ミルクリーク 価格 特徴 注意点

MENU

輸入住宅のミルクリークの価格と特徴、注意点とは?

北米をイメージした外観が特徴の輸入住宅メーカーがミルクリーク。

 

価格帯は高めですが、長期間使用できることをモットーとしています。

 

しかし、いかにもな特徴で好き嫌いがわかれるかもしれない、それが注意点といえば注意点でしょうか。

 

アメリカ映画みたいな家が好きならピッタリ!

映画に出てくるアメリカの住宅は、なぜあれだけかっこよく見えるのか?

 

たっぷりの敷地に、きれいに手入れされた芝生、どーんとした外観に、広々としたリビング。

 

かっこよく見えるのではなく、実際かっこいいのでしょうね、だったら家ごと海外から輸入してきたらいいじゃない?

 

そんな発想が輸入住宅。

 

しかし「‎ミルクリーク」の輸入住宅は、一味違います。

 

「Home から Way Of Lifeへ」これがミルクリークのコンセプト。

 

形にとどまらず代を超えて愛される価値ある住まい、なのです。

 

ですから特徴は、長期間住めるように様々な工夫がなされている点といえます。

 

例えば、飽きがこない外観、ふんだんに使われた高級材などで、長く済むほどに愛着が深まる家が建てられています。

 

さらに、高気密・高断熱、北米式6面体ボックス構造に制振システムを併用、2×6パワーフレーム工法を採用。

 

地震が多い日本にも十分対応できる、機構と強度を実現しているのです。

 

そして、高気密・高断熱を充分に生かす全館空調システムも取り入れています、とのこと。

 

冒頭に書いたように、映画に出てくるアメリカの住宅がいいなと思えるなら、ミルクリークは検討の価値あり。

 

北米の高級住宅街の開発をおこなったノウハウを逆輸入しているといいますから、本物でしょう。

 

北米の興味がないなら、検討の価値はないでしょう、だって「いかにも」な外観ですからね。

 

輸入住宅だけに価格は高め

価格は企画型住宅、つまりは建売り、と注文住宅で大幅に違います。

 

手元のデータによると、

  • 企画型の場合は40~60万円、
  • 注文の場合は60~100万円、

と、高めの価格帯といってよいでしょう。

 

特徴は北米の住宅をイメージしているだけに、様々な様式の家が建てられるのですが、どの様式でも坪単価が変化しない点。

 

たとえばパティオがあるスパニッシュ風でも、重厚なフェデラル風でも、カントリー調でもすべて坪単価は同一です。

 

いかにもなイメージを持たれるのがデメリットか?

日本人が日本でアメリカ風の家を建て、そこでご飯とみそ汁を食べていることに違和感は出ないのか?

 

ミルクリークで平屋建てを建てるとした、外観が外観だけに近所から「いかにも」なイメージを持たれてしまうところ。

 

そこが唯一の注意点ではないでしょうか。

 

日本の街並みでは浮いてしまう、悪目立ちしてしまうのではいか、と思ってしまうわけです。

 

街並みごとあんな家ばかりならばいいのですが。

 

でも、好きならばしょうがない。

 

構造もしっかりしているし、メーカーとしても実績は充分、私はミルクリークの家は大好きですよ。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

ミルクリークに関する記事一覧

 

ロングライフ住宅、アフターサービス。家を長持ちさせるという基本発想を持つミルクリークは中古でも安心感があります。さらに、東急グループの一員であるとか、広く支持されるデザインも人気の要素。だから、ミルクリークの中古住宅も高めの相場なのです。★長期間住むという発想日本の住宅の平均寿命は短く、50年前後でという点は様々なところで指摘されています。それに対して欧米では、100年越えも珍しくありません。原因...

 
 

まずアクセスがいい、それがミルクリークの展示場の特徴です。細部が見たければショールーム、体感したければ宿泊できるモデルハウス。ミルクリークならすべてが揃っています。これも品質に自信があるから。まずは展示場で、実物に触れてみましょう。展示場にすぐ出向ける立地の良さアマゾンが全盛の時代ですが、今一つ利用に踏み切れないジャンルがありませんか?私の場合、ファッション全般がそうなのですが、やはり試着して着丈...

 
 

キッチンの施工例をみていても、ミルクリークの独自性はよく伝わってきます。それはシステムキッチンにもあらわれており、ドイツ製の人気が高いようです。ミルクリークならではの価格で導入できるのも魅力的ですね。独特のデザインのキッチンなら北米からの輸入住宅を販売するミルクリークは、細部のデザインでも映画に出てくるようなルックスにこだわります。例えば、家造りの主導権を握りがちで、家庭を預かる奥さんが一番力を入...

 
 

長く住める住宅をうたい文句にしているミルクリークのアフターサービスは最長50年。期間は長いのですが、他に類をみないほどではありません。しかし、充実した部類のアフターサービスではありますから、外観が気に入ったならばミルクリークは選ぶ価値は充分です。本当の輸入住宅、ミルクリーク東急グループの北米法人が手がけた小さな街づくり、今では人口1万8,000人を数える立派な市になりました。ワシントン州シアトルに...

 
 

インテリアは住まいの快適性の上で重要な要素。ミルクリーク専属のインテリアコーディネータはミルクリークの特性を踏まえた上での提案をおこなってくれるので安心。しかし、依頼料を取るという評判もあります。インテリアコーディネータ、考えどころですが、、、。かわいければいいというものではない雑貨店などでカワイイものを見つけて、買って帰って部屋に置いてみると、何かが違う、、、。こんな経験はよくあるのではないでし...

 
 

ウッドデッキのある生活は楽しそうですが、それを維持するのは大変です。今は耐久性が高いウッドデッキもありますが、外回りを手入れするのが趣味というアメリカのお父さんのようなライフスタイルをミルクリークは強いるのかもしれません。外講の手入れが趣味の人向き?!アメリカの映画やドラマを見ていると、きっちりと手入れされた家の外回りは、裕福な家庭の象徴のようです。父親が休みの日に芝生や外壁、そしてウッドデッキを...

 
 

ミルクリーク・エコエディション、えらく長い名前ですが、数量限定販売で5年前ぐらいによくやっていた企画です。エコエディション・プラチナリミテッドとか、オプション満載ですからお得感はありますが、実際のところどうでしょうか?オプションてんこもりでこの価格!!「○○エディション、××リミテッド」うーん?お得な限定車を設定して、モデル末期の販売促進を狙う気か?車好きならそう感じる名称です。ミルクリークも良く...

 
 

夏場は日差しをどう対処するか?ミルクリークのような住宅にふさわしい対策はオーニングです。見た目のオシャレ具合にひかれがちですが、遮光という点でも実力があるオーニング、ミルクリークを検討するなら、ぜひ一緒に検討してください。西洋風の住宅にスダレはいただけない「家の作りやうは、夏をむねとすべし」平安時代に吉田兼好が徒然草において書き残した言葉です。日本の夏は高温多湿、非常に過ごしにくいから夏のことを考...

 
 

ミルクリークのキッチンで用意されているのは輸入物とタカラ製。タカラ製はさすが日本製といった仕様で、コストパフォーマンスも高そうです。しかし、デザインが気に入ったなら輸入品もオススメ。ものづくりについての考えがでていますから、比較して決めましょう。日本製のメリットとデメリット私はDELLのノートパソコンと東芝ダイナブックの2台を使っています。両方とも性能的に大差ないのですが、2台を比較すると、日本と...

 
 

ミルクリークの看板でもある全館空調システム、これはなんとオプション扱い、坪単価が安くなるといってもミルクリークのメリットが半減です。他にも内装のオプションを省くと外観とのギャップがすごいとか。結果オプションは高額にならざるを得ないようです。売りのシステムがオプションあつかいミルクリークの骨組み、構造躯体は欧米はもちろん、日本でも非常にポピュラーな工法の2×4。これに独自の免震機構を加え、地震が多い...

 
 

屋上のある家と聞くと色々便利で楽しそうですが、現実はそうではないようです。今まで屋上を手掛けなかったミルクリークの新ラインナップには屋上があります。ミルクリークの新機軸ですが、これは柔軟性と考えるべきなのでしょうか。屋上のある住宅はおススメしませんコンクリートやアスファルトに覆われた都市部は高温になりやすい、その対策として屋上緑化という言葉ができました。しかし、進展しているという話はあまり聞きませ...

 
 

高気密・高断熱がセールスポイントのミルクリークはオール電化に向いています。太陽光パネル搭載の実績もありオール電化、さらにはスマートハウスにも強そうです。しかし、ことさらにアピールしていないのがミルクリークの不思議なところ。さて、何がありますのやら。オール電化とミルクリークは好相性家庭用電力の小売り自由化を来年にひかえているためか、またオール電化住宅への注目が高まっています。オール電化住宅とはガスを...

 
 

埼玉最大の住宅展示場に、ミルクリークの大宮展示場はあります。多くのモデルハウスと競うように建つミルクリークは延べ床面積80帖を越える贅沢なもの。大宮展示場では参考にならない、そんなことはいわずにミルクリークの世界観をみに出かけてみてください。巨大展示場にあるミルクリーク輸入住宅は全般に屋根のデザインが在来住宅と大きく違いますので、平屋なら特別な印象をあたえられるもの。ミルクリークと平屋の相性は良さ...

 
 

ミルクリークのセールスポイントを実感してもらうには宿泊体験が一番。そんな姿勢からミルクリークは関東圏に4棟も宿泊体験できるモデルハウスを持っています。体験談を読むと素晴らしい性能が絶賛されていますが、、、気になりますね?ならばぜひご一泊を。ミルクリークの売りは見かけだけじゃない人でも何でも第一印象を大きく左右する見かけは重要なのですが、どうしてもネガティブなイメージがともないます。見かけだけ、見か...

 
 

ミルクリークのモデルハウスの壁紙はさすがとうなるようなセンスのものばかり。でも、値段もさすが、こんな場合はムリにデザイナーブランドの壁紙を使わずに、自分のセンスでチョイスして見ましょう。ミルクリークをお手本にするのも大変ですし、、、。おしゃれな壁紙のミルクリークミルクリークのモデルハウスや施工例をながめていると、なぜ内装がオシャレに感じるのか気になります。埼玉県のコクーンシティ住宅展示場にあるミル...

 
 

ミルクリークは施工例などを見てもカーペットを多用しています。しかし、カーペットに対するイメージはメンテナンスの手間など、必ずしもよいものではありません。しかしカーペットの快適さは格別、ミルクリークが推しているのもうなずけます。触感は記憶に残るだけに重要壁紙の話をしたときにハイグレードホテルの例をあげて、自己主張をしないのがいい壁紙ではないのか?と問題提起をしました。、、、いや別に問題提起というより...

 
 

高気密高断熱をウリにしているミルクリークは、優れた換気・空調システムがオプションながら用意されています。高気密高断熱と換気は深い関係を持つもの。ミルクリークの快適性は換気・空調システムで完成します。高気密・高断熱住宅こそ換気が重要そもそも隙間風が吹き込んでくるような物悲しい家では、換気など必要がありません。しかし、冬の暖かい空気や夏の涼しい空気は隙間からガンガン抜けていってしまうので、光熱費が大変...

 
 

輸入住宅、2×4工法、セールスポイントなどスウェーデンハウスとミルクリークを比較するとよく似ています。しかし全然違うのは坪単価、スウェーデンハウスはミルクリークの1.5倍はする感覚です。その価格差は家の基本性能に現れていますが、、、。さすがは北欧産というべきスウェーデン北米輸入住宅がミルクリークなら北欧輸入住宅がスウェーデンハウス。スウェーデンハウスは全国展開をおこなう住宅メーカーで、輸入住宅なら...

 
 

セルコホーム、ミルクリーク共にセールスポイントがそっくりな両社です。空調システムや外壁などの比較をしていくと違いはあるものの、ターゲットは同じに感じました。セルコホーム、ミルクリークどちらを選ぶかになると、結局スペック以外の点で決まるのかもしれません。かなりそっくりな両社ですが北米のミルクリークに対してカナダのセルコホーム。工法は両社とも木造枠組壁構法(2×4)で大差はない感じ。セルコホームはカナ...

 
 

実は2×4は3階建てが大得意、ミルクリークも最近は3階建てを前面に押し出したラインナップを発表しています。提案によると郊外の大豪邸も、都市部の狭小住宅も大丈夫。実は懐が深いミルクリーク、そんなことを実感するのです。狭小住宅は日本だけの事情ではない狭小地に一戸建てというのは日本だけの事情なのでしょうか?海外の場合、都市部はすべて共同住宅のイメージ。狭い土地に、一戸建ての家、住環境をみたすために3階建...

 
 

ミルクリークに限らず、繁忙期に向けて住宅メーカーはキャンペーンをおこないます。購買意欲を掻き立てる手でしょうけれど、キャンペーン中だから、お徳というわけではなさそうです。キャンペーンだからといってミルクリークを買い急ぎ、、、そんなケースはまれだとは思いますが。結局、タイミングの問題だけ?なぜこのメーカーで、このタイミングで、この商品を買う必要があるのか。住宅や自動車など、高額な商品を購入するには、...

 
 

それらしい外観をしてはいますが、ミルクリークの外壁はすべてサイディング、これはコストや耐久性を重視してのこと。サイディングの方が現実的なのです。それでもミルクリークが輸入住宅であることにはかわりはありません。ミルクリークの壁材はサイディングミルクリーク・ノーブルのラップサイディング、グランドの塗壁、ヘリテージのレンガの外壁。これらはすべて、国産のサイディングを用いたもので、実際にしっくいを塗ったり...

 
 

ミルクリークが寒くないのはなぜなのか、高気密高断熱なのは確かですが、業界トップというほどではありません。やはり、高価なだけあってグリーンエアによるところが大きそうです。寒いという噂を聞かないミルクリーク、グリーンエアは必須かもしれません。寒いと噂を聞かないミルクリーク真冬にショールームの宿泊体験「ミルクリーク・クラスト」を試した人の感想、ちょっと悪口ばかりかかれがちな某掲示板、、、。どんなブログや...

 
 

ミルクリークのセールスポイントでもある空調システムは非常に優秀。ミルクリークに限らず、最近の高断熱高気密の住宅は空調は必須となっています。気になるのは光熱費ですが、実際快適ならば、それほど気にする必要はなさそうです。ミルクリークには必須の全館空調システムミルクリークといえば全館空調システムというぐらい、前面に押し出してきています。業界でもトップレベルの高気密・高断熱を実現している以上、全館空調シス...

 
 

ミルクリークに結露が起こらない理由は、高断熱高気密の構造と、空調システム・グリーンエアのお影。屋根裏などにも換気システムが備わっていますから、見えないところの結露もゆるしません。さすがミルクリーク、いい話なのですが、、、。昭和のあの歌は結露についての曲だったくもりりガラスを手でふいて、あなた明日が見えるかい!そんなもん!!人生幸朗師匠の持ちネタですね。昭和の時代は、こんな曲がヒットしていたんですね...

 
 

アメリカの最新住宅事情を取り入れるミルクリークはクローゼットのバリエーションも豊富。収納は数が多いにこしたことはありませんから、これは朗報。ミルクリークを選ぶきっかけになりそうです。特にパントリークローゼットには、ミルクリークならではの新発想です。最新のクローゼット事情をいち早く日本はアメリカの10年遅れ、このことは様々な業界でいわれています。例えば、自宅で様々なビデオの配信を受けられるビデオ・オ...

 
 

ミルクリークには優秀なグリーンエアがありますので、通常のエアコンは考えなくてもいいはず。エアコンより省エネ効果が高いとされるミルクリークならではのグリーンエアですが、運転方法によって光熱費が多くかかる場合がありますので注意が必要です。グリーンエアは優秀なシステム何度か話題に上げています通り、ミルクリークには強力な「グリーンエア」という、全館空調換気システムがオプションで追加できます。エアコンやスト...

 
 

カーテン選びは重要な上に、イメージがつかみにくいのでミルクリークに限らず難しいもの。またメーカー推薦のカーテンでは輸入物が多いミルクリークなら、なおさら価格が高くなってしまいます。カーテン選びはイメージを膨らませて慎重におこないましょう。センスが問われる家造り家造りは大変、なぜなら決めることが多すぎるからです。すべて自分の思った通りの夢の家、と聞くと非常にステキなイメージが広がりますが、つまりは全...

 
 

ミルクリークの欠点を考えると、そのコンセプトが日本となじまないのではないかという点が思い当たります。しかしミルクリークのテイストは一部ファンを強力に引き付けるものであって、はじめから万人向けではありません。欠点とまではいいきれないのかもしれませんね。コンセプトのせいで日本になじまない?輸入住宅ならではの独特のデザイン、高い耐震性能、高断熱高気密、手厚いアフターサービスなどなど、それで値段は意外と普...