中古 家 価格

MENU

中古の家は価格が魅力!中古の平屋ならではの注意点はコレだ!

中古の家が築何年だから新築の○%、土地はよく似た条件で過去に売れた価格で○円、この合計で中古の家の価格は決まります。

 

もちろん、それ以上で売れるというケースもあるでしょうが、やはり一般的には相場なりの価格で売れるものなのです。

 

中古の家の価格は、建物+土地の価格

中古の家の価格はどうやって決まるのか?

 

基本的には建物の価格と、土地の価格を合計して決まります。

 

では、中古の家の価格はどうやって決まるでしょうか?

 

「家の価値は20年でゼロになる」、こんな風にいわれますが築10年で半値になると考えてしまえば間違いありません。

 

そして半値になってしまったら、後は年々ゆっくりとしたペースで値段は下がり続けると思えばよいでしょう。

 

次に土地の価格の決まり方なのですが、過去における、似たような条件の土地取引の価格をもとに試算します。

 

まあ、これは飽くまで基本。

 

家の価格と土地の価格、合計して出した金額で必ず売れるということではありません。

 

ですから、これが絶対的な中古の家の価格の決め方とはいえませんが、基本はこんな風に決まるということです。

 

実際に値段を付けるのは、売主

さて、基本的な方法で出された価格で、中古の家が本当に売れるのか?

 

もちろん家の状態の良かったり、リフォーム済みだったり、住宅設備が新しかったり、、、これらの条件でプラス査定。

 

反面、二世帯住宅やひょっとして平屋建てなども難しいかな?需要の低そうな、特殊な家はマイナス査定となるのが一般的です。

 

、、、とここまで目論むのは不動産業者です。

 

この価格をもとに、いくらで売りだすかを決めるのは、家の売主である所有者となります。

 

ローンが残っているとか、次に購入予定のマンションの価格とか、売主には様々な思惑があるから、○○円は譲れないというケース。

 

それらを踏まえて、中古の家の売り出し価格は決定されるのです。

 

やはり、相場なりで売れるのが普通

しかし中古の家もそうなのですが、中古車にしても購入しようとする人には、なぜか相場感が備わっています。

 

ですから、売主の思惑で高めの価格に設定された中古の住宅は、いつまでたっても売れないということになります。

 

また、家の価値は20年でゼロになると述べましたが、近年流行りの「長期優良住宅」ならばどうでしょうか?

 

実際のところ、長期優良住宅だから、とか人気の○○ホームが建てた家だから、という理由で中古にもかかわらず家が高く売れた。

 

こんなケースはあまり聞きません。

 

ただ中古の家を買う側が、たまたま○○ホームに憧れをもっていた、、、こんな場合はあるかもしれません。

 

また、住宅メーカーによっては中古の○○ホームばかり集めたサイトを運営し、高めの価格を付けて販売しています。

 

そんな場合は、高く売れることもあるでしょうが、やっぱりそれらはレアケース。

 

中古の家も土地も相場なりの価格で売買されるのが一般的なのです。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと中古の家で失敗する可能性が減ります。

 

中古の家を見つけたら現物をチェックする必要があるのですが、その時に注意すべきは目を養っておくことです。状態の是非を判断するのは購入者、中古の家のどこに注意すべきかについては、様々な物件を見て経験を積んでおかないと判断が付きかねるものです。待っていても好条件の物件は出てこない不用品処分のバザーで購入した絵画が、実は有名な画家の若いころの作品で、何と数千倍の価値があるものだった!!こういったニュースが...

 
 

家に雨漏りがあっては安心して住むことはできません。そこで中古住宅の購入前に、雨漏りが起こらない家であることのチェックが必要となります。また購入後、中古住宅でも保証期間が定められているケースもありますから、この場合は対処を依頼しましょう。雨漏りが現在起こっていないかをチェック昔のアニメには貧乏な家庭の描写に、雨漏りのシーンがよく出てきたもの。色とりどりの鍋やバケツを家中に並べて、雨だれを受けるシーン...

 
 

中古の家が売れない原因は、価格、不動産業者、中古の家、このいずれかに問題があるからです。ですから売れない場合には、値引きや販売契約内容、家のメンテナンス、以上の3点を見直し、考えなおす必要があるのです。売れないのは、値段が見合っていないから物が売れない?まあ、こういう時代だからしょうがないよねえ。時代が悪いとぼやいてみても、時代を変える力などないわけですから、何らかの手を打たなければなりません。特...

 
 

土地と異なり、中古の家には掘り出し物がありますから、選び方は重要になります。素人目でもわかる範囲でチェックするのは当然、住宅診断というプロに中古の家を選ぶ手伝いを頼むのもよい手。上手い選び方で極上の中古の家を見つけて下さい。土地に掘り出し物は存在しませんが対象の周りにある同等の中古物件に、いくらぐらいの値段が付いており、いくらぐらいで売れているか?これが近隣事例比較法という不動産の価格の付け方で、...

 
 

中古の家の買い方といっても、何しろ初めてのことだけあって、戸惑うことも多いはず。ローンを組む前に現金を用意するなど、買い方もかなり面倒です。中古の家といっても高額な買い物、段取り良く進めたいものです。初めての家だけに、買い方を指南「この中古の家ください!」「はい、毎度♪」といった具合に日常的に買ったりすることがないのが不動産。いくら中古といえど家は高価な買い物、そこで、気になるのが家の買い方。何と...

 
 

中古の家、現地に見学に行ったところ内装が非常に汚い、こんなケース、実はチャンス。中古の家なのに、きれいすぎる家は割高というデメリットもあるのです。汚い家は手を入れれば直ります。問題は手を入れられない欠点を持っているケースです。汚い家の方が何かとよいケースもある不動産の情報誌で、「これ!!」という物件を見つけたら、現地を見学に行ったうえで購入の是非を検討するもの。間取り図や文字情報だけで、中古の家の...

 
 

中古の家の臭い、原因がはっきりしているならば元を断つ、はっきりしないなら大きな面積を占めているものを新しくする。これが大まかな対策となります。中古の家を購入したら臭いを取り除いて気持ちよく住むために、リフォームは検討すべきです。何となく臭いなら壁紙を張り替えるよその家へおじゃますると、その家独特の臭いというものを感じます。この特有の臭いは、前の日の夕飯、家族の体臭、使っている洗剤、そしてペット、、...

 
 

中古の家に欠陥が見つかったとしても、多くの場合保証期間は3カ月。これでは、あまりに短すぎます。他にも欠陥が見つかった場合の制度はありますが充分に普及してはいません。中古の家の購入を難しくしている一員なのです。中古住宅に欠陥が見つかる?シロアリや雨漏り、構造躯体の腐食、排水管の故障、、、購入した家に欠陥が見つかる。これが新築だったなら、最低でも10年間の保証が売主に法律で義務付けられています。10年...

 
 

中古の家の探し方とは?まずはどんなところを希望するか、整理するところから始まります。次に、ローンを組むならいくらまで可能か?など具体的な条件に落とし込んでいきます。様々な妥協の積み重ね、これが中古の家の探し方なのです。希望通りの中古の家に住めればいいけれどどんな家に住みたいか?予算は?立地は?間取は?そして外観は?などなど、、、これらは非常に難しい問題です。これが注文住宅ならば、それほど難しい問題...

 
 

国が長期優良住宅の普及を進める一方で、中古の家の査定についても、新しい基準を定める動きがあります。しかし、中古の家の価値については従来の基準が根強いもの。変わりゆく社会に似合った、査定の普及が待たれます。国土交通省がすすめる新しい査定基準2、30年住んだら価値がゼロになる、使い捨ての家から、リフォームをしながら長く住める家へ。そんな長期優良住宅を推奨する一方で、中古住宅の市場を活性化させる。さもな...

 
 

中古で購入した家が寒い、こんなケースなら築年数によっては建替えも検討すべき。まだ新しい中古の家ならば、断熱材の追加が考えられますが、寒い場合に手を打つべきはまず窓から。サッシを一枚追加するだけでずいぶん変わるはずです。中古住宅で予想される弱点中古の家を購入するということは、その家を手放さざるを得なくなった事情があるわけで、、、。手元にある、ちょっと面白いアンケート結果を見てみましょう。「住まいを手...

 
 

中古の家を購入する上で、心配事項はシロアリと雨漏り。もちろんチェックはするでしょうが、素人目では見落とすものです。そこでシロアリなどの住宅診断を入れる必要があるのです。中古の家に安心して住む上で必須のしくみです。心配なシロアリ、チェックする方法は?シロアリに強いとされている鉄筋コンクリートの躯体や、ベタ基礎の住宅、さらにはヒノキなど防虫効果を持った柱。「これらの工法や部材を用いていますから、シロア...

 
 

高すぎた、他に良い条件のものがあった、、、中古の家を購入した後の失敗談はよく聞きます。原因は業者に載せられあせってしまったから。以下は失敗談に付き物のよくあるセールストークについて。中古の家は大きな買い物、努めて冷静にいきましょう。なぜ失敗談となってしまうのか?衣・食・住は人が生活していく上で欠くことができない3要素、、、とはいっても緊急性が高い要素は「食」のみ。衣と住については、とりあえずのもの...

 
 

予想外のリスクが潜んでいるのが中古の家。ですから、近年では購入前にプロによる診断を入れるのが一般的になりつつあります。住宅診断でリスクを把握しあらかじめリフォームを計算に入れて住む、これは大きな安心につながるのです。。予想外の出費を抑えるために10年で新築時の半額、20年でゼロ、、、築年数に応じて、大体の値段が決まるのが中古の家。しかし、築年数以上に家が劣化しているとか、外観からはわからない欠陥が...

 
 

中古の家を選ぶときには、耐震性の高さが重要なチェックポイントとなります。それを知るには中古の家が造られた年代を知ること、構造を知ること、地盤を知ることが大切。地震大国である以上、耐震性は重要なのです。耐震性をみる3つのポイントとは中古の家を購入する場合に、重要視するポイントは何か?立地だったり価格だったり、人それぞれだとは思うのです。そして、耐震性の高さをあげる人も多いのではないでしょうか。東日本...

 
 

いまだに築年数によって値段が決まりがちなのが中古の家。しかし、築年数ですべてがわかるわけがありません。中古の家の状態を知るには、住宅診断がやはり必要。訳ありの物件をつかまされるぐらいなら、安い出費といえるのです。見た目に惑わされてはいけません中古の家で避けるべき物件の見つけ方。不動産業者と話していた時に、こっそり教えてくれたのですが、リフォーム済みの物件は信用できないとかいっていました。理由は住宅...

 
 

中古の家、外回りからチェックするポイントはずいぶんあるもの、大丈夫と見立てたら次に不動産業者などと連れだって、内部の見学。ここでもチェックすべきポイントは多数、中古の家は高い買い物、少しの不安も取り除きましょう。わかる範囲は自分でチェック中古の家が値段なりかどうか?これを見極めるのは非常に難しいこと、状態の善し悪しは経験がないと見極められないもの。そこで、近年ではプロによる住宅診断が求められている...

 
 

500万円で手に入る中古の家、これはなかなかのものばかり。しかし、上手くリフォームできればローン負担も少なく、固定資産税も安いというメリットも多いもの。500万円の中古の家でローンから解放される、これも一つの選択ではあるのです。泣きたくなるような物件のメリットとは中古の家で売りに出されている物件は、ピンからキリまでありますが、例えば500万円となると激安物件。不動産業界の慣例で家の価値がゼロとなる...

 
 

中古の家の保証期間は短すぎるとの声が常々ありました。そこで設けられたのが「既存住宅売買かし保険」、これに加入すれば最長5年間の保証が得られ、中古の家を安心して購入できるというもの。ぜひ利用すべき制度なのですが、色々問題はありまして、、、。瑕疵を隠して売ろうとする家主もいる?人間は正直なのが一番とかいいますが、中古の家の売買をおこなう時に売主が正直かどうかは非常に大きな問題です。何しろ多額のお金が動...

 
 

中古の家に保険をかける、例えば火災保険ならば新価。つまり新築で同等の家を建てる場合にかかる金額で、火災保険に加入すべきです。優先すべきは資産価値より、中古の家が失われた場合の保証と考えるべきだからです。既存住宅売買かし保険だけで安心なのか?別項でお話しした「既存住宅売買かし保険」、多少料金はかかるものの安心して中古の家を購入するには良い制度。と思っていましたら、それはそれで問題がある、そんなことを...

 
 

中古の家は安価というメリットがある一方で、様々なデメリットが潜んでます。このデメリットをあぶり出すのが住宅診断、これを受けることで中古の家に安心して住むことができるという、大きなメリットを得ることができるのです。中古車派と新車派が世の中にいるように車を購入しようとなった場合に、新車にしか目がない人と、中古車も含めて検討する人の2通りがいます。中古車派のメリットは何といっても「価格が安い」こと、同じ...

 
 

中古の家を購入するときにリスクは付き物ですが、住宅診断をおこなうことで、そのリスクはある程度回避できます。新築とは安価とはいえ中古の家は高価な買い物であることは、違いありません。リスクの回避はおこないたいものです。構造に問題を抱えているかも?中古で家を購入するリスクは、大きく分けて2つあり、中古で自動車を購入するリスクと似ています。1つ目は、家の状態がわかないという点。中古車は前のオーナーがどのよ...

 
 

中古の家の購入にも大半の人はローンを使うものですが、大切なのはローン選び。中古の家はトントン拍子に話が進むもの。充分に比較せずにローンを選ぶと、結果購入代金が割高になるというケースも多々あるのです。中古も新築も使えるローンは同じですが中古の家の売れている価格帯を平均すると、2,000万円程度、一方新築の一戸建ては4,000万円程度。価格帯は約半額とはいっても、一般的に2,000万円は大金ですから、...

 
 

中古の家と新築の家、比較するとローンの審査の厳しさが違います。ローンの場合の担保価値が中古の家の場合、どうしても低くなることが原因でそのお影で審査に通らない。こんな場合の対策は、意外と簡単だったりします。ブラックリストに載ってしまうとは?住宅ローンが借りられない、住宅だけでなく自動車のローンも、、、そんなケースが最近増えているという話を聞きました。原因は携帯電話です。個人がお金を借りる時に返済可能...

 
 

住宅ローンを組んで家を購入する際に、住宅ローン控除を受けることができますが、中古の家ももちろん対象となっています。ただし、一定の条件をクリアしなくてはなりません。中古の家のローン控除、簡単には受けることができませんからご注意を。住宅ローン控除とは何か?住宅ローン控除、住宅ローン減税、住宅借入金等特別控除、、、これら3つは同じものを指しています。住宅ローン控除とは、新築・中古にかかわらず、家を購入す...

 
 

データから見ると、中古の家の購入資金の平均は約2,000万円。新築一戸建てと比較すると、約倍の差です。しかし2,000万円といっても大きな金額、リフォーム必須の中古の家ならなおさらです。どちらが得なのか、、、一概にはいえなさそうなのです。2,000万円は平均的な金額ですが少しだけ古いのですが、国土交通省がまとめた平成25年度の住宅市場動向についてのデータが手元にあります。それによると、中古の戸建て...

 
 

地価の動向をにらみながら、中古の家の買い時を考える。これも正解とは思えるのですが、最も大切なのは出会い。希望通りの中古の家が出てきたならば、それが買い時と考えるべき。今やっているのは、投資や投機ではないのですから。現在地価が上昇中といわれますが東京オリンピックの影響とか何だとかで、不動産価格が上昇しているといった話をよく聞きます。地方都市に住んでいる者からすると、なんだか実感がわかない話です。そも...

 
 

格安の中古の家を見つけたい!誰もがそんなことを考えますが、まあ上手くはいきません。ほとんどが市場価格なり、格安の家なんてまずないものです。しかし、稀にそんな中古の物件が出てくるケースもあるのですが、、、。基本的に存在しない格安の中古の家セールスマンを伴って、中古の家を見て歩いていると「格安ですよ!」「掘り出し物ですよ!」のトークが繰り返されます。まあ、営業成績を上げなければいけないのですからしょう...

 
 

1,000万円という条件で中古の家を探していると、一軒家かマンションかという点で悩むことになります。1,000万円はやはり高い買い物ですし、中古の家を選ぶにしても様々な選択肢が出てきます。自分の優先順位に従うしかなさそうです。マンションの方が立地的に有利例えば、東京都内で1,000万円の中古の一戸建てを検索すると、何軒がヒットするか?某有名サイトを利用するなら実に40件、築年を見ていくと極端に安い...

 
 

1,500万円の中古の家は、比較的高条件のものが見つかります。しかし持家は手を入れてやらなければいけないもの。1,500万円で購入すればそれで終わりではないのです。それは、中古の家でも新築でも同じことなのですが。掘り出し物が見つかる?1,500万円1,000万円以下の中古の家となると、なかなか条件がいいものは見つからないと、別項に書きました。しかし、1,500万円では話はずいぶん変わってきます。そ...

 
 

1,000万円以下で中古の家を探すとなると築年数が経っているなど条件も悪いもの。リフォームが必要となってきます。1,000万円以下の中古の家の購入で初期投資を抑えて、好きなように手を加えていく、そんな楽しみもありそうです。リフォーム前提で1,000万円以下を狙う住もうとしている地域によってずいぶん変わるものですが、1,000万円以下の家となると、中古でもそう数はないもの。そして極端に不便、狭い、古...