おしゃれな平屋建て

MENU

おしゃれな平屋建て特集!

おしゃれな平屋建てと言っても、価値観は人それぞれだワン!

「何をおしゃれと感じるのか」によって答えは違ってきますが、現在施工可能なデザインでおしゃれだなー、と感じたテイストの平屋建てをみてみよう。と思う。

 

インターネットだけでなく、実際に住宅展示場などに脚を運んでみると、沢山のデザインがみれるので楽しいワン!

モダンな佇まい

まずは、コンクリートが打ちっぱなしのデザイン。

 

これは、おしゃれ!

 

現代デザインの流行を取り入れていますよね。

 

コンクリートの無機質な感じが何とも素敵です。

 

豪華な瓦屋根の家やヨーロピアンテイストの家にはない、スマートな住み心地があると思います。

 

私だったら、将来こんなシンプルな家に住んでみたい!

 

私が理想とするシンプルな家の外観イラスト

 

ただ、どうしても冷たい印象を与えてしまったり、冬が寒いとおもいますので、暖色系の照明を併せてみたり、床暖房を導入しておくと良いと思います。

 

足元が暖かいと、部屋全体の暖気も外に逃げにくくなります。

 

⇒ 床暖房を新築で設置する費用相場は?電気とガス式の費用比較

 

暖かみのある家

次は、木をふんだんに取り入れたデザインですね。

 

積水ハウスのシャーウッドなどが代表的です。

 

木のぬくもりが感じられる素敵なデザインですよね。

 

今では、耐震性能も向上していますし、なんといっても木の香りがする家って落ち着きますよ!

 

木は自分で呼吸していますから、湿気にも適応力が高いですし、長持ちする家の条件です。

 

⇒ 積水ハウスの木造建築シャーウッドで平屋にしたい!気になる価格は?

 

快適な空間づくり

玄関が広い平屋建てもおしゃれだと思います。

 

小さなお子さんが居らっしゃるご家庭だと、ベビーカーや取り外せるチャイルドシート、お子さんのおもちゃなどが散乱しがちな玄関。

 

足の踏み場もないじゃない!ってことも多々あると思いますので、玄関は広めにしておくとこういったことも避けられるので、奥さんのイライラも低減できるかも。。。?

 

広い玄関だったら、当然収納量も大幅アップですから、お気に入りの靴も沢山収納できますし、通気も良いでしょうからカビなどの発生の心配もすくなくなるでしょう!

 

脱ぎっぱなしの靴も常に収納できて、ストレスもなくなりそう。

 

「あっ、これがあったら玄関がもっと素敵になるわ」

 

そんな夢も、広い玄関だったら叶えてくれますよね!

 

たとえば、靴の紐を結ぶときにあると便利な椅子を置いて、その下に収納用品を入れれば一石二鳥ですよね。

 

こんな感じです。

 

オシャレや平屋の広めの玄関イラスト

平屋設計コンテストの入賞作から学ぶ!夢を形にした3つの家

レオパレス21が行った平屋設計コンテストの中で、特に光るアイデアをピックアップしてみます。

 

「高齢者が快適に住める平屋」ということでレオパレス21が作品を募集していた「平屋設計コンテスト」。

 

 

レオパレス21 平屋設計コンテスト 公式サイト画面キャプチャ
http://www.leopalace21.com/osirase/hiraya.html

 

建物の大きさは25~30坪程度が目安ということで、

  • 「シニアライフ用に」
  • 「終の棲家に」

・・・
とこれから平屋建てを検討されている方にとって参考になりそうなアイデアがいっぱい!

 

今回は、平屋設計コンテストの作品から真似っこしたいアイデアを取り上げてみました。

 

参加資格は「不問」ということで、プロ・アマ問わず「こんな平屋があったらいいな」という夢がもりだくさん!

 

さて、平屋設計コンテストで栄えあるグランプリを獲得して賞金30万円をGETしたのはどんな作品?

 

気になるグランプリ作品は?

なんといっても、やはり気になるのはグランプリ(最優秀賞)作品ですよね。

 

平屋設計コンテストで最優秀賞を受賞したのは派遣社員をされている女性で(プロの設計士さん、デザイナーさんではないという点で親近感を覚えますね!)、作品名は「二人の『これから』のための1LDK+s」。

 

タイトルを読んだところで、まず疑問に思うのは「“s”って何?」ということ。

 

これは「予備室(spare room)」を意味しており、書斎や来客などマルチな目的に使用することができる部屋のことなんです。

 

確かに、普通に夫婦二人で暮らしている分には1LDKで十分ですが、子供や孫が遊びに来た時は手狭になります。

 

夫婦喧嘩をした時のことを考えても、やはりプラスαで部屋が欲しいですよね。

 

その辺のことをよく考えられた間取りだな~と思います。

 

しかも、「扉で仕切る/解放してリビングとつなげて使う」が臨機応変にできるところもポイント高いですね。

 

老後の「二人のこれから」というと老いた夫婦のこじんまりとした生活をイメージしてしまいがちですが、「離れていても家族」である子供ファミリーと過ごす時間も大事にしたいですから。

 

家を建てるに当たって主役を自分たち二人に限定しないというところに、オトナの余裕を感じます。

 

また、リビングに続く南側のテラスから公園の自然を望めるというのもステキです。

 

朝、お茶を飲みながら季節の移ろいを感じる・・・そんなあこがれのシニアライフを実現できそうな間取りです。

 

「老いてもオシャレに暮らしたい!」を叶えてくれる家

個人的には、「お年寄りになって身体が不自由になったとしても、オシャレな家に住みたいな」「閉鎖された暗い家に閉じこもるのは嫌だなあ」という希望があります。

 

おそらく、私のような願望をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

きっとこの作者もそうなんだろうなあ・・・と思ったのは、優秀賞に輝いた「LIGHT WELL FLAT HOUSE」です。

 

平屋設計コンテストでは優秀賞が3作あるのですが、そのうちの一つですね。

 

「LIGHT WELL」というのは「光庭」のことで、部屋の中により多くの自然光や空気を取り込むために作られる庭のこと。

 

この作品では家の中心に光庭が設けられ、それを囲むような形で各部屋が配されています。

 

全ての部屋を扉で完全に仕切ってしまうのではなく、この光庭を中心にして「ゆるやかにつながっている」という間取りがなんとも斬新!

 

光庭には木が1本植えられていますので、葉っぱの色の変化や落葉で季節を感じることもできますね。

 

また、建物の上部にはハイサイドライト(高窓)を大胆に使っているので、とにかく家全体が明るい!

 

歳をとって思うように外に出られなくなってしまったとしても、この家なら明るい気持ちで暮らせるのではないかと思います。

 

家というとどうしても

  • 「機能性」
  • 「デザイン」

重視になりますが、そこに住むことで

  • 自分はどんな気持ちになるか?
  • どんな気分で毎日を過ごせるだろうか?

とメンタル面について考えてみることも必要だなと気づかせてくれる作品でした。

 

ちなみに、平屋のデザインでは「光庭を取り入れる」というのはよく使われる手法ですので、ぜひ設計時に間取りに取り入れたいところです。

 

⇒ 憧れは、柔らかな光に包まれた家!平屋の採光テクニックとは?

 

今回の平屋設計コンテストの入賞作品にも光庭を提案する作品がいくつかありますが、シンプルながら目を引くセンスが光るこのデザインに「未来の家族像」を感じました。

 

老いたら自然に還ろう!「環・緩・感」ってどんな家?

10代、20代の頃は、せっせと庭いじりに精を出す母や叔母を見て「歳を取ると、ガーデニングやら農業やらに興味を持ち始めるのは何故なんだろう?」と不思議に思っていました。

 

しかし自分も中年期に差しかかり、確かに植物を見て癒される機会が増えているのを実感する今日この頃・・・。

 

やはり人も自然の一部ですから、最後は土に還っていくということなのでしょうね。

 

そんな「人の世の理」に逆らわない生き方をするには、家づくりの在り方を見直すことも大事です。

 

今回の平屋設計コンテストの中から選ぶとしたら、特別賞に選ばれた「還る家」が理想的ですね。

 

人に優しい緩やかな環境の中で、自然の循環や快適さ、安心を感じられる家。

 

リビングとつながっている広いデッキが特徴的で、昔懐かしい「縁側のあるおばあちゃんの家」を思い出させます。

 

ちなみに、縁側が今あらためて注目されているのをご存知ですか?

 

シンプルで機能的ですし、リラックスできる素敵な空間だと思います。

 

縁側は、平屋建てに相応しい間取りですよね。

 

⇒ 季節の移ろいを楽しめるって素敵!カムバック、縁側のある平屋

 

とはいえ、全体像(外観)は決して

  • 「古臭い」
  • 「田舎臭い」

と感じさせるようなものではなく、シンプルながらもオシャレな北欧風のたたずまい。

 

大きな切妻屋根には太陽光発電パネルも載せられますし、トップライト(天窓)で採光や自然換気を促すなど、

  • 「自然の力を活かして暮らす」
  • 「自然と共存する」

ことを意識した仕組みがふんだんに取りいれられているんですよ。

 

玄関の隣には広い土間スペースもありますので、家庭菜園で収穫した野菜を並べたり、梅や柿を干したり・・・

 

と、本格的に土いじりを楽しみたい方にうってつけのデザイン!

 

自分たちが食べる野菜、使うエネルギー(電気)は自分で作る・・・

 

そんな「自給自足」のシニアライフにあこがれている方をワクワクさせてくれるような作品ですね。

読者から頂いた感想

平屋建ての家にあまりおしゃれなイメージは持っていなかったのですが、、、(40代 女性会社員)

先日テレビで福生の旧外国人向け住宅であった平屋の一軒家を目にする機会があり、天井の高さや、網戸が付いている玄関の戸口の雰囲気など、

 

やはり昔からある日本特有の平屋建てとはちょっと違うおしゃれっぽさを感じました。

 

同時に古くからある木造の、暖かみのあるデザインの平屋建てっていいなと、改めて思いました。

 

現在ではコンクリート打ちっぱなしの構造の平屋建てもあるのですね。

 

コンクリート打ちっぱなしのデザインというと、どちらかと言えばマンションのイメージを強く持っていました。

 

いずれにしても、おしゃれな平屋建ては、平屋建て好きな私としてはとても憧れてしまいます。

広い玄関の木のデザインに憧れました。(30代 男性)

 

普段、あまり家のデザインを考える事がない生活をしているので、こういったおしゃれな平屋の特集などはとても助かります。

 

私が選ぶとすれば、暖かみのある木のデザインでしょうか。

 

自分で呼吸しているので、湿気にも適応力が高く長持ちするという言葉に惹かれてしまいます。

 

家も共に生きている感じがして、特別な愛着が持てそうです。

 

過去にいくつかの住宅展示場に足を運んだ事があるのですが、そういえばどこも玄関は広かった気がします。

 

私が行ったのは一戸の実際に住む住宅の展示ではなく、いくつもの住宅を集めた会場型の展示場だったからかもしれません。

 

玄関が広いというのは意外と機能性もいいですし、何よりも開放感がすごくて居心地が良かったです。

 

広い玄関の暖かい木の平屋建て。

 

憧れます。

 

他にどんなデザインがあるか、それぞれのコストと特徴などの情報があれば助かります。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

おしゃれな平屋建て 関連記事

 

エスバイエルというと住宅メーカーでは有名ですが、平屋住宅商品「家族謳歌」というものがあります。家族と一緒の暮らしの様々なこだわりを形にしてくれるというものだそう。その「家族謳歌」とはいったいどんな家づくりなのでしょうか。どんな仕様?エスバイエルの平屋住宅「家族謳歌」の仕様を見ていきましょう。エコロジーとエコノミーをコンセプトとしているだけあって、太陽光発電とオール電化仕様で、次世代省エネ基準に対応...

 
 

積水ハウスの平屋建ては、鉄骨で施工される、ユニバーサルフレーム・システム構法と呼ばれるものと、木造のシャーウッド構法がありますね。どちらにも一長一短があるようですから、自分の目的とする平屋建て建築にてきした構法を選択するようにしましょう。自由な間取り鉄骨のユニバーサルフレーム・システム構法は、耐震性能も高く、一棟ごとに自由に設計できる自由度の高さが人気です。自分の好きな間取りを実現する、耐震性を重...

 
 

無印良品の家の平屋のコンセプトはまずくつろぎといった、もっとも家に求められることを一番に追及されています。とかく平屋についついさまざまな要素を多くの人は求めがちになってしまいます。基本を大切にたとえばエコハウスであったりスマ-トハウス、そしてガレ-ジハウスなどなど、実にさまざまな要素を家に求めてしまっていることに多くの人は気づかないでいるのではないでしょうか。しかし真に、もとめられるものは、くつろ...

 
 

平屋建てと聞くと、どうしても古い民家のようなイメージを想像する方もいると思います。確かにそういった平屋建ても多いです。ですが、パナホームはそうではありません。平屋建てにしたいと思った方の希望を聞き、今までにないマイホームを建築しています。一戸建てで平屋にしようか迷っている方は、パナホームの平屋建てを見てから決めるのも悪くないかしれません。災害にも強いパナホームの平屋建ての特徴は木造ではなく鉄骨で作...

 
 

日本は実にたくさんのハウスメ-カ-が点在しています。その中から平屋建てを建築するために一つのハウスメ-カ-を選択することは非常に難しいと言わざるを得ません。ハウスメーカーはどうやって選ぶ?そのたくさんのハウスメ-カ-からひとつのハウスメ-カ-を選んで自分のもしかしたら終の棲家となるのかもしれない平屋を建ててもらうのです。そこには選定基準ともいうべき船の羅針盤をもたなくては一社を選ぶことは非常に困難...

 
 

最近は平屋建ての住宅に非常に注目が集まっています。贅沢な家そして平屋は最新の贅沢な家ということで、今は認識されている感もあります。しかしかつての日本では庶民のすむあくまでも簡易的な住宅として当たり前のように、まちのそこらで建っていたことも間違いはありません。そして高度経済成長期に突入した日本では土地の価格がどんどんと高騰して土地が狭くてもそれなりの広さの家を確保できるということで、徐々に二階建て住...

 
 

スズキハウスというとトヨタホ-ムなどと同じように軽自動車で特に有名なスズキの提供する住宅部門のハウスメ-カ-です。しかしその自動車のスズキと実際にどんな関わりがあるかという疑問には正直わかりません。平屋に注目!さてそんな平屋ですが最近ではたくさんのメディアがこぞって平屋に注目をしています。かつて日本では当たり前のようにあった平屋建てですが、なぜいまさらそんな注目を浴びているのでしょうか。しかしこの...

 
 

スマ-トハウスやエコハウスなどさまざまなコンセプトをもつ平屋建てが、混在しています。そのなかでも人生を楽しみながら過ごすという、暮しをより内面から豊かにするといったコンセプトで異彩をはなっているのがセキスイハイムの平屋建てです。快適な生活に必要なもの生活をより安全にしかも、快適で豊かに暮すための一つのアイテムが平屋建ての家なのかもしれません。平屋建ては、階段をはじめとして二階を支えるための柱など、...

 
 

自宅としての平屋建てを建築したいと考えた場合、たくさんのハウスメ-カ-のなかから一つのハウスメ-カ-に依頼をしなければならないわけですが、そこである種の壁にぶち当たってしまいます。それはあまりにたくさんのさまざまな特徴をもったハウスメ-カ-がたくさん存在するからにほかなりません。ハウスメーカーを決めようもちろんハウスメ-カ-だけではなくて地元で評判の工務店なども視野に入れていかなくてはならないとい...

 
 

中には平屋建てなんてどれも同じだと思っている方もいるかもしれません。ですが、最近はそうではありません。広さはもちろん外観なども様々な平屋建てがあります。平屋だからこその良さ平屋建てを一度でも考えたことのある方は、タマホームの平屋建てを見てみるのはどうでしょうか。シンプルですが、とても素敵な平屋建てです。長い年数住むことを考えて、平屋にするものも悪くないと思いますよ。タマホームの平屋建てには特徴があ...

 
 

トヨタホーム平屋建ては、シンセ・ ピアーナというブランドですね。家中が見渡せる安心生活、こだわりのある自由生活、開放感溢れる悠々生活、四季を感じる自然生活という4つのコンセプトが特徴です。1つずつ見て行きましょう。家中が見渡せる安心生活平屋建ての魅力といえば、家族の温度が伝わってくるほどの距離感ですよね。近すぎず遠すぎず、プライベートも守られながら、家族の絆も深められるという一石二鳥の住宅です。ト...

 
 

戸建住宅にあこがれをもっている人は、本当に多いように思います。ではなぜ戸建住宅なのでしょうか。戸建てを選ぶメリット戸建住宅を好む一つの理由に上下階に迷惑をかける心配がないということ。もしくは隣近所との関わりが少ないといった点、さらには土地が自分の不動の財産になりうるといった点、さらには庭がもてるといったところではないでしょうか。生活をラクにする方法しかしながらマンションに引っ越しを希望するシニア層...

 
 

ミサワホームで平屋建てを建てるのであれば、別荘を持つことをおすすめします。都心部などの限られたスペースでは、その技術を活かしきることができず、残念な結果になりかねません。魅力はどんなところ?都心部であれば、高層マンションなどがやはり一番快適でしょう。老後の生活は、平屋建てと考えているのでしたら、今から郊外で住めるように準備を進めておくとよいですね。小さな空間でも広々とした快適空間を作り出せるのが、...

 
 

子供も大きくなり、部屋の空きが目立ってきた我が家。そろそろ、夫婦の時間を取り戻そうと思い、平屋建てを考え始めました。色んなハウスメーカーがありますが、その中で、今検討しているのが三井ホームです。どれぐらいの家が建てられるのかじっくりと見ていたのですが、なかなか良い家が立ちそうです。気持ちもやわらぐ家三井ホームの平屋建てが持つ特徴は、木のぬくもりを感じるところですね。歳をとるにつれて、自然が恋しくな...

 
 

私が大阪のとあるビジネス街を訪れたとき、非常に洗練されたかっこいい住友林業の名前がついた会社の建物を拝見したことがあります。それ以来、非常に立派な会社であるようなイメ-ジを勝手にもっています。人気の秘密そんな住友林業は私のイメ-ジどおり日本の人工林のおよそ数割をもっているという大企業であることを認知いたしました。さてそんな住友林業の提案する平屋建てはある一定の評判をえているわけですが、しかしながら...

 
 

平屋建てを建築するうえでもっとも重要なのはハウスメ-カ-をいったいどこにするのかといったごく基本的なことにつまづきをふと感じることがあります。施工数は意外と多いその多くのハウスメ-カ-のなかでひときわ異彩をはなっているのが一条工務店ではないでしょうか。一条工務店は年間にすると意外なほどに多くの棟数を施工しているはずなのですが、案外その情報はだれも知るところではない状態になっていて、情報は極秘事項の...

 
 

最近注目をあびているスウェーデンハウスの平屋建て。寒い国であるスウェーデンで培った技術でもって作り出される、高気密であり高断熱住宅を日本でも実現されて一躍脚光をあびたわけです。はるか遠くの国であるスウェーデンから工法技術や材料を輸入して建てている住宅メーカーであります。評価も高い!その高気密性能や高断熱住宅への強いこだわりは、2007年のハウス・オブ・ザ・イヤーでは大賞を受賞するなど、著名で公平な...

 
 

いろいろと物議を醸しだしてしまう輸入住宅ですが、なにがいいってやはり海外の洗練された突出したおしゃれなデザインではないでしょうか。海外ならではのデザイン日本にもおしゃれなデザインの住宅はいっぱいありますがどれも既成概念にとらわれたありきたりなデザインにおちついてしまっているような気がします。やはり海外の広い世界で多くの強敵と渡り合って勝利したデザインはすばらしい限りです。そのために細かい部分は日本...

 
 

平屋建てなどを含む住宅の発展は、日本どくとくの独自性をもったバランス感覚によって、まるで綱渡りのように完成度のたかい住宅を試行錯誤しながら、さまざまな問題の解決の糸口を探りながらここまで到達してきました。時代と共に変わる家の姿そんな綱渡り式の平屋建て住宅は、高齢化社会にとって、まさに危険極まりない落下直前の断崖絶壁のようなこころもとない進退を続けてきたのです。さて平屋建て住宅にとって、洗練され無駄...

 
 

私達夫婦の憧れが洋風の平屋建てです。木の香りが漂う和風もよいのですが、どうも、和風と私達夫婦は縁が無いようで、洋風の家の方が落ち着いたりします。平屋建ては2階建てなどの建売とは違い、自分たちで設計していく楽しみがあると聞いています。自分たちで選んだ素材で、自分たちがすきな家が出来上がってくると思うと、考えるだけでワクワクしてしまいますよね!私たち夫婦も、そんなワクワクを持って、平屋建ての建築にトラ...

 
 

昨今、特に階段事故の死傷者増加という社会問題の見地から平屋住宅を持ちたいという世帯が増えてきています。単に高齢者を抱えているというのが理由ではなく、長く住み続けるという考え方に基づいて子どもがいつか我が家をさって行ったときに、自宅をシンプルで住み心地良いものにしておきたいという購入者が自分自身の将来の生活設計をも考慮にいれて平屋建てが注目を浴びているのです。家をお得に買うなら最近、一戸建てを今すぐ...

 
 

最近ではIKEAをはじめとして北欧の住宅やデザインが注目を浴びています。どうしてこうも北欧の文化が日本に浸透しつつあるのでしょうか。北欧の感性北欧全般に言える事ですが、日本と比較して北欧の人々は民度が高いと言われています。確かにハイセンスな感性が生活にとても密着していて、毎年厳しい冬をのりきっている人々とは思えないほどの素晴らしい文化に培われた感性をもって、多くの人々が幸せに機能的に生活されている...

 
 

日本家屋はごく最近まではそのほとんどが木造の平屋建てかもしくは2階建てというつくりでした。畳が基本なのですが、ほとんどの家庭で畳を中心とした和室が今もあるはずです。家造りの変遷見た目は立派な洋館であっても畳敷きの和室を残しているのは何も日本人のポリシ-などではなくて、単に畳み敷きの和室があれば、落ち着くというのが本音ではないでしょうか。第二次世界大戦を終えてのち、特に三種の神器と言われた洗濯機やテ...

 
 

平屋建てを別荘として建築したいと思っている方も多くいると思います。普段の生活は2階建ての方が色々と便利だと言う方も、別荘となると話が違ってくるようです。確かに別荘と言うくらいですから、毎日過ごす場所というわけではありません。落ちつく場所がいちばん!年に数回過ごす場所なので荷物もそんなに必要ではありません。そのため2階建てにしなくても平屋建てで充分快適に過ごすことができます。別荘として建てると言って...

 
 

平屋建てのモダン住宅での、水漏れや雨漏りが問題になっています。その原因はさまざまあるようですが、しかし関係法令である住宅品確法ではすべての新築住宅を対象として、家の構造を支える大切な部分や雨水の侵入に対して、物件の引き渡し後10年間の性能保証を義務づけています。トラブルの原因は!?しかしその性能保証に関する事故を実際に起こった時のデ-タを細かく分析してみるとおよそ全体の9割に相当する部分がなんと雨...

 
 

子供も大きくなったので、これからは夫婦の時間を大切にしたいと思っています。今までは子供中心の生活だったので、夫婦水入らずの時間なんて本当に久しぶりなんですね。なので、どんなことを話して良いのか分からないぐらいでしたが、一つ共通の話題がありました。それは、家についてです。実際、2人で住むには今の2階建ては大きすぎるので、小さな平屋建てを建てたいなと思い、検討中なんです。大きな家だと掃除が大変だし、子...

 
 

平屋建てに憧れている方の中には、どうせなら沖縄で家を建てたいと思っている方もいると思います。実際沖縄には平屋建ても多く、都会と違って住み心地も快適です。趣きのある建築自然の中で子供を育てたいと考えている方や、老後夫婦でゆっくり過ごしたいと思っている方は、沖縄で平屋建てを建てるのもいいかもしれません。沖縄では古民家風の平屋建ても多く、平屋建ての良さを毎日実感できるような場所がいくつもあります。平屋建...

 
 

特に最近は熊本のゆるキャラのくまモンなども人気で、観光に来る方も多くなっています。その中で今は無理でも、いずれは熊本で小さな平屋建てでも建てて老後を過ごしたいと感じる方もいるようです。実際、熊本は温かいですし都会というほどざわざわもしていません。かと言って、交通などもしっかりしているので、住んでいるうちにどんどん好きになるという方もいるようです。どんな環境で暮らす?熊本で平屋建てを建てる場合、問題...

 
 

住宅を作るとき、どんなプランにするかと言うのをまず最初に決めると思います。家族構成や立地場所によってもプランは違ってきます。またどんな家に建てるかによっても違ってくるのでとても難しい作業の1つです。ただ平屋建ての場合は、一戸建てやマンションと違いプランが建てやすいという特徴があります。家族の要望は?住宅は住む方のこだわりもありますし、家族同士でも譲れない場所は出てくると思います。そんな時、平屋建て...

 
 

一軒家に憧れを持つ方は多いと思います。今は賃貸に住んでいるけど、いずれは自分の理想の家をと心に誓っている方も少なくありません。私もその一人でした。ただ一軒家と一言で言っても様々なタイプがあります。2階建てもあれば平屋建ても立派な一軒家です。イメージを持っておくどんな一軒家にしたいか、今から考えておくと、いざ建てる時に悩むことがなくなります。費用のことは後にして、まずは理想の家を考えてみることにしま...

 
 

平屋建てにすることは決まったとしても、どんな平屋建てにするかを決めなければ話は進みません。内装はもちろんですが、外観もどんな風にしたいかきちんと決める必要があります。平屋建ての外観はどれも同じようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、最近はそうではありません。洋風のものもあれば、和風のものもありますし、レンガ調のものもあるので、平屋建てにしたから後は任せきりというわけには出来ません。外観...

 
 

さて北海道の平屋建ての家とはどんなものだと思いますか?北海道という場所は当然ですが冬には雪がこんこんと降り積もって寒さが非常に厳しいところです。特別な工法があるの?しかし真夏には本州なみに暑いことだって多々あるのです。こんな風に寒暖の差が非常に激しい過酷な自然環境気を持っている北海道で住宅を建築するにはそれなりの経験に裏打ちされた知識や技術がひつようなのではないかと素人の私は思ってしまうわけです。...

 
 

昨今、多くのハウスメ-カ-が平屋建てを推奨するようになったのはなぜでしょうか。そんなハウスメ-カ-にとって平屋建てはどんなメリットがあるのか疑問ではあります。平屋建ての特徴さらにそんなにメリットばかりを強調される平屋建てですがデメリットも間違いなくメリットの数だけあるように思うのです。まず平屋建てにする何より大きなポイント階段が不要である事なのかもしれません。もちろん最近は高齢者による階段の事故が...

 
 

自宅での死亡率が意外に高いという少しショッキングなデ-タがあるようです。特に昨今の高齢化社会の現状は、この自宅での死亡率デ-タをどんどんと底上げしていく可能性が見え隠れします。庭との繋がりしたがってこの悪しきデ-タの改善を今の日本は緊急性をもって改善していく必要があるのは、いまさら語るには少し遅すぎるようです。一般的に平屋建ての魅力の根源は、庭との繋がりが非常に近く庭に愛情をかけてしまいそうになり...

 
 

昨今のアベノミックス効果などを要因として、日経平均株価は少しずつ上昇をしています。円は円安に傾いている現在の経済状況ですが、楽観視すると家庭の経済も徐々に給料アップとともに、見た目は順調に景気回復しているしているように見えます。現状は違う?しかし本当に景気は回復していき、暮らしやすい世の中に変わっていくのでしょうか。しかし世の中の多くの人は、実際にはもっと緊迫した状況に懸念が絶えないように思います...

 
 

意外と気がつかなかったのでは?実はアメリカには平屋住宅が多いんです!アメリカの住宅と言えば2階建てや3階建てが一般だと思っていました。ドラマや映画で目にする事が多くなったアメリカの住宅状況。一体なぜアメリカには平屋住宅が多いのでしょうか!?同じ平屋でも、”和”を感じさせるデザインもあればアメリカっぽいテイストもあります。その違いって何?アメリカと日本の住宅今日本では平屋建て建築がブームになりつつあ...

 
 

ルームシェアは仲間が欲しい人がやってみるもの。借りる部屋を平屋にすればルームシェアは驚く程に安くなるんです。平屋をルームシェアして人生の大切な思い出を一つ増やしてみませんか?ルームシェアって行動的な人がやるものだと思っていませんか?実はそうでもないんです。一緒に住めば性格や趣味が違う方が面白い!互いに刺激し合って他人を気遣う気持ちを学べてとても良い経験になります。人生で一度はやってみたいルームシェ...

 
 

かつては、ログハウス風の平屋を建てるとすると建築費用が高い&維持費も高い(涙)のがネックでした。木は水分を吸いやすい為、日本の湿気の多い気候には不向きだったのです。でも!最近は新しい技術でそれがクリア出来るように。ログハウス風平屋を建てる方とても増えているんですよ!50年前日本でログハウスを建てる事は人気がありました。でも日本で実際にログハウスを建てる事は気候上難しかったのです。父の夢のログハウス...

 
 

プロヴァンス風・・・それは南仏の街の建築方法。その中身を知ればきっとあなたの価値観も少し揺れ動くはず。平屋を建てるならプロヴァンス風もありかも!ですよ。日本は世界の国に比べて豊かで平和な国です。欲しいものは何でも手に入れることが出来る(但し質に差はありますが・・・)これほど豊かな国でありながら、なぜ日本人は安くて数年で使い捨てるものを好むのでしょうか。プロヴァンス風が気になる私の夢は将来日本のどこ...

 
 

平屋を買うなら外壁はレンガ調にしたい奥様!最近多いです。でもレンガ調って間違えると簡単にダサイイメージに・・・(涙)ポイントはある二つのルールを守る事!そうすれば平屋のレンガ調も誰がみてもお洒落な平屋に変わりますよ。本物のレンガと「レンガ調」の違いは?レンガ調にはどんなメリットがあるのでしょうか。友人平屋を建てる友人がとうとう平屋建てを建てる事になりました!超羨ましいですね~。サーフィンが好きな友...

 
 

都心や地方に誰も住まなくなった古民家が増えて来ています。人口の減少を考えると家があまってくる事は予想しやすい状況と言えますよね。中でも平屋の古民家・・・今なら手頃な値段で手に入るんです。都心でマンションの賃貸を続けるより、平屋の古民家をリフォームして住む方が快適なライフスタイルが待っているかも!?古民家をリフォームして住むことにはどんなメリットがあるのでしょうか?また、どんな点にリフォームの力点を...

 
 

家の壁を土壁にする・・・皆さんはどんなイメージを持ちますか?特に平屋は耐震効果がありますので、その壁を土壁にすればダブル効果も可能。平屋の壁を土壁に!おススメです~。土壁に対して、私はどこか重いネガティブなイメージを持っていたんです。ところがどっこい!たくさんのいいところ、あったんですよ~!土壁に対する誤解平屋の壁を土壁にするという方法があります。土壁と言うとゲゲゲの鬼太郎の塗り壁的なイメージでし...

 
 

人は必ずいつか歳をとりますよね。若いうちは苦労しても歳をとった後はのんびり生活したいものです。現実は中々そのようには行きませんが、少しでも快適なライフが送れるように!今から高齢者向け平屋住宅に注目しておきましょう。高齢者向け平屋住宅について勉強しておけば、ご両親の事で役にたつかもしれません。高齢者向け平屋住宅は、具体的にどのような住宅なのでしょうか。普通の平屋住宅とは何が違うの?高齢化の状況201...

 
 

ここのところ平屋住宅は北欧風のデザインハウスが人気を集めます。確かに北欧のお洒落なデザインは家具とマッチしやすい事もあってかなりgoodです。でもでもでも、私が一度でいいから住みたいのは純和風平屋住宅!もし今誰かに「純和風平屋住宅を建てるから結婚してくれ!」とでも言われたら「一生ついて行きます!」と即答しちゃます。小さい頃は家に畳はあったけど、今でフローリングのみ。障子から透ける灯りから得られる風...

 
 

せっかく注文住宅で平屋を建てるなら、自分なりのオリジナル性やあこがれを玄関ドアで再現できたら素敵だと思いませんか。オーダーだから楽しめる玄関のイメージ。ドアにしっかりとこだわったなら、より一層家が愛おしくなるものです。オーダーのメリットについて考えてみました。玄関ドアは家の顔!だからこそ納得いくもの、こだわりのあるものにしたい!という人は多いはず。私も、平屋を建てるなら玄関ドアのデザインは時間をか...

 
 

玄関のドアのメーカーといえば最大手ともいえるだろう、トステム。ドアの種類だけでなく、引き戸スタイル、簡易タッチキーでらくらくスタイルなど、新たな提案も。平屋を建てるにあたって玄関ドアで迷っているみなさん、トステムの玄関ドアもぜひ候補に入れてみましょう!家の玄関ドアがトステム製品だという方は非常に多いでしょう。他のメーカーと比べてどんな点が特徴的なのでしょうか?大手ならではの特権トステムは住宅インテ...