床暖房 費用 新築

MENU

床暖房を新築で設置する費用は?電気とガス式の費用比較!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

 

床暖房で快適な家に!

 

家を建てるタイミングで視野に入れておきたい床暖房。

 

新築でもリフォームでも家を検討している方は1度は考えたことがあるのでは?

 

温水式仕様についても徹底比較しちゃいましょう。

 

家の事を考えた時にまず思い浮かべるのはその性能。

 

私が自分の家を建築した時に、一番に考えたのはその環境性能でした。

 

実家も隙間風だらけの古い家、おまけに実家を出てもアパート暮らしが長く、百歩譲っても「いい所に住んでいた」とは言えないような住まいでした。

 

そんな私だからこそ、家のことを考え出した時、最低条件が【今より暮らしやすい家】。

 

その人によって暮らしやすさの基準が全然違うと思いますが、私の暮らしやすい条件は単純明快、夏は涼しく、冬は暖かいぬくもりのある家です。

 

私の家には猫もいますので、家環境はとても大切で、妥協できない点でもありました。

 

 

そんな家素人の私が展示場を見に行った時に出会ったのが床暖房という画期的システム。

 

恥ずかしながら私、床暖房という物を知りませんでした。。。お恥ずかしい。

 

そこで、色々と床暖房システムのことを勉強していった結果、私が調べた限りではありますが、同じような方に読んでいただいて、参考程度になればいいかなと感じております。

床暖房の種類

まずは何と言ってもここから。

 

床暖房とひとことで言っても実は種類があるのをご存知でしょうか。

 

床暖房システムは熱の力を利用し、床(主にフローリング)を温め、冷たさを凌ぐものなのですが、実はこの暖房システムには大きく分けて2つの方法が存在します。

 

それには電気式とガス式とあって、電気式もガス式もそれぞれの力を利用し直に温めたり、お湯を沸かしそのお湯を巡らせるなどして床を温める方法で床を温めているのです。

 

もちろんこの床暖房システムは、各部屋ないし、ハウスメーカーによっては全館式と言って、床の見える全てのエリアに床暖房を標準装備しているハウスメーカーもいるほど。

 

ですが一番気になるのは結局のところ、床暖房にかかる費用なのではないでしょうか。

 

私も自分が検討していた時には、いいものを家に設置したいと感じている反面、めちゃくちゃ高いのでは?と心の中ではビクビクしていました。

 

でも一度出会ってしまっては、もう時すでに遅し!絶対導入しようと決め、それぞれの床暖房費用も比較しようと奮闘しだしたのでした。

新築物件にはどちらがオススメか

新築におすすめなのは、電気 or ガス?

 

新築物件だけではなく、リフォームや中古物件なども視野に入れている方も少なくありません。

 

もちろんタイミングなので、結果的に住まいが快適になるのならどちらでもいいのではないかと個人的には感じているのですが、先ほどの仕様によってはリフォームには向かない場合もあります。

 

例えば、昔私が住んでいた実家のような家であるなら、床暖房システムの導入はオススメしません。

 

なぜなら床がいくら温まっても、空間が隙間風だらけでは床暖房で温めた空間がすぐに冷えてしまい、光熱費がかなり多くかかってしまうからです。

 

床暖房は空間を温めるものではありませんが、逆に言うと足元しか温められないため、断熱構造のしっかりしている家にはオススメですが、そうでないなら、一度考えたほうが無難と言えます。

 

新築物件であれば、よほどの事がない限り、断熱構造もしっかりしていますし、床暖房システムを導入するにも容易でしょう。

 

そして床暖房システムの種類ですがここで気にして頂きたいのは初期費用だけでなくランニングコスト。

 

つまり使用していく上で必ず必要になるお金、です。

 

なんにでもお金の心配をしなくてはいけないので世知辛いですが、これから長い間使用していくことを考えれば検討せずに導入することは得策とは言えません。

 

全館床暖房ですと広さの比較も視野に入れないといけなくなるため、今回はリビング12畳での計算で、まずはガス式と電気式の初期導入コストから比較したいと思います。

  • 電気式床暖房は初期費用がおおよそ570,000円
  • ガス温水式床暖房は初期費用がおおよそ770,000円

(メーカーや工事業者によってその価格は同じものでも変動する可能性があります)

 

この時点で約200,000円もの差額が発生することになります。

 

20万ですよ。。。結構な差額だと感じませんか?

 

20万円あれば、旅行に買い物贅沢してもおつりがくる金額だし、何なら給与にも匹敵するくらいの金額です。

 

これ壊れたら、どうなるんだろうと少し恐怖を覚えてしまうような金額ですよね。

 

ですがこの20万円、よりももっと気になる数字があるんです。

 

それが先にも話したランニングコスト。

  • 電気式床暖房の月額はおおよそ13,000円
  • ガス温水式床暖房は月額おおよそ8,000円

どうですか?月当たり5,000円ほど初期費用の安かった電気式床暖房の方が高くついてしまうのです。

 

それでもオール電化家などの理由で電気式を選ばざるをえない方はこちらの記事を読んで、電気代の節約術を学んでみてくださいね。

 

電気式床暖房の電気代節約術!○○すれば床暖房の電気代が安くなる

 

この差額だと大体40ヵ月の仕様でそのコストは逆転してしまいます。

 

40ヵ月と言っても、年間で床暖房を使用するのは多くても11月から3月の5ヵ月として、8年で差額分はなくなり逆転できる計算になります。

 

これまた8年って結構いい年数ですよね。

 

0歳の子が8歳になるわけですから。

 

しかしながら家はもっと多くの年月を耐用してくれなくてはなりません。

私が選ぶなら温水式ガス床暖房

初期費用が電気式よりもガス式のほうが20万円ほど高額になってしまう現実をたたきつけられたばかりですが、私なら初期費用よりもその後のランニングコストを気にしてしまいます。

 

家建築の際にかかる費用を抑えたいのはもちろんなのですが、毎月かかってくるコストを抑えたいのも正直なところ。

 

もちろん家自体の仕様によって、太陽光を設置したりしてオール電化仕様にされたりするようなら、多少かかってでも電気式にするのもいい選択と言えます。

 

ですがそこまでこだわりも無く、コスト重視ということであれば、温水式ガス床暖房のほうが私的にはお勧めなのです。

 

何を選んでも実際稼働させてしまえば、きっと気に入ってその魅力に取りつかれてしますのでしょうけど・・・。

 

ただし、メンテナンスは必ず必要になります。

 

特に床暖房は、その特質上床に埋め込んであるため頻繁に自分で見ることができません。

 

となるとプロの点検が必ず必要になってくるのです。

 

しっかり点検をしている方の床暖房システムは通常の保証サービス期間を超えても、しっかり働いてくれるので、小まめな点検は必須と言えます。

 

そんな小まめに点検をしていても慌てる必要はありません。

 

床暖房は後からのリフォームでもしっかりと張替えできるのですが、やはり費用がかかってしまうので、そのコストも注意しておくことが必要です。

 

フローリングを床暖房付きにしたい!張替えの費用は?

床暖房メーカーの選定基準

先にもお話しした通り、設置に60万円以上コストがかかってしまう床暖房ですから、ここにしようかな?みたいな感覚ではなかなか決められません。

 

それも先ほどの金額はリビングのみの設置費用の目安ですから、それこそ全部屋に設置しようものならかなりの金額がかかってしまうことが容易にわかります。

 

そんなに費用がかかってしまうのですから、設置してくれる業者選びは慎重に行きましょう。

 

安全・安心はもちろん、工事実績数も比較に入れたいところ。

 

中でも世界的空調メーカー【ダイキン】を私はオススメします。

 

一見エアコンしか出してないようですが、実は床暖房設備の販売もしています。

 

しかもダイキンだけあって空調との抱き合わせ販売もしているので、実はとってもお得に購入できるのです。

 

ダイキン公式サイト【床暖房の紹介ページ】
http://www.daikinaircon.com/sumai/yukadan/educate/reform/

 

高価な商品、やはり保証はしっかりしているメーカーを選びたいというユーザーはとても多いのです。

 

そして床暖房と言えば切っても切れないのが、【ツツミ】さんです。

 

独自のPTC方式を採用されていて、安全かつクリーンな床暖房になっているのです。

 

またこちらの動画のように、床暖房の工程を事前に目にできるのは、ユーザーサイド、設置業者サイドともに話がしやすく互いにわかりやすいと好評なのです。

 

わかりにくいことも動画なら、話を聞くよりも目で見て確認できるのでわかりやすいのです。

 

 

床暖房なんて知らなかった私が、自分の限界まで調べた内容を惜しげもなく書かせていただきました。

 

まだまだ高価な商品なだけに、導入にはかなりの覚悟も必要になってしまいますが、設置した人だけにわかるこの快適さは他の何物にも代えられない喜びがあります。

 

ネガティブな部分だけでなく、その後の快適生活も視野に入れて検討してくださいね。

 

【関連記事】
こちらの記事も、床暖房のメーカーや、施工をお願いする工務店を検討する際に、お役に立てると思います!ご一読下さいませ(^^)
↓ ↓ ↓
温水式床暖房は新規設置費用は?秘訣は初期費用の価格だけで決めない事

 

床暖房の欠点と上手く付合う方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

電気式床暖房の私流電気代節約術!アレすれば床暖房の電気代が
電気式とガス式!床暖房の違いを知って賢く使えば節約できる
真冬の床暖房で家計がヒーハー!エアコン併用で電気代が・・
温水式床暖房は新規設置費用は?秘訣は初期費用の価格だけで決めない事
年間2万円の節約に!床暖房の賢い取り入れ方
床暖房はエネファームの排熱で?自家発電エネルギーに注目!
床暖房をオール電化にしたら電気代は本当に安くなるの!?
オール電化の床暖房が断然お得だった?費用を抑えたいならコレ!
床暖房の電気代orガス代一時間どれくらい?床暖房と電気代の関係
ニトリには床暖房用カーペットがあった!何が違うの?
キッチンの床をタイルにしたい!意外と床暖房にも使えちゃう
床暖房用キッチンマットを使えば快適な生活が待っている?
床暖房の維持費は高いの?気になる床暖房の維持費について
最新の温水式床暖房が素晴らしい!仕組みを分かりやすく解説
床暖房は温水式と電気式どっちを選ぶ?床暖房を比較してみる
床暖房の温度設定どれくらいにすればガス代が節約出来る?
床暖房からパチパチと言う音が!床暖房が故障?パチパチ音の原因
床暖房に家具をベタ置きしたら影響ある?床暖房と家具の関係
床暖房は安全だと思い込んでいた!過去には火事が起きた事件が
床暖房は乾燥する!床暖房の乾燥対策は原因を知ることから
床暖房の欠点は可愛らしい?床暖房の欠点と上手く付合う方法
床暖房で結露は起こらない?結露の原因は床下工事の可能性大!
床暖房は固定資産税の対象住宅設備!固定資産税いくら掛かる?
床暖房は故障したら原因不明が殆ど!修理費用をコツコツ貯金しておこう
床暖房の消し忘れてしまった!そんな私の消し忘れ対策はコレ
床暖房の水漏れは完全に設置工事ミス。床暖房の保障を確認