積水ハウス リフォーム 価格

MENU

積水ハウスリフォームに求めるのは価格以上の何か

価格を第一に考えるなら、積水ハウスリフォームに頼むべきで無いかもワン!

しかし、価格以上の「価値」を望むならば、積水ハウスリフォーム以外の選択肢はないと感じるよ。

 

言い換えるならば安心、、、そんな大きな価値を感じるワン。

積水ハウスリフォームの囲い込み戦略?

「顧客の囲い込み」、「B to C」の企業の戦略ではウンザリするぐらい耳にする言葉。

 

コンサルの人たちは、こんなことばっかりいっています。

 

わかったから、お題目は結構だから、具体的にどうやって顧客を囲い込むのさ?

 

これが戦術になるとポイントカードだったりプライベートブランドになったりして、何だかなあ、、、と思うのです。

 

もうね、会計するたびにポイントカードたずねられるの、困るんですよね。

 

さて、住宅メーカーも「B to C」の企業ですから顧客の囲い込みは至上命題、とはいっても1人で何軒も住宅を建てる人はいません。

 

ポイントカードを作るわけにもいかないし、、、ということで、各社がやっているのがアフターサービスでの囲い込み。

 

積水ハウスもご多分にもれずリフォームの会社、「積水ハウスリフォーム」を持っているのです。

 

メンテナンスは積水ハウス社内の部署が担当していますが、リフォームとなると積水ハウスリフォームが担当。

 

この間の線引きが今一つ明確ではないのですが、まあいずれにせよ、実際に施工するのは出入りの工務店。

 

発注部署、会社が違うという差があるぐらいでしょう。

 

価格が第一ならば積水ハウスを通さない

じゃあ出入りの工務店とやらに直接頼めばいいじゃない、価格も安いでしょうし。

 

そう考えている人は大正解なのです。

 

家族構成が変わったから間取りを変更したいとか、そういった場合にどこに頼むか?

 

積水ハウスリフォームに頼むのではなく工務店、これで価格はずいぶん安くなるものです。

 

しかし、、、積水ハウスリフォーム、デザイン力が違うのです、加えて施工管理能力も違います。

 

積水ハウスならではの純正部材、設備機器、既存の住宅部分とのデザインの統一性、このようなものを求める。

 

ならば、多少価格は高くても積水ハウスリフォームを選択するべきです。

 

安心感で考えるなら積水ハウスリフォーム

また下請けの工務店も、積水ハウスからの仕事と一般のお客さんからの仕事では、どうしても緊張感に大きく差が出ます。

 

積水ハウスリフォームの目が光っているか否か、この差は大きいのでしょう。

 

そして何かトラブルがあった場合も、間に積水ハウスが入るのと入らないのでは、大きな差が出ます。

 

最近はずいぶん違ってきてはいますが、工務店はB to Bが主、B(ビジネス(法人向け)の意味)に対応するように一般消費者のC(カスタマー(個人向け)の意味)に対応。

 

これに拒否反応を起こす人はいまだに多いのです。

 

ならば多少価格が高くても積水ハウスリフォームに依頼しようか?

 

そう考える人が多いこともうなずけます。

 

価格が高いというのは安心感・ブランド力の裏返し。

 

「ブランド力の向上」これもB to Cの企業が散々口にしてることではあるのですが、、、。

平屋建ての総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

積水ハウスのリフォームに関する記事一覧

 

積水ハウスリフォームは高いから、、、増築を考えている場合なら、そんなことはいってられないのが現実だワン!積水ハウスの家を増築するならば、積水ハウスリフォーム以外に手掛けることはできない。こう言い切ってもいいぐらい、やっかいな工事なのです。増築というだけでやっかいなのに、、、積水ハウスの増築はやっかいです。いや、増築自体がやっかいな上に積水ハウス、それとマッチした新しい構造躯体を追加しなくてはならな...

 
 

積水ハウスリフォームは、何かと割高という評判が多いワン!さらには積水ハウスリフォームを通さないとスムーズにいかないことも多々あるという、、、これらの評判をどう考えるか。。。安心のために割高なリフォームを選ぶのか?考えどころだワン。よくない評判もある積水ハウスですが誰かに対する悪口をいっている時が、一番場の雰囲気が盛り上がるものです。そんな傾向は学校の小規模グループでもよくありました。最近ならば、イ...

 
 

積水ハウスリフォームのアドバイザーに求められる能力は、問題を摘出して改善することだワン!それに必要な知識も莫大なものですからアドバイザーは大変そうです。何といっても、積水ハウスリフォームたらしめているのがアドバイザーなのだワン。リフォームのアドバイザーという職業この前、車のディーラーに立ち寄ったら、肩書きの欄に「カーライフアドバイザー」とある名刺をもらいました。営業でもセールスでもいいはずなのに、...

 
 

キッチンの進化は目覚ましいものがあるだワン!ならばリフォームしようとなった場合、キッチンメーカーの選択肢の多さなど積水ハウスリフォームを頼るメリットはあるのです。とりあえず積水ハウスリフォームに相談しましょう。決めるのはその後でもいいのだワン!キッチンはずいぶん進化している我が家もオール電化にしてずいぶん経ちますが、何がよかったかと妻に聞くと「IH調理機」と即答されました。ガスコンロの五徳の掃除は...

 
 

積水ハウスリフォームに外壁とそうの見積もりを頼むと、とんでもない金額があがってくるだワン!それは積水ハウスの外壁が特殊だから。リフォームで見栄えも新築同様にしなくてはいけないとなると、外壁塗装に技術と手間が必要になるのだワン。積水ハウスリフォームが高い理由は?積水ハウスの外壁に用いられているのは主にダインコンクリート、工場で作られて出荷されるコンクリートの板です。だから、非常に頑丈で耐久性や耐火性...

 
 

太陽光発電、取り付け業者も価格も様々だワン!積水ハウスリフォームに依頼すると高くなってしまいます。しかし、高いには理由がある。積水ハウスリフォームならではの安心感、これが生きるのが太陽光発電です。価格だけで決めるのは、いかがだワン?オール電化なら太陽光発電も導入して省エネという従来からのトレンドに、今年の春から電力自由化という大きな波が加わりました。新築の家の屋根に太陽光発電パネルが乗っているのは...

 
 

積水ハウスリフォームは値引きを中心としたキャンペーンはおこなわないようです。そもそも対象の顧客は積水ハウスのオーナー、値段で新規顧客を開拓する必要がないのです。だから積水ハウスリフォームがおこなうのはキャンペーンではなくイベントなのです。セミナーや見学会はおこないますが?積水ハウスは、様々なイベントや見学会を通じて、理想の家を施主と一緒に探っていくというスタイルを取っています。つまり、コンサルティ...

 
 

積水ハウスリフォームの口コミで悪い内容といえば、コスト面のみ。それ以外の口コミはおおむね良い内容ばかりなのです。なぜなら、積水ハウスリフォームは、そのような仕事しかしていないからというのが結論なのです。悪い口コミは見かけませんが、、、積水ハウスについての、口コミを集めたインターネットの掲示板をみていると、まあひどいものが多いこと。受注数日本一の住宅メーカーだけに悪い評判もあるだろう、顔が見えない掲...

 
 

リフォーム業界自体クレームが多いのですが、積水ハウスリフォームのクレームはあまり聞いたことがありません。積水ハウスリフォームがそのような仕事ぶりなのか、顧客がクレーム体質にないのか、恐らくその両方なのでしょう。クレームが多いのがリフォーム業界リフォーム業界はクレームが非常に多いことで知られています。突然訪問してきて、何らかの家の不備を指摘し、リフォーム工事をした結果、ずさんな工事でとか、法外な価格...

 
 

積水ハウスリフォームは何かと高い、そんな評判を聞きますが、内情を知る人に言わせると、高いことをしているから積水ハウスリフォームは高いとのこと。手間がかかることをやっているからこその値段、ただ高いだけということはないとのことでした。高い安いは、手間がかかるかどうか積水ハウスリフォームは高い、こんな評判はしょっちゅう聞きます。知り合いの工務店は、同じ作業をするならば半額近くでやってあげるよ、と積水ハウ...

 
 

積水ハウスリフォームは「GREEN SHIFT!」を発売し、太陽光発電や蓄電池、HEMSのセットの普及を進めようとしています。ただし、やっぱり積水ハウスリフォーム価格、新開発の蓄電池とはいえ、決して安いとはいい難いものなのですが。太陽光発電の設置もお手の物太陽光発電や蓄電池などを備え、エネルギーを消費しない住宅は、環境負荷が低いと注目を集めています。「リフォームで環境に優しい住宅に」そんな要望も高...

 
 

値引き額が大きな業者、これは値引きが一番の武器だといっているのと同じ。積水ハウスリフォームは値引きにほぼ応じてくれません。これは、積水ハウスリフォームの見積りには始めから、金額を盛るようなことはおこなわれていないからです。いったい適正な見積りはいくらなのか?腕時計が好きで、色々見て回ったりします。もちろん「高級」とされるものなど、手が出るはずがありませんから、文字通り見るだけというのが寂しいところ...

 
 

ユニットバスを使った風呂場だけに、積水ハウスリフォームに依頼する必要はない?実はそうではありません。積水ハウスリフォームならではの風呂のリフォーム、なかなかメリットがあるもの。新築で積水ハウスを選ぶ人なら、きっと気に入るはずなのです。風呂リフォームはどこでやっても同じ?風呂をリフォームする、どんなケースが考えられるのか?バリアフリー化で段差をなくす、ヒートショックを軽減するのに浴室暖房を付ける、あ...

 
 

積水ハウスリフォームの保証期間は構造躯体と防水に関する箇所については10年、これはリフォームの場合非常に長い保証です。その割には積水ハウスリフォームのその他の箇所の保証は、他の業者と変わらない。何だか不思議なのですが?構造躯体と防水については10年保証積水ハウスで新築すると、部位によって異なるのですが、ざっくりと20年間の保障が付いてきます。品確法によって定められている、住宅の基本性能の保証期間は...

 
 

積水ハウスリフォームの見積もりは高いとよく耳にします。しかし、安いところとは工事内容も見積もり書の内容も全く別物、そんなこともよくあるのです。積水ハウスリフォームはただ高いだけではない。説明が不足しているのかもしれませんね。見積もりが高い?積水ハウスリフォーム「とにかく見積もりが高い」、積水ハウスリフォームについては、こんな声をよく耳にします。積水ハウスリフォームがおこなっているのは、プランの作成...

 
 

ユニットバスも年々進化していますから、リフォームでの満足度も高いはず。積水ハウスリフォームの手掛けるユニットバスは性能も高いもの。住宅の特性も理解している積水ハウスリフォームですから、満足も得ることができるでしょう。ユニットバスのリフォームの満足度は?昔はタイルを一枚ずつ貼って仕上げていたんだなあ、、、ユニットバスではない古い浴室を見るとちょっと感動します。しかしタイル貼りの浴室は、施工に時間がか...

 
 

リフォームのローンは様々なものがありますから、積水ハウスリフォームと相談することになります。注目は積水ハウスリフォームでも使える、リバースモーゲージ風の新商品。ローンの選択はリフォームでも重要なのです。銀行系の利用なのか、ローン会社なのかリフォームといっても、小規模なものから大規模なものまで様々で、かかるコストも様々。手持ちの資金で賄える人から、とってもムリという人までいるものです。しかし、リフォ...

 
 

床が寒い、こんな場合に積水ハウスリフォームは複数の提案を持っています。床暖房の前に、床断熱。床暖房自体も複数の方法がありますから、何が適当か積水ハウスリフォームの声を聞くことは有効、何より積水ハウスを知っていることは大きなメリットなのです。床暖房の前に試すべき方法リフォームのコツは工事をなるべく小さくすること、工期を短縮することです。これによりコストも、住人のストレスも少なくて済む、例えば足の下が...

 
 

玄関ドアのリフォームは意外と大仕事、ところが積水ハウスリフォーム独自の方法で、玄関ドアの交換も簡単になるといいます。また、積水ハウスリフォームが得意としているのは窓枠の交換、こちらも独自の方法で早く、安く仕上げるのです。独自の窓口交換システムとは?玄関ドアは住宅の顔、非常に印象に残る部位、また防犯や断熱など与えられている役割も大きいものです。それだけに玄関ドアを取り換えて、イメージを一新と考えてい...

 
 

断熱性を高めることで光熱費の削減が狙える、そこで積水ハウスリフォームに相談すると、窓の断熱を第一に提案されます。積水ハウスリフォームの「開口交換システム」なら安価・短工期での施工が可能。それで大きな効果が得られるのです。断熱で一番重要な部位は窓猛暑だとか酷暑だとか、、、最近の夏場の暑さはひどいもの、暴力的なイメージすらあります。たかがネクタイを外したぐらいで、どうなるものでもありません。屋外が暑い...

 
 

昔は不具合が多いとされた電動シャッター。問題は解決されたようで、積水ハウスリフォームでも電動シャッターは手掛けています。積水ハウスリフォームによると1枚当たり概算で10万円だとか、、、さて、これは必要なのでしょうか?雨戸の必要性すらあまり感じないのです私が生まれたころに住んでいた家には雨戸がありましたが、次に移り住んだ家にはなく、現在の家には付いています。妻に聞くと、今まで雨戸のある家に住んだこと...