平屋 間取り ポイント

MENU

平屋の間取りのポイントとは?

マンションなどの間取りを見てみるとそんなに変わった間取りはないように思います。

 

戸建ての間取り

それはもっとも基本的な間取りをマンション内に形成しているためではあると考えられますが、それがこと平屋などの戸建住宅をみると状況は変わってきます

 

平屋などの戸建住宅を建設することにおいて、なにもだだっぴろい土地にぽつんと建設するわけではありません。

 

むしろ販売されているさまざまな形状の土地にたいして平屋建てを建築するわけです。

 

土地を無駄なく利用

したがって平屋の間取りのポイントは、いかに与えられたさまざまな形状の土地をうまく無駄なく利用して最大限満足できるような平屋を建築することができるのかといったことが重要なポイントになってくるわけです。

 

つまりは極端にいいますと、例えば円形の土地であったり、やたらと細長い土地であったりとさまざまな土地の状況にフレキシブルに対応して順応した形状の平屋を建築していくわけです。

 

機能性も考える

そこには設計者などの腕前や顧客であるあなたの意見が、状況をどんどん左右していく形になるのです。

 

平屋の間取りを考えるためには、まずは家族のあり方を想像して設計する必要があります。

 

間取りは住む人の精神面に多大に影響を及ぼします。

 

平屋の間取りのためのポイントはキッチンやリビングなどの配置によって大きく左右されてしまったりもします。

 

特にリビングは家族が集まる場所として支障なく利用されるのが、もっとも安全で機能性のあるリビングが重要であるということができます。

読者から頂いた感想

設計者とよく相談することが近道。(30代 男性)

 

平屋の間取りを考える上で大事なのは、家づくりに携わるすべての人と良く話して相談することなんだと感じました。

 

建つのは他ならぬ自分の家で、住むのは誰でもない、自分です。

 

自分の要求を無理に通すとはそういうことではなく、自分の理想を理解してもらう。

 

その上で、コスト内で出来ることを一緒に知恵を搾ってもらう。

 

設計を依頼して「お願いします」といって丸投げするのでは、良い家は出来ないのだなと思います。

 

「設計者などの腕前や顧客の意見が、状況をどんどん左右していく」と言われ、そう感じました。

 

設計をお願いする自分の側も、設計者を顧客として理解できる程度の知識は、必要なのかもしれません。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

間取りのポイント 関連記事

 

平屋のメリットは実にたくさんあるのですが、残念ながら都心部での背の高い建築物が密集している空間ではあまり建築するメリットがありません。人数が変わったら平屋はどちらかと言うと都心部よりもちょっと土地代が安価な郊外の方が向いているように思います。しかし最近は子どもの世代が大きくなって独立していきますと、今度は親世代が使わなくなった二階建ての住宅を減築して平屋にするといったリフォ-ムもあるようです。平屋...

 
 

平屋建ての代表的な間取りである、3LDK。リビンの他に3部屋あるということですね。この間取りが一番ポピュラーで住みやすい設計が可能です。魅力的な間取り平屋建ての魅力は、階段を使わず全ての部屋に移動できる環境です。あと、デザイン面でも、見た目がおしゃれですよね!基本的には、リビングを中心に各部屋を配置するのがオススメです。リビングは、毎日家族が集う場所ですから、真ん中に配置しておけば、お子さんが大き...

 
 

4LDKもの広さの間取りの広さの平屋を新築で建築するとなると、綿密なプランが必要になります。こだわりはしっかりと伝える設計者任せではなく自分の意見や家族ののぞみなどをしっかりと設計者に伝えなければ、せっかく出来た新築の4LDKの間取りの平屋もなんとなく気に食わない。形だけで自分たちの生活に密着しにくい住宅になってしまいます。まずは必要な収納スペ-スやどこにこだわりたいなどの自分の家族なりのコンセプ...

 
 

平屋建てを建てるなら、5LDKを目指しましょう。せっかく自分で自由に設計出来るだけの予算があるのですから、5LDKを実現したいですね。ただ、点だけ注意しておきたいのが、部屋を仕切り過ぎて開放感が無くなってしまうこと。その点だけ対策を考えて設計していきましょう。ゆったりくつろぐ場所まずは、リビングですね。家族が毎日顔を合わせる場所ですから、一番広くしておきたい場所。流行りのアイランドキッチンを取り入...

 
 

6LDKの間取りの平屋に住むならば、10人住んでも十分に快適にすごせるのではないでしょうか。土地が空いているかしかし都心部で6LDKの間取りの平屋を望むのはなかなか難しいことです。そんなに土地が余っていませんというのが現状です。都心部ではなく山の手といわれるお金持ちがたくさん住むところでも、これだけの広さの平屋を建てることはなかなか困難です。社会の傾向にも影響?さてそんな平屋の人気の秘密はいったい...

 
 

平屋の間取りは、4LDK以上になりますと非常に設計が難しくなってしまいます。土地の形との兼ね合い二階、三階が無い為に土地の形状に大きく建物が左右されるために、土地の形状が、複雑な図形になるほどに、暮らしやすい形状の平屋の間取りを決定することが困難になるためです。平屋の間取りがあまりにも機能性や効率性などに欠けてしまいますと住みづらい住宅になってしまいます。それが例えば 7LDKなどの広さの平屋を建...

 
 

平屋の間取り70坪と言うと㎡であらわすと、およそ132平方メートルということになりますが、二階建ての住宅になりますとさほどではありませんが、二階三階のない平屋建ての建築面積ですと相当な広さの土地ということになります。都心では難しい?これだけ広い坪数を確保できる平屋というのは、本当にうらやましい限りですが、しかし都心部では逆に難しいといえる広さになります。間取り70坪の広さの平屋を建築することは、都...

 
 

平屋建ての坪数について気になったので調べてみました。だいた、小さくて20坪″lえられると思いますが、やはりそれだと狭く感じることになると思います。なので、できれば30坪程度は確保できるように考えたいものです。快適に住みたい実際に30坪だと、どれぐらいの広さになるのかということですが、広めのマンション程度と思っていただいて結構ですね。20坪だと、1LDK程度でしょうか。なので、ちょっと狭いですね。や...

 
 

通常、狭小住宅と言う小さな間取りの家は、都会にでるとたくさん見かけることができます。住宅が所狭しと密集して建ち並んでいる都心部ですと、どうしても新たに家を建築する人は狭小住宅にならざるを得ないという状況に陥ってしまいます。どうやって家を建てる?たとえば間取り15坪ということになると、もちろん狭小住宅という部類に分類される訳ですが、今やはやりの平屋を建築しようと考えるとちょっと無理が生じてしまいます...

 
 

間取り20坪と言えば、ちょっと失礼なのかもしれませんが、狭小住宅の部類にあてはまってしまいます。日本では珍しくない?しかしながらこの狭い日本ですから何も特別なことではありません。特に都心部に住むのであれば、際立ってお金持ちでもなければ、この間取り20坪という広さは、むしろ当たり前のように存在しています。テレビでもボンビ-ガ-ルという番組があるように、狭い部屋で暮しながらも自分なりに工夫して、しっか...

 
 

お金のないサラリ-マンなど25坪の間取りの平屋を購入するにあたっては、はやりロ-コスト住宅を考えるのではないでしょうか。かける部分を決めておくそんなロ-コスト住宅である平屋を建築するにあたっては、建築にかかるコストを意識的に管理する能力が必須条件となります。ロ-コストであるためには無駄な出費をおさえる必要性があるわけですが、建築にかかるコストは大きく分けると3点に集約されてしまいます。それは材料費...

 
 

30坪程度の平屋建ての間取りについて、「こうすれば広く見える」「こうすれば快適に暮らせる」というアドバイスを集めたわん!30坪の平屋建てでは、どんな間取りがスタンダードなんだろう?また、2階建て、3階建てに比べて貧相にも見られがちな平屋を、より広くゴージャスに見せるためのプランニングのヒントとは?実際の施工事例を参考に、理想の30坪平屋建ての間取りを考えてみたよ!「30坪の平屋」って、狭いの?それ...

 
 

35坪の間取りをどのように設定するのか、それがもし二階建てですと、十分な広さが確保できるわけですが、二階建てを避ける人がこのごろは増えてきています。安全な生活のためにそれは階段を設けることによって、家庭でのケガが増えているからにほかなりません。そこで注目を得ているのが平屋なのです。35坪の間取りといいますとおよそ115平方メ-トルになりますが、二階建てですと十分にリビングが設置できる広さになります...

 
 

平屋建てを建てる場合、ある程度の広さが必要になってきます。狭いから出来ないというわけではありませんが。もし出来たとしても、快適には過ごせないほどの限られた設計になってしまう恐れがあります。土地を有効に使うただ40坪程度でも充分素敵な平屋建てが出来る可能性もあります。土地を広く出来ればいいのですが、簡単には行きません。コンパクトな家になってしまうかもしれませんが、夫婦二人での生活であれば平屋建てでも...

 
 

平屋を建築するために50坪の敷地に見合う間取りを考えることは、なかなか困難な作業になってしまいます。家を建てる前に必要なことさまざまな業者などに見積もりを作成依頼しても、そのプランの中から自分の理想的なプランを選ぶことも特別なこだわりがなければ、困難極まりない作業になります。50坪の間取りで最適な平屋を建築するために重要なことは、家族にとって最優先させるべき事項をきっちりと紙などに箇条書きして、整...

 
 

平屋の人気のポイントとしての一つは建物と庭のコラボレ-ションではないでしょうか。老後の生活はどうなる?60坪程度の広い土地が確保できますと、十分に理想的な平屋を完成させることができます。いくら子どもがふたりいるからって二階は果たして必要なのでしょうか。階段での高齢者の事故が多発している今、できることならば階段のない平屋をチョイスしたいものです。年をとっていずれは二階は物置と化してしまいます。子ども...

 
 

毎日の生活で意外とめんどくさいのは階段の上り下りであったり、便利そうでめんどくさいのはマンションのエレベ-タ-であったりします。高層マンションは便利?東京の都心部を訪れると、見た目にもどんどん増えてきているのが超高層マンションです。一見すると、超豪華な雰囲気で、最近はマンション内にさまざまな施設を設けて自宅のマンションであらゆることを済ませてしまうことができます。たとえばエステや美容院、プ-ル、温...

 
 

平屋の4人家族でもっともてきしている間取りとは、いったいどうなのでしょうか。一般的には3LDKあれば十分なはずですが、果たしてどうなのでしょうか。子供の減少最近は少子高齢化という現在の日本の現況を考えると子どもは一家族に一人というのが、大多数を占めているようです。多くて二人と言うのが現状で、一人っ子という家庭が大幅に増えてきている現状ですが、一人っ子はまず家庭内での競争や子ども同士の会話がどうして...

 
 

今はあまり5人家族を見かけなくなってしまいました。それはやはり少子化問題と関連しているのかどうかは、さておいて人気の平屋で5人家族で暮らすためにいったいどんな間取りが最適なのでしょうか。家族とのひととき家族とともに暮すことにおいて、ないともっともさびしいというのは、やはり家族との団らんではないかと思います。団らんなしで毎日暮していくのなら、その家族は家族と言うよりもむしろ、単なる同居人になってしま...

 
 

昨今、大変大きな地震が日本列島を襲って多くの被害をこうむってしまったのは記憶に新しいことです。日本は昔から地震の国というイメ-ジがありましたが、それを身を以て経験してしまったのではないでしょうか。地震対策は大丈夫?そしてそれに伴って原発問題が世論で叫ばれるようになって、まさに地震にともなって何が一番危険なのかということを体感的に知らされたような気がします。しかしそういった国単位でうけた大きな地震に...

 
 

平屋建てを快適にできるかどうかは、天井の高さをどれだけ確保できるかにかかっています。平屋建ては、なかなか高さを稼げないとされています。増えてきた平屋それは、今まであまり人気が無く、建てる人が少なかったせいで技術が進歩しなかったようです。しかし、少しずつ平屋建てに注目が集まり、昨今では大分と技術も進み、各社大手建設会社だけでなく、デザイン力のある個人の建設会社でも取扱が増えています。天井の高い家とい...

 
 

高齢化社会にともなって色々と浮上してきている問題の数々。年金問題に始まって介護問題などさまざまです。どんな家で暮らしていくか一般家庭と実によく密着した問題であることからその問題は解決の糸口すら見つからないのが現状です。しかしながら介護などを必要とした、またはこれから必要になるであろう家庭にとって住宅の問題は今すぐにでも解決を強いられるような大きな問題であることには変わりありません。高齢になってから...

 
 

同一の敷地内に建物を建築するには、建築基準法上多くの制約を受けることになります。その為に多くの人は同一の敷地内に新たに建物を建築する場合には、離れという名目をもって建築するわけです。手続きが必要平屋の離れを建築する場合においてもそれは、同様なことがいえます。同一の敷地を分割して登記したりとさまざまな制約をうけるのが、同じ敷地内で建物を二つ以上建築するということです。そういった土地の権利関連の地図を...

 
 

安全と思える我が家の住宅内においても、事故が多発しています。実は住宅内においての思わぬ不慮の事故によっての死傷者が毎年のように増加しています。安全なはずの家の中なぜそんな多いいのでしょうか。疑問でしかありません。だって一番安全なはずの自宅で死ぬなんて。もっとも老後自宅で死を迎えることは必ずしも不幸の象徴ではありません。しかし昨今どんどんと増えてきている高齢者の浴槽での溺死やそのたさまざまな要因、例...