バリアフリー 平屋建て

MENU

将来を見据えた設計

高齢化社会にともなって色々と浮上してきている問題の数々。

 

年金問題に始まって介護問題などさまざまです。

 

どんな家で暮らしていくか

一般家庭と実によく密着した問題であることからその問題は解決の糸口すら見つからないのが現状です。

 

しかしながら介護などを必要とした、またはこれから必要になるであろう家庭にとって住宅の問題は今すぐにでも解決を強いられるような大きな問題であることには変わりありません。

 

高齢になってからの生活

特にこれから、住宅を建築したいと目論んでおられる方々におすすめしたい住宅の一つが平屋建ての住宅であることは間違いありません。

 

最近では商業施設を訪れると必ずと言っていいほどにバリアフリ-の設備を見かけます。

 

一般家庭においても必要不可欠な設備になりつつあります。

 

まず一般家庭の人が高齢者をかかえている場合、家を建てるならおすすめは平屋建てです。

 

平屋建てはまず階段がありませんので、昨今の自宅での高齢者事故の大多数を占めている階段による事故を未然に防ぐことができます

 

設備面も見直そう

そして次にくるのがバリアフリーの住宅ではないでしょうか。

 

高齢者の事故原因の一つに浴槽での転倒などや溺死などがあげられます。

 

バリアフリ-にすることで未然に防ぐことが可能なのです。

 

まあ単純に平屋建てやバリアフリ-といっても鉄筋や木造などの選択肢が実にさまざまあります。

 

それらの選択によって、または工務店や住宅メ-カ-によっても金額はまちまちですのでよく調べて慎重に家を建てるべきだと思います。

読者から頂いた感想

将来のことを考えなければ、良い平屋建てはつくれませんね。(30代 男性)

今の生活に合わせた設計も大切ですが、将来のことを真剣に考えた計画でなければ、すぐに住みづらくなってしまいます。

 

とはいえそんなに簡単な話ではありませんよね。

 

将来の自分が何を希望しているかということも良く分からないのに、将来の自分に何が必要になるかなんて雲をつかむような話です。

 

老後のためにバリアフリーが必要!といって用意した設備を使用しないまま手放してしまったり、100年健康で大往生ということも十分ありえます。

 

そうなってくると専門の知識が必要になる場面でもありますし、依頼するハウスメーカーを良く調べて慎重に選ぶのが最大限出来ることなのかもしれませんね。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

バリアフリー 関連ページ

平屋建てを部屋別に考えてみる
家を建てる時に考える部屋数は最低でもLDK以外に家族の人数分欲しいですよね。出来ればそれにプラス1部屋が理想的だと思います。もちろん余裕があればそれ以上でも構いません。家族それぞれのプライバシーを守ることが出来、予備の部屋が欲しいということです。
平屋建ての3LDKは快適!
平屋建てに住もうと思ったときにも、3LDKあれば、快適な生活を送ることができそうです。いちばん家族の過ごす時間が多そうなリビングはもちろんのこと、すべての部屋にこだわりを取り入れて設計してみたいですね。
4LDK
我が家のように4人家族の場合、4ldkの間取りが一番おすすめなのですね。LDKを広めにとって、子供がそれぞれの部屋を持つことが出来て夫婦の部屋、そして客間と言う標準的なパターンですね。後はそれぞれの部屋の広さで家の大きさが決まってくるというわけです。
5LDK
広々とした家に住んでみたいものです。しかもそれが平屋建てだとしたら、かなり贅沢ですよね。庭もあって、など願望を言い出すときりがないですが、住みたい家をイメージしておくことは、いつか現実となるときに向けて必要なことかもしれません。
6LDK
我が家には子供が4人もいます。それも小学生から高校生までばらばらです。生活時間もまちまちなので少なくとも3部屋は欲しいところです。その上両親も一緒なのでどうしても家を建てるなら6ldkは欲しいです。幸い土地は両親が持っているので、今、その間取りを工務店さんに頼んで考えて貰っているのですが、出来上がりが楽しみです。
7LDK
今時の建売は、その殆どが3ldkか4ldkのようです。なかなか大家族用の7ldk何て言う大きな間取りの物はありません。2世帯同居や3世代同居となると、やはり注文住宅と言うことになりますね。それも2階建てや3階建ては考えていないとなるとなりレアなケースとなるのではないでしょうか。
70坪
私の田舎では1軒の敷地が50坪以下というお宅は少ないと思います。少なくても70坪ほどの土地にそれなりの間取りの家が建っています。地価が安いと言うことなのですが、都会の狭い土地にひしめき合っている私達から見ると羨ましい限りです。
間取りを坪数ごとに考えてみる
平屋建てはなんとも気分が落ちつきますが、実際に暮らすには、どのくらいの広さが必要なのでしょうか?家族構成だったり人数だったりで変わってはくるのでしょうが、およそこれくらいあればというのが分かると、今後の目安にもなりそうです。
15坪
建坪で15坪というと狭小住宅の部類に入ると思います。でも、その間取り次第では以外に住み心地のよい家ができるようです。特に段差のないフラットな高齢者にも優しい家なら文句のつけようがありませんね。老夫婦若しくは一人暮らしなら広さもちょうどよいのかも知れません。元気なうちならお掃除するにも適度の広さでしょう。ちょうどよい運動にもなりますね。
20坪
チョットかわいらしい20坪の家の間取りってどんなでしょう?2階建てにしてしまうと階段分がもったいないですよね。戸建てでは小さいと感じますが約66㎡ですから、マンションの場合だと一番よく見かける広さではないでしょうか?
25坪
先日、テレビに出ていたお宅は25坪というあまり大きくないおうちでしたが、間取りの工夫によって本当に広く感じました。住んでいらっしゃるご家族も、想像以上の住み心地に感激されていました。無駄のない動線と明かりの取り方、それに色使いなどとても工夫されていて、その効果がしっかり発揮されていると言うことですね。
平屋建て間取り30坪という限られた土地を最大限活用する方法
平屋建ての家は、最近再び人気ですよね。少子化だったり、高齢化だったりという時代背景も影響しているのかもしれません。もし家を建てるとなったら、やはり平屋建てが理想ですが、土地が広くないと難しいのでしょうか?
35坪
同じ35坪の間取りの家でも、道路の向きや周りの家の状況によってはかなりイメージの異なった家になると思います。まず土地と道路の位置関係で玄関の方位が決まります。また、殆どの場合は南側から明かりを採りたいと思うので土地の北側に建物を寄せて建てる事になりますね。ですから南玄関のお宅は前庭を広く取ることになり、来た玄関の家は裏庭が広くなるという感じです。
40坪
平屋建てを検討するとなった場合、どうしてもそれなりの広さの土地が必要な気がします。土地は狭いけれどやっぱり平屋建てが良い場合、どんな建て方があるのでしょうか?ポイントをおさえてステキな家を建てたいですね。
50坪
主人の父が残してくれた土地がちょうど50坪でした。そこで我が家ではそこに家族4人が暮らす家を建てることにしました。でも、子供達は直ぐに社会人になって家を出る予定でしたので、私たちの老後のことも加味して2階は作らない事にしました。最初暫くだけは少し狭いかも知れませんが、子供達も了解してくれましたので決めました。
60坪
土地が60坪あれば相当な家が建てられると思います。建坪率などありますが、少なくても30坪以上の建築が可能ではないでしょうか。その間取りもきっと一般的なファミリー向けで考えることが出来るでしょう。2階建てにすれば、2世帯も十分住むことが出来ますね。
80坪
今の我が家が35坪程度ですから80坪というとこの倍以上の広さと言うことになります。かなりの豪邸ですね。軽く2世帯が暮らせる広さと言うことです。広い敷地に親世帯の間取りと子世帯の間取りをドッキングさせるって面白いかも知れません。
4人家族にオススメの間取り
一般的には夫婦に子供二人という4人家族が標準とされていますね。そのような家族が住む家として一般的な間取りは4ldkと言われています。そして一つの目安として、一人あたり必要な坪数は8~10坪なのだそうです。結構広いんですね。都会で、実際にその坪数を満たした家に住んでいる方はどのくらいいらっしゃるのでしょう?以外に少ないのではないでしょうか。
5人家族に丁度いい間取り
我が家は夫婦と子供が3人の5人家族です。現在家を新築するために準備を進めているところです。まず間取りですね。設計士さんが将来的なことも色々考えて下さって子供部屋は可動式の壁を使って色々な状況に対応できるようになりました。当初は3ldkの家ですが最高5ldkにまで変化します。
コの字にするメリット
私は中庭のある家に憧れていました。庭を真ん中にコの字型をした家って昭和のテレビドラマによくあったような気がします。庭に面してコの字型の廊下があって、季節がよい時には窓を開け放し庭を通ってあっちとこっちを行き来する。何てノスタルジックな光景でしょう!!
高さを確保しよう!
平屋建てで、夏に窓を開けて家中に風が吹き込む感じはなんともいえませんよね。ですが、屋根との距離が近い分、ある程度天井を高くしておかないと部屋もみるみる暑くなってしまいます。年間を通して住み心地の良い家にしたいですね。
離れを創る
昔は広い敷地に離れのある家が結構あったような気がしますが、今は少なくなりましたね。離れは隠居した年寄りが暮らすとか、他人に貸すというイメージですが、最近の方は温泉旅館の離れと言った方が親しみあるかも知れませんね。
平面図で確認しよう
以前は2階建て、3階建てに憧れがありましたが、徐々に平屋建ての良さが気になってきました。毎日の生活を考えると、階段を含め、余計な段差はなるべくない方がケガも少なくて済むのではないかと思います。