近居

MENU

近居ってなに?最近よく聞く近居について

近居、最近テレビのCMでも流れています。

 

近居割とかどうこう言っているあれって、実際はどれくらいの距離を指すもので、何で広告されだしたのでしょう。

 

近居の基本のところを、以下で解説していきます。

 

近居の定義

近居と一般に言われる距離は、目安は車で5分以内つまり三キロ程度だそうです。

 

または半径2キロ以内歩いて30分車で10分が目安とも言われます。

 

スープの冷めない距離ともありました。

 

参考に、福井県が定める近居支援の距離及び対象は「直系親族の世帯が同一小学校校区内または概ね車で5分の圏内に別に居住する」とあります。

 

車で五分、なるほど時速40キロ計算で約三キロです。

 

体感的に近くにいるなと考える距離は人それぞれですから、上記のような表現のばらつきがあるのでしょう。

 

近居が注目されだした背景

記憶に新しい震災がきっかけだったようです。

 

自治体、見守り、高齢者情報の共有が活発だった地域の方の尽力で多くの命が救われたとの報道も目にしました。

 

地域の目は、あれば本当にありがたいですが構成する人の善意や人となりに左右されます。

 

そんな、地域の住環境、見守る目をより安心安全安定的なものにしようと言うのが近居の考えです。

 

親や子の暮らし向きは自然と気になるものですから。

 

近居についての意見は様々

近居は、私が住まう地方都市には割と普通に続けられている形式で、良く聞くので馴染み深いです。

 

息子夫婦が家を探す際に、良ければ敷地内に別棟を建てないかと親世帯が提案するとか。

 

祖父母が住んでいた近くの家をリフォームして娘夫婦が暮らすことになったとか。

 

義理実家の隣の町に住んでいます、車で十分あれば行ける距離ですとか。

 

親戚の叔父伯母が近所で生活しているとか、良くあります。

 

近居に馴染みのない方には、

  • スーパーに行けば義父母に会う、
  • 図書館に行けば従妹に会う、

そんな生活になるかもと言うのは想像できないのでは。

 

生活圏が被ることは、大いにあり得ます。

 

その感覚に不慣れな方は、近居はお手軽に踏み切らない方が良いかも知れません。

 

近居先候補地は、馴染みの土地。でも・・・?

近居についてとは少し違いますが、同居の自分の体験を引き合いに出します。

 

主人の親の家、義実家で暮らしています。

 

自分以外はみんなホームです、とっても寛いだ雰囲気に囲まれての新生活始まり。

 

一人だけ、言葉も分からないわ土地勘もないわ地名分からないわで終始心細く疎外感は並外れていました。

 

近居は、どちらかの世帯のそばにどちらかが越してくるものでもあります。

 

影で苦しい思いをする人が出る可能性があります、しっかりとそのフォローもしてあげてくださいね。

近居暮らしのメリットあれこれ

近居はしている方が多いですね。

 

こちらは地方都市なので、電車バスはあまり便利ではありません。

 

電車は基本、一時間に1本で通勤帰宅の時刻には五本位に増えます。

 

なので、自家用車必須の生活です。

 

高齢親を、無理ない範囲でちょっとしたショッピングモールに週末ご案内、孫も連れてワイワイ楽しく。

 

そんな光景を良く見かける、平和でのどかな土地柄です。

 

近居の見聞、地方の場合

書き出しのように、私の住まいは地方都市です。

 

高齢化率がとっても高いです。

 

でも、元気なお年寄りが多くて学校行事は三世代が交流しています。

 

運動会で父母と祖父母と孫たちが弁当を囲む、そんな光景が日常です。

 

少人数で食卓を囲むのではない、賑やかさを手軽に得られます。

 

かといって、皆さん同居されているでなく、良く聞くのはちょっと離れて暮らしているというもの。

 

行事の時には落ち合う、そんなつかず離れずの関係がお互い良いようです。

 

こどもの帰る先はおばあちゃんの家

 

保育園は遅くまで預かってくれます。

 

ですが小学校は帰りが早い。

 

親は共働きなら、子供が3時に家に帰ってきても迎えてやれないこともしばしば。

 

そんな時に、同じ校区内なら祖父母の家を帰宅先とすることができます。

 

仕事が終わったら、祖父母に連絡して、入用なものがあれば序に買い物も済ませて子供を迎えに行く。

 

お互いにメリットがあり、有り難いです。

 

子供も一人で家でだらーっとするわけにもいかず、勉強していたりしますし、祖父母も夕方の数時間だけの拘束です。

 

頻繁にするのは嫌がられますが、急な予定変更もお願いできますし。

 

近居のメリット

もし、旅行に行くとなった場合でも犬の散歩をその間だけ頼むこともできますし、庭の水やりも頼めます。

 

一緒に過ごしたい時には連絡をして、落ち合うことも簡単です。

 

生活圏も近いですし、情報の共有も早いです。

 

台風の時期には、こんな話もあります。

 

停電してしまったが、車で10分ほどの実家はすぐに復旧したのでそちらに急遽泊まったとか。

 

その停電、一部地域では丸一日続きましたので便利でいいなと思いました。

 

有事の際には本当に便利ですね。

 

近居は楽しいうちに

義理父母と暮らして今年で五年になります。

 

最初は育ち盛りのやんちゃ孫と遊んでくれていましたが、孫の方が照れくさくなったのかあまりじゃれたりしなくなりました。

 

子供が子供らしいのってあっという間に過ぎてしまいます。

 

父親の親はこんな人たちだ、と子供が体感できる期間を作ってあげるのも、お金で買えないいいものですよ。

 

迷っているなら、ちょっとメリットを数えてみて踏み込んでみませんか。

近居のデメリットも考慮して検討しましょう

近居はプライバシーが守られる、近居は程よい距離感で利点も多い。

 

困ったら助け合える、同居で拗れた関係が修復された。

 

そんなメリットを目にしますが、さて、デメリットももちろんありますのでそちらも注目してみましょう。

 

近居のデメリット

距離感が保たれるかどうか、これって、個人的な価値観に左右されます。

 

良く歩く義父母ならば、「散歩のついでに通りかかって」と突然の訪問もあります。

 

車社会で、義理母世帯と同じショッピングモールでばったり会う。

 

義理母はバスで来ていて、荷物が多くて大変そう。

 

次はお連れしますよ、と声を掛けたら以降ずっと足になってしまったとか。

 

甘えがちな世帯が傍にいると、距離は関係なくなることも、あり得る訳です。

 

プライバシーは保たれているか

近居は便利な面もたくさんありますが、一旦人間関係がこじれてしまうと同居ほどではないにせよ気疲れします。

 

どちらかが、その土地に昔から住んでいて一方が新入居なら最初が肝心。

 

困った事があれば教えるからね、で双方納得し合えるならば、以降の線引きも安心です。

 

ですが、分からないだろうから教えてあげる、手伝ってあげる、とぐいぐい来られると要注意です。

 

どうしても、不慣れな局面で慣れた人と一緒にいるのは気づまりなものです。

 

そこを汲んでもらえないことはしんどいです。

 

離れて見守る、そんな気持ちを同じ位持ち合われていなければ大変なことになります。

 

近居は注目されているけれども

お互いがお互いの便利な点にだけ目を向けて、近居開始ではいざ面倒が起こった際にむしろその近さがストレスとなります。

 

近居同居の統計について、近居の満足度は高いと良く目にしますが、この反対の数値を紹介して締めくくります。

 

今年、厚生労働省が10月に発表した若者の意識調査では、親世帯と同居・近居の意思ないとの回答が29%でした。

 

三割が近居同居に消極的とのこの結果を踏まえて、若年層の考える生活の充実と、親世帯の価値観の違いを良く煮詰めて近居は検討すべきでしょうね。

 

結局、老親を介護させたいだけでしょ、近居なんて。

 

子の手間がかかるのはほんの十年足らずで、介護は下手したらその何倍も期間があるものね。

 

そんな辛辣なご意見もありますから、メリットだけでなく、デメリットもあることを考慮して最終決断をする必要がありますね。

 

こうして近居のメリット・デメリットを見てみると、自分たち家族だけで済む新築一戸建てを買うというのも、良いなと改めて思いました。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

近居に関する記事一覧

 

近居住まいをすることで、親世帯、子世帯ともにメリット沢山、安心安全な暮らしができます。想定されているモデルケースは、高齢の親世帯に、育ち盛りの孫を抱える子世帯の近居に的を絞っているようです。逆に言えば、このモデルケースに該当する世帯は最大限に恩恵を受けられます。近居に挑戦するチャンスです。近居促進制度は各地方で内容が違います近居の支援として、一例ですが広島市の場合は小学生以下の子供(出産予定含む)...

 
 

近居の暮らし方として、実家の傍にアパートを借りる。息子夫婦の世帯の傍に、親夫婦が越してくる。そんな形がありますが、「子世帯の新居検討の際に見たマンションが気にいり、同じマンションを買いました」という事例もあります。近居先は同じマンションあるご夫婦と、その親御さんの体験によりますと。子世帯がマンションを探している際に、親世帯も一緒に検討内覧に回って同じ物件が気に入った。親世帯は小さめの間取りのマンシ...

 
 

近居の理想的な距離、それは立地と家族構成と各々の考えによります。何かあれば、駆けつけることができる距離、スープの冷めない距離と言われます。無理なく交流できて、お互いのプライバシーも尊重できる、そんな距離が保てれば理想ですね。近居の理想的な距離とは?これは暮らしてみないと見えてこないけれども、いざ生活を始めると変更は面倒、そんなテーマなので慎重に協議を重ねる事が大切です。はっきりと言えば、少し離れて...

 
 

近居割、簡単に言うと直系家族つまり祖父母世帯、親世帯、本人、子世帯、孫世帯が一つのUR住宅か近郊のUR物件に暮らす場合は家賃の優遇が受けられるというものです。とはいえ、要件もありますのでここに着目して検討してみました。近居割を考える近居割を最大限受けられるのは、同日UR賃貸物件を契約した場合です。最初に住まっていた世帯の家賃でなく、追って新しく越してきた世帯に家賃の優遇が受けられるようになります。...

 
 

近居を始める時に、まずはいきなり、家を建てると後に何かあった場合に取り返しがつきません。家はいったん建ててしまうと、何かと変更のきかないものです。なら、賃貸はどうでしょうか。UR物件なら、全国に沢山ありますし、先着順で空き部屋があれば入居できます。URが優れている点近居割ワイドという制度があり、家族構成に要件はそれぞれありますが優待制度があります。高齢世帯の近く、該当区域のUR住宅に子育て世帯が転...

 
 

夫の両親と近居する、このパターンの色々なご意見をまとめてみました。相談掲示板などを見れば、何かしら思うところのある方が集まっておられるので、否定的なご意見もあり。ハウスメーカーは新しく重要を作りたいので肯定的な意見を紹介されていますね。どちらの視点からも、見ていきましょう。近居を義父母から打診された!どう返事しよう相談者は結婚2年目で子供なしの三十台の主婦の方でした。夫の実家近くに住むなら、通勤時...

 
 

近居は、両親が高齢になって、手が必要になってから始めればいいんじゃないの。そんなご意見も多く見られますが、それは果たして一番良い選択なのでしょうか。曖昧な感情論より、実情も踏まえた事例、データを見て介護の現状を見てみましょう。近居介護の実態を見て介護が必要になってから、近居を開始する。必要な時は急にやってきます。若くして痴呆が始まる方もおられますし、思わぬ事故でケガをして、それが切っ掛けで寝たきり...

 
 

近居の満足度は統計的には高いとあります。ですが、生活相談版には近居を解消した方の体験談が見られます。内容はやはり、過ぎた干渉による破綻が多く目につきます。近所に住んでみないと見えてこない面だったりするので、これは事前の調査にも限界がありそう。実際に起きた、近居解消に至る悲劇を考えてみましょう。距離の近すぎる義理父母悪気の無い行動が一番厄介なので、この距離感はすべての問題の根っこにあると言えます。子...

 
 

日本は、戦前から都市に仕事が集中していたために、地方から出てきた人が作った核家族が多数ありました。つまり核家族が日本の中で主流だった期間が長い。近居に不慣れな世帯の方が一般的なこの現状で、急に良いとこばかりを求めて寄り集まって暮らすのは危険です。土地柄、考え方、暮らし方、価値観の積み重ねはそれぞれ違う私の母方の祖母も樺太に住んでいたけれども、大阪まで移り住んできたと話して聞かされた記憶があります。...

 
 

近居を始めた場合、まったく同世帯とも未知の土地で生活を始めるというのはレアケースです。大体は、どちらかの生活拠点に合わせて転入してくるもの。となれば、居住地に詳しい側はなにかとお世話をしてあげたくなりますね。ですが、それも干渉と受け取られて、結果関係が悪化してしまう。そんなことにならない為には、どうしたらいいんでしょうか。いい大人なんだから基本は家族単位を尊重近居を選んだ時点で、プライベートは確保...

 
 

近居をするという事は、何かメリットを見越してが殆どです。お互いに程よいメリットがあるなら良いのですが、一方だけが快適、片方が我慢の連続ではいずれ破たんします。後悔しない近居生活の為に、どんなことを気を付けていけばいいのでしょうか。近居したい理由は、突き詰めてから動く近居の失敗談として興味深いものがありました。孫目当てで、きっと義父母は日常に張り合いがなくて退屈しているだけなのでは。そう考えて、その...

 
 

近居が少子高齢化の有効な対策として、今注目されています。日本の昔の暮らし方では当たり前だった、祖父母と父母、そして孫といった多世帯が共に暮らすかたち。現代では馴染みの薄いスタイルですが、三世代で暮らすことは利点が多くあります。三世代の生活私は同居生活中の本家長男の嫁です。結婚前は遠距離だったので、価値観も違うし土地勘のない場所での暮らしは不安でした。ですが、暮らしてみれば案外どうにかそれなりにやっ...

 
 

高齢者世帯で、一方が認知症を発症してしまうととても年配の妻または夫一人で抱え切れる状態ではなくなります。また、いざ必要になったからと言ってすぐに近居を始められはしません。近居は元からされていた方が、早期発見につながったりと介護の面では利点が多くあります。近居をしておけば、些細な違いに気が付く日常の物忘れの内容が変わってくると、それは認知症の初期症状かも知れません。物忘れは、ヒントが得られれば思い出...

 
 

大和ハウスは広告も良く目にする大手ハウスメーカーさんですね。ホームページでは、住宅展示場は全国200カ所以上あり、関西には暮らしの体験施設もあります。中部地方では工場見学も日にちは限定されますが、設定されています。大和ハウスは近居を見据えて商品に工夫を凝らしています大和ハウスの近居は、お互いの生活を尊重し、バランス良く支え合う自立型の近居と、将来的な住みつぎを視野に入れた近居スタイルを提案していま...

 
 

二世帯住宅と近居世帯との組み合わせの生活形態。それを考えると、自分の小さかった頃を思い出します。祖父母の家の二階には、叔父夫婦(祖父母から見て長男はうちの父)が住んでいて歩いて一分の距離に長男世帯が住んでいる。おばさんは歩きで40分ほどの距離に住んでいて、もう一方は隣県、電車で1時間くらいの距離。結構固まって暮らしていたなあ、と思い出されますが、でも普段の交流なんて全然ありませんでしたよ。近居は心...

 
 

近居を促進する理由として、子育てのサポート、親世代の介護を見込んでいる側面があります。ですが、親世帯には親世帯の事情があるものです。子守は任せて、と言われて夫婦共働きに戻ったが、やはり子守は出来なかったと戻されてしまって、お互いに気まずくなってしまう。そんなトラブルも起きる可能性は、あります。近居は孫の為だけなの?近居で、祖父母が孫の面倒をみる予定であっても予想以上に子育てサポートは疲れるものです...

 
 

近居と一口に言っても、元気な世帯が二つ寄り添って暮らしていれば会う機会はレジャー、食事会といったものになります。食事を共にするのは良い事です、お互いの食の好みが一目で理解できますから。さて、そんな華やかな食事会も、何十年後かには食事介護に様変わりかも?近居と言っても距離は様々有事の時には駆けつけるけど、基本はお互いの生活を尊重したい。そんな考えで、電車で三十分くらいの距離にお住まいの世帯もあるでし...

 
 

妻の両親と近居するのが一番気楽、と書かれたコラムがありました。主人が仕事に打ち込んで、家庭をあまり手伝うことが出来ずとも、嫁の両親がケアしてくれるからと紹介されています。また一方では、妻が殆どを実家で過ごして、新居には夜位しかいない。そんなご主人のお悩みもあったり。結局、暮らしやすいのかそうでないのか、気になる内情を見てみましょう。家族関係は変化するものです結婚し子供を育て、子育ては祖父母も交えて...