パナホーム 価格

MENU

パナホームってどんな位置づけ?主力商品と価格をチェック!

パナソニックファンに根強い人気があるパナホームの家。

 

知名度の高さはバツグンですが、それはそのまま価格の高さに反映されているの?

 

今回は、パナホームの主力商品とその価格についてリサーチ!

 

僕自身が平屋建てを建てたいと思っていることから、特に、平屋のプランに注目してみたワン。

 

知名度が高いということは、それだけ宣伝にもお金がかかっているということ。

 

しかも有名ブランドの設備をふんだんに取り入れているとあっては、価格もさぞや高いことでしょう・・・。

 

パナソニック製品でかためられたパナホームの家も、やっぱりお高いのでしょうか?

 

パナホームって高いの?安いの?

パナホームといえば、名前からも分かる通り、パナソニックのグループ会社。

 

「あれもこれも、パナソニックの設備が満載!」ということで、パナソニックファンに人気のハウスメーカーです。

 

知名度の高さからすれば、価格も高くなりそうですよね!?

 

・・・と思う一方で、「パナソニックの商品ってそんなに高いわけじゃないよね?だから、家もそこそこのお値段で、べらぼうに高いってほどじゃないのでは」なんて期待も。

 

調べてみたところ、パナホームの坪単価の目安は70万円~80万円。

 

業界全体における位置づけとしてはローコストでもなく高級住宅でもない・・・というわけで、価格だけを見れば中堅どころのメーカーだと言えるでしょう。

 

その位置付けは、ちょっとトヨタホームに似ているかも!?

 

どちらも日本を代表するメーカーのグループ会社ですし、創業者が神格化されているという点も同じですからね・・・。

 

どんな商品が、どのくらいの価格なの?

ハウスメーカー調べも板についてくると、家の外観をパッと見ただけで「これは○○ホームの商品だ!」とわかるようになってくるのだとか。

 

残念ながら私はまだその域には達していませんので、パナホームの家の特徴はイマイチわかりません。

 

はて、どんな商品があるんだろう・・・とパナホームの公式HPを覗いてみたところ、主力商品は「ECO CORDIS(エコ・コルディス)Ⅱ」と「CASART(カサート)」のよう。

 

いずれも、二階建て・平屋の両方に対応しています。

 

エコ・コルディスⅡは、2013年から販売しているエコ・コルディスの進化版。

 

0.3μmの微粒子をほぼ100%近く除去してくれるという高性能な換気システムを搭載していることを強みとするスマートハウスです。

 

気になる価格は、「延床面積37.32坪 2階建て 本体価格3,108万円(税込み)」がモデルプラン。

 

坪単価は約83万円という計算になりますので、パナホームの商品ラインナップの中では高い方の部類に入りますね。

 

一方のカサートも、換気システムの性能にこだわった商品。

 

世界で初めて、「住宅向けグリーンガード認証」(住宅の室内空気質を認証するもの)を取得しているんですって!

 

建材から拡散されるVOC(人体に有害な揮発性物質)を徹底的に抑えた商品ですから、ナゾの痒みや鼻水に悩まされていた方も症状が改善するかも!?

 

さてさて、そんなカサートのモデルプラン価格は「延床面積38.67坪 2階建て 本体価格2,934万円(税込み)」。

 

5.1kWの太陽光発電パネル&蓄電池搭載で坪単価約76万円というのは、パナホームの商品の中ではお得感がありますね。

 

パナホームの平屋。特徴と価格を知りたい!

ちなみに、上記は2階建ての参考価格でしたが、「じゃあ、平屋はどうなんだ?」と気になりませんか?

 

このサイトをご覧になっている方の多くは平屋の建築をご希望でしょうから、そこが知りたいところですよね。

 

平屋の場合、基礎や屋根の工事にお金がかかるため、坪単価は2階建てよりも10万円ほど高くなると言われています。

 

だとしたら、パナホームのエル・コルディスは93万円/坪、カサートなら85万円/坪くらいが目安ということになりますね。

 

ですから、40坪なら3400万円~は覚悟しておかなければいけないということです。

 

う~ん、決して安くはない・・・。

 

商品ラインナップやその詳細を観る限りでは、正直、「どうしてもパナホームで平屋を建てたい!」と思える魅力は感じられません。

 

「外と内がしなやかにつながる」「フラットな動線で身体への負担が少ない」「採光と通風に優れている」「家族がゆるやかにつながる」・・・ってどこのメーカーも一緒では!?

 

価格が高い分だけ、「パナソニック」というネームバリューの他に“何か”が欲しいところです。

 

ただ、パナホームさんは値引きには寛容だということですから、あとはあなたの交渉テクニック次第ってこと!?

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むとパナホームについて、更に詳しく知れます。

 

パナホームの製品や営業マンの口コミ評判が気になるワン!「パナソニックのグループ会社だから」「大企業だから」という理由でパナホームを候補に挙げている方も多いと思うワン。しかし、大企業だからといってあなたの希望に合致した家を建てられるとは限らない。大切なのは、規模の大小を問わず複数社の特徴や評判を比較してみること。まずはパナホームの評判をチェックだワン!みなさんが住宅に求めるものは何でしょうか?ハウス...

 
 

パナホームが販売しているゴージャスな注文住宅「アーティム」が気になるワン!パナホームは、業界の中では「極端に高くもなければ、ローコストでもない」という位置づけ。しかし実はあるんです、とっておきの商品が!「アーティム」は、リタイア後の富裕層をターゲットしたプランで、施主のこだわりをとことんまで追求できるのが魅力。第二の人生をより豊かなものにするために、パナホームのアーティムを検討してみるのも良いと思...

 
 

パナホームが提供しているアフターサービスが凄いと聞いたワン!日本の産業界の発展を牽引してきたと言っても過言ではないパナソニック。そのグループ会社というだけあって、パナホームはアフターサービスの質の高さにも定評があるワン。具体的にどんなサービスを受けられるのか?今回はパナホームのアフターサービスに注目してみるワン!家を建てるということは、ある意味ではそのハウスメーカーに家族の人生をゆだねるということ...

 
 

パナホームの「あんしん倶楽部」のサービス内容が気になるワン!他社に比べてアフターサービスが充実していることで知られるパナホーム。多彩な特典がついている「あんしん倶楽部」への入会を検討中の方も多いと聞くワン。具体的にどんなサービスが受けられるのか?実際の会員にはどう評価されているのか?パナホームの「あんしん倶楽部」の詳細について見てみるワン。家を建てるメーカーには懐事情も知られているわけですから、あ...

 
 

パナホームの家に、網戸は標準仕様でついてくる?それともオプション?空調技術が発展したことに伴い、「窓を開けずに室温や湿度を快適にキープできる」という優れた住宅が増えているワンね。ゆえに、標準仕様では網戸ナシ!というメーカーも出てきていますが、パナホームはどうなのか。また、パナホームで使われている網戸の特徴とは?虫の侵入を阻止したり、雨・風・ホコリを除けたり、子供の保護柵となったり・・・といろんな役...

 
 

「パナホームの家は暑い」という口コミを多く見かけますが本当にそうなのかワン?空気の清浄度に定評があるパナホームですが、一方で「夏、暑い」というウワサもあります。なぜ、パナホームの家は暑いと言われているのか?今回はその原因を考えると共に、気になる欠点があった場合にどうすれば良いのか、メーカー選びで失敗しないための対策についても一緒に考えてみるワン。最近は、高断熱・高気密で夏でも涼しい!という点をアピ...

 
 

インテリアは、住む人のモチベーションを左右する重要なもの。ハウスメーカーによって“クセ”がありますので、いろんな施工事例を比較してみて自分のフィーリングに合うものを見つけたいワンね。パナホームのインテリアはどんな感じなのか?今回はパナホームの施工事例からその特徴や傾向を抽出してみるワン!「この部屋、なんか落ち着く。」インテリアコーディネートでまず大切にしたいのは、そのリラックス感。パナホームの家は...

 
 

建材の種類や色、照明のデザイン、ファブリックの合わせ方・・・等々、インテリア次第で部屋の印象は大きく変わるワン。家がどんなにオシャレでも、中身がイマイチでは残念過ぎる!だからこそインテリアコーディネーターの手腕が問われるわけですね。さてさて、パナホームのインテリアコーディネーターの評判はどうなのかワン?北欧風のナチュラル&スタイリッシュなインテリアが特徴的なパナホーム。もちろん専属のインテリアコー...

 
 

パナホームの施工事例でもよく見かける、ウッドデッキのある生活について想像を巡らせてみたワン。ウッドデッキは、「あれば便利だけど、なくてもそれほど困らないもの」という位置づけ。パナホームのオーナーさんは、みなさんどんな使い方をしているのかワン?今回はパナホームの施工事例を参考に、ウッドデッキの活用法について考えてみよう。併せて、気になる価格情報もチェック!豊かな人生とは、「余暇を楽しむ余裕があること...

 
 

子育て世代を中心に人気を集めているパナホームのエルソラーナ。具体的にどのような点がファミリー向けなのか?エルソラーナの構造上の特徴やパナホームがプッシュしているコンセプト、価格の相場について調べてみたワン。子供の成長も踏まえて家づくりをご検討中の方は、要チェックです!子供は成長し、親は老いていきます。だからこそ、家を建てるのであれば「今」だけではなく十年先、二十年先の「未来」を見据えた設計が必要な...

 
 

東日本大震災以降、日本の住宅業界はスマートハウスの開発ラッシュ!もちろんパナホームも遅れを取っていないワン。今回は、パナソニックの先進技術を使ったハイテクノロジーなスマートハウス、「エココルディス」にフォーカス!パナホームの従来の住宅と比べて、エココルディスはどんな点が優れているのかワン?パナホームの家は、パナソニックのグループ会社だからこそ為せる技術力の高さが光ります。例えば、こんなところに“パ...

 
 

パナホームで家を建てた場合、エクステリア工事もパナホームに発注しなければいけないの?家本体はオシャレだけど、エクステリアがちょっと残念・・・。そんな風に言われてしまうことがないように、家と外構はセットで考えるのが理想的。ただ、パナホームに全てをお任せすると価格が高くなる!ということで、エクステリアのみを他社に依頼するという手も!その場合の注意点ってどんなこと?実際にパナホームで家を建てた方のリアル...

 
 

エコキュートつき、オール電化のパナホーム住宅って結構多いです。そのほとんどがパナソニック製のエコキュートを搭載しているわけですが、他社の安い製品を施主支給で搭載することは可能なのかワン?また、その場合に知っておくべき注意点とは?パナホームには、パナソニック製のエコキュートが当たり前?光熱費が安くなるって聞くけれど、本当にオトクになるのでしょうか。エコキュートってどんな設備?パナホームの施工事例では...

 
 

本州に比べて厳しい気象条件に置かれている沖縄。家造りにも高い技術力が求められます。パナホームはそんな沖縄で35年の実績があるということですが、家造りにおいてはどのような技術を確立しているのかワン?毎年の台風や大雨に耐えられる家を作ってくれるの!?パナホームの真の技術力が試されるワンね。雨、風、湿気、シロアリ・・・と家を蝕む要素が満載の沖縄。パナホームはどんな技術でその高いハードルをクリアしているの...

 
 

パナホームで採用されているお風呂設備のバリエーションや価格相場が気になる。パナホームの家では、当然のことながらパナソニック製のお風呂を選ぶことになるワン。パナソニックといえば、美顔器やドライヤーなど美容器具のクオリティの高さに定評がありますが、お風呂でもその実力が発揮されているワン!お風呂は1日の疲れを癒し、明日への英気を養う場所。だからこそ、「ただ汚れを落とすだけの場所」ではもったいない・・・!...

 
 

数あるパナホーム商品の中でも、「強さ」で定評があるのがカサート。具体的にはどのような構造が使われているのか。また、Newバージョンは従来品とどう違うのか?今日は、パナホームご自慢の技術を結集させたカサートの魅力や価格情報をみていくワン!新しいバージョンの製品が発売されるということは、それだけ従来品の評判が良かったということ。パナホームの「カサート」も、同社の「看板」とも言える実力派商品!バージョン...

 
 

家の中の空気を快適に保つために必要不可欠な換気システム。ハウスメーカーによってそのシステムには“クセ”があるようですが、パナホームで採用さている換気システムにはどのような特徴があるのかワン?実際に建てた方の声を参考に、そのメリットやデメリットについて見てみるワン。パナソニックのグループ会社ということで、あらゆる設備がパナソニック製!というパナホーム。換気システムにもその製品が使われているようですが...

 
 

インテリアの印象を左右する壁紙クロス。メーカーによって選べるクロスのバリエーションは異なりますが、パナホームではどんなデザイン&機能をもったものが使われているのかワン?パナホームの壁紙へのこだわり、インテリアとの相性について調べてみたワン。部屋における占有面積が広い分だけ、壁紙クロスの存在感はスゴイ!だからこそ、納得のいくものを選びたいところです。パナホームの家に合う壁紙ってどんなんでしょうか?パ...

 
 

パナホームの外壁で人気の素材、キラテックとはどのような外壁材なの?年中、雨・風・ホコリにさらされているわけですから、家の外壁は相当汚れているはず。しかし、メンテナンスをしようにも、手間もお金もかかるワン。その点、パナホームのタイル外壁はメンテナンスフリーが売りとの評判!秘密は、光触媒技術を使った「キラテック」という外壁材にあるようだワン。今回はパナホーム一押しのキラテックについて調べてみる。パナホ...

 
 

パナソニックのグループ会社ということで、標準仕様でパナソニック製品が使われているというのがパナホームの魅力のひとつ。もちろんキッチンもパナソニック製!具体的にどんな種類があって、価格はどのくらいになるのかワン?他社との比較や先輩オーナーさんの声も参考にしながら、パナホームのキッチンの特徴についてみてみるワン。身体は全ての基本。その元になる料理をする場所だからこそ、キッチンの選び方に妥協は禁物です!...

 
 

ハウスメーカーよって、基礎部分の構造は異なるワン。具体的にどのような種類の工法があり、パナホームではどんな特徴のある基礎を採用しているのか。万が一の地震に耐えられる強さを持っているのか?パナホームの家を支える「足元」に注目してみたワン!家も人も“見た目”重視?いえいえ、表からは見えない部分にこそ、真の強さが秘められているのは家も人も同じこと。だからこそ家造りでは「基礎」こだわる必要があるのです。建...

 
 

業界初!HEPAフィルターを使った空調設備で、家の中の空気は外気よりキレイだワン。・・・というのがパナホームの空調設備の謳い文句ですが、どのような仕組みで空気をコントロールしているのか。年間コストを48%も削減できるというパナホームの空調設備について、メリットや気になるポイントをみてみるワン。空気がキレイで室温・湿度が快適な家は、家族みんなが健康な家。見えない空気を制御するという難しいテクニックは...

 
 

大手だからといって欠陥住宅トラブルが全くないというわけではないようだワン。パナソニックの傘下であるパナホームも例外ではなく、過去には裁判になるようなトラブルが発生していたよう。具体的にどのような欠陥が問題になっていたのか?また、パナホームは施主に対してどう対処したのか気になるワン。パナホームの口コミを調べてみると、当然のことながら高く評価する声もあれば、酷評する方もいます。とりわけ深刻なのは、構造...

 
 

機械や化学物質に頼らずに家の湿度を調整したい!そんなニーズに答える形で開発されたのが、パナホームご自慢の「珪藻土」を使った建材。自然素材の働きで、あくまで“ナチュラルに”、環境に負荷をかけずに家中の湿度を快適にコントロールしてくれるワン。具体的にどんな仕組みになっているのか?パナホームの珪藻土にフォーカスしてみるワン!一般的な除湿剤は時期がくれば交換しなければいけませんし、除湿剤はランニングコスト...

 
 

パナホームといえば鉄骨住宅。耐震性の強さを謳っている印象がありますが、具体的にどんな工法が使われているのか。また、構造上の特徴は?他社と比較した場合に際立つ、構造上のメリットとは?パナホームが採用している工法や構造の特長について見てみるワン!パナホームが目指しているのは、「価値が持続する家」。その理想を実現するためには、なによりもまず、構造面での強さがカギとなります。パナホームの構法は大きく分けて...

 
 

パナホームはナゼ、三階建てをはじめとする多層階住宅に注力しているのか。。。三階建てのお宅の屋上から見る風景は、二階建てのベランダから見る風景とはまるで違ってる。たった1階違うだけなのに、世界がより広がって見えるワン。そんな贅沢な暮らしを叶える、パナホームの三階建てがじわじわ人気に!今回は、パナホームが提唱する多層階住宅の可能性について考えてみたワン。平屋より二階建て、二階建てより三階建て・・・と、...

 
 

熱も運気も窓から出入りする・・・というわけで、サッシや窓ガラスの性能は超・重要なポイント!良い光、風、運気を取り入れ、なおかつ窓を閉めていても快適な室内環境を維持するために、パナホームではどのような工夫が施されているのか。パナホームの家のサッシ&窓ガラスに注目してみたワン!暖気も冷気も窓から入ってきます。夏は涼しく、冬は暖かい。そんな快適な室内環境をキープするために、パナホームはどんなサッシを採用...

 
 

ガラス張りのサンルームの中で、あふれる太陽光に包まれて、人間をダメにするソファの上でウトウトしながら読書。そんな生活にあこがれるワン。パナホームでも、あこがれのサンルームつきの事例はいっぱい!ですが、実際に設置するにあたってはいくつかのデメリットを知っておく必要があると思うワン。サンルームがあれば、雨の日でも洗濯物が乾くし、花粉もつきませんよね。働くママにとってはあこがれの空間ですが、他にはどんな...

 
 

パナホームは寒い家なのか?それを判断するには、パナホームの主力商品カサートのUA値を他のメーカーのものと比較すると分かるワン。UA値が高ければ、その分寒い。そんなことが見えてくるのですが、さてパナホームの寒さはどうなのかワン?平屋も用意されている、パナホームのカサートパナホームの主力商品で、平屋建てのラインナップもあるのが「カサート」。カタログ上は1種類にまとめられているのですが、実はいくつかのバ...

 
 

さすがパナホーム、スマートハウスでも他社との差別化を進行中。例えば、換気システムもHEMSも一歩進んだものを提案しているワン。そしてパナホームならではの太陽光パネル、スッキリした屋根で平屋建てのスマートハウスも一層スマートになりそうだワン!パナホームならではのスマートハウスとはエネルギーを生み出し、管理する住まい。ただ太陽光パネルを付けるだけでなく生み出した電気を管理して、もっと効率的な使用を家庭...

 
 

パナホームは街全体でネットゼロ・エネルギーを目指す、スマートシティを全国各地で展開中だワン。しかし現在のスマートシティはスマートハウスが集合しているだけという印象は拭えない物。パナホームならではの斬新なスマートシティに期待したいワン。スマートハウスの次は「スマートシティ」?パナホームというと、注文住宅NSラーメン構造を用いた注文住宅がすぐに思い浮かびます。そして近年力を入れているのが、スマートハウ...

 
 

床に上下の高さを付けて、変化を出すスキップフロア。狭小地向きのパナホームの商品、ビューノと非常に相性が良い。狭くても広さを感じるスキップフロア、広い空間づくりが得意のビューノ、なかなか良い取り合わせだと思うワン!そもそもスキップフロアとは?スキップフロアとは、例えば中2階があるような間取り。中2階とか、地面を掘り下げた半地下といった間取りは、変化が出るので心理的に広さを感じることができる。壁を作ら...

 
 

パナホームの「カサート」と住友林業の「グランドライフ」、この両者の平屋建て、結構な類似点があると思うワン。パナホームと住友林業で迷う。そんなことがあるのも当然といえるほどの、そっくり具合。理想を追求すると似てきてしまう、ということなのかワン?パナホームと住友林業の類似点とは?パナホームと住友林業、実は結構似ている住宅メーカーです。パナホームの工法は軽量鉄骨造り、住友林業は木造軸組工法。全く違うよう...

 
 

パナホームの制震技術は建物の筋交い部に集約されているワン。これは高層ビルの建築でも用いられている制震技術、パナホームは一般住宅用にこれをダウンサイジングしたのです。この強さは実証実験にて証明済み、安心できると思うワン!まさにいいとこ取りのパナホーム日本古来の木造軸組構造、欧米で主流のツーバイフォー構造などなど。一口に住宅の構造といっても様々なものがありますが、パナホームの構造は「鉄骨軸組構造」。柱...

 
 

パナホームの主力商品に用意されている洗面台はシーラインシリーズ。特長はタッチレス水栓やツインラインLED照明という様々な機能。他に特に不満もないという、パナホームらしいソツのない洗面台が用意されているワン!ベーシックモデルにもタッチレス水栓家電製品だけでなく、住宅の外壁材や住宅設備でも高いシェアを持つパナソニック。それだけに、パナホームではパナソニックの住宅設備がふんだんに用いられています。これは...

 
 

パナホームとセキスイハイム、最も大きく異なるのは住宅の構造。パナホームは鉄骨軸組、セキスイハイムはユニット工法だワン。それぞれ一長一短あるので、この点には要注意。それ以外は、結構似ている両社だけに迷うところですね。セキスイハイムの平屋建てとは?セキスイハイムは積水化学工業の住宅部門、全国でも有数の大手住宅メーカー。年間着工件数は約1万2,000件、この数はパナホームの倍というもの。売上高で見ると約...

 
 

パナホームのエコ・コルティスは屋根自体がソーラーパネルになっている、そんなスタイリッシュな外観が特徴。後付け感もない、ソーラーパネルの性能自体も申し分ないそんなパナホームのスマートハウス、問題は価格だけといったことろだワン。パナホームのスマートハウスといえば近年の住宅業界で注目の的といえばスマートハウス。パナホームもHPでもカタログでも、ソーラーパネルを搭載したモデルをアピール中。平屋建てのカサー...

 
 

キラテックの外装とか断熱性とか、様々なメリットはパナホームの建売にはあるもの。しかし、それだけでは今ひとつ弱い印象は否めないワン。そこで、パナホームがすすめるのが、建売のスマートハウスを集めたスマートシティなんだワン!建売というだけでは、今ひとつ弱い建売住宅を購入する際に最も重要視する点は何か?それはいうまでもなく、価格と立地。住宅メーカーなど2の次3の次、まあ有名メーカーが建てたなら間違いがない...

 
 

パナホームを他社の住宅と際立たせる3大特徴、その一つがタイル外装・キラテック。経年劣化を起こさないタイルに、雨で汚れを落とす光触媒技術を施したもの。高価なキラテックですがパナホームを選ぶ人の8割が採用する人気のオプションだワン!パナホームの3大セールスポイントの一つ他の住宅メーカーよりパナホームを際立てているのが、独自の3つの技術。「パワテック」「ピュアテック」そして「キラテック」、これらを3大セ...

 
 

建売住宅といえば立地を考えるものですが、近年のパナホームは街ごとスマート化。特徴ある住宅街の開発が評判になっているワン。そして、パナホームならば建売でもキラテックを外壁材に使用、こちらも評判は良い!建売1戸の魅力だけでなく、街ごと訴求する作戦小規模な宅地に、数件まとまって建つ建売住宅。パナホームに限らず、建売住宅といえば、そんなイメージがあったものですが、近年のパナホームは違います。パナホームが力...

 
 

パナホームは優れた住宅メーカーですが、特に付加価値は高くはないと聞いたワンですから、パナホームの中古住宅も他の住宅メーカーと同じ。普通に経年で下がった価格で中古住宅を購入できるもの。中古住宅という点で考えるなら特別な点がないのは良いことなんだワン!ブランド力は高くないパナホームだからこそ住宅メーカーによって中古住宅でも付加価値が付く、日本にも数は多くないものの、そんなメーカーがあるのです。例えば独...

 
 

パナホームで賃貸併用に向いた商品がビューノだワン!構造やモジュールといった様々な点で考慮されていますから、他社の賃貸併用住宅と比較しても大きなメリットがある。他にパナホームならではといえば外壁材。外観は賃料にも大きく影響するワン。相続税対策で、賃貸併用住宅を建てるという選択相続する金額に応じて、かかってくる相続税は10%から最大で55%。控除の制度があるとはいえ、これは世界的に見ても高い税率、です...

 
 

パナホームの注文住宅の価格帯は高め、得意のスマートハウスとなると、その価格は一層高くなるワン。しかし、パナホームならではの特長は明確ですし、特別に劣っている点も見られない。全てにおいて高いレベルの注文住宅を、そう考えるなら良い選択といえるワン。高価格帯にある、パナホームの注文住宅パナホームの注文住宅の価格は高い!実際に坪単価のランキングを見ていくと、住友林業やスウェーデンハウスといった高価格帯の住...

 
 

パナホームのスマートハウスに搭載される蓄電池はパナソニック製。ご存知の通り様々な用途で活躍している蓄電池のブランドだワン。この蓄電池ととパナホームの家造りが一緒になったスマートハウスは、安心感が大きいワン。ハイブリッドカーにも活かされる、その技術先代プリウスの大ヒットや、その後続々と発売される新車種たち。今やハイブリッドカーやPHVなど、電気で走行する車は珍しくない時代になりました。これらの多くが...

 
 

パナホームの坪単価は他の住宅メーカーと比較すると高め。しかし、高めの坪単価だけど設備は充実しているということができるワン。これはパナホームの関連会社、パナソニックの製品が好きという人ならば、一層実感することができるはず。パナホームならではの特長を考えると当然のように坪単価と言う単語が使われますが、実はわかりやすいようで非常にわかりにくいもの。なぜなら、坪単価を算出する基準がメーカーによってまちまち...

 
 

住宅を建てる際に現金で用意しなくてはいけないお金を用意する、そのためにはつなぎ融資を利用するとこになるワン。多くの提携金融機関を抱えているパナホームならば、つなぎ融資が可能な銀行を紹介してもらうのもカンタン。パナホームで家を建てるメリットの一つだワン!建ってもいない住宅を担保にはできません金融機関はお金を貸して、利子で収益をあげるのが基本ですが、誰にでもお金を貸してくれる訳ではありません。どれだけ...

 
 

パナホームもトヨタホームもセールスポイントが明確な住宅メーカーだけに、住宅の選択はしやすいもの。両社で迷っており、断熱性を重視するならトヨタホーム、外壁材を重視するならパナホーム。こんな風に選択することができるのです。構造に鉄を用いるところが類似点中京地区で販売戸数1位の住宅メーカーといえばトヨタホーム。お膝元だけに、トヨタの影響力は圧倒的、そんな風にも考えることができます。しかし、トヨタホームは...

 
 

パナホームの強みは提案力の高さ。それは平屋建てとは切り離せないパナホームの庭のバリエーションを見ても明らかです。日本家屋の伝統的なアイデアを活かす、建物の形を活かして庭を造るなどなど提案は強力、これがパナホームの強さの一つです。平屋建ての弱点を解決するパナホームの提案家族の一体感が生まれる、手を入れなくてもバリアフリー性が高い。平屋建ての住宅は、非常に魅力的なものです。天井が低くて開放感に乏しいと...

 
 

二世帯向けでパナホームが推す多層住宅は坪当たりの価格も低め。それでいて高い強度と遮音性に定評があります。もちろん、理想の二世帯住宅は家族の数だけあるもの、その分価格もバラバラなのですが、パナホームならば特別に高くなるということもなさそうなのです。パナホームの二世帯向け住宅「ビューノ」二世帯住宅といっても、そこに住む家族の考え方で、理想の間取りはバラバラ。どのようなものが、理想的な間取りかという点に...

 
 

パナホームで家を建てたなら、定期点検時に外壁の劣化を指摘され塗り替えをすすめられるはず。しかし、塗り替えには当然ですが、結構なコストがかかります。これを防ぐならパナホームならではの外壁材キラテック。初期費用こそ高いものの、その後安心な外壁材なのです。リフォームに力を入れるパナホーム近年の住宅メーカーのトレンドは、長期間保証とリフォームに力を入れること。人口減少傾向が避けられない日本においては、住宅...

 
 

住宅メーカーとの値引き交渉は非常に疲れてしまうものです。パナホームの場合は5から10%の値引きが可能との声があります。ですから、このあたりの額を目標に設定してパナホームと交渉すると良いでしょう。目標設定は、値引きでも大切なのです。お得感があるものの、メーカーは絶対に損はしていないどこの住宅メーカーにも共通することなのですが、建売と違い注文住宅は、今建てなければならないという理由が弱いもの。売り切れ...

 
 

他の住宅メーカーならばハウスクリーニングのサービスを提供していますが、パナホームにそれはないワンなぜなら、パナホームの住宅設備は汚れない工夫がされているから。ハウスクリーニングは必要ないという考え方なのだワン。住宅が売れないという業界の現状人口は減少する、住宅は長持ちする、これが住宅業界が置かれている現在の状況。一戸建てが売れなくなるのは当たり前ですから、住宅メーカーは別のところで収益をあげようと...

 
 

パナホームは数々の特徴を持つ住宅メーカーですが、それらはそのまま平屋建てにも有効。加えてパナホームの高い提案力は、ますます豊かな平屋建ての生活をふくらませてくれるもの。パナホームは、こちらの要望に応えてくれる住宅メーカーなんだワン。パナホームの3大特徴は、平屋建てでも有効軽量鉄骨を用いて主要な部分は、工場で造り上げる。外装にメンテナンスが不要なタイル材を、他メーカーと比較しても格安で用いることがで...

 
 

パナホームの主力商品、ニュー・カサートの標準装備をざっと見ていくとまあ、充実していること。他社ならばオプションになりそうなものが全て標準装備、これがパナホームの強みだと思うワン。特にスマートハウスは大得意なのです。スマートハウスにやっぱり強い、パナホーム家電メーカーパナソニックと関係が深いから、太陽光発電に定評がある三洋電機を子会社化したから。他にもいろいろな理由があると思うのですが、パナホームは...

 
 

平均的な性能を高いレベルでクリアしているのが、パナホームの風呂。パナソニック製の住宅設備に共通しているメンテナンス性の高さは、パナホームの風呂でも健在。保温性の高さやデザイン性でも、満足がいくものになっていると思うワン。オリジナルなんて、気にしない!パナホームの住宅設備は、いうまでもなくパナソニック製。そして、パナソニックの住宅設備は非常によくできているという評判です。どんな点がよくできているのか...

 
 

住宅を構成するほぼ全てを、パナソニック製のものを採用しているパナホーム、もちろんフローリングも。パナホームのフローリングはノーワックスのものが有名。これはパナソニックの高い技術ゆえ、パナホームのコンセプトとも一致しているワン。自社で、ほぼ全てを手掛けられる数少ないメーカー純粋な国産のパソコンやスマホはない、このことはよく知られているのです。液晶は、メモリは、ハードディスクは?これら全てが海外製、そ...

 
 

パナホームとへーベルハウス、競合する点も多い両者ですが、何を重視するかで選び方が変わってくるワン。メンテナンス性ならばパナホーム提案力ならへーベルハウス。そんな傾向があるように、僕は感じるワン。へーベルハウスと競合するのは「ビューノ」ヘーベルハウスといえば重量鉄骨とALC、とにかくタフなイメージです。高層ビルを建てるのと変わらない構造で、軽量気泡コンクリートの外壁材を用いる、こんなヘーベルハウス。...

 
 

パナホームの保証は、他の住宅メーカーと比較しても長いワン。実に60年間の長期保証となっている。しかし、それはパナホームが推奨するメンテナンスをおこう条件がある。その一方で、長持ちする家を建てようとする意志もパナホームからは感じるワン。長期保証をセールスポイントにするわけは?近年の住宅メーカーは長期保証が当たり前ですが、パナホームの保証期間は60年。この保証期間の長さは住宅メーカーの中でも最長の部類...

 
 

間取りは図面一枚のものだけに、アイデアはすぐに真似される。パナホーム独自の間取りといっても、ピンとこないもの。しかし、施主の希望を傾聴する、そんなパナホームならではの姿勢が評価されたという話もあるんだワン。間取りは、メーカー間の差が生まれにくいものパナホームの間取りはいいよ!こんな声ってあまり聞きませんよね。いや、パナホームだけでなくて、特定の住宅会社が間取りのプランがとりわけ優れている。こんな話...

 
 

パナホームが力を入れているのは一戸建てだけではないワン。近年では、マンションの建築にも積極的。マンションの建築ノウハウを一戸建てに活かす、そんな考えで企画されているのがパナホームの重量鉄骨住宅、ビューノなのだワン。パナホームも分譲マンションに注力中空き家の問題だとか、土地あまりだとか、人口の減少だとか、そんな社会情勢を受けてでしょうか。一戸建てよりもマンション建築に精を出す、そんな住宅メーカーが増...

 
 

様々なものを内製化しているパナホームですが、窓はやはりYKK製。それだけ窓を手掛けるメーカーは巨大で、高い技術力を持っているのでしょう。ですから窓の性能差は他のメーカーとの間にないワン。それ以外の技術力がパナホームを際だたせる。巨大な資本力を武器に、内製化をすすめるパナホーム家中みんな、何でもナショナル♪、、、などといっても、今の方は知らないのでしょうが。こんなCMソングを流していたのがナショナル...

 
 

数多いセールスポイントを持つのがミサワホームの強み、一方でパナホームはそこまで多くのセールスポイントはないワン。しかし、その割にミサワホームとパナホームの売上規模が変わらないのが不思議なところ。支持の熱さに両者の差がありそうだワン。様々なセールスポイントを持つのがミサワホームの強み1962年に営業を開始したミサワホームは、老舗の住宅メーカー。木質系のパネルを接着していく独自の構造と、何度もグッドデ...

 
 

パナホームで家を建てるメリットは数多い。それはパナホーム、そしてパナソニック独自の技術や信頼性があるから。これらを数多く持つのが、パナホームならでは。パナホームを選ぶメリットということができるワン。まずは「3つのテック」メリットだそうでパナホームにしかないメリット、これはパナホームを見学にいくと聞かされるという「3つのテック」。これは何かというと、つまりパナホームを選ぶ3大メリットです。まず一つ目...

 
 

パナホームのセールスポイントの一つ、タイル外壁「キラテック」はメンテナンス費用が60年間不要という優れもの。確かに初期費用は少々かかるものの、その後のメンテナンス費用と比べれば安い!そんなパナホームならではの外壁材なのだワン。メンテナンス費用がかかるといえば、外壁住宅は一生で一番の買い物というぐらい高価なものなのです。ですからつい忘れてしまうのが、メンテナンス費用も非常にかかるということについて。...

 
 

パナホームは長期保証をセールスポイントにしていますが、これはメンテナンスプログラムあってのこと。そして、このメンテナンスプログラムもちろん、有料となっているワン。費用はどれだけかかるかわからない、パナホームに限ったことではないのですが。メンテナンスプログラムを実施しての、長期保証「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)が施工されたのが2000年の4月。以来、新築の家で建物に欠陥が見つかった...

 
 

木造住宅ならではの間取りの自由度を最大限に!これがパナホームの新商品アーティム。ターゲットは富裕層、坪単価は実に150万円という、とんでもない商品だワンね。しかしこんな木造住宅はパナホームが手掛ける必要があるのかな?なぜ、この期に及んで木造の新商品なのか?鉄骨軸組構造、大型パネル構造、高層ビルと同じ重量鉄骨ラーメン構造。この3つを柱としてきたパナホームなのですが、2016年から新たに木造軸組構造の...

 
 

パナホームでの標準の屋根材はスレート。グレードをあげると瓦屋根を屋根材として選べるようになるみたいだワン!瓦のメリットはメンテナンスの塗装が不要な所。選択すれば、パナホームのタイル外壁材同様、大きなメリットとなることでしょう。パナホーム標準の屋根材は寿命が来るパナホームが持っている、注文住宅のラインナップは主力商品の「カサート」、グレードが上がった「カサートプレミアム」。そして、多層住宅の「ビュー...

 
 

それほど使い勝手がよくない床下収納ですが、なくならないのは重要な役割があるからだワン。パナホームは床下換気を搭載してるだけに床下収納の役割はより重要といえる。パナホームが床下換気にこだわる限り、床下収納も成長を続けると思うワン。。床下収納本来の役回りとは?床下収納と聞くと、何だか先進的な物をイメージしたりしがちなのです。しかし、どんな最新型の住宅でも床下収納は昭和の時代から変わらないもの。床の一部...

 
 

パナホームの床探訪の価格は、他社と比べてもとりわけ高いものでは無いワン。しかし、導入するかどうかは、必要かどうかをよく考えてから。パナホームが大幅に価格を引いてくれたからといっても、床暖房はランニングコストが高いものなのですから、ひとまず要検討だワン!温水式か電気式か、まずはそれぞれの特性からパナホームの場合、新居に導入される床暖房は当然パナソニック製、温水式、電気式、両方のタイプを製造しています...

 
 

細い工夫が得意のパナソニックなのですが、パナホームでも導入できるレンジフードにも、そんな特徴がみられるよ。例えば10年間、掃除が不要のレンジフード、これが選べるのはパナホーム標準仕様のキッチンならではだと思うワン!細い工夫で評判も上々、パナソニック製キッチンパナホームで家を建てると、システムキッチンはパナソニック製を選ぶのが、一番割引率も高くなるもの。ですから自然とパナソニック製のキッチンを選ぶ人...

 
 

パナホームが得意とする和室は和モダン的な斬新だワン!逆に苦手とするのは、伝統的な和室になるのかも。そして、和室にも様々な工夫をこらすのが、パナホームらしいところワン。和室用の床下収納が、その一例だと思う。パナホームが得意とするトレンド感のある和室とは?近年、何かと軽く見られがちなのが和室、新築で建てられた家で和室がない、こんな間取りはそれほど珍しくなくなりました。しかし、実は和室が非常に使い勝手が...

 
 

パナホームの外壁は標準仕様ならばNTC外装材、初期投資を抑えることができる一方で、どうしてもメンテナンスコストがかかってくるワン。しかしNTC外装材は塗装が長持ちするのが特徴。パナホームならではの、選択といえるワン。タイルが予算に合わなければ、NTC外装材パナホームの外装材というと、表面が光触媒でコーティングされたタイルをイメージしがちです。しかし、タイルは高い!パナホームは自社生産できるから、と...

 
 

パナホームの外壁材で選べるのはセラミック塗装されたサイディングと、タイル系。タイル系はコストがかかりますが、メンテナンスコストが抑えられるのが特徴。予算に余裕があるならば、せっかくのパナホーム、外壁はタイルを選びたいものです。NTCと聞くと、耳新しく感じますパナホームの外壁材で選べるのがNTCとキラテック。何だか新しい素材に聞こえますが、NTCとはセラミックコートされたサイディング。サイディングと...

 
 

パナホームの外観を他と際立たせているのは、外壁と屋根材。外観のデザイン自体、オリジナリティが低い分、外装材の違いが目を引くワン!悪目立ちはしない方がいい、それがパナホームの外観についての考え方かもしれないワンね。パナホームの外観の印象を強める外装材パナホームの外観を特徴づけているものといえば、タイル外壁材のキラテックと瓦屋根。サイディングやスレートといった、現在広く使われている外装材よりも、耐久性...

 
 

標準でエレベータが付いてきたり、太陽光発電を搭載できたり。Vieuno3Eはパナホームの考える理想の3階建て住宅。Vieuno3Eならでは、パナホームならではの工夫と提案がぎっしり詰まった3階建て住宅だと思うワン!パナホームが3階建て住宅を真剣に考えるビューノシリーズを持ち高層住宅を得意とするパナホームが、3階建て住宅をテコ入れした。これが2016年春に発表された「ビューノ3s」。高層ビル同様の重...

 
 

せっかくパナホームで家を建てたのならば、外構にも力を入れたいもの。そこで迷うのが業者の選定です。パナホームに依頼すればいいのか、自身で外構の業者を探してくるのか?それぞれのメリット・デメリットを見てみます。外構も力を入れなければなりません!近所に、新しい家が建ちました。「次は外構、でもいつになったら。外構にとりかかるんだろう?」と思っていたんです。すると、そのまま数年過ぎた、こんな家が数件見られま...

 
 

パナホームももちろん経年劣化を起こしますから、外壁塗装が必要となってくるワン。この場合の業者の選定は迷う所。パナホームに任せれば安心かもしれませんが、どうしてもコストが高くなる。ならば、外壁塗装業者を自身で探すという選択もあるけど、大丈夫なのかワン?パナホームの外壁材も再塗装が必要パナホームで比較的安価な注文住宅を建てると、NTC外装材なるもので家の外壁が覆われます。NTCと聞くと何だかえらくカッ...

 
 

パナホームの外壁に用いられているサイディングは、品質保持のために特殊な加工が為されているワン。ですから、他の外壁のサイディングを再塗装する際の塗料を用いるのはダメというケースもあるもの。パナホームを手がけた経験があるかどうかをチェックたほうが良いかなと思うワン。サイディングの性能を左右するのは塗装窯業系サイディングと呼ばれる外壁材は、基本的には非常に薄いセメントの板。それ自体は、軽量で耐火性も高く...

 
 

パナホームが得意としている鉄骨軸組み工法や鉄骨ラーメン構造は、タフな工法。ですから大空間、例えばインナーガレージも大丈夫。壁を造って構造を支える必要がないのがパナホームの工法の特徴、だからガレージもお得意なのだワン!鉄骨軸組みなら、大空間も大丈夫建物の骨組みに当たる構造躯体、これの造り方は「工法」と呼ばれるのですが、いくつかの種類にわけられます。パナホームが採用している工法は大きく分けて3種類、中...

 
 

パナホームがウリとしている外壁材、キラテックはメンテナンスが不要ということですが、躯体への固定は接着剤。経年を考えると、パナホーム自慢の外壁とはいえ、全くのノーメンテナンスとはいかなそうなのですが、どうなのかワン?メンテナンスが不要とされる、キラテック外壁のメンテナンスはいらない!これがパナホームのタイル外壁「キラテック」、最大のセールスポイント。表面が光触媒でコーティングされているから汚れが付き...

 
 

パナホームに限らず近年、外壁のリフォーム需要が増えていると聞いたワン。なぜなら、外壁のメンテナンスを怠っているケースが多いから。リフォームに至る前にパナホームなら定期点検が入るので、その際に外壁のチェックはおこなっておくのが安心だと思うワン!外壁リフォーム、需要急増中友人がリフォームを中心に請け負う工務店を経営していて、先日も話していたのです。大規模な外壁のリフォームをおこなわなければならない、そ...

 
 

家の印象に大きな影響を与える玄関ですから、玄関タイルぐらいはパナホームのオプションを選んで、少々贅沢を楽しみたいワン!パナホームの玄関タイルを手がけているのは一流どころのメーカーばかり、品質にも安心できるわん。コストをかける甲斐がある、玄関タイル毎日、土足で歩く、砂は入り込む、そんなタフな環境にさらされているのが玄関。そんな風に考えるなら、玄関に用いるべき部材は、タフなタイル以外に考えられません。...

 
 

パナホームの玄関ドアは価格が上がれば、その分オシャレ感がアップするワン。オプションで10万円ほど価格をアップさせれば、パナホームの玄関ドアはスマートキーへと変更できる。しかし、このスマートキー、最近弱点も報告されているようだワン。。金銭感覚が狂う、オプション選びパナホームの玄関ドアは、標準で付いてくるのが三共アルミ製。これと同価格帯のバリエーションの中から好みのものを選ぶという方法になってきます。...

 
 

住宅メーカー各社とも、玄関収納に力を入れている、このことはパナホームも例外ではないワン。例えばシューズインクロークなど、パナホームイチオシの玄関収納なのです。しかし、その設備ほんとうに必要なのか?もう一度考える必要もあるかなと思うワン。シューズインクロークに力を入れるパナホーム家を購入する、こんなケースで主役になるのは大抵、ご婦人方。ご婦人方がこだわりがちなのがキッチンと収納、だから両者に非常に力...

 
 

パナホームで選べる玄関ドアのメーカー、それらの玄関鍵をチェックしてみると、なかなかの使い勝手だワン。パナホームでスマートロックを選ぶならば、どちらの玄関鍵も甲乙つけがたいもの、安心してデザインのみで選んでもよさそうだワン。パナホームの玄関鍵、その使い勝手は?玄関鍵、単なる住宅の付属品と思いがちなのですが、重要な役割を負っているのは御存知の通り。なにしろ毎日使うばかりか持ち歩く物ですから、使いやすさ...

 
 

パナホームの各窓の網戸はオプション扱い、玄関網戸ももちろん同様の扱いだワン。そして用意されている玄関網戸はなかなか工夫されたもの。パナホームのせっかくのデザインの邪魔にならずに、機能性も満たす。そんなものが用意されているワン。近年の住宅には網戸はついていないもの近年の住宅には、必要なものが付いていないの?!カーテンや照明、空調設備、これらの設備がオプション扱いなのは納得がいきます。しかし、網戸まで...

 
 

パナホームには5階建てを含む多層住宅もラインナップにあるだワン。坪当たりの価格は80万円弱、といっても5階建てですから価格は1億円を大きく超えるものとなるのです。そんな多層住宅、必要なのは建築と運用のノウハウ、まとめてパナホームなら大丈夫だワン。パナホームなら5階建てにも対応可能パナホームの狭小地住宅は「ビューノ」、重量鉄骨ラーメン構造。こんな高層ビルと同様の、非常に丈夫な構造を持っていますから3...

 
 

パナホームを増築するには、価格はどれぐらいだワン?これは、見積もりを取らないことにはわからないこと。増築のプランをパナホームを含む、複数の工務店に話して見積もりを取り、価格を比較するしかありません。安心感を取るか?価格を取るか?さあ、どちらにしまするか迷うだワン。増築は相場があって、ないようなもの増築する場合に価格はどれぐらいになるのか?非常に気になるケースなのですが、これには相場というものはあり...

 
 

ベランダは住宅の防水性にも大きく関わるだけに、増築となると、構造をよく理解したパナホームに頼んでみたい気がするワン。しかし、ベランダの増築自体が必要なのかどうなの?パナホームに見積もりを取る前に、その検討が最も大切になるワン。本当にベランダを増築するならば、パナホームベランダを増築するといったケースでも、パナホームで建てた住宅ならば、パナホームに依頼する。これが一番無難ということができるでしょう。...

 
 

パナホームはライバル他社と比較しても充分な厚みの断熱材を備えているワン。しかし、断熱性能を表す数値で比較するとパナホームは他社に劣ってしまうもの。断熱材の厚みも断熱性能の目安の一つに過ぎません。断熱性については実際に体感してみることが大切だワン。ナホームと大手メーカーで厚みを比較すると?パナホームが用いる断熱材の厚みや種類は、構法や仕様によって違うもの。例えば、パナホームがメインで建てている鉄骨軸...

 
 

パナホームは子育て家庭に様々な提案をおこなっていますが、その一つが土間プラスだワン。玄関を広くすることで様々な使い方ができますよ、といったものです。土間プラスだけでなく様々なアイデアでの提案がある、パナホームのセールスポイントだワン。一戸建てを検討するきっかけは子ども「結婚」や「出産」、「子どもの進学」、以上を合計すると36.4%。これは、一戸建てを購入した人の「きっかけ」についての調査結果です。...

 
 

バルコニーは構造的に雨漏りがしやすい箇所、これはパナホームに限ったことではないだワン。そして、バルコニーが雨漏りの原因も限られてくるもの。防水層の劣化ならばパナホームの場合、保証で何とかなりそう、これは安心のポイントだワン。構造的に雨漏りが起こりやすいルーフバルコニー階下にある部屋の屋根の部分を利用して、バルコニーにする。いわゆるルーフバルコニーは、広い面積をバルコニーにすることができるというメリ...

 
 

体に障害があるからバリアフリーと考えがちだワン。でも、バリアフリーの家は誰にとっても過ごしやすい家である、そんなことを考えてしまうパナホームの施工例。パナホームは全ての人にやさしい住宅は大得意としているワン。柱がなく広い空間はパナホームが得意とするところLDKは30帖近い大スペース、車椅子でも問題なく動けるように、行き止まりがない動線設計をおこなう。そして、階段がないという平屋建て。これは、パナホ...

 
 

パナホームを売却するならば、その価値がわかる不動産会社へ行くのがおすすめだワン。そんな風にいわれていますが、その価値を評価する視線は非常にシビア。立地やメンテナンスの方法など、様々な点が問われます。パナホームといえども、売却するのは最後の手段ということだワン。住宅は新築から、価値が下がる一方住宅の不動産としての価値は、言うまでもなく土地の価値と建物の価値を合計したものです。土地の値段はその時の相場...

 
 

パナホームの高層住宅ビューノシリーズ、その3階建ての販売強化のために投入されたのがビューノ3sだワン。タフな構造、広い空間がパナホームが考えるビューノ3s。これ以上のプランニングは施主次第、といった印象を与えられるのだワン。大好評のビューノシリーズ従来の住宅のイメージを覆す7階建てまで実現可能な多層住宅、といえばパナホームの「ビューノ」シリーズです。発表以来、高層ビルと同じ重量鉄骨構造を用いている...

 
 

ビューノ3sの坪単価はパナホームの他の商品よりも高めに設定されているワン。しかし坪単価が高いというのは理由があってのこと、耐震性など充分納得できる仕様になっているのが、パナホームのビューノ3sなのだワン。他のパナホームの商品より坪単価は高めパナホームの住宅の坪単価は、おおむね70~80万円。こんな風にいわれていますが、これはもっぱら主力商品である軽量鉄骨軸組構法の住宅の場合。主力商品である「カサー...

 
 

パナホームのベランダの防水は10年保証、ですからその間の雨漏りは心配いらずだワン。ただい、ベランダは雨漏りがしやすい場所ではありますから、パナホームの定期メンテンナスは大切。加えて、自身でのメンテナンスも重要となるワン。パナホームのベランダ、防水保証は10年間デザイン的にスッキリしていますから、人気があるのでしょう。近年はベランダのすぐ下が部屋になっているというタイプの住宅が多いものです。しかし、...

 
 

ベランダの床はどんな仕様したいワン?パナホームではベランダの床の仕様を決めないと、防水シートが施工されたままになってしまいます。そこでタイルを敷く、DIYでも可能ですが、パナホームに依頼すると防水性の向上も期待できるワン。ベランダの床、忘れてはいませんか?住宅を検討する際には、ついつい目立つ場所ばかりの仕様に気を取られてしまうもの。間取りは?外壁材は?キッチンは?この辺のことには散々頭を悩ませるも...

 
 

パナホームも自社の住宅の防音性能についてはデータ化しているようだワン。それによると、パナホームの防音性能は中の上程度。ある意味、十分ともいえる数字を記録しているワン。防音性も目に見える時代になってきたようです気密性や断熱性などが重要視されるようになって以来、それぞれを数値化することが一般的になりました。でもね、その数値化されたもので、皆さん納得できるのかな?なんていつも思うのです。住宅メーカーが公...

 
 

パナホームで家を建てるならば当然ローンかとは思います。しかし、ボーナスまで当て込んだ返済計画は、簡単にカットされる時代だけに非常に危険なものだと思うワン。パナホームの提携ローンにもボーナス払いのものも見られるのですが、あんまりオススメできないワン。ボーナスの比重が高いのは日本企業ならではのケースお盆や年末は出費が増えるから、「氷代」や「餅代」として支給しよう。こんな考えで始まったとされるボーナスは...

 
 

パナホームは防犯を「攻める・守る」の2段構えで考えているワン。攻める防犯とは侵入を思いとどまらせること。守る防犯とは侵入をさせないこと。パナホームはそれぞれ最新の設備を用意して、侵入犯罪を防ごうとしているのだワン。住居への侵入犯罪、減少傾向にはありますがピッキング、窓を破る、、、住宅へ不法な手段で侵入し、空き巣などの窃盗を働く「侵入窃盗」。この犯罪は平成27年で、約8万6,000件も発生しています...

 
 

パナホームでは断熱性を考えて、ペアガラスを標準で装備しているだワン。しかし、それでは不充分、そんなケースに備えてペアガラスもサッシもアップグレードが可能。窓に注目するならば、パナホームは最高のものを用意していると考えられるワン。断熱を考えるならば、まず窓から近年は、長期優良住宅の制度が定められ、家の断熱性に注目が集まっています。断熱性と耳にすると、多くの人が思い浮かべるのは、壁や天井に入っている断...

 
 

パナホームでは10年を目安としてメンテナンスが必要となる箇所が多いワン。ですから10年点検は、それらを徹底的に点検するものとなるでしょう。ここで心配になるのが、10年点検後のメンテナンスの費用。はたしてパナホームに依頼すると非常に高く付くワン?徹底的な点検が予想される、10年点検パナホームでは新築の住居を引き渡されてから、定期点検がおこなわれるスケジュールが組まれています。3カ月、1年、2年、そし...

 
 

パナホームで1,000万円台の家を建てる、これはなかなかの難題だワン。まあ外装を変更したり、構造自体を変更したり、これらをおこなえばパナホームで1,000万円台の家を建てることは不可能ではない、しかしそこまでしてパナホームにこだわる理由はどこにあるのかワン?こじんまりとした平屋ならば、ギリギリ可能?パナホームの主力商品、軽量鉄骨軸組構法を用いた「カサート」シリーズの坪単価は70万から80万円。です...

 
 

パナホームがいう1.5階とは、平屋建ての屋根裏的スペースのこと。収納や外観上のボリュームなど、平屋特有の弱点を補うためにしつらえるのが1.5階。この様にパナホームでは定義付けているのです。アイデア一つで活用法が広がりそうですね。1.5階とスキップフロア「1.5階」この言葉は、辞書に載っているようなものでもないからか、住宅メーカーによって指すものが違います。多くのメーカーが1.5階という場合は、1階...

 
 

パナホームの3階建ては価格が高い、これはコストがかかる構造を持っているから。そして富裕層向けの商品をプッシュしているからです。パナホームの価格が抑えられた3階建て、今でも手掛けることは可能でしょうから、一度相談してみて下さい。パナホームの3階建て高いのは?建物の骨組みに当たる構造躯体を組み上げることを構法というのです。そして、パナホームが手掛ける住宅の構法は重量鉄骨ラーメン構法、軽量鉄骨軸組構法、...

 
 

パナホームの4階建て、いくらぐらいで建つの?というのは非常に難しい質問です。4階建てといってもバリエーションが余りにも広すぎる。ですから、パナホームなら価格がいくらぐらいとは一概にはいえないのです。相続税対策?高層住宅の需要が高まっています平成27年に改正された相続税法の影響でしょうか。都市部の高価な土地に、多層階住宅を建てよう!こんな動きが盛んになっています。この動きを後押しするのが東京都墨田区...

 
 

パナホームの住宅は60年保証がついている、といってもこの60年保証は条件付き。パナホームの点検で指摘された箇所を、パナホームにおまかせしてメンテナンスをしてもらう。当然コストがかかるもの。その価値があるかどうかは考えどころです。日本の住宅の寿命は短い!日本が27年、アメリカが44年、イギリスが70年。日本の住宅の寿命は欧米と比較すると非常に短い、こんな風にいわれています。建てたら建てっ放し、メンテ...