注文住宅 失敗 部屋の広さ 間取り

MENU

注文住宅失敗談!間取りと部屋の広さに関する失敗

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅を建てるときにありがちな失敗。

 

それは、部屋の広さに関するもの。

 

狭いのはダメだと分かりますが、反対に広すぎるのも使い勝手が悪くなる可能性もある。

 

実際に、どれぐらいの広さがあれば良いのか見てみましょう。

 

一部屋は最低でも6畳は確保

どんな部屋でも、最低でも6畳はとっておきましょう。

 

それが、書斎やオーディオルーム、防音室といった趣味の部屋であっても同じです。

 

6畳以下の部屋は、机や椅子などのちょっとした家具を置いたら、大人二人入れば窮屈な空間になってしまいます。

 

注文住宅で間取りを検討する際には、どんな目的であっても6畳より減らさないほうが良いです。

 

玄関は出来る限り広めに

リビングを広く取りたいがために玄関を犠牲にした人が、玄関の圧迫感に嘆いている姿を見ました。

 

玄関は、来客があった時にだけ必要な空間、という考えもありますが、それは間違っています。

 

家族の誰もが、例外なく毎日通る場所、それが玄関です。

 

注文住宅でリビング等のメインで過ごす部屋を広く取りたいからと言って、玄関を狭くするのは失敗の元です。

 

また、玄関の収納を天井までキッチリ作ったら、そこでも圧迫感が出てしまった、という声も聞きました。

 

玄関の収納は、靴箱だけではありません。

 

ゴルフバックやベビーカーを置く場所になることもあるでしょう。

 

収納スペースはキッチリを確保して、高さの出ない家具を配置するのが、注文住宅における玄関設計のポイントです。

 

寝室は8畳は欲しいところ

寝室は、夫婦水入らずの時間を過ごす場所。

 

注文住宅の場合は、その寝室すらも広さを自分で決めることができます。

 

寝室は、狭いのは窮屈になることは誰にでも想像できることと思います。

 

しかし、逆に広すぎても落ち着かない空間なのです。

 

広々とした部屋で寝ることは、意外にもストレスになる場合もあります。

 

6畳では狭いです。

 

テレビを置いたら、ダブルベッドが置けなくなるでしょう。

 

注文住宅における寝室の間取り設計では、8畳を目安として、好みによって少し広めにするか狭めにするか、を考えると良いでしょう。

 

LDKは15畳、キッチンは5畳!

家族が集うリビングの広さに対して、建築メーカーがアンケートを行いました。

 

その結果、

  • LDKは15畳
  • キッチンは5畳

が最も快適に過ごせる大きさだという統計となりました。

 

リビングもキッチンも、狭ければ窮屈ですし、広すぎれば使い勝手が悪くなります。

 

広いと、冷暖房の効果が悪くなってしまい、電気代が高くなってしまいます。

 

上記の広さを一つの目安として検討してみてください。

 

家具を先に決めてしまうのも一つの手

間取りを設計する際には、間取りから入るのではなく、家具から決めてしまうのも一つの良策です。

 

キッチンなどは、最もこの作戦が生きると思います。

 

あとは、寝室とリビングですすね。

 

寝室も使い慣れたベッドなどがある場合は、例え買い換えるとしてもそのサイズ感が検討材料として生きるでしょう。

 

リビングも同様に、ダイニングテーブルやソファーを先に買ってしまって、それを配置した際にどうなるか、見てみると良いでしょう。

 

間取り図に縮尺を合わせた図を書き込んでみたり、専門の業者にお願いして、3Dイメージを作ってもらうのもオススメです。

 

一度決めたら取り返しが付かない注文住宅の間取りですから、決定する前にしっかりと確認しておきましょう。

読者から頂いた感想

最適な間取りは難しい。(30代 男性 )

注文住宅の失敗談はいくつ聞いても勉強になります。

 

実際に家を建てようと思うと、間取りはハウスメーカーの提案に合わせて試行錯誤するようになると思います。

 

一部屋は最低でも6畳といいつつも、2、4畳でニーズを満たせてしまう部屋なんてものもあります。

 

寝室は最低8畳とはいっても、8畳以上の広さが必要な場合、どれくらい確保したらいいのか悩ましい。

 

建築士などのプロではない一般の人は、実際の部屋の広さの感覚に乏しいのもあいまって、なかなか自分の希望の間取りを伝えることが難しいというのが現状のようです。

 

本当に信頼できる建築士であれば、そんないちいち細かい希望など聞かなくても、顧客と話をしていくなかで理想以上のものを提供してくれます。

 

そんな建築士さんを探すのが、良い家を建てる一番の近道かもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事