注文住宅 新築 間取り おすすめ

MENU

おすすめ新築注文住宅の間取りはコレだ!

失敗しないための新築住宅の間取りですが、おすすめの間取りってあるのでしょうか。

 

またおすすめする理由も合わせてご案内いたします。

 

最近はいろんな設備を間取りのなかに掘りこみたい傾向にあるのか、いろんな住宅設備が脚光を浴びています。

 

例えば玄関は土間、囲炉裏、それにビルトインガレ-ジなどなど。

 

もちろん住まいにあれば便利であったり、スタイリッシュであったりと生活をもっと奥行きの深いものにすることができます。

 

しかしあまり詰め込み過ぎると、部屋が狭くなったり、かえって不便なものになってしまったりと逆に弊害もあります。

 

いかに便利で、すっきりさせるかも間取りのポイントです。

 

そこで、参考の間取りとしておすすめの間取りをご紹介したいと思います。

 

いらないものを取っ払ってスッキリさせながら最低限必要なものを必要な場所に配置するということ・・それが間取りの妙ではないでしょうか。

 

失敗したくない新築の注文住宅の間取りですが、失敗しないためにおすすめの間取りをご紹介いたします。

とかく狭くなりがちな住まいなので、ロフトなんかは特にあこがれをもっておられる方は多いのではないでしょうか。

 

間取りに取り込むと寝室として、物置としてスタイリッシュにお部屋を演出してくれます。

 

まずおすすめの間取りとしては、収納スペ-スを増やしておくことです。

 

結構多すぎるかなってくらいが丁度良いのではないでしょうか。

 

しっかりと捨てていったり、購入を検討したりしない限り、日常生活の中で物はどんどん増えていきます。

 

どれがいるどれがいらないっていっても、結局全部いるなんてことがよくあります。

 

子供が学校に行った、職場が変わった、趣味が増えた等、どれも物が増えるキッカケとなります。

 

失敗しないための新築、注文住宅でおすすめの間取りとおすすめする理由

私自身がおすすめする間取りポイントとして、引き戸を多く採用することです。

 

できることならば、マンションの玄関も引き戸にしたいくらいです。

 

開け閉めで邪魔にならないというのが、もっとも大きな理由です。

 

空いた時スペ-スが広くなるのもおすすめポイントです。

 

洗濯ものを干せるスペ-スはできるだけ広く、しかも雨を遮ってくれるのがベストです。

 

戸建住宅など、ベランダが大きくなると費用は格段にアップします。

 

どうしても妥協してしまいがちですが、ベランダは広く、そして庇は長くというのが良いのではないでしょうか。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

新築注文住宅の間取りに関する記事一覧

 

子育てに適した注文住宅の間取りってあるのでしょうか。ここをこうした方が子育てし易いなどの情報があればご紹介します。またこうすると弊害がありますなどの情報もあわせてご案内いたします。子供はみるみる大きくなっていきます。なかでももっとも大きな分岐点は小学校から中学になった時ではないかと私自身は感じます。子供は自我に目覚め、早ければ小学校高学年で自我が芽生えて反抗期がはじまります。それまでは、遊んで遊ん...

 
 

平屋などの新築の注文住宅で、収納をメインにした間取りにはどういった例があるのでしょうか。また収納をメインに間取りを考える時、どんなことに気をつければよいかなどをご紹介いたします。自宅の収納には頭を悩まされておられる方が多いのではないでしょうか。日常に暮らしていますと、物はどんどんあふれかえっていきます。そこで家具を増やしたいのですが家具が増えますと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。特に平屋建...

 
 

新築の注文住宅の間取りですが、気に入らないことも時にはあります。一般的に歓迎されない間取りとはどんな間取りでしょうか。さらに気に入らない間取りを選ばないポイントはあるのでしょうか。珍地区の注文住宅は、なにかと今までの生活からガラッと違う生活をしたいと思ってしまいます。しかし、突拍子のない間取りは一見新しい新境地の開拓のようなイメ-ジがあるものの、生活にどうしてもなじめないものであったりもします。ど...

 
 

失敗したくない新築の注文住宅ですが、ネットでみかけるどんな間取り集を参考にすれば、失敗しないで済むのかご案内いたします。また間取り集をどのように参考にすればよいのかご紹介いたします。新築住宅の間取りを探すためにネットサ-フィンしていますと、間取り集なるものが散見されます。ハウスメ-カ-などが過去に施工した間取りを集めたサイトの他、工務店がこれまで不採用になった規格をあえて集めてサイトとして構築した...

 
 

新築の注文住宅、間取りで工夫した方がよいポイントや、おすすすめの工夫ポイントなどを口コミ情報などを参考にご案内いたします。新築の注文住宅の間取りってどこからどうして良いのかわからないし、ある程度固まってもなかなかもっと工夫した方が良いのではないかと踏ん切りがつかないものです。ちょっとした工夫のされている住まいを、見るにつけ私もこうすればよかったって後悔の連続が新築住宅のあるあるではないでしょうか。...

 
 

新築注文住宅の間取りでは、多くの方が失敗を実感しておられるようです。そんなことにならないように、契約する前のチェックポイントおよび失敗しないためのポイントをご紹介いたします。間取りに多様性が出てきているとはいえ、流行廃りは時代とともに変化していくわけで、最近の流行はロフトや天窓、大きなリビングダイニング、アイランドキッチン、吹き抜けなどいろいろあります。どれもかっこいい、見た目が良いの他、生活に多...

 
 

注文住宅の間取りってなかなか決まらないですよね。そこで新築注文住宅の間取りを決めるためのアイディアをご紹介いたします。建築における概念はどんどん変わってきているのと同時に技術もどんどん進化してきています。今や二階にリビングなんて当たり前の間取りになってきています。二階リビングですと、日当たりがよかったり、広いスペ-スを確保でき、さらに外界からの視線を遮ることもできます。また、もっとエキサイトなバ-...

 
 

新築注文住宅の間取りを決定するための便利なアプリってどんなものがあるのかご紹介いたします。多くの方が間取り決定のために使用しているおすすめアプリとはどんなアプリなのでしょうか。新地区の注文住宅の間取りで、手間取っている方はたくさんおられるのではないでしょうか。ハウスメ-カ-や工務店では、いろんな間取りを紹介していますし、また専門の設計士さんが常駐されていて、希望に応じた間取りの設計図を工面してくれ...

 
 

ハウスメ-カ-の中で、アイフルホ-ムの新築注文住宅の間取りってどんな感じなのでしょうか。口コミ情報を参考に、どんな特徴があって評判はどうなのかご紹介いたします。低コスト住宅としてその名を知られているアイフルホ-ムですが、気になるのはその間取りです。実際にアイフルホ-ムで家を建てた人は、果たしてどの間取りに納得したり満足しているのでしょうか。また逆に不満に感じているのならばどんな点に不満を感じている...

 
 

新築注文住宅の一戸建ては、私の憧れです。実現したい目標のひとつですが、非常に高い買い物だけに失敗するのが怖い!そんな小心者の私は、事前に以下の様な失敗事例から学ぶようにしています。戸建、マンションあなたならどちらを選びますか?一概には言えませんが、メンテナンスにかかる手間、セキュリティ面を考慮するとマンションでしょう。しかし、プライベ-ト感覚を充実させたいならば戸建です。私自身はマンションで、実家...

 
 

新築の注文住宅の間取りで打ち合わせに失敗しないポイントはあるのでしょうか。また打ち合わせに失敗しないための前準備やコツなどがあればご紹介いたします。ハウスメ-カ-との間取りの打ち合わせ・・緊張しませんか。私ならばきっと緊張します。ちゃんと希望を明確に伝えることができるのか、また相手がそれをしっかりと理解してくれて、実行してくれるのか、などいろいろ考えてしまって、かえって悪循環に陥ります。そんな打ち...

 
 

新築の注文住宅の間取りの中で、ウォ-クインクロ-ゼットは積極的に取りいれられているのでしょうか。また取り入れているとすれば、その評判や評価はどのようなものなのでしょうか。新築注文住宅の間取りでもっとも大きな問題となってくるのは収納の組み込みです。できるだけ家具を使わず収納する方が、見た目になのもない感じで、家の中が広く感じるものです。収納の間取りとして、もっともメジャ-なのはウォ-クインクロ-ゼッ...

 
 

新築の注文住宅の間取りで、ウッドデッキをとりいれると雰囲気はどう変わっていくのか。またウッドデッキをどう取りいれればより機能的で効果的なのでしょうか、ご紹介いたします。コンクリ-ト、鉄、木、樹脂などさまざまな素材が住宅の間取りを彩るデザインの一端になるわけですが、それぞれに取りいれた時の効果はまったくことなるものになります。例えばコンクリ-トを色を塗らずに取りいれた場合、少し冷たいモノクロ-ムでデ...

 
 

当たりまえのように鎮座している新築注文住宅の間取りにある和室ですが、もし和室なしであった場合、別段問題ないのでしょうか。和室があるメリット、そして和室なしのデメリットを合わせてご紹介いたします。リビングの横などに当たり前のようについている和室。私は個人的に和室が大好きです。全部和室であってもよいくらいですから、この和室なしという感覚はあまりわかりません。しかしながらいまの注文住宅に関して言えば、洋...

 
 

注文住宅・新築と来ると、いろいろなことを考えますが中庭を考慮した間取りはなかなかよさそう。特に平屋とは好相性、まさに新築の注文住宅でしか実現しない間取りです。中庭、なかなかよさそうですよ。近所の新築・注文住宅の平屋について非常にタイムリーなことに、私の家の近所に新築の平屋が建築中、もちろん注文住宅です。窓が大きいのは、手狭になりがちな平屋の弱点を、視覚効果で補うことを狙ったことでしょう。明るめの屋...

 
 

新築注文住宅の間取りで和風の間取りにしたい場合、いったいどんな点に注意すればよいのかご紹介いたします。また和風の間取りにはどんなメリット、デメリットがあるのかご紹介いたします。やっぱり、日本人は和風の間取り私は畳が一番だと思っています。畳に障子に襖に土間。和風には、落ち着ける要素がたくさんあるように思います。日本庭園に縁台、いろり・・・魅力的な要素がいっぱいあります。しかし今なかなか参考にできる資...

 
 

新築注文住宅において仏壇を間取りの中に取り込む方ってどんなキッカケなのでしょうか。またどんなタイミングで新築注文住宅に仏壇を購入するのでしょうか、まとめてみました。近年人気の仏壇購入実は私は、年令は50歳を目前に控えた平凡な日本男児の一人なのですが、仏壇に少し興味を抱いています。年令のせいなのでしょうか。手を合わせたくなる衝動がよく訪れるようになりました。もう人生も後半戦、のこりあとわずかともなる...

 
 

新築注文住宅の間取りですが、二階建ての場合どのように始めていけば、理想通りの間取りができるのかご紹介いたします。一階、二階にどの部屋を設置していけばよいのかご紹介いたします。二階建て注文住宅の間取りにおいてもっとも大切なのは?二階にどの部屋をもっていくのか、一階にどの部屋をもっていくのかなどの大枠を決定するのは非常に重要です。例えば、二階にお風呂やリビング、一階には寝室などといった大きなくくりを決...

 
 

新築の注文住宅で二階お風呂の間取りにおけるメリット及びデメリットをご紹介いたします。また二階にお風呂を設けることの注意点や留意すべき点があればご紹介いたします。避けて通れないのは水漏れ問題二階にお風呂を設けるとなると、どうしても気になるのが水漏れです。最近は技術も進歩していて、防水パンがかなり良くなってきていると聞きますが、しかしやはり長年使用しているとどうしても劣化して水漏れってことになると大変...

 
 

私が両親と住んでいた実家では、古い建物だったために換気が悪く、いつも結露している状態でした。カビが生えるわ、気持悪いわで、最悪でした。そんな経験から日当たりが良くて、風通しのよい間取りの住まいをどうしても探してしまいます。まあ日当たりや風通しだけが原因ではないと思うのですが・・・注文住宅に関わらず、南向きの間取りは、とても気持がよいものです。家が明るくて、観葉植物もよく育ちます。南向きの間取りに何...

 
 

新築注文住宅で同居する場合のパタ-ンはどんなものがあるのでしょうか。また同居する場合の間取りの注意点やそのほかどうすれば上手くいくのかなどのポイントをご紹介いたします。時代とともに変わる家族の形二世帯及び三世帯が暮らす、核家族が当たりまえだった時代から徐々に家族の形が変わってきているように思います。特に最近は子どもが小さくても、夫婦共働きを余儀なくされるくらい個々の平均年収は低下してきています。さ...

 
 

新築注文住宅で坪庭のある間取りにはどういった意見があるのでしょうか。そのメリットデメリットのほか、注意すべきポイントなどがあればご紹介いたします。小さくても欲しい!庭がある生活新築注文住宅で是非とも取りいれたいのは、ほんの猫の額程であったもお庭が欲しいという希望ではないでしょうか。坪庭で自分の野菜を育てたいとか、坪庭でバ-ベキュ-をしたいとか。いろいろ夢は膨らみますが、しかしなかなかほんの小さな坪...

 
 

知人に聞いたり、自分なりに調べてくと、新築注文住宅の間取りにはたくさん失敗例、成功例がありました。その中でも印象的なものをまとめてみます。成功体験と失敗体験は紙一重新築の注文住宅を建てる際の成功例や失敗例は、人それぞれあるのではないでしょうか。しかし個々が別々にあるのではなく、一つの住宅において、成功失敗が同居していると考えるべきでしょう。あれは失敗した、これは成功した、という感じで全て完璧という...

 
 

新築注文住宅の間取りに地下室があると非常に便利ですが、具体的なメリットとはいったいなんでしょうか。さらにデメリットがあればご紹介いたします。地下室は本当に便利?があるととても便利ですが、私は閉所恐怖症ですので、窓があれば良いのですが、完全な密室ですと困ります。窓があっても、新宿の高層ホテルに泊まったとき狭いビジネスホテルで、しかも高層ですから窓が開けられませんでしたので、かなり恐怖感を覚えた経験が...

 
 

新築注文住宅の間取りにおいて、洗面所はどう組み込んで行けばよいのかご紹介したします。また洗面所の間取りを考える際、どれくらいの大きさで、どんなところに気を付ければ良いのでしょうか。新築注文住宅では多くことを自分で決める必要があるもちろんハウスメ-カ-や工務店におまかせにしてもかまいませんし、その方が良い家ができるのかもしれません。しかし、もし後で後悔したくないのならば自分で自分自身の家を作り上げて...

 
 

新築注文住宅の水周りの間取りで、みなさんどんなことに満足しているのでしょうか。またさらにどういう風に水周りを工夫すればより満足できたと思っているのか、口コミ情報を参考にご案内いたします。特別な意味を持つ注文住宅の水回りにおける間取り水周りがしっかりできていますと、生活にハリがあって作業しやすい、もしくは生活しやすい住まいになるのではないでしょうか。それは生活の利便性に直接的に影響するからです。水周...

 
 

新築注文住宅の間取りにおいて、正方形の家は日本ではむしろ少ないのではないでしょうか。縦長の間取りではどのように配置すれば上手く回遊できるのかご紹介いたします。縦長の住まいは日本においては珍しくない程度問題によりますが、今の都心部においては縦長どころか、三角形であったり旗竿地というような土地がたくさんあります。都心部でなくても山あり谷ありの日本の地形ですから、意外にフラットな土地、正方形の土地って案...

 
 

高齢者になるとどうしても階段などが苦痛になります。新築注文住宅になると平屋建ての間取りなどがおすすめとなるわけです。他におすすめの間取りなどがあればご紹介したいと思います。高齢化するとどんな些細なことでも労力がかかりる労力がかかる、つまり効率がわるくなると、それは怪我などに直接に繋がります。もし新築の注文住宅の間取りを考えるならば十分に熟慮することが必要です。住み慣れた家を離れて、新たに注文住宅の...

 
 

老後に適した間取りを実現するには、新築・注文住宅が理想。平屋やバリアフリーは基本的な条件、部屋数は少な目、和室は避ける。こんな間取りが理想でしょう。老後の体の変化を考えるなら、新築で注文住宅を建てるのがベストなのです。老化を考えて間取りをプランニングする子育ても終わったから、これから後の人生は夫婦のためだけの人生を!!と思っているか、私だけの人生を!!と思っているか。そんな事情は、それぞれの家庭に...

 
 

新築の間取りを考えるとき、どうしても広さを重視したくなります。そんな場合の注文住宅ならではの方法は、廊下をなくすのです。廊下をなくせば居住スペースが増え、壁もなくなります。これが実際に広くなる、新築で注文住宅ならではの間取りです。廊下をなくすと居住面積が広がる居住面積が制限されがちな平屋の場合、どうやって広いスペースを確保するか。これは非常に深刻な問題です。平屋の場合、建売住宅などまずありませんか...

 
 

理想の間取りを考えると夫婦+子どもの数+1部屋が基本。せっかくの新築の注文住宅ですが、理想の間取りは基本を押さえておいてから。新築・注文住宅だからといって斬新な間取りを考えるだけが能ではありません。理想は意外とシンプルなのです。理想の間取りは4LDK?理想の間取りって何だろう?そんなことを考えていましたが、当然のことながら正解はありません。なぜなら、新築で注文住宅を検討しているような人と、一口にい...

 
 

新築の注文住宅、間取りを考えるのは楽しいものですが、大変な労力もかかります。こんな場合かんたんに間取りを図面化できる無料のソフトを使いましょう。新築の注文住宅の打ち合わせにさく時間が大幅に軽減されますし、家族での話し合いにも役立ちます。間取りを考えるなら無料ソフトの活用を間取りを考えるのは注文住宅の醍醐味、新築でなければこの楽しみは味わうことはできません。しかし、いちいち手で描いて考えるのは非常に...

 
 

便利な家を考える場合に有効な間取り、新築・注文住宅だと選択肢は無限にありますから迷ってしまいます。しかし収納と和室、この2つの便利な間取りは設けるべき、新築・注文住宅ならではの工夫を加えると、いっそう便利です。1軒目から満足いく家を建てるために新築で注文住宅を建てたはいいが、なぜかしっくりこない、こんなことはよくある話だと思います。例えば間取り、あんな工夫やこんな工夫を、あらかじめしておけばよかっ...

 
 

新築の平屋を考える場合には、注文住宅以外に選択肢はありません。その場合、間取りも含めて思いのまま。それだけに平屋・新築・注文住宅に対する理想がないと、家造りは失敗してしまいます。どんな間取りが理想なのか、改めて考えてみましょう。注文住宅にはコンセプトが必要平屋に住みたいと考えるならば、まず建売にそんな物件はありませんから、新築・注文住宅で家を建てる以外に選択肢はありません。自分たちの思い通りの住宅...

 
 

注文住宅で新築の間取りを検討するならば、仏間はあったほうがよいでしょう。客間や寝室などにも活用できる仏間は、便利な部屋。新築で注文住宅を考えるときに、ぜひ前向きに検討すべきは、仏間のある間取りなのです。北欧風の住宅にも、やはり和室北欧からの新築の輸入住宅!日本の住宅にはない外観も一つのセールスポイント。まるで、おとぎ話から抜け出てきたような大きな三角屋根が構えてあったりして、実にアカ抜けています。...

 
 

新築で注文住宅の家を建てるとなると、間取りなど全ての面でこだわりたくなりますが、実際それは不可能なのです。例えば風呂についても何を重要視するかを考えないといけません。新築・注文住宅の家だからできないこともある、風呂の問題がそれかもしれません。全てを優先した間取りは不可能風呂や台所、トイレなど水廻りの間取りを考えるのは面倒なものです。水廻りは配管の問題もありますから、一カ所に固めるのが一般的、さらに...

 
 

注文住宅・新築で間取りを考えた場合に、理想の部屋数はどんな人が住むかで多いに変わります。老夫婦の場合は1LDK、注文住宅・新築ならではの間取りですし、老後をメインに考えると理想の部屋数。色々と想定するとこうなるはずですが。理想の部屋数は「家族の人数+LDK+1」新築・注文住宅となると張り切り過ぎて部屋数を多くしがちですが、理想の部屋数は家族の人数+LDK+1。ここでの「+1」とは客間をメインにした...

 
 

平屋を新築・注文住宅で建てるならコンパクトなものになりますから、税金も有利になります。しかし、新築・注文住宅で間取りが自由だからといってロフトの面積を増やしすぎるのも問題。居住スペースが広すぎて固定資産税がかかることになりかねません。本来ならば住居は平屋建て平屋住まいのメリットとして、余分な部屋がないから掃除が楽。2階に上がったりする用事がなくなるから、足腰に不安があっても大丈夫だとか、事故の心配...

 
 

間取りは長方形に部屋を割り振るのが基本。ですが、せっかくの新築・注文住宅なのです。思い切った間取りを考えてみませんか?平屋ならば中庭がオススメ、活用アイデアやメリットいっぱいの新築・注文住宅ならではの間取りです。間取りは長方形が基本ですが注文住宅で新築、まあ好き放題できるのですが、家自体は長方形、直方体を選ぶのが間違いありません。ですから、自然と間取りも長方形を基本としたものになってきます。なぜ、...

 
 

新築・注文住宅を選ぶ人ならば、ちょっとない間取りを実現させたくなりますが、その内の一つが土間でしょう。土間は何かと便利なスペース、家が個性的になりますから新築・注文住宅にはぴったりです。ただ、デメリットもとても大きいのですが。あらかじめ土間の可能性を入れておく土間と聞くとずいぶん昔の家にあるもの、最近すっかり絶滅した間取りのような気がしますが、実はそうではありません。最近の間取りでは土間が復活して...

 
 

二階リビングは自由度が低い間取り、新築・注文住宅の魅力が半減してしまいます。新築・注文住宅だからといって二階リビングを間取りだけで快適にするのも限度があるのです。快適性・利便性の工夫が必要になってくるのです。二階リビングは、利便性に難あり平屋をいくら建てたいといっても、敷地的に制限がある。住宅密集地だから、新築・注文住宅で間取りをいくら工夫しても、採光を考えると平屋は無理。そんな場合、解決策として...

 
 

新築・注文住宅で間取りを考える場合に、最優先すべきなのは家事動線。洗濯物をどこに干すか、間取りにあらかじめ組み込むべきです。これも新築・注文住宅だからできること、洗濯物を優先する間取り。ちょっと夢はありませんが。バーベキューもいいですが、、、新築・注文住宅で間取りを考えているときに、なぜか優先しがちなのが非日常的なことです。例えば、親戚が泊まりに来たらどうしよう、天気のいい日はバーベキュー、夏場は...

 
 

平屋は床面積に弱点がありますから、中二階といった間取りを設けるのは注文住宅・新築ならではの強みです。中二階については参考になる間取りが住宅メーカーから発表されていますので、注文住宅・新築の検討時に参考にしてください。延床面積が問題になる平屋建て家の中の最大の障害物といえば階段、特に足腰が弱ってくるような年齢になると、階段は非常にこたえます。だったら、始めから階段をなくしてしまえばいいではないか?と...

 
 

注文住宅で新築の家、さらに平屋となると日当たりの問題が気になります。しかし南向きの敷地さえ選べば問題なし、日当たりは確保可能。間取りについは中庭がベストでしょうし、注文住宅・新築ならではの間取りですが、コストを考えると難しそうです。近所の新築・平屋が気にかかる!!私の家の近所、徒歩30秒ほどのところに、まさに注文住宅で新築の平屋が建とうとしています。こんな記事を担当しているだけに非常に気になります...

 
 

平屋建ての新築・注文住宅の間取り図を見ていると吹き抜けが最近はやっています。床面積が制限される分、吹き抜けを活用して広さを演出、新築・注文住宅ならではの間取り。では、吹き抜けを設ける上での注意事項は?以下でちょっと考えてみましょう。平屋建ての家をもう一軒見つけました以前、新築・注文住宅で平屋建てという家が近所に新築中というお話をしました。私は新興住宅地に住んでおり、比較的新しい家を目にする機会が多...

 
 

うまい間取りを造るには、成功例を参考にする。新築・注文住宅だから自由な間取りが可能ですがむやみに造るものではありません。新築・注文住宅だからこそ慎重に。成功例はまたとないテキストです。そして、間取りアプリで具体化させましょう。最近活躍するのは、間取り制作のアプリ新築の注文住宅となると、一番頭を悩ませるのは間取り。住宅メーカーの担当営業に希望を伝えて、それの具体案を見せてもらって、、、というのが通常...

 
 

新築・注文住宅となると家相的に凶は避けたいもの。西玄関は吉でも凶でもない間取りですから、どんどんやってしまいましょう。家相を考えなくても、西玄関は非常に合理的な間取りなのです。新築・注文住宅なのに気にしすぎはよくないですよ。西玄関はそんなに気にする必要はない家の間取りを考えるときに家相を気にする人は、関東地方で30%、東海地方で70%。何だか古臭い考えと思っていても、いざ家を建てるとなると、皆が気...

 
 

西側道路だと西日が大変。しかし新築・注文住宅で間取りが何とでもなるならば、対策は立つのです。西側道路に面して、採光がいらない風呂を持ってくる。これぞ新築・注文住宅ならではの間取りなのです。西側道路の場合も間取り次第土地の選定段階から注文住宅を考えているならば、人気の南道路をあえて避けて、西側道路で売れ残っている土地を購入する。値段的にも多少は安くなっているかもしれませんからお得です。そうはいっても...

 
 

注文住宅で間取りを考えると、洗濯機の位置など家事動線は気になるもの。新築だからととらわれすぎるのもどうでしょうか?新築・注文住宅で目立つのが、家事動線を気にしすぎた間取り。洗濯機の位置も意識しすぎに見えるのです。洗濯機と物干しスペースの距離は?主婦にとって家は仕事場だから、効率を考えた間取りにしなくてはいけない、これでは何だか工場のレイアウトを考えているよう。「夢の」とか「あこがれの」マイホームで...

 
 

新築で注文住宅は、施主の注文が間違っていても誰も指摘をしてくれません。もっと効率的な間取りはないか?そんな相談に乗ってくれる業者があります。新築・注文住宅だからこそハマりやすい罠。事前に相談して完璧な間取りを目指したいものです。間違っていても誰も指摘はしてくれない何といっても新築・注文住宅ですから、とはいっても予算次第ではありますが、施主の思い通りの家が建ちます。しかし、その「思い」が正しいかどう...

 
 

新築・注文住宅の傾向は窓をやたらと大きくしがちですが、それは考えもの。日本の伝統的な町屋を考えると窓は必要最小限、それに準じた間取りです。新築・注文住宅だからといって窓や間取りを自由にすることで、家の機能が損なわれることもあるのです。気候や地域で変化する窓南北に非常に広い地域に広がるヨーロッパ、気候帯で見ても亜熱帯から寒帯まで、その範囲に含まれます。ですから、地域によって農産物など様々な違いがみら...

 
 

間取りを自由にできる注文住宅での注意点は家事動線。新築だからこそこだわるべきところです。必要なのは想像力、新築・注文住宅なら理想の間取りを考えがちですが、実際使った場合にどうなるか、想像力を働かさなくてはなりません。間取りでの注意点は収納ではない新築・注文住宅で失敗したと思う点は?といったアンケートを取ると、かなりの確率で収納という答えが返ってきます。それは、収納の間取りの取り方に問題があるのでは...

 
 

家相を考えると東玄関はよい間取り、せっかくの新築・注文住宅ならば、吉とされる東玄関の間取りを実現したいもの。しかし、それが理想の生活を妨げるならば本末転倒です。新築・注文住宅ならば、家族の希望の間取りを一番に考えたいですね。基本的な知識ぐらいは知っておくべき?奈良時代に中国から伝わった風水の考え方が、日本で独自に発展を遂げたのが「家相」です。玄関やトイレ、門など様々な設備が家の中心から見て、どの方...

 
 

南玄関の間取りにはムダがあると考えがち、新築・注文住宅ならばこだわりたいところです。しかし南向きも一長一短、すべてがよいわけではないのです。新築の注文住宅ですが南玄関ぐらいにするのがちょうどいいのかもしれません。南玄関は家相から見ても大吉です家相の考えでは、玄関が家の中心から見て南や東にあるのが吉、南東にあるのが大吉とされています。本当はこれに加えて、家の主人の生まれ星を加味したりするのですが今回...

 
 

新築・注文住宅で考えるなら南道路の間取りが採光面ではベスト、実に明るい家になります。しかしそれ以外でも間取り次第なのですが、平屋限定で考えるならば、南道路がベスト。新築・注文住宅・土地も選べるならば、よりよい条件となるのです。南道路ならば採光面では理想的新築・注文住宅、そして土地まで自由に選べるならば、南道路はおススメです。土地を選ぶ場合に採光や通風、水はけ、地盤など気にすることは色々あります。採...

 
 

新築・注文住宅にもかかわらず、間取りについての悩みは尽きません。その中で最大なのは収納について。どれだけ間取りを工夫してもこの悩みは解決できなさそう。なぜなら新築・注文住宅でも解決できないところに、その原因があるからです。理想の家は、なかなか建たないものです新築・注文住宅でせっかく家を建てた人でも悩みというものはあるようで、、、。中でも間取りの悩みというのは、非常に多いものとなっています。昔から3...

 
 

新築・注文住宅の家を建てる場合には、将来の間取り変更をにらんだ間取りにしたほうがよさそうです。具体的には構造に関した壁などをあらかじめ造らないなど。新築・注文住宅のメリットはこんなところにもあるのです。間取りの自由が利く「サキタテ」老後の夫婦二人だけの平屋、このように限定して始めから間取りを考え、新築・注文住宅で建てる場合ならば何も問題はありません。しかし、家族で住むことが前提だった間取りを、老後...

 
 

新築・注文住宅ならば、風水にのっとった間取りも自在です。しかし風水も心地よく暮らす知恵なのですから、風水に捕らわれて思った間取りができなくなるのはNG。新築・注文住宅を台なしにすることだけは避けたいものです。風水にのっとった間取りを実現?家相という考え方は、中国から入ってきた風水が日本で独自に発展したもの。ですから、家相的に凶である間取りが風水的に凶ではないということはよくあります。例えば、家相で...

 
 

新築・注文住宅となると、間取りは自由に決められる反面、個性的過ぎる間取りは人気薄。売却も視野に入れるならば人気のあるスタンダードな間取りが一番です。売却を考えないなら、逆に新築・注文住宅の利点を充分に生かすべきなのです。2LDKなどが依然として人気ですが分譲住宅やマンションはメインの客層が新婚のカップルなどになりますから、今後家族が増えることを見越した間取りが人気。夫婦で1部屋、子どもに各1部屋と...

 
 

新築・注文住宅で間取りを考える際に、勝手口で迷う人は多いもの。すでに過去のものと考えがちですが、最近はやりの玄関と共通点も多いのです。勝手口は新築・注文住宅だからこそ、検討の価値がある間取りということができそうです。勝手口はゴミ出しのためだけに?玄関と別につくられた台所のそばにある出入り口、勝手口。イメージは御用聞きが出入りするような場所といったもの。御用聞きなんて、最近では姿を見かけなくなりまし...

 
 

新築・注文住宅で間取りを考えるときに、必ず出てきては却下されるアイデアが書斎スペース。床面積に制限があるならば当然です。しかし、書斎はアイデア次第。新築・注文住宅でしか実現不可能なロフトなどを活用して、趣味に活かせる間取りを考えてみましょう。一部屋を書斎に割くというのはムリならば注文住宅・新築となると、間取りが自由なのをいいことに書斎を欲しがる、これが男性側によくあるパターン。女性がキッチンにこだ...

 
 

新築・注文住宅という選択ならば平屋。こんなトレンドの間取りで実例を見ていくと、かなり合理的なものがあるのです。こんな間取り不便じゃない?そう考えがちな実例ですが、かなり合理的。新築・注文住宅でないとできない間取りです。平屋建ての流行は想像以上新築・注文住宅のトレンドとして、平屋建てという流れがあります。私の家の近所に2軒、300軒程度からなる住宅地全体でもざっと数えただけですが、10軒弱の平屋建て...

 
 

新築・注文住宅なのに意外と制約が多いのが住宅メーカー。間取りなど、どこまで自由設計を求めるかがポイントです。本当の自由設計ならば途方もないお金と労力がかかります。新築・注文住宅で間取りを決める、この程度の自由なら、住宅メーカーのものでも充分と思いますが?住宅メーカーのものは自由設計?新築・注文住宅の家だから、間取りも含めてすべて自由設計できるか?というと意外と制約が多いもの。大手のハウスメーカーほ...

 
 

注文住宅ならペットと共生する間取りも自在。色々なアイデアを各住宅メーカーが出していますから、いい所取りで新築する注文住宅の間取りに反映させましょう。ペットもきっと大喜びです。ペットとの共生は昨今のトレンド子どもも独立したことだし、広い家はいらないし、これから高齢になると賃貸マンションは借りれなくなるっていうし、、、。そんな発想から平屋建ての住宅を新築・注文住宅で建てる人が増えているといいます。そし...

 
 

注文住宅の場合は要望をどの程度反映してくれるかが勝負。ミサワホームの場合、間取りなど提案をおこなうのはスペシャリストぞろい。新築注文住宅の自由度にふさわしい思いをかなえる間取り、ミサワホームなら実現できそうです。営業じゃなくて?デザイナーじゃなくて?ミサワホームで住宅を販売しているのは、営業ではなく「ホームエンジニア」、住宅に対する様々な知識のスペシャリストです。ホームエンジニアを名乗れるのは、設...

 
 

リビングの間取りに対する悩みは、注文住宅で力を入れた箇所だけに、深いものになります。しかしそれらリビングの悩みについては間取りを決める自店で想像がつきそうなもの。新築の注文住宅ならなおさら考えるべきなのです。リビングの吹き抜けが失敗だったのか?「念願の新築・注文住宅なのに失敗した所は?」そんな問いに対する回答は、圧倒的に収納になります。そして次に来るのがリビングの間取り。家族が長時間過ごす場所だけ...

 
 

新築注文住宅。リビング階段は見た目が非常にいいので、間取りに取り入れてみたいという人も多いはず。しかしメリット・デメリットとともに大きいのがリビング階段、新築の注文住宅と間取りを自由にできるからこそ、よく考えてみるべきでしょう。リビング階段はコミュニケーションに有効アメリカンホームドラマ、というかシチュエーションコメディというか、、、。その舞台の多くは実にアメリカンでデラックスな造りの住居、リビン...

 
 

新築注文住宅で、共働きを意識した間取りを考えます。例えばキッチンやクローゼット、洗面所。これらを一工夫するだけで家事の負担はぐっと軽減されます。注文住宅ならではの共働きを意識した間取りの紹介です。家事負担を軽減するキッチンとはこれも不況が原因でしょうか?ライフスタイルの変化でしょうか?共働きの家庭が増えています。経済的な理由にしろ、やりがい的な意味にしろ、奥さんは主婦だけをしていればいい時代ではな...

 
 

注文住宅で採光を重視するなら南向き、リビングなどの間取りを固めます。また立地で難しい場合でも新築の注文住宅ならば天窓を設けるなど採光の工夫は可能。他にも間取り次第という点は多いものです。南側をなるべくあけるという工夫採光を考えることは、住宅を建てる上で非常に重要なこと。建売の場合はあらかじめ計算されている上に、実際の住宅で確認ができるので、まず問題はありません。しかし、新築・注文住宅となると計算と...

 
 

注文住宅となると何か変わったことをしないといけないと考えるのでしょうか?最近は家事室などを設けた間取りを目にします。限られた間取りを家事室に割く、本当に必要なのでしょうか?注文住宅でもオーソドックスな間取りでよくないですか?家事室で一体何をするのか?パントリー、シューズクローク、ファミリーエントランス、、、。昔はあまり聞かなかったような、設備が新築・注文住宅の間取りでもうけられている。そんなケース...

 
 

間取りは家事動線に大きな影響を与えます。注文住宅の間取りというと、部屋の配置ばかりを考えがち。しかしアクセスを考慮に入れると、家事動線もずいぶん効率的になります。新築注文住宅の場合は各部屋のアクセスも考慮しましょう。家事動線について、いささか食傷気味です間取りを考えるときに、一番大切にしなくてはいけないのは家事動線、次に収納、、、何だか食傷気味ですが、そのようです。しかし、そんなに家事動線って大切...

 
 

新築の注文住宅の場合、玄関周りの間取りを好きにしすぎると使い勝手の悪い家になってしまいます。玄関周りは設計担当と念入りに話し合って決めたい間取り、注文住宅を寝室する際に陥りがちなミスは、可能な限り避けたいものですね。迷信だとバカにできない家相家の中心から見て、設備がある方角から吉凶を考える家相が学問として完成したのは江戸時代。中国大陸から入ってきた風水の考え方が、日本独自に発展を遂げた形です。そん...

 
 

新築で注文住宅を建てるときのきっかけは子ども。子ども部屋の間取りは自然と力が入ります。しかし独立後を考えて、子ども部屋の間取りに力を入れないというのも昨今のトレンド。注文住宅だけにどうとでもなりますから、ここは考えどころです。子ども部屋を考えるときに重要なこと子どもができた!!家を造るときのきっかけとして、子どもは重要な要素ですから、子ども部屋などの間取りには力が入ってしまいます。加えてバーベキュ...

 
 

注文住宅だからこそ、張り切って間取りを考えたのに、どうも今一つ、こんな失敗談はよく耳にします。また注文住宅なのにつまらない間取りになったという失敗談も耳にします。結局失敗しない間取りはないということなのですが、、、。自由にできる間取りだからこその失敗談新築・注文住宅だから、自分たちらしい家を、、、そんな風に張り切った結果、使いにくい家になった。そんな失敗談をよく聞きます。注文住宅となると、間取りも...

 
 

注文住宅を新築する場合、間取りは施主が希望を出すことが大前提だワン!そのためには希望をはっきりさせておかないといけないよ。あなたの希望が具体化したものが、注文住宅の間取りとなるわけですからね。施主が希望を明確にしなければ先に進まないんだワン。シミュレータを使うことの功罪以前、間取りの希望を伝えるのに、フリーのシミュレーションソフトを使うと便利という話をしたことがあります。しかし、それを受けた住宅メ...

 
 

注文住宅の間取りを考える時、アレもこれもと欲張ってはダメだワン!ランドリールームを間取りに加えることもそうかも。新築だから、注文住宅だからと無駄なアイデアを考えてしまいがちだワン!間取りに余裕があるならばそれも良いのですが、わざわざランドリールームを別途造る必要はないのかもしれない。新築ならではの設備に、ひと工夫するだけで充分なのだワン。洗濯物の問題はかなり深刻冬場に晴天が見込めない地域では、洗濯...

 
 

注文住宅で平屋建てを新築する上で、間取り上の不足の解消にロフトを選択することが有効なのか?しかし、ロフトはデメリットも大きいもの。新築で注文住宅を建てるならば、2階建ての方がやっぱり平屋より便利な面もあるワン。世帯数が多い場合は、平屋よりも2階建てを選択し、ロフトを設けなくとも快適な間取りを考えるほうが得策なのか?メリット・デメリット両方あるロフトロフトとは中2階風の部屋、もしくは屋根裏部屋を指し...

 
 

注文住宅で家を建てるならば階段はなるべく造りたくない。。それは、階段は間取り上デッドスペースになってしまうからだワン。もし新築する敷地に余裕があるなら階段を作らないほうがいい。階段がない間取りの注文住宅、これが理想なんだと思うんだワン!できれば造りたくないのが階段2階建ての住宅が普及したのは昭和に入ってから、人口が増えて土地の有効利用を考えざるを得なくなってからです。それまでにも、商家や武家の住宅...

 
 

新築の注文住宅で必要な間取りを考えるにしても、土地の広さや予算など様々な制限を受けるものだワン!ならば、制限を受けた上でどのような間取りや広さが可能か、って前向きに考えていくことが大切だね。これぞ新築・注文住宅の醍醐味。こういう時こそ、シミュレータが有用なんだワン☆間取りは将来のことも考えて家族+1+LDKの間取りが、広さとしてはちょうどよいということは、以前お話しした通り。例えば新婚カップル。子...

 
 

注文住宅の間取りがやっと決まったと思ったら、義父義母からの口出しが入るのはよくあるケースだワン!これを防ぐには新築を考えた早い段階から、間取りについて相談を持ちかけるのがベスト。注文住宅について、口出しのネタ全てを枯らしてしまうのが、気持ちよく新築するためのコツなのです!間取りが決まったところで口出しが!!注文住宅の間取りは、すんなり決まるものではありません。夫婦間の意見を取りまとめ、住宅メーカー...

 
 

新築で注文住宅を建てた後、ずっと後悔している人って意外と多いんだワン!でも後悔のない間取りなんて、そもそもないということも事実なんワン!注文住宅で自由になる間取りを考える際に、どれだけ頭を使ったか?このことと満足は比例します。新築の特権なのです。間取りのおススメはワンフロアです注文住宅で平屋建てを実現する、そんな場合に一番のおススメはワンフロア。床面積に制限が出がちな平屋建てですから、居住に関係の...

 
 

新築の間取りの決め方には、なぜ新築で建てようと思ったか、その動機が重要になるんだワン!その動機にもとづいて間取りを決めていく。自由度が高い注文住宅だからこそ、動機の部分がとても大切なんだ。でないと、せっかくの注文住宅の意味がなくなってしまうよ!理想の間取りには動機が必要どんな家に住みたいのか?幼稚園児に聞いたなら、海底の家とか空中の家とか、夢にあふれたほほえましいアイデアが出てくるはず。ところが、...

 
 

新築したのに間取りが狭い、こんな悩みを僕はよく耳にするんだワン!注文住宅なのに狭い、この原因は狭く感じる間取りを採用しているから。注文住宅だからこそ、広く感じる間取りを新築できるのに、、、間取りが狭いという深刻な悩みリフォームをテーマにしたテレビ番組を観ていると、取り上げられる題材の多くが、狭い間取りをどうにかするというもの。それだけ、狭い間取りに悩んでいる人は多いのでしょう。新築で家を建てるとな...

 
 

新築で間取りを考えるときに、鬼門を重視することは大切なのか?注文住宅の間取りだけに鬼門を考慮する・しないは自由自在!新築の間取りを考える楽しみや、注文住宅の自由性に制限を掛けると考えるならば、鬼門なんて考慮しなければいいだけの話という考え方もあるワン。「鬼門なんて古臭い考えだよ」派鬼門についてどう考えるか?これは、始めにきっちりと決めておかないと、面倒なことになりがちです。鬼門のせいで間取り変更を...

 
 

新築、理想の間取りは、具体的なイメージがないと、やり直しばかりで疲れるワン!間取りのやり直しは注文住宅である以上当然ですが、度重なると注文住宅だからといっても、お互いにストレスになっちゃうよね。新築ができるまでの過程もスムーズに越したことはないワン。間取りのやり直しは何度でもできるけど・・・?間取りの決定はくれぐれも慎重にしないといけません。そのためには住宅メーカーとの密なコミュニケーションが大切...

 
 

注文住宅の間取り図をみながら家相を検討する、、、これでは全然ダメなんだワン!新築が決まり土地選びの段階で、家相の検討をしなければ意味がないんすよね。家相に拘り過ぎると、注文住宅の間取りを決める新築の楽しみが台なしになる可能性が高い!そう思うならば、家相なんて一切無視するのがよさそうですが?家相の大元の風水もね、、、中国からはいってきた風水の考え方が、日本で独自に発展したものが家相。始めは井戸やかま...

 
 

新築の間取り、失敗したランキングの上位は案の定、収納なんだワン!その他の間取りの失敗も、反面教師として大変勉強になりました。注文住宅を建てる前に悩むか、建てた後に後悔するか。。。悩むのは建てる前だけにしたいワン!後悔してしまう間取り、そのポイントは色々悩み、家族で相談し、住宅メーカーとも打ち合わせをして、新築で建てた注文住宅。しかし、いざ住んでみると、ああすればよかったと後悔ばかりしてしまうもの。...