太陽光発電 メリット デメリット

MENU

太陽光発電のメリット・デメリット。良い面ばかり見るな!

太陽光発電は導入するタイミングかどうか?

 

今家を買う、もしくは建て替えを検討しているのならば、真剣に悩んでいる問題だと思います。

 

そこで、私が思う太陽光発電のメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

私が思う、太陽光発電のメリットVEST3

太陽光発電のメリットで調べてみると、沢山出てきますね。

 

細かいものは専門家にお任せして、ここでは私が考える太陽光発電のメリットを、その理由と併せてご紹介します。

 

売電収入が得られる
電気代が抑えられる
災害時・停電時に電気が使える

 

1.売電収入が得られる

何と言ってもこれでしょう。

 

どんなキレイ事を並べても、お金になる、という一言には人間は勝てません。

 

発電量ー自分が使った分の電気=余った電気を電力会社に売って収入を得る

 

これが一番の理由でしょう。

 

最近では、その利益をローン返済の当てにした「ゼロ円住宅」なるものまで生まれています。

 

確かに売電収入は、太陽光発電を導入する最大のメリットであることに間違い有りません。

 

がしかし、これは諸刃の剣であることも間違いないと私は考えています。

 

2.電気代が抑えられる

太陽光発電を導入すると、自分で発電できるようになりますから、光熱費はオール電化にしてしまえば、ゼロ円です。

 

夏場と冬場の電気代は、馬鹿にできません。

 

我が家では、7月、8月、9月、12月、1月、2月に3万円とか、4万円とかになりますから。

 

それが無くなると考えると、年間で約20万円ぐらいの節約になるでしょう。

 

こういったセールストークもあるようでしが、しかし、これにも落とし穴があることに気がついている人は少ないです。

 

3.災害時・停電時に電気が使える

これは有難いですね。

 

私も最近であれば、大震災の後の計画停電が大変困りました。

 

まだ暑くなる前の時期だったから良かったのですが、もしあの計画停電が夏場にやってきたら、、、考えるだけで恐ろしいです。

 

エアコンが使えず灼熱地獄と化す、採光抜群の南向きリビング。

 

それだけでなく、冷蔵庫の中のモノが全て腐ってしまいます。

 

生活そのものが成り立たなくなる可能性があります。

 

が、太陽光発電があれば、こういった万が一の際にも大活躍してくれますね。

 

私が思う、太陽光発電のデメリットVEST3

太陽光発電が売れている昨今、ネコも杓子も太陽光発電のメリットばかり取り上げています。

 

デメリットも掲載しているサイトもありますが、最終的には太陽光発電の見積りを勧めるものが多いです。

 

そういった操作された情報に踊らされず、自分の判断できるように、冷静な頭で一度考えてみてもらいと思い、私の考える太陽光発電のデメリットをご紹介します。

 

設置コストがかかる
定期的なメンテナンスが必要
屋根に負担がかかる

 

1.設置コストがかかる

一番のデメリットは、これです。

 

新築で太陽光発電を設置しようとすると、坪単価が約10万円ぐらいアップします。

 

単純計算で30坪だとすると、300万円ですね。

 

この太陽光発電の導入するための費用をペイするために、何年かかるでしょう。

 

考えてみたこと有りますか?

 

一年20万円の光熱費がゼロ円になったと考えて、15年。

 

売電収入があったとしても、固く見積もって10年は見ておく必要があるでしょう。

 

そして、だいたいのものは設計の寿命が10年です。

 

エアコンも10年以上経つと、発火の恐れがあります、とか怖いこと書かれています。

 

太陽光発電のパネルも、どうように設計の寿命が存在します。

 

どれだけ頑張っても、やはり10年ぐらいが寿命だと考えておくのが良いでしょう。

 

完全に壊れることは無いでしょうが、何かしらのメンテナンスや交換が必要になってくるはずです。

 

初期に導入したものであればあるほど、技術が成熟する前に設計されたソーラーパネルとなりますから、予想外の不具合が発生する可能性を秘めています。

 

そういった経年劣化の発想を持って導入を決断しているのなら問題ないのですが、そこまで考えて導入を決断した人は少ないでしょう。

 

売電収入が得られます。
ローンに充当できます。

 

といった謳い文句に振り回されて、夢ばかり見て導入した人が後悔している例が多いと聞きます。

 

2.定期的なメンテナンスが必要

これは何も太陽光発電に限ったことではありません。

 

エアコンでさえ、2,3年に一度はクリーニングが必要になってくるでしょう。

 

その都度、エアコンであれば1万円弱が必要となり、購入金額の30%程度がメンテナンスコストとして必要になってくるわけです。

 

メンテナンスコストについて、機会についてはだいたい相場は一緒ですから、太陽光発電に関しても、10年、20年、30年、といった節目ごとに、20から30%程度のメンテナンス費用がかかると思っておくとよいでしょう。

 

どんなメンテナンスが必要になるのかは、その場合によって変わりますから一概には言えませんが、10年後に100万円ぐらいはかかるのではないか、と心づもりをしておく必要があるでしょう。

 

太陽光発電に直接関係のあるソーラーパネル自体の故障だけでなく、次に紹介するデメリットでもある、屋根へのダメージ、が高くついてしまう可能性もあります。

 

3.屋根に負担がかかる

太陽光発電のデメリットで、最も恐ろしいものが実はこれではないかと私は考えています。

 

ソーラーパネルの重量がどれぐらいあるか、考えた事ありますか?

 

だいたい、1平方メートルあたり15kgです。

 

30坪の住宅の場合、屋根の面積は80平方メートル前後が一般的です。

 

屋根面積に対し、最大で90%程度ソーラーパネルを載せてみたと仮定すると、屋根にかかる負荷は、ソーラーパネルだけ見て約100kgです。

 

ソーラーパネルを固定するための金具などの必要設備まで考えて、約130から150kgとしておくのが妥当でしょう。

 

すると、何十年もの間、屋根に130から150kgの重量がかかり続けるわけです。

 

130kgって相当な重さですよ。

 

屋根に重さがかかるということは、そのまま家の柱であたり、基礎、建っている土地にも負荷がかかってくるわけです。

 

その負荷を分散させるために、住宅側の構造設計の技術が進んでいるのは間違いないでしょうけれど、築20年も建った家の場合は?

 

そんな重たい屋根を持つ構造なんて考えられなかった時代に建てられた家には、この重量は酷なのではないでしょうか。

 

太陽光発電のデメリットとして、ソーラーパネルの重量だけでなく、屋根に穴を開けることによる雨漏りも、増えています。

 

考えてみてください。

 

一度でも雨漏りしてしまったら、家の柱は水浸しになっている、ということですよ?

 

雨漏りして、柱が水浸しになってしまっても、住宅メーカーは家の建て替えをしてくれません。

 

雨漏り工事はしてくれるでしょうけれど、水浸しになった柱の交換はしてくれません。

 

その後、家を建て替えるまで、その柱で過ごすことになるわけです。

 

腐った時のことを考えたら・・・

 

売電収入だけが目的であるならば、辞めたほうが良い(個人的な意見です)

太陽光発電のメリットとデメリットを見てみました。

 

私の考えとしては、太陽光発電の導入の動機が売電収入を当てにしている場合、あまりにも危険すぎる行為だということ。

 

ローンに充当できるとか、副収入が得られるとか、そういった発想を持っているならば、なおさら危険です。

 

今手に入っていないものを当てにするのは、ギャンブルです。

 

その結果、後悔している人が後を絶たない現実を知っているのでしょうか。

 

エコな生活をしたい、地球に負担をかけないためにも、といった考えで太陽光発電を導入するのであれば、良いかと思います。

 

空き地の資産活用としての太陽光発電もメリットが多いと思っています。

 

しかし、住宅に導入するのは、まだ時期尚早と考えます。

 

もう少し、ソーラーパネルの軽量化や、失敗事例が増えてから導入してもいいのではないか?とタイミングを見ているのも事実です。

 

適切な判断をするためには、常に最新情報を入手するように気をつけること、あとは複数の会社で見積を定期的に取って、価格の変化、機能の変化を見定めるのも必要だと考えています。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

太陽光発電に関する記事一覧

 

太陽光発電を導入するなら、蓄電池の購入も検討しましょう!【ダブル発電】という落とし穴に嵌らないように注意して、蓄電池を選ぶことが大切です。太陽光発電の導入と共に蓄電池を購入する人が増えています。太陽光発電の普及とともに、蓄電池の人気も上昇してきています。蓄電池とは、読んで字の如く、電気を貯めておける電池のことです。小型、中型、大型と3種類あって、太陽光発電と相性が良いのは大型タイプの蓄電池となりま...

 
 

太陽光発電のためにソーラーパネルを取り付けたことが原因で、雨漏りトラブルが多発しています。あなたの家は大丈夫ですか?これから契約、工事をする場合に注意したい点について紹介します。太陽光発電の取り付けが原因で雨漏りが多発急増中!この事実、知ってますか?売電収入を目的に太陽光発電のソーラーパネルを屋根に取り付ける、その結果として雨漏りという悲惨な事態を招いた人が多発しているのです。信じられません。たか...

 
 

太陽光発電の売電収入を当てにして、20年の住宅ローンを0円にしてしまおうという夢の様な「0円住宅」。本当に0円になるのか?どういった仕組みで0円住宅を成り立たせようとしているのか、調べてみました。太陽光発電の売電収入で当初20年間のローンが実質0円になるって本当?このまえCMで見ました。驚愕の「0円住宅」というコンセプトです。太陽光発電による売電収入をローンに充当することで、20年間の住宅ローンを...

 
 

「勢いに押されて契約したけど、やっぱり高額だから不安だ、解約できないかな・・・」と思うことがあると思います。大丈夫です!太陽光発電の契約は、クーリングオフができます!無理やり契約にもっていく太陽光発電の営業マンに注意!太陽光発電の導入する場合、一番注意しなければいけないこと、それが押し売り型の営業マンです。私自身も営業経験があるので分かるのですが、お客様のことを考えて販売してくれる営業マンは、ほと...

 
 

太陽光発電が普及するに連れて急増しているクレーム。どんな問題が発生しているのか、またその対策法について紹介します。太陽光発電が普及するにつれてクレームが急増していますテレビCMでも大々的に広告されるようになってきたお陰なのか、太陽光発電が物凄く普及しています。太陽光発電で光熱費や住宅ローンまでも充当してしまおうというゼロ円住宅なる夢の様な企画までありますから、その魅力と言ったら大変な価値があると私...

 
 

太陽光発電システムはメンテナンスが必須です!この事実は、あまり知られていないようで、メンテナンスフリーだと思っている人もいるようです。メンテナンスの際に注意したいポイントについて、まとめておきましたので熟読して必ず定期的なメンテナンスをするようにして下さい。太陽光発電システムはメンテナンスフリーではない!意外と知らない人が多いのですが、太陽光発電ってメンテナンスが必須なんですよ。営業マンや企業の宣...

 
 

太陽光発電の維持費は、決してパワコンの電力だけではありません!メンテナンスルフリーとして販売されていた太陽光発電の装置は、実はメンテナンスが必須だったのですから、その点検費用、修理費用なども維持費として考えてく必要があるでしょう。その点について、詳しくまとめてみました。太陽光発電はメンテナンスが必要なシステムです太陽光発電はメンテナンス(←リンク)が必要ない、いわゆるメンテナンスフリーと言われてい...

 
 

住宅がメーカー大手の一条工務店。その太陽光発電は、実は凄い信頼性が高い!初期費用についても、独自の手法をとっていて、安心して契約できると思います。一条工務店なら太陽光発電の初期費用が0円!一条工務店の太陽光発電を語る上で、私が最も理にかなっているなーと思ったのは、初期費用を一条工務店が負担してくれるという点です。そのため、太陽光発電を取り付ける施主(私達お客様)自身が初期費用を支払う必要がないとい...

 
 

太陽光発電は故障しないんじゃないのか!いえいえ、メンテナンスフリーでもありませんし、数年で故障するものみたいですよ?太陽光発電の設備は故障するものと考えておきましょう!太陽光発電が流行りだした時期に購入した方の中には、「メンテナンスフリー」の謳い文句そのままに、数年間メンテナンスも点検もしないで放置状態の方が多く、故障の原因っています。これは、販売側の責任問題として、しっかりと対応をしてもらいたい...

 
 

太陽光発電の会社を比較する上で、非常に便利なのが見積もりサイトです。ただ、便利な裏にはやはり落とし穴というか、ちゃんと注意点が潜んでいると思います。見積もりサイトを紹介しているサイトが怪しい太陽光発電の見積もりサイトをどこを利用しようかと考えて、色々と検索してみたのですが、見積もりサイトを紹介しているサイトがなんか怪しいですね。同じサイトを褒めています。でも、そのサイトを見てみても、それほど良いな...

 
 

太陽光発電を買って後悔した人、買わなくて後悔した人の話をご紹介します。また、今、太陽光発電は買いどきなのかどうかという点についても、お話します。太陽光発電を買って後悔した話太陽光発電を買って後悔した人は、今や後を絶たないくらい増えています。一番多い後悔の理由は、太陽光発電システムの故障ですね。以前は太陽光発電はメンテナンスフリーで販売されていたこともあって、その頃に購入した人が10年ぐらい経過して...

 
 

太陽光発電の工事費は、どれぐらいかかるのでしょうか?工事費の目安と契約する際の注意点について紹介します。太陽光発電は、完全オーダーメイドだから他人との比較が難しい太陽光発電を取り付けるとなると、大体の方が既に建っている家に取り付けることが多いと思います。その場合、屋根に応じた完全オーダーメイドになるわけですよね。家の方角も屋根も全く同じ家はありませんから、その屋根と方角、日照時間に応じたシステムを...

 
 

太陽光発電を設置すると得られるようになる売電収入。この収入は青色申告できるのでしょうか?太陽光発電は青色申告できるのか一般家庭の太陽光発電からの売電収入は、月に1万円以上あって年間で10万以上になると思うと、青色申告にして少しでも節税できないかと考えるものです。青色申告ができれば、青色申告特別控除というものがあり、最大で年間65万円分の所得控除が得られますから、支払った税金が返ってくる可能性があり...

 
 

太陽光発電を考える際に、大手住宅メーカーを選ぶという選択は非常に理にかなっていると思います。信頼性や安心感が断然違いますからね。今回は、積水ハウスの太陽光発電事情について見てみましょう!積水ハウスなら太陽光発電だけでなく蓄電池も!まず、積水ハウスの太陽光発電システムの特徴としては、蓄電池の導入もできるという点です。「太陽光パワコン一体型蓄電システム」として、2015,5,7に新商品の発表がされまし...

 
 

「え!?」気がついたら、赤字に。。。シュミレーションでは間違いなく黒字なのに、実際に太陽光発電をしてみたけっか、赤字になってしまう人が増えているようです。太陽光発電は本当に儲かるのか?太陽光発電を利用することで、今まで自分が使っていた電力を自家発電で賄うことができ、更に余った分の電気を電力会社に売ることによって売電収入を得ることができます。売電収入ー自分が使った電力=太陽光発電の利益となります。一...

 
 

大和ハウスの太陽光発電ってどうなんでしょうか?ひとまずはホームページを拝見し、私が受けた印象をまとめてみました。大和ハウスは太陽割というサービスで最大60%OFF?太陽光発電を検討していて、大和ハウスほホームページを見てみたのですが、なにやら『太陽割』なるサービスをされているようですね。戸建てを建てる際に、条件を満たすことによって太陽光発電システムが最大で60%(東北三県以外は最大40%)もの割引...

 
 

太陽光発電がやたらと欲しい今日このごろ。でも、私には土地も家もお金もありません。資産と呼べるものが無い私にも、いつかは機会が巡ってくると信じて太陽光発電と坪単価の情報をまとめてみます。太陽光発電の坪単価は15万円をベースに考える太陽光発電を導入する際に気になるのが坪単価です。坪単価は新築一戸建てを建てる際にも、重要な指針になりますよね。同様に太陽光発電を比較検討する際にも、坪単価は重要な数値になり...

 
 

家を建てるなら太陽光発電!と言われるほど、かなりの普及率を誇る太陽光発電ですが、いざという時のこと、ちゃんと考えてますか?太陽光発電の撤去費用については、現時点で未知数!?太陽光発電を取り付けて30年が経ったと仮定して、撤去のことを考えた場合の費用を知っていますか?実は、この太陽光発電を撤去するための費用については、今のところいくらかかるのか、具体的な数値が公表されているところを見つけることは出来...

 
 

マンション住まいから卒業して、新築一戸建てを購入するか、実家を建て直すか、色々と検討しています。もちろん、太陽光発電システムについても、蓄電池とのセットになったシステムが出始めたので買いどきではないかと思い検討をしています。太陽光発電を検討していくなかで気になりはじめたのが、曇りの日でも発電はされるのか、ということですね。よく、日焼け止めクリームの宣伝で「曇りの日でも紫外線はあります」というのを聞...

 
 

ジメジメした梅雨。ずっと雨降ってますよね。太陽光発電で曇りの日の次に気になったのが梅雨時期の発電量はどうなるのか、という点です。私は太陽光発電については素人ですから、ネット上の情報を上手く収集していく、もしくは太陽光発電アドバイザー等の専門家に問い合わせを入れる、などの間接的な方法で情報を集めています。ネット上には、太陽光発電についての情報がかなり多く、口コミや実際の発電量を公表している方もいらっ...