積水ハウス 2世帯住宅

MENU

2世帯の距離感をグッと近づける!積水ハウスが進化中!

積水ハウスの2世帯住宅は『カゾク・ト・カゾク』というタイトルでその家に住む”家族の距離感”をコンセプトにあげています。

 

2世帯住宅では1世帯で普通に新築を建てるよりも解決しなければならない問題が多くあがります。

 

それでは、積水ハウスの考え方を見て行きましょう。

カゾク・ト・カゾク

積水ハウスが掲げているコンセプトは『家族同士の距離感』です。

 

それぞれの家族が大切にしたいことは何か、それぞれの家族に必要なものは何かを考え、プランニングに活かしていくという事を謳っています。

 

それにはアイデアが重要で、それをこうしてコンセプトに掲げてまで推してくるということは余程の自信があるのでしょう。

 

しかし、家づくりにおいてそれは当然の事。

 

漠然とした問には、漠然とした答えしか帰ってきません。

 

このコンセプトで良い家を作るには、家族のことをより具体的に考えていく必要があります。

 

そしてそれを家を設計していく側と細かく共有していかなくてはなりません。

 

言ってみると単純なことですが、たくさんの人が関わる家づくりでは、実はこの事が一番のハードルです。

 

積水ハウスの『カゾク・ト・カゾク』のコンセプトは、相談~実現までのプロセスに自信がある、ということを暗に主張しています。

 

積水ハウスの2世帯住宅に関する口コミ

 

日本に居て積水ハウスを知らない人はいないでしょう。

 

信頼と実績、さすがの大手です。

 

しかし、天下の積水ハウスと言えども人の子。

 

上に掲げたコンセプトを実現するには、良い担当者との出会いが必須です。

 

積水ハウスがそこにどれだけの力をかけているのかは分かりませんが、口コミを参考にその辺りを覗いてみましょう。

 

特に特筆するべきだと思った点をあげていきます。

 

二世帯住宅の副収入化

 

さすがの提案力と言ったところでしょうか。

 

「二世帯住宅の広い敷地を活かして一部をアパートとして貸し出すことで、副収入が得られる家も良いのではないか?」

 

担当者の方からそんな提案を受け、目から鱗を落とした人の書き込みが目を引きました。

 

必要と思ってなかったものまで考えさせてくれる提案力は賞賛ですね。

 

モデルハウスの好青年

 

マイホームを建てるのにモデルハウスへ足を運んだお子さん連れのご夫婦の書き込みです。

 

モデルハウスの使いやすさを丁寧に説明してくれるだけでなく、話を聞いてくれたり、小話を混ぜて場を和ませてくれたり。

 

そんな担当者の方に好印象を持ち、積水ハウスに決めたとおっしゃっている方もいらっしゃいました。

 

悪い意見も多々ありましたが、その多くが良い担当者の方に巡り合えなかったことが原因なのかなと思います。

 

積水ハウスに限った話ではありませんが、家づくりの最初の一歩は良い出会いを粘り強く探すことではないでしょうか。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

積水ハウスに関する記事一覧

 

積水ハウスの3階建ての住宅は複数のプランが用意されています。新築で家を建てるとなると、2階建ての住宅が一般的です。それを3階建てにしようと思った場合、価格はどれくらいになるんでしょうか。積水ハウスの3階建て住宅の価格を調べてみました。積水ハウス3階建てのプラン積水ハウスでは3階建てのプランがいくつか用意されています。BIENA/鉄骨造 Gio-Tristage/鉄骨造あまり一般的ではありませんが、...

 
 

積水ハウスは2014年の1月に新商品の4階建て住宅、「BEREOPLUS(ベレオプラス)」を発表しました。メーカーが発表した坪単価は70万円~となっています。あれこれオプションなどをつけると価格はさらにあがりそうですし、プランによっても振れ幅があるでしょう。今回は積水ハウスの4階建て「BEREOPLUS(ベレオプラス)」に注目してみました。「BEREOPLUS(ベレオプラス)」とは「BEREOPL...

 
 

5階建ての住宅というとあまり耳馴染みはありません。ですが、近年では3~5階建の住宅に賃貸フロアを設け、副収入を得ようという”併用住宅”というプランが徐々に浸透してきているようです。もちろん積水ハウスでも対応しています。積水ハウス独自の工法で、自由な間取りで設計が可能です。積水ハウス「BEREO PLUS(ベレオプラス)」2014年の1月に発表、発売された積水ハウスの「BEREO PLUS(ベレオプ...

 
 

積水ハウスでも一般的に採用されている5LDKですが、平屋となるとかなり広い敷地が必要です。積水ハウスの施工例を見てもほとんどが2階建て。5LDKがどんな人に向いているのか、どの程度の予算が必要なのかを考えてみました。5LDKの特徴2階に4部屋、1階に和室を設ける間取りが一般的です。2階に寝室を一部屋に子供部屋を三部屋、一階に和室。お子さんがいらっしゃるご家庭や、少々手狭ではありますが、二世帯で住む...

 
 

積水ハウスではアフターメンテナンスとして3ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年に定期点検を行っています。10年点検では、水回り設備や防水などの基本機能の他、総合的な点検が行われる節目の年です。積水ハウスの10年点検を受ける際の注意点をまとめました。引き渡しから10年後かれこれ10年の歳月が経過し、家もその周りも様子が変わっている頃だと思います。人によっては、リフォームなんかも視野に入ってくる時期...

 
 

積水ハウスは3ヶ月点検・1年点検・2年点検・5年点検・10年点検・15年点検と、アフターメンテナンスのための定期点検を行っています。積水ハウスの15年点検では、いつまでも快適に暮らしていくための様々な点検をする、とあります。具体的にどんなことを点検するのでしょうか?内容と注意点をまとめました。引き渡しから15年後引き渡しから15年の歳月が経つと、家も家族も随分とたくさんの変化を経験していることと思...

 
 

住宅にピアノを置こうかと考えている人は、床の補強と防音について悩んでおられる方が多いようです。積水ハウスでは、その辺りはどうなんでしょう?今回は積水ハウスで新築を建てる場合のピアノの床補強と防音について考えてみました。床補強についてピアノを置く場合に床の補強が必要かどうか。必要だと言う方がいたり、必要ないと言う方もいたり、意見が割れているようですね。ピアノの荷重が一般的に250~350kg。床の荷...

 
 

積水ハウスで新築を計画している人に、パントリーが欲しいと考えておられる方は大勢いらっしゃると思います。積水ハウスのパントリーってどうなんでしょうか?今回は計画の際の注意点などをまとめてみました。積水ハウスのパントリー積水ハウスでは、ウォークインタイプや壁面収納など、使用者が使い易い様に提案してくれます。積水ハウスのパントリーは、実際に積水ハウスで家を建てた人や、住宅展示場に足を運んだ方の口コミでは...

 
 

積水ハウスでは、陸屋根やバルコニーには主に防水シートを採用しています。シート防水材を繋ぎあわせて、浸水を防ぐ工法です。施工性、耐久性、耐候性に優れた防水ゴムシート、塩ビシートの2種類があり、それぞれに特徴がありますが、共通しているメリットは費用が安く、コストパフォーマンスに優れているところですね。単体の強度はありますが、繋ぎあわせた箇所が弱いのがデメリットです。薄いため、鳥害や衝撃に弱いのも特徴で...

 
 

積水ハウスでツーバイフォー工法を扱っているかどうかが気になっている方だと思います。結論からいうと、積水ハウスはツーバイフォー工法を扱っていません。今回は積水ハウスがどんな工法を採用しているのかに焦点をあててご紹介します。積水ハウスが扱っている工法積水ハウスではツーバイフォー工法を扱っていません。しかし、積水ハウスが取り扱っている木造のシャーウッド構法は在来軸組構法とツーバイフォー工法の間の子の様な...

 
 

積水ハウスが提案する3つの防犯、「見える防犯」「守る防犯」「知らせる防犯」の中で、「見える防犯」に関わる大事なところ。ドアホンにはあまり拘らないという人もいるとは思います。今回は防犯面からとコスト面から積水ハウスのドアホンを考えてみましょう。積水ハウスの見える防犯空き巣が留守かどうかを確認する方法のひとつとして、インターホンを押して見るという方法があります。そこで、積水ハウスではTV付きのインター...

 
 

ベランダに関連した積水ハウスの口コミをまとめてみました。全てではありませんが、気になったものだけを抜粋してあります。ベランダの笠木を無料交換10年点検の際に、ベランダの笠木を無料で交換してくれたという話。構造的には特にどこが問題というわけでもなく、ただ塗装の傷みを見て交換してくれたそうです。施主さんは、「未だになんで無料なのかわからない」語っていましたが(笑)ベランダの手すりの厚み壁タイプの手すり...

 
 

モデルルームの抽選販売、たまに見かけますね。積水ハウスでもモデルルームの販売は行っています。書かれている値段だけを見ると格安のように感じられるのですが・・・。モデルルーム抽選販売住宅展示場に建てられている物件はだいたい5年前後で建て替えられます。そのため、モデルハウスを無駄にしないようにと販売する業者も多いです。展示場モデルハウスに足を運んだことがある人はわかると思いますが、あの豪華で立派な家が、...

 
 

積水ハウスの『ゆかりの家』。本格的な和の暮らしを提案し、2007年にはグッドデザイン賞を獲得しました。今回は、積水ハウスのシャーウッド『ゆかりの家』の良いところ、悪いところを様々な角度から見て行きましょう。グッドデザイン賞を受賞した理由縁の家(ゆかりのいえ)が2007年にグッドデザイン賞を受賞したのにはワケがあります。伝統的な日本の家を、現代の価値観の上に蘇らせたこと。そしてその完成度が高いことが...

 
 

積水ハウスでリノベーションをする人は、積水ハウスで新築を建てた人が多いと思います。リフォーム業に力を入ればじめてから日が浅いと言われていますが、その実力はいかに?積水ハウスでのリノベーションに関する口コミをまとめます。積水ハウスでのリノベーションに関する口コミなぜ積水ハウスを選んだのか?という質問には、やはり「新築を積水ハウスで建てたから」という理由が一番多かったです。積水ハウスはオーナー限定の会...

 
 

積水ハウスでのリフォームの費用は他のハウスメーカーに比べると少し割高だと言われています。今回は、積水ハウスでリフォームをお願いした場合と、他のハウスメーカーでお願いした場合の見積もりの費用を比較してみました。見積もり比較見積もりを比較したとしても、リフォームの内容や条件によってその金額は大きく異なります。保証やアフターケアの問題もありますので、一概に比べてどちらがお得なのかは言えません。言えません...

 
 

戸建てを建てるなら、ルーフバルコニーは憧れですよね。積水ハウスでもルーフバルコニーを提案する計画は人気のようです。積水ハウスで計画した方の実例を交えて、良かった点、悪かった点などをまとめました。ルーフバルコニーのメリットとデメリットルーフバルコニーと普通のバルコニーの一番大きな違いは、広い空間を確保することで日当たりや開放感を得ることが出来る点です。最近では、ガーデニングやパーティースペースとして...

 
 

積水ハウスでは引き渡し後、3ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年と定期点検を行うアフターサービスを展開しています。今回は、丁度節目となる一年後の一年点検にフォーカスして、積水ハウスの一年点検を受ける際にどんなことに気をつければ良いのかを考えてみました。引き渡しから一年後一年も住めば、新しい住宅にも大分住み慣れてきます。住み慣れてくる分、思いもよらなかった不具合や勝手の悪さも見えてくる時期でもあり...

 
 

積水ハウスの屋根材といえばセキスイからわだワン!ですが、セキスイかわらは平成25年で販売中止になってます。。そこで、今回は積水ハウスなどの大手メーカーで使われる、一般的な屋根材について特徴とメリット、デメリットをまとめてみたワン!屋根材の選択といえば、家を新築する際に非常に重要な選択肢の1つであることは間違いありません。大手ハウスメーカーの積水ハウスといえども、担当者の知識や経験にはどうしてもばら...

 
 

新築を立てる際に玄関ドアには悩まされますね。機能面もそうですが、デザイン面でも家の顔とも言える重要な部分です。積水ハウスでは、どの様な玄関ドアを採用しているのでしょうか?決め方や口コミなどを交えて、積水ハウスのドアについてまとめてみました。玄関ドア見た目だけではなく、防犯を考える上でもとても重要な部分です。最近の玄関ドアはちゃんと鍵を閉めたかをお知らせしてくれる機能や、電動で施錠をしてくれるタイプ...

 
 

割引に応じてくれるハウスメーカーでは、一般的に3%~5%が相場だと言われています。積水ハウスではあまり期待できないとも言われていますね。今回は、積水ハウスの割引に関する口コミや実例を交えて、交渉のコツやタイミングなどのお話をしようと思います。積水ハウスは割引に応じない?積水ハウスは割引には一切応じない!といったことが囁かれてはいますが、取り付く島もないかといえば、実はそんなことはありません。積水ハ...

 
 

積水ハウスで平屋建てを建てるのであれば、木造のシャーウッドを選択される方が多いと思います。積水ハウスのシャーウッドで採用されている外壁は3種類。今回は積水ハウスの外壁の種類とそれぞれの特徴をまとめました。シャーウッドでは陶版外壁「ベルバーン」と吹付けの「シームレスドライウォール」の2種類です。それでは、それぞれの特徴を見て行きましょう。陶版外壁「ベルバーン」世代を越えてその美しさを保ち続ける陶器の...

 
 

積水ハウスの木造と言えばTVCMでもおなじみのシャーウッドですね!シャーウッドに使われている工法の特徴をまとめました。題して、『積水ハウスの木造、シャーウッドの工法の良いところと悪いところ』シャーウッド構法積水ハウスが展開しているシャーウッド構法は、在来軸組構法と呼ばれる日本に古来から伝わる技術を独自に発展させたものです。在来軸組構法と大きく異なるのは、土台がないこと。基礎にダイレクトに柱を建てる...

 
 

積水ハウスで無垢のフローリングを選びたいという人は多いと思います。自然素材の風合いや味わいは自然素材ならではです。積水ハウスで無垢のフローリングを選んだ人の口コミを参考に、無垢フローリングについて考えてみました。無垢のフローリングの特徴無垢フローリングの自然の風合いは、それこそ合板のフローリングの比ではありません。その魅力にやられて、無垢のフローリングを選びたいと考えている人も多くいらっしゃること...

 
 

積水ハウスでは見える、守る、知らせるの3つの観点から、総合的に防犯対策を提案しています。今回は”守る防犯”の防犯ガラスにてういて。積水ハウスで採用している防犯ガラスについて、機能やコストなどを考えてみます。積水ハウスの守る防犯家への侵入を防ぐ、ハイレベルな防犯仕様を提案する守る防犯。ポイントは3つです。・全てのサッシに「2ロック」・ピッキングに強いドア・「遮熱断熱・防犯合わせ複層ガラス」つまり、積...

 
 

築で家を建てる祭に、防水については神経質になってしまう所です。いやむしろ神経質になるべき所ですね。積水ハウスで新築を建てようと考えている人のために、積水ハウスの防水あれこれの情報をまとめてみました。積水ハウスの防水積水ハウスでは、陸屋根やバルコニーには主に防水シートを採用しています。シート防水材を繋ぎあわせて、浸水を防ぐ工法です。施工性、耐久性、耐候性に優れた防水です。ゴムシート、塩ビシートの2種...

 
 

家はオーナーの使い方や日々のメンテナンスによってその表情を変えていく生き物です。積水ハウスでは20年の保証期間の他、ユートラスシステムという独自の保証システムを設けています。今回は5分でわかる積水ハウスの保証期間!という題で、同メーカーの保証について解説します。積水ハウスの保証期間積水ハウスの保証期間は20年です。引き渡しの際に保証書をもらえるので、大切に保管しましょう。その保証書が構造躯体20年...

 
 

積水ハウスはSLOW&SMARTのコンセプトの元に、自然と調和した家づくりを掲げています。別荘もその例外ではありません。周囲の景観や住宅環境を意識した積水ハウスの別荘。そのコンセプトを紐解いていきます。平屋の別荘普段の生活とは違う、ゆったりとした休息の時を過ごす別荘に平屋は向いていると思われます。収納スペースが必要ありませんので、スペースをリゾートに合わせて有効に活用することが出来ます。土地も安く...

 
 

気密性や断熱性はもちろん、遮音や耐久性などの家の快適さに直接影響を及ぼす断熱材。積水ハウスではどんな仕様のものを採用しているのでしょうか。今回は積水ハウスの断熱材について、仕様や機能、コストなどについてまとめました。断熱材の基本住宅建材としての断熱材は、外の暑さや寒さを家の中に入れないようにするための機能を主な目的として使われます。世の中の物質の中で、一番断熱効果が高いものは何か、ご存知でしょうか...

 
 

ある程度年月が立ってくると生活スタイルも変化してきます。積水ハウスで増築を行う際は、積水ハウスリフォームというリフォーム専門の部門にお願いすることになります。今回は実例や口コミを交えて、増築のメリット、デメリットや注意点をまとめました。積水ハウスリフォーム積水ハウスリフォームは積水ハウスが建設した住宅のオーナーを対象にした総合リフォームサービスです。その中で、Netオーナーズクラブという会員制のサ...

 
 

積水ハウスでも採用されている塗り壁。展示場などに足を運ぶとよく目にします。展示場でよく採用されているということは、それほど見た目の風合いが良いということですね。積水ハウスで塗り壁を選んだ方の口コミをふまえて、塗り壁の種類やメリットなどをまとめてみました。一般的に塗り壁というと、漆喰や珪藻土などがあげられますそれぞれの特徴とメリットやデメリットなどを見て行きましょう。珪藻土珪藻という藻類の化石の殻か...

 
 

積水ハウスに外壁の塗り替えを依頼すると、一般的に他のメーカーよりも割高になると言われています。積水ハウスで外壁を塗り替えると本当に高いのか?今回は、口コミなどを交えて、高い理由や評判などをまとめてみました。積水ハウスの外装塗装は人気?積水ハウスの外壁といえばダインコンクリートですね。内部に気泡のような空洞を持ち、軽量で施工性良し、耐火性良し、断熱性良し、防音性良しのニクイやつ。800℃の高熱に耐え...

 
 

新築を立てても、色々設備にいっぱいいっぱい。なかなか網戸まで気が回る人は少ないと思います。積水ハウスの社内統一規格は18メッシュ。18メッシュって、どうなんでしょう?今回は積水ハウスの網戸に注目してみます。網戸を選ぶ際の参考になれば幸いです。積水ハウスの18メッシュ前述しましたが、積水ハウスの社内統一規格は18メッシュです。このメッシュは網戸の目の細かさを表していて、通常18~24メッシュまであり...