり失敗している人もいらっしゃいます。例えば、狭いベランダにしてしまったという失敗談。限られ...

 
 

注文住宅で1から自分の好みの家にしたい。そう思って予算を増やしたのに出来上がりの家は想像と違った・・・(悲)そんな悲しい事起こすわけには行きません。注文住宅の外観は双方のイメージが合っているかの確認が失敗を防ぐ1番の近道。外観の失敗から遠ざかりましょう。「家の顔」とも言える外観で失敗してしまうのは一体ナゼなのでしょうか。具体的な事例を参考に、失敗を回避するためのポイントをおさらいしましょう。後悔し...

 
 

注文住宅は家を購入する者がハウスメーカーに依頼してから家を建てる事になります。既に出来ている家を買うのとは違う。自分達でカスタマイズ出来るからこそ、見過ごしてしまうところや失敗例があるんですよね。予め注文住宅の失敗例を知っておくことで後悔しない家作り&後悔しない契約を進めて行きましょう~。何事も、失敗から学ぶ姿勢は大切です。平屋住宅を建築する場合にも、先輩たちの声を参考にすることが、満足のいく家づ...

 
 

注文住宅の場合、つい気合を入れすぎて、後で「あれ?」って事多いんです。照明もその失敗例が多い物の一つ。毎日1度は使う照明だけに、失敗例を学んで注文住宅を完璧なオーダーに仕上げてしまいましょう!「光」を自ら作り出すことができた人間は、夜という時間を手に入れました。だからこそ、私たちにとって照明選びは非常に大切なポイントなのです。生活と照明と選び方照明は生活の中で欠くことの出来ない必需品です。夜になれ...

 
 

窓なんて素人がリクエストしても失敗しないだろう!と高をくくってはいませんか?窓の失敗って意外に多いんです。特に失敗例が起きているのが注文住宅。注文住宅で窓の数を増やそう、大きな窓にしようと考えているあなた!必見です。太陽の光は、人間が生きていく上での活力。だからこそ、家づくりに置いて日光が差し込む「窓」は超・重要なパーツなのです!平屋の窓について平屋の注文住宅で、窓に関して失敗しやすいポイントとは...