新築 平屋 税金

MENU

新築の平屋にかかる税金とは?

4月に入りますと、そろそろ税金をたくさん払わなくてはならないシ-ズンがやってきます。

 

固定資産税や車の重量税などさまざまな税金が家計を圧迫してきます。

 

新築だと優遇あり?

消費税もあがるという状況の中、多くの家庭における家計は、火のクルマなのではないでしょうか。

 

新築で平屋を建築した時にかかる税金もご多分に漏れず徴収されるのですが、新築ですと優遇措置もあるようです。

 

新築した家計の状況を考慮してのことなのかは定かではありませんが、漏れずにしっかりと優遇措置をうけるための手続きをしておきたいものです。

 

毎年訪れる税金の支払い

ちなみに新築の平屋だけではありませんが、そういった住宅にかかってくる税金を固定資産税と呼びます。

 

固定資産税は、毎年1月1日に土地や家屋などの固定資産を所有している人たちに対して、県や国ではなく市町村が課している税金のようです。

 

市町村はこういった税金でうるおっているわけですね。

 

逆に考えてみると住人がたくさんいる市町村では、たくさんの固定資産税と言う税金を徴収できますので、潤いますが人の少ない田舎の町や村は、あまり期待できないということになります。

 

時期を考えて対策を

新築で平屋を建てると、固定資産税という税金が所有者にかかるわけですが、これが1月1日時点での所有者と限定されていますので、ここらにちょっとした税金対策てきなことが発生すると予想されます。

 

また耐火建築物などは優遇措置がありますので、このあたりもちょっと考えどころではないでしょうか。

 

新築だけではなく、取り壊しのタイミングも誤ると、余分な税金が徴収されてしまう可能性もあるのでしょう。

読者から頂いた感想

税金の話は難しくて目をそらしてしまいがちですね。(30代 男性 )

 

いつまでに家を建てると優遇されるとか、設計によってかかる税金が変わってきたりとか・・・。

 

税金の話は難しくてついつい耳をふさいでしまいます。

 

とはいえ「どうせ何%程度だ」と無視はできないのが現状です。

 

いろいろなものにかかってくるので、油断していると気づかないうちにお金がなくなっていたりします。

 

新築で平家を建てるときにかかる税金も気になりますが、継続的にかかる税金から、将来的にかかるであろう税金もやはり気になります。

 

その辺りをリストアップして、”いくらぐらいを見ておけばいいか”という大体の指標があれば助かります。

 

とはいえ、消費税を筆頭に年々状況は変わっていきますので、自分でアンテナを張っておくしかないんでしょうか。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

新築の税金 関連記事

 

しばしば判断に迷ってしまうのが、二階建ての住宅にすむのか、それとも平屋にすむのかといった点ではないでしょうか。平屋建てで快適に平屋は最近、注目を浴びていてたとえば家に高齢者が住んでいる場合には、平屋建ては単純に階段がないというだけでも、非常に安心できるというメリットがあります。二階がないということは生活の基板が安定しやすくて動線も安定することから、暮しが必然的に快適になってきます。住宅として人気の...

 
 

平屋が一般的にみて税金が高くつくといえませんが、同じヘ-ベ-数で固定資産税の額を二階建て住宅と平屋を単純比較した場合、平屋の方が固定資産税が高くなる可能性は秘めています。土地も視野に入れようそれは二階建て住宅の大きなメリットと思えるポイントは、日本の狭小住宅の流れにそっているという点。狭い土地であっても二階建て三階建ての住宅を建築することによって、単純に土地の広さに対して二倍三倍の居住スペ-スを確...

 
 

固定資産税という税金の、税額を決定するための大きなポイントは、その不動産の評価額にかかってくるといわれています。さてその評価額とは、いったい何を根拠に決められているのでしょうか。基準は何?私は以前、不動産評価額を決定する段階で、トイレにウォッシュレットがついているのか、それともついていないのかでも、不動産評価額は変わってくるなんて話を耳にしたことがあります。そいった設備面も不動産評価額の一つの評価...