欠陥住宅 メーカー

MENU

欠陥住宅を造りがち!こんなメーカーには注意が必要!!

ロープライス、斬新な間取り、これしかセールスポイントがないハウスメーカーには注意が必要、なぜなら欠陥住宅に直結しがちだからです。

 

削れないコストまで削ると欠陥住宅が出来上がります。

 

特に値段だけに捕らわれてしまうのは避けましょう。

 

ロープライスだけがウリの住宅

友人が棟梁のお嬢さんと結婚しました。

 

もちろん新居は、その棟梁が腕によりをかけて建てたのですが、友人は不満げでした。

 

吹き抜けとか今風の間取りは全部却下、坪単価も建売メーカーと比較では、どう考えても高すぎる、というのが友人の言い分です。

 

その新居をみながら、私は欠陥住宅の心配がない家とはこういうものなんだろうと、一人で納得していました。

 

斬新さや安さを売りにしている住宅は、欠陥住宅に直結するため、注意が必要だからです。

 

デフレの影響かコストカットがもてはやされています。

 

私も安いものは大好き、気が付いたら全身ユニクロでコーディネイトというのもよくあります。

 

しかしコストカットはどこかにひずみを生むもの、ファストファッションは品質やデザインにひずみが出ても笑って済ませられます。

 

しかし住宅の場合のひずみは下請け業者に寄せられ、欠陥住宅となって現れますので笑えません。

 

 

原価を割って下請けが受注することはめずらしくありません。

 

ならば職人の数を減らす、質を落とす、部材を安いものに変更する、施工の手間を端折る、こんな風にして対応します。

 

ムリな値引きを要求する施主、それを受けるハウスメーカー、それを受ける業者すべてに問題があり、欠陥住宅の原因になるのです。

 

新居に平屋を考えている皆さんの場合、注文住宅になるケースがほとんどでしょう。

 

値段だけがウリのメーカーには注意が必要です。

 

斬新さだけがウリのハウスメーカー

平屋を検討している場合は当てはまりませんが、吹き抜けやルーフバルコニーなど、今流行り間取りは注意が必要です。

 

斬新な間取りばかりを提案してくるメーカーは、欠陥住宅に結びつきやすいもの。

 

吹き抜けの間取りは壁や床が減る分、構造が弱くなる上に、暖気や湿気が上階に滞留します。

 

強度が低くなり、滞留した湿気はカビや壁紙のはがれを生み、暖気が逃げるので冬の寒さは格別です。

 

欠陥住宅とまではいかなくても後々クレームになりそう。

 

流行りの間取りは、落とし穴に注意しなくてはなりません。

 

空気の対流をうながす換気装置や寒さを防ぐ高断熱設計や床暖房で対策をしているかというと、予算の面でかなわないのです。

 

斬新な間取りばかり持ってくるメーカーは受注に気を取られてばかりいるといってもいいでしょう。

 

つまり欠陥住宅を造ってしまいがちな体質を持ったメーカー、注意を充分に払う必要があります。

 

欠陥住宅にはなりにくい構造の平屋建て

オーソドックスな家を変にケチらないで、信頼できるハウスメーカーで建てる、これが欠陥住宅を防ぐ方法。

 

オーソドックスという意味でこれ以上ない平屋は、欠陥住宅になりにくい工法です。

 

あとは信頼できるメーカーを探すだけですね。

欠陥住宅、要注意のメーカーのヒントはいたるところにあるのです

欠陥住宅を建てがちな住宅メーカーは、仕事がいい加減なところです。

 

要注意のサインは求人広告、転職サイトなどに転がっています。

 

要注意メーカーを避けて、欠陥住宅とは無縁なこだわりの平屋を建てたいです。

 

大金を払い、絡まった糸のような欠陥住宅の複雑な悩みでストレスを抱える。

 

 

こんな事態は避けたいものです。

 

自分の成績・売上ばかり頭にある担当営業

愛社精神とか終身雇用なんて過去のものになりつつありますが、それはそれで日本の美徳の一つだったと思っています。

 

「○○建設の看板をしょっているのだから、いい加減なことはできない」、愛社精神が生きていた時代ならそんなこともあったはず。

 

しかし、そんな時代は過ぎ去り、○○建設のためではなく、自分のためだけに働いている営業マンが多くなりました。

 

社員のモチベーションを上げるのにインセンティブ(特別ボーナス)ぐらいしか思いつかないのが、いけないのかもしれませんね。

 

「1軒成約ごと、担当営業ごとに100万円のインセンティブ」なんて会社ばかりです。

 

すると、とにかく成約数を上げることばかり考えてしまいますから、お客さんの要望をあまり聞かない、納期ばかり厳守する。

 

そして、アフターサービスがおろそかになる、そんな担当営業ばかりになってしまうのです。

 

そうなると、欠陥住宅が増えてしまう。

 

従業員を大切にしない会社に依頼すると欠陥住宅が建ってしまいがちですから要注意です。

 

従業員を大切にしないハウスメーカーは家造りも雑に

そんな従業員を大切にしない住宅メーカーを見分けるにはどうするか?

 

用がなければ目も留めないと思いますが、求人広告をしょっちゅう出している住宅メーカーは要注意。

 

それだけ、従業員が定着しないということは、従業員を大切にしていないということです。

 

その住宅メーカーでインセンティブを稼いだら、後は知らないとばかりに、やめてしまう人ばかり。

 

施主と長く間付き合うという気もないので、施工がいい加減でも気にならないという、営業が担当になりかねません。

 

同じように、転職サイト「転職会議」や「キャリコネ」をみると、以前働いていた人の声を知ることができます。

 

会社がどのような体質かよく理解できますね。

 

上に挙げたような会社は大抵、下請けの業者に対しても、コストと納期のことしかいってきません。

 

コストのことしか頭にないとなると、手抜きや欠陥住宅につながってしまいます。

 

下請けも赤字覚悟で仕事をうけるわけにはいかず、単価の安い職人を使う、部材を使う、欠陥住宅ができるといった悪循環ですね。

 

要注意の住宅メーカーを見抜く

家を建てた人のレビューを読んでいると、営業の印象だけで決めてしまう、そんな人があまりにも多いことに驚きます。

 

もちろん、担当営業は重要です。

 

しかし会社の実体をもっと知っておかないと、欠陥住宅をつかまされかねません。

 

パンフレットやホームページそして、営業の印象だけで住宅メーカーを選ぶのではあまりに危険です。

 

ハウスメーカー選びの際に、上記が参考になれば幸いです。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

欠陥住宅に関する記事一覧

 

雨漏りなど、はっきり分かる欠陥住宅の事例は、ある意味タチがいいといえます。見過ごされた欠陥住宅は直しようがないのでタチが悪すぎます。また、このような事例には事欠かないのが現実。欠陥住宅は実に身近な問題なのです。見過ごされ、放置される欠陥住宅リフォームを依頼された家が欠陥住宅だった。この様な話は付き合いのある工務店からよく耳にします。ひどい話ですが、ほとんどの事例は気付かれず、また何も表ざたにはなら...

 
 

欠陥住宅とメーカーに訴えるには、客観的な視線、つまり専門機関の口添えがあるとスムーズです。瑕疵担保の保証が法律で義務付けられていますので、構造や雨漏りなど主要な部分に問題を抱えた欠陥住宅は、保証の対象となっています。寒いから欠陥住宅、とは言い切れないせっかく建てた、こだわりの平屋建てだけど「欠陥住宅かもしれない」。そう思ったとしても、この判断は非常に難しいものです。「この家、何か寒いから欠陥住宅!...

 
 

保証期間中に基礎にヒビが入ってしまう、これは立派な欠陥住宅、すぐに対応が必要です。基礎はいうまでもなく住宅の土台、10年間の保証が法律で義務付けられる重要な部位。欠陥住宅となって深刻な事態を引き起こす前に、ヒビには早めの手当てが必要です。基礎に入ったヒビは深刻昔のことになりますが、私が家を建てた時に、建築業界の友人から「基礎のチェックを怠るな」とのアドバイスを受けました。引き渡し前に、とりあえず床...

 
 

いうまでもなく基礎工事は大切な工程。万が一不備があったら欠陥住宅へ一直線です。コンクリートと鉄筋だけの基礎工事の現場はちょっと退屈ですが、わかりやすい見学時のポイントを書いておきました。住宅の構造に興味を持つことは欠陥住宅の予防になります。重要部位、基礎工事の見学にいってみよう「構造耐力上主要な部分に瑕疵」かどうか。これが品確法に定められている、欠陥住宅か否か、法律で定められている保証の範囲か否か...

 
 

欠陥住宅とみなされる傾きの目安は、品確法に示されてはいますが、傾き=欠陥住宅とはなりません。認定されるのは、その原因が躯体部分にあった場合のみ。少しでも怪しいと感じたら、ハウスメーカーや第3者機関に相談しましょう。6/1000の傾きが欠陥住宅の目安ショッピングセンターの食品売り場、落とした缶ビールが一定方向にしか転がらないのは、床の傾きが原因か。ちょっと前に私が目にした光景、施工期間も短かったし、...

 
 

隣家とのトラブルの原因には様々なものがあります。その1つとして臭いがあげられますが、この場合は欠陥住宅で訴えることは難しそうです。一方、家自体の臭いが気になる場合は欠陥住宅の可能性が出てきますから、専門家に相談する必要がありますね。隣家とのトラブルの原因が臭い隣の家との隙間がほとんどない、新興住宅地の建売住宅の場合、こういうケースはよくあります。隣人は選べませんから、できるだけ価値観が似た同じよう...

 
 

欠陥住宅とエアコン、一見何の関係もなさそうですが、エアコンの取り付け時に、欠陥住宅にされる、そんなケースを耳にします。施工は信頼できる業者で、当たり前のことですが節約という言葉の元、忘れそうになりますね。エアコン本体の話ではなく、穴の話エアコンと欠陥住宅一件何の関係もなさそうです。ここで取り上げるのは、エアコン本体についてではなく、取り付け穴、室外機と本体をつなぐ穴についてです。「住居を建てるとき...

 
 

真新しい壁紙に黒い染み、その正体はたいていカビ。原因は欠陥住宅かもしれません。断熱材やサッシの施工ミス、こんなことがカビの原因になることは多いもの。仕様通りに作られず、家の性能に問題が出る。立派な欠陥住宅なのです。最近、カビをすっかり見なくなりましたがカビが発生しているを見かけるのは、衛生意識が高まった最近ではブルーチーズぐらい。15日まで放置された鏡餅ですら、真空パックが普及して以来、見かけるこ...

 
 

雨漏りが住宅に及ぼす影響は大きく、家具などにもダメージを与えます。その場合、損害賠償の請求もスムーズにいくのでしょうか。そもそも、雨漏りの原因は欠陥住宅に合ったのでしょうか。欠陥住宅とは何か?ここから考えてみましょう。雨漏りは決して楽しいものではない雨漏り、昔のアニメなどをみていると貧乏暮らしのステレオタイプな描写としてよく用いられています。天井からの雨だれを手近にある容器で受ける、そんなユーモラ...

 
 

家の不調の相談をメーカーとしていてラチが明かない。そんな場合の相談窓口として「欠陥住宅全国ネット」は有効です。その前段階の相談として「法テラス」には国がつくったという安心感があります。欠陥住宅かもしれない、そんな場合はまず相談です。借りているテナントの雨漏りなら・・私の勤務先は、築数10年の老朽化したテナントで、そのせいか色々ガタが来ています。雨の激しい日は雨漏りが、突然原因不明の漏電が、正常に動...

 
 

欠陥住宅で起こされる訴訟は年間約500件、すべての欠陥住宅が訴訟に発展するわけではないので、その数倍の件数は問題があると考えるべきですね。裁判まで起こすのは抵抗がある、そんな場合は検査会社に建築中から入ってもらうという手もあります。何を信用していいかわからなくなった「横浜のマンションが傾いたのは、くい打ちの施工不良のせい」そんなニュースが最近、世間を騒がせています。誰もが知る日本を代表する大企業が...

 
 

クロス自体の施工不良は小さなものですから見逃しがちですが、その後ろに欠陥住宅につながるような大きなミスが隠れているケースがあります。クロスに大きな変化が現れたら、欠陥住宅を疑い、施工主や検査業者を呼んで、まず相談です。もう一度、欠陥住宅の定義について私は建築業界に近い所で仕事をしているので、住宅についての相談を受ける機会があります。しばらく連絡ななかった連中からの電話はたいていそれなのですが、中に...

 
 

欠陥住宅かどうかを判断するには、検査業者などプロの目線がほしいものですが、当然検査には費用がかかってきます。裁判までもつれ込むケースをみるのは非常につらいもの。ならば、建築中から検査費用をかけるのも欠陥住宅を避ける手の1つかもしれません。信頼関係の上に住宅は建てたいもの欠陥住宅だ、いや正常な施工だと争いを続けているようなブログをみるにつけて、非常に心が重くなります。不満を一方的に書き散らす施主と、...

 
 

欠陥住宅のブログ、それを見つける側と作られてしまった側、各住宅メーカーの評判、以上3つの視点から探してみました。欠陥住宅といっても立場によって受け取り方は違うもの。これから家を建てる上で参考になるブログ(と掲示板)だと思います。欠陥住宅ブログは数多いですが「欠陥住宅 ブログ」で検索をかけると、ネット上には特定のハウスメーカーに対する恨み節の多いことに驚かされます。「○○に欠陥住宅をつかまされた一家...

 
 

欠陥住宅に苦情を言いたくなるのはよくわかりますが、本当に欠陥住宅なのか、そして苦情の窓口として正しいかはよく考えましょう。窓口でもないのに、延々と苦情を言っていても何も改善しません。住宅メーカーや、相談できる機関を選びましょう。何でもかんでも欠陥住宅ではない!!ここしばらく欠陥住宅についてばかり考えてると、何だか心がささくれ立ってきます。念願の住宅を購入したのに思い通りの家ではないから苦情をいいた...

 
 

欠陥住宅を建てるような業者とは付き合いたくないから、契約解除を!!そう思っても、できる場合とできない場合があるのです。できるのは建売が欠陥住宅で相当深刻なケースです。注文住宅の場合は契約解除はまず不可能、建築途中からチェックが必要です。契約解除に応えられる場合、ムリな場合せっかく購入した、こだわりの平屋建て、これでこの先数十年は、家の心配はしなくていいと思っていたら欠陥住宅。最悪のケースですね、そ...

 
 

長く住む住宅に、気になるところが?見つかった。欠陥住宅か否かは別として、住宅メーカーとの交渉しかありません。相手は百戦錬磨、タフな交渉になると思うので専門家を頼ることになります。お金も時間もかかります。欠陥住宅を交渉するとは大仕事なのです。交渉事の第3者の人選は慎重に引渡し前の内覧会では、あまりにもチェックすべきところが多かったこともあり、充分に見ることができませんでした。その後、引渡しとなり家具...

 
 

欠陥住宅を意図的に売りつける、建売を中心にそんなケースが増えているとの記事を目にしました。詐欺、いやそれ以上に悪質な事態は住宅検査とグルになりおこなわれています。欠陥住宅を売りつけるだけで詐欺、こんなことに引っ掛からないために防衛はしたいものです。欠陥住宅を売ること自体が詐欺住宅に関する詐欺事件ならば、少し前にリフォーム詐欺なんていうのがはやりました。500万円以下の工事をおこなう場合、建築業の認...

 
 

裁判費用は高額です。欠陥住宅の場合、何を持って欠陥とするか、住宅診断から始めなくてはいけませんから、余計に費用はかさみます。裁判費用だけでなく、もつれると1年程度は覚悟しなくてはなりません。欠陥住宅なる可能性があるなら、はじめから家など建てないのが一番ですね。直してもらったなら、それでお終いせっかくの新築、こだわりの平屋を建てたまでは良かったけれど、住んで数カ月で天井にひび割れが入りました。クレー...

 
 

新築を欠陥住宅にしたくない、当然のことですが、最も大切なのは業者の選択です。現場を見にいく、わからないことは質問する、これらはすべて欠陥住宅防止のためには重要なこと。でも最も大切なことは、へたな値引きを共用しないことだと思うのです。重要なメーカー、工務店選び新築を欠陥住宅にしないために!!いきなり意気込んでしまいましたが、どうすればいいのか、経験上いくつかポイントが浮かびますので、書いていきましょ...

 
 

震災後、倒壊した欠陥住宅の対策のために、欠陥住宅全国ネットは結成されました。以来20年、欠陥住宅の解決に、シンポジウムの開催などで取り組見続けています。欠陥住宅全国ネットの窓口は地域ごとに設けられています。阪神淡路の震災がきっかけ欠陥住宅という言葉をよく耳にするようになったのは、阪神淡路の震災からでした。倒壊した家を調査したところ、基礎部分と構造躯体をつなぐアンカーボルトの強度が弱いなど構造的に問...

 
 

クーリングオフは消費者を守るために作られた制度ですが、欠陥住宅の場合に利用できる制度ではありません。一方的に契約を解除できるのがクーリングオフですが、欠陥住宅の場合双方の合意が必要だから。住宅メーカー選定から冷静さが必要ですね。熱くなった頭を冷やす制度です勝負事なんかの場合、特にそうなのですが「熱く」なっていては絶対に勝てません。賭けごとに突っ込んだ資金を何とか取り戻そうと、熱くなってしまって借金...

 
 

不安な住宅を買ってしまったが、欠陥住宅かどうかの鑑定はどこがしてくれるのだろうか?最近は悪質な検査会社もあるといいますから要注意。公的な機関を2つ紹介しますから、欠陥住宅の鑑定ならそこを頼ってみてください。欠陥住宅は不動産鑑定士の専門外不動産鑑定士という国家資格があります。ある土地の有効な利用を判定して、適正な価格を判断する仕事をするのに必要な資格ですが、欠陥住宅とは無縁な仕事。欠陥住宅かどうかを...

 
 

メーカーや売主は、欠陥住宅に対して責任がありますが、経年劣化もあるので、その期限は限定されています。欠陥住宅の場合は発見して1年間がその期限、新築の場合は住宅の基本的な部分に関しては10年の保証がついているのです。メーカーの住宅への責任は期限がある30年ほど住んでいる住宅にガタが来はじめたから、これは欠陥住宅に違いないので、賠償を求める!!何をいってるんだか、ちょっと疑ってしまいそうな話ですが、こ...

 
 

欠陥住宅裁判の判例を見ていても、施主がむくわれているケースはほとんどありません。大変なお金と時間をかけて、よくて痛み分け、悪いと損をしてしまいます。欠陥住宅の判例から学べるのは、裁判はするべきではないということ。信頼できる住宅メーカー選びが重要なのです。裁判に勝って得られるものは?欠陥住宅について、毎年約500件が裁判で争われているといいますが、その争点は「瑕疵(かし)」についてがほとんどです。瑕...

 
 

住宅に対する関心が深い愛知では同様に、欠陥住宅にも高い関心が寄せられています。これは巨大地震が予想されていることなどと関連が深いのでしょう。愛知で欠陥住宅の相談などで活動する団体のホームページを見ていきましょう。住宅への関心が特に深い愛知県長年、巨大地震が噂されているからか、愛知県を始めとする東海地方の人々の住宅に対する関心はことさらのようです。また、一条工務店やトヨタホームなど、現在は全国に営業...

 
 

伊豆・伊東で建てられた1件の欠陥住宅について、大量の情報がアップされています。ひどいとしかいえない手口がよくわかるのですが、このような目にあわないためにできることとは何か。伊豆の欠陥住宅の件は、業者選びの難しさを実感させます。伊豆・伊東で何が起こったのか静岡県伊東市の観光協会オフィシャルサイトのトップページには「花と海といで湯のまち」伊豆・伊東とあります。城ヶ崎海岸や大室山、一碧湖などの自然、関東...