関口建設

MENU

栃木県の関口建設は自然素材を使った木の家の新築一戸建てが素敵!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

「お客様の夢を形にする」をモットーとして掲げる、栃木の関口建設。

 

土地探しからアフターサービスまで一貫して自社で責任を持って行うという硬派な業者ですが、実際に手掛ける住宅にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

また、気になる価格情報は?

 

「マイホームを建てるなら、自然素材をふんだんに使った家にしたい」

 

そんな声をよく耳にしますが、栃木県大平町にある関口建設さんはまさにその夢を叶えてくれる工務店です。

 

天然木材をつかったぬくもり住宅!

関口建設 
http://www.sekiguchi-kensetsu.com/

 

公式サイトにもあるように、デザインは大きく分けて「洋風」「和風」とあり、どちらも自然の素材をぜいたくに取り入れた「木の香りがする家」。

 

こちらの洋風住宅の事例では、壁も木目が見えるようなデザインなっていてまるで森にいるような安らぎの空間を演出しています。

 

関口建設 施工実例
http://www.sekiguchi-kensetsu.com/cgi/list/syousai_2_1531204630.html

 

木目は等間隔に見えて実際はそうではないのですが、その“ゆらぎ”が私たちの心身に「落ち着き」や「安らぎ」を与えるという研究結果もあるんですよ。

 

⇒ 株式会社マルホン「木材が及ぼす視覚効果とは?!」

 

とはいえ、無垢材を使った家は「(価格が)高い」というイメージもついてまわります。

 

その点、関口建設の場合は企画から施工、アフターサービスまで自社責任加工にこだわることでコストカットを実現!

 

間に業者を入れることで発生する余分なコストがかからないため、良質な素材にこだわった家であってもリーズナブルな価格で建てることができるのです。

 

単に安くできるばかりではなく、そこには「施主の要望をしっかり反映できる」というメリットもありますよね。

 

何重にもある仕掛けが“強さ”をサポート

あこがれの無垢材を使った家をリーズナブルに建てられるのは嬉しいですが、やはり気になるのは「耐久性」。

 

昨今は、日本全国どこに家を建てても地震や大雨のリスクがついてまわりますし、「100%安全な場所」なんてありえません。

 

だからこそ、建物に求められる耐久性のハードルも上がっているわけですが、関口建設は「ダイライトMS軸組構工法」を採用することで建物の耐久性をUPさせることに成功しています。

 

従来の木造住宅が柱と梁で建物を支えていたのに対して、この工法では強靭な耐力壁を採用。

 

また、添付の画像のようにホールダウン金物、筋交い金物、柱プレートなど特殊な金物で柱をしっかり補強することにより、従来の木造軸組工法にはなかった「強さ」を実現しているんです。

 

関口建設 耐震構造
http://www.sekiguchi-kensetsu.com/index.html

 

基礎には高密度コンクリートを、床は剛床構造に・・・と、二重にも三重にも耐震性を高める仕組みがあるからこそ「安心して末永く住める家」だと自信を持ってPRすることができるのでしょう。

 

さらに、法律で義務化されている10年の補償にプラスして、第三者機関(財団法人住宅保証機関)による10年保証がついているのも安心ポイント。

 

⇒ 関口建設 安心の10年保証

 

こちらのサイトをご覧になるとわかるように国が定めている保証よりもチェック基準が細かいので、「あるべき品質や性能の欠如が生じにくい」という点で品質については大手住宅メーカー以上に信頼がおける業者と言えるのではないでしょうか。

 

施工事例と価格情報をチェック!

素材や耐久性に問題がないのだとしても、やはりマイホームを建てるとなったらデザイン性は重視したいところ。

 

せっかく建てるのだから、訪れる人に「すてきだな」「うらやましいと思われたい」という気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか。

 

地元の工務店は大手住宅メーカーと比べてデザイン性に当たり外れがあるという印象もありますが、関口建設はどうなのでしょうか。

 

まずは洋風の施工事例から見ていくと、モダン、スタイリッシュ、カントリー風と幅広いテイストの外観。

 

関口建設 洋風の施工実例
http://www.sekiguchi-kensetsu.com/cgi/list/list_2.html

 

パッと見た感じはクールな印象でも、内装は木の温かみが生かされている・・・、そのようなデザインが特徴的ですね。

 

暖炉がある家もあり、気密性の高さゆえに冬場はその暖炉だけで家中をあまかなえてしまう温かさなんだそうです。

 

関口建設 暖炉のある家の施工実例
http://www.sekiguchi-kensetsu.com/cgi/list/syousai_2_1416708251.html

 

続いて、和風住宅の建築事例。

 

こちらも、箱庭があったり格天井の廊下があったり日本庭園つきだったり和洋折衷だったり・・・とバリエーションは様々。

 

ただ、洋風に比べるとちょっと地味な印象を受けます。

 

平屋の施工事例もあり、内装の随所に木が取り入れられていることで独特のほっこり感を漂わせています。

 

関口建設 和風の施工実例
http://www.sekiguchi-kensetsu.com/cgi/list/syousai_1_1274184332.html

 

価格については公式サイト上には記載がありません。

 

SUUMOなどの情報サイトにも価格情報が出ていないので、「価格の目安が見当もつかない」という点は地元密着工務店ならではの弱点と言えるかもしれません。(大手のハウスメーカーであれば価格情報はネット上にもゴロゴロ転がっていますので)

 

しかし、「自社責任施工にこだわってコストを抑えている」と明記していることからも、ローコスト住宅とはいわないまでも良心的な価格で建てられるメーカーであることは推測できますね。

 

【まとめ】プランニングからアフターまで。一貫した自社責任施工が強み

企画からアフターサービスまで自分たちで手掛け、最後まで見届けたい。

 

そんなこだわりを貫く関口建設の家づくりは、

 

  • 天然木のぬくもりを大切にした家づくり
  • 和風、洋風どちらのデザインもいける
  • 第三者機関の保証もついていて、「耐久性」に信頼がおける
  • デザインのバリエーションが幅広い

 

このような特徴があり、リフォームなどのリピーターも多い業者です。

 

価格情報がないのが残念ですが、逆に考えれば「価格情報ありきのメーカー選び」から脱却できるチャンスでもあるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

エスバイエルは、おしゃれで住みやすい
最近は、できるだけ自然な形で、快適に暮らせる家というのが求められているように思います。やはり自然を感じられる環境は落ちつきますよね。長く過ごす家ですから、自分に合ったタイプのものを選びたいと思います。
積水ハウス
木造住宅は、木の暖かみが感じられて落ちつきますよね。自分の住む家も、できれば木を取り入れたいと思っています。丈夫でかつ快適な家を建てるにはどんなタイプがあるのか、いろいろと調べてみると良いかもしれませんね。
無印良品の家
無印良品のネットメンバーに登録したら一般的な無印商品のお知らせだけでなく無印良品の家のメルマガもくるようになりました。初めて見た時はチョットびっくりしましたが、やっぱり無印だけあってシンプルでいいなぁと、ついつい興味をそそられてしまいます。
レオハウス
テレビでは色々なハウスメーカーのCMが流れていますが割と頭に残っているメーカーの一つにレオハウスがあります。どちらかというと安さを売りにしているような印象ですが、家そのものが悪くなければ価格が安いのは有り難いことですよね。
アイフルホーム
アイフルホーム~というフレーズは一度聞いたらしばらくは頭を離れなくなってしまいます。すごいなぁと関心しますがだだからと言ってアイフルホームで家を建てるかどうかとは別ですから。パンフ請求したのになかなか届かないと言う事もありましたしね。
スズキハウス
「スズキハウス」あまり聞き慣れないハウスメーカーですが、創業40年だそうです。ミニハウスやエクステリア、注文住宅などを手がけています。注文住宅はツーバイフォーを中心に施工しているそうです。スズキ自動車はよく知られていますが同じスズキグループの会社です。
セキスイハイム
前からちょっと疑問に思っていたことがあります。積水ハウスとセキスイハイムについてです。元々は同じ会社だったそうですが、工法が違うと言うことで、今は全く別会社になっています。セキスイハイムの方が価格帯が低いようですね。
ダイワハウス
家を建てる時に何カ所か住宅展示場を見て回りましたがだいたい大手のハウスメーカーが揃っています。ただ、その場所によってモデルハウスが違うのでどのシリーズが良いかを比べることが出来ました。我が家ではダイワハウスと三井ホーム、住友林業の三つでけっこう悩みました。
タマホーム
つい耳に残るCMでも有名だと思われるタマホーム。実際に家を建てるとなったら、いくつかのハウスメーカーをチェックすると思いますが、分かりやすい家造りのできるタマホームも候補のひとつにしてみても良いかもしれませんね。
トヨタホーム
最近は、家族が少人数化している影響もあるのか、住むなら平屋建てにしようという方が増えてきているような気がします。平屋建てだと、生活がすべてワンフロアで済むので、かなり快適に生活できるのではないでしょうか。
ヘーベルハウス
旭化成と言えばヘーベルハウスというのはもうとても一般的な知識になっているような気がします。我が家のお隣もヘーベルハウスです。町中を歩いていてお隣と同じ玄関ドアを見るとあ、ヘーベルハウスと解ります。同じ頃に建てられた家はたぶん標準仕様の場合同じ玄関ドアを使っているからでしょう。外壁もだいたい同じ仕様ですね。
ミサワホーム
都心などで暮らしているとなかなか難しいですが、もし郊外に住むことができたら、是非平屋建ての家が良いという願望があります。すべてがあまり上り下りのない便利な環境でのんびり暮らせたら、とイメージだけは今からふくらませています。
三井ホーム
年を重ねてくると、だんだん好きな家のタイプも変わってきます。生活の中での行動を考えてみても、すべてがワンフロアで済んでしまう平屋建てには、やはり憧れます。自分好みの家で落ちついて暮らしたいものですね。
住友林業の家
地味な印象する住友林業ですが、モデルハウスを見た時に、そのイメージ通り奇を奇を衒うことなくとても落ち着いた家造りだなぁという印象でした。木の良さを構造から内装までに活かし、夏涼しく、冬暖かい快適な空間を生み出す構造をなっているとのことです。
一条工務店
何となく聞いたことのある一条工務店、設立当初から「地震に強い家づくり」をモットーにしていたそうです。また、無垢の天然素材をふんだんに使った内装などが特徴です。また、「魔法瓶のように熱が逃げにくい」と言う言葉をどこかで聞いたことがあると思っていたのですが、一条工務店の表現だったようです。
スウェーデンハウス
北欧は、建物やインテリアのデザインがオシャレで、また寒い気候ならではなのか、暖かみのあるものが多い気がします。いつか北欧に住んでみたいという気持ちもありつつ、まずは日本でもその良さを取り入れてみたいと思います。
無添加住宅
食物では無添加と言う言葉を良く聞きますが、とうとう住宅でも「無添加住宅」を実現させているようです。シックハウスとは無縁の家、接着剤まで自然素材を使用。建材などは世界で吟味した納得できる天然素材を選んで、究極の無添加を実現出来る家ですね。
パナホーム
最近になって、また平屋建てが見直されてきているように思います。老後の生活を考えると、確かに平屋建ては全てがワンフロアに集まりますので便利ですね。理想のくつろぎ空間を手に入れるためにも、是非検討したいですね。
輸入住宅の価格
円高の影響で輸入住宅の価格は以前よりもずっとお安くなって、注目されているようです。確かに見た目はとても可愛いですし、女性が憧れるのは仕方のないことかも知れません。輸入住宅は北米や北欧からの輸入住宅が多くを占めていて、その多くは2X4工法です。
プロヴァンス風な洋風を建てたい
平屋建てって、住み心地が良さそうで憧れます。家を建てるとなったとき、どんなデザインにするかイメージするだけで楽しくなってきますよね。最近はいろいろなタイプの平屋建てがあるので、参考にしてみたいと思います。
平屋建てのモデルハウスは希少!見つけたら要チェックです
モデルハウスを見学するのは、家を建てるということに現実感を持てて、なおかつ理想のイメージもさらに膨らんだりして、とても楽しいものです。いろいろなハウスメーカーをまわってみて、自分好みの家に近づけると良いですね。
北欧の家は機能性が高い
寒い気候ですが、その分暖かみのある素材やデザインのものが多い北欧。どれをとっても、魅力的なものが溢れています。日本ではなかなかないタイプのデザインなので、お店で見かけると、とても目を引きます。
日本家屋に住みたいなら
最近はマンションでも全室フローリングの部屋が多いですよね。一室だけ畳を敷いているというタイプが恋しいときもあります。たまに日本家屋へあがらせてもらう機会があると非常に落ちつくのは、心のどこかでそういった和のものを求めているのかなと思います。
別荘を手に入れる方法
別荘のある暮らしというのは、なんとも優雅な響きですよね。忙しい日々を忘れて、たまにはゆったりとした時間を過ごしたいものです。せっかくのんびりと過ごすのですから、自分の落ちつける空間づくりを目指したいですね。
モダンに建てたい方へ
平屋建てと聞くと、いちばん最初に思いつくのは昔ながらの日本家屋なんですが、最近ではさまざまなデザインの家が増えていますよね。生活がすべてワンフロアで済むので、長く暮らすことを考えれば平屋建てが適している気がします。
20坪以下の狭小土地に建てる小さい家の価格は?
こじんまりした家って、オシャレで素敵だと思います。大きい家もいいですが、夫婦ふたりで暮らすぐらいだったら、そんなに大きすぎても掃除のことを考えると非常に困ります。なので、今度住み変えるなら、小さな家にすみたいなと思っています。
建てる前のプラン設計が重要
家を建てるとなると、事前にいろいろとプランを立てなければいけません。家族構成や、その土地の気候や特色など、細かな部分についても考慮して進めていく必要がありますよね。自分のこだわりを取り入れたいという方もきっと多いことでしょう。
外観を決めるときに大切にしたい3つのポイント
最近はまた平屋建てを検討するご家庭が増えてきているようです。毎日の生活のことを考えると、平屋建てはとても良い気がします。見た目もひとつのパターンに絞られることはなく、個性的でオシャレな家も見かけるようになりました。
平屋建てのデメリットを考えてみた
平屋建てにはメリットが沢山あった!
風水活用術
アメリカでもフラットハウスが人気なんです
フラットハウスでルームシェアをする場合の注意点
ログハウス風に建てるなら
プロヴァンス風の魅力
レンガ調外壁はダサい?
古民家がバカ売れしている理由
土壁の耐震効果がスゴイ!
高齢者ならではの問題を解決するために
純和風も素敵です
オーダーメイドの玄関ドア
トステムの玄関ドア
沖縄で建てたい!
沖縄の生活に憧れます。もちろん大変な部分というのもあるでしょうが、それでもやはりあのキレイな自然のそばで暮らすというのは、とても魅力的だと思います。沖縄の建築も、独特で風情があって見るのも楽しいですね。
熊本で家を建てるなら
ご当地キャラクターの人気などで、熊本の話題に触れることも以前より多くなった気がします。美味しそうな食べ物もいろいろありますし、気候や住み心地にも興味があります。いずれ暖かそうな熊本を訪れてみたいと思います。
北海道で冬を暖かく過ごすための工夫
北海道で暮らしている知人は、冬でも家の中はとても暖かくて快適だと言っています。そう言われると、ちょっと暮らしてみたいという気持ちがわいてきます。外に出ればさすがに寒そうな気がしますが、それも慣れてくるのでしょうか。
静岡県三島市 大川工務店の評判は?特徴と価格も調査してみました
最近は、平屋建てにするおうちも増えてきています。外観もさまざまで、ステキな建物も多い気がします。せっかくのマイホームですから、細部にまでこだわってみたいですよね。ポイントはあるのでしょうか?
長野県の夢の家づくり工房なら家も人も健やかに生活できる注文住宅が手に入る!
最近は、平屋建てにするおうちも増えてきています。外観もさまざまで、ステキな建物も多い気がします。せっかくのマイホームですから、細部にまでこだわってみたいですよね。ポイントはあるのでしょうか?
静岡県の中野建築設計では設計士と二人三脚で注文住宅が建てられる!
最近は、平屋建てにするおうちも増えてきています。外観もさまざまで、ステキな建物も多い気がします。せっかくのマイホームですから、細部にまでこだわってみたいですよね。ポイントはあるのでしょうか?