パパまるハウス 欠陥

MENU

【パパまるハウスに欠陥はあるのか】シロアリ対策など後悔しないために

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
パパまるハウスで建てた家に欠陥が見つかった場合は?

ローコストハウスメーカーで家を建てると、価格は安くても、欠陥がいっぱいあるんじゃないか?という不安がつきものです。

 

インターネット上の口コミを見ていると、やはりパパまるハウスで家を建てた人のなかには、住んでから欠陥が見つかった方もいるようです。

 

和室の引き戸がちゃんと閉まらない(歪んでいる)、窓枠に隙間がある、ドアノブが反転しているなど、建具の不具合の報告が目立ちました。

 

ただしこういった欠陥は、工事を担当する大工の方の質によるので、「パパまるハウスだから…」というわけでもないようです。

 

そして不具合を見つけ、パパまるハウスの担当者やアフターサービス窓口へ連絡すると、すぐに様子を見に来てくれたという口コミがありました。

 

「パパまるハウスの工事担当者が対応できるものは、その場で直してくれた」とのことです。

 

部品が集まらなかったり、外部業者に依頼しなければならなかったりするものについては時間がかかったそうですが、社内に工事担当者がいて、すぐに対応してもらえるのは有難いなと思いました。

 

パパまるハウスの家づくりで後悔しないために

パパまるハウスで家を建てた人の口コミの中で「後悔しているポイントがある」というものを見つけました。

 

それは屋根裏収納へ上がるための階段部分です。

 

土地の広さと方角の都合で、二階から屋根裏へ上がる半分ほどのところから、腰をかがめないと通れないような天井の低さになってしまったとのことです。

 

写真が載っていましたが、たしかに上り下りが辛そうでした。

 

デフォルトで階段に手すりがついているので、足を滑らせてしまう心配がなさそうなのはよかったですが、自分がパパまるハウスで家を建てるとしたら、こういった階段ができてしまわないように気を付けたいです。

 

口コミの人も書いていましたが、企画住宅でも建てる土地や間取りプランによって出来上がりは変わってきます。

 

この家の主の方は、階段部分についてあまり考えておらず、営業担当の人や設計の方とあまり話していなかったとのことです。

 

後悔しない家づくりのためには、あちこちに気を配り、隅々までお店の方と話し合う必要があるなと思いました。

 

家づくりで失敗してしまう原因は?パパまるハウスに限らない問題点

一生に一度の家づくり。高い買い物ですし、失敗したくないですよね。

 

パパまるハウスで家を建てて「失敗した」と思っている人の口コミを調べていると、「すまい給付金について訊いたのに、内容や申請方法を十分に案内してくれなかった」というものや、「間取りパターンをマイナーチェンジする際に嫌味を言われた」というようなものがありました。

 

よく読んでみると、それらはパパまるハウスという会社の問題というより、その担当者個人の問題なんじゃないかな?と感じました。

 

実際、失敗したという口コミには「私は別の支店で同じようなことをしたけれども、そんなことは言われなかった。

 

ちゃんと対応してくれた」という返信や、「最初に訪れた支店で担当についた人が信用できなかったので、別の支店に注文したら今度は良い人がついてくれて満足した」という返信がついたりしていました。

 

家を建てる際には、ハウスメーカー選びも重要ですが、どんな人に担当してもらうかも大切です。

 

失敗しないために、慎重に選びたいと思いました。

 

パパまるハウスの家ならシロアリ対策も大丈夫!

家づくりにおいて注意すべき点は沢山ありますが、長く住みたいなら、シロアリ対策は欠かせません。

 

シロアリは木の内部に住み、木を食べていく昆虫です。

 

気づかないうちに柱や床、土台を食い荒らされたり、浴室やトイレなどの水回りをボロボロにされてしまいます。

 

せっかく買った家がそんな被害に遭ったらと思うと、ぞっとします。

 

空気の循環が少なく、湿っている場所をよく好むので、雨漏りしている部分や、床下から住み着くことが多いとされています。

 

また、断熱材と建材に隙間があると結露が起こり、シロアリが発生するとも言われます。

 

パパまるハウスはアクアフォームという硬質ウレタンフォームの断熱材を使っており、建材との隙間ができにくくなっています。

 

さらに外装と内装の間には、シロアリの食害に強いオリジナル耐久面材を張り、基礎部分や柱には防蟻材でしっかり処理をしているとのことです。

 

パパまるハウスは、シロアリの入り込みにくい家づくりをしていると言えそうです。

 

寒い地域の家づくりに強いパパまるハウス

パパまるハウスの耐寒性能を調べていたら「寒い地域でも、家の中は暖かい」という口コミが出てきました。

 

「冬でも、家の中は半袖で過ごせる!」「外が雨や雪でも、全く気にならない」という方さえいます。

 

断熱材として使われているアクアフォームがとても優秀なようです。

 

建材に直接吹き付けて発泡するタイプなので、隙間なく施工することができ、泡に含まれる空気が断熱性を高めてくれます。

 

パパまるハウスが属している桧家グループでは、かつてグラスウールという繊維系の断熱材を使っていましたが、壁内でカビるなどの問題があるため変更したとのことです。

 

常にサービスの改良を忘れない姿勢がいいな、と私は思いました。

 

パパまるハウスは、元々新潟発祥のハウスメーカーのため、寒い地域の家づくりにはこだわりがあるようです。

 

現在も東北地方や甲信越地方、北関東地方に支店が沢山あるので、多くのノウハウがあるようです。

 

ローコストハウスメーカーのなかで、最も寒さ対策に強いメーカーの一つといえるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事