富士住建 坪単価

MENU

富士住建の坪単価にビックリ!なぜこんなに安くできるの?

ローコスト住宅の代表的なメーカーといえば、関東エリアでは埼玉県に本社を構える富士住建があるワン。

 

他社ではあり得ないあれやこれやがぜ~んぶついて驚きの坪単価!

 

ということで話題のメーカーですが、富士住建の坪単価は具体的にどのくらいなのかワン?

 

一般的には坪単価が50万円を下回ると「安い!」と評価されるようですが、富士住建さんはどうなんでしょうか。

 

普通に考えればオプション扱いになるような設備がまるごとついてくるということですから、坪単価も高くなりそうなものですが・・・?

 

徹底してる!「適正価格の家づくり」が強み

正直なところ、家造りについて調べ始めるまでは「ローコスト住宅」という言葉にあまり良い印象を持っていませんでした。

 

「どうせ安っぽいんでしょ?色々とグレード下げてるからローコストなんでしょ?せっかくマイホームを建てるなら、卑屈にはなりたくないからローコストメーカーは避けたい。」

 

なんて失礼な印象を持っていたんですよね。

 

ですから、富士住建さんの存在を知った時は衝撃でした!

 

2階建て37.7万円/坪の坪単価で、他のメーカーではオプションになるようなものがぜ~んぶついてくるってスゴくないですか!?

 

しかも、住宅性能評価では8項目で最高等級を獲得しているんです。

 

坪単価40万円未満で長期優良住宅標準対応とか・・・正直、「あり得ないでしょ!?」って最初は信じられませんでした。

 

そうなると、富士住建はナゼそこまで安くできるのかが気になるわけですが、例えば無駄に豪華なカタログを作らないとか、モデルハウスや展示場を作らないとか・・・。

 

無駄な費用を徹底的にカットすることで、適正価格の家づくりをしてお客様に還元しよう!というポリシーがあるのだそうです。

 

標準装備でどこまでつくの?

富士住建といえば、あれもこれもついて坪単価が40万円未満!という「完全フル装備の家」が有名です。

 

あれもこれも・・・ってどこまでつくのか?というと、例えばメーカー最上級クラスの水回り設備。

 

照明、エアコン、カーテン、洗面台2か所、超節水トイレ。

 

太陽光発電や食洗器、浄水器、IH、浴室TV、防犯設備、その他エコ設備までついてくる・・・ってどんだけ太っ腹なんですか!?

 

設備も「価格のわりにはグレードの高いものが使われている」と好評ですよ。

 

しかも、富士住建さんは価格表示が非常にわかりやすいのが良心的です。

 

他社、特に高いメーカーほどハッキリと金額を表示しない傾向がありますよね。

 

HPを見ても、「で、いくらなんだ!?」と突っ込みたくなります。

 

ちなみに、同じ富士住建の家でも工法によって坪単価には多少の幅があるようです。

 

在来軸組工法で良質な紀州檜を使った家だと坪単価が60万円台になるケースもありますのでご注意ください。

 

平屋バージョンもある!完全フル装備の家

このサイトをご覧になっているということは平屋を希望されている方も多いかと思います。

 

富士住建の「完全フル装備の家」は平屋バージョンも用意されているんですよ。

 

時代のニーズをしっかり掴んでいるという点も、「ローコストメーカーだから」と侮れないポイントです。

 

その名も「HIRARI ひらり」という商品で、坪単価は52.4万円~。

 

一般的に平屋は基礎や屋根の工事面積が広くなる分だけ2階建てよりも坪単価が高くなりますが、それでも50万円台前半というのは素晴らしいですね。

 

平屋だと坪単価80万円超えとかフツーにありますからね・・・。

 

富士住建の公式サイトでは、25.75坪から34.5坪まで5つのモデルプランが紹介されていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

いずれも3.LDKの間取りが基本で、やはりハイグレードな設備や仕様にこだわっています!

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと、富士住建について更に詳しくなれます。

 

家を建てる際には頭金として現金を用意しておく必要があると言われていますが、具体的には総額の何割くらいあれば良いのか。また、頭金なしで家を建てることは可能なの?今回は富士住建で家を建てた方の声を参考に、その相場金額をチェック!ローコスト住宅の富士住建でマイホームを建てるなら、事前にどのくらい貯金しておくのが理想的なのかワン。いうまでもなく、ローンは借金です。その金額が大きくなればなるほど利息も増えて...

 
 

あれもこれもついてくる「完全フル装備の家」が代名詞の富士住建。もちろん内装も充実しています。しかも、標準仕様だからバリエーションが少ないというわけではなく、「どれにしようか」「どんな内装にしようか」と選べる楽しみ&ワクワク感を味わえるのも人気の秘密だワン。家は、“箱”が完成しておしまい!ではありません。内装や外装を含めての完成品ですから、そこをどこまでサポートしてくれるかもメーカー選びのポイントに...

 
 

下手すりゃ普通のマイホームの2倍以上の金額にもなりかねない二世帯住宅。両世帯の関係性をうまく保つためにも妥協は禁物ですが、費用面のハードルを超えることができず妥協を重ねて建ててしまったという後悔の声も多数。その点、富士住建なら二世帯住宅こそおトクだと思うワン!実際の施工事例を元に、富士住建で建てるメリットについて考えてみるワン。親世帯と子世帯が、つかず離れずの距離でそこそこ混じり合いながら暮らすの...

 
 

「コストパフォーマンスが高い!」と評判の富士住建の家の費用が気になるワン。できるだけ建築費用を抑えて家を建てられればそれに越したことはありませんが、だからといって住宅や設備のグレードを下げるのは嫌ですよね。また、家を建てる費用そのものにわかりにくさを感じている方も多いと思うワン。それなら、富士住建の公式サイトをチェック!なにより「わかりやすさ」を大切にしていて、受け入れやすい適正価格で適正な家を建...

 
 

富士住建の家は必要以上に標準仕様が充実していると評判。実際、富士住建の公式HPで公表されている内容を見るだけでも「オプションでもないのにこんなに豪華なの!?」と驚かされるレベル。それで価格も安いとなれば、話題になるのも納得。ただ、標準仕様が豪華過ぎるのも考え物、という意見もあるようだワン?なるべくオプションをつけず、できれば標準仕様の範囲内でコストを抑えて家を建てたい。そんな庶民のみなさんのニーズ...

 
 

富士住建はよく分譲住宅にも例えられますが、それは一体ナゼなのか。一般的には「注文住宅を安く建てられるメーカー」として知られていますが、その特徴は実は建売住宅にも重なるところがあるよう。今回は長所にもなり短所にもなり得る富士住建の家の特徴について分譲住宅との比較を交えながら考えてみたワン。注文住宅、建売、分譲・・・「家」の販売方法にはいくつかの形式があります。それぞれ売り方も価格相場も異なりますので...

 
 

家族構成の変化に伴い、世間では平屋建てに人気が集まっているワン。富士住建でもリーズナブルな商品がラインナップに加えられていますが、他社のプランに比べてどんな点が優れているのか。また、気になる具体的な価格は?今回は富士住建の平屋建ての特徴と価格情報について見ていくワン!富士住建といえば、「完全フル装備の家」が有名!その平屋バージョン「HARARI ひらり」に注目してみましょう。さすが富士住建!時代の...

 
 

家を建てる上で気になるのは、「万が一、何かあった時」のこと。その家の耐久性はもちろんですが、保証内容もチェックしておくべきだワン。ローコストでおなじみの富士住建では、保証はどうなっているのか。坪単価が高い高級住宅メーカーと比べた場合、どんな違いがあるのか。そこにも、富士住建ならではのこだわりがあるのかワン?家電や家具にも保証がついているのは当たり前。それが○千万円の住宅となれば、なおさらです。住宅...

 
 

富士住建は標準装備で無垢材を使っているというウワサが気になる。。普通はオプションになりそうなものを全て標準装備していて、しかもローコスト!というのが富士住建の最大の強み。その中には、なんと無垢材仕様の建具や家具も含まれているのだとか。具合的にはどんなところに、どんな樹種の無垢材が使われているのか?富士住建の家造りへのこだわりにフォーカスしてみたワン!無垢材とは、天然の木をまるごと使って床や家具、建...